TOP > Victoriaリーグ4部 supported byファンゴユニフォーム(2021年) > 成績表(決勝トーナメント)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  決勝トーナメント
※ 各ブロック上位チームが決勝トーナメント進出
ワイルドカード枠 →【順位確定について】
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
高飛車 5 4 東京STARS 10月3日(大宮健保)
宮城の決勝打に海老沢が粘りの完投勝利!高飛車が4部参戦5年目で準決勝初進出!!
【試合内容】
東京STARS先攻、高飛車後攻で試合開始。高飛車先発の海老沢は初回、2番にヒットを打たれるが後続を切って、問題ない立ち上がりで良い流れを作る。東京STARS先発の岡井も強打の高飛車打線を初回3人で抑える。2回も両者ランナーを出すが無得点で投手戦の流れになってきた。均衡を破ったのは高飛車3回裏の攻撃、一死後8番宮永が振り抜いた打球がレフト柵越え本塁打となり先制。この伏兵の活躍が高飛車打線を目覚めさせた。二死になり1番、2番の連打で二死2、3塁で3番石井のレフトへタイムリー二塁打で3-0。4回裏東京STARSは先発の岡井を諦め、荒木にスイッチ。しかしその代わりっぱなを高飛車は捉えた。一死後6番神田、7番柴(智)の連打で1、3塁を作り、9番の四球で二死満塁の状況で1番宮城が一二塁間を破るライト前で2点追加。海老沢も5回まで完封ペースの素晴らしい投球で完全に高飛車ワンサイド状態だったが、東京STARSが反撃に出る。6回表、東京STARSは2番永森がこの日3本目のヒットで出塁すると、3番槇野が右中間を破る3塁打で反撃開始、続く4番荒木もタイムリー2塁打でこの回2点を返す。その裏高飛車も追加点を狙ったがリリーフ荒木の投球になかなかランナーを出せず、5-2で最終回を迎える。7回表、東京STARSは8番岡井のヒットを機に無死満塁のチャンスを作ると、2番永森の犠飛とパスボールで1点差に迫る。なおも2死3塁のチャンスを作るも、4番荒木がショートゴロに倒れ試合終了。東京STARSは終盤に反撃もあと一歩及ばす、5-4で高飛車の勝利となった。高飛車先発の海老沢は途中守備のエラーなどでピンチを迎えるが要所をしっかり締め、7回無四球完投勝利。打線は宮永、宮城、石井ら伏兵と主軸のバランスが噛み合い得点を積み重ねた。
【相手チームへ一言】
(高飛車)
(東京STARS)
本日遠征いただきありがとうございました。引き締まった試合になり、非常に勉強になりました。また次回の機会がありましたらよろしくお願い致します。
対戦ありがとうこざいました。あと一歩及ばす悔しい敗戦でしたが、また機会があれば試合やりましょう。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BEANS 5 4 Albatross 10月3日(大宮健保)
圓山が値千金同点打!BEANSがサドンデスまで縺れた死闘制し初のプロスタへ王手!!
【試合内容】
BEANS先攻、Albatoross後攻でプレイボール。初回Albatorossは先頭が四球を選び、盗塁バントヒットでチャンスを作るもクリーナップが凡退で無得点。試合が動いたのは3回裏、Albatorossは二死から4連打で2点を挙げ、さらに失策も絡み一挙4点を先制する。BEANSはここまでAlbatoross先発高橋にヒット1本に抑えられてきたが、4回に田中(優)のヒットとエラーが絡みチャンスを作ると内野ゴロの間に1点を返す。6回BEANSは先頭が四球を選び犠打で二塁へ送る。続く打者が内野ゴロに倒れ二死三塁の場面で小松、田中(高)が連続二塁打を放ち2点を返し1点差とする。さらに6回には、エラーとヒット、四球で一死満塁のチャンスを作ると、金子は内野フライに倒れるも二死満塁から圓山が値千金の同点打!二塁ランナーはセンター高橋のノーバン送球で本塁憤死で逆転ならず。ここで残り時間の関係でサドンデスに突入する。先攻BEANSは内野ゴロの間に1点を奪い攻撃終了。裏のAlbatorossは3番4番と打ち取られ、ゲームセット。BEANSが5-4で勝利した。
【相手チームへ一言】
(BEANS)
(Albatross)
日程調整および遠征していただき、ありがとうございました。また機会ありましたら宜しくお願い致します。
グランド、審判手配ありがとうございました。悔しい敗戦ですが、試合巧者のチーム様で楽しくやらせて頂きました。準決勝頑張って下さい!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
GRADE RIZE 2nd 6 3 AVENGERS 10月3日(錦糸公園)
Wカードからの下剋上!参戦2年目GR2が1位通過チームに連勝飾り初の準決勝へ!!
