TOP > サマーカップ2017 > トーナメント表
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
RED SOX 3 0 相模KOT'S 10月8日(大宮健保)
【本部コメント】
終盤に決したゲーム!REDSOXがワンチャンスをモノにし、4年ぶりのベスト4!!
【試合内容】
先攻の相模KOT'Sは泉投手、後攻のREDSOXは吉田投手で試合開始。共にヒットやフォアボールなので出塁はするものの両投手の好投により、序盤中盤と得点できず。0-0のまま迎えた6回裏、REDSOXは先頭の中林がフォアボールで出塁。その後、4番は崩れたものの代打で出た宮崎がレフト前にヒットを放ちREDSOXが先制する。ここまで泉投手に抑えられていた打線も目を覚まし、さらにヒットで2点追加する。最終回、ノーアウトからランナーが許し、ピンチを背負うがここも吉田がしっかりと抑え、そのまま3-0でREDSOXが勝利。スプリングカップに続き準決勝進出を決めた。
             エースの貫禄を示した 吉田投手
【相手チームへ一言】
(RED SOX)
(相模KOT'S)
相模KOT'S様。対戦ありがとうございました。
また、よろしくお願い致します。
REDSOXの皆様、対戦ありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
TABOO 0 6 クーニンズ 10月8日(工業団地公園)
【本部コメント】
投打で圧倒したクーニンズがベスト4!初参戦でのファイナル進出に王手!!
【試合内容】
先攻TABOO、後攻クーニンズで試合開始。1回裏クーニンズの攻撃、2,3塁のチャンスで4番前沢の2点タイムリー三塁打などで3点先制。その後、4回裏に9番木村、5回裏に前沢のソロホームランなどでクーニンズは得点を6点とした。投げてはクーニンズ先発・山口は4回を無失点。その後3投手のリレーで無失点で抑えた。TABOOの先発・永冨は力投を見せ、6回を1人で投げ抜いた。クーニンズが6対0で勝利し、準決勝進出を決めた。
             4打点の活躍を見せた 前沢選手
【相手チームへ一言】
(TABOO)
(クーニンズ)
 
グラウンドの手配等ありがとうございました。
また対戦よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
吉岡クラブ 5 4 Tommys baseballclub 10月1日(大宮健保)
【本部コメント】
8強最後の猛者は吉岡クラブ!シーソーゲームの幕切れはサヨナラ決着!!
【試合内容】
先攻Tommys黒木、後攻吉岡クラブ菊池の先発で試合開始。吉岡クラブは初回に菊池のタイムリーで先制し、続く2回には渡辺大佑のソロホームランで更に得点を重ねる。対するTommysは4回表、4番富山にツーランホームランが飛び出し同点に追いつく。追いつかれた吉岡クラブはその裏、先頭の菊池がレフト前ヒットで出塁すると、続く5番豊田が打った瞬間にわかるツーランホームランで再び逆転に成功。しかし直後の5回表、Tommysはツーアウトながら満塁のチャンスを作ると、3番黒木がカウント3-2からセンター前に2点タイムリーを放ち再び同点に追いつく。時間の関係上最終回となった6回。Tommys黒木の攻撃を0に抑えた吉岡クラブは、先頭の菊池がフルカウントまで粘り四死球を奪う。続く豊田がセンター前にクリーンヒットを放って、ノーアウト1、2塁。 続く穂積が確実に送りバントを決めて、1アウト2、3塁。ここで打者榎本の初球にエンドランをかけるが失敗となり、3塁ランナー菊池はなんとか帰塁するも、豊田の代走で出た竹谷がアウトとなり、2アウト3塁。しかし2球目を榎本が完璧にセンターへ放ち、吉岡クラブがサヨナラ勝ちを収めた。
             サヨナラ打を放った 榎本選手
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(Tommys baseballclub)
Tommys baseballclub様、今回は対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
吉岡クラブの皆様、対戦ありがとうございました。非常にレベルの高い野球を見せていただき、自分たちはまだまだだと痛感しました。また鍛え直しますので、是非再戦宜しくお願いします。優勝目指して頑張ってください!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MKY88 2 8 相模KOT'S 9月24日(大宮健保)
【本部コメント】
相模KOT'Sが昨年覇者MKY88を撃破!好調打線が機能し空中戦を制す!!
【試合内容】
先攻のMKY88は中島投手、後攻の相模KOT'Sは吉田(正)投手の先発マウンドで試合開始。先発は1ヶ月半ぶりの参加となるエース吉田(正)。 2回表のMKY88は石塚がライトへソロホームランわ放ち1点先制。追う相模KOT'Sは3回裏に萩原が右中間へツーベースを放ち、重文字が送りバント、加藤がライトへツーランホームランを放ち2-1と逆転する。さらに5回裏には一死から萩原がセンター前に落とし、すきを見て二塁まで進む。その後、重文字の内野安打、加藤の一塁線を破るヒットで1点追加。中村の内野安打でさらに1点。2死一、三塁から吉田(直)が右中間へスリーランを放ち7‐1とする。MKY88も6回表に倉田がレフトスタンドにソロホームランを放ち7‐2とする。 相模KOT'Sは6回裏に座間がセンター前、重文字の二塁打、加藤のライト前で1点を追加。 最終回、疲れの見えた吉田(正)に代わり上田がマウンドへ上がり、MKY88打線を抑え8‐2で相模KOT'Sの勝利。
             好投を見せた 吉田(正)投手
【相手チームへ一言】
(MKY88)
(相模KOT'S)
遠くからありがとうございました。
また、機会がありましたらよろしくお願いします。
MKY88の皆様、グランド手配などありがとうございました。
また機会がありましたら、対戦よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
大宮フェニックス 2 1 NTスコーピオンズ 9月24日(大宮健保)
【本部コメント】
サドンデスで分かれた明と暗!大宮フェニックスが劇的サヨナラで3年連続ベスト8!!
【試合内容】
NTスコーピオンズ延島、大宮フェニックス永野の両エースの先発でゲームスタート。初回大宮フェニックス連打で1アウト1.3塁のチャンスを作るが、4番橋本がゲッツーに倒れ先制のチャンスを逃す。その後はお互いランナーを出すもののなかなか得点を奪えない。5回まで永野の前にノーヒットに抑えられていたNTスコーピオンズだったが、6回表に佐々木がデットボールで出塁、盗塁でランナーを2塁に進めると、5番延島がレフトに待望の先制タイムリーを放ちNTスコーピオンズが先制。しかしその裏大宮フェニックスは2アウトランナー1.2塁から5番大谷がタイムリーを放ち同点。7回はお互い無得点となり8回からサドンデスに入る。表のNTスコーピオンズは前の回から変わった大宮フェニックス守護神猪岡の前に無得点。その裏大宮フェニックスは2番長岡がライト線にタイムリーを放ちサヨナラ勝ち。2対1で大宮フェニックスが勝利した。

(詳しくは取材記事・試合動画へ)
             MVPに輝いた 長岡選手
【相手チームへ一言】
(大宮フェニックス)
(NTスコーピオンズ)
NTスコーピオンズ鎌田様、選手の皆さん対戦ありがとうございました。今後ともオープン戦などでのお付き合いよろしくお願い致します。
この度はグランドの手配等、ご調整頂きありがとうございました。
また機会がございましたら宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
スタイガー 1 2 TABOO 9月24日(江戸川区球場)
【本部コメント】
好投手対決は幸田に軍配!TABOOが2年連続の8強入りを果たす!!
【試合内容】
先攻TABOO幸田、後攻スタイガー目代の両先発で試合開始。立ち上がり両チームともに無得点。先制したのはTABOO、3回表に一死2塁から夏目がライトオーバーで先制、続く3番藤崎のセンター前ヒットで2点目をあげる。その後スタイガーもチャンスを作るも得点まであと一本が出ずに終盤へ。6回裏、スタイガーもエラーと阿部のタイムリーヒットで1点を返すが反撃もここまで。最後は幸田が3人で締めてゲームセット。TABOOが2-1で勝利した。
             決勝打を放った 藤崎選手
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(TABOO)
永富さん、選手の皆さん、この度は対戦ありがとうございました。いつもながら大変緊張するゲームになりますね。毎回楽しく野球をやらせて頂いてます。次回はリベンジさせて頂きますのでよろしくお願いいたします。
グランド、審判手配ありがとうございました。
また対戦出来ることを楽しみにしてます!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
深谷クラブ 2 3 FEARLESS 9月24日(深谷北部球場)
【本部コメント】
サマー初参戦FEARLESSが逃げ切り!深谷は3年ぶりの8強入りならず!!
