TOP > Victoriaリーグ4部(2017年) > 成績表(Bブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 1 0 6 22 7
2 2 0 0 6 18 12
3 2 0 0 6 8 3
4 1 1 0 3 13 6
5 1 4 0 3 26 44
6 0 2 0 0 5 20
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Bブロック星取表
   
 
 
 
 
 

14-9

4-3
 
 
 
1-2
 
 

12-4
 
 
 
 

2-1
   
 

6-2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4-9

1-11

9-14

4-12

2-6

9-4
 
2-8

3-4
 
 
 
 

11-1

8-2
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ドミンゴ 3 4 東京アイボリー 5月21日(調布西町球場)
【本部コメント】
東京アイボリーがシーソーゲームを逆転で制し、3チームが勝ち点6で並ぶ!!
【試合内容】
東京アイボリー先攻、ドミンゴ後攻で試合開始。3回裏、1番池山のタイムリー2ベースでドミンゴが先制。中盤の5回までは両チームの先発投手ともに打たせてとるピッチングでテンポよく進む。1点ビハインドで迎えた6回表、東京アイボリーは2、3塁のチャンスから3番辻貴大の2点タイムリーで逆転。その裏、満塁から5番小林のライトへの犠牲フライで同点、その後内野ゴロでドミンゴが逆転。そして迎えた最終7回表、東京アイボリーの攻撃は2アウトランナー無しで代打の切り札島貫。2ストライクと追い込まれながらもレフト前へクリーンヒットを放つ。これで勢いづいた東京アイボリーは続く1番渡辺裕之もヒットで続き、2アウト1、2塁で2番辻真宏が右中間へ2点タイムリーツーベースヒットを放ち再逆転!3者連続2ストライクからの3連打だった。その裏のドミンゴも最後まで粘りをみせるもリリーフした神谷が抑え切って、東京アイボリーがシーソーゲームとなった好ゲームを制した。
             逆転打を放った 辻(真)選手
【相手チームへ一言】
(ドミンゴ)
(東京アイボリー)
遠征ありがとうございました。非常に緊張感のある試合でとても楽しめました。また機会がありましたらよろしくお願い致します。
最後まで気の抜けない大変な試合でした。3回目の対戦で何とか勝たせていただきました。今後ともよろしくお願いいたします。お疲れ様でした。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
麻布ブルーウェーブ 9 4 TigerBeer 5月21日(外濠公園)
【本部コメント】
Victoria初勝利を手にしたのは麻布ブルーウェーブ!最終戦で有終の美!!
【試合内容】
先攻・麻布ブルーウェーブ、後攻TigerBeerで試合開始。1回裏、2番楠のタイムリーヒットで麻布ブルーウェーブが先制すると、打線は毎回得点を重ねた。投げては先発の江口がホームランなどで4失点をするも完投勝利。9対4で麻布ブルーウェーブが勝利した。
             Victoria初勝利を挙げた 麻布ブルーウェーブ
【相手チームへ一言】
(麻布ブルーウェーブ)
(TigerBeer)
対戦いただきまして、ありがとうございました。非常に暑い中、お互い怪我なく無事に試合が終われたことは良かったです。また対戦お願いします。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ドミンゴ 11 1 TigerBeer 5月14日(調布西町球場)
【本部コメント】
2週連続で打線爆発!ドミンゴが開幕2連勝で首位浮上!!
【試合内容】
先攻TigerBeer、後攻ドミンゴで試合開始。1回裏、4番 格内、5番 小林の連続タイムリーでドミンゴが2点先制。その後も得点を重ね、4回表に失策で1失点するも、8-1で迎えた4回裏に四死球と失策で2点追加し、2アウト満塁から3番 武仲の三塁線を破るタイムリーヒットで10点差をつけ4回コールド。投手は関野が4回を失策がらみの1失点に抑え2連勝。
             開幕2連勝を飾った ドミンゴ
【相手チームへ一言】
(ドミンゴ)
(TigerBeer)
遠征ありがとうございました。
また機会がありましたら試合よろしくお願いいたします。
グランド・審判の手配有り難うございました。
コールド負けで完敗でした。今後とも宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
麻布ブルーウェーブ 2 8 ドミンゴ 5月7日(駒沢公園)
【本部コメント】
投打の噛み合ったドミンゴがデビュー戦を白星で飾る!!!
【試合内容】
