TOP > Victoriaリーグ2部(2018年) > 成績表(Dブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 3 0 1 10 23 15
2 2 0 2 8 20 12
3 2 2 0 6 20 18
4 1 2 1 4 11 17
5 1 2 0 3 5 9
6 1 4 0 3 25 33
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Dブロック星取表
 
6-1

9-6
 

4-5

1-6

1-6
 
2-4

3-2
 

5-5

6-9

4-2
 
2-3

9-12

4-7
 

2-3

3-2
 
0-4
 

5-4
 

12-9

4-0
 
2-2

6-1

5-5

7-4
 

2-2
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
アドベンチャーズ 2 4 フェニックス 7月8日(大宮健保)
【本部コメント】
小野塚が好守でチームを救う!フェニックスが最終戦で意地の初勝利!!
【試合内容】
先攻アドベンチャーズ、後攻フェニックスで試合開始。フェニックスは初回、アドベンチャーズ先発の高木の立ち上がりを攻め、2番加藤が右中間3塁打でチャンスを作るも次打者内野ゴロで本塁へ突っ込みもアウト、しかしその後死球を挟み5番八木がセンターオーバー3塁打で先制、続く6番種戸もライト前へ弾き返し3点を先取。アドベンチャーズはフェニックス先発八木に4回まで散発2安打に抑えられ苦しい展開に。4回裏、フェニックスは四球と失策で得たチャンスに2番加藤の内野ゴロの間に1点追加。0-4となりリードを広げる。6回表、アドベンチャーズは、先頭がエラーで出塁すると四死球等で2死満塁のチャンス。ここでバッテリーエラーと7番高久のタイムリーで2点返し、2-4と追い上げる。最終回アドベンチャーズは、またも守備エラーでチャンスを作る。しかし、次打者が右中間へ抜ければ同点本塁打になりうる打球をライト小野塚がダイビングキャッチでピンチを救う。ビッグプレーが飛び出し、試合は4対2でフェニックスの勝利。今予選最終戦でようやく1勝をあげた。
【相手チームへ一言】
(アドベンチャーズ)
(フェニックス)
対戦ありがとうございました。フェニックス様とは通算1勝3敗と差を広げられてしまいました。またリベンジに向けて精進します。
アドベンチャーズの皆様、グランド・審判手配ありがとうございました。今後も宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
情熱チキン 1 6 川商Cats 7月1日(大宮健保)
【本部コメント】
川商CatsがDブロック上位対決を制し、決勝T進出へ一歩前進!!
【試合内容】
両チーム決勝トーナメントへ進むにあたり大事な一戦。先攻情熱チキン、後攻川商catsで試合開始。初回、川商catsは2番糸魚川のレフトオーバーの3ベースの後、3番池亀のスクイズで先制。その後も大澤直のホームランやエンドランなど小技を絡めて得点を重ねる。情熱チキンも中盤1点を返すも、川商cats先発佐々木が以降無失点に抑え、6−1で川商catsが勝利。
【相手チームへ一言】
(情熱チキン)
(川商Cats)
 
