TOP > Victoriaリーグ1部 supported byファンゴユニフォーム(2021年) > 成績表(Fブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 1 0 1 4 5 4
2 1 0 0 3 4 1
3 1 0 0 3 6 3
4 1 1 0 3 9 7
5 0 0 1 1 0 0
6 0 1 0 0 1 4
7 0 2 0 0 5 11
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Fブロック星取表
   
 

2-5

3-6
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 

4-1
 
 
 
 

5-2
 
 
   
 
 
 

4-5
 
 

6-3
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 

1-4
  
 
 
  
   
 
 
 
 
 
 
 

5-4
 
 
 
 
 
0-0
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

0-0
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
品川OBクラブ 0 0 Tommys baseballclub 4月18日(大井ふ頭)
品川OBクラブが首位浮上!中村・小菅の投手戦は両者譲らずスコアレス!!
【試合内容】
先攻品川OBクラブ、後攻Tommysbaseballclub先発で試合開始。両チームとも先発の中村、小菅の両投手の好投により得点ならず試合は最終回へ。品川OBクラブはノーアウト1、2塁のチャンスを作るも小菅投手が3者連続三振を奪い踏ん張る。対するTommysbaseballclubも2アウト2塁とサヨナラのチャンスを作るが中村投手が抑えて0-0でゲームセットとなった。
【相手チームへ一言】
(品川OBクラブ)
(Tommys baseballclub)
対戦ありがとうございました。富山様、日程調整ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
相模KOT'S 4 5 品川OBクラブ 4月11日(横山公園)
岡田が粘りの好リリーフ!実力拮抗の好ゲームは品川OBクラブに軍配!!!
【試合内容】
先攻・相模KOT'S中坪、後攻・品川OBクラブ中村の両先発で試合開始。1回裏、品川OBクラブは先頭の木下(幸)が2ベースヒットで出塁すると、そこから打線が繋がり3連打などで一挙4点を先制する。対する相模KOT'Sは2回表、先頭打者のヒットを足掛かりに1点を返す。続く3回表にも満塁のチャンスから押し出しと犠牲フライで1点差に詰め寄る。品川OBクラブは3回裏に1点を追加し、4回から2番手岡田にスイッチ。最終回となった5回表、相模KOT'Sが無死満塁のチャンスを作るも岡田が1失点で切り抜け、時間切れにより5-4で品川OBクラブが勝利した。
【相手チームへ一言】
(相模KOT'S)
(品川OBクラブ)
品川OBクラブの皆様、遠征ありがとうございました。素晴らしいバッティングでした。また機会がありましたら、よろしくお願いします。
本日は対戦ありがとうございました。接戦のゲームとなり、どちらが勝ってもという試合展開でした。時間切れでの決着でしたので、また改めて対戦の機会があればと思います。吉田様、グランド確保並びに審判手配して頂きありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
青木製作所Snugs 3 6 世田谷ペンギンズ 4月11日(大宮健保)
下位打線が躍動!世田谷ペンギンズが1部昇格後初の開幕戦白星を挙げる!!
【試合内容】
Snugs先攻、世田谷ペンギンズ後攻で試合開始。初回、世田谷ペンギンズが1点を先制するも青木製作所Snugsもすぐさま2回に同点に追いつく。そのまま試合が経過し、4回ともに1点ずつ取り合い同点のまま終盤へ。6回、世田谷ペンギンズ先頭バッターの2ベースヒットとフィルダースチョイスでノーアウト2、3塁のチャンスを作ると、下位打線の連続長打と犠牲フライで4点を勝ち越す。Snugsは7回表に9番島田のランニング本塁打で1点返すも、後続を抑えられ試合終了。世田谷ペンギンズの勝利。
【相手チームへ一言】
(青木製作所Snugs)
(世田谷ペンギンズ)
萩原様、この度は対戦ありがとうございました!また是非機会がございましたら、対戦のほどよろしくお願いします。
青木製作所Snugs様、グラウンドおよび審判の手配、準備いただき誠に有難うございます。緊張感のある試合となりました。また対戦機会が御座いましたらよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
相模KOT'S 5 2 青木製作所Snugs 4月4日(鹿沼公園)
中坪の同点打に三浦の決勝打!相模KOT'Sが相模原対決を逆転勝利で飾る!!
【試合内容】
青木製作所Snugs佐藤投手、相模KOT'S上田投手で試合開始。序盤から両投手の好投によりスコアボードに0が並ぶ。5回表の青木製作所Snugsの攻撃は、先頭川原のセンター前ヒットと千葉の四球から2死二、三塁のチャンスを作ると、バッテリーエラーと山本のライト前タイムリーで2点を先制。相模KOT'Sは6回表からリリーフに上がった吉田(正)が好投し流れを呼び込むと6回裏の攻撃で反撃。阿部のセンターオーバー、加藤の死球、荒井のレフト前ヒットで満塁とし、中坪のセンター前ヒットで同点とする。さらに三浦のセンター前ヒットで2点を追加し、中村のライト前ヒットでダメ押しの5点目。6回裏終了時点で時間がなくなり、5-2で相模KOT'Sの勝利。
【相手チームへ一言】
(相模KOT'S)
(青木製作所Snugs)
青木製作所Snugsの皆様、対戦ありがとうございました。
また連盟などでもよろしくお願いします。
吉田様、チームの皆様、この度は対戦ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
はちみつハニー 1 4 相模原ウインズ 3月28日(大神公園)
相模原ウインズが快勝スタート!はちみつハニーは天敵相手に苦杯をなめる!!
【試合内容】
相模原ウインズは1回裏、0アウト1.2塁のチャンスを作り3番バッターの右中間への3ベースヒットで2-0。尚も1アウト3塁のチャンスで、3塁ランナーが三本間に挟まれるも、はちみつハニーにミスが出て追加点3-0。その後はちみつハニーはランナーを出すものの最後の一本が出ず得点を奪えない。迎えた4回の表、内野ゴロの間にはちみつハニーが1点を返す3-1。6回の裏、2アウトよりチャンスを作り7番バッターの右中間への3ベースで相模原ウインズが追加点4-1。最終回はちみつハニーの攻撃は3者凡退となりゲームセット。
【相手チームへ一言】
(はちみつハニー)
(相模原ウインズ)
 
今藤様、グラウンドの手配からありがとうございました。
今後共、宜しくお願い致します。