TOP > Victoriaリーグ4部(2019年) > 成績表(Aブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 5 0 0 15 36 3
2 2 1 0 6 15 10
3 2 1 0 6 10 6
4 2 2 0 6 12 13
5 2 2 0 6 14 18
6 1 2 0 3 7 14
7 0 6 0 -18 0 30
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Aブロック星取表
 
10-0
 
 
 
 

0-10
 
 

5-0

0-10
   
 

8-2

1-6
 
 

5-0
 
 
 
 
 
4-1

1-5
 
 

5-0
 
 

2-8

1-4
   
 

4-1

5-0

10-0

6-1

5-1
 
 
 
10-1

5-0
 
 
 
 
 
 

1-4

1-10
 
5-0

0-5

0-5

0-5

0-5

0-5

0-5
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
オーティーナショナルズ 10 0 岡島ベースボールクラブ 5月19日(江戸川病院前)
オーティーナショナルズが破竹の5連勝!全リーグ最速で決勝T進出決める!!
【試合内容】
岡島ベースボールクラブ先発森下、オーティーナショナルズ小山で試合開始。初回、岡島ベースボールクラブ先頭打者が内野安打で出塁するも牽制でタッチアウト。その裏、オーティーナショナルズは岡島ベースボールクラブ森下の制球が定まらず、3連続四球で無死満塁のチャンスを得ると4番上岡がショートエラーを誘う当たりで先制。さらにワイルドピッチで2点目。再び連続四球で塁を埋めると7番渡辺がセンターへグランドスラムを放ち一挙7点を挙げる。その後、岡島ベースボールクラブ森下は調子を取り戻し、5者連続三振を取るなど両チーム無得点が続く。しかし4回裏、オーティーナショナルズは二死から内野安打・四球・エラーで満塁のチャンスを作り、6番田中が2点タイムリー、さらに7番渡辺が左中間へタイムリー2ベースを放ち10点目。ここでリーグ規則により4回10点差のコールドゲームとなった。
【相手チームへ一言】
(オーティーナショナルズ)
(岡島ベースボールクラブ)
対戦ありがとうございました。
また対戦出来る事を楽しみにしています。
球場、審判手配とありがとうございました。また機会があれば是非よろしくお願いいたします。鍛えてきます!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
リベルタドーレス 1 4 アスパラガス 5月19日(夢の島運動場)
前田の先制打に久保の決勝打!アスパラガスが2勝目を飾り3位浮上!!
【試合内容】
先攻アスパラガス、後攻リベルタドーレスで試合開始。初回、アスパラガスは先頭の野間が四球で出塁するとすかさず盗塁を仕掛けるが、リベルタドーレス捕手水沼が強肩で阻止。その後も二塁打と四球でチャンスを作るもリベルタドーレス先発鈴木が4番5番を抑え無得点。その裏リベルタドーレスも先頭喜多村がデッドボールで出るも、盗塁を試みるが次の打者が打ち上げてしまい、戻れずにダブルプレーで、こちらも0点。試合が動いたのは3回表、アスパラガスは内野安打で出たランナーを二塁に置いて4番前田の適時打で先制。4回表には7番久保の2ラン走本で2点、5回にも1点を加える。リベルタドーレスは5回裏に8番柏崎のレフトオーバーの三塁打で1点を返すも、6回表終了時に時間切れ試合終了。アスパラガスが勝利した。
【相手チームへ一言】
(リベルタドーレス)
(アスパラガス)
本日はありがとうございました。お陰さまで良い試合ができました、またリベンジさせてください。よろしくお願いいたします。
手配等ありがとうございました。最後時間切れは残念でしたが、締まった好ゲームでした。またよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
オーティーナショナルズ 10 1 東京RIOT 5月12日(福栄スポーツ広場)
