TOP > Victoriaリーグ3部(2022年) > 成績表(決勝トーナメント)
 【 Aブロック 】  【 Bブロック 】  【 Cブロック 】  【 Dブロック 】  【 Eブロック 】  【 Fブロック 】  【 Gブロック 】  【 Hブロック 】
 【 Iブロック 】  【 Jブロック 】  【 Kブロック 】  【 Lブロック 】  【 Mブロック 】  【 Nブロック 】  【 決勝トーナメント 】
※ 各ブロック上位チームが決勝トーナメント進出
ワイルドカード枠 →【順位確定について】
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Hustler 6 7 インソムニアスターズ 11月13日(我孫子市民)
インソムニアスターズが劇的サヨナラ!7年越しとなる悲願の決勝進出へ!!
【試合内容】
先攻Hustler、後攻インソムニアスターズで試合開始。1回表、Hustlerの攻撃は1~3番の連続安打、守備の乱れもあり一挙3点を先制する。その勢いは2回表も続き、Hustlerはエラーから出塁すると、3番間渕が初球の甘く入った変化球も見事に捉えてツーランを放ち、5-0と突き放す。序盤は完全にHustlerペースで試合が進む。ゲームの流れが変わったのは3回裏、インソムニアスターズは先頭の大塚が左安打で出塁すると、連続四球でノーアウト満塁。2番高桑の犠牲フライで1点を返すと、続く3番、今大会絶好調の秋山がレフトスタンド中段に運ぶ値千金のスリーランを放ち1点差まで追い上げる。ここから両チーム継投し、あと1本を許さず、Hustlerの1点リードで進む。迎えた6回裏、インソムニアスターズは7番池田、8番八巻の連続出塁でチャンスを作ると、9番柴田が三遊間を抜く2点タイムリーを放ち逆転し最終回へ。4回からマウンドに上がる西本はここまで強力Hustler打線を0に抑えるが、ノーアウト満塁と最大のピンチを招くも、ギアを一段階上げ、何とか同点で乗り切る。ピンチを乗り越えたインソムニアスターズ、先頭秋山がこの試合4本目となる安打で出塁し、4番中村は申告敬遠、盗塁も絡め、1アウト2.3塁でお祭り男池田に回る。うまく叩いた打球に秋山が好スタートをきり、サヨナラホームインで試合終了。インソムニアスターズが劇的勝利で悲願の決勝進出を決めた。 (取材写真はこちら&試合動画はこちら
【相手チームへ一言】
(Hustler)
(インソムニアスターズ)
インソムニアスターズ様、この度は遠征していただきありがとうございました。非常に悔しい結果となりましたが、我々の分まで頑張ってください。今後とも宜しくお願い致します。
本日は対戦ありがとうございました、またグラウンド、審判手配もありがとうございました。技術のみならず、雰囲気含め沢山のことを学ばせて頂きました。また機会があれば宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
NAYON 1 1 NITORO 11月6日(松戸運動公園)
エースの川上が完投!参戦4年目NITOROが悲願のファイナル初進出掴む!!
【試合内容】
先攻NITORO、後攻NAYONで試合開始。初回NITOROは先頭の木内が出塁し、NAYONの守備の乱れと死球もあり1死満塁のチャンスを作る。しかしNAYON先発中山の粘りの投球で無得点に終わる。試合が動いたのは2回裏、NAYONは2回先頭5番大部が右中間を破るスリーベースヒットでチャンスメイク。続く6番大和久は見逃し三振。1死3塁から7番長安の叩きで先制。続く3回の裏NAYONの攻撃、1番石塚が四球、2番小暮のセーフティーバントでノーアウト2.3塁とチャンスメイクするも、NITOROエース川上の気迫の投球や捕手のファインプレーで三塁ランナーを刺すなどNAYONの勢いを止め無得点に抑える。反撃したいNITOROは最終回表、先頭の9番直井が左中間へのスリーベースヒットを放ち無死3塁とし、続く1番木内がセンターへの犠飛を打ち土壇場で同点に追いつく。その裏NAYONは先頭9番池原がセンター前ヒット、3番小川のツーベースヒットで2死2.3塁とチャンスメイクするも、ここは川上が渾身の投球で4番天野から三振を奪い0点に抑える。ゲームはサドンデスに突入するも時間切れとなり、1-1のまま決着はじゃんけん対決へ。最後は主将山下(聖)がじゃんけんに勝利しゲームセット!NITOROが初のファイナル進出を掴んだ。先発の川上はランナーを出すも要所で三振を奪う気迫の投球で5回10奪三振1失点の好投。
【相手チームへ一言】
(NAYON)
(NITORO)
滝沢様・NITOROの皆様この度は遅い時間に遠くから遠征いただき誠にありがとうございました。準決勝にふさわしい熱い試合ができとても楽しかったです。NAYONの分も優勝してください。また今後ともオープン戦含めよろしくお願いいたします。
対戦ありがとうございました。今後ともオープン戦等お付き合いよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Hustler 2 1 スタープラチナ 10月23日(ゆうゆう公園)
三宅(隼)の決勝打に宇津木が完投勝利!Hustlerが3部5年目で初の準決勝へ!!
