TOP > Victoriaリーグ2部(2018年) > 成績表(決勝トーナメント)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  決勝トーナメント
※ 各ブロック上位チームが決勝トーナメント進出
ワイルドカード枠 →【順位確定について】
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
世田谷ペンギンズ 10 0 SCRATCH 11月11日(南ふ頭公園)
ペンギンズが圧巻のコールド勝ち!6年越しとなる悲願の決勝進出を決める!!
【試合内容】
先攻世田谷ペンギンズ佐々木投手、後攻SCRATCH山上投手で試合開始。1回世田谷ペンギンズの攻撃。2つのデットボールからチャンスを作り、4番迎里の二塁打で先制。その後6番稲葉のタイムリーで2点追加。1回裏SCRATCHの攻撃。先頭の相羽のヒットと盗塁でチャンスを作るも得点ならず。ペンギンズは2回、3回にも1点ずつ追加し着実に点差を広げていく。4回ペンギンズの攻撃。ツーアウト後に打線がつながり、一気に5点を追加し10点差に広げる。その裏のSCRATCHの攻撃。なんとか点差を縮めたいがペンギンズ佐々木の前に抑え込まれ、ピッチャーが須山に代わった後も得点は奪えず、このまま規定によりコールドが成立。世田谷ペンギンズが決勝にコマを進めた。
【相手チームへ一言】
(世田谷ペンギンズ)
(SCRATCH)
SCRATCH様。本日はありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
世田谷ペンギンズ様 日程調整及びグランドの手配等ありがとうございました。完敗でした。決勝戦頑張ってください。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
漁火 1 4 Big Dipper 11月4日(大宮運動場)
WカードBigDipperが下剋上!昨年のリベンジを果たすべく2年連続の神宮へ!!
【試合内容】
先攻BigDipper勝間田、後攻漁火松永の両先発で8時半に試合開始。漁火は1回裏、先頭の四万山がセンター前ヒットで出塁する。2番菅野は四球を選び無死1・2塁とし、続く3番石川の進塁打で1・3塁とチャンスを広げた。ここで4番中野が放った打球はライトライナーとなり2死1・3塁。5番円治は四球で2死満塁。しかし6番佐藤の放ったセンターの抜けそうなゴロをBigDipperセカンド三澤がうまくさばき得点を与えない。対するBigDipperは2回表、ツーアウトから7番阿部がライト前に落ちるヒットで出塁する。ここで8番高橋がライトに3塁打を放ちBigDipperが1点を先制。続く9番宇田川もレフトの頭を超える2塁打を放ち、この回2点を奪う。勢いにのるBigDipper4回表、四球・内安打でチャンスを作ると7番阿部が叩きを決め3-0と突き放す。追いつきたい漁火は6回裏反撃を開始。1番四方山がセンター前ヒットで出塁すると、続く2番菅野の放ったセンター前が頭を超え2塁打となり1点を返す。チャンスは続くがBigDipperの好守で1点止まり。BigDipperは7回表、9番宇田川の時、相手守備のミスにより1死3塁。ここで2番三澤がセンターに犠牲フライを放ち4-1とした。7回裏、漁火はツーアウトから死球・ヒットでチャンスを作るが、最後はBigDipper勝間田が三振で仕留め、4-1でBigDipperが勝利し、決勝に駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(漁火)
(Big Dipper)
 
細畑様・チームの皆様 本日はグランド・審判の手配ありがとうございました。また対戦機会がございましたら宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
鍛鷹綻 1 3 SCRATCH 10月28日(調布基地)
8年越しの悲願へあと1勝!調布対決は昨年に続きSCRATCHに軍配!!
【試合内容】
先攻SCRATCH山上投手、後攻鍛鷹綻伊藤投手で試合開始。1回表、SCRATCHは先頭の相羽選手が右中間を破るツーベースでチャンスを作ると、新行内(大)選手のヒットで1点、更に山上選手のヒットで1点と幸先よく2点を先制する。追加点が欲しいSCRATCHは3回表、先頭の3番田井選手がツーベースヒットで出塁すると、この日2本目となる山上選手のツーベースで1点を追加し、試合を優位に進める。何とか点を返したい鍛鷹綻の反撃は4回裏、先頭の伊藤選手がレフトオーバーのツーベースで出塁すると、続く垰野選手のライト前ヒットで無死1・3塁チャンスを作る。9番和田選手のサードゴロがセカンドへの悪送球を誘い1点を返す。さらにチャンスが続くも、SCRATCH山上投手がなんとか踏ん張り、最少失点の1点に抑える。その後は両チームチャンスを作るも後1本が出ず、0行進が続き7回終了。山上投手が鍛鷹綻の反撃を1点に抑え完投し、3-1とSCRATCHの勝利。
【相手チームへ一言】
(鍛鷹綻)
(SCRATCH)
SCRATCHの皆様、遠征いただき有り難うございました。
また是非対戦の程お願い致します。次戦も頑張って下さい!
