TOP > Victoriaリーグ4部(2017年) > 成績表(Bブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 1 0 0 3 12 4
2 1 0 0 3 14 9
3 0 2 0 0 13 26
-            
-            
-            
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Bブロック星取表
   
 
 
 
 
 

14-9
 
 
 
 
   
 
 
 

12-4
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 

9-14

4-12
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
神奈川インフィニティ 12 4 麻布ブルーウェーブ 3月19日(三ツ沢公園)
【本部コメント】
麻布ブルーウェーブはリードを守り切れず2連敗。神奈川インフィニティが初戦を逆転で飾る!
【試合内容】
神奈川インフィニティの先発は望月。初回、麻布ブルーウェーブは3者連続四球などから6番江口のタイムリーヒットで3点を先制する。しかし麻布ブルーウェーブ先発の弦本が踏ん張れず、四球やヒットなどで神奈川インフィニティが逆転。その後、両チーム0点が続くが、神奈川インフィニティは4回裏にホームランで追加点を奪い、試合を決めた。12対4で神奈川インフィニティの勝ち。
             開幕戦を白星で飾った 神奈川インフィニティ
【相手チームへ一言】
(神奈川インフィニティ)
(麻布ブルーウェーブ)
今回は遠征していただき、ありがとうございました!
今後ともよろしくお願いします!
レベルの差を感じましたが、良い経験となりました!
ありがとうございました!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京アイボリー 14 9 麻布ブルーウェーブ 3月12日(駒沢公園)
【本部コメント】
東京アイボリーが乱打戦を制す!9得点の先制パンチで逃げ切り勝利!!
【試合内容】
初回、麻布ブルーウェーブは5番植松のレフト前タイムリーヒットで1点先制するが、その裏に東京アイボリーは満塁のチャンスから5番岡田の走者一掃の3点タイムリーツーベースを皮切りに猛攻をしかけ、一挙9得点。しかし2回表に四死球やエラーが絡んで反撃を受け、9対5となり試合の行方は分からなくなる。その後、両チーム点を取り合うも結果的に初回の9得点がものを言い、東京アイボリーがシーソーゲームを制した。
             乱打戦を制した 東京アイボリー
【相手チームへ一言】
(東京アイボリー)
(麻布ブルーウェーブ)
偶然ではありましたが、日程調整ありがとうございました。
最高の球場と最高のコンディションで試合ができて良かったです。
またよろしくお願い致します!
今日はありがとうございました。
良い球場で楽しかったです。