【試合内容】
先攻・深谷クラブ真下、後攻・フィアレス橋本貴投手の先発。初回、フィアレスは井上のヒットからチャンスを作り、1死1,3塁のチャンスで4番山口選手がタタキを決め先制すると、5番原田選手の右中間へのタイムリー2塁打で2点を先制。さらに3回裏、内野エラーで出塁すると1死3塁の形を作り、3番橋本(貴)選手の内野ゴロがフィルダースチョイスとなり3−0。追加点をあげたフィアレスが序盤で試合を優位にすすめる。5回表、深谷クラブは2死から8番二宮が内野エラーと盗塁などで2死3塁、9番川田がレフト前タイムリーで1点を返す。さらに6回表、無死2塁で3番阿部のレフト前タイムリーで3−2とすると、さらに4番島村のライト前ヒットや内野エラーなどで無死満塁の大チャンスを作るが、エンドラン失敗、内野ゴロ、三振で1点止まり。7回も1人ランナー出すが最後は6−4−3のダブルプレーで試合終了。フィアレスが3−2で逃げ切り、ベスト8に勝ち進んだ。投げては先発橋本(貴)が2失点完投勝利。
             投打の活躍を見せた 橋本(貴)選手
【相手チームへ一言】
(深谷クラブ)
(FEARLESS)
FEARLESSの皆様、ご対戦ありがとうございました。深谷まで遠征していただき感謝申し上げます。この勢いで優勝目指して頑張って下さい。今後ともお付き合い下さいますよう宜しくお願い致します。
グラウンド手配等ありがとうございました。対戦していて気持ちよく試合をすることができ、とても勉強になりました。またの機会に是非対戦をお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
湾岸ベースボーイズ 3 2 天晴-appare- 9月10日(大井ふ頭海浜公園)
【本部コメント】
チームリーダー宮島が決勝3ラン!湾岸ベースボーイズが春の雪辱へ驀地!!
【試合内容】
先攻天晴、後攻湾岸ベースボーイズで試合開始。2回裏、連続四球で1死1.2塁のチャンスを作り、7番宮島がセンターオーバーのスリーランホームランを放ち湾岸が3点先制。4回表、天晴は2番高野、3番佐藤の連続安打で1死1.2塁のチャンスを作り、4番岡添がセンター前タイムリーヒットを放ち1点返す。なおも1死1.3塁のチャンスも続く打者は6-4-3のダブルプレーで追加点ならず。6回表、天晴は3番佐藤のライトへのソロホームランで1点返し1点差に迫るも、その後は湾岸先発の松岡が踏ん張り7回2失点完投、3-2でゲームセット。湾岸ベースボーイズの勝利。
             3ランHRを放った 宮島選手
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(天晴-appare-)
天晴様、対戦ありがとうございました!
また今後も宜しくお願い致します!
この度はグランド調整等頂きありがとうございました。
湾岸様の好投手・好守備に阻まれ為す術がございませんでした。湾岸様、天晴を倒した勢いで是非、勝ち上がって下さい。近いうちリベンジします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
クーニンズ 4 1 RED HILL 9月9日(薬業健保)
【本部コメント】
クーニンズがベスト8進出!期待のルーキーがまたしても強豪食い!!
【試合内容】
初回、クーニンズはクーニンがヒットで出塁すると、西嶋・前沢のタイムリーで3点先制!さらにクーニンズは、中押しでジャスティス上野のレフトタイムリーヒットで追加点を奪い、主力がしっかり活躍!投げては新加入の山口が最速137キロのストレートとスライダー、カーブ、シンカーで小気味よく投げ込み1失点完投勝利。テンポの良いピッチングで守備からリズムを作って、クーニンズが4対1で勝利をつかんだ。
             先制打を放った 西嶋選手
【相手チームへ一言】
(クーニンズ)
(RED HILL)
山口の速球をしっかりとはじき返してくる打線の強さ、そして小技のウマさを感じました。先発投手の方も130キロを優に超える快速球で手こずりました。マナーもよく攻守交替もきびきび、アップはチーム全体で統一感があり非常に統率のとれた良いチームで勉強になりました★
クーニンズの皆様、対戦ありがとうございました。
噂通りの実力でした。優勝目指して頑張ってください!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
世田谷ペンギンズ 0 1 RED SOX 9月3日(赤塚公園)
【本部コメント】
エース吉田が完封で1点を死守!REDSOXが大いなる野望へ一直線!!
【試合内容】
先攻の世田谷ペンギンズ・須山投手、後攻のREDSOX・吉田投手の先発で試合開始。1回、2回、ともに無失点と静かに試合が進む。3回 ここから徐々に試合は動き始める。まずREDSOXは3回裏、8番吉田が死球で出塁すると9番村上のライト前ヒットで一死一三塁と先制のチャンスを作る。ここで1番滝沢はピッチャーの頭を越える叩きバッティングを見せるが、世田谷ペンギンズショート菊地の好フィールディングでホームホースアウトと無得点に終わる。世田谷ペンギンズも4回表 3番張が左中間へのヒットで出塁すると、4番迎里の死球、5番勅使瓦の送りバントで一死二三塁と先制のチャンスを作るが、REDSOX・吉田投手の踏ん張りに後続が倒れ無得点に終わる。先制はREDSOX、4回裏一死から4番丸橋がファーストのエラーで出塁、さらに5番井上が四球で一死一二塁とすると、続く6番高野のサードゴロがダブルプレー崩れとなり、REDSOXがノーヒットで1点を先制する。さらにREDSOXは、5回、6回とスコアリングポジションにランナーを進め追加点を奪いに行くが、世田谷ペンギンズ・須山投手も踏ん張り追加点を与えない。1点を追う世田谷ペンギンズは、尻上がりに調子を上げる吉田投手を攻略できず、1-0でREDSOXの勝利。REDSOX・吉田投手は毎回のようにランナーを背負うものの、要所で締めて7回被安打3の完封勝利。1点を守り切ったREDSOXがベスト8進出。
             完封勝利を挙げた 吉田投手
【相手チームへ一言】
(世田谷ペンギンズ)
(RED SOX)
REDSOXのみなさん、対戦ありがとうございました!
REDSOXさんとは初対戦で対戦を楽しみにしていました。
試合も1点を争う緊迫した試合になり、楽しい時間を過ごせました。今後ともよろしくお願いいたします。
本日は対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
RED HILL 7 4 相模原ウインズ 8月27日(大宮健保)
【本部コメント】
若林が宣言通りの大活躍!REDHILLがリーグの鬱憤晴らす逆転勝利!!
【試合内容】
先攻相模原ウインズ、後攻RED HILLで試合開始。1回表相模原ウインズはRED HILL先発の遠藤の立ち上がりを攻め1点を先制。その裏RED HILLは4番若林選手のタイムリーなどで3点を奪い逆転。2回表に相模原ウインズも1点を返すが3回裏に4番若林選手の本塁打などで4点を追加し点差を広げる。終盤2点を返されるが3人の投手リレーで逃げ切り、7対4でRED HILLの勝利。

(詳しくは取材記事・試合動画へ)
             MVPに輝いた 若林選手
【相手チームへ一言】
(RED HILL)
(相模原ウインズ)
相模原ウインズの皆様、対戦ありがとうございました。また対戦の機会がございましたらよろしくお願いいたします。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
青木製作所Snugs 3 4 クーニンズ 8月27日(大宮健保)
【本部コメント】
福嶺がサヨナラHR!期待の新星クーニンズが勝負強さを発揮!!
【試合内容】
先攻青木製作所Snugs、後攻クーニンズで試合はスタート。初回、青木製作所Snugsは1死から2番大桃が四球で出塁し3番石橋が進塁打で進めると、4番千葉死球、5番山口(翔)の四球で満塁とし、6番村上も四球を選び先制する。反撃したいクーニンズだったが、Snugs先発の有川が相手強力打線にヒットを許すものの要所を締め、1・2回と無失点で切り抜ける。3回、2死から4番千葉がこの日2個目の死球で出塁し盗塁を決めると、5番山口(翔)が左中間にタイムリーツーベースヒットで1点。さらに6番村上のファーストゴロエラーと7番佐々木の四球から、8番有川がタイムリー内野安打を放ち2点を取り3-0とリードを広げる。しかしその裏、先頭がヒット、続く打者に四球を与えると、前沢にセンターオーバーの3ランホームランを打たれ試合を振り出しに戻される。Snugsは4回から『サブマリン村山』にスイッチし、4・5回を無失点に抑える好投を見せる。最終回となった6回、代打の福嶺がセンターの頭を超える痛烈なライナー性のサヨナラランニングホームランを放ちサヨナラ。3-4でクーニンズが勝利した。
             サヨナラHRを放った 福嶺選手
【相手チームへ一言】
(青木製作所Snugs)
(クーニンズ)
クーニン様をはじめクーニンズの皆様、本日はありがとうございました!今後もぜひ対戦よろしくお願いいたします!
知り合い同士がたくさんいて楽しい雰囲気でできました!粘りのあるいいチームでした!またの対戦お願いいたします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
PIECE 3 6 相模KOT'S 8月27日(大宮健保)
【本部コメント】
相模KOT'Sが絶好調キープ!春のファイナリストを破りベスト16進出!!
