TOP > Victoriaリーグ2部(2018年) > 成績表(Bブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 1 0 6 21 11
2 1 0 0 3 8 1
3 1 1 0 3 6 11
4 0 1 0 0 2 4
5 0 1 0 0 4 14
- 0 0 0 0 0 0
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Bブロック星取表
   
 

8-1
 
 
② AJPBC
 
   
 
 
 
 
 
 
3-5

4-2

14-4

1-8
 

5-3
   
 
 
 

2-4
 
   
⑥ Sunsup
 
 

4-14
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ユキム ハイエンド ボーイズ 14 4 Sunsup 5月27日(天王洲公園)
【本部コメント】
ユキム ハイエンド ボーイズが14得点の快勝!2勝目を飾りブロック首位へ浮上!!
【試合内容】
1回表、ユキムは1番木村がヒットで出塁し、2盗3盗を決める。さらに4番桐井が四球でチャンスを拡大し2死2.3塁とし、5番井澤が右中間へ2塁打を放ち2点先取。さらに6番鈴木もタイムリーを放ち幸先良く3点を先制する。2回表、先頭9番田中がバントヒットで出塁し、1番木村が内野安打、2番中園が死球で繋ぎ無死満塁となり、バッテリーミスで4-0。3番長崎がしっかり内野ゴロを転がし5-0。さらにバッテリーミスが出て6-0とする。3回表、7番佐藤が弾丸ライナーでレフトフェンスを越えていくホームランを放ち7-0。さらに連続四球でランナーを溜め、1番木村の右越え3塁打で9-0。続く3番長崎、5番井澤にもタイムリーが出て12-0。4回裏、この回リリーフに上がった岡田がSunsup打線に捕まり12-3とされる。7回表、3番長崎、4番桐井に連続ホームランが飛び出し14-4。7回裏、5回から再びマウンドに戻った鈴木が危なげなく抑え試合終了。14-4でユキムが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ユキム ハイエンド ボーイズ)
(Sunsup)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
ユキムハイエンドボーイズの皆さん、ご対戦頂きありがとうございました。試合開始早々に不甲斐ない試合展開になり申し訳ありませんでした。メンバー一同この対戦を教訓に頑張ります。またの対戦宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ハリウッド 8 1 GOLDENCLUB 5月27日(大井ふ頭公園)
【本部コメント】
ハリウッドが白星発進!3年連続5回目の決勝T進出へ向け快勝スタート!!
【試合内容】
先攻GOLDENCLUB平田投手、後攻ハリウッド下村投手の両先発で試合開始。初回、先攻GOLDENCLUBの攻撃。1番岩本がレフトへ痛烈なヒットを放つと、その打球が大きく跳ねてレフトが後逸。その隙に一気に生還し、いきなり先制に成功する。対するハリウッドは2回裏、6番濱野、7番田中の連続二塁打で同点に追いつくと、一死満塁から2番郷原が2点タイムリー、さらに3番下山田のスリーランホームランで一挙6点を奪い逆転する。3回にも1点を加えて優位に試合を進めるハリウッドは、6回にも3番下山田にこの試合2本目のソロホームランが飛び出し勝負あり。投げては下村投手が2回以降危なげなく無失点を重ね、7回は佐藤投手がリリーフし、1-8でハリウッドが勝利を収めた。
【相手チームへ一言】
(ハリウッド)
(GOLDENCLUB)
対戦ありがとうございました。声出しの素晴らしいチーム様でした。是非また宜しくお願いいたします。
グラウンド、審判などの御手配ありがとうございました!
また機会があれば、宜しくお願い致します!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ユキム ハイエンド ボーイズ 3 5 GOLDENCLUB 4月22日(天王洲公園)
【本部コメント】
GOLDENCLUBが逆転勝ち!初の決勝T進出へ3年目好スタートを切る!!
【試合内容】
先攻ユキムハイエンドボーイズ、後攻GOLDENCLUBで試合開始。初回、ユキムハイエンドボーイズの攻撃。1番佐藤が死球、2番中園が右前打でいきなり1・2塁。3番長崎がきっちり送り、一死2・3塁のチャンスを作ると4番井澤の二ゴロが相手の失策を誘い、2点を先制する。対するGOLDENCLUBは2回、先頭の6番岩間が四球を選ぶと、8番青井の左越え二塁打で1点を返す。突き放したいユキムハイエンドボーイズは3回、一死3塁から手堅くスクイズで追加点。着実に得点を重ねる。しかしその裏、GOLDENCLUBの先頭は3番藤川。完璧に捉えた打球はセンターを大きく越えて三塁打。その後、敵失と死球で無死満塁のチャンスを作ると6番岩間の一ゴロが失策を招く。さらに続く満塁のチャンスで7番小川が左越えの三塁打。この回一挙4点を奪い、逆転に成功。その後、両チームチャンスを作るも得点には繋がらず、3-5のまま試合終了。GOLDENCLUBが勝利を収めた。
【相手チームへ一言】
(ユキム ハイエンド ボーイズ)
(GOLDENCLUB)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
対戦有難うございました!グラウンド、審判等のご手配も有難うございました!また機会がありましたら対戦宜しくお願いします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ユキム ハイエンド ボーイズ 4 2 フューチャーズ 4月8日(天王洲公園)
【本部コメント】
ユキム ハイエンド ボーイズが終盤に逆転!エース鈴木の粘投に打線が応える!!
【試合内容】
1回表 フューチャーズは2番打者がヒットで出塁し、続く3番打者が放ったレフト線の打球をレフトが逸らし中継が乱れる間に打者走者も生還し2点を先制する。対するユキムは1回裏 2番中園がライトオーバーの3塁打を放ちチャンスを作り、3番長崎の犠牲フライで2-1。さらに四死球とエラーで2死満塁のチャンスを作るが、後続が続かず1点止まり。その後フューチャーズは4、5回にチャンスを作るもユキムの好守備もあり得点を奪えず。迎えた6回裏、先頭2番中園、3番長崎が連続四死球で無死1,2塁とし、4番井澤がピッチャーゴロに打ち取られるも1-6-3のダブルプレーを狙ったショートの送球が暴投になり2走中園が生還し2-2の同点。さらに2死2塁から6番鈴木が右中間2塁打を放ち3-2と逆転。続く7番佐藤のサードゴロが悪送球を誘い、逸れている間にランナーが生還し4-2。7回表、フューチャーズはヒットと死球で無死1,2塁を作るもユキム鈴木が後続を抑えゲームセット。4-2でユキムが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ユキム ハイエンド ボーイズ)
(フューチャーズ)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
グランドの手配などしていただき、ありがとうございました。
また、対戦する機会がございましたらよろしくお願いします。