TOP > Victoriaリーグ1部 supported byファンゴユニフォーム(2021年) > 成績表(Eブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 1 0 6 11 5
2 1 1 1 4 5 4
3 1 1 1 4 8 8
4 1 0 0 3 2 0
5 1 1 0 3 5 6
6 0 1 0 0 0 2
7 0 1 0 0 2 8
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Eブロック星取表
   
 

2-0
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 

2-3

3-1

0-0
 
 

0-2
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
④ D'LLERS
 
 

3-2
 
 
 
2-4
 
 
 
 
⑤ BIGFACE
 
 

1-3
  
 

4-2
 
6-0
 
 
 
 

0-0
 
 
 
 

0-6
 
8-2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2-8
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
東京実業健康保険組合 0 0 Rossowave 4月18日(東実健保)
1勝1敗同士で迎えた柏強豪対決は互いにあと一本が出ずスコアレスドロー!!
【試合内容】
東京実業健康保険組合先攻、Rossowave後攻で試合がスタート。Rossowave先発の雑賀(隼)は初回のピンチを無失点に抑えると、ランナーを許しながらも、4回イニングを0封。一方の打線は相手好左腕から土井と小島の内野安打2本に抑えられ無得点が続く。5回表から登板の2人目・菊田も最終回となった6回表に1死満塁のピンチを迎えるが、投ゴロの処理を好フィールディングするなどで相手に得点を許さず。6回裏に四死球と4番・竹谷の内野安打で1死満塁とチャンスを作るが、代打・沖が併殺打に倒れ、無得点のまま試合終了。
【相手チームへ一言】
(東京実業健康保険組合)
(Rossowave)
 
