TOP > Victoriaリーグ4部(2017年) > 成績表(Cブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 3 0 1 10 39 23
2 2 1 1 7 16 21
3 1 1 1 4 22 15
4 1 3 1 4 21 35
5 1 0 0 3 4 3
6 0 3 0 0 9 14
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Cブロック星取表
 
4-5
 
 

0-2
 
 

5-7

5-4
 
3-4

3-3

1-9

9-15
③ BEANS
 
 

4-3
   
 
 
 
 
 
④ VICCESS

2-0

3-3
 
 
 
8-7

3-11
 
 

9-1
 
 

7-8
 
6-6

7-5

15-9
 
 

11-3

6-6
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京ステイドリームクラブ 15 9 清瀬フェニックス 6月18日(大原公園)
【本部コメント】
強力打線を誇る東京ステイドリームクラブが4戦負け無しで首位をキープ!!
【試合内容】
先攻・東京ステイドリームクラブ、後攻・清瀬フェニックス。初回、1番石巻が死球で出塁。すぐさま盗塁、その後2番齋藤の犠牲フライ、石巻三塁へ。3番樋口四球からの二盗、1アウト三塁二塁。4番佐藤の犠牲フライにより先取点。その後、矢嶋・加川・境谷・菅野の敵失、単打により初回4点と好スタート。その裏、先発は加川。先頭打者に二塁打を打たれるも、二人を打たせて取りセンターの好守にも助けられ失点0。二回表、齋藤が死球で出塁。二盗、三盗、それを阻止しようとした捕手の悪送球によりホームへ足だけで生還。1点追加。その裏フェニックスの攻撃、6番柴の安打-盗塁-ワイルドピッチ、四球で1アウト三塁一塁。一塁ランナー盗塁に対して送球の間に三塁ランナーが生還。1点を返す。三回裏、2番森田の四球、3番小坂のツーランHRにより2点返し、5−3。ステイは四回以降も攻撃の手を緩めず、9安打、盗塁、相手のエラーがらみで10点を追加。四回からは渡邊がマウンドに上がり、六回まで2安打4四死球で三塁まで走者を進める場面もあったが、危な気ながらも失点0に抑える。最終回裏、6番柴の安打から始まり、ピッチャー渡邊の投球が乱れ連続四死球、エラーがらみで4失点。齋藤にピッチャーに代わるも流れは変わらず、4番広江にタイムリーツーベースを打たれ、更に2失点。その後3人で抑え、15−9でステイドリームクラブが辛勝。
【相手チームへ一言】
(東京ステイドリームクラブ)
(清瀬フェニックス)
この度は県境を超え、遠征ありがとうございました。雨の中、お疲れ様でした。土砂降りになるか心配でしたが、何とか無事最後まで出来て良かったです。今後とも何卒、宜しくお願い致します。
東京ステイドリームクラブの皆さま、グランド、審判の手配等大変ありがとうございました。完敗です。今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
VICCESS 3 3 清瀬フェニックス 5月28日(浮間公園)
【本部コメント】
VICCESS首位浮上ならず!白熱のシーソーゲームはドロー決着!!
【試合内容】
先攻清瀬フェニックス柴、後攻VICCESS小川の両先発で試合開始。1回表、清瀬フェニックスが四球、ワイルドピッチなどで2点をあげた。その裏にVICCESSも高橋、青山の連続タイムリーですぐさま2点を返し、さらに2回裏に押し出しによる1点を追加しあっさり逆転。清瀬フェニックスは5回までランナーを出すものの後続が続かず無得点。しかし6回表、2死からヒットやエラーで1点を返し何とか同点に追いつく。その裏、VICCESSの攻撃は3人で終わり、6回時間切れ引き分けとなった。
【相手チームへ一言】
(VICCESS)
(清瀬フェニックス)
根岸様、清瀬フェニックスの皆さま昨年に続き対戦ありがとうございました。また対戦する際は宜しくお願い致します。
VICCESSの皆さま、グランド、審判の手配等大変ありがとうございました。もう少し時間があれば良かったのですが、、、今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京ステイドリームクラブ 6 6 新座オーキーズ 5月28日(大瀬運動公園)
【本部コメント】
オーキーズ逃げ切り失敗!東京SDCが終盤に追いつき両者痛み分け!!
【試合内容】