先攻ドミンゴ、後攻ブルーウェーブで試合開始。1回表、倉野のタイムリーでドミンゴが先制。対するブルーウェーブも2回裏に7番西本のタイムリーヒットで同点に追いつく。しかし3回表、ドミンゴは倉野のソロホームランで勝ち越すと、その後もスクイズなどで得点を重ね試合を決めた。投げては関野が2失点完投。ドミンゴが8-2で勝利した。
             Victoria初勝利を手にした ドミンゴ
【相手チームへ一言】
(麻布ブルーウェーブ)
(ドミンゴ)
遠征いただきありがとうございました。
また練習試合等お願いします!
グラウンド、審判の手配ありがとうございました。
麻布ブルーウェーブさんは元気で仲良くとても良いチームでした。これからも頑張ってください。また機会があれば対戦よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
神奈川インフィニティ 1 2 Cosmopia 4月30日(新横浜公園)
【本部コメント】
投手戦は三浦に軍配!Cosmopiaが上位対決を制しブロック首位浮上!!
【試合内容】
先攻神奈川インフィニティ、後攻Cosmopiaで試合開始。投手戦の展開となり、両チーム無得点のまま迎えた4回表、神奈川インフィニティが併殺崩れの間に1点を先制!好投する相手先発投手を打ちあぐねていたCosmopiaだが、6回裏に家木の絶妙なバント安打などでチャンスを作り、内堀が値千金の2点タイムリーを放ち逆転に成功!投げては先発三浦が丁寧にコーナーをついて試合を作り、終盤はリリーフ山口が相手打線の反撃を凌いだ。
【相手チームへ一言】
(神奈川インフィニティ)
(Cosmopia)
お互いにナイスゲームでした。また、機会がありましたらぜび今回のリベンジをさせていただきたいです!ありがとうございました。
グラウンド、審判の手配、事前の丁寧なご連絡等ありがとうございました!地域も近いですので、今後ともぜひよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
麻布ブルーウェーブ 2 6 Cosmopia 4月2日(麻布運動場)
【本部コメント】
Cosmopiaが白星発進!2年連続の決勝トーナメント進出へ好スタート!!
【試合内容】
Cosmopiaは初回、黒田のタイムリーで幸先良く先制!その後も伊藤のタイムリーなどで効果的に加点する。追いつきたい麻布ブルーウェーブは4回表、5番植松、6番東野の連続タイムリーで1点差に詰め寄る。しかし、Cosmopia先発三浦が丁寧にコーナーをつき、スイングが鋭い麻布ブルーウェイブ打線の反撃を抑え、最後は藤浪が締めて初戦を勝利で飾った。
【相手チームへ一言】
(麻布ブルーウェーブ)
(Cosmopia)
麻布まで遠征いただき、ありがとうございます。
また対戦よろしくお願いいたします。
両チームとも精一杯のプレーを楽しみ、充実した活動をさせていただきました!今後ともよろしくお願いいたします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
神奈川インフィニティ 12 4 麻布ブルーウェーブ 3月19日(三ツ沢公園)
【本部コメント】
麻布ブルーウェーブはリードを守り切れず2連敗。神奈川インフィニティが初戦を逆転で飾る!
【試合内容】
神奈川インフィニティの先発は望月。初回、麻布ブルーウェーブは3者連続四球などから6番江口のタイムリーヒットで3点を先制する。しかし麻布ブルーウェーブ先発の弦本が踏ん張れず、四球やヒットなどで神奈川インフィニティが逆転。その後、両チーム0点が続くが、神奈川インフィニティは4回裏にホームランで追加点を奪い、試合を決めた。12対4で神奈川インフィニティの勝ち。
             開幕戦を白星で飾った 神奈川インフィニティ
【相手チームへ一言】
(神奈川インフィニティ)
(麻布ブルーウェーブ)
今回は遠征していただき、ありがとうございました!
今後ともよろしくお願いします!
レベルの差を感じましたが、良い経験となりました!
ありがとうございました!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京アイボリー 14 9 麻布ブルーウェーブ 3月12日(駒沢公園)
【本部コメント】
東京アイボリーが乱打戦を制す!9得点の先制パンチで逃げ切り勝利!!
【試合内容】
初回、麻布ブルーウェーブは5番植松のレフト前タイムリーヒットで1点先制するが、その裏に東京アイボリーは満塁のチャンスから5番岡田の走者一掃の3点タイムリーツーベースを皮切りに猛攻をしかけ、一挙9得点。しかし2回表に四死球やエラーが絡んで反撃を受け、9対5となり試合の行方は分からなくなる。その後、両チーム点を取り合うも結果的に初回の9得点がものを言い、東京アイボリーがシーソーゲームを制した。
             乱打戦を制した 東京アイボリー
【相手チームへ一言】
(東京アイボリー)
(麻布ブルーウェーブ)
偶然ではありましたが、日程調整ありがとうございました。
最高の球場と最高のコンディションで試合ができて良かったです。
またよろしくお願い致します!
今日はありがとうございました。
良い球場で楽しかったです。