TOP > Victoriaリーグ4部(2020年) > 成績表(Dブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 3 0 0 9 39 3
2 1 1 0 3 19 9
3 1 0 0 3 5 3
4 0 2 0 0 3 17
5 0 2 0 0 4 38
-            
-            
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Dブロック星取表
   
 
 
 
 
 

3-5

0-12
 
 
 
 
   
 

16-4
 
 

3-5
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 

4-16
 
 
   
 

0-22
 
 

5-3
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 

12-0

5-3
 
 

22-0
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
セブンホイールズ 3 5 東京RIOT 7月5日(流山運動公園)
伊藤が猛打賞&特大決勝弾!東京RIOTが逆転勝利で今季初戦を飾る!!
【試合内容】
雨により使用中止になった流山総合から大瀬運動公園に球場を変更し、両チームで2時間掛けて整備をし開催に漕ぎ付けた一戦。東京RIOT先攻、セブンホイールズ後攻で試合開始。1回表、東京RIOTは1アウトから2番安田のサードゴロを木元がエラーし、牽制エラーで1アウトランナー2塁とすると3番伊藤選手の二塁打で先制。1回裏セブンホイールズ。1アウト後、2番木元がセンター前、4番原がライト前ヒットで2アウト1・3塁のチャンス。5番松丸がサードへの内野安打ですかさず同点に追い付く。3回裏には、再び2番木元が左中間へ2塁打を放ち、4番原がセンター前へ弾き返し逆転に成功。4回表、東京RIOTは2アウトから9番橋本が左中間を割るスリーベースヒットを打つ。1番生井がサード強襲の内野安打を打ち1点追加する。2番安田がサード強襲の内野安打で2アウト1、2塁とチャンスを広げると、3番伊藤が走者一掃の柵越え3ランホームランを放ち逆転。続く4番日下部が2ベースヒットを打つも後続が倒れ4点で終わる。勝利を目指して諦めないセブンホイールズは4回裏。相手エラーと7番橋本のセーフティーバントが決まり無死1・2塁のチャンス。ここで9番中井が左中間へ2塁打を放ち1点を返す。更に1番渡部の打席でスクイズを試みるも失敗に終わり1点止まり。5回裏、東京RIOTは先発吉田から中川に交代する。中川は5回以降、無失点無死四球のリリーフとして完璧な役割を果たし試合終了。東京RIOTが勝利した。
【相手チームへ一言】
(セブンホイールズ)
(東京RIOT)
まず、急な球場変更とドロドロのグラウンドを開催出来るまでに整備にご協力いただいた東京RIOTの選手の皆様、ありがとうございました。お互い、知り合いの選手もいたからか、真剣勝負の中にも明るさが有り、負けてしまいましたが楽しく試合が出来ました。3番伊藤選手の打棒には脱帽です。長年大瀬で野球をやってきましたが、柵を越えて道路を超え対岸のセブンイレブンまで飛ばす選手は初めて見ました!今後とも、練習試合等で交流させていただければと思います。この度は、本当にありがとうございました!
グラウンドと審判の手配ありがとうございました。
また機会があれば是非、対戦よろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
芝浦オールスターズ 3 5 Bounce B.C. 7月5日(麻布運動場)
Bounceが無傷の開幕3連勝!逆転勝利で首位攻防戦を制しブロック首位独走!!
【試合内容】
先攻Bounce、後攻芝浦オールスターズで試合開始。初回、先攻のBounce.B.Cは三者凡退。後攻の芝浦は1番北風の先頭打者HRで先制。さらに安打・失策・四球でノーアウト満塁から安打で1点追加するも、その後を抑えられ2得点で終了。一方Bounceは3回まで1安打無得点と抑え込まれる。Bounceは3回裏からエース奈良が登板しその回をテンポ良く抑えると4回表、2番伊妻のヒットから、清宮、佐藤(寿)、佐藤(吉)と連続ヒット等で5点を奪い逆転する。最終回、芝浦は2アウト満塁からタイムリーヒットで1点を返すも、セカンドランナーがホームでアウトで試合終了。Bounce.B.Cが5対3で勝利した。
