TOP > Victoriaリーグ2部(2018年) > 成績表(Cブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 2 1 7 19 21
2 2 1 0 6 18 10
3 1 0 1 4 11 10
4 1 1 0 3 14 4
5 1 1 0 3 3 11
6 0 2 0 0 6 15
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Cブロック星取表
 
11-0
 

3-4
 
 
② 漁火

0-11
   

3-0
 
 
 
 
 
3-5

3-10
 

4-3

0-3

5-3
 
3-5

7-7
 
 

10-3

5-3
 
3-4
 
 
 

7-7

4-3
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Big Dipper 4 3 King☆Johnny 6月17日(平野野球場)
【本部コメント】
スプリング8強入りを果たしたBigDipperが激戦を制し、ブロック3位浮上!!
【試合内容】
グランドも回復し、無事行われた試合。先攻BigDipper平野、後攻king☆Johnny阿久津の両先発で10時プレーボール。BigDipperは初回、2番三澤の四球、3番南のセンター前ヒットと盗塁で2・3塁の形を作ると、このチャンスで4番平野が叩きを決め1点を先制。さらに2死3塁のチャンスに5番小川がレフト前にヒットを放ち、BigDipperが2点を先制した。対するking☆Johnnyは2回裏、4番小泉のライト前ヒットを皮切りに、1死3塁から6番平山のセンター前タイムリーで1点。さらには、続く7番阿久津のサードゴロの間に平山が3塁を陥れると、ファーストからサードへの送球が悪送球となり、平山が1塁から一気にホームイン。2対2。King☆Johnnyがすかさず同点に追いつく。BigDipperは4回表、先頭の4番平野が2塁打を放ちチャンスを作ると、5番小川のピッチャーゴロは守備のミスを誘い無死1・3塁。5番林田はサードライナーで倒れるも、続く6番阿部がライトにしぶとく運び1点を追加し3-2。尚もBigDipperは5回表、1死から2番三澤が2塁打で出塁する。ここで3番南・4番平野の連続ヒットで1点を追加し4-2とした。5回裏king☆Johnnyは、6番平山が2塁打を放ちチャンスメイク。7番阿久津は倒れるも、この試合ヴィクトリアリーグ戦デビューとなった8番関口がレフト前ヒットを放ち1点を返し3対4。尚も1死1塁で9番吉田が送り2死2塁。1番村上はセンター前ヒットを放つも、中継プレーでホームで刺し、この回は1点止まり。BigDipperは6回、先発の平野から宇田川にスイッチ。king☆Johnnyは6回裏、2番篠崎が四球で出塁する。3番佐藤はライトフライで倒れる。4番小泉もライト前のところをBigDipperライト南がファインプレーで2アウト。5番石居はショートゴロで時間切れとなり、BigDipperが4-3で勝利。白熱のゲームはBig Dipperに軍配が上がり、決勝トーナメント進出に向けて貴重な勝利を収めた試合となった。
【相手チームへ一言】
(Big Dipper)
(King☆Johnny)
秦様・チームの皆様 本日は対戦ありがとうございました。
どちらへも転ぶ試合展開でした。同じ地域ともあり対戦機会もあると思います。今後とも、ご交流お願い致します。
村上様、Big Dipperの皆さん対戦ありがとうございました。
最後まで息詰まる白熱の攻防戦でしたね。同じ活動地域ですし、今後とも是非定期的に試合して下さい。対戦本当にありがとうございました!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
とん吉 0 3 漁火 6月10日(城北公園)
【本部コメント】
松永の完封で漁火が今季初勝利!とん吉の決勝T進出は他チームの結果次第に!!
【試合内容】
