TOP > サマーカップ2022 > トーナメント表
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
清瀬ロングコックス 5 3 佐川グローバルロジスティクス 11月6日(大宮健保)
清瀬ロングコックスが3部制覇を果たした2020年以来2年ぶりの神宮へ!!
【試合内容】
先攻清瀬ロングコックス・高桑-徳永バッテリー。後攻佐川グローバルロジスティクス・奥谷-栗原バッテリーで試合開始。佐川先発の奥谷が初回立ち上がりを三者凡退でリズムを作ると、試合が動いたのは2回裏、4番栗原のヒットで出塁し、2死3塁から7番木村が先制のレフト前へ痛烈なタイムリーを放ち佐川が1点を先制する。しかし3回表、ロングコックスは2死から2番堀がライト前ヒットで出塁すると、佐川のエラーで2死1.2塁のチャンス。4番小寺がレフトへの3ランHRで逆転に成功する。追いかける展開となった佐川は4番栗原の死球で出塁すると、2死2塁の場面で再び7番木村のタイムリーで1点差とする。5回表、ロングコックスは9番原が四球で出塁すると、1番岡本大のタイムリースリーベースで1点追加、さらに3番秋葉の犠牲フライで1点を追加しリードを3点とする。その裏佐川は1番鶴ヶ野の四球で出塁すると、2番須永がヒットで繋ぎ、3番細川のタイムリーで2点差とする。6回裏佐川は2死から8番森がヒットで出塁するも後続が倒れ無失点。6.7回と両者無得点でゲームセット。5-3で清瀬ロングコックスが勝利した。 (取材写真はこちら&試合動画はこちら
【相手チームへ一言】
(清瀬ロングコックス)
(佐川グローバルロジスティクス)
佐川グローバルロジスティクスの皆さま、対戦有難うございました。やっと佐川のステージまで辿り着けたかという感じで、チャレンジャーとして臨みました。そしてこのゲームを通じて、チームが一皮剥けました。ここまでの熱戦をしていただけた事、大変感謝しています。この試合がマグレと言われない様に、次も佐川を倒す為のチーム作りをしていきます。今後ともよろしくお願いいたします。
いろいろと悔しい敗戦となりました。いつかまたリベンジします。対戦ありがとうございました!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
湾岸ベースボーイズ 4 3 GOLGO BASEBALL CLUB 11月6日(天王洲公園)
湾岸ベースボーイズが春準決勝敗退の雪辱果たしサマー初のファイナルへ!!
【試合内容】
先攻GOLGO BASEBALL CLUB先発投手は渡邉、後攻湾岸ベースボーイズの先発投手は藤原で試合開始。1回表、GOLGOは2番吉田がセンター前ヒットで出塁すると3番中田の進塁打で2アウト2塁の先制のチャンスを作り、4番長谷川のセンター前ヒットで1点先制。1回裏、湾岸は1番増田がレフト前ヒットで出塁すると2番牧が送り、続く3番大林(穂)は四球でチャンスを広げ、4番渡邊の左中間2ベースで2者還り逆転。続く5番藤野のセンターオーバーホームランで2点追加し、湾岸が4-1とリードを広げる。その後は、両者チャンスを作るも両先発投手が踏ん張りスコアボードに0が並ぶ。6回表、GOLGOはエラーのランナーを塁に置き、途中出場の瀧口の右中間3ベースで1点返す。さらに7回表、エラーで出塁したランナーを進塁打で進め2アウト2塁のチャンスを作ると、4番長谷川がこの日3安打目となるヒットを放ち1点差に詰め寄り、さらに5番川崎のライト前ヒットで2アウトながら逆転のチャンスを作る。迎えた途中出場の奥野が捉えた打球はレフトライナーとなり、試合終了。湾岸の先発投手藤原は7回自責点1の粘投。4-3で湾岸が勝利した。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(GOLGO BASEBALL CLUB)
対戦ありがとうございました!
また色々とよろしくお願いいたします。
グラウンド、審判の手配ありがとうございました。
また宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 5 3 FENRIL 10月16日(大宮健保)
中田の決勝打に渡邉が粘りの完投勝利!GOLGOが注目新星下し初の4強へ!!
