TOP > Victoriaリーグ3部(2019年) > 成績表(Eブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  Hブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 4 0 0 12 26 3
2 3 0 1 10 22 9
3 3 1 1 10 24 11
4 2 3 0 6 15 31
5 1 3 0 3 4 12
6 1 5 0 3 12 22
7 1 3 0 3 9 24
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Eブロック星取表
 
7-1

6-6
 
 

2-0
 
 

7-2

1-7
 
4-2

1-11

6-10

3-1
 
 

6-6

2-4
   
 

3-1

4-0

9-0
 
 

11-1
 
 
 
3-0

5-1

7-1

0-2

10-6

1-3

0-3
 
0-2

1-6
 
 

1-3

0-4

1-5

2-0
   
 

2-7
 
 

0-9

1-7

6-1
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
船堀ハーキュリーズ 10 6 フロンティア 8月4日(柴又第二)
蓮實・坂井がタイムリー!船堀ハーキュリーズが最終戦でVictoria初白星!!
【試合内容】
船堀ハーキュリーズ先攻、フロンティア後攻でプレーボール。試合開始早々フロンティア打線がハーキュリーズ先発の小山に襲いかかる。一死二塁から3番が一塁線へ痛烈な三塁打を放ち先制点を奪う。更に3回に1点、4回に2点を奪い小山をノックアウトした。一方、ここ数ヶ月湿りっぱなしだったハーキュリーズ打線がついに覚醒。フロンティアのエラーや四球も絡め、4回に蓮實の2点タイムリー、5回に坂井の2点タイムリーなど、連続でビッグイニングを作り試合を決定付けた。フロンティアも最終回、変わったハーキュリーズ川手を攻め、ツーランホームランを放ったが反撃もここまで。10-6で船堀ハーキュリーズがリーグ最終戦で嬉しい初勝利をあげた。
【相手チームへ一言】
(船堀ハーキュリーズ)
(フロンティア)
真夏の炎天下のなか、ダブルヘッダーにご協力いただきありがとうございました。互いに最後はバテてしまったので、ベストコンディションで再選できる日を楽しみにしております。
グラウンド、審判の手配ありがとうございました。暑い中お互い熱中症等なく終われてよかったです。またぜひお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
船堀ハーキュリーズ 0 2 Bounce B.C 8月4日(柴又第二)
新星Bounce B.C.が機動力を活かし快勝!待望のVictoria初勝利を掴む!!
【試合内容】
強い夏の日差しが照りつける中、先攻Bounce B.C.、後攻船堀ハーキュリーズで試合開始。初回Bounceは1番の武藤玲、2番下谷拳汰の連続ヒットに盗塁を絡め無死二三塁のチャンスを作る。しかし、ここはハーキュリーズ先発の佐々木が緩急あるピッチングで後続を抑え無得点。その裏Bounce先発蘭賀が2三振、三者凡退で抑え両者共に流れを掴めない展開が続く。さらに佐々木を攻め立てるBounceは3回表、先頭の1番武藤玲が甘く入ったスプリットを完璧に捉え右中間にランニングホームラン。先制点を奪う。さらに2番下谷拳汰もヒットで続き、4番佐藤寿樹のタイムリーでさらに1点を追加。2-0となる。反撃したいハーキュリーズは2回に二死満塁、4回に一死一二塁、6回に二死二三塁と再三好機を作るも、あと一本が出ず得点を奪えない。4回以降は立ち直った佐々木だったが、最後は佐藤寿樹が締め、2-0でBounceが勝利。BounceB.C.は6盗塁と足を絡めた見事な攻撃と無失策の固い守りでリーグ戦初勝利をあげた。
【相手チームへ一言】
(船堀ハーキュリーズ)
(Bounce B.C)