遠方からありがとうございました。
また宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブレーブス 12 9 フェニックス 7月1日(大宮健保)
【本部コメント】
ブレーブスが6発の打ち上げ花火!3勝目を飾り首位をキープ!!
【試合内容】
先攻ブレーブス、後攻フェニックスで試合開始。1回裏フェニックスは1、2番でチャンスを作ると4番中村の安打と後続の内野ゴロの間に得点を重ね3点を先制。ブレーブスは3回表に4番羽田がタイムリーツーベースを放ち1点を返し1-3。3回裏にはフェニックスが犠牲フライで追加点1-4。4回表は9番畑野がホームランを放ち4-4と同点。5回表にも、6番石津、7番長澤、9番畑野に3本のソロホームランが飛び出し7-4と逆転。5回裏にフェニックスは押し出し四球で1点を返し7-5。6回表には、6番石津がホームランを放ち10-5にし、8番早瀬のホームラン、1番藤澤のタイムリーで追加点をあげ12-5。12対4で迎えた最終回、フェニックスは1アウト後、四死球を挟む連続5安打で4点を返すも時既に遅し。12-9でブレーブスが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ブレーブス)
(フェニックス)
八木様、フェニックス一同様暑い中の対戦ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
ブレーブスの皆様、グランド・心配の手配ありがとうございました。今後も宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
情熱チキン 9 6 フェニックス 6月24日(大宮健保)
【本部コメント】
情熱チキンが2勝目を掴み2位へ!フェニックスはミスに泣き3連敗!!
【試合内容】
情熱チキン川村投手、フェニックス小林投手の先発。初回、情熱チキンは長短打で2・3塁のチャンスを作り、フェニックスの牽制ミスの間に1点先制。その裏フェニックスは、先頭中山の安打と3番加藤のポテンヒットですぐさま追いつき、尚も5番福島がレフトオーバーの3塁打で逆転。2回表、情熱チキンも6番長尾、7番大井の2者連続の3塁打など6者連続ヒットで4得点。フェニックスもその裏1点を返すが、3回表にフェニックスの守備の乱れから1番坂井のこの日2本目のタイムリーとなるスリーベース飛び出し4点を追加。追うフェニックスも4回に1点、5回に2点と重ねるも前半の失点が大きく響き、9対6で情熱チキンの勝利。投げては川村投手が完投。フェニックスは、内野守備陣が崩壊により大量失点となった。
【相手チームへ一言】
(情熱チキン)
(フェニックス)
フェニックスの皆様、厳しいスケジュールの中対戦いただきありがとうございました。
情熱チキンの皆様、グランド・審判手配ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブレーブス 5 4 情熱チキン 6月3日(大宮健保)
【本部コメント】
ブレーブスが逆転勝利!冨岡の劇的サヨナラ弾で激戦を制す!!
【試合内容】
先攻情熱チキン、後攻ブレーブスで試合開始。初回、ブレーブスが2番藤澤がライトオーバーのホームランで先制し1-0。2回表情熱チキンの連続タイムリーが続き1-4と逆転。両者その後はチャンスを作るも無得点。ブレーブスは4回裏に5番石津がホームランを放ち4-2。7番宮田がヒットで出塁し盗塁を決め、8番長澤が進塁打を放ち二死三塁。続く9番早瀬がタイムリー内野安打を放ち4-3。5回裏にも2番藤澤が四球で出塁し盗塁、相手のミスで1死3塁で相手のバッテリー間ミスで4-4の同点。7回に3番冨岡がセンターオーバーのホームランを放ち、5-4でブレーブスがサヨナラ勝ちを収めた。
【相手チームへ一言】
(ブレーブス)
(情熱チキン)
急遽決まった試合をしていただきありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
対戦ありがとうございました。リードはしていましたが、ジリジリ追い上げられずっと胃がキリキリでした!最後のホームランはあっぱれです。ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
川商Cats 5 5 アドベンチャーズ 6月3日(大宮健保)
【本部コメント】
終盤にまで縺れたシーソーゲームは両軍一歩も引かずドロー決着!!
