TOP > Victoriaリーグ4部(2017年) > 成績表(決勝トーナメント)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  決勝トーナメント
※ 各ブロック上位2チームが決勝トーナメント進出
ワイルドカード2枠 →【順位確定について】
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
神奈川インフィニティ 2 4 東京ステイドリームクラブ 12月3日(北本市営球場)
【本部コメント】
初出場の東京ステイドリームが4部制覇!鉄壁の投手リレーでインフィニティを振り切る!!
【試合内容】
先攻インフィニティ、後攻東京ステイドリームで試合開始。1回表インフィニティの攻撃。1番がライト前ヒットで出塁、続く2番がきっちりと送りバントで送り、1アウト2塁を作るも、後続に1本が出ず3アウトチェンジ。1回裏ステイドリームの攻撃。インフィニティの守備の乱れが続き先取点を奪う。2回表インフィニティの攻撃。5番がフォアボールで出塁。すかさず盗塁を決めノーアウト2塁とチャンスを作る。さらに6番が進塁打を打ち、7番のサードへのフィルダースチョイスの間にランナー生還。同点にする。2回裏ステイドリームの攻撃。8番、9番、1番の連打や、インフィニティのミスも重なり2点追加し3-1とする。3回、4回とお互いにランナーは出るものの得点には繋がらず。5回表インフィニティの攻撃。2番がヒットで出塁。2盗、3盗を決めチャンスを作り、4番の犠牲フライの間にランナーが還り3-2。5回裏ステイドリームの攻撃。2番がヒットで出塁。進塁打とヒットでランナーを進め、エラーの間にランナーが還り4-2。インフィニティは6回の表2アウトから9番がヒットで出塁するも反撃及ばず2-4でゲームセット。東京ステイドリームクラブが勝利し、初優勝を飾った。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
             MVPに輝いた 矢嶋選手
【相手チームへ一言】
(神奈川インフィニティ)
(東京ステイドリームクラブ)
優勝おめでとうございます!走攻守すべてにおいて見習うべきポイントがたくさんありました!決勝という、素晴らしい舞台で対戦出来て、良かったです!ありがとうございました!
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
新座オーキーズ 1 2 神奈川インフィニティ 11月5日(野火止運動場)
【本部コメント】
神奈川インフィニティが拮抗ゲームを制し決勝進出!狙うは下剋上でのタイトル奪取!!
【試合内容】
先攻インフィニティ、後攻新座オーキーズで試合開始。初回インフィニティの攻撃。先頭がレフトオーバーのツーべスヒットで出塁。続く三番の進塁打でチャンスを広げ、ワイルドピッチで1点先制。その裏オーキーズの攻撃。インフィニティ先発が三連続四死球を与え、内野のミスも重なり一点を返され同点にされる。2回表インフィニティの攻撃。5番がフォアボールで出塁。7番のピッチャーゴロの際に相手のミスをさそい1点追加。2-1になる。その後はお互いに緊迫した投手戦となるが、そのまま試合終了。2-1でインフィニティがそのまま逃げ切り、決勝進出を決めた。
             決勝進出を決めた 神奈川インフィニティ
【相手チームへ一言】
(新座オーキーズ)
(神奈川インフィニティ)
酒井様、神奈川インフィニティの皆様。遠方より遠征頂きありがとうございました。決勝頑張ってください。
お互いに粘り強い戦いでナイスゲームでした。新座オーキーズさんの分も決勝戦頑張ってきます。ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
神奈川インフィニティ 9 1 東京アイボリー 10月1日(富岡西公園)
【本部コメント】
神奈川インフィニティが準決勝へ!予選Lに続き東京アイボリーを撃破!!
【試合内容】
快晴の中行われた、ヴィクトリア決勝トーナメント1回戦。序盤はお互いにチャンスで一本が出ずに0対0で進む。神奈川インフィニティ先発大甫は、毎回ランナーを出す苦しいピッチングが続くもバックの守りに助けられ1失点に抑える。神奈川インフィニティ打線は、中盤に機動力野球を見せ、効果的に得点を重ね、9点を奪う。苦しい展開になった東京アイボリーは、四球とエラーでもらったチャンスに内野ゴロで1点を返すも後が続かず。最後は野田が2イニングをきっちり締めて、9対1で神奈川インフィニティが勝利した。
             4強入りを放たした 神奈川インフィニティ
【相手チームへ一言】
(神奈川インフィニティ)
(東京アイボリー)
またこれからも対戦する機会があると思いますので、
これからも宜しくお願いします!
是非優勝してください!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
BEANS 3 3 東京ステイドリームクラブ 9月24日(大宮健保)
【本部コメント】
新星東京ステイが決勝進出!昨年準VのBEANSをジャンケンで下す!!
