TOP > Victoriaリーグ2部(2020年) > 成績表(決勝トーナメント)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
※ 各ブロック上位チームが決勝トーナメント進出
ワイルドカード枠 →【順位確定について】
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ハリウッド 7 6 ブレーブス 9月27日(天王洲公園)
ハリウッドが3年ぶり初戦突破!ブレーブスは土壇場で追いつくも劇的幕切れ!!
【試合内容】
先攻ブレーブス、後攻ハリウッドで試合開始。1回表、ハリウッド先発鈴木はテンポ良く三者凡退で抑える。1回裏、ハリウッドはブレーブス先発山口に対し1番下牧がヒットで出塁、失策と四球で無死満塁で4番榎本を迎える。ここでボテボテのゴロが敵失を誘いハリウッドが1点先制し、なおも無死満塁。続く5番工藤が初球を叩き走者一掃のタイムリースリーベースを放つ。さらに6番郷原もタイムリーで続き、ハリウッドが鮮やかに初回で5点を先制する。ハリウッド鈴木はブレーブス打線を4回までノーヒットに抑える。一方ブレーブス山口も2回以降は立ち直り無失点を続ける。ブレーブスの反撃開始は5回表、5番吉添が痛烈なレフトオーバーでチーム初ヒットを放つと、6番石津がライトオーバーの特大ホームランで2点を返す。5回裏、ハリウッドは二死から四球で出塁した走者を7番古箭がタイムリースリーベースで還し、貴重な追加点を奪う。時間により最終回となった6回、ブレーブスは驚異の粘りを見せる。ハリウッドの連続エラーで作ったチャンスに、途中出場の村山、さらには9番石井のタイムリーなどで4点を奪い土壇場で追いつく。最終6回裏、ブレーブスは山口から冨岡に継投。ハリウッドは1番下牧がフルカウントから四球を選び出塁すると、2番吉田が犠打を決める。3番下山田がヒットでつなぎ一死三塁で4番榎本となる。ブレーブスは前進守備を敷き、緊張が極度に高まるなか、ブレーブスに痛恨のバッテリーエラーが出て下牧が生還。7対6でハリウッドの勝利となった。 (取材写真はこちら
【相手チームへ一言】
(ハリウッド)
(ブレーブス)
対戦ありがとうございました。お互いミスから失点し、反省点も多くあるかとは思いますが、試合展開としては白熱した素晴らしい内容でした。ホームランを打った選手がケガで交代するアクシデントもありながら、交代選手がタイムリーを放つ底力は驚異でした。是非また対戦させてください。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
わりと平和主義 3 8 和田町ヤンキース 9月27日(金沢産業)
岡村の決勝打に平田が気迫の好投!予選ドローのFブロック対決は和田町に軍配!!
【試合内容】
3回表、和田町ヤンキースは北川のホームランで先制する。対するわりと平和主義はその裏、2番3番の連続タイムリーであっさりと逆転に成功する。和田町は5回表、2アウト3塁から北川のタイムリー内野安打で同点とする。投げては平田が粘りのピッチングで延長サドンデスへ。8回は互いに1点を取り合い、迎えた9回。和田町は2アウトから岡村の打球がラッキーな形で内野安打となり、2点を勝ち越し。さらに本郷のレフトオーバーの2塁打、佐藤の内野安打で3点を追加し、5点をリードする。その裏の攻撃も平田が封じ、ベスト8進出を決めた。
【相手チームへ一言】
(わりと平和主義)
(和田町ヤンキース)
粘り強い投手と守備に完敗です。
対戦ありがとうございました。
白井様、わりと平和主義のみなさま、グランド、審判手配ありがとうございました。投打ともに素晴らしいチームと対戦できたことに感謝いたします。今後ともよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BOOOOON 0 1 La.Men 9月27日(大宮健保)
高際の決勝打に長濱が1安打完封!La.MenがWカードからの下剋上へ好スタート!!
【試合内容】
先攻BOOOOON、後攻 La.Menでプレイボール。1回裏、La.Men1番中瀬がセンター前で出塁し、その後2アウト2塁にすると4番大島がライト前ヒットを放つが、ライトの好返球で本塁阻止される。試合が動いたのは3回裏、9番菅谷がヒットで出ると2番高際のライト前で菅谷が好走塁をみせ、La.Menが先制する。その後は長濱と金子の両投手による投手戦となる。追いつきたいBOOOOONは6回表に四球とヒットでチャンスを作るが、長濱が気迫の投球を見せ無失点で抑える。最終回も死球でランナーを出すが後続を打ち取り、終わってみれば1安打完封でLa.Menが勝利する。
【相手チームへ一言】
(BOOOOON)
(La.Men)
大島様、La.Menの皆様、期限が少ない中対戦ありがとうございました。完敗です。是非私達の分も頑張ってください。今後ともよろしくお願いします。
城野様。チームの皆様。対戦ありがとうございました。グランド・審判手配ありがとうございます。また、練習試合等よろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
漁火 3 1 フューチャーズ 9月27日(大宮健保)
絶対的エース松永が完投勝利!7年越しの悲願を狙う漁火が3年連続の初戦突破!!