若いチームらしい元気の良さとスピード、パワー。どれをとっても素晴らしいチームでした。またオープン戦等ご対戦よろしくお願いいたします。
対戦頂きありがとうございました。いい雰囲気の中試合が出来、楽しかったです。また是非練習試合等させてください。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
サンライズ 2 4 フロンティア 8月4日(柴又野球場)
フロンティアが2勝目!サンライズは首位浮上のチャンスを逃す!!
【試合内容】
1回表、先攻フロンティアは相手先発の立ち上がりを攻め立て、3番寺嶋の二塁打や相手のエラーも重なり、3点を先制。中盤にも4番谷口がセンター左をライナーで破りランニング本塁打で追加点。守っては先発河合が再三ランナーを出すも、要所で踏ん張り、内野ゴロの1点と本塁打のみに抑え、フロンティアが4-2で辛くも逃げ切った。
【相手チームへ一言】
(サンライズ)
(フロンティア)
本日はありがとうございました。暑い中お疲れさまでした。また機会ありましたらよろしくお願い致します。
グラウンド、審判の手配ありがとうございました。攻守ともに見習いたい点がたくさんある試合でした。ぜひまたよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
足立JACKASS 7 1 SG TOKYO 7月21日(江北橋右岸)
永吉・金井の鉄壁リレー!足立JACKASSが4連勝を飾り首位奪還!!
【試合内容】
先攻ジャッカス永吉祐也、後攻SG金子の両先発でプレイボール。2回ジャッカスは4番安波、6番木村雄志の連続ヒットでチャンスを作ると7番小堺の左中間へのツーベースで先制。ジャッカスは3回に2番皆川のヒットの後、3番木村太賀のツーランで4-0、4回に9番横溝のヒットと盗塁後1番奥平のツーベース、3番木村太賀のタイムリーヒット、4番安波のスリーベースで7-0。4回裏にSGTOKYOがエラーで1点を返すも、ジャッカス先発の永吉祐也を打ち崩す事が出来ず、最後は金井が締めてゲームセット。ジャッカスが7-1で勝利
【相手チームへ一言】
(足立JACKASS)
(SG TOKYO)
本日は有難う御座いました。
また、機会がありましたら宜しくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
船堀ハーキュリーズ 1 6 SG TOKYO 7月21日(堀切橋球場)
SG TOKYOがVictoria初勝利!二者連続弾など6点を奪い快勝!!
【試合内容】
先攻SG TOKYO、後攻船堀ハーキュリーズでプレイボール。SG TOKYO打線は制球の定まらない船堀ハーキュリーズ先発佐々木を攻め、2回に2点、3回に1点を奪取し、試合の主導権を握る。対する船堀ハーキュリーズは4回裏、ツーベースの佐々木を三塁に送り、5番黒田がレフト前にタイムリーヒット。1点を返した。しかし、SG TOKYOは5回表に二者連続ホームランなどで着々も加点し船堀ハーキュリーズを突き放した。結果は1-6でSG TOKYOが勝利。船堀ハーキュリーズはリーグ戦4連敗となった。
【相手チームへ一言】
(船堀ハーキュリーズ)
(SG TOKYO)
連絡難を乗り越え、対戦ありがとうございました。
また機会があれば、よろしくお願いいたします。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
アスリーツ 2 0 船堀ハーキュリーズ 7月21日(市川橋野球場)
アスリーツが3勝目を飾り4戦負け無し!決勝T圏内まであと僅か!!
【試合内容】
リーグ戦も佳境。お互いに負けられない戦いに突入。先攻のアスリーツは船堀ハーキュリーズの先発荒井の立ち上がりを攻め、1番石川(弘)と2番光森の連打で先取点をあげる。対する船堀ハーキュリーズは2回に黒田、荒井の連打から1死満塁のチャンスを迎えるが後続が打ち取られ無得点。船堀ハーキュリーズ先発の荒井は直後のピンチを切り抜けると2回以降は本来の投球を取り戻す。荒井はいわゆる先発完投型の剛腕投手。球速も上昇しアスリーツはその後チャンスらしいチャンスは作れない。しかし、アスリーツ中野も3回からマウンドを引き継ぐと5回を投げて3塁を踏ませないピッチング。6回、アスリーツは四球と盗塁で一三塁のチャンスを作ると、ここで大胆なダブルスチールを敢行。これが船堀ハーキュリーズバッテリーのエラーを誘い、貴重な2点目を奪取した。最終回も船堀ハーキュリーズは得点を奪えず、ゲームセット。2-0でアスリーツが勝利した。船堀ハーキュリーズはアスリーツ2投手の継投の前に5安打に抑えられ、リーグ戦3連敗となった。
