TOP > Victoriaリーグ4部(2017年) > 成績表(Aブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 3 0 0 9 20 5
2 1 1 0 3 16 11
3 1 2 0 3 17 18
4 1 1 0 3 4 6
5 1 1 0 3 6 15
6 0 2 0 0 5 13
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Aブロック星取表
   
 
 
 

4-3

0-3
 
 
 
 
 
1-11
 
 
 
 

5-4
 
 

11-1
   
 
 
 

5-10

3-4
 
 
 
 
 
2-9
 
 

3-0
 
 
 
 

9-2
 
8-3
 
 

4-5

10-5
 
 

3-8
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
リベルタドーレス 2 9 アンバージャック 6月4日(夢の島運動場)
【本部コメント】
アンバージャックが3連勝で首位独走!ビッグイニングをモノにし9得点の快勝!!
【試合内容】
先攻アンバージャック、後攻リベルタドーレスで定刻通りに開始。アンバージャック先発、曽我部、リベルタドーレス、羽石でスタート。初回はお互いランナー2,3塁と進めるも、残塁、0点でスタート。2回にアンバージャック先制するも、リベルタドーレスの裏の攻撃ですぐに追いつく。しかし、3回にアンバージャック打線が爆発する。3番、西澤の3ベースを皮切りに、4番、大橋のレフトオーバーのホームラン、リベルタドーレスのまずいミスも重なり、一挙5点で勝負あり。結局時間切れで5回で終了。9対2でアンバージャックが勝利した。
             首位を独走する アンバージャック
【相手チームへ一言】
(リベルタドーレス)
(アンバージャック)
本日はありがとうございました。こちらのミスで後半ぐだぐだな試合になりましたが、アンバージャックさんは投打にバランスのとれたいいチームでした。またよろしくお願いいたします。
グランド手配、審判手配ありがとうございました!
是非、今後ともよろしくお願いいたします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
西口オマリーズ 4 3 リベルタドーレス 5月28日(猿江恩賜公園)
【本部コメント】
西口オマリーズが2年ぶりの白星!投手リレーで逃げ切り勝利!!
【試合内容】
先攻西口オマリーズ、後攻リベルタドーレスで試合スタート。序盤から投手戦となり0対0のまま迎えた4回表、西口オマリーズは丸山の二塁打をきっかけに連続四球でチャンスを作り、相手の失策にも助けられ4点を先制。対するリベルタドーレスも5回裏に反撃開始。西口オマリーズ先発の竹野を攻め3点を返すも、代わった飯田が二死満塁のピンチを三振で切り抜ける。最終回はお互いにチャンスを作れず、西口オマリーズの勝利。
             好リリーフを見せた 飯田投手
【相手チームへ一言】
(西口オマリーズ)
(リベルタドーレス)
接戦となり緊張感のある楽しい試合でした。ありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願いします。
グランド手配、審判手配ありがとうございました。暑いなかで、試合も熱い接戦にになり、負けてしまいましたがひさしぶりに緊張感の中、楽しめました。また対戦よろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブリヂストン本社野球部 1 11 高飛車 5月21日(ブリヂストン小平)
【本部コメント】
高飛車が2年ぶりの白星!3度目の正直でブリヂストンを下す!!
【試合内容】
過去3回目の同ブロックとなった試合は、ブリジストン先攻、高飛車後攻で10時試合開始。初回3番の内野安打から得点圏までランナーを進めるが、高飛車ショート根岸の好守が光り先制を許さなかった。その裏先頭が出塁すると、4番石附の右中間真っ二つの2点タイムリースリーベースで先制。続く5番中野のタイムリーなど高飛車が怒涛の打者11人の攻撃で初回7得点挙げた。その後1番春山のツーランホームランなど毎回得点を積み重ねた。ブリジストンもスリーベースと内野ゴロで意地を見せるが、11−1の5回コールドで試合を決した。高飛車先発の安田は5回投げ、2安打1失点の相手を寄せ付けない素晴らしいピッチングだった。
             2年ぶりの白星を挙げた 高飛車
【相手チームへ一言】
(ブリヂストン本社野球部)
(高飛車)
試合して頂きありがとうございました。
見事に打ち砕かれました。
3年連続グランド及び審判手配していただきありがとうございました。また機会ありましたら末永い付き合いよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Registers 3 8 アンバージャック 5月7日(豊島総合体育場)
【本部コメント】
アンバージャックが開幕2連勝!上位対決を制し首位浮上!!