【試合内容】
先攻の相模KOT'Sは泉投手、後攻のPIECEは横田投手の先発マウンドで試合開始。先攻の相模KOT'Sは、二死から3番中村がレフトオーバーのツーベースで出塁し、泉四球後に6番阿部がライト前を放ち1点を先制。さらに2回は7番重文字がレフト前で出塁し2塁まで進むと、1番安部が左中間を破るツーベースで1点を追加。相模KOT'Sは4回にも一死から重文字がピッチャー強襲ヒットで出塁し、9番萩原がライト線を破るランニングホームランを放ち、4‐0と相模KOT'Sペースで試合が進む。しかし、PIECEは5回裏に6番柴のセンター前と7番贄の左中間へのツーベースで無死二、三塁とし、二死となるもパスボールで1点を返すと、さらに盗塁悪送球とエラーで一気に2点を奪い4‐3とする。最終回の相模KOT'Sの攻撃は、萩原がセンター前で出塁し、安部がレフトオーバーのツーベースで続く。そして、2番加藤が前進守備の一、二塁間を破る2点タイムリーで6‐3とする。加藤を二塁に置き、4番泉がレフト前を放つも、加藤がホームタッチアウトになり追加点を奪えず。最終回のPIECEの攻撃を泉投手が3人で締め、相模KOT'Sが6‐3で勝利。
             完投勝利を挙げた 泉投手
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(相模KOT'S)
相模コッツの皆さん対戦ありがとうございました!今後とも対戦よろしくお願い致します。ウチの分もサマーカップ頑張ってください!
PIECEの皆様、本日はグランド手配等ありがとうございました。
非常に緊張感ある試合ができました。初対戦でしたが、今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 0 3 天晴-appare- 8月27日(大宮健保)
【本部コメント】
鉄壁のディフェンス力光る!天晴-appare-が初戦に続き接戦を制す!!
【試合内容】
GOLGO先発の長谷川は強力打線相手に好投を見せるも、3回に失策と四球でピンチを迎えると、またもや失策で2点を献上する。5回にも四球で走者を出すと、4番打者に右中間を破る特大の2ベースを打たれ1点を追加される。攻撃陣も天晴先発の佐々木投手のスライダーとチェンジアップを使った上手いピッチングに、全く手も足も出ず。3対0で天晴が勝利した。
             圧巻の投球を見せつけた 佐々木投手
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(天晴-appare-)
対戦ありがとうございました。完敗です。
またぜひよろしくお願い致します。
ご対戦頂きまして誠にありがとうございました。
また、グランド及び審判様の確保頂きましてありがとうございます。また機会がございましたらどうぞよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
大宮フェニックス 2 1 BOOOOON 8月27日(大宮健保)
【本部コメント】
エース永野が2試合連続の好投!大宮フェニックスが3年連続の16強入り!!
【試合内容】
大宮フェニックス永野、BOOOOON鈴木の両先発で試合開始。1回裏、BOOOOONは2番福士のライト前が大きく弾み、これがランニングホームランとなり1点を先制。対する大宮フェニックスは5回まで鈴木の前にノーヒットに抑えられていたが、6回表に3番山下のタイムリー、4番橋本の犠牲フライで逆転に成功。逆転されたBOOOOONは最終回、ヒットや、エラーなどでノーアウト2.3塁のチャンスを作るも、大宮フェニックス先発永野が粘り無得点。2対1で大宮フェニックスが勝利した。
             同点打を放った 山下選手
【相手チームへ一言】
(大宮フェニックス)
(BOOOOON)
BOOOOONの皆様対戦ありがとうございました。今後も練習試合などのお付き合いよろしくお願い致します。
永野様、大宮フェニックスの皆様 対戦ありがとうございました。力負けでした。完敗です。私たちの分も頑張って下さい!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
RED SOX 7 1 BUZZ 8月27日(大宮健保)
【本部コメント】
クリーンアップが大暴れ!常勝軍団REDSOXが序盤で試合を決める!!
【試合内容】
先攻BUZZ林、後攻REDSOX荒田の各先発で試合開始。1回裏、2アウトから3番中林が右中間への2ベースヒットで出塁すると、4番丸橋のセンターへのタイムリーでREDSOXが先制。2回表、BUZZも2アウトから松永、石黒の連続単打で反撃したが後続が3ゴロで無得点。REDSOX3回裏、村上四球、須賀の犠打を捕手2塁悪送球でノーアウト1・2塁。山本(裕)進塁打で1アウト2・3塁とすると、3番中林のレフトオーバーの2点タイムリー。続く4番丸橋は四球を選ぶと5番大野がレフトオーバーのランニングホームランを放ち一挙5点を追加。BUZZは5回表、代わった内山から佐藤の遊ゴロを捌き切れず出塁、佐野中安打でノーアウト1・2塁。1アウト後、菊地の左安打で満塁の好機を作るが、松丸の遊ゴロで1点還すのみ、後続が倒れ反撃はここまで。その裏代わった佐野から先頭の代打山本純輝の左中間へのランニングホームランでさらに加点し7-1で試合終了。BUZZは6・7回と反撃したが出塁は死球の1個に抑えられた。REDSOXが3回戦進出を決めた。
             HRを放った 大野選手
【相手チームへ一言】
(RED SOX)
(BUZZ)
本日は対戦ありがとうございました!
ぜひまた機会がありましたらよろしくお願いします!
RED SOXの皆様、対戦ありがとうございました。
また、グランド・審判の手配もありがとうございました。
これからも機会がありましたらよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MKY88 10 4 津嶋倶楽部 8月27日(八潮北公園)
【本部コメント】
これぞ王者の試合運び!MKY88が3年連続のファイナルへ死角なし!!
【試合内容】
MKY88は中島、津嶋倶楽部は藤谷の両先発で試合開始。先制したのはMKY88、初回越間の2ランで先制。2回にも中島の長打から相手のミスもあり4-0とする。追いつきたい津嶋倶楽部も3本のホームランで追い上げるも、MKY88は4回に増田のホームランなど終盤にも加点し逃げ切った。初回から着実に得点を重ね10得点を挙げたMKY88が10対4で勝利し、3回戦へと駒を進めた。
             ダメ押しHRを放った 増田選手
【相手チームへ一言】
(MKY88)
(津嶋倶楽部)
西村さんはじめ、遠くから埼玉までお越しいただきありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願いします。
対戦ありがとうございました。
無四死球のテンポの良い投球に守備陣と打線が応えるという理想的な試合運びをされてしまいました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
深谷クラブ 10 3 Naughty 8月27日(大宮健保)
【本部コメント】
強力打線が火を噴く!深谷クラブが3年ぶりの16強入り果たす!!
【試合内容】
先攻・深谷クラブ、真下。後攻・Naughty、村田投手の先発。初回、深谷は4番安藤のタイムリーで先制。1回裏、Naughty先頭の1番川田選手のヒットや四球で満塁とするとエンドラン空振りの際、挟殺プレーとなりサード送球が暴投となり1−1。2回表、7番大平の3塁打、8番塩野の犠牲フライで2−1。3回表、5番亮木、6番松坂の連続3塁打、7番大平のホームランなどで4点追加で6−1。4回裏、Naughty4番齋藤竣選手のタイムリー2塁打で1点返す。5回表、4番安藤の2ランホームランで8−2。その後も追加点を加え、深谷クラブが12安打中7長打2ホームランで10得点。投げては先発真下が4安打に抑え、要所を締めて完投勝利。10−3で深谷クラブが勝利した。
             16強入りを果たした 深谷クラブ
【相手チームへ一言】
(深谷クラブ)
(Naughty)
Naughtyの皆様、ご対戦ありがとうございました。人数少数でファールボールへの対応ができず、終始、積極的に対応下さり、感謝致します。ありがとうございました。また今後ともお付き合いの程、宜しくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
湾岸ベースボーイズ 10 0 ギャンブラーズクラブ 8月27日(天王洲公園)
【本部コメント】
湾岸ベースボーイズが投打で圧倒!春の悪夢を振り払うコールド勝ち!!
【試合内容】
ギャンブラーズクラブ先攻、湾岸ベースボーイズ後攻で試合開始。1回裏、湾岸は3番小沼のセンターオーバーのホームランで1点先制。3回裏、湾岸は先頭9番松尾がヒットで出塁し、1番増田の左中間へのツーベースヒットで1点追加。ワイルドピッチで2塁ランナー進塁後、3番小沼の内野ゴロでさらに1点追加。さらにチャンスを作り、6番野村、7番齋の連続タイムリーで、2点追加しこの回4得点。4回裏、代打本田の2点タイムリーツーベース、松岡のレフトオーバーのタイムリースリーベースで計3得点。5回裏、先頭7番齋が出塁後、8番荒井のライトオーバーのツーランホームランで2点追加し、コールドゲーム成立。投げては松岡-近藤のノーヒットノーランリレーで湾岸が10-0で勝利。
             先制HRを放った 小沼選手
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(ギャンブラーズクラブ)
ギャンブラーズクラブ様、対戦ありがとうございました。
今後とも何卒宜しくお願い致します。
宮島様、湾岸ベースボーイズの皆様、グランド・審判の手配ありがとうございました。また対戦の機会がありましたらよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
スタイガー 5 1 guccy 8月27日(江戸川河川敷)
【本部コメント】
投手戦は亀山に軍配!スタイガーが2年ぶりの春ベスト16進出!!
