TOP > Victoriaリーグ4部(2019年) > 成績表(Dブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 3 0 0 9 21 5
2 2 1 0 6 14 8
3 1 1 0 0 3 7
4 0 3 0 0 9 22
5 0 1 0 -3 0 5
- 0 0 0 0 0 0
- 0 0 0 0 0 0
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Dブロック星取表
① VICCESS
   
 
 
 

5-0

2-4

7-4
 
 
 
 
   
 
 
 

0-5
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
④ GYUDONS

0-5
 
 
 
 
   
 

3-2
 
 

4-2

5-0
 
 
 
 
 
12-3
 
 

4-7
 
 
 
 

2-3

3-12
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
オールマックス 12 3 フジクラブ 5月19日(大宮健保)
オールマックスが首位をキープ!終始試合を支配し開幕3連勝を飾る!!
【試合内容】
先攻オールマックス、先発は武藤投手。後攻フジクラブ、先発は林原投手で試合開始。1回表オールマックスが1点先制。その裏フジクラブも3番加藤選手のツーランホームランですぐさま逆転。初回から試合は動く。3回表オールマックスは2点取り再逆転。4回からフジクラブは加藤投手へ継投する。しかし5回表オールマックスさらに3点追加。その裏フジクラブも4番大山選手のタイムリーで1点返す。しかしオールマックスは6回表に3点、7回表にも3点追加し終始オールマックスが試合を支配した。12対3でオールマックスの勝利。
【相手チームへ一言】
(オールマックス)
(フジクラブ)
フジクラブ様 対戦までスムーズなやり取りありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
オールマックス様、対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
オールマックス 4 2 VICCESS 5月12日(大宮健保)
満塁弾で奪った4点を死守!オールマックスが上位対決を制し首位奪取!!
【試合内容】
先攻VICCESS、後攻オールマックスで9:10試合開始!両チーム無得点で迎えた3回裏、オールマックスは先頭がセーフティーバントを決め出塁し、四死球で二死満塁から5番打者の二塁手横への打球が右中間を破りランニング満塁ホームランで4点を先制!対するVICCESSは2回以降沈黙していたが最終7回表、先頭が四球で出塁し無死一塁から途中出場の柏崎がセンターへのヒットを放ち、この打球を中堅手が後逸する間に打者走者も還り2点を返す!なおもヒットで繋ぎ追い上げをみせるも後続倒れ試合終了。4対2でオールマックスの勝利!
【相手チームへ一言】
(オールマックス)
(VICCESS)
VICCESS青山様 対戦ありがとうございました。最後まで緊迫した試合展開でした。また、機会がございましたらお手合わせのほどよろしくお願いいたします。
武藤様、オールマックスの皆さま対戦ありがとうございました!グラウンド手配、審判手配、スケジュール調整もスムーズにやりとりでき感謝致します。また機会がありましたら宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
フジクラブ 2 3 GYUDONS 5月12日(大宮健保)
エース横山の力投に今福が起死回生の逆転打!GYUDONSがVictoria初勝利!!
【試合内容】
先攻GYUDONS横山投手、後攻フジクラブ加藤投手の両先発で試合開始。試合が動いたのは2回表、GYUDONSは3塁に走者を置きワイルドピッチの間に1点を先制。しかしフジクラブも4回ウラ、岩出選手のホームランで同点とし、5回ウラにも横溝選手のタイムリーで逆転する。試合そのまま進み、7回表2アウト走者1、2塁でGYUDONSの4番今福選手が右中間を破る起死回生の逆転タイムリースリーベースで勝ち越し。7回ウラを三者凡退で抑えGYUDONSが3-2の逆転勝ち。GYUDONSエース横山が2失点の完投。粘り強く7回を投げきった。
【相手チームへ一言】
(フジクラブ)
(GYUDONS)
GYUDONS様、対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願いします。
左投手の直球と固い守りに中々打線が繋がらず苦しい試合になりました。接戦になりいい試合ができました。またよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
オールマックス 5 0 トランス 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦予定日の7日以内に対戦をキャンセルしたため、トランスの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
VICCESS 5 0 GYUDONS 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦予定日の7日以内に対戦をキャンセルしたため、GYUDONSの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
VICCESS 7 4 フジクラブ 3月17日(浮間公園)
4回に集中打で一挙7得点!VICCESSが逆転勝利で白星スタート!!
【試合内容】
先攻VICCESS、後攻フジクラブで9:10試合開始!序盤戦はお互いチャンスを作るも、両チーム投手が要所を締め0対0が続く。VICCESSは毎回先頭がヒットを放ち走者をためるも得点できない嫌な流れ。そんな中試合が動いたのは3回裏、フジクラブは2番加藤選手のタイムリー、4番久保選手のタイムリー、相手ボークで3点を先制する。しかし直後の4回表、VICCESSもすぐさま反撃。無死満塁から失策とワイルドピッチで同点とし3番田中、4番永田がタイムリーヒットを放ちこの回一挙7点を奪い逆転する!4回裏、フジクラブは9番阿久津選手の内野ゴロの間に1点返すが後続を断たれ反撃も及ばず。時間の為試合終了となりVICCESSが逆転勝利!
【相手チームへ一言】
(VICCESS)
(フジクラブ)
石津様、フジクラブの皆様対戦ありがとうございました。
対戦調整もスムーズにでき感謝しております。
今後とも宜しくお願い致します。
VICCESS様、対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願いします。