【試合内容】
先攻GRADE RIZE 2nd、後攻AVENGERSでゲームスタート。AVENGERSは初回から連続四死球で1アウト1,2塁のピンチを迎えると、その後パスボールの間に送球エラーも重なりいきなりの2失点。AVENGERSはその裏、3番中村、4番小勝の連続ヒットで1点を返す。その後は両者とも無失点。3回表、GRADE RIZE 2ndはAVENGERS先発前田を攻め、関根、谷口、本間の3連続タイムリーで3点を追加。さらに4回表、関根の安打で6点目。その後AVENGERS打線もチャンスを作り、山口、森の2連打と押し出し四球で2得点。なお2アウト満塁のチャンスを作るも後一本が出ず。そのまま逆転できずゲームセット。GRADE RIZE 2ndが6-3で勝利した。
【相手チームへ一言】
(GRADE RIZE 2nd)
(AVENGERS)
この度は遠征頂き有難うございます。負傷者さんお大事にして下さい。また宜しくお願いします。
ミスもなく、投手力、打力ともに素晴らしかったです。完敗です!また、グラウンド手配及び審判手配ありがとうございました!またの機会ありましたら是非よろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
HEROES 0 4 BAEZ 9月26日(多摩川緑地)
増田の先制打に荻原・島村の完封リレー!投打の噛み合ったBAEZが4強一番乗り!!
【試合内容】
初回はお互いの先発投手が三者凡退に抑える静かな立ち上がりとなり、序盤は投手戦で0-0が続く。試合が動いたのは3回表、BAEZは1死1、2塁から3番増田の内野安打で先制。さらに4番高松が叩きで追加点をあげ、この回2点を先制する。その後もHEROESは先発荻原を打ち崩せず、5回まで散発の2安打に抑えられる。BAEZは、6回から2番手・松本に継投。松本も2回をパーフェクトに抑え、終盤にも2点追加したBAEZが4-0で勝利した。投げては先発の荻原と中継ぎの島村の完封リレー。
【相手チームへ一言】
(HEROES)
(BAEZ)
本日は対戦ありがとうございました。機会がありましたら、ぜひ、リベンジのチャンスを頂ければと思っています(^^;)よろしくお願いします。
グランド確保が難しい中、予定を組んでいただきありがとうございました!また機会がありましたら、よろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BAEZ 3 1 練馬United 9月19日(こども自然公園)
増田のダメ押し弾に荻原が完投勝利!BAEZが予選無敗の実力発揮し初戦突破!!
【試合内容】
BAEZは序盤に7番金藤のエンタイトルツーベースで先制し、8番鈴木が叩いて追加点をとる。中盤に2番増田がバックスクリーンにホームランを放ち中押し。投げては先発の荻原が7回を1失点完投し、BAEZが強敵練馬unitedに勝利した。
【相手チームへ一言】
(BAEZ)
(練馬United)
遠征ありがとうございました!
最終回まで締まった試合ができて楽しかったです!
この度は会場確保、対戦誠に有難う御座いました。投打共に力負けでした。貴チームのプロスタでの活躍、優勝を強く信じております。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BEANS 3 0 GYOSEI 9月12日(大宮健保)
圓山の決勝打に50歳白神が魂の完封!BEANSが予選無敗のGYOSEIを撃破!!