ナショナルズが破竹の開幕4連勝!2年連続の決勝T進出へ大きく前進!!
【試合内容】
ナショナルズは初回、先頭丸山がヒットで出塁しチャンスを作ると河原がタイムリーを放ち先制に成功。2回表、エラーと四球のランナーを置いて丸山が右中間を破る2点タイムリー2ベース、さらに米澤の犠牲フライでこの回3得点。しかし3回以降は代わった2番手投手の速球を捉えられず。先発小山は立ち上がりから球威・制球共に良く3回までノーヒットピッチングを続けるが4回裏、先頭打者の打球をセンター丸山が見失い2ベースとしてしまうと、ライト前ヒットで無死2、3塁の大ピンチ。ここでライトフライを打たれるがライト渡辺が好返球でタッチアップさせず。さらに三振とファーストゴロで後続を断ち無失点に抑える。5回裏にソロHRで1点返されるが直後の6回表、田中の2ベースと澁谷の送りバントで二死3塁とすると渡辺のゴロがエラーを誘い1点取り返す。7回表、ヒット、四球、エラーで無死満塁の大チャンス。ここで上岡がヘルメットにかする押し出し死球を受け加点すると、続く河原が右中間へ満塁HRを放ち一気に突き放した。大量援護をもらった小山が東京RIOT打線を抑え、ナショナルズが開幕4連勝を飾った。
【相手チームへ一言】
(オーティーナショナルズ)
(東京RIOT)
千葉県の球場まで来て頂きありがとうございました。マーナーも良く、スムーズな試合運びをして頂き、楽しく対戦出来ました。今後も練習試合をして頂けると嬉しいです。
対戦ありがとうございました。
また機会があればお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
オーティーナショナルズ 5 1 アスパラガス 4月21日(江戸川病院前)
小山が2戦連続の完投勝利!ナショナルズが開幕3連勝で首位キープ!!
【試合内容】
先攻オーティーナショナルズ、後攻アスパラガスで試合開始。初回は両チーム無得点と静かなスタート。アスパラガスは2回裏、6番野間のライト戦を破る走本で先制。1点を追うナショナルズは3回表、エラーと四球で一死満塁のチャンスを作ると小山がファーストエラーを誘い同点に追いつく。さらに続く4回表、2番手左腕の代わり端を河原が捉えヒット。そこから無死2、3塁とすると古池の当たりをサードが弾き逆転、さらにバッテリーエラーで追加点を奪う。5回表は先頭米澤が3ベースヒットを放つと小山がレフトへタイムリー2ベース。その後一死満塁から古池が犠牲フライを放ちリードを広げる。アスパラガスは先発小山投手の前に3回以降は二塁を踏めず、散発3安打に抑え込まれ、そのまま試合終了。オーティーナショナルズが完投勝利でグループリーグ首位を守った。
【相手チームへ一言】
(オーティーナショナルズ)
(アスパラガス)
ありがとうございました。
また対戦出来る事を楽しみにしております。
手配等ありがとうございました。好投手の前に完敗です。機会がありましたら、また挑戦させてください。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
リベルタドーレス 4 1 東京RIOT 4月21日(夢の島運動場)
終盤まで沈黙のリベルタドーレス打線が最終回に劇的逆転勝利!!
【試合内容】
東京RIOT先攻、リベルタドーレス後攻でスタート。1回裏のリベルタドーレス攻撃は、内野エラーでノーアウトから出塁するも、次の打者の内野ゴロでダブルプレーとなり無得点。ここから6回まで、相手先発吉田投手に完璧におさえられてしまう。一方、東京RIOTは4回にリベルタドーレス先発鈴木を捕まえる。4番西島、5番日下部の連続ツーベースで1点先取する。しかし鈴木も踏ん張り、後続をおさえてこの回を切り抜ける。そして最終回、6回裏のリベルタドーレスの攻撃。代打の羽石がレフト前で出塁すると、すかさず代走に茅野。そのあと、喜多村がデッドボールで、相手ピッチャーも交代し、ノーアウト一二塁。森田の時に送りバントを試みるが失敗、しかしピッチャーゴロで、ここまで完璧な守備を見せてきた、東京RIOT内野陣のまずい守備が重なり、4点を取り劇的な逆転劇。リベルタドーレスがなんとか最後に意地を見せ、2勝目となった。
