TOP > Victoriaリーグ2部(2019年) > 成績表(決勝トーナメント)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  決勝トーナメント
※ 各ブロック上位チームが決勝トーナメント進出
ワイルドカード枠 →【順位確定について】
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
セカンドステージ 1 4 King☆Johnny 11月17日(三芳グランド)
佐藤(龍)&榎本の鉄壁リレー!King☆Johnnyが3年ぶりとなる神宮の切符を掴む!!
【試合内容】
決勝進出に向けた大一番!先攻・セカンドステージ、後攻・King☆Johnnyでプレーボール! 1回表、King☆Johnny先発の佐藤(龍)は2死から3番中村選手に四球を与えるも無失点で切り抜ける上々の立ち上がり!一方、セカンドステージ先発の中村選手は、初回1死2・3塁のピンチを背負うもここから抜群の制球力が冴え、4番安永、5番平山から連続三振を奪いこちらも無失点で切り抜ける! 2回裏、この回先頭6番石居凌がライトを破るスリーベースでチャンスを作ると、続く7番佐藤(龍)がセカンド内野安打を放ち、King☆Johnnyが先取点を挙げる! これで勢いに乗ったKing☆Johnnyは、直後の3回裏に1死2・3塁から石居凌のスクイズが決まると、2塁ランナー平山が隙を突く好走塁を見せ一挙ホームイン!この場面でKing☆Johnnyが2ランスクイズを成功させ3対0とリードを広げる! だが、すぐさまセカンドステージも反撃!4回表、この回先頭の3番中村選手が右中間を破るツーベース、更に4番瑞慶山選手の内野安打でノーアウト1・3塁のチャンス!続く児島選手の内野ゴロの間に1点を返し3対1と肉薄する!尚も1死2塁のチャンスは続いたが、佐藤(龍)がここから踏ん張り、後続を抑え最少失点で切り抜ける! そしてこの後King☆Johnnyは、5回から佐藤(龍)のバトンを受け登板した榎本が3イニングを無安打に抑える盤石リリーフ!打線は6回裏に2番篠崎がダメ押しのタイムリーを放ち4対1! King☆Johnnyが佐藤(龍)&榎本のダブルエースの豪華リレーと、石居凌のほぼ全得点に絡む大活躍により3年ぶりの夢舞台の切符を手にした試合となった!
【相手チームへ一言】
(セカンドステージ)
(King☆Johnny)
秦様、日程のご調整ありがとうございました!King Johnnyの皆様、遠征ありがとうございました!決勝頑張って下さい!!
米田様、セカンドステージの皆様対戦ありがとうございました!対戦期限が迫る中で、早急のグランド手配と審判さんの手配など尽力して頂きありがとうございました。また、機会ございましたらオープン戦なども含めた再戦を是非宜しくお願い致します。本当にありがとうございました!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Super New 1 0 情熱チキン 11月10日(リバーサイド)
エース加納が1点を死守!SuperNewが2年連続のVictoriaファイナル進出決定!!
【試合内容】
先攻情熱チキン山田、後攻SuperNew加納の両先発で試合開始。1回裏、Super Newは先頭の小柳がヒットで出塁すると、盗塁と送りバントで1死3塁の先制チャンスを作る。しかし、内野ゴロの間に本塁を狙うも情熱チキンの堅実な守備に阻まれて得点にならず。すると2回表、情熱チキンはヒットや四球で無死満塁の絶好のチャンスを作る。しかし、エンドラン失敗などもありSuperNewがなんとか無失点で切り抜ける。その後も両者、度々スコアリングポジションにランナーを進めるも本塁が遠く、スコアボードに0が並ぶ投手戦へ。そんな中、5回裏SuperNewは2死3塁の場面を作る。3番柿間の打球が1.2塁間に転がり二塁手がなんとか抑えたものの悪送球となり、ついにSuperNewに待望の先制点が入る。その後も情熱チキンの反撃が最後まで続いたがあと1本が出ず。SuperNewが貴重な先制点を死守し、優勝へ王手をかけた。
【相手チームへ一言】
(Super New)
(情熱チキン)
情熱チキンの皆様、今回はありがとうございました。非常に痺れる試合でナイスゲームだったと思います。また機会があればよろしくお願い致します。
SUPER NEWの皆様昨日は対戦ありがとうございました。加納投手素晴らしいピッチングでした。めちゃくちゃ悔しいですが、熱い試合が出来て楽しかったです。優勝して下さい!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
King☆Johnny 4 0 ワイルドスピリッツ 10月27日(平野運動場)
佐藤(龍)が完封シャットアウト!K☆Jが3年ぶりのファイナル進出へ王手!!
