TOP > Victoriaリーグ3部(2019年) > 成績表(Dブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  Hブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 1 0 0 3 14 0
2 1 0 0 3 8 0
3 1 0 0 3 10 4
4 0 1 0 0 4 10
5 0 1 0 0 0 8
6 0 1 0 0 0 14
- 0 0 0 0 0 0
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Dブロック星取表
① Honeys
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 

0-14
② Hustler
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
③ Junkies
 
 
 
 
   
 
 
 

8-0
 
 
④ ecstasy
 
 
 
 
 
 
 
10-4
 
 
 
 
⑤ BADASS
 
 
 
 
 
 

4-10
   
 
 
 
 
 
 
 

0-8
 
 
 
 
   
 
⑦ ONESHOT

14-0
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ONESHOT 14 0 Honeys 3月24日(東実健保)
新星ONESHOTがコールドデビュー!ビッグイニングを作り大量14得点の快勝!!
【試合内容】
ONESHOTは初回、3番久本の内野ゴロの間に1点を先制。2回にビッグイニングを作り、打者一巡の一挙10得点で試合の主導権を握った。さらにONESHOTは3回にも3点を追加し、4回10点差にてコールドゲームが成立。投げては先発の川尻が3回5奪三振を奪う完璧投球。後を受けた中川も好投し、無四死球の完封リレーで繋いだ。
【相手チームへ一言】
(ONESHOT)
(Honeys)
遠いところ、遠征頂き有難うございました。
とてもお強く、チームとしては凄く良い経験が出来ました。
また、機会がありましたら、よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
BADASS 4 10 ecstasy 3月17日(富津運動広場)
ecstasyが10得点の快勝で白星発進!投げては4投手継投でBADDASを翻弄!!
【試合内容】
ecstasy先攻、BADASS後攻で試合開始。初回、ecstasyは4番五十嵐、5番関の連続タイムリーで3点を先制。五十嵐は3回の第2打席でも左中間を破るツーベースヒットと2打数2安打の活躍。ecstasyはBADASSのミスを見逃さずコンスタントにヒットを絡めて点を重ね、10対4で勝利。投げては、関、小澤、松本、荒曽我と4投手の継投で5安打に抑え4失点。打線は4本の長打を含む9安打10得点。一方、BADASSは初回に失点したもの相手のミスやヒットを絡め、序盤は必死に食らいついてはいたもの後半にエラー絡みなどで点差を広げてしまい敗戦。
【相手チームへ一言】
(BADASS)
(ecstasy)
出場選手の皆さんが物凄くバットが振れていたし、個々の動きや元気のあるチームでこちらも敗戦はしたものの楽しく試合ができました。またの対戦機会があれば是非リベンジさせてもらいたいです(^^)
本日は対戦ありがとうございました。1つ1つのプレーやチーム内での声かけ等勉強させていただく点が多くありました。また機会がありましたら宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Junkies 8 0 柏LEGEND HOMIES 3月10日(塚崎運動場)
投打の主役が揃って大活躍!千葉新星対決は若武者Junkiesに軍配!!
【試合内容】
Junkiesは2回に忍足のレフトオーバーのスリーベースで2アウト3塁のチャンスを作ると、村井の内野安打の間に先制。以降4回以外毎回得点を重ね、キャプテン新津のタイムリーなどで8点差とする。投げては渡部が5回までノーヒットで3塁を踏ませないピッチングを披露。投げては渡部が被安打4、無失点。Junkiesが8-0で勝利。
【相手チームへ一言】
(Junkies)
(柏LEGEND HOMIES)
お忙しい中ありがとうございました!
また練習試合などお願いします!