TOP > Victoriaリーグ2部(2018年) > 成績表(Aブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 1 1 7 20 16
2 2 1 0 6 11 6
3 0 0 3 3 17 17
4 1 1 0 3 5 6
5 0 1 1 1 5 7
6 0 1 1 1 10 16
- 0 0 0 0 0 0
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Aブロック星取表
   

5-4
 
 
 

0-2
② SCRATCH
 
 
3-5
 
 

2-2
 

4-5

5-3
   
 

5-5

6-3
④ MBN
 
 
 
   

10-10

0-6
 
 
 
 
   
 
 

2-2

5-5

10-10
 
   

2-0
 

3-6

6-0
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
SCRATCH 3 5 世田谷ペンギンズ 7月8日(調布市民球場)
【本部コメント】
世田谷ペンギンズが接戦を制し首位浮上!新体制初戦を白星で飾る!!
【試合内容】
先攻ペンギンズ・高橋投手、後攻SCRATCH・山上投手で試合開始。先攻のペンギンズは1番張が初球デッドボールで出塁し、1死後3番加治の2塁打で1アウト2,3塁のチャンスを作る。ここで4番迎里が右中間を破るツーベースヒットで2点を先制。SCRATCH先発山上の立ち上がりを攻める。2回表にも1点を追加し、3-0となる。SCRATCHは2回裏に反撃開始。1死後小谷が四球を選び、山上、仲間が2連続センター前ヒットで満塁とし、幸山が3連続センター前ヒットで2点を奪い返す。さらに1,2塁の場面で1番橋本が死球で出塁し、2アウトながらも満塁とチャンスを広げるが、2番新行内が三振に倒れこの回は2点。3回も1アウト満塁のチャンスを作り7番仲間。ここでペンギンズバッテリー間のミス(ワイルドピッチ)でSCRATCHが3-3の同点に追いつく。同点に追いつかれたペンギンズは直後の4回、1死後9番武藤がサード内野安打を奪い、また、相手のエラーも重なり1アウト2塁とチャンスを作る。四球と凡退後の2アウト1,2塁で3番加治。初球を捉え右中間を抜けるツーベースヒットでペンギンズが2点を追加し勝ち越しに成功。5-3とリードを広げる。勝ち越しに成功したペンギンズは、このまま逃げ切りをはかるが、さすが昨年決勝トーナメント出場の実力者SCRATCH。4回裏、セカンドエラーと四球2つで1アウト満塁のチャンスを作る。ここでペンギンズはピッチャー高橋から佐々木にスイッチ。ここで一気に逆転を狙うが4番神成、5番小谷がショートフライに打ち取られチャンスを逃す。5回以降は両投手が持ち味を出して両チーム無得点に終わり、このまま5-3でペンギンズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(SCRATCH)
(世田谷ペンギンズ)
世田谷ペンギンズ様 素晴らしい試合ありがとうございました。投手陣、打線、守備ともにさすがです。また機会がありましたらよろしくお願いします。
SCRATCHさん、対戦ありがとうございました。打線が素晴らしく毎回気の抜けないイニングになりました。今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MBN 10 10 鍛鷹綻 7月8日(東村山運動公園)
【本部コメント】
両者譲らずドロー決着!逃げ切り失敗の鍛鷹綻は3戦連続の引き分け!!
【試合内容】
先攻MBN・水島投手、後攻鍛鷹綻・安藤投手で試合開始。鍛鷹綻は長短打含め毎回得点する。対するMBNは2回、3つの押し出しとヒットを絡め5点を返す。更に5回にも連続エラーで塁を埋めるとタイムリーヒットが絡み5点を追加しリードを奪う。しかしその裏に鍛鷹綻が2死2塁から安藤選手の執念のタイムリーヒットにより同点に追いつく。更にサヨナラのチャンスが続くが、内藤選手の好プレーに阻まれ、引き分けに終わった。
【相手チームへ一言】
(MBN)
(鍛鷹綻)
鍛鷹綻の皆さん杉本様遠征有難うございました。
今回は試合内容的には敗戦の状況でした。
また対戦機会があれば宜しくお願い致します。