【相手チームへ一言】
(アスリーツ)
(船堀ハーキュリーズ)
バッテリーの完成度が素晴らしく、明らかに船堀ハーキュリーズさんの実力の方が上でございました。再戦する日を楽しみにしております。
今日はグラウンド確保に派遣審判の手配とありがとうございました。試合巧者アスリーツさんの本領が発揮された、見事な試合運びでした。また機会があれば、是非ご対戦よろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
アスリーツ 7 1 フロンティア 6月30日(浦安中央公園)
2勝目を懸けた重要な一戦!アスリーツが7得点の快勝で勝ち点を7に伸ばす!!
【試合内容】
前日までの雨の心配をよそにグランドはベストコンディション。先制はアスリーツ。1回、2回と秋吉・太田のタイムリーなどで2点ずつをあげる。フロンティアも3回に寺嶋の本塁打にて反撃の狼煙をあげる。しかし、終盤にアスリーツは佐々木・味岡のタイムリーが飛び出し勝負あり。フロンティアは2度にわたる満塁のチャンスを逃したのが大きかった。
【相手チームへ一言】
(アスリーツ)
(フロンティア)
皆さん好走守どれをとっても非の打ち所がない素晴らしいチームでした。今回はたまたま勝つことができましたが結果が逆になっていても不思議ではありません。是非ともまた再戦いたしましょう。ありがとうございました。
対戦ありがとうございました。
またぜひよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
アスリーツ 6 6 サンライズ 6月23日(市川橋野球場)
サンライズが首位浮上!乱打戦となった上位対決は両者痛み分け!!
【試合内容】
乱打戦となったこの試合、まず先制したのはサンライズ。先頭打者の宇田川がレフト前に運ぶと3番白井が電光石火のタイムリー。裏の攻撃、アスリーツはランナーを2人ためたところで多賀の本塁打が飛び出しこの回4点。しかし、サンライズは9番打者柳田が2回のタイムリーに続き、4回も安打を放つと1番打者の宇田川が3ベースを放ち同点となる。5回にはお互いに2点ずつを加点するがドローにて試合時間が終了となった。
【相手チームへ一言】
(アスリーツ)
(サンライズ)
攻守ともに皆さんレベルが高く大変勉強になりました。実力ではサンライズさんの方がまさっていたと思います。また対戦させてください。ありがとうございました。
グランド確保、審判手配ありがとうございました。また機会がございましたらオープン戦等よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
アスリーツ 7 2 SG TOKYO 6月2日(市川橋野球場)
中野・秋吉の投手リレー!アスリーツが3年連続の決勝T進出へ好発進!!
【試合内容】
両チーム0行進の中、3回に1点ずつを取り合う。4回、アスリーツは秋吉のタイムリーなどで3点を入れると、6回にも打者一巡の追加点を挙げる。投げては中野と秋吉のリレーで逃げ切り、アスリーツが初勝利を挙げた。
【相手チームへ一言】
(アスリーツ)
(SG TOKYO)
本日は対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
足立JACKASS 3 0 船堀ハーキュリーズ 5月26日(江北橋球場)
皆川・小澤・北島の完封リレー!足立JACKASSが無傷の開幕3連勝!!
【試合内容】