【試合内容】
先攻スタープラチナ、後攻Hustlerで試合開始。序盤から両投手の好投により、ランナーは背負うも無失点が続く予想通りの展開となった。試合が動いたのは4回裏Hustlerの攻撃、先頭の5番井上が左越二塁打を放ちチャンスを演出するも、犠打の空振りの絡んだ牽制死で嫌な流れとなりそうな場面。しかし6番幸田、7番根本の連続安打で一死2・3塁のチャンスを再度作る。続く8番斎藤は四球を選び、一死満塁で9番三宅隼が中前打を放ち2点を先制する。Hustler先発の宇津木は最終回に右越三塁打と犠飛で1点は失うも後続を断ち、1安打1失点の好投で1-2の完投勝利を飾った。
【相手チームへ一言】
(Hustler)
(スタープラチナ)
スタープラチナ 宮崎様 チームの皆様、本日は遠征していただきありがとうございました。また日程調整が厳しいなか、最終的には私達の予定に合わせてくださいまして大変感謝をしております。今回は、たまたま勝つ事が出来ましたが、最後の最後までいつひっくり返されてもおかしくない展開で緊張しておりました。また対戦の機会がございましたら、宜しくお願い致します。
対戦ありがとございました!
今後ともよろしくお願い致します!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
GRADE RIZE 2nd 5 6 NAYON 10月16日(私学事業団)
初回の猛攻に3投手による継投!新星NAYONが4部王者に競り勝ち準決勝へ!!
【試合内容】
先攻NAYON、後攻GRADE RIZE 2ndで試合開始。試合が動いたのは初回、4番天野の2点タイムリーヒットに続き、6番長安のスリーランホームランでNAYONが5点先制。NAYON先発浅野はGRADE RIZE 2ndに粘られ同点に追いつかれる。最終回NAYONは先頭池原がヒットで出塁し盗塁を決めると、小暮が送り、千明のタイムリーで勝ち越しに成功。最終回裏、石塚が140キロを超えるストレート連発で締め試合終了。NAYONは浅野→中山→石塚の継投リレーでGRADE RIZE 2nd打線を1安打に抑え、準決勝に駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(GRADE RIZE 2nd)
(NAYON)
 
対戦ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
インソムニアスターズ 3 0 KGLADS 10月16日(御幸球場)
秋山の決勝打に坂東が完封!インソムニアスターズが2年ぶりに準決勝進出!!
【試合内容】
先攻インソムニアスターズ、後攻KGLADSで試合開始。試合はKGLADS先発磯飛とインソムニアスターズ先発が好投し投手戦となる。両チームチャンス作るも、あと1本がでず4回終了時で0-0。ゲームが動いたのは5回表、インソムニアスターズは9番柴田、1番臼田の連続安打で2死2.3塁チャンスを作ると、3番秋山がレフトへ値千金の2点タイムリーツーベースを放ち、2点を先制する。試合が動いた5回裏も危なげなく三者凡退で抑えると、徐々に流れがインソムニアスターズへ。7回表、四球、エラーでチャンスを作ると3番秋山の犠牲フライで3-0と貴重な追加点をとり7回裏へ。インソムニアスターズのエース坂東は、最終回も危なげなく三者凡退で試合をしめ、終わってみれば3安打完封勝利。インソムニアスターズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(インソムニアスターズ)
(KGLADS)
本日ご足労頂きありがとうございました。緊張感あふれる試合、非常に楽しかったです。また機会がございましたら、ぜひ対戦宜しくお願いします。
本日はグラウンド・審判確保ありがとうございました。
神宮出場に向かってあと一つ頑張ってください。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
NITORO 8 1 FENRIL 10月9日(大宮健保)
川上が4打点&完投勝利!NITOROがエースの投打の活躍で4強一番乗り!!