MBN水島様、審判、グランドの手配ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
鍛鷹綻 2 2 SCRATCH 6月17日(調布基地跡地)
【本部コメント】
調布強豪対決は昨年に続き大接戦!両者一歩も引かず、勝ち点1を分け合う!!
【試合内容】
先攻SCRATCH・山上投手、後攻鍛鷹綻・安藤投手の先発で試合開始。1回裏、鍛鷹綻は二死満塁から斧木選手の内野安打で1点を先制する。3回表、SCRATCHは一死二塁から橋本選手のタイムリーで1点を返し同点とする。その裏、鍛鷹綻は先頭の小嶋選手がエラーで出塁すると盗塁を決める。一死二塁となり後続の時津選手のタイムリーで1点を勝ち越す。5回表、SCRATCHは先頭の吉田選手がエラーで出塁すると、ヒット、エラーが続き無死満塁とする。ここで渡辺選手が犠牲フライを放ち同点とする。なおもピンチが続くが安藤投手が踏ん張り勝ち越しを許さない。6回表、この回が最終回となりSCRATCHの攻撃を三者凡退で抑えると。6回裏、先頭の斧木選手がヒットで出塁する。後続の進塁打と代打和田選手の内野安打で二死一三塁のサヨナラのチャンスを迎えると、続く有賀選手が粘って四球で繋ぎ二死満塁。サヨナラのチャンスが続くも後続が凡退しゲームセット。2−2の引き分けに終わった。
【相手チームへ一言】
(鍛鷹綻)
(SCRATCH)
SCRATCHの皆様、遠征いただき有り難うございました。
また是非対戦の程お願い致します。
鍛鷹綻杉本様 緊張感のある試合、審判の手配、グランド等ありがとうございました。近隣チームですので、また機会がありましたらよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
鍛鷹綻 5 5 世田谷ペンギンズ 6月10日(調布基地跡地)
【本部コメント】
世田谷ペンギンズ逃げ切りならず!鍛鷹綻が脅威の追い上げを見せドロー決着!!
【試合内容】
先攻世田谷ペンギンズ・須山投手、後攻鍛鷹綻・森口投手の先発で試合開始。3回表、世田谷ペンギンズは須山投手自らのツーランホームランで2点を先制。鍛鷹綻も4回裏に大野のホームランで1点を返し1-2とする。6回表 世田谷ペンギンズは二死から上原、長井の連続ヒットでチャンスメイクすると、迎里のスリーランホームランが飛び出し5-1とし試合を決定づけたかと思われた。しかし鍛鷹綻も粘りを見せる。5回までホームラン1本の1点に抑えていた須山投手に対し、喜多、加藤、杉本、安藤の4連続安打で同点に追いつき、須山投手をノックアウト。最終回は、両チーム三者凡退に終わりゲームセット。5−5の引き分けに終わった。
【相手チームへ一言】
(鍛鷹綻)
(世田谷ペンギンズ)
世田谷ペンギンズの皆様、遠征いただき有り難うございました。なんとか試合が出来て良かったです。また、久しぶりの対戦こちらも楽しかったです。また是非対戦の程お願い致します。
鍛鷹綻のみなさん、ナイスゲームでした!久しぶりの対戦楽しかったです。相変わらずマナーの良いチームで気持ちの良い試合を行えました。ありがとうございました。また対戦しましょう!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Returners 5 4 世田谷ペンギンズ 5月20日(富士見球場)
【本部コメント】
Returnersが逃げ切り勝利!強打ペンギンズとの激闘を制し今季初白星!!
【試合内容】
先攻Retuners・福士投手、後攻世田谷ペンギンズ・堂前投手の先発でプレイボール。1回表、Retunersは赤間の二塁打と福士の二塁打で2点を先制。その裏世田谷ペンギンズは二死二塁から迎里のヒットで1点を返す。その後両チーム再三チャンスを作るもホームが遠く膠着状態で回が進む。迎えた最終回、Retunersは加藤の二塁打で一死二三塁とするとワイルドピッチと送球間エラーで2点を追加、さらにエラーが続き5-1と試合を決定づけたかと思われた。しかしその裏世田谷ペンギンズも反撃に出る。菊地の三塁打などで1点を返し、さらにランナー1人を置き4番迎里はレフトオーバーのツーランホームランを放ち1点差に迫る。続く須山、工藤も連続ヒットで続き逆転サヨナラのチャンスを作るが、変わった大塚投手は最後打者をライトフライに打ち取りゲームセット。5-4でRetunersの勝利。
