TOP > オータムカップ2019 > トーナメント表
                                      一塁側                                                                                                           三塁側                                                              DATE
TABOO 0 4 湾岸ベースボーイズ 1月13日(明治神宮野球場)
湾岸が悲願の2大会制覇達成!小山は春に続き強力打線を完封シャットアウト!!
【試合内容】
先攻TABOOの先発投手は田中、後攻湾岸ベースボーイズの先発投手は小山で試合開始。2回裏、5番藤野のレフト前ヒット、7番宮島のライト前ヒットなどで、2アウト2.3塁のチャンスを作ると、9番土屋の内野安打に送球ミスが重なり、2塁ランナーもホームイン、湾岸が2点を先制する。3回裏、2番牧がセンター前ヒットで出塁すると、盗塁を決め、0アウト2塁とチャンスを広げる。ここで迎えた、スプリングカップ決勝で猛打賞を上げた3番増田がセンター前ヒットを放ち、1点追加。4回裏、四球や9番土屋のバントヒットにワイルドピッチが重なり、湾岸が1点追加する。その後は両者無得点となり、試合終了。湾岸が4-0で勝利し、オータムカップ王者となりスプリングカップとの2冠を達成した。オータムカップのMVPには、6回完封勝利をあげた投手の小山が選ばれた。 (詳しくは近日公開の取材記事&試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(TABOO)
(湾岸ベースボーイズ)
 
対戦いただきありがとうございました!また、このような大舞台でTABOO様と対戦できたら嬉しいです。今後も宜しくお願い致します!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ちゃんぷるーず 0 2 TABOO 11月24日(八潮北公園)
TABOOが3年ぶりのファイナル進出!エース田中の完封に永富が魂のダメ押し打!!
【試合内容】
先攻TABOO、後攻ちゃんぷるーずで試合開始。試合は初回から動く。1回表、TABOOはちゃんぷるーず先発の石川投手の立ち上がりを攻め、3四球で満塁とすると、三塁手のエラーで1点を先制。しかし、後続は倒れ1点止まり。反撃したいちゃんぷるーずだったが、TABOO先発の田中の前に無得点が続く。1-0で迎えた最終回、TABOOは得点圏にランナーを進め、ここで「代打俺」。監督の永富が自ら打席に入ると、ちゃんぷるーず2番手奈良投手からライト前ヒットを放ち、貴重な1点を追加。裏の攻撃もエース田中が抑え、TABOOが決勝進出を決めた。
【相手チームへ一言】
(ちゃんぷるーず)
(TABOO)
日程調整ありがとうございました。決勝も頑張ってください。またよろしくお願いします。
ちゃんぷるーず様、グランド、審判の手配ありがとうございました!またお願いします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
湾岸ベースボーイズ 5 1 La.Men 11月24日(天王洲公園)
湾岸ベースボーイズが春に続き2大会目の決勝へ!新星La.Menの快進撃を止める!!
【試合内容】
La.Men先攻、湾岸ベースボーイズ後攻でプレーボール。1回裏、湾岸はヒットと四球で得点圏のチャンスを作ると、5番宮島がレフト前に2点タイムリーヒットを放ち先制。追いつきたいLa.Menだか、湾岸の先発投手小山に完全に押さえ込まれる形となる。2回裏、2番牧、3番藤野の連続タイムリーヒットで湾岸が2点追加。4回表、La.Menは3番中瀬俊平、4番實石航介の連打で1点返すも、後続が倒れ中々追いつく事ができない。4回裏、湾岸は2番牧のホームランで1点追加。そのまま試合は動くことなく、小山が7回完投3安打10奪三振、5-1で湾岸が決勝進出を決めた。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(La.Men)
対戦ありがとうございました!急なグランド変更にもご対応いただきありがとうございました。また今後も宜しくお願い致します!
湾岸ベースボーイズ様、対戦ありがとうございました。 負けましたが、とても楽しく試合をすることができました。 優勝目指して頑張って下さい。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Hustler 5 6 La.Men 11月17日(白井運動公園)
遠藤・丸山の気迫弾!La.Menが2度の窮地乗り越え、超劇的勝利で3部対決制す!!
【試合内容】
先攻Hustler、後攻La.Menでプレイボール。初回、互いに得点圏のチャンスを作るも、先制点を奪うことが出来ず、4回まで両投手の好投が続く中、試合が動いたのは5回表。Hustlerは1アウト後、相手エラーでランナー2塁にすると、1番間渕がレフト前に打つも、レフト丸山の好返球で先制点を阻む。しかし、2アウトからエラーが続き2,3塁となり、3番丹波佑輔がセンターオーバーのタイムリーツーベースを放ち 、2点を先制する。時間の都合上、最終回となった5回裏、追いつきたいLa.Menだが早々に2アウトを取られてしまう。しかし、1番生井沢がレフト前へヒットを放ち、2番遠藤の特大2ランHRで同点に追いつく。6回からサドンデスに入り、Hustlerは先頭5番中川が死球で1点、続く駒形がショートゴロで本塁アウトとなり、二死満塁で7番丹波誠がレフトへタイムリーツーベースを放ち、計3点で表の攻撃を終える。厳しい状況になったLa.Menはその裏、先頭が内野フライに倒れ2アウトとなるが、続く5番丸山が放った打球をレフトが目測を誤り後逸、3人のランナーが帰ってきて同点、さらに、レフトからサードへの返球が悪送球となり、バッターランナーがホームベースを踏み、La.Menがサヨナラ勝ち!!
【相手チームへ一言】
(Hustler)
(La.Men)
La.Men 大島様、チームの皆様、遠征いただきありがとうございました。次の試合も頑張ってください。また宜しくお願いします。
ありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
湾岸ベースボーイズ 4 1 ジャンクベースボールクラブ 11月17日(天王洲公園)
両エース右腕の投手戦は小山に軍配!春ファイナリスト湾岸が新星ジャンク下す!!
【試合内容】
先攻湾岸ベースボーイズは小山、後攻ジャンクベースボールクラブは吉藤の両先発投手で試合開始。両チームチャンスは作るも7回まで無得点。8回からサドンデスに入り、表の湾岸は先頭の6番小沼が左中間3点タイムリー2ベースを放ち、3点先制。続く7番土屋が進塁打で2アウト3塁。ここで7番大林(穂)の内野安打で1点追加し4-0とリードする。裏のジャンクは2アウトから押し出し四球で1点返すも後続が倒れ、4-1で湾岸が勝利。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(ジャンクベースボールクラブ)
対戦ありがとうございました!
また今後も宜しくお願い致します!
湾岸ベースボーイズの皆様、対戦ありがとうございました。以前より対戦をさせていただきたいという願いが叶いました。是非、頂点取ってください!今後ともよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
アンドバランス 0 3 ちゃんぷるーず 11月10日(大井埠頭)
大元の先制打に3投手による鉄壁リレー!ちゃんぷるーずが3大会目の準決勝進出!!
【試合内容】
先攻アンドバランス、後攻ちゃんぷるーずで試合開始。ちゃんぷるーず先発は石川。初回、2回と危なげなく6人でパーフェクトに抑える。アンドバランスの先発は池上。初回に四球を出すも、こちらも2回をノーヒットで抑える。3回のアンドバランスの攻撃、先頭を抑えるも、8番岩間にライトフェンス直撃のヒットを打たれる。しかし、後続を断ちこの回も0点に。3回のちゃんぷるーずの攻撃、先頭を抑えられるも、9番中村がヒットで出塁。1番脇がライトフライに倒れるが、2アウト3塁となる。2番大元がライトオーバーの2ベースヒットを打ち1点を先制。その直後、3番佐藤(琢)がレフトへ2ランホームランを放ち、2点を追加、3-0。その後は、両者得点できず7回で試合終了。ちゃんぷるーずは石川(3回)、相原(3回)、奈良(1回)の鉄壁投手リレーで完封勝ち。
【相手チームへ一言】
(アンドバランス)
(ちゃんぷるーず)
ちゃんぷるーず様、この度は対戦ありがとうございました。また機会がありましたら対戦をお願い致します。次戦も頑張って下さい。
グランド、審判の手配等ありがとうございました。
また機会があると思いますので、よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
BEEF MAN 0 2 ジャンクベースボールクラブ 11月3日(天王洲公園)
菅野の決勝弾に吉藤が圧巻完封ショー!ジャンクBCが新星対決制しベスト8進出!!