【試合内容】
guccy長谷川投手、スタイガー亀山投手で試合開始。立ち上がり両投手ともに素晴らしいピッチング!ゲームが動いたのは4回裏スタイガーの攻撃、伊藤のヒットから2盗、続く阿部が四球で出塁、続く知花の内野ゴロで相手のミスにつけこみ1点先取。その後も相手のミスで1点追加、その後は加藤の走者一掃の2ベースで一挙5点。最終回guccyも意地をみせるが1点どまり。スタイガーがそのまま逃げ切り勝利。
             3回戦進出を決めた スタイガー
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(guccy)
guccyの選手の皆さん、樋口さん、この度は対戦ありがとうございました。また、対戦する機会がありましたらよろしくお願いいたします。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ダディーズベースボール 4 4 TABOO 8月20日(大宮健保)
【本部コメント】
TABOOが終盤に怒涛の反撃!ダディーズリードを守れず悔やまれる敗退!!
【試合内容】
TABOO先攻、ダディーズ後攻で試合開始。初回をお互い0点で終わると、2回裏ダディーズは荒木の2点タイムリーツーベースで先制する。TABOOは再三チャンスを作るがあと一本が出ず。ダディーズは6回裏にも佐藤大介のタイムリースリーベースが飛び出し3-0とする。ここまでTABOO打線を0点に抑えてきた先発の吉川だったが、7回に相田の二塁打と田中の本塁打で4点を奪われ、逆転を許す。3-4と追う最終回、ダディーズは長谷川のタイムリーで1点を返し同点とするもそこまで。時間切れによりサドンデスは行えず、4-4で終了。ジャンケン合戦の末TABOOが勝利。
             HRを放った 田中選手
【相手チームへ一言】
(ダディーズベースボール)
(TABOO)
TABOO様、永富さん、対戦ありがとうございました。
また他の試合も楽しみにしています!!
暑い中対戦ありがとうございました。
また対戦出来ることを楽しみにしてます。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
D'LLERS 5 6 NTスコーピオンズ 8月20日(流山運動公園)
【本部コメント】
ルーキー池田がサヨナラ打!春8強のNTスコーピオンズが2回戦突破!!
【試合内容】
Victoriaサマーカップ2回戦。先攻ダラーズ、後攻NTスコーピオンズで試合開始。 初回、先攻ダラーズは2死2塁から4番渡辺の右中間へのタイムリーツーベースで先制する。この流れを守りに繋げていきたいところだったが、ダラーズ先発矢部が立ち上がり制球が定まらず、四球でランナーを溜めてしまい、エンドランなどで2回までに3失点、逆転を許してしまう。それでもダラーズは3回、1死から2番山内がレフト線へのツーベースで出塁し、その後ワイルドピッチで1死3塁とすると、3番矢部の投ゴロフィルダースチョイスで2点目をあげ、さらに1死1,3塁となり5番守田のショートゴロの間に3点目をあげ同点に追い付く。ダラーズ先発の矢部は3回以降立ち直り、3,4,5回を0で抑える。この守備のリズムを攻撃に生かし、勝ち越したいダラーズ打線であったが、4,5,6回とあと1本が出ず0が続く。次の1点をどちらが取るか、緊張した試合が展開される中、3-3のまま迎えた6回裏、痛恨のバッテリーミスでスコーピオンズ勝ち越し4-3とする。1点を追うダラーズは最終回、1死から1番須田が内野安打で出塁すると、その後相手のエラーと死球で2死満塁とし、5番守田が起死回生のライト前2点タイムリーを放ち、土壇場で5-4と逆転に成功する。あとはこの1点を守りきれば勝利のダラーズであったが、その裏スコーピオンズは先頭3番望月学が右中間を破るスリーベースヒットを放つと、4番延島が同点タイムリーを放ち5-5、更に延島が盗塁、5番北井の進塁打で1アウト3塁の場面を作ると、6番池田がライトへ犠牲フライをきっちり上げ、延島がサヨナラのホームを踏み、6-5でNTスコーピオンズが勝利。息詰まる熱戦を制し、3回戦へと駒を進めた。
             3回戦進出を決めた NTスコーピオンズ
【相手チームへ一言】
(D'LLERS)
(NTスコーピオンズ)
NTスコーピオンズ様、この度は遠征でナイターという条件の中、対戦していただきありがとうございました。素晴らしい投手と対戦することができ、とても良い経験になりました。今後また対戦する機械がありましたら、よろしくお願い致します。
この度は対戦ありがとうございました。またグランド、審判等の手配もありがとうございました。白熱した対戦、本当に楽しめました。また機会がありましたらお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
清瀬ビクトリー 5 6 FEARLESS 8月20日(大宮健保)
【本部コメント】
横瀬がチームを救う好援!FEARLESSがサドンデスゲームを制し3回戦進出!!
【試合内容】
先攻FEARLESS、後攻清瀬ビクトリーで試合開始。3回裏、ヒットと相手ミスが重なり、清瀬ビクトリーが3点先制する。追いつきたいFEARLESSは、5回6回に集中打を集め同点に追いつく。そのまま7回終了し、4対4の同点。8回からサドンデスに突入。先攻のFEARLESSは2番村上のレフトオーバー二塁打にて2点先取。対する清瀬ビクトリーはその裏、FEARLESSピッチャー原田の投球がワイルドピッチとなり1点返す。するとここで原田の身体がつってしまうアクシンデントが発生し、急遽横瀬が登板。その横瀬が後続2人をピシャリと占めて試合終了。FEARLESSが接戦を制した。
             決勝打を放った 村上選手
【相手チームへ一言】
(清瀬ビクトリー)
(FEARLESS)
ありがとうございました!
清瀬ビクトリーさんグラウンド手配等ありがとうございました。
ぜひまたの機会に対戦よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
とん吉 1 7 RED HILL 8月13日(小豆沢球場)
【本部コメント】
最後の猛者はREDHILL!スプリングに続き鮮やかに1回戦を突破!!
【試合内容】
先攻REDHILL、後攻とん吉でプレイボール。試合は初回から動く、REDHILLは若林のタイムリーヒットや相手のエラーなどで、3点を先制。追いつきたいとん吉はその裏、あっさり3人で終わる。2回もREDHILLの猛攻は止まらず、とん吉は先発野尻に変えて松田に継投するが、菊岡、石川のタイムリーで3点を追加。とん吉は3回にホームランを打ち、追い上げムードでチャンスを再三作るが後続が続かない展開。REDHILLも3回以降チャンスは作るが1本出ない。しかし6回に上澤が追加点となるホームランを放ちゲームセット。RED HILL先発の陣内は6回を本塁打による1点に抑え、RED HILLが7対1で勝利。
             1回戦を突破した RED HILL
【相手チームへ一言】
(とん吉)
(RED HILL)
REDHILLの皆様対戦ありがとうございました。
鈴木様、とん吉の皆様、グランド・審判の手配ありがとうございました。また対戦の機会がありましたらよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ジョルターヘッズ 5 7 Tommys baseballclub 8月6日(大宮健保)
【本部コメント】
小鹿が逆転タイムリー!Tommysが初参戦にして16強入りを決める!!
【試合内容】
先攻ジョルターヘッズ石川、後攻Tommys黒木の両先発で試合開始。初回、ジョルターヘッズは小関がヒットで出塁すると、生田がタイムリーを放ち先制。さらに四球でランナーをためると赤坂が左中間に走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、打者一巡の猛攻で一挙4点を奪う。その裏、Tommysは四死球3つで満塁とすると、4番富山がレフトオーバータイムリー二塁打を放ち2点差。さらに5番三浦の叩き、7番小鹿のタイムリーで同点に追い付く。3回裏、Tommysは四死球とヒットで満塁とすると、7番小鹿がタイムリー二塁打を放ち2点リードとする。ここでジョルターヘッズは大橋にスイッチし、味方の反撃を待つ。しかし5回裏に、Tommysは三浦、関がヒットでチャンスを作るとエラーで満塁とする。ここで押し出しで貴重な1点を挙げる。最終回となった6回表、ジョルターヘッズは四球3つで満塁とすると、平田が犠牲フライを放ち1点を還す。しかし反撃はここまで。7-5でTommy baseballclubが勝利した。
             2戦連続の決勝打を放った 小鹿選手
【相手チームへ一言】
(ジョルターヘッズ)
(Tommys baseballclub)
Tommys baseballclub様、対戦ありがとうございました。
次も頑張って下さい!
小関様、ジョルターヘッズの皆様対戦ありがとうございました。
グランド手配及び審判手配ありがとうございました。暑いなか、大変白熱した試合をすることが出来ました。また機会がありましたら是非宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
吉岡クラブ 1 0 萩中サンダース 7月30日(大宮健保)
【本部コメント】
新タイトル獲得へエースが力投!吉岡クラブが3年ぶりに2回戦を突破!!