【試合内容】
先攻GOLGO、後攻FENRILで試合開始。初回、GOLGOは吉田のHRで先制する。2回裏FENRILがタイムリーで同点に追いつくも、3回表2アウト3塁から長谷川のタイムリーでGOLGOが1点を勝ち越し。しかし4回裏にまたしてもタイムリーでFENRILが同点に追いつく展開。5回表、GOLGOは中田、長谷川のタイムリー、渡邉の犠牲フライで3点を奪う。5回に1点を奪われるも、先発の渡邉が後続を打ち取り完投勝利。GOLGOが5-3で逃げ切った。
(取材写真はこちら&試合動画はこちら
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(FENRIL)
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願い致します。
グラウンド、審判手配ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
佐川グローバルロジスティクス 2 2 スタイガー 10月16日(江戸川河川敷)
佐川が春に続き準決勝進出!スタイガーは最終回二死から追いつくも惜敗!!
【試合内容】
先攻・佐川グローバルロジスティクス奥谷、後攻・スタイガー三瓶の両先発で試合開始。試合は初回から動き出す。1回表佐川グローバルの攻撃、1死から2番鈴木が四球で出塁すると、2死2塁の場面で4番栗原のレフトへのタイムリーで1点を先制する。1点を追いかけるスタイガーも3回裏に川崎が四球から盗塁でチャンスメイクすると、3番阿部のライト前タイムリーで1点を返し同点。4回表佐川は4番栗原、5番細川の連続ヒットでランナーを出すと、2死1.2塁の場面で7番森がレフトへ勝ち越しのタイムリーを放つ。その後お互いにチャンスを作るも無得点のまま迎えた6回裏スタイガーの攻撃、2死から4番柿間が四球を選ぶと代走伊藤がスチールを決め、2死2塁とする。続くバッター間渕がショート後方に微妙な当たりを放ち、センター前まで追っていた遊撃手がグローブに当てるも落球。スタイガーが相手のミスからの同点に追いつく。6回裏終了時で同点時間切れとなり規定によりじゃんけんでの勝負。その結果、佐川グローバルロジスティクスが勝利した。
【相手チームへ一言】
(佐川グローバルロジスティクス)
(スタイガー)
小西様皆さま、本日はありがとうございました!最後までしびれる展開でした。また対戦できる機会を楽しみにしております。今後とも宜しくお願い致します。
森様、 選手の皆様、この度は対戦ありがとうございました。じゃんけんでの決着は残念でしたが楽しいゲームでした。また、対戦する機会がえりましたらよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
湾岸ベースボーイズ 3 1 ちゃんぷるーず∞ 10月16日(大宮健保)
渡邊が値千金の決勝弾!湾岸が最終回二死から執念の逆転勝利で初の夏4強へ!!
【試合内容】
先攻湾岸ベースボーイズの先発投手は藤原、後攻ちゃんぷるーずの先発投手は相原で試合開始。4回までは両投手の好投でお互い無得点。試合が動いたのは5回裏、ちゃんぷるーずは湾岸のミスと好走塁で1点先制。時間の関係で最終回となった6回表、湾岸は2アウトランナーなしから2番牧が四球、3番大林(穂)がレフト線2ベースで2アウト2.3塁のチャンスを作ると、4番渡邊がスリーランホームランを放ち3-1と逆転する。6回裏のちゃんぷるーずはランナー1人出すも無得点。湾岸ベースボーイズが3-1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(ちゃんぷるーず∞)
対戦ありがとうございました!
またよろしくお願いいたします!
対戦ありがとうございました!毎試合最終回にドラマが起きますね!是非準決勝も頑張ってください!!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
清瀬ロングコックス 5 1 poison 10月16日(大宮健保)
岡本(航)の決勝打に高桑が完投!清瀬ロングコックスが初のサマー4強入り!!
