TOP > Victoriaリーグ4部(2019年) > 成績表(Gブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 0 0 6 6 1
2 2 1 0 6 9 12
3 1 1 1 4 13 8
4 1 1 0 3 3 4
5 0 1 1 1 5 7
6 0 2 0 0 2 6
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Gブロック星取表
① STORM
   
 

3-1

0-3
 
 
 
 
 
 
 
2-9
 
 

3-1

4-2
③ GYOSEI

1-3

9-2
   
 
 
 

3-3

3-0
 
 
 
 
 
3-1
 
 
 
 

1-3
 
 

1-3
   
 
 
 

2-4

3-3
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ポニーキャニオン 3 1 ブレット王国 5月19日(井の頭恩賜公園)
古宇田が値千金の逆転打!ポニーキャニオンが2勝目を飾り首位浮上!!
【試合内容】
先攻ポニーキャニオン佐藤、後攻ブレット王国今村の投げ合いで試合開始。先攻ポニーキャニオンは初回、3塁までランナーを進めながらも得点にできず。1回裏、ブレット王国は1死満塁のチャンスを作ると、5番鈴木のライト前タイムリーで1点を先制する。その後、5回まで両チームはチャンスを作るも、後続が倒れる展開が続き、1-0のまま。追いつきたいポニーキャニオンは6回表、2死から4番中條がセンター方向へ柵越えのソロHRを放ち、1-1の同点とする。続く7回表、ポニーキャニオンは相手のヒット等により2死1.2塁のチャンスを作ると、1番古宇田の打球がライト前に落ちるポテンヒットとなり、2点の勝ち越しに成功する。続く7回裏、ブレット王国は先頭の3番伊藤がセンターオーバーの2ベースを放ち、チャンスを作るも後続が倒れ試合終了。ポニーキャニオンが3-1で勝利し、Victoriaリーグ2勝目となった。
【相手チームへ一言】
(ポニーキャニオン)
(ブレット王国)
最後時間が迫り慌ただしくなってしまいましたが、対戦有難うございました。
グランド、審判手配等ありがとうございました。緊張感のある試合でとても楽しかったです!今後もよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京STARS 2 4 セブンホイールズ 5月19日(東綾瀬公園)
セブンホイールズが逆転勝利で2位浮上!東京STARSは初勝利ならず!!
【試合内容】
セブンホイールズ先攻、東京STARS後攻で試合開始。1回裏、セブンホイールズ先発松丸が制球に苦しみ、連続四球と一塁手のフィルダースチョイスで1死満塁とすると5番廣川の押し出し四球で東京STARSが先制。更に6番岡井がスクイズを試みるも失敗し、その後三振。1回裏の攻撃は1点にとどまる。松丸は2回裏にも四球2つを出し、無死1.2塁と追加点のピンチも何とか踏みとどまる。迎えた3回表。東京STARS岡井投手に1人のランナーも出せず完璧に抑えられていたセブンホイールズ打線が爆発。先頭7番原が相手失策で出塁し初めて走者を出すと、8番増田がレフト前ヒットで繋ぎ、9番松丸のレフト前タイムリーで同点に追い付く。尚も1番渡部が送りバントでチャンスを作ると、2番小宮知のショートゴロの間に逆転。更に悪送球で小宮も塁に残ると、すかさず盗塁を決め1死2.3塁。このチャンスに3番高橋翼がセンター前に弾き返して2者生還し、この回一挙4点を奪いリードを広げる。松丸はその後も苦しいピッチングが続き、3回裏は先頭3番澤野に四球を出し、4番小澤の当たりはライトフライ。盗塁を試みていた澤野は戻れずダブルプレイで無得点。4回裏は7番田上にランニングーホームランが飛び出し1点を返される。5回裏は2番櫛引がセンター前ヒット、3番澤野が四球、4番小澤がレフト前ヒットを放ち無死満塁も、後続3人を三振と内野フライ2つ。6回には8番本郷がレフト前ヒット、9番鵜島と1番宮野が四球を選び、再び無死満塁の絶対絶命のピンチも、サードインフィールドフライとピッチャーゴロで2アウト。6番廣川の完璧に捉えた打球もレフト小宮知がポジショニング良くキャッチし試合終了。追い込まれてから、本来の投球を見せ10四死球で2失点と言う奇跡的な完投勝利を挙げ、セブンホイールズが4対2で勝利した。東京STARSは投手岡井の好投も虚しくリーグ戦崖っぷちとなった。セブンホイールズ打線は、東京STARS岡井投手の素晴らしいピッチングに3回の3安打のみも見事な集中打を見せ、松丸の乱調で、守備のリズムが悪くなる所を集中力を切らさず守りきり、Victoriaリーグ参戦後初のリーグ戦2勝目を挙げ、決勝トーナメント進出に一歩前進した。