【相手チームへ一言】
(芝浦オールスターズ)
(Bounce B.C.)
Bounce.B.C様、遠いところ遠征していただきありがとうございました。中盤から雨の中お疲れ様でした。また機会がありましたら、対戦お願いします。芝浦オールスターズ・武部
グラウンド、審判さんの手配等ありがとうございました。
天候が心配されましたが無事決行できてよかったです。
また機会があればよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
セブンホイールズ 0 12 Bounce B.C. 6月21日(旭公園)
Bounceが2試合連続二桁得点!八木澤・佐藤(寿)の完封リレーで首位キープ!!
【試合内容】
試合開始前に降り出した雨の影響で、30分開始を遅らせて始まった試合。先攻Bounce、後攻セブンホイールズで試合開始。Bounceは先頭武藤が四球で出塁し、2番加藤のセカンドゴロがぬかるんだ土で二塁手の足を滑らせ無死1.3塁。続く3番佐藤(吉)のタイムリー、武藤(大)の2ベースと小野寺の内野安打で初回から3点を先制する。対するセブンホイールズも2アウトから高橋翼と原が連打を放つも藤原が三振でチャンスを活かせず。Bounceはその後も4番佐藤(寿)の三塁打や9番清宮の二塁打など計13安打の猛攻で9点を追加した。セブンホイールズも、2回末弘。3回高橋翼。4回松丸がヒットを放つも得点には結び付かず。Bounce先発の八木澤が4回4K無失点、最終回は佐藤(寿)が2Kを奪いシャットアウト。12対0でBounceが勝利した。
【相手チームへ一言】
(セブンホイールズ)
(Bounce B.C.)
初回は多少のアンラッキーがありましたが、2.3回は気持ち良く打たれました。エラーゼロでこの得点差ですから、気持ちの良い敗戦です。Bounce B.Cさんは過去8年戦って来たvictoriaリーグのチームの中でも1.2位を争う強さでした。4部にいちゃいけませんよ笑 このまま優勝目指して頑張ってください!
グラウンド、審判様の手配等、ありがとうございました。コロナによる中断もあり大変な中、開催出来たことを嬉しく思います。また機会がございましたらどうぞよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
リベルタドーレス 0 22 Bounce B.C. 3月22日(夢の島運動場)
Bounce B.C.が4部初陣を飾る!武藤(大)の特大HR等で22得点の大暴れ!!
【試合内容】
先行Bounce B.C.、後攻リベルタドーレスで試合開始。初回Bounceが2点を先制。3回には5番武藤(大)の照明直撃2ランHRが飛び出すなど最終的には22点を取る猛攻で試合を優位に運んだ。守っては先発の奈良が3回6奪三振、最終回は八木澤が1回2奪三振と反撃を許さず完封リレーとし、Bounceがコールド勝ちした。
【相手チームへ一言】
(リベルタドーレス)
(Bounce B.C.)
強風のなか、大変な中でしたが、うちとはまったくレベルが違い、試合になりませんでした。
球場と審判さんの手配ありがとうございました。
また機会があれば是非よろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
芝浦オールスターズ 16 4 リベルタドーレス 3月15日(大田スタジアム)
芝浦オールスターズがコールド勝ち!2年連続の決勝T進出へ絶好の滑り出し!!
【試合内容】
リベルタドレース先攻、芝浦オールスターズ後攻で試合スタート。リベルタドレース初回の攻撃、四球と久下沼の犠牲フライで先制するも、芝浦オールスターズの裏の攻撃。リベルタドレース先発Pの久下沼が2アウトまで簡単に取るも、そこからストライクが全く入らず、3つ目の死球を当ててしまったところで蔡に交代するも、その後も6個の四死球と安打で10失点。ゲームが決まってしまった。その後も芝浦オールスターズ先発Pの好投も光り、16対4で芝浦オールスターズのコールド勝利となった。
【相手チームへ一言】
(芝浦オールスターズ)
(リベルタドーレス)
リベルタドレース様、対戦ありがとうございました。
また対戦よろしくお願いします。
本日は前日の雨も関係なく、よい球場でできて、楽しかったです、不甲斐無い試合になってしまいましたが、またの機会にお誘いください。ありがとうございました。