【試合内容】
先攻・King☆Johnny、後攻・ワイルドスピリッツでプレーボール! 1回表、King☆Johnnyは1死から2番榎本、3番平山が四球を選びここから2死2・3塁のチャンスを作るも一本が出ず無得点。 一方、ワイルドスピリッツは2回裏、4番鈴木選手のライト前ヒット、5番梁川選手のセンター前ヒットで無死1・2塁のチャンスを作る!しかしKing☆Johnny先発の佐藤(龍)がここから踏ん張り、自身のバント処理の好フィールディングで3塁を踏ませないビッグプレーなどもあって無得点に抑える! 4回表、待望の先取点はKing☆Johnny!5番石居凌が四球を選ぶと、これを皮切りに2死3塁から8番中村の値千金のレフト前タイムリーが飛び出し1点を先取する! これで勢いに乗ったKing☆Johnnyは直後の5回表、2死1・2塁から5番石居凌が痛烈なレフト線を破るスリーランホームランを放ち更に3点を奪う! 投げては、佐藤(龍)が2回のピンチ以外はほぼ完璧ともいえる内容でワイルドスピリッツ打線を寄せ付けず見事な完投! 4対0!King☆Johnnyが投の佐藤(龍)と打の中村・石居凌の活躍により、準決勝進出を果たした試合となった!
【相手チームへ一言】
(King☆Johnny)
(ワイルドスピリッツ)
ワイルドスピリッツ様対戦ありがとうございました!互いにエラーもなく緊張感のある試合でした。また機会がございましたら是非対戦宜しくお願い致します。本当にありがとうございました!
本日は対戦ありがとうございました。またリベンジしたいと思いますので、ご縁がありましたら何卒宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
セカンドステージ 1 1 漁火 10月20日(三芳グランド)
セカンドステージが初の準決勝へ!漁火はリード守れずまたしてもジャンケンに泣く!!
【試合内容】
先攻漁火、後攻セカンドステージで試合開始。2回にエラーとヒットでチャンスを作ると、片桐の3塁強襲ヒットで漁火が1点を先制する。追いつきたいセカンドステージは3回裏に先頭の渡辺がヒットで出塁し、相手のエラーも絡みチャンスが広がると5番児島のタイムリー2ベースヒットで同点に追いつく。その後両者チャンスを作るが得点を奪えず時間制限でゲームセット。じゃんけんでセカンドステージが何とか勝利した。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(セカンドステージ)
(漁火)
細畑様、日程調整等ありがとうございました。漁火の皆様遠征ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします!
セカンドステージ様ありがとうございました!
決勝まで駆け上がってください!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
マリモーズ 5 6 Super New 10月20日(城北中央公園)
若武者SuperNewが逃げ切り勝利!2年連続のVictoriaファイナル進出まであと1勝!!
【試合内容】
先攻マリモーズ日下、後攻SuperNew加納の先発で試合開始。1回表、先頭が四球で出塁し2死2塁とすると、4番関根良の中前タイムリーでマリモーズが先制。1回裏、SuperNewも先頭大島が四球で出ると2番天野が送り、2死2塁で4番南雲のタイムリーで同点に追いつく。さらに3回裏、9番佐藤の2塁打の後、四球等で2死1,3塁とすると、4番南雲・5番上原の連続タイムリーで2点追加。マリモーズはここで本木にスイッチする。4回表にマリモーズがワイルドピッチで1点返すも、SuperNewは4回裏に小林がエラーで出塁し続く荒井が四球。2人倒れて2死1,2塁から天野のタイムリー3ベースで2点追加。柿間の左フライ落球の間に更に1点追加して6対2とリードを広げる。しかし5回表、マリモーズは3番松田の2点タイムリー3ベースで2点を返すと、更に最終6回表にも先頭が2ベースヒットで出塁、8番保坂のセーフティーバントが送球エラーを誘い1点差まで追い詰めるもあと一歩届かず。SuperNewが逃げ切り勝利となった。
【相手チームへ一言】
(マリモーズ)
(Super New)
対戦ありがとうございました。評判通りのチーム力でした。決勝目指してがんばってください。
本日は手配等含めありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
情熱チキン 4 0 鍛鷹綻 10月6日(大宮健保)
山田が完封シャットアウト!情熱チキンが首位通過対決を制し決勝進出へ王手!!