【試合内容】
先攻GYOSEI淺田、後攻BEANS白神の両先発投手でプレイボール。1回表、GYOSEIは1死から2番星野がセンター前ヒットで出塁。2死3塁となり、4番朝比奈のレフト線への打球は良い角度で上がるも、あらかじめ深く守っていたレフト田中が掴み先制ならず。BEANS白神が打たせてとるピッチングで上々の立ち上がりを見せる。1回裏、BEANSは2死から死球と4番田中(優)のセンター前ヒットで2死1、3塁のチャンスを作るも、後続が続かず両者主導権を握れない立ち上がり。GYOSEI淺間投手は、ストレートとスライダーのコンビネーションで力でBEANS打線を抑え込む。2回表、2者連続三振で三者凡退に倒れる。2回裏、同じく下位打線が3人で打ち取られる。3回表、1死から9番多田が四球を選んで出塁するも、盗塁死でチャンスを作れず、GYOSEIはなかなか流れを掴めない。3回裏、先頭9番哥の当たりは、バッテリー間に小さく上がるフライとなり、キャッチャー多田はファールにすべく見送るも、不規則に変化した打球にプロテクターが触れたという判定でフェア。ベンチ横まで点々としたことでボールデッドとなり、無死2塁とする。その後、1死3塁となり2番小松の打球はセカンドへのゴロ。セカンド後藤が一塁へ送球する素振りを見て、三塁ランナー哥はスタートを切るも、後藤はすかさずホームへ送球。三本間に挟まれ哥は封殺。打ったバッターは2塁に到達。2死2塁となり、小松は三盗を仕掛ける。多田の送球は大きく上に外れ、ホームを狙う。しかし、レフト朝比奈の好返球により憤死。GYOSEIは2度のピンチを何とか無失点で守りきる。4回表、最大のピンチを守りきり流れに乗りたいGYOSEIは、1死から3番淺田が四球で出塁。盗塁とワイルドピッチで1死3塁とすると、4番朝比奈の叩きつけた打球がサードに転がる。しかし、途中出場のサード小高が好送球で本塁タッチアウト。両者譲らず得点を許さない。4回裏、クリーンアップから始まる攻撃も、好投淺田の前に三者凡退。5回表、先頭の6番長嶋が左中間にヒットを放ち2塁を狙うも、センター小松の好返球で2塁憤死。2死となり代打梶原が内野安打で出塁するも、ここでも得点圏で1本が出ない。5回裏、守備から入った8番田中(高)がライト前ヒットで出塁するも、後続が続かず無得点。13時20分を過ぎ、サドンデスの可能性も出てきた6回表、1番深堀からの打順でなんとか得点を奪いたいGYOSEIだが、3回り目に入り更にギアを上げる白神の前に三者連続三振に倒れる。6回裏、1死から2番小松がライト前ヒットで出塁。その後、連続四死球で1死満塁となる。ここで途中出場の5番圓山が1ボールからのストレートをライトへ流し打ち。迷いなく振り切った打球は値千金の2点タイムリーヒットとなり遂に均衡が破られる。更にGYOSEIはバッテリーエラーで1点を献上。ラストバッターは空振り三振に打ち取るも、ここで時間切れとなり試合終了。GYOSEI淺田は6回を被安打5、3四死球、4奪三振、3失点で完投。一方、BEANS白神は6回を被安打3、2四球、無失点の完封勝利をあげた。 (取材写真はこちら
【相手チームへ一言】
(BEANS)
(GYOSEI)
日程調整および遠征していただきありがとうございました。引き締まった試合ありがとうございました。
このたびはグランドや審判の手配ありがとうございました。決勝トーナメント常連BEANS様の、経験値の高さに完敗です。また機会がございましたら、よろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Albatross 2 1 オーティーナショナルズ 9月12日(玉川野毛町)
高橋・浜崎の鉄壁リレー!Albatrossが昨季3位ナショナルズとの投手戦を制す!!
【試合内容】
先攻オーティーナショナルズ、後攻Albatross。1回裏Albatrossは浜崎、佐藤の連打で好機を作るもクリーンナップが三者三振となり無得点。2回裏には2死1塁から9番斉藤が右中間へ弾き返し、先制と思われたが、運悪くフェンスの下に入り込みエンタイトルツーベースとなり後続を断ち切られ無得点。Albatross先発高橋は3回までオーティーナショナルズ打線を1人の出塁も許さない最高の立ち上がりを見せる。一方オーティーナショナルズ先発小山も3回まで毎回出塁を許すも要所を三振で締める力投を見せる。試合が動いたのは4回表、オーティーナショナルズ1番山内が中越二塁打を打ち出塁すると四球などで満塁となり、ワイルドピッチの間に1点を先制する。反撃したいAlbatrossは5本のヒットを出すも相手好投手に要所を締められ、あと1本が出ず苦しい展開に。しかし5回裏、先頭斎藤がヒットで出塁し相手のミスもあり1死満塁とすると、4番西山の打球は三遊間横の絶妙な辺りに転がり同点。さらに1塁への送球が逸れるの見て、二塁走者佐藤が一気にホームインし逆転に成功。このリードを5回からリリーフした浜崎が無失点に抑え、Albatrossが辛くも逃げ切った。
【相手チームへ一言】
(Albatross)
(オーティーナショナルズ)
大谷様、オーティーナショナルズの皆様、1度雨天中止になりましたが、この度はスムーズな対戦スケジュール誠にありがとうございます。天候がまたも怪しい中、無事対戦を終えて良かったです。何度も対戦しておりますが、初の公式戦での対戦はどちらに転んでもおかしくない展開でした。運が少しだけこちらにあっただけでしたが、締まった試合で雰囲気も良く試合出来た事に感謝致します。またオープン戦お願い致します。
グランド確保ありがとうございました。練習試合で何度も対戦頂いているチーム様と決勝トーナメントの舞台で対戦できた事大変嬉しく思いました。また対戦出来る事楽しみにしています。今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
AVENGERS 3 2 神奈川インフィニティ 9月12日(大宮健保)
小勝の先制打に前田が好投!AVENGERSが昨季3位インフィニティ破り2回戦へ!!
