TOP > Victoriaリーグ1部(2020年) > 成績表(決勝トーナメント)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  決勝トーナメント
※ 各ブロック上位チームが決勝トーナメント進出
ワイルドカード枠 →【順位確定について】
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
湾岸ベースボーイズ 7 1 ダディーズベースボール 9月27日(天王洲公園)
初回から湾岸打線が猛攻!新戦力の継投で昨年のリベンジ果たし2年ぶりの初戦突破!!
【試合内容】
湾岸ベースボーイズ先攻、ダディーズベースボール後攻で試合開始。1回表、湾岸はダディーズのミスと押し出し、2番大林(日)のヒットを絡めて4点を先制。さらに4回表に湾岸は、9番日置、2番大林(日)、3番藤野のヒットに5番小向の2ベースなどで3点を追加する。反撃したいダディーズは4回裏、6番村上の内野ゴロの間に1点を返すが試合はそのまま進み、7-1で湾岸ベースボーイズが勝利した。 (取材写真はこちら
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(ダディーズベースボール)
対戦ありがとうございました。
また今後とも宜しくお願い致します!
宮島様、チームの皆様、本日はグラウンド、審判の手配などありがとうございます!今後ともお付き合いの程よろしくお願いいたします。決勝トーナメント頑張ってください。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 0 1 吉岡クラブ 9月27日(城北中央公園)
岩本の決勝打にエース菊池が完封!吉岡クラブが4年ぶりに決勝T1回戦を突破!!
【試合内容】
PIECE先攻、吉岡クラブ後攻で試合開始。吉岡クラブは2回裏、2アウトから6番山崎(滉)がセンター前ヒットで出塁し、続く7番岩本のライトオーバー2塁打で吉岡クラブが先制。その後両チームランナーを出すが無得点で迎えた7回表、PIECEは2アウト満塁のチャンスを作るが吉岡クラブ先発菊池が踏ん張り、1対0で吉岡クラブ勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(吉岡クラブ)
対戦ありがとうございました。試合前のグラウンド整備もご協力頂き感謝しています。優勝目指して頑張って下さい。
柴様、PIECEの皆様対戦ありがとうございました。最後の最後までしびれる試合で楽しかったです。今後も引き続きよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
スタイガー 2 0 東京ドナルドダック 9月27日(江戸川区球場)
知花が決勝打!スタイガーが昨年のリベンジ果たし3年連続の決勝T初戦突破!!
【試合内容】
先攻スタイガーは三瓶、後攻ドナルドダックは新田の先発で試合が始まる。序盤はスタイガー、ドナルドダックともランナーを出すもお互い無得点が続く。試合が動いたのは5回表、スタイガーはこの回から変わった美濃から、知花のタイムリーなどで2点を先制する。対するドナルドもその裏にランナーを出すも後続が抑えられ、2対0でスタイガーの勝利。投げてはスタイガー三瓶の1安打完封!
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(東京ドナルドダック)
田村様、山口様、選手の皆さん、この度は対戦ありがとうございました。いつもピリピリのゲームになりますね。また、対戦する機会はよろしくお願いいたします。
小西さん、日程が厳しいなか調整ありがとうございました。また、対戦の機会があると思いますがよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ジャンクベースボールクラブ 3 4 ブルースカイA 9月27日(大宮健保)
大水が同点打&決勝打!ブルースカイAが予選無敗のジャンクを下し2回戦進出!!
【試合内容】
ジャンク先攻、ブルースカイA後攻で試合開始。3回まで両者無得点が続き0対0。試合が動いたのは4回表、ジャンクは二死から連打で1点を先制。その裏、ブルースカイAは大水のピッチャー強襲のタイムリー内野安打で同点に追い付く。5回表、ジャンクが安打とショート、サードのエラーで2点を奪い突き放す。5回裏、ブルースカイAはヒット2本とワイルドピッチで2,3塁から代打笠井(蓮)のタイムリーで同点、さらに大水にもタイムリーが飛び出し、4対3と逆転。そのまま時間切れで試合終了。
【相手チームへ一言】
(ジャンクベースボールクラブ)
(ブルースカイA)
対戦ありがとうございました。
田中様、対戦ありがとうございました。グランド及び審判の手配ありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
King☆Johnny 7 7 Tropicana 9月27日(江北橋右岸)
榎本が値千金の同点打!King☆Johnnyが乱打戦を制し昇格初年度での8強入り!!