【試合内容】
先攻BEEFMAN、後攻ジャンクベースボールクラブで試合開始。試合が動いたのは、4回裏、ジャンクベースボールクラブの攻撃、一死から6番がセンターの頭を越えるスリーベースヒット、続く7番がライトの頭を越えるランニングホームランとなり2点を取る。以降、両投手の好投により0が並ぶ。結果、4回の2点が決勝点となり、2-0でジャンクベースボールクラブの勝利。 (詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(BEEF MAN)
(ジャンクベースボールクラブ)
田中様、チームの皆様対戦ありがとうございました。
次戦も頑張ってください。
松下様、日程のご調整、グラウンドのご手配等ありがとうございました。BEEFMANの皆様、対戦ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
La.Men 3 2 ジョルターヘッズ 10月27日(潮見野球場)
両投手1失点の好投もサドンデスで明暗!La.Menが又しても金星を挙げ8強入り!!
【試合内容】
先攻La.Men遠藤、後攻ジョルターヘッズ相澤の両投手の先発。初回La.Menは四球の1番生井沢、3番大島のセンター前ヒットでチャンスを作ると、4番實石(航)がセンターオーバーのタイムリー二塁打を放ち1点先制。さらに満塁と攻めたてるもここは相澤が踏ん張る。追いつきたいジョルターヘッズは2回裏、5番柴代がセンターオーバーの二塁打で出塁すると、7番岩澤のレフトへのタイムリーですぐさま同点に追いつく。その後は、両投手の好投により2回以降無得点で迎えた5回。ジョルターヘッズは大野のヒットと四死球で満塁と攻めたてるもホームが遠く無得点。時間の関係で6回から一死満塁のサドンデス。両チームとも偶然にも4番からの打順。La.menは實石(航)が三振で二死となるが、5番高濱が放った打球をレフトが目測を誤り、これが2点タイムリーとなる。その裏、ジョルターヘッズは藤松がショートゴロに倒れ二死。5番柴代が押し出し四球を選び1点差。しかし、6番土田がセンターフライとなりゲームセット。3-2でLa.menが接戦をものにした。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(La.Men)
(ジョルターヘッズ)
朝早くからありがとうございました。緊迫感の中で野球をする事ができ、とても楽しかったです。機会があれば、またぜひよろしくお願いします。
La.Men様、諸々ご手配ありがとうございました。
次戦も頑張ってください!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
WILL BASEBALL CLUB 0 2 ちゃんぷるーず 10月27日(篠崎公園)
三戸の好投に山崎の先制打!絶好調ちゃんぷるーずが春夏に続きベスト8進出!!
【試合内容】
先攻ちゃんぷるーず三戸、後攻WILL B.C山重の先発で試合開始。初回、WILL B.C山重の立ち上がりは危なげなく三人で終える。その裏WILL B.Cは1番井上の右前安打から一死三塁のチャンスを作り、三塁から捕手後逸の間に本塁を狙うもタッチアウトとなる。以降はちゃんぷるーず三戸が0点に抑え、両チーム無得点で初回を終える。2回ちゃんぷるーずは、5番廣田が右越安打で出塁すると7番山崎が中越二塁打で先制。WILL B.Cは6番井出、7番石西の連続安打で二死からチャンスを演出するもちゃんぷるーず三戸が要所を締めて無得点となる。3回は両者無得点に終わり、4回ちゃんぷるーずが5番佐藤の左中間三塁打、6番廣田の右前安打で追加点を獲得し、WILL B.Cを突き放す。以降は両投手好投により点は動かずゲームセット。
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(ちゃんぷるーず)
ちゃんぷるーず大元様、ならびにチームの皆様、ご多忙のところ度々の日程調整ありがとうございました。気の抜けない場面が多く痺れる試合で大変勉強になりました。練習試合等、今後もお付き合いの程宜しくお願い致します。
日程が厳しい中、調整ありがとうございました。接戦で緊迫した試合でした。また機会がありましたら、よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
葛飾セブンBBC 5 9 TABOO 10月20日(奥戸球場)
山崎の満塁弾に藤崎のダメ押し弾!強打TABOOが獅子奮迅セブンを下す!!
【試合内容】
TABOO先攻、葛飾セブン後攻でスタート。TABOOは初回、山崎の満塁ホームラン等でいきなり5点を取って優位に進める。追う葛飾セブンも1,3回に1点ずつ返す。6-2で迎えた最終回、TABOO藤崎が勝負を決めるホームランを放ち、9-5でTABOOの勝利。
【相手チームへ一言】
(葛飾セブンBBC)
(TABOO)
永富さん、チームの皆様、本日はありがとうございました。
是非、優勝してください。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Hustler 3 2 Revival 10月20日(松山下公園)
三宅(隼)が決勝打!Hustlerが1点差ゲームを逃げ切り再び下剋上達成!!
【試合内容】
先攻Hustler、後攻Revivalにて試合開始。初回Hustlerは立ちあがりを攻められず、三者凡退。逆に裏に先頭打者を死球で出すと、盗塁と送球を野手が逸らす間に三塁に進められ、内野ゴロの間に先制点を与えてしまう。しかし、2回表に4番間渕が四球を選び出塁、5番山本が左前打で続くと、6番成嶋も四球を選び、無死満塁のチャンス。7番丹波誠が三ゴロを放つと、ホームへ送球エラーとなり、その間に2人が生還して逆転。続く8番三宅隼介は中前打を放って3点目を取り、後続は倒れるも、この回に3対1と逆転。2回裏にもRevival打線に1点を返されるも、その後はお互いにチャンスを作りながら、あと1本が出ず無得点が続く。7回裏も満塁まで攻め込まれるが、丹波誠が踏ん張り3対2でHustlerの勝利。
【相手チームへ一言】
(Hustler)
(Revival)
Revival 埴原様、チームの皆様、本日は遠征いただきありがとうございました。また機会がありましたらOP戦等、宜しくお願いします。
三宅様、選手の皆様、対戦有り難うございました。
今後とも、宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
湾岸ベースボーイズ 5 2 大宮フェニックス 10月13日(天王洲公園)
小山・松岡のWエースリレー!春ファイナリスト湾岸が逆転勝利で8強入り!!
【試合内容】
先攻大宮フェニックスは永野、後攻湾岸ベースボーイズは小山の両先発でプレーボール。1回表、大宮フェニックスは2番大津の左中間スリーベースヒットでチャンスを作ると、3番下妻のレフト前ヒットで1点先制。1回裏、湾岸ベースボーイズは内野のミスで0アウト1.2塁とすると、3番増田のレフト前ヒットで2塁ランナーが還り同点に追いつく。さらに2アウト1.2塁で5番宮島がセンター前ヒットを放ち、これをセンターが後逸。バッターランナーも還り、この回一挙4得点し逆転に成功する。5回表、大宮フェニックスはこの回から登板している松岡から2アウト2塁のチャンスを作ると、1番須藤のレフト前ヒットで1点返す。6回裏、湾岸は先頭7番藤野の左中間スリーベースヒットでチャンスを作り、9番松尾のスクイズで1点追加。7回表、大宮フェニックスはランナー1.2塁のチャンスを作るも無得点。小山-松岡の継投で湾岸が5-2で勝利。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(大宮フェニックス)
対戦ありがとうございました!グランド変更など臨機応変にご対応くださりありがとうございました!今後とも宜しくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
TABOO 8 3 MilkyWave 10月13日(八潮北公園)
田中・相田が豪快弾!強打のTABOOが空中戦を制し春に続きベスト8進出!!
【試合内容】
先攻TABOO、後攻MilkyWaveで試合開始。1回表、TABOOは先頭の滝田が四球で出塁すると、4番田中の2ランホームランで先制。その裏にMilkyWaveも1番三浦のヒットでチャンスを作り、タッチアップ間に1点を返す。3回裏、MilkyWaveの2番白井が2ランホームランを放ち、ゲームは振り出しに戻る。均衡した勝負は4回、TABOOの相田の特大HRから下位打線が爆発し、平野のタイムリーヒット等で追加点をあげる。強打のTABOOがベスト8に駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(TABOO)
(MilkyWave)
日程調整ありがとうございました!