対戦ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BIGFACE 6 0 東京実業健康保険組合 4月11日(東実健保)
初回に高木の3ラン含む4得点!BIGFACEが2勝目を挙げブロック首位浮上!!
【試合内容】
先攻BIGFACEは1回表、制球の定まらない東実健保先発近藤の立ち上がりを攻め、3つの四球で1死満塁のチャンスを作るとバッテリーエラーで先制。その直後、5番高木にスリーランホームランが飛び出しBIGFACEが初回4点を先制。対する後攻の東京実業健康保険組合はランナーを出すも得点に結びつかず。3回表、BIGFACEは三井のタイムリースリーベース、内山のタイムリーヒットで2点を加点。東実健保はノーアウト1,3塁で投手を廣岡に交代。廣岡は無失点で切り抜け、その後も4,5,6回も無失点に抑える。その後は両チームの投手陣が踏ん張り、そのまま6対0でBIGFACEが勝利。
【相手チームへ一言】
(BIGFACE)
(東京実業健康保険組合)
対戦ありがとうございました。
また宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら、よろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
スタイガー 2 0 Big Dipper 4月11日(江戸川区球場)
阿部の先制打に三瓶が完封勝利!スタイガーが投手戦を制し白星スタート!!
【試合内容】
スタイガー三瓶、BigDipper船ヶ山の先発で試合開始。1回表、BigDipperは小芝のヒットからチャンスを作るも無得点。一方スタイガーも阿部のヒットからチャンスを作るも無得点。3回表、BigDipperは4番平野ヒット、5番岡部のツーベースから2死2,3塁のチャンスも無得点。5回裏、スタイガーは伊藤が死球で出塁し盗塁で1死2塁。ここで阿部がライト前タイムリーで待望の1点を先取。すかさず盗塁のあと柿間が2ベースヒットで2点目。BigDipperも最終回反撃するも試合時間終了でスタイガーの勝利。
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(Big Dipper)
村上様、選手の皆さんこの度は対戦ありがとうございました。また、対戦するときがあると思いますのでよろしくお願いいたします。
小西様・チームの皆様 対戦ありがとうございました。また、リベンジさせて下さい。今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BIGFACE 1 3 Rossowave 4月4日(東実健保)
雑賀が完投勝利!Rossowaveが今季初白星掴みEブロックは早くも混戦に!!
【試合内容】
Rossowave先攻、BIGFACE後攻で試合開始。Rossowave先発の雑賀(隼)はピンチは作るも無失点で切り抜ける。一方の打線は3回表まで1人のランナーも出せず。迎えた4回表、エラーからランナーを出すと、土井の二盗・三盗や2番大竹の内野安打などで1死満塁とすると、5番片岡の2点タイムリー。さらに6番竹谷のエンドランで1点を追加し、Rossowaveが計3点を先制。7回表にもRossowaveは満塁のチャンスを作るが無得点。先発・雑賀(隼)は最終回に犠牲フライで1点を失うも踏ん張り完投勝利。Rossowaveが3-1で勝利。
【相手チームへ一言】
(BIGFACE)
(Rossowave)
対戦ありがとうございました。
またよろしくお願いします。
対戦ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
D'LLERS 2 4 BIGFACE 3月28日(流山総合公園)
亀田が走者一掃の先制打!BIGFACEが悲願の初タイトル獲得へ好発進!!
【試合内容】
先攻D'LLERS高橋、後攻BIGFACE筒井の両先発で試合開始。先制はBIGFACE。1回裏二死ランナーなしから連続ヒットと四球で満塁のチャンスを作ると、6番亀田が走者一掃のタイムリーツーベースを放ち3点を先制。D`LLERSは3回表に二死一、二塁から3番渡邉のタイムリーヒットで1点を返す。しかし3回裏にBIGFACEは一死一、三塁のチャンスで三井のエンドランで1点追加する。D`LLERSはすかさず4回表に一死三塁のチャンスで6番山内のタイムリーで再び2点差とする。その後は両チーム継投で得点を許さずそのまま4対2でBIGFACEの勝利。
【相手チームへ一言】
(D'LLERS)
(BIGFACE)
宮城様、チームの皆様対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
グラウンド手配、審判手配ありがとうございました。
また宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Black Rain -baseball club- 2 8 東京実業健康保険組合 3月28日(猿江恩賜公園)
強打を見せつけた東実健保!新星Black Rainを下し首位スタート切る!!
【試合内容】
Black Rainは初回、先頭打者の2塁打を皮切りにタイムリーで1点先制する。その裏、東京実業健康保険組合の攻撃、打線がつながり2点を取り逆転。2回Black Rainは1点を取り返し同点に追いついたが、その裏の東京実業健康保険組合の攻撃では、3番打者の柵越えホームラン等により3点を取り、勝ち越しに成功。3回より東京実業健康保険組合は投手を変更。ピンチはあるものの、粘りのピッチングて追加点を許さず。その後も、東京実業健康保険組合は6番打者の柵越えホームランなどで追加点を取り、点差を広げた。一方、Black Rain打線は東京実業健康保険組合バッテリーを攻略することはできず、8対2で東京実業健康保険組合が勝利した。
【相手チームへ一言】
(Black Rain -baseball club-)
(東京実業健康保険組合)
対戦ありがとうございました。
また胸をかしていただけたら、幸いです。
グラウンド、審判の手配ありがとうございました。とてもいいチームで、また、機会がありましたらよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
D'LLERS 3 2 Rossowave 3月14日(松山下公園)
山内が劇的サヨナラ打!D'LLERSが手に汗握る拮抗ゲームを制し白星発進!!
【試合内容】
Rossowave先攻、D'LLERS後攻で試合開始。D'LLERSは1回裏、安打などで2死2塁とすると4番守田がセンターオーバーのタイムリー2塁打を放ち先制する。Rossowaveは3回表に1死から土井・松本の連打などで2死1・2塁とすると、4番斎藤がレフトオーバーのタイムリー2塁打で逆転。4回裏、D'LLERSの攻撃。1死から5番矢部が2ベースで出塁すると相手のミスも重なり2死満塁となり、パスボールで同点に追いつく。5回裏からRossowaveは2人目菊田にスイッチ。1死3塁のピンチを招くも、エンドランを外しランナー憤死。6回表、Rossowaveは4番斎藤のこの日3安打目となる2塁打から1死3塁とするが、6番小島のライトフライでタッチアップをするも、中継プレーで本塁憤死。最終回となった6回裏、先頭5番矢部がレフト前を放ち出塁する。続く6番深澤が四球、7番小沼がバントをするも相手ピッチャーの好フィールディングにより三塁アウト。続く打者が三振で倒れ、2死1.2塁で9番山内がライトオーバーを放ち、D'LLERSがサヨナラ勝ちを収めた。
【相手チームへ一言】
(D'LLERS)
(Rossowave)
土井様、Rossowave様この度は対戦ありがとうございました。前日の雨の影響でお互い試合が流れてしまい急遽当日決まりました。これからも切磋琢磨して頑張っていければと思います。引き続き宜しくお願い致します。
急遽の対戦ありがとうございました。