【試合内容】
先攻インフィニティ、後攻AVENGERSで試合開始。初回、インフィニティは1.2番が連続フォアボールで出塁、ノーアウトからチャンスを作るも内野フライなどに倒れ無得点。対するAVENGERSは裏の攻撃で3番中村、4番小勝の連続安打で先制点を取る。2回にも6番から打線が繋がり2点の追加点。その後先発前田もヒットなどでランナーを出すも要所を抑え無失点。最終回インフィニティは野崎のヒットと齊藤のタイムリーで1点を返すと荒井もタイムリーを放ち差を1点とする。さらに同点のチャンスを作るが後続が打ち取られ、AVENGERSが3対2で勝利。
【相手チームへ一言】
(AVENGERS)
(神奈川インフィニティ)
遠い中ありがとうございました。
また機会あれば是非ともお願い致します!
対戦ありがとうございました。グラウンド、審判の手配もありがとうございました!優勝目指して頑張ってください!!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
東京STARS 2 0 トラベラーズ 9月12日(戸田市営)
岡井が2安打完封シャットアウト!東京STARSが新星との接戦制し2回戦進出!!
【試合内容】
先攻東京STARS、後攻トラベラーズでプレイボール。1回表、2回表と東京STARSは三塁までランナーを進めるも無得点。均衡が続く中、試合が動いたのは5回表、東京STARSは相手のエラーを機に一死一、二塁のチャンスを作ると、3番永森の打球はサードボテボテのゴロも悪送球の間にニ塁ランナーが返り先制点。6回表にも9番岡井の犠牲フライで1点追加。投げては投手岡井が2安打完封にて勝利。接戦を制した東京STARSが決勝トーナメント1回戦突破を果たした。
【相手チームへ一言】
(東京STARS)
(トラベラーズ)
遠い中、横浜から遠征頂きありがとうございました。
また機会があれば対戦お願いします。
球場、審判の手配ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
高飛車 7 3 砂町ドンフェイス 9月12日(大宮健保)
石井の決勝打に海老沢が気迫の完投勝利!高飛車が2年連続で1回戦を突破!!
【試合内容】
先攻・砂町ドンフェイス飯田、後攻・高飛車海老沢の両先発で試合開始。砂町ドンフェイスは初回1番市川の右中間への三塁打、2番津金のセンター前ヒットの連打で先制点を取る。3番安才は三振、4番飯田がデッドボールで更にチャンスは続いたが5番高須がセカンドゴロゲッツーで1点止まり。海老沢が後続を抑え最小失点でしのぐ。高飛車はその裏、2番佐野が一二塁間を破る安打でチャンスメイクするが、3番石井のセカンドライナー併殺で3人で抑えられ砂町ドンフェイスペースで試合が進む。2回裏高飛車の攻撃、先頭4番並木が四球で出塁後、5番春山の左中間破る三塁打で同点。一死後7番宮城のライトへの犠飛で逆転。その後8番、9番の連打でこの回計3点を取り3-1。3回表ドンフェイスは1アウトから2番津金がセンター前ヒットで出塁、3番安才はファーストへの内野安打、4番飯田のショートゴロがエラーを誘い1アウト満塁のチャンス、5番高須はファーストゴロでまたもやゲッツーかと思われたが一塁まで懸命に走りゲッツー崩れとなる。その間に1点返すが3塁ベースをオーバーランしていた安才を見逃さず冷静に送球、タッチアウトとなり攻撃を終える。3-2で迎えた4回裏、7番宮城が四球で出塁後、8番宮永の犠打が送球ミスを誘い出塁。一死後1番根岸の安打で満塁、2番佐野が三振。二死満塁で3番石井がショートの頭を越える二塁打で2点追加。続く4番並木もライトへ100m越えの大飛球を放ちダメ押しなるかと思われたがライトの好守に阻まれ2点止まり、5-2。5回表ドンフェイスは1番市川が左中間へツーベースヒット、2番津金は四球、3番安才のファーストへの内野安打でノーアウト満塁のチャンス、しかし4番飯田のゲッツーの間に1点を返す。さらにチャンスは続くが5番高須の凡退で1点止まり。5-3で迎えた5回裏、2本の安打でチャンスを作り2点を追加。高飛車先発の海老沢は毎回得点圏にランナーを背負うがそこからギアを上げて無失点もしくは最小失点で切る、魂の投球を見せて6回3失点完投勝利。ドンフェイスは再三のチャンスに1本が出ず、先発飯田が2イニング3失点、リリーフ高須は3イニング4失点と送り出した両投手ともに高飛車打線の前に踏ん張りきることができなかった。