鍛鷹綻杉本様、また日程調整、及びグランド確保等色々とありがとうございました。今年二度目の対戦となりましたが、毎回僅差でしびれる試合でドキドキでした。また機会がありましたらよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
とん吉 1 3 世田谷ペンギンズ 10月28日(大井ふ頭海浜)
世田谷ペンギンズが神宮進出へリーチ!参戦6年目にして初の4強入り!!
【試合内容】
先攻世田谷ペンギンズ、後攻とん吉で試合開始。初回、ペンギンズが三者凡退で終わり、その裏のとん吉の攻撃。内野安打2本と盗塁でノーアウト2,3塁を作る。1アウト後、4番土方のショートとレフトの間に落ちそうな打球をペンギンズ村上がダイビングキャッチでアウトを取るも、これが犠牲フライとなり1点を先制する。とん吉は2回裏にもノーアウト1,2塁を作るが、ペンギンズ先発佐々木が粘り無失点で切り抜ける。この後は両先発が粘り、5回まで無得点が続く。6回表ペンギンズの攻撃。1番張がエラーで出塁、3番加治がレフトへツーベースで1アウト2,3塁のチャンスを作ると、4番迎里がライトへ2点タイムリーヒットを放ち逆転する。その裏、この回からペンギンズは2番手須山が登板。反撃したいとん吉は1アウト2,3塁のチャンスを作るも、須山が粘りのピッチングを見せ無失点で切り抜ける。7回表のペンギンズの攻撃。1アウト2塁から武藤のツーベースでさらに1点を追加。最終回のとん吉は三者凡退に終わりゲームセット。世田谷ペンギンズが準決勝進出を決めた。
【相手チームへ一言】
(とん吉)
(世田谷ペンギンズ)
世田谷ペンギンズの皆様、萩原様、対戦ありがとうございました。またの対戦宜しくお願い致します。
とん吉様。グラウンド取得から審判の手配まで誠にありがとう御座います。一歩間違えばこちらが大敗するような試合展開で、とても緊張感をもって試合に臨むことができました。今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
漁火 2 1 情熱チキン 10月14日(大宮健保)
2部の重鎮対決は漁火に軍配!長年の悲願であるファイナル進出へ王手!!
【試合内容】
先攻漁火、後攻情熱チキンで試合開始。漁火松永の立ち上がり、情熱チキンは初回先頭打者の2塁打でチャンスを作り、得点圏にランナーを進めるも漁火が踏ん張り無得点。その後もチャンスを作る情熱チキンをなんとか漁火が無得点に抑える。4回表、前の回に初めて3人で抑えた漁火が2番菅野のホームランで1点を先制。5回にも相手のミスから1点を奪う。2-0で最終回を迎えた漁火だったが、2アウトからライトフェンス越えのホームランで1点を返される。続く打者にもヒットで繋がれてピンチを迎えたが、最後は松永が踏ん張り2-1で漁火の勝利。
【相手チームへ一言】
(漁火)
(情熱チキン)
情熱チキン様ありがとうございました。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
フューチャーズ 3 3 SCRATCH 10月14日(江戸川河川敷)
SCRATCHが8強進出!4度目の決勝T挑戦で鬼門の1回戦を初突破!!