足立JACKASS先攻、船堀ハーキュリーズ後攻で試合開始。初回は両チームともに無得点。試合が動いたのは2回表。足立JACKASSは1アウトから8番横溝がツーベースヒットを放つと、9番奥平が送りバントで2アウト3塁。ここで1番木村太賀のセーフティースクイズで1点先制。さらに4回表、8番横溝がデッドボールで出塁し、9番奥平のタイムリーツーベースヒットで2点目。5回表、3番大塚、4番佐藤の連続ツーベースヒットで3点目。反撃したい船堀ハーキュリーズも4回裏、JACKASSの2番手小澤から2番兼坂、3番佐々木の連続ヒットで1ワンアウト1.3塁のチャンス。ここで打席には4番黒田。ストレートを右方向に狙い通りのバッティングだったが、少しこすり気味になってしまい惜しくもライトフライ。後続も倒れ無得点に終わる。6回からハーキュリーズのマウンドには宇賀神。2回を無安打に抑え、味方の反撃を待つ。しかし、最終回も三者凡退に抑えられゲームセット。3-0で足立JACKASSが勝利した。船堀ハーキュリーズは足立JACKASSの皆川-小澤-北島の投手リレーの前に2安打と完封され、リーグ戦2連敗となった。
【相手チームへ一言】
(足立JACKASS)
(船堀ハーキュリーズ)
対戦ありがとうございました。
またの機会によろしくお願いします。
グラウンド確保に審判確保とありがとうございました。若さと強さを兼ね備えた素敵なチームでした。また機会があれば対戦よろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Bounce B.C. 1 3 フロンティア 5月26日(八千代運動公園)
河合(成)が決勝打!リーグ初参戦フロンティアが初勝利で3位浮上!!
【試合内容】
先攻Bounce B.C.、後攻フロンティアで試合開始。試合は4回までBounce先発の八木澤、フロンティア先発の河合(良)の好投もあり両チーム無失点のまま試合が続く。五回表Bounceの攻撃、6番伊妻の四球から盗塁を重ね2アウト3塁のチャンスを作るも、7番下谷(大)がサードゴロに倒れ好機を逃す。するとその裏フロンティア7番菅谷の四球、8番河合(良)の二塁打で1アウト2、3塁のチャンスを作り、9番逆井のセンターオーバーの二塁打で2点を先制する。6回裏にも3番太田の三塁打、4番寺嶋のライト前ヒットで追加点。Bounceは最終回に2番下谷(拳)の四球から4番佐藤(寿)のサードゴロで1点を返すがそこまで。3-1でフロンティアが勝利した。
【相手チームへ一言】
(Bounce B.C.)
(フロンティア)
本日はお越し頂きありがとうございました!
また練習試合等、今後もお願いします!
対戦ありがとうございました。若く元気があるチームでとても楽しかったです。またよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
サンライズ 3 1 船堀ハーキュリーズ 4月28日(柴又第二)
サンライズが無傷の開幕3連勝!初失点を喫するも首位をキープ!!
【試合内容】
サンライズ先攻、船堀ハーキュリーズ後攻でプレイボール。初回、サンライズは1番矢部、2番土井の連続ヒットと盗塁で無死二三塁のチャンスを作ると、3番磯野のセカンドゴロの間に1点を先制。さらに3回にもヒットと盗塁、内野ゴロで一死三塁のチャンスを作り、4番白井のライト前ヒットで1点を追加した。反撃したいハーキュリーズは4回裏、エラーとヒットで無死一二塁の場面で、打席には7番川手。内野ゴロに倒れるが、送球の間に2塁走者の成田が好判断で一気に生還。1点を返した。しかし、5回表サンライズは四球と盗塁で一死二塁と攻めたて、3番磯野が左中間を綺麗に破るタイムリーツーベース。追いすがるハーキュリーズを突き放した。最終6回裏、6番蓮實がレフトオーバーのツーベースを放つも、後続が倒れ試合終了。3-1でサンライズが勝利した。サンライズは2番土井が2安打1四球3盗塁と打線を牽引!投げては先発白井が完投で試合を閉めた。
【相手チームへ一言】
(サンライズ)
(船堀ハーキュリーズ)
本日はありがとうございました。
また機会ありましたらお願い致します。
1-3と接戦のスコアでしたが、スコア以上にチーム力の差を感じる完敗でした。エンドランや徹底した逆方向へのバッティング等、見習うべき事がたくさんあり、、とても楽しく試合が出来ました。またオープン戦等がございましたら、是非よろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
