TOP > Victoriaリーグ1部 supported byファンゴユニフォーム(2021年) > 成績表(決勝トーナメント)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
※ 各ブロック上位チームが決勝トーナメント進出
ワイルドカード枠 →【順位確定について】
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Tropicana 3 1 東京実業健康保険組合 10月10日(天王洲公園)
内山の決勝打に佐瀬・菅井の鉄壁リレー!Tropicanaが最高峰リーグ初の4強入り!!
【試合内容】
先攻Tropicana、後攻東京実業健保組合で試合開始。1回表Tropicanaは1番鷲谷がヒットで出塁、2番三ツ俣の送りバントがエラーとなりチャンスを作ると、4番内山がライトへ2点タイムリーを放ち先制。その後は投手戦が続き、再び試合が動いたのは6回表、Tropicanaは5番倉橋がセンターへHRを放ち1点追加。追いつきたい東京実業健保組合は6回裏にヒットと死球でランナーを貯めると内野ゴロの間に1点を返す。最終回、Tropicanaは佐瀬から菅井へスイッチ。その菅井が3人で締め、3-1でTropicanaが勝利を納めた。 (取材写真はこちら
【相手チームへ一言】
(Tropicana)
(東京実業健康保険組合)
近藤様、チームの皆様対戦ありがとうございました!
今後とも宜しくお願い致します!
松下様、グラウンド・審判の手配ありがとうございました。また、機会がありましたら対戦よろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
東京ドナルドダック 3 1 RED SOX 10月10日(天王洲公園)
両右腕の投げ合いは佐藤に軍配!東京ドナルドダックが2017年以来4年ぶりの4強へ!!
【試合内容】
先攻REDSOXは内山、後攻ドナルドダックは佐藤(守)の先発で始まる。1回表、REDSOXは先頭の菅野の2塁打などで1アウト3塁のチャンスを作ると、池田の内野ゴロで1点を先制する。その裏ドナルドダックは1アウトから2番菅野の四球、綿田の2塁打などで1アウト満塁のチャンスを作ると、5番小川の犠牲フライで同点に追いつく。3回裏、ドナルドダックは児島の2塁打などで0アウト2、3塁とすると、綿田の犠牲フライで1点を追加。その後、両投手の好投で0が続くが、ドナルドダックが6回裏に2アウト満塁から松島の死球で1点を追加し、3対1で勝利した。 (取材写真はこちら
【相手チームへ一言】
(東京ドナルドダック)
(RED SOX)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
本日はありがとうございました。
準決勝も頑張ってください。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 7 2 はちみつハニー 10月10日(大宮健保)
4番斉藤の2打席連発に桑原(以)・佐藤の投手リレー!PIECEが2年ぶりの準決勝進出!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻はちみつハニーで試合開始。1回表PIECEは簡単に二死を取られるも、3番本木がヒットで出塁し、4番斉藤が初球を振り抜くと打球はレフトへのツーランホームランとなりPIECEが2点を先制する。さらに3回表、先頭の青野が四球で出塁するとすかさず盗塁を決め、その後進塁打で1死3塁のチャンスを作る。続く本木が放った打球が守備陣の乱れを誘い1点を追加。打者走者も1塁に残ると斎藤が2打席連発となるレフトへの2ランホームランでこの回3得点でPIECEは点差を5点とする。勢いに乗るPIECEは4回表に青野が死球で出塁し盗塁でチャンスメイクすると本木のタイムリーで1点、5回表にも変わった投手から進藤が四球で出塁し2度のバッテリーミスでホームに生還し7点差とする。反撃したいはちみつハニーは5回裏に内野安打で出塁した走者を置いて3番福島がレフトへのホームランを放ち2点を返す。PIECEは6回、ここまで好投の桑原(以)から佐藤へ継投。はちみつハニーの反撃を振り切り、7-2でPIECEが勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(はちみつハニー)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
ありがとうございました!またリベンジさせて下さい!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Rossowave 3 4 BIGFACE 10月3日(湖北台中央)
下野の同点弾に高木のサヨナラ弾!BIGFACEが予選のリベンジ果たし4強一番乗り!!