【試合内容】
先攻フューチャーズ中村投手、後攻SCRATCH山上投手で試合開始。1回裏SCRATCHは1死1塁から渡辺選手のレフトオーバーの間に、1塁ランナーが一気にホームを狙うも、フューチャーズの好連携に阻まれホームタッチアウトで無得点に終わる。試合が動いたのは3回表、フューチャーズは1死2塁3塁のチャンスを作ると、内野ゴロで1点、さらに内野ゴロがフィルダースチョイスとなり、2点を先制する。SCRATCHの反撃は4回裏、加藤選手の2塁打と、山上選手のタイムリーで3点をとり逆転に成功する。このまま逃げ切りたいSCRATCHだったが、5回表フューチャーズは、この回先頭の根本選手のヒットからチャンスを作ると、内野ゴロ間に同点に追いつく。3-3で迎えた7回表、フューチャーズは勝ち越しに成功するも、途中で時間切れとなり終了。大会規定により、6回までのスコアを採用。抽選の結果、SCRATCHの勝利。
【相手チームへ一言】
(フューチャーズ)
(SCRATCH)
幸山様、対戦頂きありがとう御座いました。必ず優勝して下さい。また、来年対戦できることを願っております。
フューチャーズ様 何度も雨天中止に泣かされ、やっとの対戦ありがとうございました。打線、守備の連係プレー等素晴らしかったです。また機会がありましたら、よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Big Dipper 6 1 SAMURAI.BOYS 10月7日(大宮健保)
勝間田が完投勝利!強力BigDipper打線が拮抗ゲームに終止符!!
【試合内容】
先攻BigDipper勝間田、後攻SAMURAI.BOYS並木の両先発で14時試合開始。先攻のBigDipperはSAMURAI.BOYS並木に4回までヒット1本に抑えられ0が続く。対するSAMURAI.BOYSはランナーを出すものの、あと1本のところでBigDipperの好守で同じく0が続く。試合開始が動いたのは5回表、BigDipperは先頭の宮本が内安打で出塁する。続く6番矢内はレフトに抜けるヒットを放ちチャンスを広げると、7番阿部の進塁打で1死1・3とした。ここで8番清野がレフトの前に落ちるヒットを放ち1点を先制。9番宇田川は倒れるも、このチャンスで1番小芝がレフトに抜けるヒットを放ち、守備のミスも重なり2点を追加し3-0とした。追いつきたいSAMURAI.BOYSは5回裏、ツーアウトから2番小松が守備のミスで出塁する。3番池村がライトに落ちるヒットを放ち1・3塁とすると、4番石崎の時、バッテリーミスで1点を返した。6回表BigDipperは先頭の3番勝間田がセンター前ヒットで出塁する。4番平野は倒れるも5番宮本がレフトに抜けるヒットを放ち、盗塁も決め2・3塁。6番矢内は内野フライに倒れるも2死2・3塁になり、ここでチャンスに強い7番阿部が放った強い打球が守備のミスを誘い1点を追加した。続く8番清野も2塁打を放ち、この回3点と追加し6-1。BigDipper勝間田は6・7回と3人で締め、BigDipperが6-1で勝利し準決勝に駒を進めた。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(Big Dipper)
(SAMURAI.BOYS)
旭様、チームの皆様、本日は対戦ありがとうございました。
また、機会がございましたら宜しくお願い致します。
Big Dipperの皆さん、村上様、グランド、審判さんの手配ありがとうございます。強力打線と素晴らしい守備力でした。完敗です。優勝目指して頑張って下さい。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
King☆Johnny 1 3 鍛鷹綻 10月7日(小松川橋上流)
柵越え2発で先行逃げ切り!Wカードからの逆襲誓う鍛鷹綻が初戦突破!!
【試合内容】
10月とは思えない陽気の中行われた決勝トーナメント1回戦。先攻鍛鷹綻・伊藤投手、後攻King☆Johnny・榎本投手でプレイボール!1回表、鍛鷹綻は四球、レフト前ヒットで無死一二塁のチャンスを作りKing☆Johnny先発榎本を責め立てるも、ここから榎本が気迫のピッチングで3番4番5番のクリーンアップを一ゴロ、三振、二ゴロに抑え見事無失点で切り抜ける!1回裏、すかさずKing☆Johnnyもチャンスを作る!1番榎本の技ありのレフト前ヒットを皮切りに、エンドランや内野安打も絡み、2死1・2塁とするが最後の1本が出ず0点。初回両チームともチャンスを作るも無得点。先取点は鍛鷹綻!3回表、初回に続き1番が四球を選ぶと、2番がレフトへ超特大の先制ツーランホームランを放ち2点を先取する。更に4回表にも先頭、5番がレフトへライナーでレフトホームランゾーンまで運ぶソロホームランを放ち更に1点追加。序盤から中盤にかけて鍛鷹綻が試合を優位運ぶ。反撃したいKing☆Johnnyであったが、3回の三者凡退以外は毎回走者並びに得点圏にランナーを置くも後1本が出ずもどかしい展開。5回にようやく1点、そしてこの試合最終回となった6回も内野ゴロで1点を奪い1点差とし、更に2死2塁と同点のチャンス作るが最後も後1本が出ず。King☆Johnnyは反撃遅く、伊藤投手が5回1失点の粘りの投球。3対2で鍛鷹綻が勝利した。
【相手チームへ一言】
(King☆Johnny)
(鍛鷹綻)
鍛鷹綻様、対戦並びに遠征ありがとうございました!皆様の礼儀、野球に対する姿勢、試合に対する姿勢。試合結果も含めて完敗です。当チームも貴チームの様な姿勢になれるチームを目指し、また頑張って参りたいと思っております。決勝、そして優勝目指し頑張って下さい!対戦と遠征本当にありがとうございました!また機会ございましたら対戦何卒宜しくお願い致します。
King☆Johnny秦様、審判、グランドの手配ありがとうございました。また、試合直前まで本部様との対戦日程の調整等、ご丁寧に対応いただきとても助かりました。是非、オープン戦含めてまたご対戦よろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ハリウッド 2 3 Big Dipper 9月16日(天王洲公園)
エース平野が気迫の完投勝利!BigDipperが強豪対決制し8強入り!!