また、機会がありましたら宜しくお願いします!
この度はご対戦ありがとうございました。また、台風予報の中でのグランド確認や当日対応等も早めにご連絡をいただき、大変ありがたかったです。また機会がございましたらよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
アンドバランス 4 1 Naughty 10月6日(大宮健保)
前原・仁科の盤石リレー!2部所属のアンドバランスが葛飾に続きベスト8進出!!
【試合内容】
先攻・Naughty、後攻・アンドバランスで試合開始。1回表、Naughtyは1番按田がヒットで出塁するも後続が続かず無得点。1回裏、アンドバランスは2死からチャンスを作るもこちらも後続が続かず無得点。2回裏、アンドバランスは6番須山の四球、7番諸橋のヒット、盗塁などで無死2、3塁とすると、相手のミスで2点を先制する。4回裏、アンドバランスは5番小澤のスリーベースヒットと6番須山の死球と盗塁でチャンスを作ると、8番益子がライト前にタイムリーヒットを放ち1点を追加する。アンドバランスは6回裏にも相手のミスにより1点を追加。最終回Naughtyは1点を返すも後続が続かず4対1でアンドバランスが勝利。前原-仁科の盤石のリレーでベスト8進出を決めた。
【相手チームへ一言】
(アンドバランス)
(Naughty)
この度は対戦ありがとうございました。また日程の調整にご協力いただきありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
葛飾セブンBBC 1 0 T-Five 9月22日(大宮健保)
豊島が圧巻の完封シャットアウト!快進撃を見せる葛飾セブンが8強一番乗り!!
【試合内容】
T-Five先攻、葛飾セブン後攻で試合開始。セブンは初回、佐藤がヒットで出塁するとすかさず盗塁。その後、フィルダースチョイス等で一死2、3塁のチャンスを作ると、宮田が叩きを決め先制。その後は一進一退の攻防が続くも、セブン先発の豊島が強豪T-Five打線を散発3安打、三塁を踏ませぬ投球で虎の子の1点を守りきり、葛飾セブンがベスト8進出を決めた!
【相手チームへ一言】
(葛飾セブンBBC)
(T-Five)
小宮さま、対戦ありがとうございました。
また、是非ともよろしくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
BEEF MAN 5 0 湘南ヴァィパー 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により試合前日に対戦をキャンセルしたため、湘南ヴァィパーの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
アンドバランス 5 2 ダディーズベースボール 9月15日(大井ふ頭)
4番糟谷が逆転弾にダメ押し打!アンドバランスが2戦連続1部チーム斬り!!
【試合内容】
先攻・ダディーズベースボール、後攻・アンドバランスで試合開始。1回表ダディーズは1番西田がフォアボールで出塁すると、相手の連続ミスで2点を先制する。その裏アンドバランスは1死2塁のチャンスをつくると、3番歌川(竜)のセンターへのタイムリーツーベースと4番糟谷の2ランホームランで逆転する。2回以降両チーム無得点で迎えた5回裏、アンドバランスは2死から歌川(竜)がヒットで出塁すると、4番糟谷、5番歌川(勝)の連続タイムリーで2点を追加、アンドバランスが5-2で勝利し3回戦進出を決めた。
【相手チームへ一言】
(アンドバランス)
(ダディーズベースボール)
ダディーズベースボールの皆様、この度は遠征いただきありがとうございました。また機会がありましたら対戦をお願いいたします。
アンドバランス様、対戦ありがとうございました。
次戦もがんばってください!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
WILL BASEBALL CLUB 3 2 PIECE 9月15日(大宮健保)
山重・鈴木の継投に樋田が決勝犠飛!WILLがリーグ大会での失望を払拭!!
【試合内容】
先攻PIECE柴、WILL B.C山重が先発で試合開始。初回PIECEの攻撃、先頭打者が三塁打、2番適時打で早々と先制し流れを掴む。その後四死球を出すも要所を締めてWILL B.C山重が粘りの投球を見せる。WILL B.Cは2回裏、四球でチャンスを作ると9番井出の適時打により同点とする。以降は4回まで両投手好投により膠着状態が続き、5回から試合が動き出す。5回裏リリーフしたPIECE2番手投手を攻め立て、WILL B.Cが4番島田の適時打で1点勝ち越すも、6回表PIECEの攻撃ではWILL B.C投手鈴木のエラーでランナーが出塁すると、盗塁と続く打者の適時打で2対2同点とする。しかし6回裏、WILL B.Cは四球で出塁した石西が3塁まで進むと、1番樋田の中飛によりタッチアップでWILL B.Cが勝ち越し。7回はWILL B.C鈴木が3人で抑え試合終了。
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(PIECE)
PIECE柴様、ならびにチームの皆様、対戦時間につきまして合わせていただきありがとうございました。今回は常に気の抜けない1試合になり、素晴しい時間を過ごせました。また練習試合等お付き合いの程宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京ドナルドダック 2 5 ジャンクベースボールクラブ 9月15日(天王洲公園)
注目の新星ジャンクBBCが3回戦進出!強豪撃破でポテンシャルを証明!!
【試合内容】
先攻ジャンクベースボールクラブ、後攻ドナルドダックで試合が始まる。1回表のジャンクは1番久保がセンターへのヒットで出塁すると、2番島がライトの頭を越えるホームランで先制。3回表には二死から4番荒井の2ベースヒット、5番佐藤のライトへのヒットでジャンクが1点を追加する。その裏ドナルドダックは1死から1番バッターがデッドボールで出塁すると、すかさず2盗、3盗を決める。続く2番のセカンドゴロの間に三塁ランナーがホームを踏み、ノーヒットで1点を返す。5回表にジャンクベースボールクラブが2点を取り突き放す。5回裏ドナルドダックは、下位打線からの4連打で1点を返し、なおもノーアウト満塁のチャンス。しかしここはクリーンアップが抑えられ、試合はそのまま終了。5対2でジャンクベースボールクラブの勝利。
【相手チームへ一言】
(東京ドナルドダック)
(ジャンクベースボールクラブ)
対戦、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いします。
東京ドナルドダックの皆さま、対戦ありがとうございました。一つ一つのプレーが大変勉強になりました。今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
RED SOX 1 3 La.Men 9月15日(大宮健保)
3部優勝候補の一角La.Menが下剋上!常勝軍団REDSOXを下しベスト16進出!!
【試合内容】
先攻La.Men、後攻REDSOXで試合開始。2回までお互いチャンスを作るも無失点。試合が動いたのは3回表、先頭の遠藤がインコースをうまく捌き2ベースヒットを放つと、3番生井沢が送りバントを決め、4番實石の犠牲フライで先制する。その裏、REDSOXは2番丸橋のセンターオーバーの3ベース、3番池田のセンターへのタイムリーですぐさま追いつく。しかし4回表、La.Menはエラーとヒットで追加点をあげると、5回表には4番實石の特大ランニングホームランで2点差とリードを広げる。投げては、長濱が尻上がりに見事な投球を見せた。最終回にピンチが訪れるが、見事に切り抜け、La.Menが強豪REDSOXに3-1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(RED SOX)
(La.Men)
La.Men様、本日はありがとうございました。
ぜひまた対戦よろしくお願い致します。
痺れる試合でとても楽しかったです。
また、練習試合等よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
青木製作所Snugs 1 1 ジョルターヘッズ 9月15日(江戸川河川敷)
ジョルターが劇的勝利!最終回に平田のHRで追いつき最後はじゃんけん制す!!