【試合内容】
直前の雨に悩まされながらも、何とか無事行われた決勝トーナメント1回戦。先攻・Tropicana、後攻・King☆Johnnyでプレーボール!先取点はKing☆Johnny!Tropicanaは初回、1番三ツ俣が出塁するも無得点。1回裏、King☆Johnnyは1死から4連続四死球と6番傍島の内野安打と7番木村の内野ゴロなどで3点を奪う。更に、2回裏には1番佐藤龍太郎のツーベースと2番篠崎のセーフティーバンド。ワイルドピッチで佐藤龍太郎の好走塁もあって1点を追加し4対0とKing☆Johnnyが優位に試合を進める。しかし3回4回とTropicana打線が爆発!3回は7番三村、2番石田のツーベースと、King☆Johnnyのミスも重なって3点を還し1点差とすると、4回には四球絡みから三村、江頭、三ッ俣、石田の4本の長短打などで一挙4点を奪い逆転に成功!4対7とする!だが、King☆Johnnyも粘りを見せる!4回裏、1死から9番竹内と1番佐藤龍太郎の連続四球から3番川崎がタイムリーを放つと、更に2・3塁から4番榎本が右中間を抜くタイムリーツーベースを放ち、7対7とKing☆Johnnyが同点に追いつく!そして、この時点で試合時間も残り僅かとなっており、決着はじゃんけん勝負へ。こちらも互いに譲らず、4対4の最後の一人まで縺れるも最後は運も味方にしたKing☆Johnnyが勝ち、激戦に幕を閉じる。
【相手チームへ一言】
(King☆Johnny)
(Tropicana)
Tropicana様、雨による週中でのご対応や今回の対戦本当にありがとうございました!また次回機会ございましたら対戦宜しくお願い致します。
King☆Johnny様、対戦ありがとうございました。
次戦も頑張って下さい。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
大宮フェニックス 2 6 Tommys baseballclub 9月27日(大宮健保)
三浦の決勝打に小菅の完投!Tommys bcが逆転勝利を飾り初の決勝Tで投打躍動!!
【試合内容】
先攻Tommys、後攻大宮フェニックスで試合開始。1回は両チーム無得点で終了する。試合が動いたのは2回裏フェニックスは、四死球と7番出澤選手の内野安打でチャンスを作ると、9番長岡選手の死球で1点を先制する。3回表Tommysは9番氏家が四球で出塁すると、1番早馬がライトオーバーのスリーベースを放ち同点とする。続く4回表にも5番小菅の四球からチャンスを作り、7番真鍋のレフトオーバースリーベース、8番三浦のタイムリーヒットで2点を追加。更に1番早馬のタイムリーと相手失策の間に1点ずつ加点し、この回4点。6回裏にフェニックスは、4番松岡選手のライト前ヒットでチャンスを作ると、5番下妻選手のレフトオーバースリーベースで1点。しかし先発小菅が後続を断ち1点で凌ぐ。7回表2番加賀、4番富山のヒットでチャンスを作ると5番小菅の内野ゴロで1点追加。7回裏も先発小菅がマウンドにあがり2三振を奪い、6-2でTommysが勝利。先発小菅が7回2失点完投勝利。
【相手チームへ一言】
(大宮フェニックス)
(Tommys baseballclub)
 
大宮フェニックスの皆様、この度は対戦ありがとうございました。グランドの手配ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ちゃんぷるーず 4 3 Rossowave 9月20日(大井海浜公園)
鎌田が2アウトから逆転満塁弾!昨年準Vちゃんぷるーずが劇的勝利で1回戦突破!!
【試合内容】
Rossowave先攻、ちゃんぷるーず後攻で始まった試合。Rossowaveは初回、先頭・福山が安打で出塁すると、1死から3番・片岡の2塁打で先制。Rossowave先発の大住は2イニングを無失点。3回表には8番・大住がレフトにソロホームランを放ち加点。5回表にも2番・土井の2塁打と3番・片岡のバントヒットで無死1・3塁とすると、4番・大竹の犠飛で1点とRossowaveが計3点のリード。3回から登板の2人目・雑賀は2イニングを無失点に抑え終盤戦に。反撃したいちゃんぷるーずは5回裏、連続安打と四球などで2死満塁のチャンスを迎えると、5番鎌田が満塁ホームランを放ち逆転。Rossowaveは最終回となった6回表も2死1・2塁と攻め立てるが、得点できず試合終了。ちゃんぷるーずが3-4で勝利した。
【相手チームへ一言】
(ちゃんぷるーず)
(Rossowave)
日程厳しい中、対戦いただきましてありがとうございました。また機会がありましたら、よろしくお願いします。
対戦ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 0 2 RED SOX 9月20日(大宮健保)
丸橋の決勝打に内山の完封勝利!REDSOXが昨年覇者を下し4年ぶりの初戦突破!!
【試合内容】
先攻GOLGO佐久間、後攻REDSOX内山の両投手で試合開始。1回裏、REDSOXは4番丸橋と6番池田のタイムリーで2点を先制。その後両投手が好投をみせ、2-0のまま最終回へ。7回表のGOLGOの攻撃を内山が3人で締め、2-0でREDSOXが勝利。GOLGO打線は走者を出すもののあと一本が出ず、REDSOX先発の内山は2安打完封のピッチング。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(RED SOX)
対戦ありがとうございました。
完敗です。またお願いします。
本日はありがとうございました。
また練習試合等よろしくお願い致します。