TOP > Victoriaリーグ1部 supported byファンゴユニフォーム(2021年) > 成績表(Dブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 1 0 0 3 12 1
2 1 0 0 3 10 0
3 1 0 0 3 5 3
4 0 3 0 0 4 27
-            
-            
-            
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Dブロック星取表
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 

5-3
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 

10-0
④ La.Men
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
  
   
 

12-1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 

3-5

0-10
 
 

1-12
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
DOBERMAN 12 1 がんばらんば本舗 4月4日(大宮健保)
DOBERMANが12得点の猛攻!投打噛み合い1部昇格初戦を大勝で飾る!!
【試合内容】
ドーベルマンがエラーをきっかけに一挙9点を挙げ、その後も追加点を重ね12得点。守備でも木内の好プレーが出た。投げては坂倉、安竹のリレーで最少失点に抑え、ドーベルマンが12-1で勝利した。がんばらんば本舗も複数のヒットが飛び交ったが、相手ピッチャーの要所を締める投球に力及ばず。
【相手チームへ一言】
(DOBERMAN)
(がんばらんば本舗)
対戦ありがとうございました!!気の抜けない打線、堅い守備と気を使う試合でした!また機会ありましたらよろしくお願い致します!
走攻守すべて洗練されたチームに脱帽です。元気のよいチームスタイルに気持ちよく試合出来ました。有難うございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
CHUYANS+ 5 3 がんばらんば本舗 3月28日(天王洲公園)
汐田が先制弾&決勝弾!CHUYANS+が接戦となった昇格初戦を制す!!
【試合内容】
CHUYANS+先攻、がんばらんば本舗後攻で試合開始。初回汐田のセンターの頭上を越えるHRでCHUYANS+が1点を先制するも、その裏がんばらんば本舗も土居のタイムリーですぐさま同点に追い付く。3回も両チーム1点ずつを取り、緊迫した展開となるが、4回にCHUYANS+がエラーの間に1点を勝ち越すと、5回汐田のこの日2本目の特大HRで追加点をあげる。CHUYANS+3点リードの最終回、がんばらんば本舗も近田のタイムリーで1点を返すが、CHUYANS+佐藤が後続を断ち、5-3でCHUYANS+が勝利した。がんばらんば本舗投手陣3人のリレーも虚しく、CHUYANS+打線、3本のホームラン攻勢がきっかけとなり敗戦。
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(がんばらんば本舗)
対戦ありがとうございました。素晴らしい投手力で緊迫した試合ができました。またの機会に対戦よろしくお願いします。
走攻守共に洗練されたチーム編成に脱帽です。素晴らしいチームと対戦させていただき良い経験となりました。今後とも宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
湾岸ベースボーイズ 10 0 がんばらんば本舗 3月7日(天王洲公園)
昨季オータムMVP野入が圧巻の投球!湾岸ベースボーイズがコールド発進!!
【試合内容】
先攻湾岸ベースボーイズは野入、後攻がんばらんば本舗は佐藤の両先発で試合開始。1回表、湾岸は1アウト2.3塁から4番宮島の内野ゴロで1点先制する。2回表、1アウト3塁から9番日置のライトオーバー2ベースヒットで1点追加。さらに2番牧、3番増田の連続レフト前タイムリーヒットで湾岸がこの回3得点。湾岸は4回表にも1点追加し、6回表、6本のヒットなどで5得点をあげ、10-0とリードを広げる。6回裏、2アウトまで完全投球の野入だったが、あとアウトひとつのところでヒットを打たれ快挙達成とはならなかったが、後続抑えコールドゲーム成立。湾岸が10-0で勝利した。 (取材写真はこちら
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(がんばらんば本舗)
対戦ありがとうございました!
今後とも宜しくお願い致します!
今回は試合を手配いただきありがとうございました。投攻守に置いてトップクラスの実力を感じさせていただきました。特にバッティング、内野手のフィールディングは間違いなく都内トップクラスであると思います。今後のご健勝をお祈りしています。