TOP > Victoriaリーグ1部(2020年) > 成績表(Bブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 4 0 0 12 34 16
2 1 1 0 3 17 10
3 1 0 0 3 6 4
4 0 2 0 0 8 11
5 0 2 0 0 10 21
6 0 1 0 0 1 14
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Bブロック星取表
① RED SOX
   
 
 
 
 
 

6-4
 
 
 
 
 
7-8

3-13
 
 
 
 
 
 

8-7
 
7-4

5-4

14-1
 
 

13-3

4-7
   
 
 
 

4-6
 
 

4-5
 
 
   
 
 
 
 
 

1-14
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Tropicana 8 7 世田谷ペンギンズ 7月5日(大宮健保)
Tropicanaが破竹の開幕4連勝!壮絶シーソーゲームをサヨナラで制す!!
【試合内容】
先攻世田谷ペンギンズ、後攻Tropicanaで試合開始。初回ペンギンズはTropicana先発松下の立ち上がりを攻め、2アウト満塁のチャンスを作ると、走者一掃のスリーベースとタイムリーでいきなり4点を先制。1回裏Tropicanaは1アウト3塁のチャンスから3番池田のタイムリーで1点を返す。2回表のペンギンズの攻撃。1アウト満塁からダブルプレー崩れの間に1点追加。いつきたいTropicanaは2回裏、3つの四球と3本のヒットを集め一挙5点を奪い逆転する。3回はともにピッチャーが変わり無得点。4回表ペンギンズはリリーフした神谷を攻め、2アウト満塁からタイムリーが出て2点を奪い再逆転。4回裏Tropicanaは1アウト2塁からタイムリーが出て1点を奪い、7-7の同点とする。時間の関係上、最終回となった5回表のペンギンズの攻撃は無得点に終わる。5回裏のTropicanaの攻撃。1アウト1、3塁から1番三ツ俣が見事エンドランを決めサヨナラ。7-8でTropicanaの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(Tropicana)
(世田谷ペンギンズ)
萩原様、チームの皆様、対戦ありがとうございました。雨が降る中でお互い点の取り合いとなる激しい試合となりましたが非常に楽しめました。今後共宜しくお願い致します。
Tropicana様、グラウンド、審判の手配いただき誠にありがとうございます。あいにくの天気でしたが無事試合ができてよかったです。また対戦の機会がありましたらよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ちゃんぷるーず 4 5 Tropicana 6月21日(大宮健保)
主砲鷲谷が劇的サヨナラ打!打線好調のTropicanaが無傷の開幕3連勝!!
【試合内容】
ちゃんぷるーず先攻、Tropicana後攻で試合開始。Tropicanaは2回裏、石田・五條の連続タイムリーで3点を先制。3回表ちゃんぷるーずもすかさずタイムリーで3点を奪い同点とする。その後試合が動いたのは5回表、ちゃんぷるーずはランナーを貯め、犠牲フライの間に1点を勝ち越し遂にリードを奪う。後がないTropicanaは7回裏二死満塁とし、4番鷲谷が右中間に会心の一撃を放ち、劇的な逆転サヨナラ勝利を収めた。
【相手チームへ一言】
(ちゃんぷるーず)
(Tropicana)
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら、よろしくお願いします。
ちゃんぷるーずの皆様、対戦ありがとうございました。最後の最後まで痺れる試合でした。今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
湾岸ベースボーイズ 4 7 Tropicana 6月14日(大宮健保)
昨年の春秋王者・湾岸に土!首位攻防戦はオレンジ軍団Tropicanaに軍配!!
【試合内容】