【試合内容】
情熱チキン山田投手、鍛高譚青木投手が先発。序盤は3回まで両投手好投の投手戦。試合が動いたのは4回、情熱チキンは2死三塁から5番川村がレフト前にしぶとく落とし先制。追加点の欲しい情熱チキンは、5回先頭の7番川辺のホームラン、更に2死3塁から2番河合のホームランが飛び出し3点を追加でダメ押し。6回鍛高譚も攻め立てるが時間切れ。5回終了時点の4対0で情熱チキンの勝ち。
【相手チームへ一言】
(情熱チキン)
(鍛鷹綻)
この度は遠征で対戦頂きまして、ありがとうございました。良い雰囲気で楽しく試合する事が出来ました。まだまだ時間があれば分からない展開でした…。また対戦お願い致します。
グランド、審判手配、ありがとうございました。優勝目指して次戦も頑張ってください。今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Super New 2 0 アンドバランス 9月29日(大宮健保)
加納・田中の鉄壁完封リレー!2部注目の精鋭対決はSuperNewに軍配!!
【試合内容】
先攻アンドバランス、後攻Super Newで試合開始。1回裏、Super Newはいきなり連打と四球で無死満塁のチャンスを作ると、4番南雲がセンターフライを打ちタッチアップを狙うも好返球でダブルプレーとなり、その後も続けず無得点。2回裏、7番小林がヒットで出塁し四球と野選で1死満塁のチャンスを作ると、2番天野の叩いた打球が一塁手の頭を越えて2点先制。その後は無得点に終わるが、先発の加納が要所を締める投球で6回無失点。最後は田中が3人で締めて、完封リレーでSuper Newの勝利。
【相手チームへ一言】
(Super New)
(アンドバランス)
本日は、ありがとうございました。
緊迫した良い試合でした。またよろしくお願い致します。
この度はグラウンドを確保いただきありがとうございました。是非また対戦をお願いいたします。次戦も頑張ってください。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ユキムハイエンドボーイズ 1 2 漁火 9月22日(天王洲公園)
2部の雄・漁火が2年連続の1回戦突破!3投手の継投でユキムを振り切る!!
【試合内容】
先攻・ユキムハイエンドボーイズ、後攻・漁火で試合は始まる。漁火の先発は松永。初回を3人で抑えて完璧な立ち上がり。ユキムハイエンドボーイズの先発は馬場。1番四方山、2番高倉が連続四球で出塁後、3番石川の進塁打で走者を進めると、4番中野がセンターへの犠牲フライを放ち、漁火が先制点をあげる。その後、さらにチャンスを広げ1、3塁とすると、重盗を仕掛けもう1点を追加する。松永は2回以降も毎回三振を奪う完璧な投球を披露する。一方ユキムハイエンドボーイズの馬場も2回以降はランナーを出すも要所を抑える投球で追加点を与えない。漁火は5回から牧野へ継投し、牧野も松永同様に1人もランナーを出さない完璧な投球でユキムハイエンドボーイズに点を与えない。最終回、町田(勇)へ投手交代。1アウトを奪ったあと、この試合初めてレフト前に安打を打たれ、続く4番井澤にもしぶとくライト前に運ばれてピンチが広がる。最終回に意地を見せるべく打席には5番松原。その初球。変化球がワイルドピッチとなりユキムハイエンドボーイズが1点を返す。緊迫した展開の中、最後はサードフライに抑えてゲームセット。2-1で辛くも漁火が僅差をものにした。
【相手チームへ一言】
(ユキムハイエンドボーイズ)
(漁火)
対戦ありがとうございました。最初から最後まで途切れることない声とベンチを含めた良い雰囲気勉強になりました。同じ地域で活動しておりますのでまた機会がありましたらよろしくお願い致します。
審判、グラウンドの手配ありがとうございました。最終回の守りはドキドキでした。また対戦お願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
鍛鷹綻 7 2 CHUYANS+ 9月22日(調布市民球場)
和田が気迫の完投勝利!投打の噛み合った鍛鷹綻が首位通過の実力を誇示!!