【試合内容】
先攻青木製作所Snugs佐久間、後攻ジョルターヘッズ赤坂の両先発で試合はスタート。初回、ジョルターは相澤がヒットで出るも無得点。Snugsは小畑のヒットなどでチャンスを掴むも無得点。3回まで両投手が好投し無得点が続く。4回表Snugsは、一死から4番向が二塁打で出塁すると、5番千葉が三塁打で送り、6番小畑の打球が三塁手のエラーを誘い1点先制。Snugs先発佐久間は、6回までジョルターヘッズ打線を1安打に抑える好投を見せるが。しかし7回裏、ジョルターヘッズは先頭の2番平田がライトへ値千金のソロホームランを放ち同点に追いつく。さらに相澤がが出塁すると、小関の進塁打の間に相澤が好走塁を魅せ一死三塁とサヨナラのチャンスを掴む。ここでエンドランを仕掛けるも、代わった有川投手がうまく外し、サヨナラならず。時間の都合で延長にはならず、ジャンケン対決1-5でジョルターヘッズの勝利。
【相手チームへ一言】
(青木製作所Snugs)
(ジョルターヘッズ)
小関様、チームの皆様、この度は対戦ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
青木製作所Snugs様、諸々ご手配ありがとうございまいた。また毎回熱い試合をありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
大宮フェニックス 8 1 Super New 9月15日(大宮健保)
鉄腕永野が完全復活!投打の活躍を見せ、新生ヤングチームを16強へ導く!!
【試合内容】
先攻・大宮フェニックス永野、後攻・SuperNew田中の先発。1回表、大宮フェニックスは三者凡退に終わるとその裏、SuperNewは2,3番が連続四球で1死1,2塁とすると4番南雲のレフト前で1点先制する。しかし2回表、大宮フェニックスは先頭4番永野、5番出澤郁弥の連続ヒットから7番出澤泰也のエンドランで同点に追いつく。すると3回4回にも得点を重ね5対1とリードを広げる。点差を縮めたいSuperNewは4回裏に連打で2死2,3塁と一打同点の場面を作るもホームが遠い展開。大宮フェニックスは6回表に守備の乱れなどもあり2点を追加、7回に2ランホームランも出て3点追加し計8得点。投げては先発永野が初回以降完全に立ち直り10奪三振完投。8対1で大宮フェニックスが勝利した。
【相手チームへ一言】
(大宮フェニックス)
(Super New)
対戦ありがとうございました。
ありがとうございました。完敗です。
また機会があればよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
葛飾セブンBBC 2 1 全力ルパン 9月15日(柴又第ニ)
豊島が的を絞らせず!葛飾セブンがトーナメント大会初のベスト16進出!!
【試合内容】
先攻全力ルパン、後攻葛飾セブンで試合開始。1回裏、セブンは熊山の立ち上がりを攻め、守備のミスなども絡み1点を先制する。追うルパンも3回表、連続四死球からチャンスを広げ、6番熊山が自らのバットで試合を振り出しに戻す。同点で迎えた4回、セブンは宮田、佐藤の連続ヒットでチャンスを広げると進塁打の後、田中の内野ゴロで宮田が本塁に突っ込むもルパンの堅守で勝ち越しならず。しかし直後のプレーで重盗をかけるとミスを誘い佐藤が生還し勝ち越しに成功。セブン先発の豊島は緩急を巧く使った投球で的を絞らせず、散発5安打の完投で強打の全力ルパン打線を1点に抑え、葛飾セブンが嬉しい初のベスト16進出を果たした。一方ルパンは、残塁7、守備のミスが響き敗戦となった。
【相手チームへ一言】
(葛飾セブンBBC)
(全力ルパン)
宍戸さま、チームの皆さま、本日は遠方よりお越し頂き、本当にありがとうございました。今後もご交流をよろしくお願い致します。
葛飾セブン様、本日はグランド確保、審判の手配ありがとうございました。また、お互い切磋琢磨させて頂ければと思います。今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
とん吉 3 6 Revival 9月15日(夢の島野球場)
好調Revivalがオータム3回戦へ!とん吉との空中戦を制し1部の実力を誇示!!
【試合内容】
とん吉先攻、Revival後攻でプレイボール。初回とん吉は先頭がヒットで出るも盗塁失敗で3人で終わる。その裏Revivalは先頭が四球で出塁すると盗塁を決め、内野安打と四球で満塁のチャンスを作ると、1アウトから5番高橋が犠牲フライを放ち先制する。2回にもヒットと四球でチャンスを作るとパスボールで追加点、さらに3番桜井がライト前にヒットを放ち3点目。さらに3回には6番松山がライトへホームランを放ち追加点。反撃したいとん吉は4回、連続四死球でチャンスを作ると5番打者が3ランホームランを放ち1点差にする。しかし、Revivalは5回に2アウト1塁から7番榎本の左中間へのタイムリーで1点を取り、6回には1番山田がライトへホームランを放ち6点目を奪う。とん吉は7回2アウトからチャンスを作るも後続が倒れ試合終了。Revivalが3-6で勝利した。
【相手チームへ一言】
(とん吉)
(Revival)
埴原様、選手の皆様、対戦ありがとうございました。
また宜しくお願いします。
鈴木様、選手の皆様、対戦ありがとうございました。
今後ともお付き合いの程よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
T-Five 5 0 Bluewaves 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、Bluewavesの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
パンパース 0 6 ちゃんぷるーず 9月8日(善福寺川緑地)
投手王国ちゃんぷるーずが鉄壁完封リレー!注目の新星下しベスト16進出!!
【試合内容】
ちゃんぷるーずは初回、大元のヒットと相手のエラーで1点を先制。2回には、鈴木、脇、大元の3連打で2点を追加。投げては先発石川が3回を1安打に抑える好投。6回には、山崎、大元のヒットなどで3点を追加し、最後は三戸がきっちり抑え、ちゃんぷるーずが6-0での完封勝利。
【相手チームへ一言】
(パンパース)
(ちゃんぷるーず)
 
グランド・審判の手配等ありがとうございました。
また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
湾岸ベースボーイズ 6 3 Tommys baseballclub 9月8日(八潮北公園)
胡麻の決勝打に増田・近藤の投手リレー!春ファイナリスト湾岸が夏に続き16強へ!!
【試合内容】
湾岸ベースボーイズ先攻、Tommys baseballclub後攻で試合開始。1回裏、Tommysは2番斉藤、3番三浦の連打で1点先制。2回表、湾岸は押し出しで2点返し、さらに2アウト満塁で3番胡麻の走者一掃の右中間ツーベースで計5得点し逆転に成功する。3回表、1アウト1.2塁で野入のレフトへのタイムリーヒットで湾岸が1点追加。3回裏、満塁のチャンスで押し出し、内野ゴロでTommysが2点返し、6-3とする。その後は両者無得点。湾岸が、増田、近藤の投手リレーで勝利した。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(Tommys baseballclub)
対戦ありがとうございました!
また宜しくお願い致します!
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Naughty 8 6 Tropicana 9月8日(大宮健保)
4点ビハインド覆し大逆転勝利!Naughtyが劇的勝利で3回戦へ進出!!
【試合内容】
Naughty先攻、Tropicana後攻で試合開始。Tropicanaは初回、4番鷲谷の2ランHR、5番五條のライトオーバーのタイムリーで3点先制。対するNaughtyは3回に2点を返し追い上げをみせる。Tropicanaは5回から船田がリリーフし粘り強く投げるも、7回表に3連続四球でピンチを招き、石田が緊急登板するが4点を返され遂に同点となる。その裏Tropicanaはサヨナラのランナーを出すも無得点。8回表タイブレークとなりNaughtyは2点勝ち越し、その裏Tropicanaは得点できず、8-6でNaughtyが大逆転勝利を収めた。
【相手チームへ一言】
(Naughty)
(Tropicana)
齋藤様、グランド手配等ありがとうございました。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Hustler 3 0 Big Dipper 9月8日(湖北台公園)
Hustlerが下剋上!成嶋、丹波誠の完封リレーで1部BigDipperを下す!!
