草野球大会Victoria|ZOOM!Vol.25:スペシャル座談会 打者編
TOP > マガジン > ZOOM!Vol.25:スペシャル座談会 (打者編)
生涯最高のバッティングは?

丸橋  「僕は高校時代最後の夏大会の時に、2対3で負けている10回裏2アウト満塁の場面で放ったサヨナラ打が一番印象に残っていますね」 藤崎  「それは気持ち良いねー。それはヒット?」 丸橋  「センター前ヒットですね。その打席は人生で一番緊張して、人生で一番気持ち良かったですね(笑)」 坂東  「これっていう一打は思い浮かばないですけど、気持ち良いなと思う瞬間はあります。自分の読み通りだったり、こう来たらこう打とうとイメージした通りに体現出来た時は、すごい気持ち良いなという感覚はありますね」 藤崎  「自分は、3年前にVictoriaファイナルで打ったHRって言いたいんですけど…、独立リーグにいた時に楽天とやって、その時の相手ピッチャーだった横山投手の真っ直ぐをバックスクリーンに打ったHRが最高の一打ですね。体の使い方も完璧だったし、打った瞬間に入るなというのが分かったので、最高に気持ち良かったですね」 増子  「神宮球場のレフトスタンドに放り込んだ一発も素晴らしかったですけどね(笑)」 藤崎  「あのHRは気持ち良いというよりも、インコース低めを縦振りでレフトスタンドにもっていけたという技術的に良かったなと思う一打ですね。あとで動画で見た時に、『これが出来ていればプロにいけてたじゃん』ってすごい思いました(笑)。それくらいあのHRは完璧だったと思います」 増子  「Victoria史上、プロ球場のスタンドに入れたのは藤崎君ただ1人だからね」 藤崎  「本当ですか!?それは嬉しいですね。正直、打った瞬間にこれはMVPだなって思いましたね(笑)」 丸橋  「そうですよね。結局ウチの吉田さんが持っていきましたもんね(笑)。『打たれたじゃん』って言いたかったですけどね(笑)」
Victoriaの中ですごいなと思った投手、あるいは苦手だなと思う投手は?

藤崎  「僕がここでWILL B.Cの樋口さんって言ったら面白いですか(笑)?」 増子  「前々回の座談会企画で、本人は8、9割打たれてるって言ってたけど(笑)」 藤崎  「それリアルに打ってますね(笑)」 増子  「RED SOXは樋口投手との相性は?」 丸橋  「ウチは前に準決勝で負けているので打ててはいないですね。どちらかというと右投げで球速の早いピッチャーが得意ですね」 増子  「技巧派は苦手だもんね(笑)」 丸橋  「そうですね。頭が弱いチームなので、力対力の勝負をしたがるんですよね(笑)」 丸橋  「良いピッチャーだってよく聞くのは湾岸ベースボーイズの松岡さんとか、PIECEの柴さんとかですよね」 増子  「それは対戦してもそう思うって事?」 丸橋  「松岡さんは相性が良いのか5割以上打ってはいます(笑)。なので、PIECEの柴さんが対戦した中では一番良いピッチャーですかね。去年の決勝ではかなり苦戦しましたし、球速も135km出てましたもんね。最後は足がつってしまった事もあり何とか勝てましたけど、前半は完璧に抑えられていましたからね」 増子  「そんな柴さんは、チームメイトから見てどうですか?」 坂東  「柴さんは、後ろから見ていても神がかっている時は神がかっているので、リズムに乗るといつの間にか試合が終わってるくらい打たれる気がしない時はありますね」 藤崎  「自分は、ダディーズベースボール47歳(当時)右腕の吉川さんですね。あの人はヤバいなと思いました。チェンジアップにしろツーシームにしろ、球速を変えてくるし、あまり変化球で球速を変えられるピッチャーっていないじゃないですか?なので吉川さんだけは印象に残ってますね。結果も1打席目、2打席目三振、3打席目はHRを打ったんですけど(笑)。ただ、本当に凄かったです。HRを打てたのも3打席目なのでスタミナがちょっと落ちたからだと思います。とにかくコントロールも間違えないし、今までで一番苦戦しましたね。だから最後に、『本当に47歳ですか?』って聞きましたもん。もう一人挙げていいなら、NTスコーピオンズの延島ですね。東洋大学時代の同期で部屋も一緒だった仲なんですよ。これまでの対戦成績がちょうど五分五分だったりして、良きライバルでもある良い投手だと思います」
憧れの選手は?

坂東  「自分は、同じチームメイトの茂木さんですね。本当にすごい人だなと思っていて、あの人は塁に出たい時は出れるし、強振したい時は強振してヒットも打てるので、ホントにパワプロみたいな天才バッターですね。ミート力、パワーもあって、さらに足もあるという事で、初めて見た時から天才だなって思いましたね」 藤崎  「茂木さんはホント技術が高いよね。投げても良いピッチャーだし」 丸橋  「僕は巨人ファンなので、松井秀喜選手ですね。何か劣勢の時に打つイメージがあるので、あの勝負強さが憧れでした。打ち方が好きなのは元日本代表監督だった小久保選手ですね。HRのアーチの描き方が特に好きでしたね。なので、打ち方は小久保選手で、勝負強さなど総合的に見ると松井選手ですね」 藤崎  「小さい頃好きだったのは、僕も巨人ファンなので清原選手です。ただ、打ち方を真似しているのは現DNAベースターズの筒香選手ですね。あの体の使い方はすごいなと思いますね。僕は右バッターなので研究する時に左バッターの方が見やすいんですよね。タブレットとかで動画を見る時に鏡のように写って見えるので、左バッターを見る事が多いですね」 増子  「やっぱり日々研究している?」 藤崎  「そうですね。例えば相手投手にベストボールを3球投げられたら絶対に打てないと思うんですよ。だけど、その中でコントロールミスがあって甘いボールが来た時に逃さない為には、自分の準備が大事になってくると思っています」
今季の目標は?

藤崎  「やっぱり神宮球場でもう一度HRですかね。あと、ピッチャーとして140kmを投げる事ですね(笑)」 坂東  「とにかく打点を稼ぎたいと思います。何でも良いので、打点を多く稼いでいきたいですね」 丸橋  「今年からキャプテンになったので、チームとしては勝たなくてはいけないので、勝利に繋がる一打を打つというのはもちろんですが、年間を通して打率4割、得点圏打率も5割打てるように頑張りたいと思います」 増子  「後半戦も皆さんの活躍を期待していますので、頑張って下さい!今日はありがとうございました!」
< 前のページ   1   2   3