TOP > Victoriaリーグ2部 supported byファンゴユニフォーム(2021年) > 成績表(Bブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  Gブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 0 0 6 16 2
2 1 0 1 4 11 9
3 1 0 0 3 8 0
4 0 0 1 1 6 6
5 0 1 0 0 2 6
6 0 1 0 0 0 10
7 0 2 0 0 3 13
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Bブロック星取表
 
8-0
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
② RADIX

0-8
   
 

3-5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 

0-10
 
 
 
 

5-3
 
 
 
6-6
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 

6-6
   
 
 
 
 
 
 
 

10-0
 
 
 
 
 
6-2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2-6
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
莫逆ファミーリア 8 0 RADIX 4月18日(天王洲公園)
新谷の先制打に終盤の集中打!復帰を果たした莫逆ファミーリアが4年ぶりの白星!!
【試合内容】
RADIX先攻、莫逆ファミーリア後攻で試合開始。初回はどちらも三者凡退の立ち上がり。先にチャンスを作ったのはRADIX。2回表、エラーとヒットでワンアウト満塁のチャンスを作るも、内野ゴロと三振で得点ならず。続く3回表にもエラーと四球で満塁のチャンスを作るも三振で切り抜けた莫逆ファミーリア。直後の3回裏、先頭がワンヒットワンエラーでノーアウト三塁のチャンスを作ると、キャプテン新谷のタイムリーヒットで莫逆ファミーリア先制。6回裏には7安打7得点の猛攻。莫逆ファミーリアは継投で完封勝利。
【相手チームへ一言】
(莫逆ファミーリア)
(RADIX)
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら是非よろしくお願いします。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
KAMIYUBI 6 6 TOKYO NAVYSEALS 4月11日(大宮健保)
初回KAMIYUBI打線爆発もTOKYO NAVYSEALSが5点差跳ね除け勝ち点GET!!
【試合内容】
KAMIYUBI先攻、TOKYO NAVYSEALS後攻で試合開始。初回、KAMIYUBIが5点を先制。TOKYO NAVYSEALSは2回、先頭の5番金澤がヒットで出塁すると、7番渡邊のタイムリーヒットで1点を返す。さらに3回フォアボールのランナーを1塁に置いて、3番上島が右中間へ2ランホームランを放つ。KAMIYUBIが1点を追加し、6-3で迎えた最終回。7回表の守備をダブルプレーで切り抜けると、TOKYO NAVYSEALS裏の攻撃。先頭の代打木村がデッドボールで出塁しチャンスを作ると相手の送球エラーの間に1点を返す。なおもツーアウト2塁から3番上島のこの日2本目となる起死回生の同点2ランホームランで同点に追いついた。投げては1回途中からマウンドに上がった浜中が、6回2/3、1失点と試合を作り勝ち点1を引き寄せた。
(取材写真はこちら
【相手チームへ一言】
(KAMIYUBI)
(TOKYO NAVYSEALS)
ありがとうございました!またお願い致します!
グランド、審判手配いただきありがとうございました!
今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
アンドバランス 0 10 TOKYO OVERDOSE 4月11日(大宮健保)
初回6得点の先制パンチ!TOKYO OVERDOSEが圧巻コールド勝利で開幕2連勝!!
【試合内容】
東京オーバードーズ先攻、アンドバランス後攻で試合開始。1回表、東京オーバードーズはエラーと四球、ヒットでチャンスを作り、5番渡辺の右中間へのタイムリーで先制。その後も6番島田の犠飛、9番小野のタイムリー等で初回に6点を先取。2回表、島田の特大ツーランで2点を追加。3回表、斎藤、武藤のタイムリーで2点を追加。守っては先発正木が被安打2で完封。規定により、4回10-0で東京オーバードーズのコールド勝ち。
【相手チームへ一言】
(アンドバランス)
(TOKYO OVERDOSE)
東京オーバードーズの皆様、対戦ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
アンドバランス様、グランド及び審判の手配等ありがとうございました。今後とも引き続き宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
TOKYO OVERDOSE 6 2 博報堂クラッチ 4月4日(城北公園)
新星対決はTOKYO OVERDOSEに軍配!押し出しで6点を奪いVictoria初勝利!!
【試合内容】
1回裏、東京オーバードーズは3連続四球の後内野ゴロで1アウトとなるも、5・6・8番への押出しで3点を先取。4回表、博報堂クラッチは2アウトから2つのフォアボールでチャンスを作ると、6番長南選手がライトへの2点タイムリーを放ち3-2。5回裏、東京オーバードーズは四球・ヒット・エラーで満塁に。三振とサードゴロで2アウトととなるも押し出し死球、続く1.2番へも連続四球で押し出しとなり3点を追加。時間の為、6回にて試合終了。6-2で東京オーバードーズが勝利。
【相手チームへ一言】
(TOKYO OVERDOSE)
(博報堂クラッチ)
博報堂クラッチ様、この度は対戦いただきありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
投手力、守備力が高く、なかなか点をとることができませんでした。また、非常にバットの振れており、打球スピードが速かったことが印象的でした。またぜひ、よろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
TOKYO NAVYSEALS 5 3 RADIX 3月28日(武蔵野公園)
宮良の好投に奈良田の決勝弾!2年目の飛躍を誓うNAVYSEALSが白星スタート!!
【試合内容】
先攻RADIX宮良、後攻TOKYO NAVYSEALS少林の両先発で試合開始。両投手の投げ合いで3回までは両者譲らず。ゲームが動いたのは4回裏、TOKYO NAVYSEALSはこれまで好投を続けていた宮良を攻め、先頭の2番上島、3番奈良田の連打でチャンスを作ると、4番今矢のタイムリーツーベースで2点先制。ここで宮良は足がつってしまい天野にスイッチ。その天野が後続をきっちりおさえる。RADIXも反撃をみせ、5回表にエラー絡みで打線がつながりキャプテン林の1打で同点に追いつく。しかしその裏、TOKYO NAVYSEALSは先頭の8番渡邊がヒットで出塁、バントで送った後、1番前が右中間へ勝ち越しタイムリー。さらに、3番奈良田が2ランホームランを放ちリードを広げた。6回表、RADIXは幸田が意地のタイムリーで1点返すも反撃はそこまで。7回途中タイムアップで試合終了。
【相手チームへ一言】
(TOKYO NAVYSEALS)
(RADIX)
ご対戦いただきまして、ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
グランド及び審判の手配等ありがとうございました。
皆さんマナーも良く気持ちよく試合が出来ました。