TOP > Victoriaリーグ2部(2020年) > 成績表(Eブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 3 0 0 9 18 7
2 2 0 0 6 8 5
3 1 0 0 3 3 0
4 1 2 0 3 16 15
5 0 3 1 1 8 14
6 0 2 1 1 14 26
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Eブロック星取表
   
 
 
 

4-3
 
 

4-2
 
 
 
4-10

5-11
 
 

5-5
③ La.Men
 
 

10-4
 
6-2
 
 

2-1
④ LG

3-4

11-5

2-6
   
 
 
 
⑤ ONESHOT
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3-0

2-4

5-5

1-2
 
 

0-3
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
市川ホーネッツ 5 5 Beachboys 7月26日(江戸川河川敷)
壮絶なシーソーゲームは痛み分け!死のブロックで新星が貴重な勝点獲得!!
【試合内容】
ビーチボーイズ先攻、ホーネッツ後攻で雨の降りしきる中で試合開始。1,2回は静かに進み、3回表ビーチボーイズは8番丹波が2ベースヒット、9番送りバント、3番間渕のセンター前タイムリーで1点先制。ホーネッツは4回裏、2番細原が2ベースヒット、4番橋本兄が内野安打で2アウト1,3塁。ここで5番橋本弟が3ランホームランを放ち逆転。6回表ビーチボーイズは、3番間渕が敵失、4番大竹が2ベースヒットでノーアウト2,3塁とすると、5番渡辺センター前タイムリーを放ち1点。6番倒れ、7番の1塁ゴロの間に1点入り同点。6回裏ホーネッツは、1アウトランナーなしから4番橋本兄四球、5番橋本弟がレフト前ヒット、ここで中継がもたつく間に橋本兄が好走塁でホームイン。さらに6番押川がレフト線への2ベースヒットでチャンスを広げる。しかし、5番橋本弟が3本間の挟殺プレーでアウト。2アウト3塁となり、投手斉藤がワイルドピッチで押川ホームイン。5-3とホーネッツリードで迎えた7回表、9番小松四球、2アウトまで行くも3番間渕が同点2ランホームランを放ち、ビーチボーイズが追いつく。7回裏ホーネッツ無得点でゲームセット。シーソーゲームの結果は引き分け。
【相手チームへ一言】
(市川ホーネッツ)
(Beachboys)
雨が降りしきる中での試合を受けて頂き、本当にありがとうございます。お疲れ様でした。又の機会に是非決着つけましょう。楽しい試合でした。
対戦ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
La.Men 2 1 市川ホーネッツ 7月19日(台東リバーサイド)
La.Menが開幕3連勝で首位快走!ノーヒットで奪った2点を長濱が守る!!
【試合内容】
先攻 市川ホーネッツ、後攻La.Menでプレイボール。市川ホーネッツの1回表を無失点で抑えると、その裏La.Menは4者連続四死球で先制するが、その後ダブルプレーと走塁死でチャンスをものにすることができない。市川ホーネッツは4回表、2番小林がエラーで出ると、4番橋本のライト前ヒットで走者が帰り同点とする。追加点が欲しいLa.Menは5回裏、連続四球でノーアウト1.2塁にすると、9番内田が送りバントを決め、1アウト2.3塁になると1番丸山のエンドランで追加点を奪う。市川ホーネッツはLa.Men先発長濱を最後まで打ち崩すことができず、La.Menはノーヒットながら2-1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(La.Men)
(市川ホーネッツ)
市川ホーネッツの皆様。対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
四死球の多さにご迷惑をお掛け致しました。
球場・審判の手配そして対戦ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
La.Men 10 4 Beachboys 7月12日(台東リバーサイド)
恐るべしLa.Men打線!中西の満塁弾に遠藤のダメ押し弾で快勝飾る!!
【試合内容】
先攻 La.Men、後攻Beach Boysでプレイボール。La.Menの1回表、2番菅谷のヒットを皮切りに遠藤、中瀬(俊)、佐々木のヒットで先制。そのあと四球で満塁になると、9番中西がレフトオーバーの満塁ホームランで初回に7点をとる。その裏、Beach Boysは先頭の斎藤がヒットで出塁するも、ゲッツーでチャンスを作ることができない。2回表に中瀬(俊)の好走塁で追加点を奪う。その裏、先頭をDBで出すと、5番保坂の特大ホームランで2点を返す。さらにリードを広げたいLa.menは、4回表に遠藤のツーランホームランでリードを広げる。Beach Boysは5回裏に四球とヒットで2点を返すが反撃もここまで。10-4でLa.menが快勝する。
【相手チームへ一言】
(La.Men)
(Beachboys)
大竹様。Beach Boysの皆様。対戦ありがとうございました。また、練習試合など宜しくお願い致します。
大島様、この度はありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
市川ホーネッツ 2 4 フューチャーズ 7月12日(荒川河川敷)
フューチャーズが接戦を制し開幕2連勝!ホーネッツの初勝利はお預け!!
【試合内容】