足立JACKASS 5 1 Bounce B.C 4月28日(平野野球場)
皆川が好投!足立JACKASSが新星対決を制し開幕2連勝!!
【試合内容】
先攻足立JACKASS、後攻Bounce B.Cで試合開始。初回、Bounce B.C先発の八木澤から2番永吉がレフトへのツーベースで出塁すると、4番安波のセンターフライを相手が捕球ミスで足立JACKASSが先制。3回表、足立JACKASSは3番大塚のセンター前ヒットを皮切りに4番安波のレフトへのツーベースとチャンスを広げると、5番木村雄志、6番小堺の連続ヒットで2点追加。さらに5回表、先頭の2番永吉がライト前ヒットで出塁、盗塁で掻き回し、ツーアウトから5番木村雄志のタイムリースリーベースで追加点。5回裏、反撃したいBounce B.Cは4番佐藤寿樹、6番関などのヒットでチャンスを作り、7番下谷のゲッツー崩れで1点返す。しかし6回表、7番田口がセンターへのツーベースで出塁すると、1番木村太賀のレフトへのタイムリーヒットでダメ押しの追加点を奪い、足立JACKASSが5-1で勝利した。投げては足立JACKASS先発の皆川が4安打完投。
【相手チームへ一言】
(足立JACKASS)
(Bounce B.C)
対戦ありがとうございました。
またの機会に宜しくお願いします。
素晴らしいチームで勉強になりました!グラウンドの確保等ありがとうございました。またよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
サンライズ 9 0 SG TOKYO 4月14日(柴又野球場)
サンライズが2試合連続完封で開幕2連勝!Eブロック首位に躍り出る!!
【試合内容】
先攻サンライズ、後攻SG東京で試合開始!サンライズは初回、1死三塁のチャンスを作ると振り逃げの間にランナー土井が好走塁で先制に成功!2回にも下位打線からチャンスを作ると1番小坂部のタイムリーで追加点。主導権を握ったサンライズは5回にも5点を追加し、投げては完封リレーで試合をきっちりしめた。
【相手チームへ一言】
(サンライズ)
(SG TOKYO)
対戦ありがとうございました。
また機会ありましたらよろしくお願いいたします。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
足立JACKASS 11 1 フロンティア 4月7日(上沼田野球場)
足立JACKASSがコールドデビュー!初陣を圧勝で飾り首位スタート!!
【試合内容】
前半は投手戦となったが、フロンティアが1点を先制。反撃したい足立JACKASSは後半に打線が繋がり逆転。さらに得点を重ね10点差コールドが成立。足立JACKASSが11対1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(足立JACKASS)
(フロンティア)
本日は有難う御座いました。
今後ともよろしくお願い致します。
完敗です。ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
サンライズ 4 0 Bounce B.C 3月10日(柴又野球場)
サンライズが完封勝利!春敗退からすぐに切り替えリーグ初陣を白星で飾る!!
【試合内容】
サンライズは2回、エラーとヒットなどでチャンスを作ると9番柳田の犠牲フライで先制。4回にはまたも柳田がライトへのヒットで追加点。6回には林のタイムリーヒットなどで2点を追加し、4-0でサンライズが勝利した。両先発投手好投の中、チャンスできっちり点を取ったサンライズに対し、Bounce B.C.は打線が繋がらず無失点のまま敗戦。
【相手チームへ一言】
(サンライズ)
(Bounce B.C)
本日はありがとうございました。
また機会ありましたらオープン戦などさせて頂きたいです。
対戦頂きありがとうございました。
また機会がございましたら是非よろしくお願いします。