【試合内容】
萩中サンダース先攻、吉岡クラブ後攻でスタートした試合は、前半は両チームチャンスを作るも、萩中サンダース木戸、吉岡クラブ菊池の粘りの投球で投手戦に。試合が動いたのは5回裏、吉岡クラブは竹谷が四死球で出塁すると、2盗3盗を決め、続く鈴木が内野ゴロを放ち、その間に竹谷がホームを踏みようやく先制点をあげる。萩中サンダースは吉岡クラブの1安打を上回る7安打を放ちながらも要所を締められ、無得点でゲームセット。0対1で吉岡クラブが勝利した。
             好投を見せた エース菊池投手
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(萩中サンダース)
萩中サンダース様、この度は対戦頂きありがとうございました。また、よろしくお願いします。
本日はありがとうございました!結果こそ最少差でしたが、精度の差を感じました。素晴らしいチーム様としびれる対戦ができた事、御礼申し上げます。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
青木製作所Snugs 5 0 豪球会 8月6日(大宮健保)
【本部コメント】
いぶし銀・佐々木が先制打!青木製作所Snugsが完封スタート!!
【試合内容】
先攻青木製作所Snugs、後攻豪球会で試合はスタート。Snugsは2回、先頭の5番村上がヒットで出塁すると、すかさず盗塁を決め、続く6番山口(翔)の進塁打で1死3塁。7番菅野が死球後盗塁を決め2,3塁とし、8番佐々木がセンターに2点タイムリーを放ち先制する。続く3回には2番大桃がヒットを放ち盗塁を決め、3番有賀がヒットでつなぐと、4番千葉の進塁打でさらに1点追加。4回には大桃、有賀が連続四球で出塁し、4番千葉のタームリーヒットでさらに1点。最終回となった6回には、満塁から6番山口(翔)が四球を選び1点追加し、5点目を奪う。一方守備では、先発の『中魔神』石橋が好投する。6回64球被安打3無四球、3塁を踏ませない快投で見事完封し見せ5−0でSnugsの勝利。
             先制打を放った 佐々木選手
【相手チームへ一言】
(青木製作所Snugs)
(豪球会)
糸数様をはじめ豪球会の皆様、本日はありがとうございました!今後もぜひよろしくお願いいたします!
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Naughty 9 4 GOLDENCLUB 8月6日(大宮健保)
【本部コメント】
山元が2打席連続HR!Naughtyが鮮やかな逆転勝利で2回戦へ!!
【試合内容】
Naughty先発は初登板の井奥が先発。しかし初回に四死球を連発し、更にセンターへのポテンヒットで4点を先制され、一回持たずで宇内にスイッチ。後続をピシャリと抑え、最終回は稲生が登板。打撃では山元の二打席連続となるホームラン他9得点の猛攻。9対4でNaughtyが初戦を制した。
             逆転勝利を飾った Naughty
【相手チームへ一言】
(Naughty)
(GOLDENCLUB)
GOLDENCLUB様、対戦ありがとうございました。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
世田谷ペンギンズ 3 1 ガスワン 7月30日(羽根木公園)
【本部コメント】
須山が圧巻の完投勝利!世田谷ペンギンズが4年ぶりのベスト16進出!!
【試合内容】
先攻世田谷ペンギンズ・須山投手、後攻ガスワン・増島投手の先発で試合開始。1回表、二死から四球のランナーを4番迎里のタイムリー二塁打で返し、世田谷ペンギンズが1点を先制する。追いかけるガスワンは2回裏、先発増島自らが好投中の須山投手のストレートをフルスイング、ライトスタンドに飛び込むソロホームランで同点とした。1-1と拮抗に入るかと思いきや、3回表に先頭打者の2番稲葉が右中間スタンドに突き刺さるソロホームランを放ち2-1とすぐさま引き離す。1点をリードする世田谷ペンギンズは最終回、須山、武藤の連続安打でチャンスを作ると8番工藤のタイムリー二塁打で追加点を挙げ3-1とする。ガスワン最後の攻撃は、尻上がりに調子を上げる須山投手を打ち崩せずゲームセット。3-1で世田谷ペンギンズの勝利。
             ダメ押し打を放った 工藤選手
【相手チームへ一言】
(世田谷ペンギンズ)
(ガスワン)
ガスワンのみなさま、遠征ありがとうございました!緊張感のある試合で充実した時間を過ごせました。坂本様、このたびは迅速な調整ありがとうございました。また本日も天候不良でなかなか開催の決定ができない中、ギリギリまでお待ちいただき、本当に感謝申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします。
本日はありがとうございました。前日から天気が思わしく無く、早朝からグランド確認までしていただき助かりました。お陰様で楽しく試合が出来ました。グランド確保も含めありがとうございました。世田谷ペンギンズさんのバランスのとれた強さが勉強になりました。また機会ありましたら宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
スタイガー 5 0 BIGFACE 7月30日(江戸川河川敷)
【本部コメント】
復活のエース目代が零封!3年ぶりのファイナルへスタイガーが完封スタート!!
【試合内容】
スタイガー目代投手、BIGFACE太田投手で試合開始。立ち上がりは両投手ともに無難に入りる。試合が動いたのは3回表、スタイガー小畑の四球から遠藤が送り、1番亀山の先制タイムリー、続く目代のセーフティバント、その後4番中村の2点タイムリーで3点先取。さらにスタイガーは5回表にも1点、7回表にも1点を追加。投げては目代がBIGFACE打線をよせつけず完封勝利。スタイガーがサマーカップ1回戦を勝ち上がった!
             1回戦を完封で突破した スタイガー
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(BIGFACE)
宮城様、BIGFACEの選手の皆様この度は、対戦ありがとうございました。また、今後ともお付き合いよろしくお願いいたします。
グラウンド手配ありがとうございました。
とても勉強になりました。またよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Brightness 2 2 ジョルターヘッズ 7月30日(八潮北公園)
【本部コメント】
春8強のBrightnessが惜敗!運を引き寄せたジョルターヘッズが2回戦進出!!
【試合内容】
初回、Brightnessは菅田、片桐(六)、石岡の3連続安打で一死満塁とするも、生田が踏ん張り無得点。その裏、ジョルターヘッズは小関(龍)がセンター前で出塁し三塁まで進むも無得点。ジョルターヘッズは2回にも四死球と送りバントで二三塁のチャンスを掴むも、まずい走塁もあり得点できず。しかし3回裏、樋口、平田のヒットなどで満塁のチャンス。ここでBrightness先発柿崎が岩澤、赤坂に連続押し出しを与え、ジョルターヘッズが2点を先制。2回以降立ち直った生田は、5回までパーフェクトピッチング。しかし6回、Brightnessは1番高山、2番菅田に二者連続弾が飛び出し試合は土壇場で振出しに戻る。その裏、ジョルターヘッズは赤坂がヒットで出塁。一死二塁から代打平敷は四球。続く代打藤松がサード強襲安打で満塁のチャンス。しかし、ここは柿崎が踏ん張り、2-2の同点で試合終了。大会規定でじゃんけん決着にてジョルターヘッズが勝利した。
             互角の死闘を制した ジョルターヘッズ
【相手チームへ一言】
(Brightness)
(ジョルターヘッズ)
ジョルターヘッズの皆様!小関さん!対戦ありがとうございました!もっと強くなってリベンジさせて頂きます!
Brightness様、グランド審判手配ありがとうございました。圧巻の連続弾でした!今回は運だけで勝ち上がらせて頂きました。今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
我孫子フラワーズ 0 6 NTスコーピオンズ 7月30日(ゆうゆう公園)
【本部コメント】
エース延島が9奪三振シャットアウト!スコーピオンズが春のリベンジへ好発進!!
【試合内容】
初回、NTスコーピオンズは得点圏にランナーを置き、3番関口のタイムリーで先制する。4回には北井のタイムリースリーベースで追加点、更に池田のエンドランなどで得点を重ねる。投げては延島が9奪三振でフラワーズ打線を完封し、6-0でNTスコーピオンズが勝利した。
             完封勝利を挙げたた 延島投手
【相手チームへ一言】
(我孫子フラワーズ)
(NTスコーピオンズ)
 
この度はグランドの手配等ありがとうございました。
また機会がございましたらお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
深谷クラブ 12 1 SKグリーターズ 7月30日(深谷北部球場)
【本部コメント】
深谷クラブが1回戦突破!終盤一気に突き放し試合を決める!!
