TOP > Victoriaリーグ4部 supported byファンゴユニフォーム(2021年) > 成績表(Bブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 0 0 6 20 3
2 1 0 0 3 14 2
3 1 0 0 3 5 0
4 1 0 0 3 6 3
5 1 2 0 0 12 17
6 0 2 0 0 6 16
7 0 2 0 0 4 26
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Bブロック星取表
   
 
 
 
 
 

10-0
 
 

10-3
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 

6-3
 
 
 
 
   
 
 
 

14-2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5-0
 
 
 
 

0-10
 
 
 
 

0-5
 
12-2
 
 
 
 
 
 

2-14
 
 

2-12
   
 

3-10

3-6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
江古田Rockets 14 2 ギガプライズ 4月18日(三芳グランド)
岩本・児矢野のHR含む14得点!江古田Rocketsが今季初陣をコールドで飾る!!
【試合内容】
先攻江古田Rockets、後攻ギガプライズにて試合開始。初回お互いにランナーを出すも0点。2回表、江古田は先頭6番畑中が二塁打、ランナーを進め7番井出の内野ゴロの間に1点。2回裏、ギガプライズはヒットと四球で一二塁のチャンスから8番秋山のタイムリー、中園のタイムリーで2点を取り逆転する。3回、江古田は1番山岸が三塁打、3番岩本の安打、4番高橋の三塁打で3点追加。5回、3番岩本の本塁打、4番高橋の二塁打、8番児矢野の本塁打等で6点追加。6回先頭3番の岩本が安打で出塁その後死球、安打、四球、安打、犠飛と繋がり4点を追加。得点を重ねて14-2でコールド成立。ギガプライズは3回以降は1安打に抑えられ、江古田Rocketsが勝利した。
【相手チームへ一言】
(江古田Rockets)
(ギガプライズ)
グランド不良の中ありがとございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
本日はグラウンド及び審判の手配など有難うございました。穴がない打線、堅い守備で全く隙がありませんでした。また、勉強させていただければ幸いです。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
高飛車 10 3 baseball jacks 4月11日(大宮健保)
石井の先制弾に並木の完投勝利!強打の高飛車が2試合連続の10得点で2連勝!!
【試合内容】
11時5分に高飛車先攻、baseball jacks後攻で試合開始。初回、高飛車はセカンドのエラーとヒットで無死一二塁とすると、迎えた3番石井が高めの直球を捉え、センター越えのスリーラン本塁打で3点先制。後攻のbaseballjacksは先発並木の立ち上がりを攻め、2番3番の連打から5番のタイムリーで1点返す。2回の高飛車の攻撃、この回先頭の7番石附が四球で出塁、盗塁と進塁打で二死三塁とし1番春山のレフトへのタイムリー二塁打で追加点。しかしその裏baseballjacksもタイムリーヒットで1点返し4-2。baseballjacksは先発の谷古宇を諦め、大森にスイッチしたが制球がなかなか定まらず、5個の四球とワイルドピッチで2点追加。これで流れは完全高飛車ムードかと思いきやbaseballjacksは裏の攻撃で3連打が出て1点返す。さらに四球を選び一死満塁の大チャンスで4番を迎える、しかし高飛車ピッチャーの並木がギアを上げて4番、5番を連続三振で相手の流れを絶ち切り最小失点で抑える。4回の高飛車の攻撃、石井が四球で出塁し、二死一塁から5番並木のライトへのテキサスヒットをライトが後逸し、一塁ランナー石井の好走塁もあり、追加点をあげる7-3。時間的に最終回となった5回、8番、9番が連続出塁で一死一二塁とすると、1番春山の場面でエンドランをかけ、それがレフト線の2点タイムリー。続く2番須藤のセンター前ヒットでセカンドランナーの春山が生還して、この回3点追加点。裏の守備をしっかり抑え、結果は10-3で高飛車の勝利となった。高飛車先発並木は得点圏にランナーを背負いながらもそこからギアを上げ、気持ちの入った魂の投球を見せて5回1四球、5奪三振の完投勝利となった。
【相手チームへ一言】
(高飛車)
(baseball jacks)
