TOP > Victoriaリーグ1部(2020年) > 成績表(Cブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 0 0 6 8 3
2 0 1 0 0 2 3
3 0 1 0 0 1 5
-            
-            
-            
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Cブロック星取表
   
 
 
 
 
 
 
 

1-5
② TABOO
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 

2-3
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 

5-1
 
 

3-2
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 2 3 ジャンクベースボールクラブ 6月14日(大宮健保)
島の先制打に池田の決勝打!ジャンクB.Cが昨年王者を破り開幕2連勝!!
【試合内容】
先攻:GOLGO BASEBALL CLUB、後攻:ジャンクベースボールクラブでプレイボール。1回裏、ジャンクの攻撃、1番久保がヒットで出塁すると2番高橋が送りバント成功で、1死ランナー2塁。続く3番の島がレフトオーバーの3塁打でジャンクが先制。その後、4番山崎の打席でパスボールがあり3塁走者がホームイン。初回からGOLGO先発の佐久間を攻め、1回裏が終わり2-0。3回表、GOLGO BASEBALL CLUBの攻撃。1死から8番佐久間が左中間へのヒット。続く9番川崎のサードゴロで2死ランナー2塁となり、2巡目に入る。1番吉田がライト前ヒットで2塁走者がホームインで1点を取る。4回表、GOLGO BASEBALL CLUB、クリーンナップからの攻撃。1死から4番長谷川の飛球にセンター長岡がダイビングキャッチを試みるがグラブに当たり出塁となる。続く5番奥山がレフトへのヒットで1死1、2塁。さらに6番滝口のショートゴロがダブルプレーとならず、2死1、3塁。7番大山がサードゴロを打つが、サードの斎藤がファーストへの悪送球となり、1点を返す。6回表が終わり両チーム譲らず、2-2。次の1点が決勝点になるであろう。6回裏、ジャンクの攻撃。先頭の3番、島が四球で出塁。1死で5番池田の打席で1塁ランナーの島が盗塁成功。さらにワイルドピッチで3塁にランナーを進める。ここで2ストライク追い込まれた池田が直球をライト戦にヒットを放ち追加点が入る。そして最終回。GOLGO BASEBALL CLUBも2死1、2塁とし、バッター2番の渡辺が放つ1塁線への痛烈な打球にファーストの山崎がダイビングキャッチをし、そのままベースを踏みゲームセット。3-2でジャンクベースボールクラブの勝利。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(ジャンクベースボールクラブ)
対戦ありがとうございました。
また宜しくお願い致します。
グラウンド・審判のご手配、そして初めてとなりましたが対戦ありがとうございました。皆様、個々のレベルも高く、ベンチからの声など大変勉強になりました。今後ともよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ジョルターヘッズ 1 5 ジャンクベースボールクラブ 3月22日(東綾瀬公園)
吉藤・田原・渡辺の投手リレー!ジャンクB.Cがリーグ初陣を快勝で飾る!!
【試合内容】
ジョルターヘッズ相澤、ジャンクベースボールクラブ吉藤両投手の先発。初回、ジャンクベースボールクラブは1番久保がヒットで出塁し、すかさず盗塁を決める。ここで送りバントをすると送球ミスを誘い先制する。さらに四球と野選でチャンスを作ると、内野ゴロ2つで追加点を奪う。さらに2回、四球とエラーでチャンスを作ると、久保が犠牲フライを放ち、ジャンクベースボールクラブが4点をリードする。3回ジョルターヘッズは、エラーと藤松のヒットで一三塁とすると、西濱が叩きを決めて1点を返す。ジョルターヘッズは4回から赤坂にスイッチし、味方の反撃を待つも攻略できない。6回、ジャンクベースボールクラブは高橋が内野安打で出塁。ここから盗塁2つで三塁へ進むと、吉藤がエンドランを決め追加点を挙げる。ジョルターヘッズはここで生田にスイッチし流れを変えようとする。しかし、ジャンクベースボールクラブは田原→渡辺と継投し逃げ切り。5-1でジャンクベースボールクラブが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ジョルターヘッズ)
(ジャンクベースボールクラブ)
ジャンクベースボールクラブ様、ご対戦ありがとうございました。また是非オープン戦などよろしくお願い致します。
小関様、グラウンドおよび審判のご手配ありがとうございました。ジョルターヘッズの皆様、この度は初対戦ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。