【試合内容】
先攻鍛鷹綻・和田投手、後攻CHUYANS+・橋本投手で試合開始。初回、鍛鷹綻は先頭の有賀選手がツーベースヒットで出塁、2番渡邉選手が四球で繋ぎ、無死1、2塁とすると3番時津選手のタイムリーヒットで1点を先制する。続く4番大野選手もヒットでつなぎ無死満塁とすると、5番鈴木選手の内野ゴロの間に1点を追加する。その裏、CHUYANS+は先頭の桑田選手が初球先頭打者ホームランで1点を返す。2回表、鍛鷹綻は四死球、エラーと1番有賀選手のヒットで1死満塁とるすと、2番渡邉選手の2点タイムリーヒットで加点する。更に4番大野選手の内野ゴロと、エラーにより更に2点を追加する。3回裏、CHUYANS+は2死からエラー、内野安打で2死1、2塁とすると3番佐伯選手のタイムリーヒットで1点を返す。更にピンチを迎えるが和田選手が何とか踏ん張り1点で相手の反撃を抑える。4回表、鍛鷹綻は先頭の9番垰野選手がレフトへのホームランを打ち1点を追加する。4回以降和田投手がCHUYANS+打線を無失点に抑え鍛鷹綻が7-2で勝利。
【相手チームへ一言】
(鍛鷹綻)
(CHUYANS+)
CHUYANS+の皆様、遠征いただき有り難うございました。
また是非対戦の程お願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
King☆Johnny 6 2 とん吉 9月22日(大原公園)
King☆Johnnyが三度目の正直で初戦突破!3年ぶりのファイナル進出へ好発進!!
【試合内容】
天候が心配された中、無事行われた1戦。先攻・とん吉、後攻・King☆Johnyでプレーボール。1回表、とん吉は制球の定まらないKing☆Johny先発佐藤(龍)から4連続四死球で幸先よく1点を先制する。1回裏、早く同点に追い付きたいKing☆Johnyは1番篠崎がライト前ヒットと盗塁でチャンスを作ると、無死1・3塁から3番藤倉の内野ゴロの間に同点に追い付く。更に4番、この日がヴィクトリアリーグ戦デビューの安永が四球を選び1死1・2塁とすると、5番平山のファーストゴロがエラーを誘い2塁ランナー藤倉の好走塁もあって一挙ホームイン!King☆Johnyが2対1と逆転に成功する。2回は両チーム無得点。迎えた3回表。とん吉は1死から5番野尻選手の死球と盗塁などから2死2塁とすると、7番海老島選手のセカンドゴロエラーの間に野尻選手が好走塁で一挙ホームイン!互いに好走塁が出る白熱したゲームで試合は2対2となる。しかし直後の3回裏。2死から5番平山が四球を選ぶと、6番佐藤(龍)が値千金のレフトフェンスオーバーの勝ち越し2ランを放ち、再びKing☆Johnyが4対2とリードを奪う。そして、King☆Johnyは4回裏にも8番木村のセンター前ヒットを皮切りに9番佐藤(優)の右中間を破るタイムリーツーベースや、2番阿久津のスクイズも決まってダメ押しともいえる2点を追加し6対2とする。投げては、2回途中からバトンを受けた左のエース寺下が抜群の制球力でとん吉打線を寄せ付けず。6対2。King☆Johnyが2年連続決勝トーナメント初戦敗退の無念を晴らす初のベスト8入りを決めた試合となった!
【相手チームへ一言】
(King☆Johnny)
(とん吉)
鈴木様、とん吉の皆様対戦ありがとうございました。皆様の野球に取り組む姿勢など大変勉強になる事が多い試合でございました。機会があれば是非また再戦させて頂ければと思っております。この度は本当にありがとうございました!
King☆Johnny秦様、選手の皆様、この度は対戦ありがとうございました。また対戦宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
マリモーズ 6 5 GOLDENCLUB 9月22日(大宮健保)
日下が魂の完投!マリモーズが全員野球でシーソーゲームを制し初のベスト8!!