【試合内容】
先攻NITORO、後攻FENRILで試合開始。FENRILが初回、NITOROの守備のミスから4番岡本のタイムリーで1点先制。2回表、NITOROはすぐに1点を返し同点に追いつく。3回表、NITOROは打線が繋がり4得点とする。その後もNITOROは3点追加し、試合を決めた。NITORO先発の川上は、初回に守備のミスもあり先制されるも、その後はランナーを出しつつも要所を抑え、7回1失点の快投。打っても3安打4打点の大活躍。結果は8-1でNITOROの勝利。
【相手チームへ一言】
(NITORO)
(FENRIL)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
グラウンド、心配手配ありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
スタープラチナ 5 0 天竺 10月2日(大宮健保)
龍谷が3打点&完封と投打の活躍!スタープラチナが首位対決制し初の8強へ!!
【試合内容】
先攻スタープラチナ、後攻天竺で試合開始。スタープラチナは初回、1番高橋と3番秋山が四球で出塁しチャンスを作ると、4番宮崎のセカンドゴロで1点を先制。さらに6番龍谷が右中間へのタイムリー三塁打を放ちこの回3点を取る。天竺はその裏、先頭が三塁打で出塁するも無得点。スタープラチナは3回表、1アウトから4番宮崎が四球で出塁すると、6番龍谷がレフト前へタイムリーを放ち1点を追加する。さらに5回表、1アウトから4番宮崎が死球で出塁、5番當麻がヒットを放ち、6番龍谷の一ゴロで宮崎がホームを狙うもアウトとなる。尚も2アウト一三塁で7番杉田がタイムリーを放ち1点を追加する。投げては龍谷が相手にチャンスを作られるも気迫のピッチングで相手打線を封じ完封勝利。5対0でスタープラチナの勝利。
【相手チームへ一言】
(スタープラチナ)
(天竺)
天竺様ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
遠くまでの遠征ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
インソムニアスターズ 2 0 東京KINGS 10月2日(光が丘公園)
柴田の決勝打に坂東・西本の完封リレー!インソムニアが2年ぶり8強進出!!
【試合内容】
インソムニアスターズ先攻、東京KINGS後攻で試合開始。3回終了まで、両投手陣の好投で0-0の投手戦の様相。4回表、インソムニアスターズは3番秋山、4番中村の連打で1、3塁とすると、6番柴田の内野ゴロの間にインソムニアスターズが1点先制。更に6回表、3番秋山が敵失&盗塁でチャンスを作ると、4番中村のタイムリーで2-0とする。先発坂東、2番手西本は強力東京KINGS打線を相手に3塁を踏ませない投球で、そのまま2-0でインソムニアスターズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(インソムニアスターズ)
(東京KINGS)
冨永様、東京KINGSの皆様、この度は対戦ありがとうございました。痺れる試合で非常に楽しかったです。またぜひよろしくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ホワイトブルズ 0 6 NAYON 10月2日(大宮健保)
NAYONがベスト8!長安のHRにエース中山が圧巻の完封シャットアウト!!
【試合内容】
先攻ホワイトブルズ、後攻NAYONで試合開始。NAYON打線は長安のホームランを含む二桁安打で6得点を挙げる。投げては先発した中山が7回1安打完封勝利。NAYONが決勝トーナメント3回戦に駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(ホワイトブルズ)
(NAYON)
小暮様、埼玉まで遠征ありがとうございました。完敗です。また機会がありましたら宜しくお願いいたします。
牧野様この度はグラウンド・審判様の手配誠にありがとうございました。また対戦する機会ございましたらよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ユニティー 0 1 NITORO 10月2日(三郷サンスポ)
4番高橋が値千金の決勝弾!NITOROが緊迫の投手戦を制し初の8強入り!!