【相手チームへ一言】
(Returners)
(世田谷ペンギンズ)
対戦ありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。
Retunersのみなさん対戦ありがとうございました。仲川さま、グラウンド、審判の手配ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MBN 0 6 アンドバランス 4月29日(東村山公園)
【本部コメント】
岩間-野口の完封リレー!アンドバランスが2勝目を挙げ首位奪還!!
【試合内容】
MBN水島、アンドバランス岩間の先発で試合開始。1回裏アンドバランスは酒井のスリーベースでチャンスを作ると4番歌川(竜)のタイムリーツーベースとMBNの守備のミスで2点を先制する。2回~4回までは両投手が好投し、試合は膠着状態となる。その後は5回裏、6回裏にアンドバランスは再び相手のミスをつき3点を追加し試合終了。アンドバランスは岩間-野口の完封リレーで2勝目を挙げた。
【相手チームへ一言】
(MBN)
(アンドバランス)
アンドバランス酒井様対戦ありがとうございました。投手陣が豊富ですばらしいチームでした。機会があればまた対戦願います。
MBN水島様、グラウンドおよび審判の手配ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
アンドバランス 3 6 世田谷ペンギンズ 4月22日(天王洲公園)
【本部コメント】
世田谷ペンギンズが逆転勝利で首位発進!アンドバランスは逃げ切り失敗!!
【試合内容】
先攻アンドバランス・野口投手、後攻世田谷ペンギンズ・須山投手の先発で試合開始。試合はアンドバランス先頭押本のヒットと死球で一死一二塁とチャンスを作る。ここで4番糟屋はライト前のヒットで二塁ランナーはホームを突くがアウトとなるものの、その後の内野連係ミスの間に一塁ランナーがホームに帰り1点を先制。続く益子も三遊間を破るヒットを放ち2-0とする。2点を追う世田谷ペンギンズは1回裏無死満塁とビッグチャンスを作るが、アンドバランス・野口投手の踏ん張りに得点を奪えない。2回裏世田谷ペンギンズは是澤の内野安打で1点を返すが、3回表アンドバランスも酒井の二塁打と益子の内野安打ですぐさま1点を奪い3-1とする。拮抗した試合展開の中、4回からアンドバランスは岩間投手をマウンドに送り逃げ切りを図る。粘る世田谷ペンギンズは4回裏二死から9番上原の四球を皮切りに加治、是澤の連続ヒットで満塁のチャンスを作り、3番張の走者一掃の二塁打で4-3と逆転する。さらに迎里、須山にもタイムリーヒットが出て6-3とする。3点を追うアンドバランスも粘りを見せる。5回から変わった世田谷ペンギンズ・高橋投手の制球の乱れを突き満塁とすると、歌川(勝)の走者一掃の三塁打、高岡のタイムリーヒット、さらに死球押し出しで5点を奪い再逆転する。しかしここで時間切れとなり試合終了。大会規定により4回表裏終了時までのスコアとし、6-3で世田谷ペンギンズの勝利。
【相手チームへ一言】
(アンドバランス)
(世田谷ペンギンズ)
対戦ありがとうございました。試合前の準備などチームとしての意識の高さを感じました。また練習試合などで勉強させていただければと思います。今後ともよろしくお願いいたします。
アンドバランスのみなさん対戦ありがとうございました。お互いに粘りのある攻撃で緊張間のある良い試合でした。またぜひ対戦お願いいたします。酒井様このたびはグラウンド、審判の手配ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
アンドバランス 2 0 Returners 3月25日(六郷橋緑地)
【本部コメント】
仁科、岩間の完封リレー!アンドバランスがVictoria初陣を白星で飾る!!
【試合内容】
Returners先攻、アンドバランス後攻で試合開始。1回裏、アンドバランスはヒットと四球でチャンスを作ると、3番歌川のタイムリーヒットと4番糟谷の犠牲フライで2点を先制する。その後はアンドバランス仁科、岩間のリレーで初回の2点を守りきり初戦を白星で飾る。
【相手チームへ一言】
(アンドバランス)
(Returners)
Returners様、対戦ありがとうございました。また機会がありましたら練習試合させていただければ幸いです。