【試合内容】
先攻poison・大和-上農バッテリー、後攻ロングコックス・高桑-小寺バッテリー。両投手の好投でゼロが続く中、5回裏ロングコックスは1死2.3塁のチャンスを作ると、3番岡本航がセンターの頭を越えるタイムリーを放ち2点を先制。続く4番小寺もセンターへ弾き返し、ロングコックスが3-0とする。6回表poisonは1死3塁のチャンスを作り、内野ゴロの間に1点を返す。その裏、poisonは赤羽根に投手交代。1死満塁のチャンスを作ったロングコックスは再び4番小寺を迎え、犠牲フライで1点、続く5番沼澤のタイムリーで5-1と突き放す。そのまま最終回もゼロで抑え、5-1でロングコックスが勝利した。高桑は3安打1失点とpoison打線を封じ込める圧巻の完投勝利。
【相手チームへ一言】
(清瀬ロングコックス)
(poison)
poisonの皆さま、本日は対戦有難うございました。対戦する度にレベルアップしていく強力な打者陣に、今回も終始ヒヤヒヤしました。今後も良きライバルとしてよろしくお願いいたします!
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
スタイガー 3 0 上尾西ブルースカイズ 10月2日(江戸川区球場)
エース三瓶が完封シャットアウト!スタイガーが2年ぶりのサマー8強へ!!
【試合内容】
スタイガー三瓶、上尾西ブルースカイズ伊藤(康)の両先発で試合開始。1回表スタイガーの攻撃、2番川崎のヒットからチャンスを作るも無得点。2回表スタイガーの攻撃、間渕の2ベースからチャンスを作るも無得点。上尾西も反撃を試みるが四球などのランナーを返せず無得点。そのまま両者無得点のまま迎えた終盤5回表のスタイガーの攻撃、新津の四球から村上のライト前ヒットでチャンスを作ると、ここで川崎のセンターオーバー2ベースが飛び出し2点先取。スタイガーは6回表にも山本のヒットから鈴木のヒットでつなぎ、新津・亀山の連続四球て押し出しの1点を追加。尚も一死満塁で上尾西は大久保へ継投しピンチを迎えたが、スタイガー三瓶投手から得点を取れず。スタイガーの完封勝利。
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(上尾西ブルースカイズ)
上尾西ブルースカイズの皆様 この度は対戦ありがとうございました。痺れるゲームで楽しかったです。ありがとうございました。また、対戦する機会がありましたらよろしくお願いいたします。
小西様を始め選手の皆様、グランド及び審判ありがとうございました。また、お忙しい中、流動的に対応していただき、誠にありがとうございました。圧倒的な強さで手も足も出ませんでした。必ず優勝してください。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
我孫子フラワーズ 0 1 佐川グローバルロジスティクス 9月25日(湖北台中央)
森の2戦連続決勝打に奥谷が圧巻の完封勝利!佐川が初のサマー8強入り!!
【試合内容】
我孫子フラワーズ先攻、佐川グローバルロジスティクスが後攻の一戦。佐川の先発は奥谷。1回表、我孫子フラワーズの攻撃を三者凡退に抑え上々の立ち上げを見せる。両チームの初ヒットは2回表、2者連続三振後の6番小澤がライトへヒットを放つも、後続が三振に倒れ無得点。その裏、佐川の5番伊藤が相手のエラーで出塁すると、6番森がセンター前ヒットを放ち2.3塁とし、9番木村がレフト前にヒットを放ち、伊藤はホームを狙うがタッチアウトとなり無得点となる。試合が動いたのは4回裏、佐川の攻撃。4番栗原がライトのエラーで出塁し、その後3塁まで塁を進め2死3塁とすると、6番森が伊藤の初球を捉え、左中間へタイムリーヒットを放ち1点を先制する。その後、佐川の奥谷は5回を三者凡退、6回は得点圏へランナーを背負うも得点を与えず、7回も三者凡退に抑えゲームセット。佐川が接戦に勝利し駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(我孫子フラワーズ)
(佐川グローバルロジスティクス)
この度は遠方よりほんとにありがとうございました。昨年に続き完敗です。また今後ともよろしくお願い致します!
