TOP > Victoriaリーグ2部(2019年) > 成績表(Aブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 0 0 6 9 3
2 2 0 0 6 3 1
3 1 2 0 3 15 8
4 1 1 0 3 5 6
5 1 2 0 3 13 16
6 0 2 0 0 1 12
- 0 0 0 0 0 0
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Aブロック星取表
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
② AJPBC
 
 
   
 
 
 

1-2

4-13

8-1
 
 
 
 
 
1-6
 
 
 
 

4-0
 
 
 
 

6-1
   
 

3-2
 
 
⑤ KAJIYA
 
 

2-1
 
 
 
 
 
1-0
 
 
 
 

13-4
 
 

2-3

0-1
   
 
 
 

1-8

0-4
 
 
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
King☆Johnny 6 1 ユキム ハイエンド ボーイズ 5月19日(そうか公園)
佐藤(龍)が被安打1の完投劇!King☆Johnnyが2年前のリベンジ果たす!!
【試合内容】
2017年9月、リーグ2部決勝トーナメント1回戦以来の顔合わせとなった1戦!先攻ユキムハイエンドボーイズ、後攻King☆Johnnyでプレーボール!1回表、King☆Johnny先発、佐藤(龍)は、無難な立ち上がりを見せ、ユキム打線を三者凡退に抑える。1回裏、King☆Johnnyは、制球の定まらない藤井投手から3つの四死球等で1死満塁とチャンスを作る。ここで投手交代した鈴木投手から5番佐藤(龍)がセカンドへのフィルダースチョイスを誘い先取点を挙げると、6番阿久津が押し出し四球を選び追加点。更に、7番藤原のファーストへの内野ゴロの間にもう1点と、ノーヒットながら小刻みな加点に成功し、初回3点を先取する。この後試合は、佐藤・鈴木の見事な投げ合いとなって、両チームともチャンスらしいチャンスを作れず試合は終盤へ。6回裏、ダメ押し点の欲しいKing☆Johnnyは、この回から代わった石川貴投手から5番佐藤(龍)の四球、6番阿久津の死球を皮切りに1死1・3塁とすると、途中守備固めとして出場していた8番ベテランの馬場が、この日初打席で値千金となるライト前タイムリーを放ち待望の追加点を奪う!更にこの後、1番村上のレフト犠牲フライ等もあってこの回3点を奪う!6対0!最終回、ここまで抜群の制球力でユキム打線を抑えていた佐藤(龍)であったが、1死から3番長崎選手、4番桐井選手に連続四球を与えると、6番古山選手にセンター前タイムリーを浴び1点を失う。6対1。しかし、この後の追撃を許さず後続を抑え、被安打1の見事なピッチングで圧巻の完投劇!6対1!少ないチャンスを生かしたKing☆Johnnyが、プレーオフ常連の強豪ユキムハイエンドボーイズから見事な白星を飾った試合となった!
【相手チームへ一言】
(King☆Johnny)
(ユキム ハイエンド ボーイズ)
ユキムハイエンドボーイズ様、井澤様、対戦ありがとうございました!次回、3度目の対戦また是非お願い致します!本当にありがとうございました!
対戦ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
AJPBC 8 1 富士ゼロックス東京 4月21日(石神井公園A)
佐藤(宏)の好投に打線が応える!AJPBCが3戦目にして初勝利を掴む!!
【試合内容】
AJPBC佐藤(宏)、富士ゼロックス東京庄司の先発で試合開始。2回裏、AJPBCは先頭4番金澤が三遊間を破りヒットで出塁、盗塁とセカンド進塁打で2死3塁のチャンスを作り、7番佐藤(優)がセンター前ヒットで幸先良く先制する。3回裏は、先頭9番下田がセンター前ヒットで出塁、1番室谷が四球、2番小谷がきっちり送り、3番木幡も死球で繋ぎチャンスを作ると4番金澤が本塁エンドランを成功させ1点、続く5番佐藤(宏)が打った瞬間ホームランとわかるライトに豪快なスリーランホームランで中押し点をあげる。さらに5回裏、2死から9番下田の叩きつけるバッティングがショート内野安打となり出塁、1番室谷も死球で繋ぎチャンスを作ると、2番小谷が右中間にタイムリーツーベース、3番木幡がレフトオーバーツーベースでさらに3点を追加し試合を有利に進めた。投げるAJPBC佐藤(宏)は6回まで富士ゼロックス打線を1安打に封じる。最終回こそ疲れからか連続四球からピンチを背負ったが、後続を押し出しの1点に留め要所を押さえ完投、そのままゲームセットとなった。
【相手チームへ一言】
(AJPBC)
(富士ゼロックス東京)
対戦ありがとうございました。富士ゼロックス東京さんのアップ仕方や特に声だしが試合終了まで途絶えることなく、チームワークの良さがとても勉強になりました。今後オープン戦を含め交流の方、よろしくお願い致します。AJPBC 橋本