【試合内容】
NITORO先攻、ユニティー後攻で試合開始。先攻のNITOROは相手先発の投球に苦しみ、初回から3者凡退の攻撃が続く。一方、後攻のユニティーは初回から相手のミスもあり毎回ランナーを出すも得点は出来ず。0-0のまま迎えた7回表、NITOROは2死から4番高橋のソロホームランで1点勝ち越しに成功。その裏ユニティーは2死2塁とチャンスを作るも一歩及ばず、1-0でゲームセット。NITOROが3回戦進出。
【相手チームへ一言】
(ユニティー)
(NITORO)
対戦ありがとうございました。投手を中心とした見事なチームワークに完敗です。今後のご活躍に期待しています。
グランド手配・審判手配ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Hustler 8 2 市川ホーネッツ 10月2日(湖北台中央公園)
Hustlerが3年ぶり8強へ!宇津木・染谷の鉄壁リレーに間渕が5打点の活躍!!
【試合内容】
先攻市川ホーネッツ、後攻Hustlerで試合開始。初回、Hustlerは相手投手の立ちあがりを攻め、無死1.2塁のチャンスに3番間渕が三塁線を抜くタイムリー二塁打を放つと、レフトの隙を見て1塁ランナーまで生還し、幸先よく2点を先制する。続く2回には一死から8番井上のソロ本塁打で1点追加、二死から1番山本、2番北澤の連打で再度1.2塁のチャンスを作る。ここで3番間渕に回ると、初球を振り抜いた打球は悠々フェンスを越える本塁打となり、更に3点を追加し6-0と試合の主導権を握る。Hustlerは4回にも2点を追加し、8-0と大きくリードを広げる。時間の関係で最終回となった6回、ここまでパーフェクトピッチングの宇津木が市川ホーネッツに2点を返されるも、最後は染谷が締めて2-8でHustlerの勝利。
【相手チームへ一言】
(Hustler)
(市川ホーネッツ)
市川ホーネッツ様、本日は遠征していただきありがとうございました。皆様のポジティブな声掛けと、明るい雰囲気で野球をやる姿を見て、我々も見習いたいと思いました。今後とも宜しくお願い致します。
まだまだです。もう一度やり直しです。優勝してください。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
GRADE RIZE 2nd 6 1 JOKER 10月2日(私学事業団)
吉澤の逆転弾含む3HR!昨季4部王者GR2が予選無敗対決制し準々決勝進出!!
【試合内容】
JORKERが1回に1点先制。対するGRADE RIZE 2ndは1回裏に吉澤の2点本塁打で逆転に成功。さらに3回に追加点、4回には洲脇、小川の本塁打で突き放す。結果6対1でGRADE RIZE 2ndが勝利した。
【相手チームへ一言】
(GRADE RIZE 2nd)
(JOKER)
対戦有難う御座いました。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Mr.cherryboys 1 3 天竺 10月2日(大宮健保)
奥平が決勝ホームラン!天竺がWヘッダー初戦を飾り16強最後の切符を掴む!!
【試合内容】
先攻MR.cherryboys、後攻天竺で試合開始。天竺は初回1アウト2.3塁のチャンスを作ると、ショートゴロが本塁挟殺プレーとなり捕手の暴投で1点先制する。直後の2回表にMR.cherryboysは1アウト1.3塁を作ると、8番加藤のファーストゴロの間に3塁ランナーが生還。1対1の同点とする。4回に天竺は2アウトから6番奥平のレフトへのHRで勝ち越しに成功すると、6回にはワイルドピッチの間に1点追加。3対1で天竺の勝利。
【相手チームへ一言】
(Mr.cherryboys)
(天竺)
田中様、本当にありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
わざわざ遠いところまでありがとうございました。審判さん、グランド手配ありがとうございました。また機会ありましたらよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
KGLADS 4 0 テイクケア 9月25日(篠崎公園B)
山下の先制弾に3投手による完封リレー!KGLADSがWヘッダー連勝8強進出!!
【試合内容】
2回、KGLADSは山下のホームランで先制。3回、海部のタイムリー、倉富押し出し四球で3-0とする。4回にも海部ホームランで追加点をあげる。投げては島田が肩痛で1回でマウンドを譲るも、磯崎が6回まで好投をし、最後は磯飛が締めて試合終了。テイクケアは好機こそ作るも繋けることが出来ず1点が遠く、4-0でKGLADSが勝利した。
【相手チームへ一言】
(KGLADS)
(テイクケア)
本日はありがとうございました。楽しかったです!今後練習試合等でまたお願いできればと思います。引き続きよろしくお願い致します!