先攻とん吉、後攻漁火で試合開始。初回とん吉はヒットでランナーを出すも盗塁死で3人で終わる。その裏漁火は先頭が四球で出塁しエンドランを決めノーアウト1、3塁のチャンスを作り、4番が犠牲フライを放ち先制する。お互いチャンスを作るが無得点が続く。試合が動いたのは4回漁火の攻撃はツーアウトから連続四死球でチャンスを作り、連続内野安打で1点追加。さらに5回裏、漁火はヒットと連続四死球で満塁とし押し出しで追加点。とん吉はチャンスを作るもあと一本が出ず完封負け。効率よく得点を重ねた漁火が3対0で逃げきり勝利した。投げては松永が完封勝利。
【相手チームへ一言】
(とん吉)
(漁火)
漁火の皆さま、細畑様、生憎の天気の中、
対戦ありがとうございました。
とん吉様ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
King☆Johnny 10 3 莫逆ファミーリア 6月3日(猿江恩賜公園)
【本部コメント】
エース榎本が完投勝利!投打の噛み合ったKing☆Johnnyが開幕2連勝!!
【試合内容】
夏を感じさせる陽気の中、都立猿江公園にて、先攻・莫逆ファミーリア、後攻・King☆Johnnyでプレイボール!1回表、莫逆ファミーリアはKing☆Johnnyの守備のミスに乗じて幸先よく1点を先取する。これに対し、King☆Johnnyは2回裏に無死2塁から7番平山のセカンド内野安打と相手のミスを誘い1点を返し同点とする。試合が大きく動いたのは3回。莫逆ファミーリアは、1死から1番が左中間を破るスリーベスを放ち、更に次打者のワイルドピッチで1点の勝ち越しに成功する。しかし、その裏にKing☆Johnnyもすかさず反撃。2番篠崎からの好打順でその篠崎と3番榎本が四球を選ぶと、1死1、3塁から、フィルダースチョイスで同点。更には8番阿久津の右中間を破るタイムリーツーベースも飛び出す等、この回一挙4点を奪い逆転に成功し5対2とする。これで勢いに乗ったKing☆Johnnyは、4回裏に篠崎のライトフェンスオーバーのソロホームランで1点、5回裏にはまたまた篠崎の2点タイムリーが飛び出す等、打線も繋がりこの回4点。King☆Johnny先発榎本は小刻みに失点を許すも要所を締め、6回、失点3(自責2)、奪三振6、四死球3、被安打4、球数86の上々のピッチングで見事な完投勝利!10対3。投打の噛み合ったKing☆Johnnyが開幕2連勝を飾った試合となった!
【相手チームへ一言】
(King☆Johnny)
(莫逆ファミーリア)
莫逆ファミーリアの皆様対戦ありがとうございました。対戦までの経緯で度々ご迷惑をお掛けしてしまった事。この場を借りて大変恐縮でございますがお詫び申し上げる次第です。今回の対戦について貴チームのご厚意に大変感謝しております。機会ございましたら是非また対戦させて下さい。この度は本当にありがとうございました。
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
SAMURAI.BOYS 11 0 漁火 6月3日(大宮健保)
【本部コメント】
池村が2打席連続HR!SAMURAI.BOYS打線爆発でリーグ初勝利!!
【試合内容】
サムライボーイズ並木投手、漁火松永投手の先発でゲームスタート。先攻のサムライ、初回は水野の好走塁でランナー2塁に置き、2番小松が先制タイムリーを放つ。その後、植木が三塁打、石崎が二塁打、さらに一死から斎藤の叩きで初回に4点を取る。漁火も初回高倉選手、福田選手でチャンスをつくるが1本がでず無得点。サムライ3回、植木が2打席連続安打で出塁し盗塁を決めチャンスを作ると、旭一のタイムリーで1点を追加する。5回には4番池村のソロホームラン、旭一の三塁打などで2点を追加した。先発の並木はランナーを出すも要所で三振を取るピッチング披露。バックも旭勇、河行、石崎が安定した好守備を見せ並木を盛り立てる。6回には池村の2打席連続ホームランが満塁ホームランになり、11対0でサムライが勝利した。
【相手チームへ一言】
(SAMURAI.BOYS)
(漁火)
漁火の皆さん、細畑様、遠征、対戦ありがとうございます。
今後とも何卒よろしくお願い致します。
ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