本日はグラウンド、審判さんの調整ありがとうございました。
また、オープン戦で是非対戦をお願い出来ればと思います。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ユキム ハイエンド ボーイズ 4 0 富士ゼロックス東京 4月7日(天王洲公園)
馬場・鈴木の完封リレー!ユキムが5年目の悲願達成へ向け好スタート!!
【試合内容】
ユキムは2回裏に4番桐井、5番井澤の連打でチャンスを作り、7番田中のタイムリーで先制。お互いチャンスをモノに出来ないまま迎えた5回裏、ユキムは先頭9番古山がヒットで出て、1番松原の中越え3塁打、2番佐竹のライト線に落ちる2塁打等で3点を追加し4-0とリードを広げる。6、7回を先発馬場から鈴木への継投で抑え、4-0でユキムが勝利した。富士ゼロックス先発の及川が強打者相手にかわすピッチングで4回まで1失点で試合を組み立てるも5回に3失点と掴まった。攻撃陣もランナーは出すも1本が出ず0得点と相手投手陣を打ち崩すことが出来ず。
【相手チームへ一言】
(ユキム ハイエンド ボーイズ)
(富士ゼロックス東京)
ユキムハイエンドボーイズ様、球場、審判の調整ありがとうございました。堅い守備陣と切れ目のない打線に力負けでした。またオープン戦等で対戦をお願いいたします。
富士ゼロックス東京 荒井様、対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
AJPBC 4 13 アンドバランス 4月7日(大宮健保)
アンドバランスが反撃開始!13得点の猛攻を見せ今季初白星を掴む!!
【試合内容】
アンドバランス仁科、AJPBC佐藤の先発で始まった試合。1回裏アンドバランス歌川(竜)が四球を選び出塁。その後相手のミスなどで先制する。2回表AJPBCは、先頭5番金澤の三塁打から6番石川の一塁強襲安打ですぐさま同点とする。2回裏アンドバランスは、6番酒井の左中間二塁打でチャンスを作ると、7番須山の犠打後、8番小笠原のタイムリーで逆転し、その後四球から連続タイムリーが飛び出し合計5点を奪う。さらに3回裏アンドバランスの攻撃、先頭5番益子の安打から相手内野失策にバッテリーミスとタイムリーで2点、先発の佐藤をノックアウト。リリーフにたった平田からも連続タイムリーで合計5点、序盤で大量リードを奪った。4回表AJPBCの攻撃、先頭木幡選手のヒットからアンドバランスのミスをつかれ1点を追加される。6回表AJPBCは2死から5番金澤がこの日3本目の安打で出塁、6番石川が四球で繋ぐと、7番佐藤が右中間にタイムリー3塁打を放ち2点を返す。6回裏アンドバランスは、糟谷の本塁打、竹内のタイムリーで2点を追加する。 最終7回表AJPBCの攻撃、アンドバランス仁科が無失点に抑えゲームセット。13-4でアンドバランスが勝利した。
【相手チームへ一言】
(AJPBC)
(アンドバランス)
対戦ありがとうございました。ツーストライク後からの打撃センスと、仁科投手の速球に手が出ない選手が多く、若いメンバーはとても勉強になりました。今後オープン戦等で対戦をしていただければと思います。AJPBC橋本
AJPBCの皆様この度はグラウンド、審判の手配ありがとうございました。色々と勉強させていただきました。また機会がありましたらよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
AJPBC 1 2 KAJIYA 3月31日(大泉中央公園)
KAJIYAが開幕2連勝!相手のミスもあり土壇場最終回にノーヒットで逆転!!
【試合内容】
先攻KAJIYA古賀投手、後攻AJPBC佐藤投手の両先発で試合スタート。1回表、AJPBC佐藤は打たせて取るテンポのいい投球を見せ3人で攻撃を終わらせる。その裏、AJPBCは先頭1番室谷が死球で出塁し、盗塁と犠打でランナーを進めるも後続が倒れ無得点。KAJIYAは2回表、一死から5番梅村が両チーム通じて初ヒット放つものの得点には至らず。続く2回裏、先頭5番石川卓の打球を三塁手が悪送球、盗塁と犠打でランナーを進めると、8番小谷のセンターオーバースリーベースでAJPBCが先制。その後は両者とも攻め手を欠き無得点。5回裏、AJPBCは先頭7番石川元がヒットで出塁、8番小谷のエンドランがライト線を襲いチャンスを広げたが、スクイズ失敗もあり最大のチャンスを逃す。最終回KAJIYA打線は先頭の代打吉田が四球で出塁、5番の打球を三塁手がはじき無死1.2塁、続く7番河内のピッチャーゴロをファーストになんと悪送球、2者が生還逆転に成功する。7回裏、AJPBCは5回途中からリリーフにあがった梅村投手から得点を奪えずそのままゲームセットとなった。
【相手チームへ一言】
(AJPBC)
(KAJIYA)
本日は遠征ありがとうございました。最終回は粘り負けしてしまいました。リリーフの梅村投手のストレート、河内代表の守備は相手チームながらしびれました。今後オープン戦にて是非対戦をお願いいたします。AJPBC橋本
AJPBC様。この度はグランドの確保及び審判の手配ありがとうございました。是非またオープン戦などで再戦宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