【試合内容】
先攻フューチャーズ、後攻漁火で試合が始まる。1回表、漁火先発は松永。初回を3人で抑えて完璧な立ち上がりを見せる。1回の裏、漁火の攻撃。2番石川がセンターオーバーの3塁打でチャンスを広げるも後続が続かず無失点。試合が動いたのは3回裏。漁火は9番高倉が四球で出塁すると、1番片桐、3番四方山が安打でチャンスを作る。4番中野が最低限の犠牲フライを放ち1点を先制する。追加点の欲しい漁火は6回裏、ヒットと四球で出たランナーを6番菅野が絶妙な犠打でチャンスを広げると、7番片桐六の内野ゴロの間に1点を追加する。さらに9番高倉が右二塁打を放ち3-0とする。最終回も松永が続投し、ホームランで1点を失うも最後まで投げ抜き、漁火が3-1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(漁火)
(フューチャーズ)
ありがとうございました。
漁火様、グランドの手配等ありがとうございました。
また、機会がございましたら宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ユキム ハイエンド ボーイズ 1 2 SCRATCH 9月27日(天王洲公園)
山上の完投に藤崎がサヨナラ打!SCRATCHが劇的勝利で2年ぶりの1回戦突破!!
【試合内容】
先攻ユキムハイエンドボーイズ馬場投手、後攻SCRATCH山上投手で試合開始。1回裏SCRATCHは3番加藤選手の3塁打で2死3塁のチャンスを作ると、4番菅原選手のタイムリーで1点を先制する。追いつきたいユキムハイエンドボーイズは3回表、先頭8番中園選手が2塁打で出塁し、9番佐藤選手が送り1死3塁のチャンスを作ると、1番井澤選手のエンドランが決まり同点に追いつく。その後はお互いチャンスを作るも両投手が好投し得点を奪えず、時間により7回からタイブレークに突入。7回表のユキムハイエンドボーイズの攻撃をSCRATCH山上投手が何とか0点に抑える。迎えた7回裏、SCRATCH8番藤崎選手がサード強襲の鋭い打球を放ち、本塁クロスプレーになるも、判定は間一髪セーフ。SCRATCHが2-1と接戦を制し、サヨナラ勝ち。
【相手チームへ一言】
(ユキム ハイエンド ボーイズ)
(SCRATCH)
対戦ありがとうございました。
ユキムハイエンドボーイズ井澤様、日程調整及びグランド手配等していただきありがとうございました。非常に緊迫した試合で楽しめました。また機会がありましたらよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
フェニックス 5 0 Heartland1844 不戦試合
<試合内容>
対戦期限までに対戦が実現せず、対戦オファー数によりHeartland1844の不戦敗。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
マリモーズ 8 4 ONESHOT 9月20日(大宮健保)
蔵田が勝負を決する特大満塁弾!マリモーズがWカードからの下剋上へ好発進!!
【試合内容】
先攻マリモーズ日下、後攻ONESHOT小林の先発で試合開始。初回、ONESHOTはエラーと四球で一死一二塁のチャンスを作ると、4番門口が左中間へ先制タイムリー二塁打を放つ。続く5番小林力のサードゴロの間にさらに1点を追加し、2点先制で初回の攻撃を終える。二回にもONESHOTは9番黒岩のタイムリーで1点を追加し、序盤有利な試合運び。マリモーズは3回に3番松田のタイムリーで1点を返す。その後、両投手が好投し、アップテンポで試合が進む。ONESHOTは再三の好守でマリモーズの追い上げを許さない。そのまま迎えた最終7回マリモーズの攻撃。四球でランナーを貯め、2番関口、3番松田、4番友利の3連続タイムリーでついに試合をひっくり返す。その裏、ONESHOTは途中出場の7番大崎がレフトオーバーのホームランを放ち、同点に追いつく。そのまま同点で7回終了。サドンデスへ突入し迎えた8回表、マリモーズは先頭の蔵田がライトフェンスオーバーの特大満塁弾を放ち、勝負あり。ONESHOTはその裏得点できずゲームセット。
【相手チームへ一言】
(マリモーズ)
(ONESHOT)
ONESHOTの皆様、今回は遠征ありがとうございました。
どの打者も振りが鋭く、強打者揃いでした。また次回対戦でもしびれる試合をお願いします。
グランド、審判の手配など、ありがとうございました。
また機会ありましたら、宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
黒百合 1 4 アンバージャック 9月13日(石神井公園B)
ファイナル経験チーム同士の注目対決!アンバージャックが逆転勝利で1回戦突破!!
【試合内容】
先攻・黒百合、後攻・アンバージャックで試合開始。試合は初回から動く。先攻の黒百合は、2番の四球とワイルドピッチでチャンスを作ると、3番のライト前ヒットで1点を先制する。対するアンバージャックも初回、四球とヒットでチャンスを作れば、5番のレフト前ヒットで1点を返す。さらに3回、アンバージャックは3番・4番の連続ヒットでチャンスを作ると、相手のパスボールと6番のライト前ヒットで2点を追加。5回にもヒットで出塁したランナーを7番のセンター前ヒットで返し、コンスタントに点を稼いだ。対する黒百合は、2回にもチャンスを作るものの得点には繋がらず、その後も好捕にも阻まれるなどチャンスを作ることができず、そのままゲームセット。アンバージャックが決勝トーナメント1回戦を突破した。
【相手チームへ一言】
(黒百合)
(アンバージャック)
酒井様、対戦ありがとうございました、とても素晴らしい投手と良い振りの打撃陣強かったです、引続き頑張ってください。
黒百合様、この度は早々にグランドや審判の手配をいただき、ありがとうございました。非常にまとまりのあるチームで勉強になりました。また機会がございましたら、ぜひ対戦をよろしくお願いします。