【試合内容】
先制したのはアンバージャック。初回、1死3塁の場面で内野ゴロの間に1点を先制。その後も相手のミスに加え、1番吉松のマルチヒット、高橋の長打などで点を重ね、終盤にも相手のエラーもありRegistersを突き放す。Registersは6回に2点を返し、最終回にも得点を挙げるも時すでに遅し。再三得点圏にランナーを進めるもあと1本が出ず、得点を伸ばすことができなかった。Registersピッチャーの観田は、130球を超える力投を見せたが、アンバージャック打線を抑えることができず、8-3でアンバージャックが勝利した。
             2連勝を飾った アンバージャック
【相手チームへ一言】
(Registers)
(アンバージャック)
対戦ありがとうございました。
グランド手配、審判手配ありがとうございました!
今後とも、よろしくお願いいたします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
アンバージャック 3 0 西口オマリーズ 4月30日(多摩川緑地)
【本部コメント】
ミスを逃さず集中攻撃!アンバージャックが投手戦を制し白星スタート!!
【試合内容】
先攻の西口オマリーズは、アンバージャックの先発・安本からなかなかチャンスを作れず苦しい展開。一方、後攻のアンバージャックも再三、得点圏にランナーを出すもあと一本が出ず、両チーム緊迫した投手戦が続いた。均衡を破ったのは5回。アンバージャックは2つのフォアボールを選ぶと、その後西口オマリーズのワイルドピッチとエラーで2点を先制。さらに4番・杉野のタイムリーで1点を追加し、この回ついに3点を奪った。最終回、西口オマリーズは先頭打者がヒットで出塁するも後続が続かず、そのままゲームセット。3対0でアンバージャックが今季のヴィクトリアリーグ初戦を白星で飾った。
             白星スタートを切った アンバージャック
【相手チームへ一言】
(アンバージャック)
(西口オマリーズ)
この度は、ありがとうございました。緊張感のある良い試合ができました。また機会がございましたら、ぜひ宜しくお願いします。
グラウンドの確保及び審判の手配ありがとうございました。
楽しく試合をすることができました。また機会がありましたら宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Registers 10 5 高飛車 4月16日(豊島体育場)
【本部コメント】
観田が気迫の完投勝利!Registersが大量10得点で今季初勝利!
【試合内容】
先攻高飛車、後攻Registersで始まったこの試合。Registersは初回を三者凡退で切り抜けたその裏、連打と四球でランナーを貯め5番塩浦のタイムリーで2点先制。 尚も高飛車先発の磯崎を攻めこの回5得点。2回にも追加点を重ねこのままゲームを決めるかと思われた3回、高飛車が2死ながら1.3塁のチャンスを作ると、3番石附がセンターオーバーの3ベースで2点を返し、さらに相手のエラーもあり2点差に追い上げる。しかしRegistersはこの後も着実に得点を重ね、投げては先発観田が最後3者連続三振で試合に幕を下ろした。10対5でRegistersが今季Victoria初勝利を手にした。
             今季初白星を挙げた Registers
【相手チームへ一言】
(Registers)
(高飛車)
この度は遠征して頂きありがとうございます。
今後、機会がございましたらまた対戦宜しくお願いします。
対戦ありがとうございました。
審判、グランド等手配ありがとうございました。
また機会があればよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブリヂストン本社野球部 5 4 Registers 4月2日(ブリヂストン小平G)
【本部コメント】
初タイトルを狙うブリヂストン本社野球部が逆転で初戦を飾る!!
【試合内容】
先攻Registers、後攻ブリヂストン本社野球部で始まったこの試合。先手を取ったのはRegisters。初回、得点圏にランナーを置くと3番平野が相手のエラーを誘い先制。尚もチャンスで5番徳本のタイムリー等でこの回3得点。しかし、3回にブリヂストン本社野球部も2死2.3塁から4番中村の2点タイムリーで1点差に追い上げる。両チーム互いに点を取り合い4-3、Registers1点リードで迎えた5回。ブリヂストン本社野球部、先頭の阿部がレフト前ヒットで出塁するとまたも中村が今度は左中間を破るランニング2ランで逆転に成功。Registersは最終回に2死ながら2.3塁のチャンスを作るも途中出場の松島がセンターフライに倒れゲームセット。ブリヂストン本社野球部がRegistersを猛追し、接戦をものにした。
             初戦を白星で飾ったブリヂストン本社野球部
【相手チームへ一言】
(ブリヂストン本社野球部)
(Registers)
良い試合でした。今後ともよろしくお願いします。
グラウンド、審判の手配ありがとうございました。
白熱した試合展開でとても楽しかったです。
また、機会がございましたら宜しくお願いします。