【試合内容】
Hustler先攻、BigDipper後攻で試合開始。4回までお互いにチャンスを作るも点が奪えず無得点が続く。試合が動いたのは5回、Hustlerは先頭の5番山本が左中間への2ベースヒットで出塁、6番中山が犠打で一死三塁を作ると7番富沢が一二塁間を抜く先制タイムリーを放つ。後続は断たれるも、続く6回には先頭の1番米本が死球で出塁、2番飯泉、3番丹波が進塁打で繋ぎ、二死三塁で4番中川が打った瞬間のレフトへの2ランHRを放ち、Hustlerが2点追加。守りは強力打線にピンチを多く背負ったが要所を締めて、終わってみれば成嶋、丹波誠の完封リレー。3-0でHustlerの勝利。
【相手チームへ一言】
(Hustler)
(Big Dipper)
BigDipper 村上様、チームの皆様、遠征いただきありがとうございました。また機会がありましたら宜しくお願いします。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MilkyWave 11 2 魔封波 9月8日(舎人公園)
打線の援護受け西が好投!MilkyWaveがサマーの壁を超え16強進出!!
【試合内容】
MilkyWave先攻、魔封波後攻でプレーボール。魔封波先発草野投手に対するMilkyWaveは初回、先頭バッターが出塁すると足を絡めて1点先制。二回にはツーアウトから9番阪本のタイムリー、三回にも加点し4-0とリードする。対する魔封波は4回、好投のMilkyWave西投手からチャンスを作ると5番大野選手の左翼ホームランで2点を返し、4-2とする。5回表、MilkyWaveは魔封波の二番手伊賀投手を攻め立て満塁とすると、5番石戸の走者一掃三塁打、更に内野安打等で6点追加して勝負あり。11-2でMilkyWaveが勝利した。
【相手チームへ一言】
(MilkyWave)
(魔封波)
ご対戦ありがとうございました。
また機会がございましたらよろしくお願いいたします。
グランド、審判の手配ありがとうございました。アップから参考になるところばかりでした。また機会があればお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブルーサンダース 8 9 TABOO 8月25日(大宮健保)
TABOOが乱打戦を制し3回戦へ!昨春覇者ブルサンは2回戦で姿消す!!
【試合内容】
先攻TABOO、後攻ブルーサンダースで試合開始。初回TABOOの攻撃、ランナー出すも後続倒れ無得点。その裏ブルサンは先頭がエラーで出塁し、ヒットと相手エラーで2点先制する。2回TABOOはヒット3本と四死球が絡み、4点を取り逆転。その裏ブルサンが四球と安打を挟み4点を取り逆転。TABOOは3回4回とHRで同点に追いつく。その後お互いチャンスを作るも生かせず、最終回TABOOは1アウト3塁とチャンスを作り、サードゴロで勝ち越す。TABOOが乱打戦を制した。
【相手チームへ一言】
(ブルーサンダース)
(TABOO)
TABOOの皆様、本日対戦ありがとうございました。
また宜しくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
青木製作所Snugs 2 1 BIGFACE 8月25日(大宮健保)
青木製作所Snugsが初戦突破!向の決勝打にルーキー佐藤(克)が完投!!
【試合内容】
先攻Snugs、後攻BIG FACEで試合はスタート。先制したのはSnugs。7番有賀のタタキで一点先制。しかしBIGFACEも4回裏に適時打で一点返し同点とする。同点とされたSnugsは、5回表に1番山口(大)と2番川村が連続ヒットで出塁すると、3番横田が犠打で一死二三塁と上位打線でチャンスメイクする。それを4番向が強烈なピッチャー強襲の適時内野安打を放ち一点勝ち越しする。6回、7回を先発佐藤(克)がピシャリと抑え、4安打無四球の好投をし、Snugsの勝利。
【相手チームへ一言】
(青木製作所Snugs)
(BIGFACE)
宮城様、チームの皆様、この度は対戦ありがとうございました、とてもポテンシャル高く強いチームでした。また機会があればオープン戦等よろしくお願いします。
青木製作所Snags様、有川様、ありがとうございました。
このまま勝ち進んでください。応援しております。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
HOT DOG 1 4 全力ルパン 8月18日(大宮健保)
木村の3ランで勝負あり!全力ルパンが宍戸の完投でHOTDOGに競り勝つ!!
【試合内容】
全力ルパン先攻、HOT DOG後攻で試合開始、2回表、全力ルパンは清水がライトオーバーのソロホームランで1点を先制。追うHOTDOGは3回裏、満塁から4番内藤のタイムリーで同点とする。1対1のまま迎えた6回表、全力ルパンはランナー1,2塁のチャンスを作ると、木村がライトオーバーの1発を放ち、3点を追加。投げては先発宍戸がそのままリードを守り、全力ルパンが4-1で勝利。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(HOT DOG)
(全力ルパン)
宍戸様、全力ルパンの皆様、この度は対戦ありがとうございました!またぜひ宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。守備面での声かけなど、大変勉強になりました。また、オープン戦等でもよろしくお願いします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
佐川グローバルロジスティクス 1 2 MilkyWave 8月18日(天王洲公園)
最終回にドラマ!MilkyWaveが三浦の劇的サヨナラ打で強豪佐川を下す!!
【試合内容】
先攻佐川グローバルロジスティクス、後攻MilkyWaveで試合開始。初回、MilkyWave先発西投手に対する佐川は1番鈴木選手が二塁打で出塁。続く2番須永選手がセーフティーバントを決めて1.3塁とすると、須永選手はすかさず盗塁を決めて2.3塁。ここで3番徳島選手がエンドランを決めて1点先制。その後はチャンスを作るも守備の好プレーに阻まれ得点ならず。対するMilkyWaveは、佐川の先発奥谷投手の前に5回まで四死球のランナー2人しか出せず、試合は1-0のまま終盤へ。6回、7回と佐川がチャンスを作るも得点ならず迎えた最終回、ここまで好投を続けていた奥谷投手が連続四球で伊藤投手にスイッチ。2アウトまで取るも、ランナー1.3塁から1番三浦選手の左中間を抜く二塁打で2点を挙げて、2-1でMilkyWaveがサヨナラ勝ち。
【相手チームへ一言】
(佐川グローバルロジスティクス)
(MilkyWave)
みんなの必死な姿勢がとても良かったです。頑張って下さい。
この度はご対戦ありがとうございました。
また機会がございましたらよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ダディーズベースボール 4 1 スタイガー 8月18日(大宮健保)
佐藤(亮)が2試合連発!ダディーズが吉川・西田の年の差リレーで2回戦へ!!
【試合内容】
先攻ダディーズ、後攻スタイガーで試合開始。ダディーズは1回表、1番西田が死球、2番平沢が右中間を抜ける2塁打で無死2塁3塁とすると、3番長谷川のセカンドゴロの間にダディーズが1点を先制する。更に4番佐藤亮が2試合連続となるレフトオーバーのホームランを放ち、ダディーズが3点を取り幸先よいスタートを切る。更に2回表、2死1塁2塁のチャンスを作り、2番平沢がライト前のタイムリーヒットを放ち追加点をあげる。しかし、スタイガーも2回裏に反撃開始。ダディーズ先発吉川を攻め、吉野のタイムリーで1点返し、尚も2死満塁まで攻めるも後続を断たれて1点どまり。その後3,4,5回とスタイガーがチャンスを作るも、3回から登板の西田が無失点に切り抜け、試合はこのまま4対1でダディーズが勝利し、2回戦に駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(ダディーズベースボール)
(スタイガー)
スタイガーの皆様、小西様、対戦ありがとうございました!
またオープン戦等よろしくお願いします!!
ダディーズの皆様この度は対戦ありがとうございました。いつもギリギリの試合展開しびれます。また、対戦する機会があると思いますので今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Tommys baseballclub 2 0 相模KOT'S 8月18日(上丸子天神)
藤田が無四球完封!Tommysが春ファイナリストKOT'Sを下し2回戦進出!!