【相手チームへ一言】
(東京STARS)
(セブンホイールズ)
接戦で引き締まった試合をありがとうございました。3回の繋がりは学ぶべきものがあり、今後参考にさせて頂きたいと思いました。
最後のレフトフライは打った瞬間サヨナラ負けがよぎりましたが、運も味方に付け何とか勝利出来ました。心臓に悪いゲームでした笑 東京STARSさんは非常に良いチームで、実力差はあったと思います。おそらく、10回戦って1回か2回勝てるかどうかと言う、試合が今日だったと思います。この度は、グランドや審判の手配等、ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ポニーキャニオン 3 0 STORM 4月14日(夢の島野球場)
ポニーキャニオンが完封シャットアウト!初の決勝T進出へ向け好スタート!!
【試合内容】
ポニーキャニオンは2回表、内野安打で出塁したランナーをテキサスヒットでスコアリングポジションに進め、内野ゴロ送球ミスの間に1点を先取。続いて盗塁を牽制した送球ミスからさらに1点を追加。その後は両チームともピンチらしいピンチは無く、0行進が続く。5回表、先頭打者がヒットで出塁、続く打者もレフト前ヒットを放ち、その打球をレフトが後逸する間にランナー生還し、ポニーキャニオンが1点を追加。STORMは相手投手のキレの良い速球・変化球に苦戦し、3塁を踏むこともできず完封負け。0-3でポニーキャニオンが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ポニーキャニオン)
(STORM)
天候が危ぶまれる中、試合ができてよかったです。
対戦有難うございました。またの機会にお願い致します。
グランド確保・審判手配等ありがとうございました。投手の方の素晴らしいピッチングに完敗でした。また機会がありましたら、よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
セブンホイールズ 2 9 GYOSEI 4月14日(荒川河川敷)
主砲・朝比奈がグランドスラム!GYOSEIが空中戦を制し今季初白星!!
【試合内容】
GYOSEI先攻、セブンホイールズ後攻でプレーボール。1回表、GYOSEIは1、2塁のチャンスからバッテリーエラーと4番・朝比奈のタイムリーで2点先制。1回裏、セブンホイールズも渡部と伯耆田の1・2番コンビの連打で1点を返す。セブンホイールズは2回裏に満塁のチャンスを作るも、GYOSEIの先発・星野が踏ん張り無得点。4回表、GYOSEIは先発・藤原の乱調から二死満塁のピンチを作ると、GYOSEIの3番・今村が四球を選び、続く4番・朝比奈がセンターオーバーのグランドスラムを放ち、6-1。5回表、GYOSEIの1番・星野がレフトフェンスオーバーの2ランを放ち、8-1。5回裏の最終回にセブンホイールズの3番・高橋がライトオーバーのホームランを放つも、最後は星野が三振を奪いゲームセット。GYOSEIが勝ち点3をもぎ取った。
【相手チームへ一言】
(セブンホイールズ)
(GYOSEI)
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら、よろしくお願いします。
本日は対戦させていただき、またグラウンド審判の手配もしていただきありがとうございました。またの機会に対戦させていただけますと幸いです。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GYOSEI 1 3 STORM 3月31日(潮見野球場)