【試合内容】
先攻Rossowave、後攻BIGFACEで試合開始。1回表、RossowaveはBIGFACE先発高木の立ち上がりを攻め、1番大竹が2塁打、2番雑賀(勇)が送りバントで一死三塁とし、3番土井のタイムリーヒットで幸先よく1点を先制。Rossowaveは3回表にも一死から2番雑賀(勇)の安打と盗塁などで二死二塁のチャンスを作ると、4番高野の内野安打の間に2塁ランナー土井が生還し1点。さらに相手守備の送球エラーで2点を追加し3対0とする。対するBIGFACEはその裏、Rossowave先発雑賀(隼)を攻め、8番佃、9番林の連打で無死二三塁のチャンスを作りボークで1点を返す。その後二死二三塁のチャンスで4番亀田のタイムリーヒットで1点差に詰め寄る。4回からRossowaveは菊田に継投し、両投手が踏ん張り1点差のまま迎えた6回裏、BIGFACEは6番下野に同点ソロホームランが飛び出し追いつく。Rossowaveは7回表に1番大竹が四球で出塁。3番土井が申告敬遠で二死一二塁と勝ち越しのチャンスを作るも無得点。7回裏、BIGFACEは先頭の2番高木がサヨナラホームランを放ち、4対3でBIGFACEが勝利。
【相手チームへ一言】
(Rossowave)
(BIGFACE)
対戦ありがとうございました。優勝目指してください。
土井様、グラウンド手配、審判さんの手配ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
東京実業健康保険組合 2 0 スタイガー 9月19日(東実健保)
エース廣岡が好投!東京実業健康保険組合がEブロック対決を制し決勝T初勝利飾る!!
【試合内容】
先攻東京実業健康保険組合・廣岡投手、後攻スタイガー・三瓶投手で試合開始。1回表、東実健保の攻撃は三者凡退。1回裏スタイガーは柿間の2ベースでチャンスを作るも得点に至らず。2回表東実健保の攻撃、橋爪・中田・岡崎が連続四球で出塁すると、無死満塁から7番近藤の内野ゴロの間に1点先制。3回表東実健保の攻撃、先頭石田が死球で出塁し、1アウト3塁からパスボールで1点追加。スタイガーも3・4・5回とランナーを出し反撃するが後一本が出ず。スタイガー打線はチャンスを作るも、東京実業健康保険組合廣岡投手が要所を抑え無得点に抑え、2-0で東京実業健康保険組合の勝利となった。
【相手チームへ一言】
(東京実業健康保険組合)
(スタイガー)
対戦ありがとうございました。
また、機会がありましたら対戦よろしくお願いいたします。
近藤様、選手の皆さん、この度は対戦ありがとうございました。今回も痺れるゲームでしたが完敗です。また、出直しますので今後ともよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ジャンク B.C 1 2 PIECE 9月12日(大宮健保)
櫻井(健)の決勝打にエース桑原(以)が完投!PIECEが緊迫の接戦制し2年ぶり2回戦へ!!
【試合内容】
先攻PIECEは桑原(以)、後攻ジャンクベースボールクラブは吉藤で試合開始。2回裏、ジャンクは先頭の4番打者がレフトへの3塁打を放ち無死3塁のチャンスを作るも、桑原(以)がこのピンチを凌ぐ。ピンチを切り抜けたPIECEは3回表、8番杉沼がセンター前ヒットで出塁。進塁打で一死二塁とすると1番坂東がレフト前へのヒットで二塁ランナーが還り先制する。食らいついていきたいジャンクは4回裏、先頭3番久保が内野安打で出塁すると、すかさず盗塁を決める。その後ランナーを進めず二死二塁となるが、6番大森がライトへのヒットで久保が還り1-1の同点とする。5回、6回と両投手の好投が続く中、チャンスを作ったのはPIECE。最終回の7回の攻撃。4番斉藤がセンター前に落ちるヒットで出塁。ここで代走青野が送られる。続く5番進藤が送りバントを成功し、一死二塁となる。6番櫻井の打席で二塁ランナーの青野が守備の隙をつき三盗を決める。流れに乗ったPIECEは、櫻井(健)がセカンドゴロをきっちり転がし1点を取る。両者欲しかった1点がPIECEに入りこれが決勝点となる。7回裏のジャンクの攻撃を桑原(以)が3人で締め、2-1でPIECEが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ジャンク B.C)
(PIECE)
柴さま、PIECEの皆さま対戦ありがとうございました。あと一歩のところまで来ましたが、まだまだPIECEの皆さんの実力、チーム力には届きませんでした。是非、優勝してください。今後ともよろしくお願いいたします。
対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Sundays 5 6 東京ドナルドダック 9月12日(富士見運動公園)
エース佐藤(守)が粘りの完投勝利!東京ドナルドダックが4年ぶりに決勝T1回戦突破!!