【試合内容】
先攻・相模KOT'S吉田(正)投手、後攻・Tommys藤田投手で試合開始。初回相模KOT'Sは1アウト三塁までランナーを進めた後、サードゴロの間にホームを狙うが間一髪でタッチアウトになる。序盤から投手戦となる中、4回裏Tommysの攻撃は、4つの四死球で1点を先制。さらに6回裏には代わった相模KOT'S上田投手から3番富山の左中間へのツーベース、4番小菅の内野強襲ヒットで1.3塁としパスボールの間に1点を追加。最終回、相模KOT'Sの代打攻勢に合うものの無失点で切り抜け、藤田投手の無四球完封でTommysが2-0で勝利した。
【相手チームへ一言】
(Tommys baseballclub)
(相模KOT'S)
相模KOT'Sの皆様、この度は対戦ありがとうございました。いつも僅差のゲームで痺れます。またの機会に対戦宜しくお願いします。
Tommys BCの皆様、対戦ありがとうございました。素晴らしい守りで完敗でした。また対戦よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Rossowave 5 11 Revival 8月18日(我孫子市営球場)
4番小林が先制柵越え弾!Revivalが初回から打者一巡の猛攻を見せ7得点!!
【試合内容】
Rossowave先攻、Revival後攻で試合開始。先取点を奪ったのはRevival1回裏の攻撃。Rossowave先発の岡本を攻め、四球でランナーをためると、一死一二塁から4番小林がレフトスタンドへスリーランホームランを放ち3点を先制する。更に攻撃の手を緩めず、長短打を絡めて4点を追加し、打者一巡の猛攻で初回に7-0とする。Rossowaveは2回途中から2人目・雑賀が登板も流れを止められず、Revivalは3回裏にも3番桜井、5番高橋のタイムリーなどで4点を追加し11-0とリードをひろげる。点差を広げられたRossowaveは4回表に反撃開始。小島の2点本塁打、真島のソロホームラン、中村のタイムリーなどで一挙5点を奪い11-5と追いすがる。しかし、時間の都合上最終回となった5回表は三者凡退となり、Revivalが11-5で勝利した。
【相手チームへ一言】
(Rossowave)
(Revival)
対戦ありがとうございました。
土井様、選手の皆様、対戦ありがとうございました。はじめての対戦となりましたが、今回を機に今後ともお付き合いのほど宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
CHUYANS+ 2 3 WILL BASEBALL CLUB 8月18日(大宮健保)
春夏のリベンジ誓うWILLが2回戦へ!3投手による継投で逃げ切り勝利!!
【試合内容】
先攻CHUYANS+汐田、後攻WILL B.C山重が先発で試合開始。初回にCHUYANS+が1点を先制すると、2回も満塁まで攻め込むがここはWILL B.C山重が粘り0点で乗り切る。一方WILL B.Cは初回・2回と抑え込まれ、序盤はCHUYANS+が流れを作る。3回からWILL B.Cは鈴木へ継投。両チーム投手好投により無失点に終わる。4回・5回CHUYANS+が無失点の間にWILL B.Cは4回に2点、5回に1点と逆転・追加点をもぎ取る。時間制限により最終回となった6回、CHUYANS+は死球で先頭打者が出塁すると、無死1塁から継投したWILL B.C石西を攻め立て1点を返す。続くピンチの場面は石西が踏ん張り、3対2でWILL B.Cが逃げ切った。
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(WILL BASEBALL CLUB)
WILL BASEBALL CLUBの皆様、暑い中対戦ありがとうございました。大変気持ち良く試合を行うことができました。今後とも宜しくお願い致します。
CHUYANS+中溝様、ならびにチームの皆様、日程調整およびグランドの確保ありがとうございます。また暑い中遠征頂き感謝いたします。最後まで気の抜けないタフな試合となり貴重な財産になりました。今後とも練習試合等、お付き合いの程宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
La.Men 11 4 Bounce B.C. 8月18日(大宮健保)
實石兄弟がアベック弾!3部で快進撃を見せる新星La.Menが2回戦進出!!
【試合内容】
先攻La.Men、後攻Bounce B.C.でプレイボール。初回、2アウト2塁で、4番實石(弟)の特大HRでLa.Menが2点先制。その裏、La.Men先発の遠藤が三者凡退と見事な立ち上がりを見せる。2回表には8番實石(兄)がライトへのHRで差を広げる。3回表にはヒットと四死球で3点の追加点を奪うと、その裏Bounce B.C.が意地を見せる。ヒットとHRで3点を返すと、La.Menも負けじと4回表に3点を取り返す乱打戦になる。その後もお互い点を取り、11対4とLa.Menが乱打戦を制した。
【相手チームへ一言】
(La.Men)
(Bounce B.C.)
日程調整などしていただきありがとうございました。
機会があれば、練習試合等宜しくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
湾岸ベースボーイズ 5 0 Nomad.Yankees 8月18日(天王洲公園)
宮島の先制打に小山・松岡の完封リレー!春ファイナリスト湾岸が初戦突破!!
【試合内容】
Nomad.Yankees先攻、湾岸ベースボーイズ後攻で試合開始。1回裏、湾岸は1番増田がレフト前ヒット、2番牧が内野安打で出塁。2者凡退で2アウトとなるもの、5番宮島のライトオーバー2ベースヒットで2点先制。2回裏、7番荒井が内野安打で出塁し、ランナーを進め2アウト2塁とすると、1番増田の右中間へのホームランで湾岸が2点追加。4回裏、2アウト1.3塁で、3番藤野のライト前ヒットで1点追加し、5-0と湾岸がリードを広げる。6回表、Nomad.Yankeesはチャンスを作るも時間切れで試合終了。湾岸は小山‐松岡の完封リレーで2回戦進出決めた。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(Nomad.Yankees)
対戦ありがとうございました!
今後とも宜しくお願い致します!
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
SAMURAI.BOYS 2 7 ちゃんぷるーず 8月18日(大宮健保)
鎌田の先制弾に三戸の完投!ちゃんぷるーずがサムライ下し2回戦へ!!
【試合内容】
ちゃんぷるーず三戸投手、サムライボーイズ河行投手でゲームスタート。先攻ちゃんぷるーずは2死から3番今村選手が安打で出塁すると、4番鎌田選手がレフトへホームランを放ち先制。3回にも大元選手がエンドランを決め追加点を取り、ゲームを有意に進める。サムライは3回に2死1、3塁のチャンスを作るが後続が倒れチャンスを物にできない。しかし4回、最年長石崎がレフトへツーランホームランを放ち1点差に追い上げる。ちゃんぷるーずは5回、河行から変わった石崎の乱調を攻め、4点を取り勝負あり。投げては三戸が暑さの中完投し、ちゃんぷるーずが7-2で勝利した。
【相手チームへ一言】
(SAMURAI.BOYS)
(ちゃんぷるーず)
大元様、ちゃんぷるーずの皆様ありがとうございました。
やはり想像以上に強い野球を感じる事ができ勉強になりました。今後もよろしくお願いします。
グランド・審判の手配など、ありがとうございました。
またよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
T-Five 7 0 はちみつハニー 8月18日(薬業健保)
T-Fiveが初戦突破!ハニーを完封で下し春夏のリベンジへ好スタート!!
【試合内容】
はちみつハニー先攻、T-Five後攻でプレイボール。1回裏にT-Five打線がハニー先発今藤稜を攻め立てて怒涛の7得点を挙げる。しかしその後は一気に沈静化し両チーム無得点。ハニーも5回に0アウト1塁3塁のチャンスを作るが、4番からの好打順で得点できず。結果0-7でT-Fiveが次戦にコマを進めた。
【相手チームへ一言】
(T-Five)
(はちみつハニー)
 
試合調整並びに審判派遣ありがとうございました。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
我孫子フラワーズ 1 4 とん吉 8月18日(湖北台球場)
とん吉が夏に続き初戦突破!我孫子は反撃を見せるも実らず惜敗!!
【試合内容】
我孫子フラワーズ先攻、とん吉後攻でプレイボール。初回我孫子フラワーズの攻撃、2番打者が内野安打で出塁。2アウトになり4番打者がライト前にヒットを放つが、ライトの好返球で1塁ランナーをアウトにし無得点。その裏、とん吉の攻撃は先頭打者が右中間に2塁打を放つ。続く2番が送りチャンスを作ると、3番打者の時に相手のミスをつきホームインし、とん吉が先制する。我孫子フラワーズは2回3回とチャンスを作るもとん吉が守りきる。とん吉も3回に2アウト満塁とチャンスを作るも無得点。お互いチャンスをものにできない中、4回我孫子フラワーズの攻撃は、先頭の5番打者が左中間に2塁打を放つと、次が倒れるも7番が送り、8番打者が左中間に2塁打を放ち同点に追い付く。しかし5回とん吉の攻撃、先頭が倒れるも9番打者が左中間に2塁打に放つ。2アウトになるも2番打者が四球で2アウトながら1塁2塁とチャンスを作り、3番打者がライトに3ランホームランを放ちとん吉が勝ち越す。その後、我孫子フラワーズは再三チャンスを作るもとん吉の投手の粘りの投球を前に無得点に終わりゲームセット。4-1でとん吉の勝利。
【相手チームへ一言】
(我孫子フラワーズ)
(とん吉)
本日は我孫子市までお越しいただきありがとうございました。
またの機会ありまたらよろしくお願いします!
