TOP > Victoriaリーグ2部(2020年) > 成績表(Aブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 0 0 6 15 8
2 1 1 0 3 9 9
3 0 1 0 0 3 4
4 0 1 0 0 3 9
-            
-            
-            
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Aブロック星取表
   
 

3-9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 

9-3
 
 
   
 
 
 

6-5
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 

5-6
 
 
 
 
 
4-3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

3-4
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
とん吉 6 5 ブレーブス 3月22日(小豆沢野球場)
とん吉が劇的サヨナラ勝利!見事ダブルヘッダー連勝を飾り首位スタート!!
【試合内容】
ブレーブス先攻、とん吉後攻でプレイボール。ブレーブスは初回、2アウトから連続四死球でチャンスを作るも無得点。とん吉も四球とバッテリーエラーで1塁3塁とチャンスを迎えるも無得点。ブレーブスは2回、2アウトから8番打者がライトへのホームランを放ち先制する。その裏とん吉は、連続ヒットと四球で満塁とし、2番打者が押し出し四球を選び同点に追いつく。3回とん吉は連続四死球と内野安打で満塁とし、7番打者がレフトへ走者一掃のタイムリー2塁打を放ち3点を奪う。ブレーブスは5回、2番打者がセンターにホームランを放ち1点を返す。時間の都合で最終回となった6回、ブレーブスは四球とヒットでチャンスを作り、7番打者が逆転の3ランホームランを放つ。その裏とん吉の攻撃は、先頭が倒れるも9番打者が死球で出塁、1番2番が連続ヒットで同点とすると、続く3番打者のファーストゴロがエラーを誘いサヨナラ勝ちを決める。
【相手チームへ一言】
(とん吉)
(ブレーブス)
ブレーブスの皆様、吉添様、対戦ありがとうございました。また宜しくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
とん吉 9 3 情熱チキン 3月22日(小豆沢野球場)
土方の同点打に野尻のダメ押し満塁弾!とん吉がリーグ初陣を逆転で制す!!
【試合内容】
先攻・とん吉加藤、後攻・情熱チキン川村の先発でプレイボール。とん吉は2回2アウトながら2塁3塁とするも無得点。3回まで両投手が好投し0対0。試合が動いたのは4回、ここまで1人のランナーも出せていなかった情熱チキンは、先頭が倒れるも続く2番柿内がセンターオーバーの2塁打を放ちチャンスを作ると、2アウトから4番長尾が右中間にホームランを放ち2点を先制する。追いつきたいとん吉は5回、0アウト1塁2塁とチャンスを作るも、送りバントがフライになり2塁ランナーが戻れずゲッツー。しかし1塁ランナーが盗塁を決めて2塁とし、2番打者が内野安打と盗塁で2アウト2塁3塁とする。3番打者がライト前にヒットを放ち1点を返し、2塁ランナーもホームを狙うもタッチアウトとなる。その裏情熱チキンは先頭がヒットで出塁しワイルドピッチで2塁へ。内野安打で1塁3塁となり、続く打者のライトフライがエラーで1点を追加。後続はとん吉投手が踏んばり得点を許さず。とん吉は6回に1アウトながら連続ヒットと連続四球で1点を返し、最終回へ。疲労が隠せないチキン川村投手へとん吉打線が襲い掛かり、3番土方のタイムリーで同点、押し出しで勝ち越すと、1番野尻選手の満塁本塁打で勝負あり。大量7得点を奪い9対3でとん吉が勝利した。
【相手チームへ一言】
(とん吉)
(情熱チキン)
情熱チキンの皆様、対戦ありがとうございました。
また対戦宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。最後力尽きました…。
また決勝トーナメントと戦えるよう頑張ります。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
TOKYO NAVYSEALS 3 4 ブレーブス 3月1日(砧公園)
2年連続予選L無敗のブレーブスが白星発進!NAVYSEALSは惜敗も実力を示す!!
【試合内容】
先攻ブレーブス、後攻TOKYO NAVYSEALSで試合開始。1.2回と両者無得点に終わり、3回表に1番石川のタイムリー三塁打でブレーブスが先制。追いつきたいNAVYSEALSは4回裏、壹貫田の左前タイムリーで同点に追いつく。しかし6回表、ブレーブスは6番村山が本塁打を放ち3点を奪い引き離す。その裏、NAVYSEALSは郷家の中前タイムリー、壹貫田の右犠牲フライで2点を返すも及ばず。最後は先発冨岡が抑え、4-3でブレーブスが勝利した。NAVYSEALS先発浜中は、7回被安打4、4失点。
【相手チームへ一言】
(TOKYO NAVYSEALS)
(ブレーブス)
本日は遠方からお越しいただきありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
壹貫田様、TOKYO NAVYSEALS一同様対戦の程ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。