【相手チームへ一言】
(高飛車)
(砂町ドンフェイス)
遠征いただきありがとうございました。メンバーが若く、打線に勢いあるチームでリード中もいつひっくり返されるか緊張しておりました。決勝トーナメントらしいハードな試合が出来て楽しかったです。今後も機会がありましたらよろしくお願い致します。
高飛車様、対戦ありがとうございました。完敗です、あと2つ頑張って神宮球場へ行ってください!次に対戦できる日まで鍛えて出直します。今後とも宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
GRADE RIZE 2nd 3 2 AIS 8月29日(錦糸公園)
山崎が値千金の逆転打!GRADE RIZE 2ndが劇的サヨナラ勝利で1回戦を突破!!
【試合内容】
先攻AIS、後攻GRADE RIZE 2ndで試合開始。初回AISは無得点。後攻GRADE RIZE 2ndは先頭洲脇がいきなり3ベースヒットでノーアウト3塁のチャンスをつくるも、AIS先発和田が後続を抑え0点で切り抜ける。続く2回表、AISは5番中西がレフト前ヒットで出塁すると6番山野、7番和田が連続フォアボールでノーアウト満塁のチャンス。ここで8番佐々木がセンター前に運びAISが2点を先制。その後両者ランナーを出すも得点を追加できず迎えた最終回、GRADE RIZE 2ndの攻撃。1番須脇がフォアボールで出塁し2番福地のレフト前ヒットでノーアウト1,2塁。3番峯の内野安打の間に1点を返し、なおもノーアウト2,3塁のチャンス。ここで4番山崎が三塁線を破るツーベースヒットを放ち3塁ランナー、2塁ランナー2人が還りサヨナラ。AISは3年連続鬼門の1回戦が突破出来ず敗退。GRADE RIZE 2ndが決勝トーナメント1回戦を逆転サヨナラ勝ちで制した。
【相手チームへ一言】
(GRADE RIZE 2nd)
(AIS)
この度は遠征頂き有難うございます。
また宜しくお願いします。
山村さん、GR2の皆さん、本日はありがとうございました。また機会があれば宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
HEROES 5 0 江古田Rockets 8月29日(赤塚公園)
初回先制パンチで好投の春原を援護!HEROESが完封勝利飾り絶好の滑り出し!!
【試合内容】
先攻江古田Rockets、後攻HEROESで試合開始。1回表、江古田Rocketsはニ死から3番岩本が安打で出塁するも無得点。HEROES先発春原は無難な立ち上がりを見せる。するとその裏、打線が初回から先発春原を援護。1番朝比奈から4番佐久間まで4連打で3点を先制する。江古田Rocketsは2回、7番小馬の安打と8番古川の死球でチャンスを作るも無得点。さらに4回、5回、6回と1番山木の二塁打等でランナーを出すも、春原の力投で6回まで散発4安打、無失点に抑える。2回以降無得点に抑えられていたHEROESだが、6回からマウンドに上がった江古田Rockets2番手の清水を攻め、3連打やエラーで2点を追加。結果0-5でHEROESが勝利した。
【相手チームへ一言】
(HEROES)
(江古田Rockets)
非常に締まった好ゲームで、点差ほどの差はなく紙一重の試合展開だったと思います。今後も、練習試合等、よろしくお願いします。
試合ありがとうございました!
また機会がありましたらよろしくおねがいします!