雨が心配される中、先攻フューチャーズ、後攻市川ホーネッツで試合開始。1回表、フューチャーズは1番根本(晃)、2番山中(一)の連続ヒットでチャンスを作る。3番岡田(快)が二塁ゴロで倒れるも、4番中村の左安打で1アウト満塁とチャンスを広げ、5番石山の犠牲飛で1点先制。市川ホーネッツも1回裏に2番の左越本塁打ですぐさま同点に追いつく。その後、4回までゲームはお互い追加点を許さず緊迫した場面が続く。再び試合が動いたのは5回表、フューチャーズは9番山中(直)の左越二塁打でチャンスを作り、1アウト1、2塁で3番岡田(快)の右越二塁打で追加点を取ると、相手のミスなどでこの回3点リード。5回裏に1点追加されるも、なんとか中継ぎ陣が踏ん張り、6回時間切れでフューチャーズの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(市川ホーネッツ)
(フューチャーズ)
雨が心配される中で、無事野球が出来ました。
集中打に完敗です。有難うございました。
市川ホーネッツ様、グランドの手配等して頂き、ありがとうございました。また、対戦する機会がございましたらお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ONESHOT 3 0 市川ホーネッツ 6月21日(東実健保)
ONESHOTが雨天コールド勝ち!2部リーグ昇格初戦で白星スタート!!
【試合内容】
先攻ONESHOT、後攻市川ホーネッツで試合開始。1回表、ONESHOTは1番吉成のセンターへの2塁打でチャンスを作る。その後1死3塁とし、3番久本のファーストゴロがホームへ悪送球となり先制する。3回、6番金杉のセンター前タイムリー、4回久本のレフト前タイムリーで3-0とする。5回表ONESHOT攻撃中、雨脚が強まり、4回を持って試合成立となった。初参戦のホーネッツは、ヒットは出るものの後続が続かず無念の敗戦。試合運びのうまさに見習うところ多々あり。
【相手チームへ一言】
(ONESHOT)
(市川ホーネッツ)
悪天候の中での対戦、またご遠征頂き、有難うございました。
とにかく皆さんフルスイングしてきます。しかし、選球眼の良さからきわどいコースをしっかり見逃され、甘くなったボールを確実にとらえられていました。一枚も二枚も上手のチームでした。しかし、何とかグループ内で食い下がってもう一度対戦できるように頑張りたいと思っています。雨の中、お疲れさまでした。本当にありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
LG 3 4 フューチャーズ 6月21日(篠崎公園A)
根本(晃)が先制弾&決勝打!フューチャーズが今季初戦を白星で飾る!!
【試合内容】
雨が心配される中、先攻フューチャーズ、後攻LGで試合開始。試合は動いたのは1回表、フューチャーズは1アウトから2番根本(晃)の左越え本塁打で1点先制。その後、チャンスを作るも得点ならず。2回表1アウトランナー無しから、8番田口が中前適時打でランナーに出ると、9番岡田のエンドランで1アウト2、3塁とチャンスを作り、1番根本(大)の二塁ゴロの間に1点追加。3回に5番石山の左越え本塁打を放ち3対0とフューチャーズがリード。3回裏にLGが相手のミスから2点を返す。4回表、2番根本(晃)の右前適時打で1点追加。4回裏にLGに1点追加されるも、フューチャーズの中継ぎ陣が踏ん張り強力打線を抑え、フューチャーズの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(LG)
(フューチャーズ)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします!
LG様、グランドの手配等していただき、ありがとうございました。また、対戦する機会がございましたら宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Beachboys 5 11 LG 6月7日(本埜プラザ)
主砲松本が勝負を決する3ラン!LGがダブルヘッダー2戦目を逆転で飾る!!
【試合内容】
Beachboys先攻、LG後攻で試合開始。初回に長打とミスが重なり、Beachboysが2点先制。Beachboysは二回、三回、四回と毎回得点で突き放す。対するLGの攻撃は、二回に1点、三回に3点、四回に1点と四回が終わり5-5と接戦となる。しかしLGは4番松本の3ランを含め五回、六回に6点を追加し、LGが11-5で勝利した。
【相手チームへ一言】
(Beachboys)
(LG)
対戦ありがとうございました。
また宜しくお願い致します。
度重なるグランド、時間変更でご迷惑おかけしました。グランド準備ありがとうございました!またお願いします!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
LG 2 6 La.Men 6月7日(江戸川ライン)
La.Menが投打噛み合い白星スタート!2部昇格初戦で快勝を見せる!!
【試合内容】
先攻La.Men、後攻LGでプレイボール。La.Menは1回表、先頭がDBで出塁。その後、盗塁で先制のチャンスを作ると、内野ゴロの間に先制点をあげる。その裏、La.Men先発長濱が先頭を出すも後続を抑え、上々の立ち上がりを見せる。2回表には、相手のエラーとヒットで追加点あげる。追いつきたいLGは3回裏にランナーを進め、セカンドゴロの間に1点を奪うも、5回裏にLa.Menが遠藤のツーランHRを含む4安打でビッグイニングを作る。6回には生井沢が完璧なリリーフを見せ、7回は遠藤が1点を奪われるものの、La.Menが6-2で勝利を飾る。
【相手チームへ一言】
(LG)
(La.Men)
何度もグランド、時間帯の変更に応じていただきありがとうございました!またお願いします!
チームの皆様、対戦ありがとうございました。対戦するにあたっての手配、本当にありがとうございます。また、機会がありましたら宜しくお願い致します。