新座オーキーズは初回、押し出しで先制すると、二回にはヒットと四球でチャンスを作り2番西野のタイムリーで2点を追加する。1点返されるも4回に押し出しと相手エラーもあり3点を追加する。しかし、6回に東京ステイドリームクラブ打線に捕まり、タイムリーや内野ゴロの間に4失点と1点差に詰め寄られると、最終回に犠牲フライを打たれ同点で終了。6対6の引き分けとなった。
【相手チームへ一言】
(東京ステイドリームクラブ)
(新座オーキーズ)
この度は遠征して頂きありがとうございました。緊張感のある試合、楽しかったです!また機会があれば宜しくお願いします!
東京ステイドリームクラブ 渡邉様、選手の皆様。対戦並びに球場、審判の手配ありがとうございました。すばらしいチーム様と対戦でき良い経験になりました。今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
セブンホイールズ 4 5 清瀬フェニックス 5月21日(サンスポ)
【本部コメント】
4年ぶりのライバル対決はまたしても清瀬フェニックスが辛勝!!
【試合内容】
先攻セブンホイールズ、後攻清瀬フェニックスで試合開始。1回表、セブンホイールズは1番渡部がエラーで出塁し3塁まで進塁。2、3番が倒れるも4番江戸が内野安打で1点を先制。反撃したい清瀬フェニックスは1回裏、1番小島が内野安打。2番鈴木がレフトオーバーの2塁打を放ち同点。更に4番柴が死球。5番小坂(国)の内野安打で逆転。6番小坂(拓)が2塁打で3点。7番森田のセカンドゴロの間に1点を追加し4点を取る。2回表、6番伊藤がセンター前ヒット。2アウト後、9番小檜、1番渡部、2番末吉が3連打を放ち、セブンホイールズが4対4の同点に追い付く。その後、両者チャンスは作るものの無得点が続くが、迎えた終盤にようやくゲームが動く。6回裏、清瀬フェニックスは9番渡部がライト前ヒットを放ち盗塁成功。1アウト後、2番鈴木がレフト前タイムリーを放ち、待望の1点を勝ち越す。7回表、セブンホイールズも1アウトから3番原が左中間を破る2ベースを放つも、またしても後1本が出ず試合終了。5対4で清瀬フェニックスが勝利を納めた。
             タイムリーを放った 小坂(拓)選手
【相手チームへ一言】
(セブンホイールズ)
(清瀬フェニックス)
2013年以来の対戦楽しみにしておりました。その時の記録を確認しましたら5対6で敗戦でしたが、その時のコメントがチームを鍛えてリベンジしたいと書いておりましたが、4年経って実現しましたが今回も返り討ちにあったようです…。次こそは、3度目の正直で勝ちたいと思います!お互いこれからも若手に負けず草野球を楽しみましょう。今回も遠征していただきありがとうございました!
セブンホイールズ様、グランド、審判の手配等大変ありがとうございまいた。今後とも野球はもちろんですが、いろいろと交流をお願いします。ぜひ目黒でですね。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京ステイドリームクラブ 11 5 VICCESS 5月21日(大原公園)
【本部コメント】
11得点の猛攻!東京ステイドリームクラブが2連勝で首位奪取!!
【試合内容】
先行・VICCESS、後攻・東京ステイドリームクラブ。東京ステイドリームクラブのピッチャーは先発渡邊、5回から齋藤。マスクは1試合大森が被った。先発渡邊は初回、2番にツーベース、4番早川にタイムリーを打たれるも失点1、初回最少失点に抑える。その裏、1番石巻四球で出塁。二盗後、パスボールの隙をみて三盗、捕手の暴投でホームへ。足だけで生還。その後、4番佐藤が四球を選び、齋藤が続きタイムリーで逆転。2回表、渡邊は三者凡退に抑えその裏、東京ステイドリームクラブのビックイニングとなる。6番大森の死球から始まり、ピッチャー高橋に代わるも、代わりっぱなを7番矢嶋がタイムリーツーベース。その後、桑村、渡邊が四球を選び、石巻、柴田、樋口の内安打、佐藤の四球、極めつけの大森、矢嶋のタイムリーツーベース。8点の追加点。3回表、2被安打1死球で2点を失うが、4回は三者凡退に抑える。その裏、4番5番と抑えられた2アウトから、大森、矢嶋の連続安打、表から桑村と交代した井上のタイムリーでダメ押しの追加点。5回からは齋藤がマウンドに上がり、安定のピッチング。1被安打0失点でピシャリと抑え、3−11で東京ステイドリームクラブが待望の2勝目を挙げる。VICCESSは昨年から数え予選初黒星。上位対決を制した東京ステイドリームクラブが2連勝でグループCの首位に浮上!
【相手チームへ一言】
(東京ステイドリームクラブ)
(VICCESS)
この度は先月に続き、遠征をして頂きありがとうございました。32℃もなった炎天下の中お疲れ様でした。バッターもピッチャーもレベルが高く、とても緊張感のある試合だったと思います。青山様、当日への引き継ぎありがとうございました。また機会がありましたら、お手合わせ宜しくお願いします。