我孫子フラワーズの皆様、北澤様、グラウンド、審判の手配ありがとうございました。また対戦宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
萩中サンダース 1 3 BEEF MAN 8月18日(天王洲公園)
エース岡本が完投勝利!BEEFMANが60分の超短時戦を制し1回戦突破!!
【試合内容】
先攻萩中サンダース、後攻BEEF MANで試合開始。BEEF MAN先発岡本は、先頭バッターを内野フライに打ち取るもサード小室が強引にタックルし、岡本はまさかの負傷スタートとなる立ち上がりとなった。それでも2回裏、BEEF MANはヒットでチャンスを作ると、8番安川が犠牲フライを放ち1点先制。3回表、萩中サンダースも永松のタイムリースリーベースで同点に追いつく。 勝ち越したいBEEF MANはその裏、4番橋本がレフトフェンス直撃のタイムリーを放ちリードを奪う。5回にもBEEF MANは4番橋本が2打席連続となるレフトフェンス直撃の一打を放ち3-1と試合を優位に進め、投げては先発岡本が7回2安打1四球の完投でBEEF MANの勝利。ゲームは岡本、相澤の両先発がテンポの良い投球で60分で試合終了となった。
【相手チームへ一言】
(萩中サンダース)
(BEEF MAN)
暑い中お疲れ様でした。草野球史上最速ともいえる試合時間だったのではないでしょうか。また機会があれば是非ともよろしくお願い致します
相澤様、チームの皆様対戦ありがとうございました。また、グランド手配等も大変助かりました。今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
吉岡クラブ 1 2 アンドバランス 8月11日(大宮健保)
アンドバランスが下剋上!小澤のサヨナラ打で吉岡クラブを下す!!
【試合内容】
先攻・吉岡クラブ、後攻・アンドバランスで試合開始。初回はランナーを出すも両チームとも無得点に終わる。2回表、吉岡クラブは相手のミスでチャンスをつくると、8番小野田のファーストゴロの間に1点を先制する。対するアンドバランスは4回裏、1死から3番歌川(竜)の3塁打でチャンスをつくると、続く4番糟谷の3塁打で同点に追いつく。4回以降は両チーム得点を奪えず、試合はサドンデスへと突入。3回からマウンドに上がった仁科が吉岡クラブの攻撃を押さえると、その裏アンドバランスは2死から6番小澤がライトへサヨナラタイムリーを放ち2-1でアンドバランスが勝利した。
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(アンドバランス)
アンドバランスの皆様対戦ありがとうございました!次も頑張ってください!今後も引き続きよろしくお願い致します!
吉岡クラブ様、この度はグランドの確保及び審判の手配ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
青霧 2 4 Super New 8月11日(猿江恩賜公園)
4番南雲が先制弾含む4打点の活躍!SuperNew昨夏の再現なるか!?
【試合内容】
先攻青霧、後攻SuperNewで試合開始。1回裏、2アウトから3番大島が2ベースで出ると4番南雲がライトフェンスを越える2ランでSuperNewが先制。さらに3回裏、またも南雲がレフト前タイムリーで1点追加。対する青霧はランナーを出すも後が続かず、ホームが遠い展開。5回裏、またも1.3塁のチャンスで南雲が本日3回目のタイムリーで1点追加し、SuperNewが点差を広げる。しかし6回表、ついに青霧が反撃を開始。1アウトから2.3番が連続2ベースヒットで1点を返すと、その後内野ゴロの間にさらに1点追加。しかし反撃もそこまで。4-2でSuperNewの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(青霧)
(Super New)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
本日はグラウンド手配からありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
PIECE 6 3 漁火 8月11日(大宮健保)
斎藤・坂東の豪快HR!初代王者・PIECEが空中戦を制し2回戦進出!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻漁火で試合開始。PIECEは初回から漁火先発の町田を攻め、本木、坂東の連打で先制すると、二死から漁火のまずい守備も重なり、更に2点を追加。試合の主導権を握る。一方、漁火もこの日1番にはいった中野が安打で出塁するも、後続が続かず0点。追加点の欲しいPIECEは3回、高野の代わりに4番に入った斎藤が打った瞬間それとわかる特大の一発を放つと、その裏漁火も負けじと高倉が一発を放つ。さらに5回には5番福田の三塁打で1点ずつ奪い互いに譲らない展開に。しかしPIECEは坂東にも一発が飛び出して漁火を突き放すと、最終回の漁火の猛反撃を振り切り6-3でPIECEが勝利。オータムカップ2連覇へ向け、順調に1回戦を突破した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(漁火)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
PIECE様、この度は、グラウンド及び審判の手配ありがとうございました。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
TABOO 5 2 立飛 8月11日(草加工業団地)
相田・田中の鉄壁リレー!春4強のTABOOが期待の新星立飛を下す!!
【試合内容】
TABOOは初回、2ランホームランで先制するなど5得点。投げては相田が6回途中まで好投を見せ、最後は田中が抑えて勝利。立飛はチャンスで一本が出ず、終始相手にリードされる展開だった。
【相手チームへ一言】
(TABOO)
(立飛)
予定合わせてもらえてありがとうございました!
また機会がありましたらよろしくお願いします。
とても勉強になりました!ありがとうございます。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Big Dipper 5 4 Angelwings 8月11日(大宮健保)
主将阿部が決勝打!Big Dipperが新星との激闘を制し2回戦進出!!
【試合内容】
先攻BigDipper、後攻AngelWingsで9時試合開始。1回表、BigDipperは3番山田・4番平野の連打で2点を先制。対するAngelWingsは3回裏、エラーと進塁打で1死3塁とし、ここで9番中泉がヒットを放ち1点を返す。2-1となった4回表、BigDipperは単打と四球で1死満塁のチャンスを作り、8番宮本がセンター前にヒットを放ち2点を追加。その裏AngelWingsも1点返し4-2とすると、7回裏2死から2ランホームランが飛び出し、AngelWingsが土壇場で4-4の同点に追いつく。サドンデスへ突入した8回表、BigDipperは1番阿部のレフト前ヒットで1点勝ち越し。その1点をBigDipperが守り切り5-4で勝利した。
【相手チームへ一言】
(Big Dipper)
(Angelwings)
酒井様・チームの皆様、本日は炎天下の中、対戦ありがとうございました。機会がございましたら、また宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。グラウンド、審判手配もありがとうございました。またどこかで対戦する機会ありましたらよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
葛飾セブンBBC 7 6 SKグリーターズ 8月11日(柴又第二)
葛飾セブンが壮絶な乱打戦を制す!SK怒涛の追い上げも実らず!!
【試合内容】
SKグリーターズ先攻、葛飾セブン後攻で開始。先制点を奪ったのは、2回裏葛飾セブンの攻撃。4番佐野間が内野安打で口火を切ると、1死3塁から小堀が中前タイムリーで先制。3回にも新妻に2ラン等で4-0と優位に進める。追うSKグリーターズは4回、セブン先発の豊島を攻め立て、先頭の山本の四球を足がかりに、9番西村のタイムリーで1点を返す。さらに、SKグリーターズは5回表に怒涛の攻撃で4-4の振り出しに戻した。しかしセブンは6回に宮田の2ラン、7回にも森田の叩きが決まり、7-4と勝負あったかと思われた。しかし最終回、SKグリーターズは09夏甲子園決勝を彷彿させる日本文理並み怒涛の追い上げを見せ、1点差まで迫るも最後はサードライナーでゲームセット。何とか凌ぎきった葛飾セブンが2回戦にコマを進めた。
【相手チームへ一言】
(葛飾セブンBBC)
(SKグリーターズ)
山田さん、西村さん、本日は暑い中、お越し頂き誠にありがとうございました。試合に勝敗はつきますが、それ以上に見ていてもお金が取れそうな位の好ゲームでした。これからもご交流宜しくお願い致します。以上
佐野真様、葛飾セブンの皆様、対戦ありがとうございました!並びに審判グラウンドの確保ありがとうございました。またオープン戦等よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
セカンドステージ 2 6 Hustler 8月11日(大宮健保)
米本のダメ押し弾に成島の完投勝利!下剋上を狙うHustlerが1回戦突破!!