スケジュール調整、グランド手配などありがとうございました。引き締まったいい試合でした。また宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
清瀬ロングコックス 8 2 DOBERMAN 9月25日(大宮健保)
沼澤の決勝弾に高桑が完投勝利!ロングコックスが初のサマーベスト8進出!!
【試合内容】
DOBERMAN先攻、清瀬ロングコックス後攻で試合開始。ロングコックスは高桑-小寺バッテリー。初回、2つの四球で2死1.3塁のチャンスを作ると、5番沼澤がライトへの特大3ランを放ち、ロングコックスが3点を先制する。続く2回、またも2死2.3塁のチャンスで2番堀がレフトへのタイムリーで2点を追加。3回には、7番秋葉、8番高桑の連続タイムリーで更に3点を追加し、8-0 と点差を引き離した。投げては高桑が6回まで2安打無得点、最終回に連打で2点を返されるも、そのまま逃げ切り完投勝利。8-2で清瀬ロングコックスが勝利した。
【相手チームへ一言】
(清瀬ロングコックス)
(DOBERMAN)
DOBERMANの皆さま、本日は対戦有難うございました!過密スケジュールの中、ご調整いただいた事大変感謝しています。今後ともよろしくお願いいたします。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 8 1 フリーステップ 9月18日(大宮健保)
渡邉が圧巻の完投勝利!GOLGO B.Cが注目の若武者下し初のサマー8強入り!!
【試合内容】
初回、GOLGOはヒットと四球、失策などで満塁のチャンスを作ると、大山の放ったセカンドゴロが相手失策を誘い2点を先制。その後、ワイルドピッチでさらに1点を追加し3点を先制する。3回は吉田のHR、5回は内野ゴロの間に1点を追加。6回、満塁のチャンスを作ると、犠牲フライ、押し出しなどで3点を追加する。GOLGO先発の渡邉は2回にHRを打たれたものの、相手打線を3安打に抑え完投勝利。GOLGOが8-1で勝利。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(フリーステップ)
対戦ありがとうございました。
また、機会がありましたら宜しくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
湾岸ベースボーイズ 4 2 東京ドナルドダック 9月11日(大宮健保)
牧の決勝打に施の好投!湾岸ベースボーイズが1部精鋭対決制し2年ぶり夏8強!!
【試合内容】
先攻ドナルドダックは綿田、後攻湾岸ベースボーイズは施の先発で始まる。1回裏、湾岸ベースボーイズは1番増田、2番牧が四球で出塁し、相手エラーなどで2点を先制する。さらに2回裏、9番壬生が四球で出塁し、1番増田の内野安打、2番牧のライト前タイムリーと4番渡邊の犠牲フライで2点を追加。対するドナルドダックは5回表に下地のツーベースで2点を返すも時間の関係で6回裏で終了。4対2で湾岸ベースボーイズの勝利。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(東京ドナルドダック)
対戦いただきありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。
日程調整ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
戦極-SENGOKU- 6 6 ちゃんぷるーず∞ 9月11日(天王洲公園)
王者敗れる!ちゃんぷるーずが1部のリベンジ果たし3年ぶりサマー8強進出!!
【試合内容】
ちゃんぷるーず石川、戦極箭内の両先発で試合開始。先攻の戦極は初回、エラーと内野安打でノーアウト2.3塁のチャンスを作る。しかし、内野ゴロとダブルプレーで無得点。その裏ちゃんぷるーずは1アウトから2番佐藤が出塁すると3番浅野のタイムリーで1点を先制。さらに連続死球で満塁とすると7番平古場の一掃タイムリーで4-0とリード。3回まで0点に抑えてた石川だったが4回、3番にヒットを許すと5番に2ランを浴び4-2。続く5回も1番にソロホームランを浴びて1点差に迫られる。しかしその裏、先頭の浅野がホームラン。4番鎌田のヒットと四球で1.2塁のチャンスで6番大元のバントがFCとエラーになり1点を追加し6-3と再びリードを広げる。時間の関係で迎えた最終回の6回、戦極は代打攻勢をしかけ、2つの四球から代打谷津に土壇場2アウトから同点3ランホームランを浴びて6-6。その裏、ちゃんぷるーずもノーアウト1.2塁とサヨナラのチャンスを作るも箭内が踏ん張り、6-6の同点でじゃんけん決着。白熱したじゃんけんは最後9人目までいき5-4でちゃんぷるーずの勝利。
【相手チームへ一言】
(戦極-SENGOKU-)
(ちゃんぷるーず∞)
 
日程調整などありがとうございました。リーグ戦に続き対戦ありがとうございました。また今後ともよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
FENRIL 9 2 フューチャーズ 9月11日(大宮健保)
松谷の決勝打に上島・山内の投手リレー!新星FENRILがサマー8強入り!!
