TOP > Victoriaリーグ1部 supported byファンゴユニフォーム(2021年) > 成績表(Bブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 0 0 6 12 2
2 1 0 0 3 4 2
3 1 0 0 3 5 4
4 1 2 0 3 8 8
5 1 1 0 3 3 6
6 0 1 0 0 2 4
7 0 2 0 0 2 10
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Bブロック星取表
   
 

8-2
 
 
 
 

4-0
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 

2-4

2-8
 
 
   
 

0-2
 
 
 
 
④ Sundays
 
 
 
 
 
 
 
5-4
 
 
 
 
⑤ ADDAXS
 
 
 
 

2-0

4-5
 
2-8
 
 
⑥ E-BLOOD

0-4
 
 
 
 
 
 

3-2
   
 
 
 

4-2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 8 2 WILL BASEBALL CLUB 4月18日(大宮健保)
設楽が好投&決勝打と投打の活躍!GOLGOが開幕2連勝飾り首位をキープ!
【試合内容】
GOLGO先発の設楽は初回、四球で出した走者を2塁まで進められ先制タイムリーを許す。反撃したいGOLGOは2回、本多がツーベースヒットで出塁すると、ツーアウト後に瀧口の内野安打で同点に追いつく。続く3回はノーアウト2.3塁のチャンスで設楽がレフト戦へ2点タイムリーを放つ。更に1点を追加してこの回3得点をあげる。4回は四球と失策で走者をためると、奥山がライトに2点タイムリー、続く渡邊にもタイムリーが飛び出し、この回も3点をあげ一気に突き放す。しかし、その裏ツーアウトからタイムリーを浴び1点を奪われる。5回、GOLGOは本多の2本目のツーベースでチャンスを作ると、吉田がライトにタイムリーを放ち1点を加える。5回からは長谷川が登板し、相手打線を0に抑え、GOLGOの勝利。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(WILL BASEBALL CLUB)
対戦ありがとうございました。
またぜひよろしくお願いいたします。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
E-BLOOD 3 2 ADDAXS 4月18日(大宮健保)
幕切れはサヨナラ押し出し!E-BLOODが緊迫の接戦を制し今季初白星!!
【試合内容】
先攻ADDAXS、後攻E-BLOODで試合開始。試合が動いたのは2回裏、先頭の4番榎本(敬)が四球で出塁しその後2アウト3塁となり、7番會澤(諒)がセンター前へタイムリーを打ちE-BLOODが1点先制する。そのまま進み5回表、ADDAXSがヒットなどでチャンスを作りその後エンドランを決め同点に追い付く。その裏E-BLOODは1死から7番會澤(諒)が四球で出塁し8番鶴島が送りバントを決め2アウト2塁から、途中出場の9番白石がサード強襲のタイムリーヒット打ちE-BLOODが2-1と逆転する。その後最終回の7回表まで進み、順調に2アウトまで取るも次打者にライトオーバーの本塁打を打たれ2-2の同点に追いつかれる。7回裏E-BLOODは先頭の8番鶴島がセカンドへの内野安打で出塁するとその後ヒットと四球で2アウト満塁のチャンスで4番榎本(敬)が押し出しの四球を選び、E-BLOODが3-2でサヨナラ勝ち。
【相手チームへ一言】
(E-BLOOD)
(ADDAXS)
対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ダディーズベースボール 2 4 ちゃんぷるーず 4月11日(秋ヶ瀬公園)
佐藤(琢)が脅威の3打席連続HR!王者ちゃんぷるーずが連覇へ向け好発進!!
【試合内容】
ちゃんぷるーず先攻、ダディーズベースボール後攻で試合開始。初回、先攻のちゃんぷるーずは1番大元がセンター前ヒットで出塁し、2番中村が送って1アウト2塁とすると、3番佐藤(琢)がレフトへホームランを放ち2点を先制。しかし2回裏、追いつきたいダディーズは5番佐藤(圭)がレフト前ヒットで出塁すると、6番長谷川が右中間へホームランを放ち同点に追いつく。同点で迎えた3回表、またもや3番佐藤(琢)がホームランを放ち突き放すと、さらに6回にも佐藤がダメ押しのホームランで4-2となる。その後、ダディーズベースボールはチャンスを作るも、ちゃんぷるーずの堅い守備に得点出来ず。7回裏ダディーズの攻撃、2死から代打荒木が四球で出塁。ホームランで同点の場面で代打吉川がセカンドフライに打ち取られゲームセット。4-2でちゃんぷるーずが空中戦を制した。
【相手チームへ一言】
(ダディーズベースボール)
(ちゃんぷるーず)