【試合内容】
先攻SKグリーターズ安崎投手、後攻深谷クラブ真下の先発で試合開始。初回、SKグリーターズは満塁のチャンスを作るも無得点。するとその裏、深谷クラブは2番川田の場外ソロホームランで先制し、さらに2死1.2塁で6番豊留がタイムリーを放ち2得点。4回表、SKグリーターズは5番山本が四球と盗塁で1死2塁、内野送球エラーが絡み1点を返す。4回裏、1死2.3塁で2番川田のエンドランが決まり3−1。6回裏、3番安藤の2本のタイムリー2塁打など、7番真下、9番佐藤、1番橋本にも長打が飛び出し、打者13人の猛攻で一挙9得点。投げては先発真下が5安打に抑え、要所を締めて完投勝利。12−1で深谷クラブが初戦を突破した。
             圧勝スタートを切った 深谷クラブ
【相手チームへ一言】
(深谷クラブ)
(SKグリーターズ)
SKグリーターズの皆様、ご対戦ありがとうございました。また遠征していただき感謝致します。今後とも宜しくお願い致します。
川田様深谷クラブの皆様対戦ありがとうございます。
また、グラウンド審判の手配ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
津嶋倶楽部 7 4 GYOSEI 7月30日(中台運動公園)
【本部コメント】
緊急登板の廣瀬が好投!津嶋倶楽部が白熱のシーソーゲームを制す!!
【試合内容】
先攻のGYOSEIは初回、4番長嶋の内野安打の間に1点を先制するが、その裏に守備の乱れ等で2点を返され逆転を許す。2回表、GYOSEIは四球に足を絡めた攻撃で2点を奪い再逆転するが、4回裏に津嶋倶楽部が長打と盗塁を絡めて3点を取り再々逆転。GYOSEIは直後に1点差に迫るが、5回裏に追加点を奪われ万事休す。その後最終回のピンチも切り抜け、7対4で津嶋倶楽部が勝利。エースの試合直前の負傷で急遽先発した廣瀬が粘って完投勝利を挙げた。
             緊急登板ながら好投を見せた 廣瀬選手
【相手チームへ一言】
(津嶋倶楽部)
(GYOSEI)
遠征いただきありがとうございました。最終回も一打同点のピンチで、最後まで気の抜けない試合展開でした。
グランドおよび審判手配有難う御座いました。
また機会がありましたら宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
はちみつハニー 1 11 ダディーズベースボール 7月23日(西寺方グランド)
【本部コメント】
47歳の鉄腕・吉川が完投勝利!ダディーズベースボールがコールド発進!!
【試合内容】
先攻ダディーズベースボール、後攻はちみつハニーで試合開始。初回、はちみつハニーが連打で1点を先制。対するダディーズ打線は押し出しの死球など相手からもらった点数も含め効率よく得点を重ねて11得点。投げては先発の吉川が初回に失点するもその後は立ち直り最少失点で完投。6回コールドでダディーズベースボールが勝利した。

(詳しくは取材記事・試合動画へ)
             MVPに輝いた 鉄腕・吉川投手
【相手チームへ一言】
(はちみつハニー)
(ダディーズベースボール)
 
今藤様、グランド、審判の手配ありがとうございました。雨の中でしたが延期にならずよかったです。またよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
萩中サンダース 6 4 Tropicana 7月23日(多摩川緑地)
【本部コメント】
萩中サンダースが2年連続の初戦突破!ホームラン攻勢でTropicanaを撃破!!
【試合内容】
先攻Tropicana、後攻萩中サンダースで試合開始。初回、萩中サンダースは村井、吉田のホームランを含む長打攻勢で4点を先制。2回にも永松のホームランで追加点。追うTropicanaは5回に2本のタイムリーで3点を返す。その裏、萩中サンダースは斎藤のタイムリーで1点を追加。6回表、Tropicanaの攻撃は無死1.2塁、ツーボールで萩中先発の箕輪が緊急降板。急遽登板となった相澤を攻め立て1点を返し、さらに無死満塁とするが、ここを相澤がしのぎ、最終回も抑え萩中サンダースの勝利。
             初戦突破を果たした 萩中サンダース
【相手チームへ一言】
(萩中サンダース)
(Tropicana)
本日はありがとうございました。どちらに転んでもおかしくない試合で、また素晴らしいチーム様と出会えました。今後機会があればまたよろしくお願い致します。
相澤様、チームの皆さまありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
吉岡クラブ 9 4 初森べマーズ 7月23日(大宮健保)
【本部コメント】
吉岡クラブが注目のニューカマーを撃破!これを機に不調脱出なるか!?
【試合内容】
吉岡クラブは初回、初森べマーズ先発の繁永を攻めチャンスを作ると、4番菊池のライト前タイムリーで2点先制。2回にも、岩本、青木、豊田のタイムリー等で4点を追加。中盤にも菊池のタイムリーで3点追加する。吉岡クラブ先発菊池は初森ベマーズ打線をランナーを出しながらもエラー絡み4点に抑え、吉岡クラブが9対4で勝利した!
             タイムリーを放った 岩本選手
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(初森べマーズ)
初森ベマーズ皆様、対戦ありがとうございました!
今後もよろしくお願い致します!
本当に隙がない良いチームで貴重な経験をさせていただきました。また、機会がありましたらリベンジさせてください。今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京ドナルドダック 1 2 天晴-appare- 7月23日(天王洲公園)
【本部コメント】
TOKYO強豪対決は天晴に軍配!竹俣・平山の継投で逃げ切り勝利!!
【試合内容】
先攻天晴の先発は竹俣、後攻ドナルドダックの先発は浜部で試合が始まる。1回はお互いノーアウトからランナーが出るも、得点ならず。試合が動いたのは3回表の天晴の攻撃。先頭バッターの大塚がヒットで出塁。1アウト2塁から豊田のライト前ヒットで先制する。さらに5回表にも、先頭バッターの岡田がスリーベースで出塁。1アウト3塁から、大塚の内野ゴロの間に1点追加。天晴がリードを2点に広げる。対するドナルドダックは、天晴先発の竹俣に抑えられていたが、最終回、5回裏から代わった平山を攻めて、菊谷のタイムリーで1点返す。しかし後続が抑えられ、2対1で天晴の勝利。
【相手チームへ一言】
(東京ドナルドダック)
(天晴-appare-)
対戦、ありがとうございました。大変、緊張感のある試合で、楽しかったです。また、対戦の方、よろしくお願いします。
グランド等、手配頂きまして誠にありがとうございました。
試合終了まで手に汗握る接戦でございました。
また機会がございましたら是非、対戦いただきたく思います。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
相模原ウインズ 5 0 川崎モリーズ 7月23日(横山公園)
【本部コメント】
2年連続で8強入りを果たしている相模原ウインズが完封スタート!!
【試合内容】
相模原ウインズ先攻、川崎モリーズ後攻で試合開始。相模原ウインズ先発は前沢、川崎モリーズ先発は大西。2回、相模原ウインズの攻撃、ヒットとフォアボールでチャンスを作ると、8番原田の内野安打の間に1点を先制。4回、相模原ウインズの攻撃、ヒットとエラーでチャンスを作ると、内野安打、内野ゴロで一挙3点を取りリードを広げる。6回にも2番大休寺の内野ゴロ間に1点を追加。先発の前沢は安定したピッチングで、川崎モリーズ打線に得点を許さず、5-0で相模原ウインズの勝利。
             先制打を放った 原田選手
【相手チームへ一言】
(相模原ウインズ)
(川崎モリーズ)
遅い時間でしたが、ありがとうございました。
また宜しくお願い致します。
グランド、審判の手配ありがとうございました。
今後のご活躍、期待しております。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
マリアッチ 3 6 ガスワン 7月23日(平方野球場)
【本部コメント】
終盤にビッグイニング!注目チーム・ガスワンがデビュー戦を逆転で飾る!!
【試合内容】
1回表、マリアッチの攻撃、2番小野寺、3番広瀬、4番川島の連打で先制点を挙げる。0-1でむかえた3回、パスボールで0-2。4回裏、ガスワン攻撃、2番前川のセンター前ヒットで出塁、盗塁でノーアウト2塁、進塁打、4番本間のエンドランで1-2とした。5回表、マリアッチの攻撃、7番星野、8番岡部、9番真光の連打でノーアウト満塁としてワイルドピッチで1-3とした。6回裏ガスワンの攻撃、連続エラーでノーアウト満塁、ショート悪送球で3-3として、5番星がセンターオーバーのツーベースで5-3とし、7番長谷川賢吾がスリーベースヒットで6-3。そのままガスワンが勝利した。
             さいたま市対決を制した ガスワン
【相手チームへ一言】
(マリアッチ)
(ガスワン)
対戦ありがとうございました。素晴らしい投手に、チャンスでの集中力。見習うべきところがたくさんあり大変勉強になりました。また、是非対戦よろしくお願いします。
グランド、審判手配等、有難う御座いました。とても気持ち良く試合させて頂きました。同じさいたま市として今後も宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Big Dipper 3 4 BUZZ 7月23日(平野野球場)
【本部コメント】
BUZZが辛勝で1回戦突破!3部所属のBig Dipperは下剋上ならず!!