【試合内容】
先攻フューチャーズ、後攻FENRILで試合開始。2回裏FENRILは1死から7番山内のヒット、8番上島の死球でチャンスを作ると、9番高倉のタイムリー2ベースで2点を先制する。その直後に1番松谷のタイムリーも出てさらに追加点を取っていく。3回裏FENRILは先頭5番竹内の2塁打でチャンスを作り7番山内のヒットエンドランで1点を追加する。続く4回裏にも相手のエラーから流れをつくり一気に5点を追加する。6回表にフューチャーズは四球などからチャンスを作ると、右越3ベースで2点を返すも反撃はここまで。9-2でFENRILが勝利した。投げては先発上島が初回からほぼ完璧な内容でゲームメイクし、6回2失点の好投をみせた。最後は山内がピシャリと締めた。
【相手チームへ一言】
(FENRIL)
(フューチャーズ)
日程調整ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
FENRIL様、グランドの手配等ありがとうございました。力の差を感じるさせられました。貴チーム様の野球を参考にさせて頂きたいと思います。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ダディーズベースボール 0 0 フリーステップ 9月4日(大宮健保)
池田・船山が失点許さずスコアレス!白熱の投手戦はフリーステップに軍配!!
【試合内容】
先攻フリーステップ先発は池田。初回後攻のダディーズが満塁のチャンスを迎えるも、無失点で抑える。池田は2回以降もランナーを出すも無失点。5回から2番手の船山がマウンドに上がり、2イニングを無失点で抑える。一方フリーステップ打線もチャンスを作るが得点にはつながらず、ジャンケン決着5-2でフリーステップが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ダディーズベースボール)
(フリーステップ)
日程の調整などありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
日程を調整してくださりありがとうございました!
これからもよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
poison 2 2 BIGFACE 9月4日(大宮健保)
小寺が値千金の同点打!poisonがジャンケン決着制しサマー8強一番乗り!!
【試合内容】
BIGFACE先攻、POISON後攻で試合開始。初回BIGFACEの攻撃、2番の長打でチャンスを作ると、4番高木の2ランホームランで2点先制。反撃したいPOISONは2回裏、5番小寺の特大三塁打でチャンスを作ると、7番山崎のタイムリーヒットで1点を返す。4回裏にも、3番正木のヒットから盗塁を決め、5番小寺のタイムリーヒットで2-2の同点とする。その後、両投手が0点でしのぎ、時間切れで試合終了。勝負はじゃんけん決着。5-4でPOISONの勝利となる。
【相手チームへ一言】
(poison)
(BIGFACE)
遠方からお越しいただきありがとうございました。
凄い痺れる試合でした。今後ともよろしくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
またの機会によろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
佐川グローバルロジスティクス 4 3 (株)岩建ホームテック 8月21日(夢の島運動場)
徳島の先制打に森が決勝弾!佐川が逃げ切り勝利で初のサマー16強入り!!
【試合内容】
岩建ホームテック小原投手、佐川グローバルロジスティクス木村投手で始まった一戦はとても引き締まったゲームとなった。初回岩建ホームテックの攻撃。1番水嶋選手がツーベースヒットで出塁するも後続の打者が進められず、チャンスチャンスをものにできない。すると2回佐川グローバルロジスティクスの攻撃。4番栗原選手のセンター前ヒットなどでワンアウト2,3塁を作り、7番徳島選手の犠牲フライで先制。その後四球で2,3塁となると、9番森選手の豪快なセンターオーバーがランニングHRとなり4点を奪う。その後膠着した展開のまま最終回、岩建ホームテックの攻撃。先頭近藤選手が四球で出ると中野選手がレフトオーバーを放ちスリーベース。その後西島選手の犠牲フライで1点差まで迫る。流れよく代打下川選手がライト前ヒットで出るも木下選手のゲッツーで試合終了。佐川グローバルロジスティクスの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(佐川グローバルロジスティクス)
(岩建ホームテック)
スケジュール調整ありがとうございました!引き締まった良い試合が出来ました今後とも是非宜しくお願い致します!