【試合内容】
先攻Hustler、後攻セカンドステージで試合開始。セカンドステージ先発の和深が初回ランナーは出すもなんとか0点で切り抜ける。その裏、セカンドステージは先頭の白井が2ベースで出塁し、2番に抜擢された佐藤のタイムリーで先制。Hustlerは2回表、この回先頭の5番丹波誠が左前打で出塁。6番原園が進塁打を打つと相手にミスが出て無死一三塁のチャンス。ここで7番岩内が一二塁間を鋭く抜く右前打を放つと、相手ライトが後逸し、一気に打者走者が三塁に進んで逆転する。続く8番三宅隼介は追い込まれるも中前打で3点目。9番藤原は初球を犠打できっちり送ると、1番米本が右中間へHRで一挙5点と試合の流れを掴む。2回裏にセカンドステージが1点返すが、その後は両投手が踏ん張り0点が続く展開。Hustlerは5回表に先頭の2番成嶋が右中間へ二塁打でチャンスを作ると、3番齊藤、4番中川がセンターへ連続犠飛で1点追加する。先発の成嶋はランナーを背負うも粘り強く投げて2回以降は無失点。時間の都合で6回となったが完投勝利をあげた。
【相手チームへ一言】
(セカンドステージ)
(Hustler)
三宅様ご調整ありがとうございました。Hustlerの皆様遠征ありがとうございました。また対戦お願いします。
セカンドステージ様本日は、球場手配等していただきありがとうございました。また機会がございましたら宜しくお願いします。暑いなかありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
パンパース 6 1 REINERS 8月11日(篠崎公園B)
夏の雪辱を誓うパンパースが初戦突破!投手戦もREINERS及ばず!!
【試合内容】
初回、パンパースがいきなり2点を先制。その裏にREINERSが1点を返し2-1。その後は両投手の好投により0失点が続くが、終盤パンパースが四球やヒットで4点を追加しそのまま試合終了。パンパースが6-1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(パンパース)
(REINERS)
対戦ありがとうございました!
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ジョルターヘッズ 5 0 CHUYANS 不戦試合
<試合内容>
試合開始予定時刻までに選手が9名揃わず、ジョルターヘッズの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Bluewaves 5 0 GYUDONS 不戦試合
<試合内容>
試合開始予定時刻までに選手が9名揃わず、GYUDONSの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブルーサンダース 5 0 相模原ウインズ 不戦試合
<試合内容>
試合開始予定時刻までに選手が9名揃わず、相模原ウインズの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
アンバージャック 0 1 湘南ヴァィパー 8月4日(多摩川ガス橋)
加賀美が被安打2の快投!注目の新星・湘南ヴァィパーが完封発進!!
【試合内容】
先攻湘南ヴァイパー、後攻アンバージャックで試合開始。互いの投手が好投する中、均衡を破ったのは5回、湘南は9番小島がエラーで出塁すると、続く1番豊田の2塁打で1アウト2,3塁のチャンスを作り、2番土屋がエンドランを成功させ1点を先制。湘南先発加賀美は被安打2、四死球0で二塁を踏ませないピッチング。試合はそのまま1-0で湘南ヴァイパーが勝利した。両先発が好投を見せる締まった試合だった。
【相手チームへ一言】
(湘南ヴァィパー)
(アンバージャック)
対戦ありがとうございました。グランド手配や審判手配まだありがとうございます。また機会があればよろしくお願いします。
篠崎様。試合開始前、バタついてしまい申し訳ございませんでした。試合は非常に痺れる試合で、湘南ヴァィパー様のチーム力や加賀美投手には脱帽でした。優勝に向かってぜひこのまま勝ち進んでください!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Naughty 9 2 ブリューウェーブ 8月4日(大宮健保)
初回から打者一巡の猛攻!Naughty柳田(健)が気迫漲る完投勝利!!
【試合内容】
Naughty先発は柳田健でスタート。初回、Naughtyは打者一巡の猛攻で一挙4点を奪う。その後も齋藤大陽、山口の2安打や小野寺のホームランなどで9得点。投げては柳田健が酷暑の中、粘りのピッチングでNaughtyの勝利。
【相手チームへ一言】
(Naughty)
(ブリューウェーブ)
対戦ありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
VICTORYS 1 2 Tropicana 8月4日(大宮健保)
技巧派右腕・熱田が好リリーフ!Tropicanaが接戦を制し2回戦進出!!
【試合内容】
VICTORYSは初回、3番設楽がライトへ抜ければHRとなる完璧な当たりを放つも、ライト松下が攻守を見せ無得点。3回表、Tropicanaはランナー1.3塁のチャンスに5番渡辺がセンターへタイムリースリーベースを放ち2点を先制する。一方のVICTORYSは5回裏にリリーフした技巧派右腕・熱田を攻め1点を返す。6回裏にもノーアウト満塁の最大のチャンスを作るも、熱田が粘りきり無得点。最終回も熱田が打たせてとるピッチングでVICTORYS打線を抑え込み、2-1でTropicanaが勝利を収めた。
【相手チームへ一言】
(VICTORYS)
(Tropicana)
ありがとうございました。
北住様、チームの皆様対戦ありがとうございました。
今後共宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MR.cherryboys 0 5 東京ドナルドダック 8月4日(大井ふ頭公園)
ベテラン根岸が流石の投球!途中出場大石の活躍も光りドナルドが2回戦へ!!
【試合内容】
先攻ドナルドダック、後攻チェリーボーイズで試合が始まる。お互い2回まで無得点で進むが、3回表、ドナルドダックはツーアウトから9番桝本のツーベース、1番谷田の四球でチャンスを作ると、2番並木のツーベースヒットで先制する。5回表にも、代打の立石のホームランで3対0。その後、3番のセンター前ヒットとワイルドピッチでノーアウト2塁となり、4番下地のタイムリーで2点を追加。最終回にもツーアウトから死球と盗塁でツーアウト2塁となり、立石がライト前にタイムリーを放ち5対0。投げては先発の根岸が暑い中、2安打完封。5対0でドナルドダックの勝利。
【相手チームへ一言】
(MR.cherryboys)
(東京ドナルドダック)
東京ドナルドダック 田村様、本日はお暑い中、ありがとうございました。MR.cherry boys 門池
暑い中、対戦ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 2 7 大宮フェニックス 8月4日(大宮健保)
大宮フェニックスが最高峰リーグ対決を制す!サマーに続き初戦を突破!!
【試合内容】
GOLGO林田、大宮フェニックス永野の先発でゲームスタート。GOLGOは初回に1アウト満塁のチャンスをつかむも後続が倒れ無得点に終わる。その裏、大宮フェニックスは2アウト2塁から4番永野がライト前タイムリーを放ち2点、続く5番出澤の3塁打で初回2点を先制する。大宮フェニックスは2回にも四死球や連打で4点を追加。GOLGOは本多のタイムリーなどで2点を返すが反撃もそこまで。大宮フェニックスが7-2で勝利した。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(大宮フェニックス)
対戦ありがとうございました。
またよろしくお願いします。
久田様グランド審判手配ありがとうございました。
また対戦お願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
魔封波 5 0 SG TOKYO 不戦試合
<試合内容>
試合開始時刻までに選手が9名揃わず、SG TOKYOの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ジャンクベースボールクラブ 5 0 GOLDENCLUB 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、GOLDENCLUBの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
RED SOX 5 0 サンライズ 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、サンライズの不戦敗。