【試合内容】
先攻BUZZ林、後攻Big Dipper矢内の各先発で試合開始。1・2回、BUZZは四球を絡め好機を作るが、BigDipper矢内が踏ん張り得点を与えない。試合が動いたのは3回表、BUZZはツーアウトから4番内田が左中間を破るランニングホームランを放ち先制。さらに5回表、先頭の1番高山がライトの頭上を越えるホームランを放ち2-0。さらに2番菊池が倒れ、3番飯吉が内安打で出塁する。続く4番内田のセカンドゴロが2塁への送球ミスを誘い1・3塁。H&Rを仕掛けたが空振りで走者が挟まれ2死3塁。松丸の小飛球は捕手が捕り損ね1点追加、松丸は好走塁で2塁へ達し続く林の左安打で生還。BigDipperの守備の乱れから、この回3点を上げ4-0とした。BigDipperは、BUZZ林に4回まで無安打と完璧に抑えられていたが5回裏、反撃を開始する。先頭の4番平野が2塁打で出塁する。続く5番矢内のサードゴロがミスを誘いノーアウト1・3塁。続く6番川井がレフト前ヒットを放ち1点を返し4-1とした。しかし、後続が倒れこの回1点止まり。反撃するBigDipperは6回裏、1アウトから2番小川がレフト前ヒットで出塁。3番阿部が倒れ、4番平野がライト前ヒットを放ち、1・3塁。続く5番矢内がセンター前にタイムリーヒットを放ち1点を返し4-2とし、尚もツーアウト1・2塁。続く6番川井がレフト前にタイムリーを放ち4-3とし1点差まで迫った。続く、7番金野がライトフライ倒れBigDipperは、この回2点を上げたが、この回で時間切れとなりBUZZが逃げ切った。
             先制弾を放った 主砲・内田選手
【相手チームへ一言】
(Big Dipper)
(BUZZ)
富田様・チームの皆様、本日はありがとうございました。また、対戦機会かございましたら宜しくお願い申し上げます。
村上様、Big Dipperの皆様、対戦ありがとうございました。
また、グランド・審判の手配もありがとうございました。
同じ地域のチーム同士でこれからも対戦機会があると思います。今後ともよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
相模KOT'S 3 2 横浜crews 7月23日(滝ヶ原グランド)
【本部コメント】
相模KOT'Sが真骨頂の全員野球で4年ぶりのサマー白星を掴む!!
【試合内容】
先攻横浜crews島田投手、後攻相模KOT'S吉田(正)投手で試合開始。試合が動いたのは3回裏、相模KOT'Sは吉田(直)がファースト強襲ヒットで2塁まで進み、続くバッターがきっちりバントを決めると、2アウト3塁から座間のタイムリーで1点先制。4回裏には吉田(正)のライトオーバーの三塁打と内藤のレフトへのタイムリーで2-0とする。しかし横浜crewsも5回表に相模KOT'S上田投手から相手エラーを誘い1点返す。しかし、相模KOT'Sは阿部のレフトオーバーのツーベースで3-1とする。最終回となった横浜crewsは先頭の下山のセンター前ヒットが相手エラーを誘い一気にホームまでかえり1点差。しかし上田投手が後続を抑え3-2で相模KOT'Sの勝利。
             4年ぶりに初戦を突破した 相模KOT'S
【相手チームへ一言】
(相模KOT'S)
(横浜crews)
横浜crewsの皆様、遠征頂きありがとうございました。どちらに転んでもおかしくない試合でした。また対戦よろしくお願いします。
相模KOT'S様、本日はグランド、審判の手配ありがとうございました。今後も練習試合等また宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 8 2 八潮クレイジーズ 7月23日(大宮健保)
【本部コメント】
打っては瀧口、投げては長谷川の活躍でGOLGO B.Cが快勝スタート!!
【試合内容】
GOLGO BASEBALL CLUBは初回に相手失策から先制をする。続く2回にも瀧口のタイムリーで3点を追加。3回にも同じく瀧口のタイムリーなどで3点を追加した。投げては先発長谷川の調子がいまいちだったが、打たせて取るピッチングで要所をしめた。8対2でGOLGO BASEBALL CLUBの勝利。
             2本のタイムリーを放った 瀧口選手
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(八潮クレイジーズ)
対戦ありがとうございました。
またぜひよろしくお願い致します。
久田様グランドや審判手配とありがとうございました。こちらこそよろしくお願い致します。私たちの分まで頑張ってください!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Honeys 3 6 guccy 7月23日(白井運動公園)
【本部コメント】
初出場同士の対決はguccyが制す!粘るHoneysを振り切り2回戦へ!!
【試合内容】
初出場同士の対決となったサマーカップ1回戦。試合は両チーム共に四球等でピンチを作り、ヒットを浴び失点する展開に。最後は粘り強いHONEYS打線を何とか抑えて、guccyが6対3で勝利した。
【相手チームへ一言】
(Honeys)
(guccy)
この度は、ありがとうございます。
残りの試合頑張って下さい。
やりごたえのある試合でとても楽しかったです!
また機会があればよろしく御願い致します!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ブルーレンジャーズ 1 4 D'LLERS 7月22日(白井運動公園)
【本部コメント】
注目の若武者D'LLERSが初戦突破!初参戦の強豪ブルーレンジャーズを下す!!
【試合内容】
サマーカップ初戦。先攻ブルーレンジャーズ、後攻D’LLERSで試合開始。D’LLERS先発は矢部。1回表1死から2番に左前打を打たれるが、3番三振4番を打ち取り初回は0点で抑える。1回裏1.2番を簡単に打ち取られるが、3番矢部が中前打を放ち出塁する。4番渡辺が四球で2死1.2塁とチャンスを作るが、5番守田は凡退し初回は両チーム0点で終わる。2.3回は両投手が抑え0点で進む。試合が動いたのは4回表、先頭2番に二塁打を打たれ、無死2塁とピンチを招く。3番を遊ゴロで打ち取り、1死3塁から4番に四球を与え1死1.3塁から5番に左前打を打たれ1点を先制される。その後をなんとか抑え、この回の得点は1点。D’LLERSも反撃したいところだか、ブルーレンジャーズ左好投手の前にチャンスを作れない。しかし6回表1死から3番矢部がこの日3本目となるヒットで出塁する。4番渡辺が死球、1死1.2塁から5番守田が中前打を放ち同点に追いつく。その後2死1.3塁となるが、7番青木が二失によって逆転に成功する。2死2.3塁となり続く8番岩元が遊失によって2者が生還する。6回裏の得点は4点。最終回を0点で抑え、D’LLERSが逆転勝利。ブルーレンジャーズ好投手の前に中々チャンスを作れなかったが、諦めず終盤粘って逆転することができた。先発矢部は7回4安打2四球1失点で完投勝利。ブルーレンジャーズに先制を許すも、その後点を与えず終盤までもちこめたのが、逆転につながった。
             逆転勝利を飾った D'LLERS
【相手チームへ一言】
(ブルーレンジャーズ)
(D'LLERS)
D’LLERSの皆様 対戦ありがとうございました。
また、対戦の機会が有りましたら宜しくお願いします。
ブルーレンジャーズ 林様、本日はグランド、審判の手配ありがとうございました。また機会がありましたら、よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
RED SOX 11 3 サンヒットBBC 7月16日(大宮健保)
【本部コメント】
春の上位対決はREDSOXに軍配!今季初登板の荒田が圧巻の完投勝利!!
【試合内容】
先攻REDSOX、後攻サンヒットで試合開始。1回裏、四球で出たランナーを野選で得点圏まで進塁させてしまいサードのエラーで先制を許す。しかし2回表、2アウトから3連続四球で満塁とすると、パスボールで同点。3回表には須賀選手、中林選手の内野安打などで1アウト満塁とすると指名打者浅野選手がレフトへのランニング満塁ホームランを放ち一気に流れを掴み、この回5得点。6回にも丸橋選手の2点タイムリー3ベースや、井上選手のライトへのホームランなどで5得点。先発荒田投手は今シーズン初登板で完投。11-3でREDSOXが初戦突破。
             完投勝利を挙げた 荒田投手
【相手チームへ一言】
(RED SOX)
(サンヒットBBC)
対戦ありがとうございました。
RED SOXの皆様、対戦ありがとうございました。
グランド、審判手配等お世話になりました。
また対戦の機会がありましたら宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Rossowave 2 5 Tommys baseballclub 7月16日(利根川ゆうゆう公園)
【本部コメント】
小鹿が値千金の逆転満塁弾!注目の若武者対決をTommysが制す!!