とん吉 4 3 SAMURAI.BOYS 5月6日(夢の島球場)
【本部コメント】
決勝T進出へ負けが許されないプレッシャーの中、とん吉が大接戦を制す!!
【試合内容】
先攻とん吉松井投手、後攻サムライボーイズ並木投手の両先発で試合開始。初回とん吉の攻撃は、先頭が四球で出塁、2番片山がセンター前に運び、3番野尻の送りバントで1アウト2塁3塁にチャンスを広げる。ここで4番小林の犠牲フライで先制する。続いて試合が動いたのが3回表とん吉の攻撃、先頭が倒れるも続く1番打者が死球で出塁し、相手のワイルドピッチとパスボールで追加点をあげる。さらに3番野尻がセンター前に放ち、その打球をセンター小松選手が飛び込むも後逸しホームランになる。反撃したいサムライはその裏の攻撃、星川が安打で出塁しエラーでチャンスを広げ、水野の内安打で1点を取ると、2番旭一が2塁打を放ち同点にする。更に四球とエラーで0アウト満塁のチャンスを作るもライトからの好返球もあり同点止まり。5回表とん吉の攻撃は、先頭の9番市川がセンターへのホームランを放ち、これが決勝点となる。残りのイニングはお互い投手が踏ん張りチャンスを作れずゲームセット。4対3でとん吉が勝利した。
【相手チームへ一言】
(とん吉)
(SAMURAI.BOYS)
SAMURAIBOYSの皆様、旭様ゴールデンウィークの中、対戦ありがとうございました。またオープン戦でも宜しくお願い致します。
とん吉の皆様、鈴木様、グランド、審判さんの手配ありがとうございました。とても勉強になるチーム様で対戦出来て本当に良かったです!今後とも何卒よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
とん吉 7 7 Big Dipper 4月22日(平野運動場)
【本部コメント】
これぞシーソーゲーム!3HRが飛び出すハイレベルな乱打戦はドロー決着!!
【試合内容】
先攻BigDipper氏家、後攻とん吉松永の両先発で9時プレイボール。BigDipperは初回、連続四球でチャンスを作りダブルスチールに成功。3番4番が凡退するも5番林田がレフトへ2点タイムリー2塁打を放ち2点を先制する。対するとん吉もその裏、2番市川が守備のミスから出塁すると盗塁と相手のエラーで3塁まで進み、続く3番野尻がレフトに犠牲フライを放ち1点を返す。2回表、BigDipperはまたも連続四球・バッテリーミスからツーアウト2・3塁チャンスを作り、南がファースト強襲となる2点タイムリーヒットを放ち4-1と突き放す。追いつきたいとん吉は4回裏、先頭の3番野尻がデットボールで出塁し、続く4番小林が左中間への2塁打を放ち1点返す。しかし後続が倒れ4-2。BigDipperは5回表、3番南・4番平野の長短打でチャンスを作ると6番阿部がセンターに抜けるヒットを放ち2点追加し6-2とした。その裏とん吉は先頭が倒れるも、海老島が右中間にホームランを放ち反撃開始。続く1番新井がレフト前ヒットで出塁。2番市川は倒れるも3番野尻がライトの頭を超える2ランホームランを放ち6-5と1点差に詰め寄る。しかし、BigDipperは6回表ツーアウトから2番小川がレフトファンスを超えるホームランを放ち7-5とした。最終回とん吉の攻撃は6回からマウンドに上がった宇田川を攻め、ヒットと連続四球でノーアウト満塁のチャンスを作り、3番野尻がセンターへの2点タイムリーヒット放ち7-7の同点。尚もノーアウト満塁とサヨナラのチャンスを作るが後続が続かず引き分けでゲームセット。
【相手チームへ一言】
(とん吉)
(Big Dipper)
対戦ありがとうございました。
また宜しくお願い致します。
佐藤様・チームの皆様 本日は対戦及びグランド・審判の手配等ありがとうございました。また、機会がございましたら対戦宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
とん吉 3 5 King☆Johnny 4月1日(ポニーランド前)
【本部コメント】
とん吉2連勝ならず!King☆Johnnyが互角の好勝負を制し首位発進!!
【試合内容】