グラウンドと審判手配ありがとうございました!
3回戦頑張ってください!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
KGLADS 8 1 清瀬キャロッツ 9月25日(大井ふ頭海浜)
海部の決勝打に磯崎が完投勝利!KGLADSがWヘッダー初戦を飾り1回戦突破!!
【試合内容】
KGLADSは2回大矢、久世の連打でチャンスを作ると、磯飛、海部にタイムリーで2点を先制する。さらに3回、大矢の内野ゴロ、久世のタイムリー等で3点をとり、5-0とする。4回には海部、山下にホームランが飛び出し8-0とリードを広げる。先発磯崎は5回に1点を許すも、8-1でKGLADSが勝利。
【相手チームへ一言】
(KGLADS)
(清瀬キャロッツ)
度重なる延期の末、7時から試合開始ということで、ご対応いただきありがとうございました。引き続き練習試合などよろしくお願い致します。
ありがとうございました。ご健闘をお祈りします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
FENRIL 11 3 東雲blossom 9月18日(大井ふ頭海浜)
2戦連続二桁得点に小林・山内の継投!FENRILが雨決戦制し8強一番乗り!!
【試合内容】
先攻FENRIL、後攻東雲blossomで試合開始。FENRILは初回、二死二塁から4番岡本の放った飛球をレフトがエラーし1点を先制する。その裏、東雲は2番山崎がライトスタンドへソロホームランを放ち同点に追いつく。さらに東雲は2回裏、二死二塁から9番青山のライト後方に落ちるタイムリーヒットを放ち1点を勝ち越す。反撃したいFENRILは3回表、1番からの好打順。1.2番が四死球で出塁、送りバントなどで二死二三塁の好機を作ると、5番竹内にセンターへのタイムリーツーベースが飛び出し逆転に成功。さらに続く福濱のヒットでチャンスを作り、7番山内がライト前タイムリーヒットを放つ。その後押し出し死球もあり、この回一挙4点を追加する。なんとかFENRIL打線を抑えて流れを掴みたい東雲だったが4回表、FENRIL4番岡本のタイムリーやパスボール間に2点を追加、さらに7番山内のダメ押しとなるスリーランホームランが飛び出し5点を追加。その後、5回にも6番福濱の犠牲フライで追加点を挙げ、計11得点。東雲は好投を続けるFENRIL先発の小林を攻略できず、5回にFENRIL2番手山内を攻め立てるも、1点止まり。5回完了で時間切れとなり、FENRILが8強入りを果たした。勝ったFENRILは9安打11得点。小林、山内のリレーで東雲を3点に封じ込めた。東雲は計4投手のリレーで流れをつかみたかったが、四死球10個と制球に苦しんだ。
【相手チームへ一言】
(FENRIL)
(東雲blossom)
ありがとうございました。
グランド、審判の手配ありがとうございました。また試合前にグランドの水抜き、整備等ありがとうございました。お陰様で試合をすることができましたが、完敗でした。また機会があれば対戦よろしくお願いします。次戦もがんばってください。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
TOKYO VALENTIA 0 1 ユニティー 9月11日(大宮健保)
木村が完封&サヨナラ打と投打の主役!ユニティーが劇的勝利で1回戦突破!!
【試合内容】
先発投手はユニティー木村、TOKYO VALENTIA成澤で試合開始。ユニティーは初回先頭打者が出塁するも併殺で三者凡退。序盤は両投手共にスキのないピッチングと内野陣の好守でお互い得点機は無し。4回表、TOKYO VALENTIAは先頭打者が右翼線に長打を放ち三塁を狙うも中継プレーで刺殺。その裏ユニティーも初の長打で一死二塁とするも後続が断たれ無得点。中盤も両投手の粘り強い投球でお互い得点機を逸す。見事な投手戦のまま両チーム無得点で最終回。7回裏にユニティーは先頭打者が左翼線に幸運な二塁打で出塁。四球を絡めて一死一・三塁となり、投手の木村が前進守備の右翼頭上を越える快打でユニティーのサヨナラ勝ちとなった。
【相手チームへ一言】
(TOKYO VALENTIA)
(ユニティー)
 
対戦ありがとうございました。また、グラウンド・審判の手配もありがとうございました。当方にとって今季最高の試合でした。活字では伝えきれない素晴らしい投手戦でした。また対戦の機会があることを心より願っております。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Hustler 7 4 ブラックラビッツ 9月11日(ゆうゆう公園)
代打間渕の逆転弾に宇津木が好救援!Hustlerが劇的逆転勝利飾りを初戦突破!!