【試合内容】
先攻川商Cats佐々木、後攻アドベンチャーズ栗田の両先発で試合開始。初回、川商Catsはいきなり連打でチャンスを作り、4番下柳がタイムリーを放ち1点先制。3回もエラーから作ったチャンスに5番池亀がタイムリーを放ち、更に1点追加。対するアドベンチャーズは3回裏にエラーと2塁打でチャンスを作り、2番亀川が犠打、3番若杉がタイムリー、4番山本はエラーを誘い3点。逆転に成功する。その後5回裏、2アウトから4番山本と5番栗田の連打、更に6番高木の打球がエラーを誘い1点追加。2-4とアドベンチャーズがリードする。しかし6回表、川商Catsは無死満塁のビッグチャンスに1番半田の打球がエラーを誘い1点、更に2番糸魚川が押し出しを選び更に1点。4-4の同点に追い付く。6回裏、アドベンチャーズは1死2塁のチャンスに1番主砲窪寺が長打を放ち1点。4-5と再び引き離すが7回表、6番佐々木が本塁打を放ち、川商Catsが同点に追い付き試合を振り出しに戻す。7回裏も佐々木がアドベンチャーズ打線をねじ伏せ、同点のまま試合終了。
【相手チームへ一言】
(川商Cats)
(アドベンチャーズ)
ハラハラする試合展開でしたね。
オープン戦などでまた試合宜しくお願い致します。
色々とご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。
またよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
アドベンチャーズ 3 2 マリモーズ 5月27日(大宮健保)
【本部コメント】
アドベンチャーズが劇的サヨナラ!高木が自らのバットで試合を決める!!
【試合内容】
先攻マリモーズ日下、後攻アドベンチャーズ栗田の両先発投手で試合開始。3回表、マリモーズが1番保坂のヒットと盗塁でチャンスを作り、3番伊出の犠飛で先制。その裏、アドベンチャーズは1死満塁で7番栗田が内野ゴロで失策を誘い1点返し、更に押し出しで1-2と逆転に成功。その後は両投手が好投し6回までお互い無得点。アドベンチャーズの1点リードで迎えた最終回、マリモーズが無死満塁のチャンスに1番保坂が四球を選び押し出しで同点にするも、その後の無死満塁を活かせず。すると追い付かれたアドベンチャーズが、ヒットと四球でチャンスを作り、途中からマウンドへ上がった高木自らのタイムリー。2-3でアドベンチャーズがサヨナラ勝ち。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(アドベンチャーズ)
(マリモーズ)
緊張感のあるナイスゲームでした。
またよろしくお願い致します。
アドベンチャーズ様、グランド、審判手配ありがとうございました。マナーが大変良いチームだと感心していました。またよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
アドベンチャーズ 1 6 情熱チキン 5月20日(大宮健保)
【本部コメント】
ポーカーフェイス川村が完投勝利!古株初陣対決は情熱チキンに軍配!!
【試合内容】
先攻の情熱チキンが初回に連続安打と失策で2死2.3塁のチャンスを作り、5番のラッキーなポテンヒットで2点を先制する。その裏アドベンチャーズも四球からチャンスを作り5番のタイムリーですぐさま1点を返し2対1とする。その後不安定ながらも、粘りの投球を見せるチキン先発の川村投手を打線も援護し、3回表に主砲永山選手のタイムリーなどで3点、6回にも女房役の河合選手がだめ押しタイムリーで1点を追加!アドベンチャーズは9四死球と常に塁にランナーを置きチャンスを演出したが2安打に終わり追加点を奪えず試合終了。川村投手が6回を1失点と粘り抜き、6-1で情熱チキンが勝利した。
【相手チームへ一言】
(アドベンチャーズ)
(情熱チキン)
急なお誘いにもかかわらず、快く対戦を受けて頂きありがとうございました。またよろしくお願い致します。
グランド審判手配ありがとうございます。これからも対戦機会あるかと思います。今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブレーブス 2 2 川商Cats 5月13日(大宮健保)
【本部コメント】
Dブロック首位攻防戦は川商Catsが終盤追いつき、両者痛み分け!!
【試合内容】