渡邊様、東京ステイドリームクラブの皆様グラウンドの手配、審判手配等ありがとうございました。序盤からみっともない試合にしてしまい申し訳ありませんでした。また機会がありましたら宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京ステイドリームクラブ 7 5 セブンホイールズ 5月14日(大原公園)
【本部コメント】
序盤の劣勢を撥ね除けた東京SDCが逆転勝利でVictoria初陣を飾る!!
【試合内容】
先攻セブンホイールズ、後攻東京ステイドリームクラブで試合開始。東京ステイドリームクラブにとってはVictoriaリーグの初戦、初回から点取り合戦となった。先発渡邊は序盤から、詰めが甘いピッチング。1回表、セブンホイールズは2アウト後3番原、4番藤原が連打。5番中澤が四球を選び、6番小野、7番松丸に連続タイムリーが飛び出し2点先制。しかしその裏、東京ステイドリームクラブは1番石巻がヒットで出ると、柴田デッドボール、樋口の右中間のタイムリーツーベース、続く佐藤のタイムリーで3点を返す。2回表、9番堀が3ベースを放ち1番渡部のレフトへの犠牲フライでセブンホイールズが同点に追い付く。3回裏、4番齋藤の二塁打、5番佐藤のタイムリーで1点を返し東京ステイドリームクラブが再び逆転。4回表、セブンホイールズは2アウトから1番渡部がセンター前ヒットと連続死球で満塁とし、4番藤原、5番中澤に連続タイムリーが飛び出し逆転に成功する。東京ステイドリームクラブは5回から山口がマウンドに上がる。フォアボールとデッドボールで満塁になるも、一つもヒットを許さず0点に抑える。1点ビハインドのその裏、2番柴田の内安打、樋口のタイムリーツーベース、齋藤の内安打、佐藤のチームバッティングにより逆転、3点を追加したところで時間が来てしまいゲームセット。東京ステイドリームクラブが7-5で初戦をモノにした。
【相手チームへ一言】
(東京ステイドリームクラブ)
(セブンホイールズ)
セブンホイールズ様、本日はお手合わせありがとうございました。前日の雨で試合が出来るかどうか心配でしたが、開催出来て良かったです。豊田様、沢山のメールのやり取りありがとうございました。本日の試合で、脚を怪我されてしまった方が心配です。早く良くなる事を願っております。次は区切りの良い所まで試合をしたいですね。またのお手合わせをお願いしたいと思っております。ありがとうございました。
前日かなり雨が降ったので開催出来て良かったです。渡邊様にはグラウンド状況等確認して細目にご連絡いただき助かりました。又、怪我人のお心遣いいただきありがとうございます。診断結果は、靭帯断裂の重傷となってしまいましたが、真剣勝負の場での不可抗力ですので、お気になさらないでください。本人も完治した際には是非再戦したいと言っておりますので今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
新座オーキーズ 7 8 VICCESS 4月30日(野火止運動場)
【本部コメント】
VICCESSが開幕2連勝!4点差をひっくり返し首位攻防戦を制す!!
【試合内容】
先攻新座オーキーズ渡邊、後攻VICCESS戸嶋の両先発で試合開始。初回、オーキーズは3安打で2点を先制!対するVICCESSもその裏、犠飛で1点を返す!3回表、オーキーズは3連打で2点を追加しリードを広げるが、VICCESSもすぐさまタイムリー等で2点を返し、序盤から点の取り合いになる。5回表、オーキーズは3番富永の特大ホームランで1点を追加し、さらに2、3塁から渡邊がライトへの2点タイムリーを放ち4点差にリードを広げる!粘るVICCESSもその裏タイムリーで1点を返し、3点差で迎えた最終6回裏にVICCESSはオーキーズ2番手西野を攻め満塁から内野ゴロで1点を返す。さらに連続タイムリーで追い付くと最後は石川がセカンドへのタイムリー内野安打を放ち、4点差をひっくり返したVICCESSが8-7のサヨナラ勝ち!
             サヨナラ打を放った 石川選手
【相手チームへ一言】
(新座オーキーズ)
(VICCESS)
VICCESS青山様、選手の皆様。遠征いただきありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
榎本様、オーキーズの皆様グラウンドの手配、審判手配等ありがとうございました。前日の雨でゆるくなったところを試合前整備していただきありがとうございました。荒れた試合になりましたがまた機会がありましたら宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
