TOP > Victoriaリーグ4部(2019年) > 成績表(Gブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 1 0 0 3 3 1
2 0 0 1 1 3 3
2 0 0 1 1 3 3
4 0 1 0 0 1 3
- 0 0 0 0 0 0
- 0 0 0 0 0 0
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Gブロック星取表
① STORM
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 

3-1
 
 
③ GYOSEI
 
 
 
 
   
 
 
 

3-3
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 

1-3
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 

3-3
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
セブンホイールズ 3 1 ブレット王国 3月24日(草加工業団地)
主将・渡部が逆転打!セブンホイールズが8年目にして初の開幕戦白星スタート!!
【試合内容】
先攻ブレット王国今村、後攻セブンホイールズ伊藤の投げ合いで試合開始。3回表、ブレット王国は四球と盗塁を決め、伊藤がレフト前に初安打を放つも、レフト松丸が矢のようなレーザービームで本塁アウト。4回には、2死から和田がライト前ヒットを放ち盗塁を試みるも吉岡がストライク送球で盗塁死。対するセブンホイールズは2回の伯耆田のヒットのみだったが、4回裏に先頭伊藤が出塁し、牽制悪送球で一気に3塁へ進み先制のチャンス。1アウト後、松丸の打球は強烈なサードライナーでダブルプレイ。お互い、守備が固く得点を奪えない。お互い4回まで好機を作るも一本出ずに無得点で迎えた5回表、ブレット王国は1死から8番小畑の四球、盗塁で1死2塁のチャンスを作ると、9番今村のセンター前タイムリーで1点を先制。続く5回裏、セブンホイールズは先頭伯耆田が遊エラーで出塁、7番木元がレフトオーバーのエンタイトル2ベース等で2死2,3塁のチャンスを作ると、原、豊田が凡退し2アウトになるも1番渡部のレフトオーバー2ベースで2点を返し、2-1と逆転に成功する。また6回裏、セブンホイールズは2アウトから松丸・伯耆田・木元・原の4連打で1点を追加し、3-1とリードを広げる。追いつきたいブレット王国は7回表、2死から9番今村が四球で出塁するも後続が倒れ試合終了。セブンホイールズが3-1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(セブンホイールズ)
(ブレット王国)
ブレット王国の選手の皆様。良い球場が取れた中で、緊張感ある試合が出来て感謝しております。お互い、決勝トーナメント進出出来るよう頑張って行きましょう!この度は、遠征していただきありがとうございました。
素晴らしい球場や、審判の手配などありがとうございました!
また、対戦させていただく機会がありましたら、是非ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GYOSEI 3 3 東京STARS 3月10日(潮見野球場)
一進一退の攻防は両者痛み分け!新星東京STARSが最終回に追いつき勝ち点獲得!!
【試合内容】
東京STARS先攻、GYOSEI先攻で試合開始。2回裏、0アウト2塁から7番荒木の2ベースで東京STARSが先制。3回表、9番西山のフォアボールを足がかりに、2番後藤のタイムリーなどで3点を取りGYOSEIが勝ち越す。両チーム一進一退の攻防を繰り広げ、迎えた最終回。劣勢だった東京STARSが2アウト満塁から執念の末同点に追いつく。さらにサヨナラのチャンスとなったが、最後はショートゴロに倒れ、同点で試合終了。
【相手チームへ一言】
(GYOSEI)
(東京STARS)
本日はありがとうございました。今後対戦する機会がございましたら、どうぞよろしくお願いいたします。
接戦で良い試合でした。
お互い決勝トーナメント行けるようがんばりましょう。