先攻ブレーブス、後攻川商Catsで試合開始。序盤は両チーム投手戦を繰り広げる。試合が動いたのは5回表、ブレーブスがチャンスを作り、4番羽田がショートゴロの間に三塁ランナーが生還。1-0とし、6回にも2番藤澤のタイムリーヒットで2-0とする。5回裏、川商Catsは1点を返すと、最終回の7回裏の攻撃。池亀の3ベースの後、廣重の2ベースで同点に追いつく。その後もバントでサヨナラのチャンスを広げるも、最後はブレーブス投手の好投によりゲームセット。2-2で引き分け。
【相手チームへ一言】
(ブレーブス)
(川商Cats)
川商Cats様、対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
グランドや審判手配などありがとうございました。
また宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
マリモーズ 3 2 フェニックス 5月13日(三芳グランド)
【本部コメント】
明暗分けた守備の乱れ!互いに初勝利を懸けた2戦目はマリモーズに軍配!!
【試合内容】
マリモーズ先攻、フェニックス後攻で試合開始。先発はマリモーズ本木、フェニックス小林。序盤2回は両先発の好投で静かな立ち上がり。試合が動いたのは3回。マリモーズが8番磯野の2ベースに二つの四球で満塁とすると、一死から3番西川のエンドランにエラーが絡み2点先制。4回も二死から相手守備の乱れで1点追加。対するフェニックスは4回、2番大西の3ベースと3番加藤の犠飛で2点を返す。5回以降は両チーム決め手を欠き、そのまま6回で時間切れとなった。守備が明暗を分けた試合で、2対3でマリモーズの勝利。
【相手チームへ一言】
(マリモーズ)
(フェニックス)
フェニックス様、対戦ありがとうございました。
また練習試合等、よろしくお願いいたします。
マリモーズの皆様、グランド・審判手配ありがとうございました。点差以上に差を感じた試合でした。今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
川商Cats 7 4 フェニックス 4月22日(狭山野球場)
【本部コメント】
終盤ビッグイニングで勝負あり!川商Catsがデビュー戦を白星で飾る!!
【試合内容】
川商Cats先攻、フェニックス後攻で試合開始。初回川商Catsは、2アウトから足を絡めてチャンスを作り、4番下柳がレフトオーバーのタイムリーを放ち先制。その後は、お互いにあと一本が出ず無得点が続く。1-0のまま迎えた5回裏フェニックスは、ヒットと守備の乱れから同点とする。最終回川商Catsは、先頭の7番穐元がレフトオーバーの2ベースで出塁、目黒の進塁打でランナーを進め、9番糸魚川のショートゴロの間に勝ち越し。その後ランナーを貯め2番金島のセンター前で更に2点を勝ち越し。更にランナーを貯め5番佐々木、6番池亀の連続安打で一挙6点。その裏フェニックスも2アウトから、連打とフェンスオーバーのホームランで3点を返すもここまで。最後まで先発佐々木が締めた。7対4で川商Catsの勝利。
【相手チームへ一言】
(川商Cats)
(フェニックス)
遠方からお越し頂きありがとうございました。マナーも大変良く、チームのムードもとても良いチームだと感じました。またオープン戦など宜しくお願い致します。
川商Catsの皆様、対戦ありがとうございました。
また、グランド・審判手配等ご配慮頂き感謝致します。
今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
マリモーズ 0 4 ブレーブス 4月15日(大宮健保)
【本部コメント】
先制、中押し、ダメ押し!ブレーブスが2部リーグ開幕戦を完封で飾る!!
【試合内容】
先攻ブレーブス宮田、後攻マリモーズ武田の両先発で試合開始。初回、失策と四球でマリモーズが無死一、二塁のチャンスを迎えるも、送りバント失敗と後続が打ち取られ無得点に終わる。序盤は両チーム共チャンスを作るが得点が入らず。試合が動いたのは3回表、ブレーブスは8番畑野がヒットで出塁し後続が繋ぎ、2番杉本がレフトへタイムリーヒットで1点を先制。さらに5回表、9番石津がホームランを放ち2-0。7回にも2番杉本、3番石井がタイムリーを放ち4-0とし、ブレーブスが勝利した。
【相手チームへ一言】
(マリモーズ)
(ブレーブス)
ブレーブス様、対戦ありがとうございました。完敗でした。
グラウンド、審判の手配ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。