【試合内容】
先攻ドナルドダックは佐藤(守)、後攻Sundaysは新井(雄)で試合が始まる。1回表にドナルドダックはヒットと四球でチャンスを作ると、5番伊藤、7番駒澤のタイムリーヒットで2点を先制する。対するSundaysも2回裏、連続ヒットでチャンスを作り6番新井(佳)のタイムリーヒットと後続の内野ゴロの間に得点し同点とする。3回表、ドナルドダックは3番正村、4番下地の2者連続ホームランで2点を追加すると、4回表にも四球とヒットでチャンスを作り相手守備エラーにより1点を追加する。一方、追いつきたいSundaysは4回裏、2アウトながら2、3塁のチャンスを作り7番佐長のタイムリーヒットで2点を返し1点差とする。5回表にドナルドダックは1点を追加するも6回裏にSundaysは1点を返す。最終回はドナルドダックはランナーを出すも6回からリリーフしたSundays・田中投手の巧みな投球で無得点。その裏、佐藤(守)が3人で抑えて、6対5でドナルドダックの勝利。
【相手チームへ一言】
(Sundays)
(東京ドナルドダック)
この度は対戦いただきありがとうございました。また機会がありましたら対戦よろしくお願いします。優勝目指して頑張ってください。
対戦ありがとうございました。緊張感のある試合でした。今後とまよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
はちみつハニー 4 2 SAMURAI.BOYS 9月12日(大神公園)
奈須の三塁打に代打小池が値千金の一打!はちみつハニーが初の決勝Tで白星発進!!
【試合内容】
SAMURAI.BOYS先攻、はちみつハニー後攻で試合開始。1回表SAMURAI.BOYSは1番がライト線に二塁打を放つも無得点に終わる。ハニーも3回裏に9番福島の三塁打で1アウト3塁のチャンスを作るも無得点に終わり、両チーム攻めるもなかなか均衡を破れない。試合が動いたのは4回表、SAMURAI.BOYSが4番小松のライトへの特大の本塁打で先制点をあげる。しかし4回裏、ハニーは1アウト満塁から7番今藤渓がセンター前に弾き返し、すぐさま同点に追い付く。SAMURAI.BOYS先発の石崎は4回1失点と好投を見せ、篠塚に継投。すると6回表、SAMURAI.BOYSは1番打者が三塁打を放つと、1アウトから3番池村の二塁打で勝ち越す。しかし、6回裏に再びハニーが6番奈須の三塁打と代打小池のタイムリーで4-2と逆転に成功。SAMURAI.BOYSは最終回、2アウトから2本の内野安打で2,3塁まで攻めるも、二番手今藤陸が三振に抑えて試合終了。4-2ではちみつハニーが勝利した。
【相手チームへ一言】
(はちみつハニー)
(SAMURAI.BOYS)
本日はありがとうございました!非常に良い試合が出来たので、今後ともお付き合い頂けると幸いです。今後とも宜しくお願い致します!
今藤様、はちみつハニーの皆様、グランド、審判さんの手配ありがとうございました。とても勉強になる試合でした。今後ともよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
相模KOT'S 0 13 RED SOX 9月12日(調布市民)
先発全員安打13得点の猛攻でKOT'Sを圧倒!REDSOXが常勝軍団復活へコールド発進!!
