TOP > Victoriaリーグ4部(2020年) > 成績表(Dブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 1 0 0 3 22 0
2 1 0 0 3 16 4
3 0 2 0 0 4 38
-            
-            
-            
-            
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Dブロック星取表
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 

16-4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 

4-16
 
 
   
 

0-22
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 

22-0
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
リベルタドーレス 0 22 Bounce B.C. 3月22日(夢の島運動場)
Bounce B.C.が4部初陣を飾る!武藤(大)の特大HR等で22得点の大暴れ!!
【試合内容】
先行Bounce B.C.、後攻リベルタドーレスで試合開始。初回Bounceが2点を先制。3回には5番武藤(大)の照明直撃2ランHRが飛び出すなど最終的には22点を取る猛攻で試合を優位に運んだ。守っては先発の奈良が3回6奪三振、最終回は八木澤が1回2奪三振と反撃を許さず完封リレーとし、Bounceがコールド勝ちした。
【相手チームへ一言】
(リベルタドーレス)
(Bounce B.C.)
強風のなか、大変な中でしたが、うちとはまったくレベルが違い、試合になりませんでした。
球場と審判さんの手配ありがとうございました。
また機会があれば是非よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
芝浦オールスターズ 16 4 リベルタドーレス 3月15日(大田スタジアム)
芝浦オールスターズがコールド勝ち!2年連続の決勝T進出へ絶好の滑り出し!!
【試合内容】
リベルタドレース先攻、芝浦オールスターズ後攻で試合スタート。リベルタドレース初回の攻撃、四球と久下沼の犠牲フライで先制するも、芝浦オールスターズの裏の攻撃。リベルタドレース先発Pの久下沼が2アウトまで簡単に取るも、そこからストライクが全く入らず、3つ目の死球を当ててしまったところで蔡に交代するも、その後も6個の四死球と安打で10失点。ゲームが決まってしまった。その後も芝浦オールスターズ先発Pの好投も光り、16対4で芝浦オールスターズのコールド勝利となった。
【相手チームへ一言】
(芝浦オールスターズ)
(リベルタドーレス)
リベルタドレース様、対戦ありがとうございました。
また対戦よろしくお願いします。
本日は前日の雨も関係なく、よい球場でできて、楽しかったです、不甲斐無い試合になってしまいましたが、またの機会にお誘いください。ありがとうございました。