【試合内容】
先攻BigDipper平野、後攻ハリウッド下村の先発で19時試合開始。BigDipperは初回、先頭の小芝が出塁すると、ワンアウトから4連打で2点を先制した。対するハリウッドは3回裏、ワンアウトから9番浜野がヒットで出塁する。ツーアウトとなるが2番下山田がレフトオーバーの2塁打を放ち1点を返す。BigDipperは5回表、先頭の宮本が内安打で出塁する。ワンアウトから7番矢内がセンターオーバーの3塁打を放ち1点を追加し3-1とした。追いつきたいハリウッドは5回裏、ツーアウトから1番下牧がレフトにホームランを放ち1点差とする。その後、ランナーを出すもののBigDipper平野が踏ん張り3-2で勝利した。
【相手チームへ一言】
(ハリウッド)
(Big Dipper)
遠征ありがとうございました。村上様を中心に、チームワークとマナーも素晴らしかったです。私達の分も是非勝ち進んでください。
朽名様・チームの皆様 対戦ありがとうございました。
また機会がございましたらお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
マリモーズ 0 1 漁火 9月16日(大宮健保)
チームの顔・細畑が劇的サヨナラ打!漁火が2年ぶり4回目のベスト8進出!!
【試合内容】
先攻マリモーズ日下、後攻漁火松永の両先発で試合開始。マリモーズ、漁火共に序盤からスコアリングポジションにランナーを置く展開も、両投手が好投し投手戦となる。マリモーズは6回から本木にスイッチ。両チームチャンスを作るがあと一本がでない試合はあっという間に最終回に。結局決着は付かず、8回からサドンデスに。先攻マリモーズの攻撃を無得点に抑えた漁火はその裏、漁火代表・細畑のサヨナラ犠牲フライにて決勝トーナメントの初戦を勝利で飾った。
【相手チームへ一言】
(マリモーズ)
(漁火)
漁火様、痺れる試合展開で楽しかったです。
次戦も頑張ってください!
マリモーズさまありがとうございました!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
アンドバランス 0 5 情熱チキン 9月9日(芝公園)
サドンデスで明と暗!下剋上狙う情熱チキンが緊迫の投手戦を制し2回戦進出!!
【試合内容】
情熱チキン土屋投手、アンドバランス野口投手の先発。1回表、情熱チキンはいきなり1死満塁のチャンスを作るも、アンドバランス野口投手踏ん張り無得点。その後両投手の好投で迎えた4回裏、アンドバランスが2死から4番糟谷選手の三塁打で先制のチャンスを作るも、ここも情熱チキン土屋投手が抑えて無得点。0対0のまま時間の関係で6回から1死満塁のサドンデスへ突入。アンドバランスは仁科投手へスイッチ。情熱チキン先頭の3番山田選手を三振に切ってとるも、4番後藤選手に死球押し出し。情熱チキンが待望の1点を先制。更に5番長尾選手の所で代打永山選手。その永山選手がライトへ2点タイムリー!更に6番仲川選手も続き5得点。情熱チキンはその裏山田投手へ交代。山田投手は1死満塁を2者連続三振で抑え試合終了。情熱チキンが5対0で勝利。
【相手チームへ一言】
(アンドバランス)
(情熱チキン)
情熱チキンの皆様、対戦ありがとうございました。緊張感のあるとてもいい試合でした。また対戦する機会がありましたらよろしくお願いいたします。
日程調整などありがとうございました。非常に締まった投手戦で凄くシビれるゲームでした。対戦ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
とん吉 6 2 ブレーブス 9月9日(大宮健保)
とん吉が6得点の先制パンチ!Wカード1位が予選1位通過のブレーブスを撃破!!
