TOP > Victoriaリーグ1部(2019年) > 成績表(Aブロック)
 Aブロック  Bブロック  Cブロック  Dブロック  Eブロック  Fブロック  決勝トーナメント
順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 2 0 0 6 6 3
2 1 1 0 3 15 4
3 0 1 0 0 2 4
4 0 1 0 0 2 14
- 0 0 0 0 0 0
- 0 0 0 0 0 0
- 0 0 0 0 0 0
※ 勝点 → 勝ち3点 ・ 引き分け1点 ・ 負け0点 ・ 不戦敗‐3点
Aブロック星取表
① BUZZ
   
 
 
 

2-4
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 

2-14
 
 
 
 

4-2
 
 
 
 
 
2-1
 
 
 
 
 
 
 
 

14-2

1-2
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※ 勝ち ○ ・ 負け ● ・ 引き分け △
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京ドナルドダック 4 2 BUZZ 5月19日(大宮健保)
根岸・杉山の年の差リレー!東京ドナルドダックが開幕2連勝で首位奪取!!
【試合内容】
先攻BUZZは林、後攻ドナルドダックは根岸の先発で試合が始まる。BUZZは1、2回表とランナーを出すも得点出来ず。すると2回裏のドナルドダックは、菊谷のヒットと四死球で1アウト満塁のチャンスを作り、伊藤の内野ゴロと大石のタイムリー、児島の内野安打などで4点を先制する。対するBUZZは3回表、1死満塁時に捕手が3塁へ送球ミスで1点返し、内田の中安打でもう1点追加。その後、4回以降は両者好く守り抜き、6回表から代わった杉山がBUZZ打線を抑え、4対2でドナルドダックの勝利。
(詳しくは近日公開の取材記事&試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(東京ドナルドダック)
(BUZZ)
対戦ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
東京ドナルドダックの皆さん対戦ありがとうございました。またグランド・審判の手配もありがとうございました。反撃及ばず残念です。また機会ありましたらよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
スタイガー 1 2 東京ドナルドダック 4月28日(奥戸球場)
昨年王者スタイガーに土!東京ドナルドダックが王座奪還へ向け好発進!!
【試合内容】
スタイガー先攻、東京ドナルドダック後攻で試合開始。序盤はお互いにチャンスを作るも得点にまでいたらず。試合が動いたのは3回裏ドナルドの攻撃、2死満塁からスタイガーのミスにつけこみ2点先制。4回表にはスタイガーも亀山のタイムリーで1点を返す。そのお互いにチャンスを作るもあと一本が出ず、そのまま試合終了。東京ドナルドダックが2対1で勝利。
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(東京ドナルドダック)
山口様、田村様、選手の皆様、この度は対戦ありがとうございました。ゲーム楽しませて頂きました。また、対戦する機会があると思いますので今後ともよろしくお願いいたします。
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
スタイガー 14 2 世田谷ペンギンズ 3月31日(江戸川河川敷)
スタイガー打線が14得点の大爆発!今季昇格のペンギンズを投打で圧倒!!
【試合内容】
先攻:世田谷ペンギンズ、後攻:スタイガーで試合開始。初回ペンギンズは2アウト2塁のチャンスを作るも得点できず。その裏のスタイガーの攻撃。ノーアウト満塁からペンギンズの守備のエラーとタイムリーヒットなどで3点の先制。2回のペンギンズの攻撃。四球とエラーで2アウト2,3塁を作ると相手のエラーで2点を返す。その裏のスタイガーの攻撃。ヒットと死球でチャンスを広げると確実にランナーを返し3点を追加。3回、ペンギンズは反撃できずその裏のスタイガーの攻撃。この回もヒットを積み重ね、ペンギンズの守備のエラーも重なりさらに3点追加。その後もペンギンズが反撃できないままスタイガーに得点を重ねられ最後は3ランホームランで10点差以上付けられ、その時点でスタイガーのコールド勝ちが確定。5回コールド14対2でスタイガーの勝利。
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(世田谷ペンギンズ)
世田谷ペンギンズの皆さん、この度は対戦ありがとうございました。また、対戦する機会があると思いますのでよろしくお願いいたします。
スタイガー様、対戦有難う御座います。また、審判とグラウンドの手配も有難う御座います。手も足も出ませんでした。またの対戦、よろしくお願い致します。