King☆Johnny 3 2 アンドバランス 3月24日(篠崎公園B)
King☆Johnny篠崎が劇的サヨナラ打!アンドバランスはまさかのWヘッダー2連敗!!
【試合内容】
球春到来を予感させる陽気の中、行われた一戦。先攻アンドバランス、後攻King☆Johnnyでプレーボール!先攻アンドバランスは、1回2回とKing☆Johnny先発、この試合がリーグ戦デビュー初先発の佐藤(龍)を責め立て、1番歌川(竜)が相手のミスで出塁し、3塁まで進むも後続が倒れ無得点。一方King☆Johnny打線も、負けず劣らず1回2回と二死二塁、二死三塁とチャンスを作るもこちらもアンドバランス先発岩間投手の前に後1本が出ず。試合が動いたのは3回表、アンドバランスはKing☆Johnnyの拙守に乗じて三度チャンスを作り、二死二塁三塁から4番糟谷が右中間フェンス直撃のタイムリーツーベースを放ち、アンドバランスが2点を先制し均衡を破る。しかし、その裏King☆Johnnyもすぐさま反撃。一死から1番村上がショートへ強襲のライナーを放つと、弾かれた打球は勢いを失う事なく、左中間をそのまま破り村上が一気ホームイン。村上のランニングホームランでKing☆Johnnyが1点を返す。この後試合は両先発ピッチャーが気迫のこもったピッチングで隙を与えず白熱の投手戦のまま試合は最終回へ。7回裏、劇的な幕切れが待っていた!先頭、6番阿久津が際どい球にも手を出さず、四球を選び期待感を呼び寄せベンチを乗せると、7番中村がきっちり犠打を決め一死二塁と久々のチャンスを作る。続く8番藤原が三遊間深い内野安打を放ち、一死一三塁と更にチャンスが広がると、この試合ここまでノーヒットながら内容も良く振り負けていなかった9番松本がライト前テキサスヒット!とはならず、一塁ランナー藤原が二塁でフォースアウトとなってしまい、結果ライトゴロとなってしまったが、松本の値千金のライトゴロで三塁ランナー阿久津が同点のホームイン!King☆Johnnyが土壇場で同点に追い付く!2対2。続く1番村上がこの試合猛打賞となる内野安打を放ち二死一二塁とすると、最後にこの男が決めてくれた!去年1年で走・攻・守において野手陣の顔となったnewリーダー2番篠崎がサードの頭を痛烈に破り、前進守備のレフトも何とか追い付くも、飛んだコースが良く二塁ランナー松本がホームイン!3対2!King☆Johnnyが篠崎の見事なサヨナラタイムリーで今年初戦を劇的な形で飾った試合となった!
【相手チームへ一言】
(King☆Johnny)
(アンドバランス)
アンドバランス様対戦ありがとうございました!岩間投手始め、皆さん好選手ばかりで、結果はともかく、既存メンバー始め入りたての若いメンバーに本当に良い勉強をさせて頂きました!ありがとうございました!皆さん丁寧に接してくれた事も感謝申し上げる次第です。また何れどこかで必ず試合させて下さい。本当にありがとうございました!
King☆Johnny様、グラウンド及び審判の手配ありがとうございました。緊張感のある試合展開で最後は地力の違いを感じました。是非また練習試合などで対戦させていただければと思います。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
KAJIYA 1 0 アンドバランス 3月24日(篠崎公園A)
開幕戦は緊迫の投手戦に!KAJIYAが藤森の完封で2年越しのVictoria初勝利!!
【試合内容】
先攻KAJIYA藤森、後攻アンドバランス糟谷の両先発で試合開始。1回表KAJIYAの攻撃は2番長田がヒットとワイルドピッチで得点圏に進むも後続が倒れ無得点。1回裏アンドバランスは2番歌川(勝)が死球で出塁するも後続が続かず無得点。2回表KAJIYAは相手のエラーでこの回先頭の6番久保田が出塁、続く7番金子の送りバントが相手の送球エラーを誘い、ランナー1、3塁。1アウトとなり9番古賀の放った打球がピッチャーの足下を襲うがプレートに当たりショートゴロに、しかしその間に3塁ランナーが生還しKAJIYAが1点先制。4回裏アンドバランスは先頭の3番小澤がセンター前ヒットを放ち出塁。2アウトランナー1,2塁のチャンスを作るも後続が打ち取られ無得点。6回は両チームともスコアリングポジションにランナーを進めるが両先発ピッチャーが意地のピッチングを見せ無得点に抑える。7回裏KAJIYA先発藤森はテンポ良く2アウトを取り、続くアンドバランス1番歌川(竜)にはライト前ヒットを打たれるものの、後続を抑え、1対0でKAJIYAの勝利。 (詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(KAJIYA)
(アンドバランス)
アンドバランスの皆様、先日は対戦ありがとうございました。お互い初戦ということもあり、緊張感のある中とてもいい試合になったと思っております。また機会がありましたら対戦宜しくお願い致します。
KAJIYA様、この度はグラウンドの確保及び審判の手配ありがとうございました。また機会がありましたら対戦をお願いいたします。