【試合内容】
先攻ブレーブス、後攻とん吉でプレイボール。初回ブレーブスは1アウトからセンターにヒットを放ち盗塁を決めチャンスを作る。さらに3番のファーストゴロで3塁に進むが後続が続かず無得点。対するとん吉は、先頭が四球で出塁し盗塁を決め0アウト2塁とチャンスを作ると、2番がバントをし相手のミスでセーフになり、3番4番のタイムリーで2点を奪う。攻撃の手を緩めないとん吉は四球やヒットで初回に6点を先制する。追いつきたいブレーブスは2回に連打で1点を返す。6回にも死球でランナーを出し続く6番打者が右中間にタイムリー2塁打で1点を返すがそれ以外とん吉の投手陣に抑えられる。とん吉は2回以降得点を奪えず初回の大量点を守りきり勝利。
【相手チームへ一言】
(とん吉)
(ブレーブス)
ブレーブス吉添様、選手の皆様朝一からの対戦ありがとうございました。
また色々な機会での対戦宜しくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
SAMURAI.BOYS 4 2 川商Cats 9月8日(東実健保)
エース左腕並木が完投!SAMURAI.BOYSが逆転勝利で2年ぶりの8強入り!!
【試合内容】
サムライボーイズ並木、川商キャッツ江藤投手の先発でスタート。先制点は先攻の川商。2回の表に山下選手が二塁打でチャンスを作ると、水上千選手のタイムリーで1点を先制。しかしサムライはその裏下位打線でチャンスを作り同点にすると、河行がセンターへ値千金のタイムリーを放ち、この回4点を取り逆転に成功。粘る川商は5回に1点を取るが反撃もそこまで。並木は本調子はほど遠いが完投勝利。
【相手チームへ一言】
(SAMURAI.BOYS)
(川商Cats)
川商様、金島様遠征、日程調整ありがとうございます。
今後もよろしくお願いします。
グランド手配ありがとうございました。
また対戦宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ユキムハイエンドボーイズ 2 4 世田谷ペンギンズ 9月2日(天王洲公園)
世田谷ペンギンズがリベンジ成功!昨年敗れたユキムを撃破し2回戦進出!!
【試合内容】
先攻世田谷ペンギンズ・佐々木投手、後攻ユキムハイエンドボーイズ・鈴木投手の先発で試合開始。1回の世田谷ペンギンズの攻撃。先頭張の四球からノーアウト満塁のチャンスを作ると相手のエラーで1点先制。なおも満塁のチャンスが続くが相手の好守等もあり、追加点を奪えず。世田谷ペンギンズの先発佐々木は立ち上がりから制球よく投げ込み初回から無失点を続ける。3回のペンギンズの攻撃。この回先頭の上原の二塁打と加治のバントヒットで無死一塁三塁とチャンスを作る。盗塁失敗があるも、4番迎里のセンター前タイムリーヒットで1点追加。さらに6番工藤の二塁打や相手の守備のエラーなどで2点追加。ユキムハイエンドボーイズ6回の攻撃。ここまで佐々木の前に抑えられていたが二連打等で一死満塁と責め立て、5番古日山が押出し四球を選び1点返す。さらにサードゴロなどでもう1点返す。最終回のユキムハイエンドボーイズの攻撃。先頭の古山がショートエラーで出塁するも後続が倒れ試合終了。4-2で世田谷ペンギンズの勝利。
【相手チームへ一言】
(ユキムハイエンドボーイズ)
(世田谷ペンギンズ)
世田谷ペンギンズの皆様、対戦ありがとうございました。全てにおいて完敗です。我々の分まで残り3試合頑張って下さい!
ユキムハイエンドボーイズの皆様、対戦ありがとうございました。また、グラウンドや審判の手配なども大変助かりました。接戦の試合でとても緊張感のある試合が行えました。今後ともよろしくお願いいたします。