森様、この度はグランドや審判さんの手配ありがとうございました。打撃の強さ本当に恐ろしかったです。また機会がありましたらぜひお願いします。次も頑張ってください。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 5 1 天晴-appare- 8月21日(大宮健保)
中野の決勝打に渡邉が圧巻完投!GOLGOが天晴下し2年ぶり夏16強進出!!
【試合内容】
初回、GOLGOは先頭の川崎がツーベースヒットで出塁すると、中田の振り逃げが悪送球となり1点を先制する。さらに2回、3連打で満塁にすると、中野が左中間へツーベースヒットを放ち2点を追加。3回、ヒットと四球でツーアウト満塁となり、中野が死球、川崎が四球でさらに2点を追加する。GOLGO先発の渡邉は疲れの見え始めた5回天晴に1点を失うも、2安打完投勝利。GOLGOが5対1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(天晴-appare-)
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願いします。
この度はご対戦頂き、またグランド手配等ありがとうございました。我々の完敗でした。機会がありましたら、どうぞよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Hustler 2 4 湾岸ベースボーイズ 8月21日(大田スタジアム)
増田が決勝打&ダメ押し打と猛打賞の活躍!春の雪辱誓う湾岸が4回戦進出!!
【試合内容】
先攻湾岸ベースボーイズ、後攻Hustlerで試合開始。2回表、湾岸は4番増田が内野安打で出塁し、盗塁を決め0アウト2塁のチャンスを作ると、5番渡邊の内野安打にミスが絡み1点先制。さらに0アウト2塁で6番藤野の送りバントでチャンスを広げ、バッテリーミスで1点追加。3回表、1番大林(穂)がセンター前ヒットで出塁し、2番牧のレフト前ヒット、3番長濱の進塁打で1アウト2.3塁のチャンスを作り、4番増田のレフト前ヒットで2点追加、4-0とリードを広げる。5回表、2番牧のセンター前ヒット、3番長濱の四球などで1.2塁のチャンスを作り、5番渡邊のライト前ヒットで2塁ランナーが本塁突入も、Hustlerライト山本の好返球でタッチアウト。5回裏、Hustlerは6番中川、代打鈴木の連続レフト前ヒットなどで2アウト1.2塁のチャンスを作り、9番三宅(隼)の左中間2ベースで2点返す。6回は両チーム無得点で迎えた7回表、湾岸は2アウト1塁で、4番増田の左中間3ベースヒットで1点追加。7回裏、Hustlerは5番斉藤のセンター前ヒット、7番鈴木の四球で1.2塁のチャンスを作るが、2アウトとなったところで時間切れで試合終了。6回までのスコアの4-2で湾岸が勝利。
【相手チームへ一言】
(Hustler)
(湾岸ベースボーイズ)
宮島様 湾岸ベースボーイズの皆様、対戦いただきありがとうございました。ミスを見逃さずに得点されるのは、やはり流石でした。また力を付けて出直します。今後とも宜しくお願い致します。
対戦いただきありがとうございました!急なグランド変更などもご対応いただきありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
品川オレンジ 3 4 東京ドナルドダック 8月21日(天王洲公園)
東京ドナルドダックが相手ミスを逃さず!接戦を制し2年ぶりの4回戦進出!!