【相手チームへ一言】
(リベルタドーレス)
(東京RIOT)
本日はお越しいただきありがとうございました。マナーもよく、気持ちよく対戦させていただきました。最後は辛くも勝つことができましたが、強いチームだと思いました。また是非対戦お願いいたします。
グラウンド、審判の手配ありがとうございました。
是非また対戦お願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
岡島ベースボールクラブ 10 0 砂町ドンフェイス 4月21日(東綾瀬公園)
チームの大黒柱・坪木が好投!岡島BBCが5回コールドで2勝目飾る!!
【試合内容】
岡島ベースボールクラブ坪木投手、砂町ドンフェイス高橋投手の両先発で試合開始。岡島ベースボールクラブは1回裏、先頭飯塚が四球で出塁後、砂町ドンフェイスのワイルドピッチ等のミスで先制点をあげる。2回にも追加点をあげた岡島ベースボールクラブは、3回に坪木、白井の連打からチャンスを作り4点を追加。砂町ドンフェイスは流れを変えようと望月投手へスイッチし4回は無失点。しかし5回に一挙5点を奪われ、5イニングコールドゲームで岡島ベースボールクラブが勝利した。
【相手チームへ一言】
(岡島ベースボールクラブ)
(砂町ドンフェイス)
岡島ベースボールクラブ様、対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願いします。
3度目の対戦ありがとうございました。岡島氏が観戦したこともあり、緊張感のある中の試合でしたがご協力いただきありがとうございました。また対戦できる日を楽しみにしております。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
オーティーナショナルズ 6 1 砂町ドンフェイス 4月14日(潮見野球場)
ドンフェイス連勝ならず!オーティーナショナルズが快勝で首位浮上!!
【試合内容】
先攻砂町ドンフェイス、後攻オーティーナショナルズで試合開始。1回裏、オーティーナショナルズは1番丸山がエラーで出塁すると、2番米澤もDBで出塁。すぐさまダブルスチールを決め、3番小山のタイムリーで先制する。その後もオーティーナショナルズは2回に丸山、3回に河原と古池、4回に小山、6回には岡本のホームランで得点を重ねる。投げては小山が6回までを無失点に抑える。ドンフェイスは7回にエラーとツーベースで1点を返すも、最後はショートゴロに打ち取られゲームセット。1-6でオーティーナショナルズの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(オーティーナショナルズ)
(砂町ドンフェイス)
昨年に引き続きマナー良く対戦頂きありがとうございました。楽しく、緊張感のある試合ができました。また対戦出来る事を楽しみにしております。
オーティーナショナルズ様、対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
リベルタドーレス 2 8 砂町ドンフェイス 3月31日(猿江恩賜公園)
高橋が投打の活躍!昨シーズン4強の砂町ドンフェイスが開幕戦白星!!
【試合内容】
先攻砂町ドンフェイス、後攻リベルタドーレスで試合開始。1回表、砂町ドンフェイスは4番福谷選手のタイムリー、7番福原選手の押し出し四球、8番石津選手の2点タイムリー、9番高橋選手の2点タイムリーで6点を挙げる。1回裏リベルタドーレスも2点を返し、初回から乱戦模様。しかし、その後は両チーム無得点で試合は進む。砂町ドンフェイスは5回6回にも1点づつ加点し、投げては先発高橋投手が2失点完投。6イニング時間切れで砂町ドンフェイスが勝利した。
【相手チームへ一言】
(リベルタドーレス)
(砂町ドンフェイス)
本日は対戦ありがとうございました。
また機会があればよろしくお願いいたします。
リベルタドーレス様、対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
全チーム 5 0 東京レオネス 不戦試合(棄権)
<試合内容>
東京レオネスの途中棄権により、全チーム不戦試合スコアを採用。