【試合内容】
先攻Rossowave、後攻Tommysで試合開始。初回、Rossowaveは2アウトから3番・土井(佑)の安打と盗塁で2塁とチャンスを作ると、4番・齋藤のタイムリーで先制。さらに4回表には8番・片岡のタイムリー3塁打が飛び出し加点する。Tommysは4回までにRossowaveの沖投手に無安打6奪三振を奪われ完璧に抑えられる。しかし、Tommysは5回に内野ゴロの間に1点返す。更に6回裏、四球やエラーで2アウト満塁を作り、6番小鹿の値千金レフトオーバーのランニングホームランで4点。逆転に成功する。反撃したいRossowaveは7回表、1番からの好打順であったが、今野・岡本(直)・土井(佑)が3人で倒れ試合終了。Tommysが5対2で勝利した。
             逆転満塁HRを放った 小鹿選手
【相手チームへ一言】
(Rossowave)
(Tommys baseballclub)
対戦ありがとうございました。
Rossowaveの皆様この度は対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら是非対戦の程宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
三晃クラブ 4 9 湾岸ベースボーイズ 7月16日(前田西公園)
【本部コメント】
湾岸ベースボーイズが逆転勝ち!強豪三晃クラブを下し、春の鬱憤晴らす!!
【試合内容】
先攻三晃クラブは阿部投手、後攻湾岸ベースボーイズは榎本投手の両先発で試合開始。試合が動いたのは3回表、三晃クラブは9番大和田、1番岡部、2番関の3連打で無死満塁とすると3番阿部が満塁ホームランを放ち4-0とリードする。4回裏、湾岸は1番増田、2番諸橋の連打で無死2.3塁とすると、3番胡麻ライト前ヒット、4番松岡サードゴロ、5番榎本サード内野安打、6番野入犠牲フライで3得点、3-4と1点差に迫る。5回裏、湾岸は8番齋、9番日置の連打で無死1.2塁とすると、1番増田の内野安打、2番諸橋ピッチャーエラー、3番胡麻ソロホームランで、4-7と逆転する。6回裏、5番榎本のサード強襲の2塁打が2つのエラーを誘い一気にホームイン。その後2死1.3塁として1番増田のライト前ヒットでこの回2得点、4-9。7回表、三晃クラブは猛攻を仕掛けるも時間切れで試合終了。大会規定により6回終了時点の4-9で湾岸が2回戦進出。
             ダメ押しとなるHRを放った 胡麻選手
【相手チームへ一言】
(三晃クラブ)
(湾岸ベースボーイズ)
湾岸ベースボーイズの皆様、対戦有難うございました。
今回は負けてしまいましたが又対戦させて下さい。
2回戦以降も頑張って下さい。
三晃クラブ様、対戦ありがとうございました!
また、グランド・審判を手配頂きありがとうございました!
今後とも何卒宜しくお願い頂けます。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
FEARLESS 5 0 MBN 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により直前に対戦をキャンセルしたため、MBNの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
葛飾セブンベースボールクラブ 0 10 クーニンズ 7月9日(夢の島球場)
【本部コメント】
落合が1安打完封!注目の新星クーニンズが圧巻の破壊力で1回戦突破!!
【試合内容】
葛飾セブンは大山航、クーニンズは落合が先発。試合は初回からクーニンズのペース。足を使った攻撃と効果的なヒットで小刻みに得点を重ねる。終盤には上野選手にも一発が飛び出す。投げては、クーニンズ先発落合投手が1安打完封で好スタートを切った。
             Victoria初勝利を挙げた クーニンズ
【相手チームへ一言】
(葛飾セブンベースボールクラブ)
(クーニンズ)
クーニンさん、チームの皆さま本日はありがとうございました。必ず優勝して下さい!期待しております!
この度はありがとうございました。
またよろしくお願い致します!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
WILL BASEBALL CLUB 3 7 TABOO 7月9日(大宮健保)
【本部コメント】
昨年のファイナリストが1回戦で激突!埼玉強豪対決はTABOOに軍配!!
【試合内容】
TABOOは永富、WILLは樋口の先発で試合開始。序盤は両投手の好投で進むが3回裏、WILLは2死2塁から8番青木がタイムリーを放ち先制点を挙げる。しかし、TABOOは4回表に1死2塁から4番山本が放った打球に中継ミスなどが絡んでホームランとなり逆転に成功。追いかけるWILLは、4回裏に2死2塁から6番三井がタイムリーを放ち再び同点とする。しかし、シーソーゲームの展開で迎えた5回表、TABOOは2死2.3塁から2点タイムリーで再び勝ち越しに成功。さらに6回表には無死1.2塁からホームランで3点を追加。WILLは最終回に内野ゴロ間に1点を返すが反撃もここまで。TABOOが勝利した。
             埼玉強豪対決を制した TABOO
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(TABOO)
対戦ありがとうございました。2回戦も頑張ってください。
今後ともよろしくお願い致します。
グランド、審判手配ありがとうございました!
また対戦出来るのを楽しみにしてます!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
清瀬ビクトリー 8 5 Revival 7月9日(滝の城址公園)
【本部コメント】
清瀬ビクトリーが4年越しの初勝利!Revivalはまさかの初戦敗退!!
【試合内容】
先攻Revival松山投手、後攻清瀬ビクトリー岡野投手で試合開始。4回表、Revivalが1点を先制すると、6回表にも連打で2点追加。追いつきたい清瀬ビクトリーは6回裏、四死球絡みで8点を奪い逆転。最終回、Revivalは追い上げ見せるも2点止まりで試合終了。8対5で清瀬ビクトリーが勝利した。
             Victoria初勝利を挙げた 清瀬ビクトリー
【相手チームへ一言】
(清瀬ビクトリー)
(Revival)
埴原様、本日は対戦ありがとうございました。
また対戦機会ありましたら交流させてください。
中島様、選手の皆様、対戦及びグランド、審判の手配等ありがとうございました。今後ともオープン戦等おつきあいのほど宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
新宿レッドアイ 0 6 世田谷ペンギンズ 7月9日(下高井戸運動場)
【本部コメント】
須山・堂前の完封リレー!世田谷ペンギンズが春に続き初戦突破!!
【試合内容】
先攻世田谷ペンギンズ・須山投手、後攻新宿レッドアイ・福田投手の先発でプレイボール。世田谷ペンギンズは1回、張のタイムリー三塁打で先制すると、4番迎里、7番工藤のタイムリーで初回に4点を挙げる。さらに2回に四死球などノーヒットで追加点を挙げ5-0、4回にも三塁打の加治を内野ゴロで返し6-0とリードを広げる。反撃したい新宿レッドアイは5回、変わった堂前投手から吉田のヒット、勢田の二塁打など一死満塁と攻めるが後1本が出ず、6-0で世田谷ペンギンズの勝利。
             先制打を放った 張選手
【相手チームへ一言】
(新宿レッドアイ)
(世田谷ペンギンズ)
ご対戦ありがとうございました。チーム発足から1年、初の完封負けで力の差を痛感させられました!大変勉強になりました、また機会がございましたら是非よろしくお願いします!優勝目指してケガなく頑張って下さい!
新宿レッドアイのみなさん、暑い中対戦ありがとうございました。
村井様、グラウンド、審判の手配ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
MKY88 5 0 YBC 不戦試合
<試合内容>
代表者の連絡難により対戦期限までに対戦が実現せず、YBCの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
BOOOOON 2 2 三光電気工事株式会社 7月2日(大宮健保)
【本部コメント】
BOOOOONが劣勢を撥ね退ける!2年連続で1回戦をじゃんけん突破!!
【試合内容】
BOOOOON先攻、三光電気後攻で試合開始。BOOOOONは4回まで完全試合ペースで抑え込まれてしまう。三光電気は初回に四死球でランナーをためて、内野ゴロで1点を先制する。5回に四球と牽制悪送球などを絡め2点を取りBOOOOONが逆転する。6回ウラ三光電気の攻撃、先頭バッターが四球で出塁し、盗塁を決めチャンスを作り、内野ゴロで1点を取り、2−2の同点。先発の鈴木が後続を抑え、試合はじゃんけん決着へ。結果、BOOOOONが勝利した。
             初戦を突破した BOOOOONナイン
【相手チームへ一言】
(BOOOOON)
(三光電気工事株式会社)
三光電気工事株式会社 柴垣様、チームの皆様、対戦ありがとうございました。また急な日程も調整ありがとうございました。また機会がありましたら、対戦よろしくお願いいたします。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
大宮フェニックス 10 0 KENTERS 7月2日(大宮健保)
【本部コメント】
大宮フェニックス打線大暴れ!大量10点を奪い圧巻のコールド発進!!
【試合内容】
先攻KENTERS高木、後攻大宮フェニックス永野の先発で試合開始。KENTERSは初回、2アウトからエラーと四球で満塁のチャンスを作るが一本が出ず無得点に終わる。一方の大宮フェニックスは初回、2番山本の特大ホームランで先制、その後も5回までに大量10点を入れ勝負を決めた。投げては先発永野が1安打完封、結局10対0で大宮フェニックスが勝利した。
             完封勝利を挙げた 永野投手
【相手チームへ一言】
(大宮フェニックス)
(KENTERS)
対戦ありがとうございました。
ありがとうございました。
今大会も良い成績が残せるよう頑張ってください。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
PIECE 5 0 インソムニアスターズ 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、インソムニアスターズの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ギャンブラーズクラブ 5 0 ひばりが丘ロータース 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、ひばりが丘ロータースの不戦敗。