【試合内容】
先攻ブラックラビッツ、後攻Hustlerで試合開始。序盤ブラックラビッツが立ちあがりを攻め、初回、2回と4点をリードする展開。反撃したいHustlerは2回裏に二死1,2塁から9番三宅隼の左前打で1点返すと、1番米本が左中間を深々と抜く走者一掃の三塁打で更に2点返し、4-3と1点差に迫る。3回裏にもHustlerは二死ながら1,2塁のチャンスを作ると7番土井の放った遊ゴロが相手ミスを誘い、遂に同点に追いつく。その後は両チームの投手が粘りを見せ0を重ねる。迎えた5回裏二死から4番伊藤の中安、5番中川の右安で二死1,2塁のチャンスで代打間渕を送る。カウント3-2から振り抜いた打球はレフト頭上を大きく越え、最後は本塁クロスプレーとなるも、打者走者の間渕も生還する3点本塁打となり勝ち越しに成功。3回から無失点リリーフの宇津木、最終回は染谷が締め、4-7でHustlerの勝ち。好リリーフをみせた宇津木、猛打賞の米本、中川、試合を決めた代打本塁打の間渕の活躍が目立った。
【相手チームへ一言】
(Hustler)
(ブラックラビッツ)
ブラックラビッツ 徳山様 チームの皆様、この度は対戦いただきありがとうございました。たまたま今回勝てただけで本当に強かったです。今後ともお付き合いのほど宜しくお願い致します。
グラウンド、審判等ご手配頂きありがとうございました。続くトーナメント戦、チーム一同応援しております。頑張って下さい!またオープン戦等々宜しくお願い致します!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
GRADE RIZE 2nd 7 2 SKグリーターズ 9月11日(私学事業団)
真夏の空中戦はGR2に軍配!両軍6本のHRが飛び交う乱打戦を制し2回戦へ!!
【試合内容】
初回、先攻のSKグリーターズは2番加藤大のソロHRで先制する。後攻のGRADE RIZE 2ndもその裏すぐに追いつと、2回には2本のHRで突き放す。3回にSKは1番荻原のソロHRから始まり、4番温泉川、6番薮下のヒットで満塁のチャンスを作るも後一本が出ない。その後はGRADE RIZE 2ndが一発攻勢で試合を優位に進め、タイムアップで終了。両チーム合わせて6本も放ったHR合戦はGRADE RIZE 2ndが7対2で勝利し、2回戦に駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(GRADE RIZE 2nd)
(SKグリーターズ)
遠征頂き有難うございます。また宜しくお願いします。
本日は対戦ありがとうございました。また審判、並びにグラウンドの確保もありがとうございました。非常にレベルの高い技術に圧倒されました。試合に熱中出来るような対戦になり楽しかったです。機会がありましたら、これからも練習試合等宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
紫紺インディアナオスン 0 2 スタープラチナ 9月11日(大宮健保)
宮崎の決勝打に龍谷が11奪三振完封!スタープラチナが接戦を制し2回戦へ!!
【試合内容】
先攻紫紺インディアナオスン、後攻スタープラチナで試合開始。3回までお互い無得点。4回裏スタープラチナはエラーでランナーを出し、4番宮崎のセカンドゴロをセカンドが悪送球し1点を先制。宮崎はその後盗塁で3塁に進み、5番當麻のタイムリーで2点目取る。投げては先発龍谷が被安打3奪三振11で完封シャットアウト。スタープラチナが2-0で勝利。
【相手チームへ一言】
(紫紺インディアナオスン)
(スタープラチナ)
 
本日はグランドや審判手配ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
インソムニアスターズ 2 1 CyanMonkyes 9月11日(ガス橋緑地)
坂東・西本・秋山の継投リレー!インソムニアスターズが接戦制し好発進!!