【試合内容】
先発はマリモーズ日下、GOLDENCLUB藤川。初回、マリモーズが4番関根良、5番清水の連続タイムリーで2点を先制。その裏、GOLDENCLUBは3連打含む5安打を浴びせ3点を取り逆転に成功。2回にも1点ずつ取り合い、シーソーゲームで中盤へ。お互いの先発がここから踏ん張り点を与えない。6回、マリモーズは二死1、3塁のチャンスを作ると途中出場の並里がセンターオーバーの2点2ベースを放ち逆転。2番吉田もタイムリー内安打でヘッドスライディング。更に1点を追加する。マリモーズ日下は6回に1点を返され、最終回も二死1、2塁のピンチを迎えるが、最後の打者をサードゴロに打ち取り、完投で決勝トーナメント1回戦を突破した。
【相手チームへ一言】
(マリモーズ)
(GOLDENCLUB)
GOLDENCLUB様、対戦ありがとうございました。
痺れる試合で楽しかったです。
対戦有難うございました!また、グラウンドや審判等のご手配も有難うございました!優勝目指して頑張って下さい!!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
セカンドステージ 4 1 ブレーブス 9月15日(荒川第二)
エース中村が投打の活躍!セカンドステージが終盤集中打を見せ勝負を決める!!
【試合内容】
先攻ブレーブス、後攻セカンドステージで試合開始。先発の中村は初回、エラーとヒットでノーアウト満塁のピンチを背負うが、内野ゴロ3つでピンチをしのぐ。攻撃も相手のエラーや四球などで何度かチャンスを作るが、なかなか得点出来ず5回まで終了する。6回裏セカンドステージの攻撃、2アウトとされるも児島の打ち上げたフライを相手がエラーすると、6番中村の右中間を破る2ベースヒットでチャンスを広げる。ここで7番米田の左中間への2点タイムリーツーベースで先制すると、本柳、相澤、佐藤の合計5連打で4点をあげる。最終回に1点を取られるものの、中村が抑え1失点完投勝利。
【相手チームへ一言】
(セカンドステージ)
(ブレーブス)
吉添様、日程のご調整ありがとうございました。
ブレーブスの皆様対戦ありがとうございました。
米田様、セカンドステージ一同様、対戦の程ありがとうございました。次戦も頑張ってください。今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
PEGASUS 0 5 情熱チキン 9月15日(富士見運動公園)
山田の零封に長尾が先制弾!今季こそのファイナル進出を狙う情熱チキンが2回戦へ!!
【試合内容】
情熱チキン山田投手、ペカザス高橋投手の先発。両先発が初回から安定したピッチングで4回まで被安打1ずつの息詰まる投手戦。試合が動いたのは5回裏、情熱チキンが2死から6番長尾選手が左越ホームランで待望の1点を先制。更に情熱チキンは6回にも3番後藤選手のタイムリーなどで4点を奪いダメ押し。情熱チキン山田投手は最後まで安定した投球で被安打1の完封。5対0で情熱チキンの勝利。
【相手チームへ一言】
(PEGASUS)
(情熱チキン)
情熱チキン様 このたびは対戦ありがとうございました。長尾様 すばらしいホームランでした。優勝目指して頑張ってください。
グランド、審判手配、日程調整などありがとうございました。流れ一つのどちらが勝ってもおかしくないゲームだったと思います。また機会ありましたら対戦お願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
黒百合 3 4 ワイルドスピリッツ 9月8日(秋ヶ瀬東京信金)
2018ファイナリスト対決はWSに軍配!目崎・間の投手リレーでシーソーゲーム制す!!
【試合内容】
ワイルドスピリッツ先攻、黒百合後攻で試合開始。両チーム3回まで無得点で均衡状態が続く。4回裏黒百合の攻撃、先頭笠井の打球にセンターが飛び追いつくも弾いてしまい、そのままホームまで生還し黒百合が先制。対するワイルドスピリッツは5回表、黒百合2番手逸見から9番高橋(雅)が死球で出塁すると、代走の高橋(勇)が相手のエラーで2塁に進塁。その後2番齋藤のレフト前ヒットで返り同点とし、後続も制球が定まらない投手から3四死球をもらい押し出しで1点を追加し逆転。その裏、黒百合は二死から岡崎の四球の後、笠井の二塁打で同点に追いつく。6回表、ワイルドスピリッツは先頭荒井のヒットと内野安打で1,3塁のチャンスを作ると、内野ゴロ2本で2点を取り再び逆転に成功。黒百合は6回裏に佐々木のタイムリーで1点を返すも追いつけず、ワイルドスピリッツが逃げ切り勝利。先発の目崎が6回を投げ勝ち投手、間が最終回を投げセーブをあげた。
【相手チームへ一言】
(黒百合)
(ワイルドスピリッツ)
斉藤さま本日は不安定な天気の中ありがとうございました。
とても纏まりのある良いチームですね。次も頑張ってください。
この度はグランド及び審判の手配をして頂きありがとうございました。またご機会がありましたら宜しくお願い致します。