岩崎様、チームの皆様、対戦、日程の調整ありがとうございました。今後ともお付き合いの程よろしくお願いいたします。
グランドの手配等、ありがとうございました。
また機会がありましたら、よろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Sundays 5 4 ADDAXS 4月11日(富士見運動公園)
新井涼が値千金のサヨナラ打!Sundaysが劇的勝利で今季初陣を飾る!!
【試合内容】
先攻ADDAXSは榛葉、後攻Sundays田中はの先発で試合開始。試合が動いたのは2回裏、Sundaysは8番・新井が左中間を破るツーベースヒットを放ち2アウト2塁のチャンスを作ると、1番・新井雄の2ベースヒットで先制。さらに四球でチャンスを広げ3番・松下、4番・徳世の連続タイムリーヒットで3点のリードとする。対するADDAXSはチャンスであと1本が出ないイニングが続いたものの、相手守備の連続エラーで5回表に1点を返す。ADDAXSは5回裏から榛葉に代わり永井へ。逆転したいADDAXSは最終回表、7番永木はピッチャーゴロで1アウト。8番・石川がライト前ヒット放ち代走に阿部が入るが、9番・児玉はピッチャーゴロ。阿部が2塁で刺され2アウト1塁。トップに戻り1番・出川はレフトへツーベストヒット。2アウト2、3塁のチャンスに2番・後藤はセンター前ヒット。1点を返し2-3。3番・宮崎はレフトオーバーを放ち4-3。土壇場で試合をひっくり返した。後が無くなったSundaysは最終回裏、3番・松下が2ベースヒットでチャンスを作ると2アウトから5番・新井佳のタイムリーヒットで同点。さらに内野安打でチャンスを広げ最後は7番・新井涼が左中間へタイムリーヒットを放ち試合終了。5対4でSundaysのサヨナラ勝利。
【相手チームへ一言】
(Sundays)
(ADDAXS)
宮崎様、ADDAXSの皆様、昨年に引き続き対戦ありがとうございました。オープン戦等今後ともよろしくお願いします。
グランド、審判等、時間が無い中調整して頂き有難うございました。最後の最後まで分からない試合。大変勉強になりました。また、今後もオープン戦等よろしくお願いいたします。ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 4 0 E-BLOOD 4月4日(大宮健保)
設楽が投打の大活躍!2019王者GOLGOが王座奪還へ最高の滑り出し!!
【試合内容】
GOLGO先発は設楽。初回を三者凡退で切り抜けると、2回の攻撃で1アウトから奥山がヒットで出塁。その後2アウト2・3塁のチャンスとなり、設楽が左中間へツーベースヒットを放ち1点を先制する。更に1アウト満塁から川崎が四球を選び、この回2点を先制する。続く3回、GOLGOは瀧口が死球で出塁すると、橋本が右中間へツーベースを放ち、瀧口が一塁から還り3点目を奪う。更に三塁に進塁後、奥山の内野ゴロの間に4点目を奪う。先発の設楽は持ち前の打たせて取るピッチングで6回を散発3安打無失点。最終回は長谷川がしっかりと締め、GOLGOが4-0で勝利した。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(E-BLOOD)
対戦ありがとうございました。
今後も引き続きよろしくお願いいたします。
久田様グランド・審判等の手配ありがとうございました。チームの皆様対戦して頂きありがとうございました。今後ともお付き合いの程宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
WILL BASEBALL CLUB 0 2 ADDAXS 3月28日(大宮健保)
4番宮崎の決勝打に小川・榛葉の完封リレー!ADDAXSが開幕白星発進!!
【試合内容】
先攻ADDAXS、後攻WILL BASEBALL CLUBで試合開始。3回まではADDAXS先発小川、WILL BASEBALL CLUB先発山重の両先発が危なげなく好投でスコアボードに0が並ぶ。4回裏、WILLは一死から3つの四球で1死満塁のチャンスを作るも無得点。対するADDAXSも4回裏チャンスを作り、5番辻のライト前ヒットがあったものの本塁憤死で無得点。試合が動いたのは6回表。ADDAXSは先頭の2番後藤が中前安打で出塁すると、盗塁と犠打で一死三塁のチャンスを作る。ここで投手交代した下里から4番宮崎にタイムリーが飛び出し先制。さらに5番6番の連打とWILLの守備の乱れも絡み、1点を追加。最終回、WILLも交代した榛葉から代打島田が安打で出塁するも反撃及ばず、ADDAXSが勝利。
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(ADDAXS)
対戦ありがとうございました。また挑戦させてください。
今後ともよろしくお願い致します。
グランド・審判、手配有難うございました。雨が心配されましたが どうにか降らずに対戦出来ました。また、オープン戦等宜しくお願い致します。有り難う御座いました。