【試合内容】
先攻インソムニアスターズ、後攻Cyan Monkeysで試合開始。先制したのはインソムニアスターズ。3回ヒットと四球でランナーが出たところで、内野のエラーの間に1人生還。また4回にもエラー絡みで2点目を取る。対するCyan Monkeysも毎回ランナーを出すも決定打に欠ける。Cyan Monkeysは6回に1点をを取り返し、最終回も同点のチャンスを作るも最後はライトライナーで試合終了。坂東、西本、秋山の継投によりインソムニアスターズの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(インソムニアスターズ)
(CyanMonkyes)
遠征頂きありがとうございました。緊張感のある試合、楽しかったです。また対戦お願いします。
日程調整や、グランドと審判さんの手配ありがとうございました。また機会があれば是非ともよろしくお願いします。ありがとうございました!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
デビルヤンキース 1 6 東京KINGS 9月11日(小豆沢野球場)
森が投打の活躍!互角の好勝負は東京KINGSが最終回に突き放し初戦突破!!
【試合内容】
試合は2回までお互いにチャンスを作るものの、あと一打が出ない展開。試合が動いたのは3回。東京KINGSが2死3塁からのタイムリーヒットで1点を先制。すると、その裏デビルヤンキースは服部の犠牲フライですぐさま同点に追いつく。次の1点がどちらに入るかが焦点だったが、デビルヤンキースは満塁のチャンスなどを活かせず、勝ち越すことができない。対する東京KINGSは最終回に2本塁打で一挙5得点を挙げ、勝負アリ。9残塁のデビルヤンキースとチャンスを活かした東京KINGSで明暗が分かれる試合となった。
【相手チームへ一言】
(デビルヤンキース)
(東京KINGS)
対戦ありがとうございました!
決勝トーナメント引き続き頑張ってください!
この度はグラウンド審判手配やご丁寧な対応ありがとうございました。白熱な試合でしたね、今後とも何卒よろしくお願いいたします!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
プレジデント 1 4 JOKER 9月11日(大宮健保)
寺田の決勝弾にエース柳田の完投!JOKERが開幕7連勝飾り2年ぶり2回戦へ!!
【試合内容】
JOKERが先攻、プレジデント後攻で試合開始。初回プレジデントはJOKER柳田をいきなり攻め、先頭打者ホームランで先制に成功。しかしJOKERは2回に6番木村のタイムリーで同点に追いつくと、4回には2番寺田のソロホームランが飛び出し勝ち越しに成功。6回には1番坂本の2ランホームランでダメ押し。投げては柳田が7回4安打1失点に抑え込み完投勝利。
【相手チームへ一言】
(プレジデント)
(JOKER)
JOKERさん、斎藤さん 対戦有難うございました。また、グランド・審判手配も頂き、有難うございました。続くトーナメントも頑張ってください。また対戦お願いします。
プレジデント様ありがとうございました。
また対戦宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
テイクケア 6 2 スパーク 9月11日(多摩川緑地)
三浦のHRでダメ押し!テイクケアが予選無敗の新星スパーク下し2回戦進出!!
【試合内容】
試合は前半投手戦に。中盤テイクケアは連打で3回に4点を先制。4回5回にスパークに連打で繋がれ1点ずつ失うも、7番三浦のホームランなどで取られた分取り返し6-2で試合終了。テイクケアが勝利した。
【相手チームへ一言】
(テイクケア)
(スパーク)
本日は遠い中対戦ありがとうございました!年齢も若く楽しかったです!またオープン戦等出来ましたら今後とも宜しくお願いします!
この度は、対戦ありがとうございました。素晴らしいピッチャーに切れ目のない打線、完敗です。是非また、オープン戦等よろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ファイターズ 3 11 NAYON 9月11日(トヨタ勝又)
中山・石塚の投手リレー!NAYONが5HR含むスタメン全員安打で初戦を突破!!
【試合内容】
NAYON先発の中山が立ち上がりに苦しむも2回からは圧巻のピッチングを披露。NAYON打線は5本のホームランを含むスタメン全員安打で大量得点に成功。最後は石塚が締め、NAYONが決勝トーナメント初戦を突破した。
【相手チームへ一言】
(ファイターズ)
(NAYON)
ありがとうございました。
大塚様この度はグラウンド・審判様の手配誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
FENRIL 11 4 HORNETS(東京都) 9月4日(大宮健保)
好投手相手に打線が奮起し大量11得点!新星FENRILが2回戦へコマを進める!!