2部Cブロック、開幕戦を白星スタートで勢いに乗るとん吉。対して、この試合が今季開幕戦となるKing☆Johnny。取材にも選ばれた注目の1戦。とん吉先攻、King☆Johnny後攻で11時プレイボール。初回、とん吉は2番野尻がセンター前に放った打球がバウンドし、これがセンターの頭上を越えるランニングホームランとなり先制。その裏King☆Johnnyの攻撃は、1番村上、この試合がヴィクトリアリーグ戦デビューのルーキー2番菊田と1・2番コンビで無死2・3塁のチャンスを演出すると、3塁ランナー村上がワイルドピッチの間に同点のホームイン!キャッチャーとの際どいプレーだったが見事な好走塁だった!1対1同点。その矢先に3番榎本にツーラン、4番、これまたヴィクトリアリーグデビュー戦の4番小泉のソロと連続ホームランが飛び出し、King☆Johnnyが一発攻勢で更に3点を奪い逆転に成功する。4対1。その後は互いにチャンス、ピンチを作る展開も後1本が出ず膠着状態。5回表とん吉は、1アウトから1番が四球で出塁し急かさず盗塁に成功、2番がレフト前に放ち1点を返す。その裏King☆Johnnyの攻撃は四死球でチャンスを作り、1番がレフト前に放ち1点を取り突き放す。6回表にとん吉は7番がソロホームランを放ち1点を返すがここまで。King☆Johnnyが5対3で勝利。投げては先発の榎本が、5回1/3、86球3失点の粘投と、リリーフの阿久津が6回表、1死1・2塁の場面で登板すると後続を抑える見事なまでのピッチングで無失点に抑え、この試合最終回となった7回表も一人走者を許すも無失点に抑える完璧な火消し振り!5対3!King☆Johnnyが序盤の猛攻と榎本ー阿久津の黄金リレー!更には、菊田が好守で存在感を示し、4番小泉は貴重な一発!キャッチャーの石居凌がワイルドピッチ、パスボール0という完璧なキャッチングと巧みなリード等ルーキートリオの活躍も光った試合であった!
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(とん吉)
(King☆Johnny)
King☆Jhonyの皆様、秦様、対戦ありがとうございました。
また宜しくお願い致します。
とん吉様、鈴木様、対戦ありがとうございました。
まだまだ経験の浅い若手にとって非常に良い勉強をさせて頂きました!また機会がありましたら是非対戦させて下さい。
本当にありがとうございました!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
とん吉 5 3 莫逆ファミーリア 3月18日(京成鉄橋上流)
【本部コメント】
両者のプライドが激突したシーソーゲーム!とん吉が開幕戦で貴重な勝ち点を獲得!!
【試合内容】
とん吉先攻、莫逆ファミーリア後攻でプレイボール。とん吉は初回、先頭がヒットで出塁し送りバントで得点圏にランナーを進めるが無得点。その裏の莫逆ファミーリアも先頭がヒットで出塁し盗塁を決めて得点圏にランナーを進める。2番、3番が凡退し、4番がセカンドフライを打ち上げるが後逸し先制。2回表、とん吉は2アウトから7番がライト線に3ベースヒットを放つと、8番四球、9番のショートゴロが悪送球となり同点に追い付く。2回裏、莫逆ファミーリアは先頭が出塁してワイルドピッチでチャンスを作り、レフト前ヒットで1点を勝ち越し。3回表、先頭が出塁し続くバッターのセカンドゴロの間に2塁に進み、5番が左中間にヒットを放ち、とん吉が再度同点に追い付く。その裏、先頭を出しワイルドピッチなどでチャンスになると、レフト前ヒットで莫逆ファミーリアが1点を奪う。4回、5回は両チーム無得点。次に試合が動いたのは6回表、とん吉は先頭がヒットで出塁し盗塁を決め、次のバッターが四球でチャンスを作り、3番が左中間に2ベースヒットを放ち2点を奪い逆転に成功。7回表もとん吉は追加点を上げて勝利。4回以降、莫逆ファミーリア打線はノーヒットと沈黙する。
【相手チームへ一言】
(とん吉)
(莫逆ファミーリア)
莫逆ファミーリア様、波江田様、対戦ありがとうございました。
対戦ありがとうございました!
また機会がありましたらよろしくお願いします!