TOP > Victoriaリーグ4部(2019年) > 成績表(Cブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 0 0 6 11 0
2 1 0 0 3 5 3
3 0 1 0 0 3 5
4 0 1 0 0 0 4
5 0 1 0 0 0 7
- 0 0 0 0 0 0
- 0 0 0 0 0 0
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Cブロック星取表
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 

0-4
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 

5-3
⑤ SWINGS
 
 
 
 
 
 
 
 
 
0-7
 
 
 
 

4-0
 
 
 
 

7-0
   
 
 
 
 
 
 
 

3-5
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
新座オーキーズ 4 0 清瀬フェニックス 3月24日(殿山運動場)
新座オーキーズが開幕2連勝で首位キープ!投げては西部がノーヒットノーラン達成!!
【試合内容】
試合はオーキーズ西部、フェニックス柴の両投手の好投で3回まで0が並ぶ。試合が動いたのは4回裏。オーキーズが1死2、3塁のチャンスを作るとバッテリーミスで先制。更に熊本がエンドランを成功させ2-0とする。さらにオーキーズは6回裏にも中井がエンドランを成功させるなど2点を追加した。投げては先発西部がノーヒットノーランを達成した。
【相手チームへ一言】
(新座オーキーズ)
(清瀬フェニックス)
清瀬フェニックス様。対戦、遠征ありがとうございました。柴さんの投球素晴らしかったです。今後とも宜しくお願い致します。
グランド、審判の手配等大変ありがとうございました。点差以上に壁がありました。完敗です。今後とも練習試合等よろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
新座オーキーズ 7 0 SWINGS 3月17日(北朝霞公園)
西部・渡邉(和)の完封リレー!4年目の悲願達成を目論むオーキーズが開幕戦勝利!!
【試合内容】
先攻新座オーキーズ、後攻SWINGSで試合開始。新座オーキーズは初回、山口のタイムリーで2点を先制すると、2回には先頭四球、バッテリーミス、送りバント、犠牲フライとノーヒットで追加点。さらに5回には代打ベテラン渡辺がタイムリーを放った。投げては先発西部が6回無失点、無四球、被安打2で抑え、最終回は渡邉(和)が2奪三振で完封リレー。新座オーキーズが大事な初戦をモノにした。
【相手チームへ一言】
(新座オーキーズ)
(SWINGS)
SWINGS様。対戦、遠征ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
新座オーキーズ様、グラウンド、審判の手配をありがとうございました。また機械がありましたら、ぜひ対戦させてください。今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京レイバンズ 5 3 上石神井野球部 3月10日(光が丘公園)
上石神井2HRも追いつけず!東京レイバンズが2年連続の決勝T進出へ好スタート!!
【試合内容】
東京レイバンズ先攻、上石神井野球部後攻で試合開始。1回表、東京レイバンズが上石神井野球部の先発大原の立ち上がりを攻め、四死球で満塁のチャンスから2点タイムリーヒットと押し出しで3点を先制。対する上石神井野球部も1回裏に先頭打者の満汐がホームランを放ち1点を返す。その後チャンスを作るが東京レイバンズ先発の竹内が抑えて1点止まり。その後試合が動いたのは4回。東京レイバンズは上石神井野球部の2番手川崎からタイムリーヒットで1点を追加。対する上石神井野球部は神田のソロホームランで1点。5回には満汐の犠牲フライで1点を返して4-3と1点差まで詰め寄る。しかし、6回に東京レイバンズはタイムリーヒットで1点を追加し、試合は決着。5-3で東京レイバンズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(東京レイバンズ)
(上石神井野球部)
日程調整ありがとうございました。
また練習試合等でお手合わせを楽しみにしております。
東京レイバンズ野本様、グランド確保から審判手配まで大変お世話になりました。追い込まれてからの粘り強いバッティングやミスのない手堅い守備は見事でした。今後も末長いお付き合い出来ればと思います。宜しくお願い致します。