TOP > Victoriaリーグ4部(2017年) > 成績表(Cブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 1 0 0 3 9 1
2 1 0 0 3 2 0
3 1 0 0 3 4 3
4 0 1 0 0 0 2
5 0 2 0 0 4 13
-            
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Cブロック星取表
   
 
 
 

0-2
 
 
 
 
 
 
 
3-4
 
 

1-9
 
 
③ BEANS
 
 

4-3
   
 
 
 
 
 
④ VICCESS

2-0
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 

9-1
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
セブンホイールズ 0 2 VICCESS 4月23日(大原公園)
【本部コメント】
初陣対決をVICCESSが制す!粘るセブンホイールズ振り切り白星スタート!!
【試合内容】
先攻セブンホイールズ、後攻VICCESSでプレイボール。1回表、セブンホイールズは2番豊田がレフト前ヒットで出塁し4番江戸が四球を選び2アウト1,2塁も、5番藤原が見逃し三振に終わり得点ならず。1回裏、VICCESSは先頭永田が左中間へツーベースを放ち、2アウト3塁から4番青山が右中間へのタイムリースリーベースで1点先制!2回表、セブンホイールズは6番松丸が四球を選びすかさず盗塁。キャッチャーの送球が逸れる間に3塁へ進むも後続が投フライと三振でランナーを返せず。2回裏、VICCESSは先頭の6番大山がレフト前ヒット、7番重見が死球でノーアウト1,2塁、8番早川が送りバントを決めて1アウト2,3塁のチャンス。9番鷲谷のショートゴロで3塁ランナー突入もタッチアウト。1番永田の強烈なサードライナーを3塁手藤原がはじくも落ち着いて1塁でアウトにし無得点。両チームとも毎回のようにチャンスは作るがあと一本が出ず迎えた6回裏、VICCESSは5番馬淵がセンター前ヒットを放ち、センターが後逸する間に2塁へ。6番大山がライト前ヒットを放つも好返球で3塁ストップ。2アウト後、代打山口が死球を選び満塁とすると、1番永田が四球を選び押し出しで1点を追加。連打と死球で満塁から押し出し四球でVICCESSが1点を追加!粘るセブンホイールズも最終回、2アウトから9番堀、1番渡部の連打で一打同点の場面を作るも得点できず、VICCESSが2-0で逃げ切った!
             白星スタートを切った VICCESS
【相手チームへ一言】
(セブンホイールズ)
(VICCESS)
昨年度、準決勝まで勝ち上がった実力は本物でした。バッテリーを中心にまとまっていて、ここぞという場面で好守も飛び出し良いチームだと思いました!青山様初めVICCESSのメンバーの皆様。この度は、遠征していただきありがとうございました。
豊田様、セブンホイールズの皆さまグラウンド確保、審判手配ありがとうございました。前日の雨でグラウンド状態心配されましたが無事消化できて良かったです。良い試合ができました。また機会がありましたら宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
BEANS 4 3 清瀬フェニックス 4月16日(大宮健保)
【本部コメント】
昨年のリベンジへ好スタート!BEANSが白熱のシーソーゲームをサヨナラで制す!
【試合内容】
初回に相手のエラーでBEANSが先制するも、清瀬フェニックスが連打ですぐに同点に追いつく。その後、BEANSが内野ゴロの間に1点を奪い優位に立つも、清瀬フェニックスが5回に3連打で同点に追いつき、さらに6回には3番五味に逆転HRが飛び出し1点勝ち越し。しかし迎えた最終回にドラマが起きた!一死から田中(高)がヒットで出塁し盗塁、続く4番福田は三振に倒れチーム14つ目の三振・・・ここで5番山崎が値千金のタイムリーヒットで同点い追いつき、すかさず盗塁を決め、6番佐藤のショートゴロを悪送球の間に二塁ランナー山崎が生還しサヨナラ勝ち。1点を争うシーソーゲームをBEANSが制した!
             劇的同点打を放った 山崎選手
【相手チームへ一言】
(BEANS)
(清瀬フェニックス)
1点を争う試合ありがとうございました。
また機会ありましたら宜しくお願い致します。
審判の手配等ありがとうございました。
また、今後も練習試合などよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
新座オーキーズ 9 1 清瀬フェニックス 3月19日(大和田運動場)
【本部コメント】
新座オーキーズがリベンジへ好スタート!渡邉が圧巻の投球を見せ白星発進!!
【試合内容】
新座オーキーズは初回から小刻みに得点を重ね、10安打12盗塁で9得点。足を有効に使い得点した。投げては先発渡邉が相手打線を2安打、10奪三振の好投で勝利を呼び込んだ。9対1で新座オーキーズが白星スタートを飾った。
             開幕戦を白星で飾った 新座オーキーズ
【相手チームへ一言】
(新座オーキーズ)
(清瀬フェニックス)
清瀬フェニックス根岸様、選手の皆様。遠征していただきありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
オーキーズ様、グランド、審判の手配等大変ありがとうございました。機会がありましたら練習試合などよろしくお願いします。