セブンホイールズ 0 2 VICCESS 4月23日(大原公園)
【本部コメント】
初陣対決をVICCESSが制す!粘るセブンホイールズ振り切り白星スタート!!
【試合内容】
先攻セブンホイールズ、後攻VICCESSでプレイボール。1回表、セブンホイールズは2番豊田がレフト前ヒットで出塁し4番江戸が四球を選び2アウト1,2塁も、5番藤原が見逃し三振に終わり得点ならず。1回裏、VICCESSは先頭永田が左中間へツーベースを放ち、2アウト3塁から4番青山が右中間へのタイムリースリーベースで1点先制!2回表、セブンホイールズは6番松丸が四球を選びすかさず盗塁。キャッチャーの送球が逸れる間に3塁へ進むも後続が投フライと三振でランナーを返せず。2回裏、VICCESSは先頭の6番大山がレフト前ヒット、7番重見が死球でノーアウト1,2塁、8番早川が送りバントを決めて1アウト2,3塁のチャンス。9番鷲谷のショートゴロで3塁ランナー突入もタッチアウト。1番永田の強烈なサードライナーを3塁手藤原がはじくも落ち着いて1塁でアウトにし無得点。両チームとも毎回のようにチャンスは作るがあと一本が出ず迎えた6回裏、VICCESSは5番馬淵がセンター前ヒットを放ち、センターが後逸する間に2塁へ。6番大山がライト前ヒットを放つも好返球で3塁ストップ。2アウト後、代打山口が死球を選び満塁とすると、1番永田が四球を選び押し出しで1点を追加。連打と死球で満塁から押し出し四球でVICCESSが1点を追加!粘るセブンホイールズも最終回、2アウトから9番堀、1番渡部の連打で一打同点の場面を作るも得点できず、VICCESSが2-0で逃げ切った!
             白星スタートを切った VICCESS
【相手チームへ一言】
(セブンホイールズ)
(VICCESS)
昨年度、準決勝まで勝ち上がった実力は本物でした。バッテリーを中心にまとまっていて、ここぞという場面で好守も飛び出し良いチームだと思いました!青山様初めVICCESSのメンバーの皆様。この度は、遠征していただきありがとうございました。
豊田様、セブンホイールズの皆さまグラウンド確保、審判手配ありがとうございました。前日の雨でグラウンド状態心配されましたが無事消化できて良かったです。良い試合ができました。また機会がありましたら宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
BEANS 4 3 清瀬フェニックス 4月16日(大宮健保)
【本部コメント】
昨年のリベンジへ好スタート!BEANSが白熱のシーソーゲームをサヨナラで制す!
【試合内容】
初回に相手のエラーでBEANSが先制するも、清瀬フェニックスが連打ですぐに同点に追いつく。その後、BEANSが内野ゴロの間に1点を奪い優位に立つも、清瀬フェニックスが5回に3連打で同点に追いつき、さらに6回には3番五味に逆転HRが飛び出し1点勝ち越し。しかし迎えた最終回にドラマが起きた!一死から田中(高)がヒットで出塁し盗塁、続く4番福田は三振に倒れチーム14つ目の三振・・・ここで5番山崎が値千金のタイムリーヒットで同点い追いつき、すかさず盗塁を決め、6番佐藤のショートゴロを悪送球の間に二塁ランナー山崎が生還しサヨナラ勝ち。1点を争うシーソーゲームをBEANSが制した!
             劇的同点打を放った 山崎選手
【相手チームへ一言】
(BEANS)
(清瀬フェニックス)
1点を争う試合ありがとうございました。
また機会ありましたら宜しくお願い致します。
審判の手配等ありがとうございました。
また、今後も練習試合などよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
新座オーキーズ 9 1 清瀬フェニックス 3月19日(大和田運動場)
【本部コメント】
新座オーキーズがリベンジへ好スタート!渡邉が圧巻の投球を見せ白星発進!!
【試合内容】
新座オーキーズは初回から小刻みに得点を重ね、10安打12盗塁で9得点。足を有効に使い得点した。投げては先発渡邉が相手打線を2安打、10奪三振の好投で勝利を呼び込んだ。9対1で新座オーキーズが白星スタートを飾った。
             開幕戦を白星で飾った 新座オーキーズ
【相手チームへ一言】
(新座オーキーズ)
(清瀬フェニックス)
清瀬フェニックス根岸様、選手の皆様。遠征していただきありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
オーキーズ様、グランド、審判の手配等大変ありがとうございました。機会がありましたら練習試合などよろしくお願いします。