【試合内容】
先攻HORNETS、後攻FENRILで試合開始。初回HORNETSは2アウト1.3塁を作るも無得点。その裏FENRILは先頭松谷のヒットで出塁し、2番鈴木の二塁打で先制。さらに3回裏には相手のミスと加藤の二塁打で一挙6点を追加し、0-7と優位に試合を進める。そのあとはお互い点数が入らないまま迎えた6回表、HORNETSが4点を挙げ4-7と追い上げるが、その裏に竹内、福濱などのタイムリーで4点を奪ったFENRILが決勝トーナメント初戦を突破した。
【相手チームへ一言】
(FENRIL)
(HORNETS)
ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願い致します。
グラウンドや審判の手配ありがとうございました。
次戦も頑張ってください。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
NITORO 9 1 松竹梅 9月4日(大宮健保)
滝澤の決勝打にエース川上が完投!投打の主役が躍動したNITOROが初戦突破!!
【試合内容】
NITORO先攻、松竹梅後攻で試合開始。2回までは両チーム無得点で試合が進み、試合が動いたのは3回、NITOROは先頭の8番嘉数が四球で出塁。送りバントで1死2塁となり1番林の3塁線への絶妙なセーフティバントと2番夏目の四球で1死満塁となり、ここで3番滝澤のライトへの2点タイムリーが飛び出しNITOROが先制。その後夏目の好走塁もありもう1点追加し3-0とする。4回には9番山下(聖)、1番林のタイムリーで5-0とする。松竹梅は4回裏、先頭がエラーで出塁し、3番の内野ゴロの間に1点を返すも反撃はここまで。NITOROは5,6回にも2点ずつ追加し、9-1で試合終了。先発の川上は被安打1の1失点の完投勝利。
【相手チームへ一言】
(NITORO)
(松竹梅)
日程調整大変な中ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Chuyans 4 6 東雲blossom 9月4日(芝公園)
東雲blossomが逆転勝利!若武者対決制し参戦2年目で初の決勝T2回戦へ進出!!
【試合内容】
先攻chuyans、後攻東雲blossomで試合が始まる。chuyansは1回裏、ヒットと四死球でチャンスを作り、タイムリーヒットなどで2点を先制する。その裏、東雲は2死1塁から連続長打などで4点を取り逆転する。その後、東雲は本塁打や長打で3回、4回に追加点を上げ突き放す。5回表、chuyansは東雲2番手を攻め2点を返すも、6回表を完了し時間切れ。東雲blossomが勝利し、初の2回戦へ駒を進めた。chuyansは最後まで足を絡めた攻撃で反撃したが、あと一本が出なかった。
【相手チームへ一言】
(Chuyans)
(東雲blossom)
 
対戦ありがとうございました。またグランド、審判の手配もありがとうございました。若くて元気なチームで、とても熱い試合ができたかと思います。chuyans様の分まで頑張りますので、今後とも宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
市川ホーネッツ 6 3 ゴールデンバイソンズ 8月28日(江戸川河川敷)
橋本(飛)&細原のHRに橋本(大)が完投!市川ホーネッツが無敗バイソンズ下す!!
【試合内容】
ゴールデンバイソンズ先攻、市川ホーネッツ後攻で試合開始。1回表バイソンズはランナー出すも無得点。その裏、市川ホーネッツは先頭打者が2塁打を放ち、1アウト3塁からサードゴロの間に1点先取。さらに4番橋本兄がレフトへHRを打ち2点先行。その後バイソンズ打線を5回終了まで1安打に抑えたホーネッツは、4回終了まで毎回得点を重ね、9番細原にもライトオーバーのソロHRがあり、6-0と試合が進む。6回表バイソンズが3点を取り反撃。しかし橋本弟が後続を断ち完投。6-3で市川ホーネッツの勝ち。
【相手チームへ一言】
(市川ホーネッツ)
(ゴールデンバイソンズ)
雨天決行し、試合中は雨が上がり何とか7回まで出来ました。遠征戴きまして誠に有り難うございました。次の機会がありましたら、また宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
今後のトーナメントも頑張ってください。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ホワイトブルズ 5 0 品川オレンジ 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、品川オレンジの不戦敗。