【試合内容】
先攻・BEANS、後攻・東京ステイドリームクラブ。4回表まで0−0、均衡を破ったのはステイ。1番大森がレフト前で出塁、盗塁後樋口のセンタ前ヒット。一死三塁一塁、4番佐藤がきっちり右方向へ叩き先取点。5番桑村もセンター前ヒットで続き追加点、4回終わって0−2。6回表、BEANSが追撃。3番小高がステイのエラーで出塁。田中、福田と安打で続き1点を返す。その裏、ステイは満塁の場面を作るが1点しか追加出来ず、1−3で最終回を迎える。7回表、BEANSが更なる追撃、9番金子がレフトオーバーで出塁、1番柳橋が右中間を抜く三塁打で1点返し、3番小高もライト前で続き2点の追加で同点に。その裏ステイの攻撃、9番中野の安打、1番大森の敬遠、とランナーを溜めるもあと一本が出ず、試合終了。予選に続き、またも引き分けに。時間いっぱいでしたので、じゃんけんで勝敗を決める事に。3−5でステイが決勝進出を決めた。
             決勝進出を決めた 東京ステイドリームクラブ
【相手チームへ一言】
(BEANS)
(東京ステイドリームクラブ)
対戦ありがとうございました。決勝戦頑張ってください。
また、対戦宜しくお願い致します。
本日はグランド・審判の手配、ありがとうございました。
またも同点とはですね(笑)。流石の粘り強さでした。どこかで決着をつけたいですね。本日はどうもありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
新座オーキーズ 6 1 アンバージャック 9月24日(大宮健保)
【本部コメント】
中村の先制弾に渡邉の完投!新座オーキーズが投打噛み合い4強入り!!
【試合内容】
初回、新座オーキーズは2番西野のタイムリーで先制すると、5番中村がレフトへ本塁打を放ち3-0とリードする。二回も二死ランナーなしから四死球などでチャンスを作り、3番富永のピッチャー強襲ヒット、西野のホームスチールで2点を追加する。三回表に死球とエラーでチャンスを作られ、WPで1点を許すも、すぐさま三回裏に鈴木の内野ゴロが野選を誘い、1点を取り返す。しかし反撃もここまで。アンバージャック先発の今永は制球が定まらず5四死球。一方、新座オーキーズ先発渡邉は相手打線を1安打に抑え、114球完投の素晴らしい投球を見せた。新座オーキーズがベスト4進出。
             4強入りを果たした 新座オーキーズ
【相手チームへ一言】
(新座オーキーズ)
(アンバージャック)
アンバージャック酒井様、選手の皆様。遠征して頂きありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
グランド、審判手配ありがとうございました!私達の分まで、優勝目指して頑張ってください!対戦ありがとうございました!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
リベルタドーレス 3 16 東京ステイドリームクラブ 9月10日(夢の島運動場)
【本部コメント】
圧巻・驚異の16得点!東京ステイが打線爆発でベスト4進出を決める!!
【試合内容】
先行・東京ステイドリームクラブ、後攻・リベルタドーレスで試合開始。1回表、ステイの攻撃。2番石巻が内安打で出塁、二盗、その後4番佐藤の内安打の間に石巻が生還。ステイが先取点。2回表には、6番大森から始まった4者連続安打、石巻・佐藤の二塁打、四球、三者安打を絡め一挙8点。ステイの先発は渡邊。1回裏、二者連続四球によりランナーを背負うが、その後は立て直し0点に抑える。2回裏、ランナーを一人出すも0点に抑え、山口にマウンドを預ける。3回、9−0でステイがリード。ステイは攻撃の手を緩めず、佐藤の2本のランニングHR、樋口のツーラン、境谷のランニングHR、安打を絡め毎回得点し7点の追加点。3回裏にリベルタは、4番水沼のスリーランにより3点を返すが及ばず、その後ステイ山口がピシャリと抑え、4回コールドでステイが勝利を納める。
             1回戦を突破した 東京ステイドリームクラブ
【相手チームへ一言】
(リベルタドーレス)
(東京ステイドリームクラブ)
本日はわざわざ来ていただきありがとうございました。またレベルアップしたら対戦してください。このまま優勝だと思いますが、頑張ってください。ありがとうございました。
本日はグランド・審判の手配、ありがとうございました。とても良い野球日和でしたね。この後はリベルタドーレスさんの分まで頑張ります。本日はどうもありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
BEANS 9 2 Cosmopia 9月3日(大宮健保)
【本部コメント】
昨年準優勝のBEANSが本領発揮!悲願の初タイトル奪取へ好発進!!
【試合内容】
Cosmopiaは初回、BEANS先発の白神の立ち上がりを攻める。1番・中倉がヒット、エラーも絡み二塁に進塁し、続く打者は四球で無死一二塁とすると、3番鈴木がレフトオーバーの二塁打を放ち2点を先制。尚もピンチの場面だったが、ここは白神が後続を三者連続三振で切り抜けた。一方BEANS打線はチャンスは作るも相手投手・三浦の前に要所を締められ、3回まで0点に抑え込まれる。BEANSの反撃は4回、相手エラー、四球で無死一二塁、内野ゴロの間に一死二三塁となり、9番・稲葉のタイムリーで同点。さらに1番・柳橋の二塁打で逆転をし、この試合初めてリードを奪う。3対2のまま迎えた最終回、BEANSは2つの四球を選び、6番・佐藤の二塁打で2点を追加、さらに1番・柳橋の3ランHRで試合を決めた。BEANSが9対2で逆転勝利。
             逆転打&ダメ押し弾を放った 柳橋選手
【相手チームへ一言】
(BEANS)
(Cosmopia)
日程調整、遠征とありがとうございました。
また機会ありましたら対戦お願い致します。
グラウンドの手配等、ありがとうございました。ミスのない試合運び、とても勉強になりました。またぜひ、胸を貸してください!