クリンアップの勝負強さ光る!STORMが開幕戦を逆転勝利で飾り首位発進!!
【試合内容】
先攻GYOSEI、後攻STORMでプレイボール。3回表、7番・長嶋の内野安打をきっかけにGYOSEIが1点を先制。すかさず3回裏にSTORMは8番・出口のヒットを足がかりに3番・宮田がタイムリーを放ち同点。さらに4回裏、8番出口の内野ゴロの間に1点追加し、STORMが勝ち越し。6回表、GYOSEIは1アウト3塁のチャンスを作るも、ランナーが飛び出し痛恨のタッチアウト。STORMは6回裏に4番・秋山の3塁打の後、5番・吉川の内野ゴロの間に1点を追加し勝負あり。STORMが3対1で勝利し、幸先よく勝ち点3を勝ち取った。
【相手チームへ一言】
(GYOSEI)
(STORM)
本日はどうもありがとうございました。またの機会に再戦させていただけますと幸いです。ぜひともよろしくお願いいたします。
非常に競った良い試合だったと思います。
またの機会に対戦お願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
セブンホイールズ 3 1 ブレット王国 3月24日(草加工業団地)
主将・渡部が逆転打!セブンホイールズが8年目にして初の開幕戦白星スタート!!
【試合内容】
先攻ブレット王国今村、後攻セブンホイールズ伊藤の投げ合いで試合開始。3回表、ブレット王国は四球と盗塁を決め、伊藤がレフト前に初安打を放つも、レフト松丸が矢のようなレーザービームで本塁アウト。4回には、2死から和田がライト前ヒットを放ち盗塁を試みるも吉岡がストライク送球で盗塁死。対するセブンホイールズは2回の伯耆田のヒットのみだったが、4回裏に先頭伊藤が出塁し、牽制悪送球で一気に3塁へ進み先制のチャンス。1アウト後、松丸の打球は強烈なサードライナーでダブルプレイ。お互い、守備が固く得点を奪えない。お互い4回まで好機を作るも一本出ずに無得点で迎えた5回表、ブレット王国は1死から8番小畑の四球、盗塁で1死2塁のチャンスを作ると、9番今村のセンター前タイムリーで1点を先制。続く5回裏、セブンホイールズは先頭伯耆田が遊エラーで出塁、7番木元がレフトオーバーのエンタイトル2ベース等で2死2,3塁のチャンスを作ると、原、豊田が凡退し2アウトになるも1番渡部のレフトオーバー2ベースで2点を返し、2-1と逆転に成功する。また6回裏、セブンホイールズは2アウトから松丸・伯耆田・木元・原の4連打で1点を追加し、3-1とリードを広げる。追いつきたいブレット王国は7回表、2死から9番今村が四球で出塁するも後続が倒れ試合終了。セブンホイールズが3-1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(セブンホイールズ)
(ブレット王国)
ブレット王国の選手の皆様。良い球場が取れた中で、緊張感ある試合が出来て感謝しております。お互い、決勝トーナメント進出出来るよう頑張って行きましょう!この度は、遠征していただきありがとうございました。
素晴らしい球場や、審判の手配などありがとうございました!
また、対戦させていただく機会がありましたら、是非ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GYOSEI 3 3 東京STARS 3月10日(潮見野球場)
一進一退の攻防は両者痛み分け!新星東京STARSが最終回に追いつき勝ち点獲得!!
【試合内容】
東京STARS先攻、GYOSEI先攻で試合開始。2回裏、0アウト2塁から7番荒木の2ベースで東京STARSが先制。3回表、9番西山のフォアボールを足がかりに、2番後藤のタイムリーなどで3点を取りGYOSEIが勝ち越す。両チーム一進一退の攻防を繰り広げ、迎えた最終回。劣勢だった東京STARSが2アウト満塁から執念の末同点に追いつく。さらにサヨナラのチャンスとなったが、最後はショートゴロに倒れ、同点で試合終了。
【相手チームへ一言】
(GYOSEI)
(東京STARS)
本日はありがとうございました。今後対戦する機会がございましたら、どうぞよろしくお願いいたします。
接戦で良い試合でした。
お互い決勝トーナメント行けるようがんばりましょう。