TOP > Victoriaリーグ3部(2019年) > 成績表(Aブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  Hブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 2 0 6 17 14
2 1 0 0 3 7 2
3 1 0 0 3 2 1
4 1 0 0 3 5 4
5 1 1 0 0 5 5
6 0 1 0 0 0 5
7 0 2 0 0 9 14
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Aブロック星取表
① SINGHA
 
4-5
 
 

5-9
 
 
 
 
 
 

5-4
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7-2
 
 
 
 
 
 

9-5
 
 

2-7
 
5-0

1-2
 
 
⑤ La.Men
 
 
 
 
 
 

0-5
   
 

5-0
⑥ NITORO
 
 
 
 
 
 

2-1
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 

0-5
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
BEEF MAN 5 0 La.Men 不戦試合
<試合内容>
試合開始予定時刻までに選手が9名揃わず、La.Menの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
SINGHA 5 9 BEEF MAN 4月29日(六郷橋緑地)
BEEFMANがVictoria初勝利!2敗スタートもここからの巻き返しに挑む!!
【試合内容】
BEEFMAN先攻、SINGHA後攻で試合開始。初回、BEEFMANは4番のタイムリーで2点を先取。4回、5回にも1点ずつ追加点を取り、4対0とリードを広げる。5回、SINGHAは岡本の死球、街のレフト前ヒットでノーアウト1,2塁とし、宮内のツーベースで1点を返すが後続が続かず1点どまり。BEEFMANは6回に一挙5点を奪うなどの猛攻を見せる。その後SINGHAは大谷や街のホームランで追い上げるも、5対9でBEEFMANの勝利。
【相手チームへ一言】
(SINGHA)
(BEEF MAN)
GW期間中にご調整頂きありがとうございました。
野球楽しませて頂きました。またご対戦頂けますと幸いです。
宮内様、チームの皆様ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
BEEF MAN 7 2 Heartland1844 4月21日(石神井公園B)
エース長谷川のが完投勝利!2年目の飛躍を狙うHeartlandが初陣を飾る!!
【試合内容】
BEEF MAN 先攻、ハートランド1844後攻で始まったゲーム。ハートランド先発の長谷川が初回を三者凡退で抑える。対するBEEF MAN先発の平野は先頭打者に四球を出し、二死三塁のピンチを迎えるも4番成田を中直に抑え、無失点。ゲームは動かないかと思われた2回裏、ハートランド先頭の鬼塚が四球を選び、八木のタイムリー三塁打、板倉の内野ゴロの間に2点を先制。ハートランドは4回裏にもBEEF MAN木村の立ち上がり、制球が定まらないところ平田のタイムリー、成田のタイムリー、エラーに乗じて5点を奪取。対するBEEF MANは疲れが見え始めた長谷川を捉える。岡本のセンター前、橋下の左中二塁打、山田の右三塁打で2点を返すが、反撃もここまで。ハートランド長谷川が被安打6 無四死球 6奪三振で完投し、ハートランド1844が初戦を飾った。
【相手チームへ一言】
(BEEF MAN)
(Heartland1844)
平田様、チームの皆様対戦ありがとうございました。
またOP戦等宜しくお願いします。
BEEF MAN様、本日はグラウンド、審判さんを手配頂き、有難うございました。皆さんの振りが鋭く、点差以上に締まったゲームで楽しんで試合を行えました。また、オープン戦等、是非宜しくお願い致します!ハートランド1844 一同
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
NEW Blue Winds 5 4 SINGHA 4月21日(猿江恩賜公園)
NEWBlueWindsが大逆転勝利!最終回に4点差をひっくり返し白星スタート!!
【試合内容】
先攻SINGHA、後攻NEWBlueWindsで試合開始。4回まで互いに両投手が0点に抑える。5回表、SINGHAは大谷の柵越えホームランで1点を先取。さらにこの回、死球で出たランナーが3塁まで進み、宮内のセンター前タイムリーヒット、更に死球の後、清田のライト前タイムリーヒットで計3点を奪う。6回にもフォアボールから出たランナーを置き、街がセンター前タイムリーヒットを打ち点差を4点とする。SINGHAの勝利が見えてきたと誰もが思ったが、6回までノーヒットに抑えられていたNBWは7回最終回、先頭の梶谷が2ベースの初安打で塁に出ると、1アウトから連打で一気に5点を奪いサヨナラ勝ちを収めた。
【相手チームへ一言】
(NEW Blue Winds)
(SINGHA)
この度は調整等ありがとうございました。
またよろしくお願いします。
試合の手配頂きありがとうございました。とてもいい試合をさせて頂きました。またご対戦頂けますと幸いです。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
NITORO 2 1 BEEF MAN 3月24日(東綾瀬公園)
新星対決はNITOROに軍配!ハイレベルな接戦を逃げ切り開幕白星発進!!
【試合内容】
初回にNITROがタイムリーで2点先制。その後投手戦となるがBEEF MANも犠牲フライで1点を返す。追いつきたい最終回、BEEF MANはノーアウトから連続ヒットでランナーをためるも後続が続かず1-2でNITOROが勝利を収める。BEEF MANは相手を上回るヒットを放つも打線が繋がらず投手戦をものにできなかった。
【相手チームへ一言】
(NITORO)
(BEEF MAN)
チームワークもよく強くてしびれる試合ありがとうございました!
滝沢様、チームの皆様ありがとうございました。
投手戦で締まった好ゲームでした。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
La.Men 5 0 タカミヤオーシャンズ 3月10日(篠崎公園)
注目の新星同士の開幕戦!La.Menがデビュー戦を完封で飾り白星スタート!!
【試合内容】
先攻タカミヤオーシャンズ、後攻La.Menでプレイボール。初回、La.Men先発長濱が見事な立ち上がり。その裏打線はチャンスを作るも得点ならず。試合が動いたのは2回裏、生井沢のヒットを皮切りに3本のヒットとエラーでLa.Menが4点を先制。さらに5回裏、本日4本目のヒットを打った遠藤によるダメ押し点で勝負あり。投げては、長濱が5回を完全シャットアウト、抑えの遠藤が2回を三者凡退に抑えてゲームセット。タカミヤオーシャンズは初回と7回にランナーを出すものの、どちらも相手投手を打ち崩せず、ダブルプレーに打ち取られ、単発2安打の7回21人で終わる完封負けとなった。
【相手チームへ一言】
(La.Men)
(タカミヤオーシャンズ)
本日はありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
素晴らしい投手の方々、打撃陣の方々に完敗でした。また機会がありましたら是非宜しくお願いします。ありがとうございました。