先攻湾岸ベースボーイズの先発投手は野入、後攻Tropicanaの先発投手は菅井でプレーボール。1回表、湾岸は1死1.2塁から4番宮島の2ベースで1点先制。さらに内野エラーで1点追加。なおも1死満塁のチャンスを作るも無得点。1回裏、Tropicanaは2つの四球で1死1.2塁とすると4番鷲谷の2ベース、湾岸内野陣のミス、犠牲フライなどで3得点し逆転する。さらに2回裏に1番三ツ俣のヒットで1点、3回裏に7番三村の2ベースで1点追加しTropicanaが2-5と突き放す。湾岸は4回表に代打齋のフェンス直撃の2ベースで1点、5回表に7番小沼のタイムリーで1点追加し4-5とするも、5回裏にTropicanaが2点を追加し、時間切れでゲームセット。Tropicana4-7で勝利した。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(Tropicana)
対戦ありがとうございました!
また宜しくお願い致します!
宮島様、チームの皆様対戦ありがとうございました。
引き続き宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Tropicana 14 1 そっか 3月22日(北大泉野球場)
初回からTropicana打線が大爆発!14得点を奪う猛攻で開幕コールド発進!!
【試合内容】
先攻そっか、後攻Tropicanaで試合開始。1回の裏、Tropicanaは連続四球でチャンスを作ると、3番鷲谷がライトへ3ベースヒットを放ち2点を先制する。その後も打線が爆発し初回に10点を奪う。2回には主将神谷がセンターへHRを放ち1点追加。反撃したいそっかは3回表にタイムリーで1点を返す。3回裏Tropicanaは再びチャンスで2番三ツ俣のタイムリーなどで3点を奪い試合を優位に進める。Tropicana先発熱田は4回を投げ3安打1失点と好投し、14-1でTropicanが4回コールド勝利を収めた。
(サブ取材の写真はこちら、ダイジェスト動画はこちら
【相手チームへ一言】
(Tropicana)
(そっか)
宮本様、チームの皆様対戦ありがとうございました。
今後共宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。完敗です。力をつけてまた挑戦させていただきたいです。よろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
RED SOX 6 4 ちゃんぷるーず 3月22日(大宮健保)
北川がソロ4発浴びるも粘投!常勝軍団REDSOXが今季初陣を白星で飾る!!
【試合内容】
先攻ちゃんぷるーず、後攻REDSOXで試合開始。1回裏、REDSOXは3番井上のタイムリー、5番大野の内野ゴロで2点先制。その後ちゃんぷるーずが2本のソロホームランで同点に追いつく。しかし4回にREDSOXが丸橋の犠牲フライ等で4点を追加し6-2とする。その後ちゃんぷーずも2本のソロホームランで6-4と追い上げるも、最後は先発北川が4本のソロホームランを打たれるも要所を抑え、REDSOXが6-4で勝利した。
【相手チームへ一言】
(RED SOX)
(ちゃんぷるーず)
本日は風の強い中ありがとうございました。
また、練習試合等よろしくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
今シーズンもよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
湾岸ベースボーイズ 13 3 世田谷ペンギンズ 3月22日(薬業健保)
湾岸ベースボーイズが白星スタート!相手ミスを逃さず加点し逆転勝利!!
【試合内容】
世田谷ペンギンズ先攻、湾岸ベースボーイズ後攻で試合開始。初回を共に無失点で抑え、2回のペンギンズの攻撃。5番石井がヒットで出塁し、湾岸の守備のミスでランナーが3塁まで進み、ワイルドピッチで1点先制。その裏の湾岸ベースボーイズの攻撃。四死球と5番宮島、6番内田のヒットなどで一気に5点を奪い逆転。3回ペンギンズの攻撃。満塁のチャンスから4番迎里の犠飛と5番石井のタイムリーで2点を返す。その裏の湾岸ベースボーズの攻撃。3番増田、5番宮島のヒットでチャンスを作り、ペンギンズのボークで1点を追加。湾岸ベースボーイズは4回に9番日置、1番牧のヒットと四球2つで1点を加え、5回裏の攻撃。1番牧のヒット、6番内田の3ベースヒット、5つの四死球で6点を追加し、この時点でコールドが成立。3-13で湾岸ベースボーイズが勝利。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(世田谷ペンギンズ)
対戦ありがとうございました!
また今後も宜しくお願い致します!
湾岸ベースボーイズ様、本日は強風の中、またグラウンド及び審判の手配を頂きありがとうございます。試合内容は申し訳ありませんでした。出直してきます。今後とも対戦の程、よろしくお願い致します。