遠征していただき対戦ありがとうございました。また対戦する機会がありましたら宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。とても若いメンバーが楽しそうに野球をしていて、チームに活気がありました。また機会がありましたら、対戦よろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
上石神井野球部 6 3 baseball jacks 4月4日(大宮健保)
本上・宮武の投手リレー!上石神井野球部が昨季のリベンジ果たし白星発進!!
【試合内容】
先攻・上石神井野球部は本上、後攻・baseball jacksは丸山の両先発で試合開始。初回、baseball jacksの先発丸山は1番滿汐を見逃し三振に取る上々の立ち上がり。しかし2番加藤、3番加藤に連打で捕まると、味方の守備の乱れも絡み8番大原のタイムリーまで計5失点を喫する。その後、4投手を継投しながらも初得点直後の4回にも1失点となり投手陣に課題を残す結果となった。対する上石神井野球部先発の本上は初回3四死球を出しながら無失点で切り抜けると、3回に1番伊藤の左中間を破る三塁打を景気に1失点するも相手の追撃を許さず。4回からは2番手宮武が登板。3者凡退で凌いだ後の5回裏、先頭打者のレフト線を破る3塁打から四球で出した走者を内野ゴロの間に生還を許し2失点するも後続を断ち追撃を許さず。試合は6回上石神井野球部の攻撃で2点追加したところでタイムアップとなり、5回終了時点6-3で上石神井野球部の勝利となった。
【相手チームへ一言】
(上石神井野球部)
(baseball jacks)
2020年の対戦では敗戦となりましたが、一矢報いることができましたが、若い選手が多く、特に好投手が何枚もいるチームで攻略に苦戦しました。また機会がありましたらよろしくお願いします。
本日はありがとうございました。同じ区内でこれからも対戦することが多くあると思いますので、今後ともよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
高飛車 10 0 Get Wild 4月4日(大宮健保)
並木が圧巻の完封シャットアウト!高飛車が今季初陣をコールド勝利で飾る!!
【試合内容】
Getwild先攻、高飛車後攻で11時ピッタリにプレーボールした。初回、高飛車先発の並木はヒットで一人ランナー出すも、その後三振に切り上々の立ち上がり。高飛車の攻撃は1、2番が四球とセーフティバントでランナー出塁し1、3塁とすると、迎えた4番加藤のセンターオーバーの2塁打で先制。その後7番石附の犠牲フライで追加点を挙げる(3-0)。2回裏も止まることない高飛車打線は無死2、3塁から3番石井のレフトへの3点タイムリーなどで3点追加(6-0)。3回裏に4番加藤の本日2本目のタイムリーで2点追加。コールドが見えた4回裏の攻撃、7番石附レフトオーバーのタイムリー、最後は一死満塁の場面で2番須藤の左中間への走者一掃のタイムリーが飛び出し10-0でコールド成立。高飛車先発の並木はセカンドを踏ませることない圧倒的な投球を見せて完封勝利を挙げた。
【相手チームへ一言】
(高飛車)
(Get Wild)
本日は対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
序盤こちらがフォアボール等で一方的な試合になってしまいました。反省部分が多く勉強させて頂きました。また機会があればよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Get Wild 12 2 ギガプライズ 3月28日(千年谷公園)
堤の先制弾に市川の好投!2年目Get wildがコールドで待望のVictoria初勝利!!
【試合内容】
初回に4番堤選手のホームランなどあり一挙6点をGet wildが先制。投げては市川投手が、ゲームは2回までを抑えてGet wildペースで進む。Get wildは2、3回は0点だった。その裏、Get wild市川投手が乱れて0アウト満塁から内野安打にてギガプライズが2点を返し反撃する。しかし、5回にGet wildが4点を追加してコールドとなった。
【相手チームへ一言】
(Get Wild)
(ギガプライズ)
前日まで天候が、心配する中遠方から来て頂きありがとうございました。また、機会があればよろしくお願いします。
本日はグラウンドや審判の手配など有難うございました。ピッチャーの低めへの制球力や緩急など非常に勉強になりました。また、対戦の機会がございましたら宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
練馬United 5 0 Get Wild 不戦試合
<試合内容>
期日までの返信が無く連絡難により、Get Wildの不戦敗。