【試合内容】
先攻・REDSOX北川投手、後攻・相模KOT'S泉投手で試合開始。初回、REDSOXは4番丸橋のタイムリーで1点を先制。2回表、REDSOXは1番池田、3番山本純輝がそれぞれ2点タイムリーを打ち、5-0とリードを広げる。打線に火がついたREDSOXはその後、先発全員安打の13安打13得点とし、13-0の4回コールド勝ちでREDSOXが勝利。
【相手チームへ一言】
(相模KOT'S)
(RED SOX)
REDSOXの皆様、ナイターでの調整ありがとうございました。手も足も出ず完敗でした。また機会ありましたらよろしくお願いします。
日程のご調整、グランドの手配ありがとございました。
また対戦をよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Tropicana 5 0 ちゃんぷるーず 9月5日(大田スタジアム)
内山の決勝打にエース菅井が完封勝利!Tropicanaが春のリベンジ果たし昨季王者撃破!!
【試合内容】
先攻Tropicana、後攻ちゃんぷるーずで試合開始。1回表、Tropicanaは1死満塁のチャンスで5番内山が初球をレフト前へ運び2点先制。4回表、Tropicanaは1死1,2塁から2番三ツ俣が放ったサードゴロの間に池田が好走塁で生還し1点を追加すると、3番鷲谷はライトへタイムリースリーベース、4番塩谷はライトオーバーのタイムリーツーベースヒットを放ちこの回3点を追加。追いつきたいちゃんぷるーずはTropicana先発菅井の前にランナーを出すも後一本がでず苦しい展開が続く。7回表、Tropicanaは連打を放つも時間切れ。最終スコア5-0でTropicanaの勝利。Tropicana先発菅井は春のリベンジを果たし2安打完封ピッチングを披露した。
【相手チームへ一言】
(Tropicana)
(ちゃんぷるーず)
ちゃんぷるーずの皆様、対戦ありがとうございました。今季は別大会も含めて3度目の対戦となりましたが毎試合厳しく、また楽しめる試合でした。引き続き宜しくお願い致します!
グランドの確保や日程調整等、ありがとうございました。また対戦の機会があると思いますので、今後ともよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
CHUYANS+ 0 1 Rossowave 8月29日(二子玉運動施設)
土井の決勝打に雑賀(隼)・大住の完封リレー!Rossowaveが3度目の正直で1回戦突破!!
【試合内容】
先攻Rossowave、後攻CHUYANS+で試合が開始。1回表、Rossowaveは1死から2番・雑賀(勇)が3塁打で出塁すると、3番・土井の犠飛で先制。Rossowave先発の雑賀(隼)は毎回ランナーを許す展開であったが、粘りの投球で無失点で試合が進む。打線は4回表に1番・大竹の内野安打から2死3塁と攻め立てるも後続が倒れ無得点。5回裏と6回裏に無死からランナーを出塁させたが、ここも雑賀(隼)が粘り無失点。最終回となった7回裏からは2人目・大住が登板。無死1・2塁とピンチを招くが、ここも踏ん張り完封リレーで勝利となった。両チーム2安打ずつ、守備もミスなしと締まった試合となった。
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(Rossowave)
Rossowaveの皆様、対戦ありがとうございました。優勝目指して頑張ってください!引き続きよろしくお願いいたします。
対戦ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
GOLGO B.C 1 3 BIGFACE 8月29日(大宮健保)
下野の決勝打に林のダメ押し打!Wカード進出のBIGFACEが首位通過GOLGOへ下剋上!!
【試合内容】
先攻GOLGO、後攻BIGFACEで試合開始。3回までは投手戦が続く。試合が動いたのは4回裏、BIGFACEは先頭の宮城がヒットで出塁すると送りバントで一死二塁のチャンスから亀田のタイムリーヒットで先制。その後二死二塁で下野にもタイムリーヒットが出て2点を先制。5回表、GOLGOは設楽、大山の連続ヒットで一死一二塁のチャンスを作ると、瀧口の右中間へのタイムリーツーベースで1点を返す。しかしその後のチャンスは活かせず1点止まり。BIGFACEは6回裏にも三井のヒットからチャンスを作ると、林のタイムリーヒットで3点目。最終回にGOLGOは二死二三塁とし一打同点のチャンスを作るも最後のバッターがサードゴロに倒れゲームセット。3対1でBIGFACEの勝利。
【相手チームへ一言】
(GOLGO B.C)
(BIGFACE)
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願い致します。
グラウンド手配、審判さん手配ありがとうございました。
またよろしくお願い致します。