【試合内容】
先攻品川オレンジは立野、後攻ドナルドダックは根岸の両先発で始まる。1回表に品川オレンジは内野ゴロの間に1点を先制する。3回裏、ドナルドダックはこの回から変わった江川投手から相手の連続エラーで2点を取り逆転。4回裏、ドナルドダックは佐藤(守)の2本目のツーベースヒットでチャンスを作ると、ワイルドピッチなどで2点を追加。5回表に品川オレンジは森のツーランホームランで2点を返すが、1点及ばず。その裏のドナルドダックはチャンスを掴むも無得点で終わり、ここでグランド時間により終了。4対3でドナルドダックの勝利。
【相手チームへ一言】
(品川オレンジ)
(東京ドナルドダック)
対戦期限が迫る中、ぎりぎりでの調整ありがとうございました。またどうぞよろしくお願いいたします。
日程調整、グランド手配など色々とありがとうございました。今後とも宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
フューチャーズ 1 1 KONAMI 8月21日(江戸川河川敷)
白熱投手戦はサドンデスでも決せず!フューチャーズがジャンケン決着制す!!
【試合内容】
先攻フューチャーズ、後攻KONAMIで試合開始。中盤にKONAMIが先制するも、終盤にフューチャーズは先頭の死球から進塁打、牽制悪送球で3塁のチャンスを作るとタイムリーで同点に追いつく。試合は両者投手が譲らず1対1と投手戦になり、大会ルールのグランド時間満了の30分前になっても試合が決まらなかったので、サドンデスへ突入。ここでも勝負が決まらず、グランド使用時間終了。大会規定によりじゃんけんとなり、フューチャーズが5-3で勝利した。
【相手チームへ一言】
(フューチャーズ)
(KONAMI)
KONAMI様、遠方まで、遠征頂きありがとうございました。特に、河端投手のピッチングは素晴らしかったです。当チームの投手も非常に勉強になりました。また対戦する機会が御座いましたら、宜しくお願い致します。
グランド、審判の手配ありがとうございました。流石の継投で、なかなか得点を奪うことができませんでした。対戦ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 4 9 ちゃんぷるーず∞ 8月14日(大宮健保)
石川が好投!ちゃんぷるーずが昨春準決勝のリベンジ果たし4年連続の16強!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻ちゃんぷるーず。ちゃんぷるーず先発石川は初回三者凡退に抑える。後攻のちゃんぷるーずは、三戸、佐藤の連打から鎌田の犠牲フライで1点を先制。その後お互い0点のまま進み迎えた4回、ちゃんぷるーずは先頭の7番大元がヒットで出塁すると8番平古場、9番今村の3連打で1点を追加。さらに満塁のチャンスから2番佐藤の走者一掃のタイムリーで一挙4点を奪い5-0と主導権を握る。先発石川はPIECE打線を5回まで0点に抑え、6回からは奈良が登板。するとPIECE打線はエラーをきっかけに連続長打で3点を奪い2点差に迫る。しかしちゃんぷるーずは6回、1アウトから9番今村から5連打を集め4点を奪いリードを広げる。その裏、PIECEは1点を返すもちゃんぷるーずが逃げ切り、9-4で勝利。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(ちゃんぷるーず∞)
対戦ありがとうございます。
頑張ってください!
PIECEの皆様グラウンド、時間調整などありがとうございました。なんとか昨年のリベンジが出来ましたが、後半の追い上げは流石に恐怖でした。またオープン戦などお付き合いよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
我孫子フラワーズ 4 3 RED SOX 8月14日(手賀の丘公園)
我孫子フラワーズが4回戦へ!北澤(京)の同点打&好走塁に佐藤が好救援!!
【試合内容】
我孫子フラワーズ先攻、REDSOX後攻で試合開始。フラワーズ先発北澤(玲)、REDSOX先発井上は共に初回を無難に0に抑え試合が進む。先制したのはフラワーズ、2回表に4番佐藤の場外ホームラン、5番花嶋の右中間へ2者連続ホームランで幸先よく2点を先制する。すぐさま2回裏、REDSOXは4番丸橋が左中間へ弾丸ライナーでホームランを放ち2対1とする。3回はお互い0で抑え、4回裏REDSOXは山本裕也と大野のタイムリーで逆転に成功する。フラワーズは5回表、1番北澤(玲)のヒットから2番大塚が送り、ワイルドピッチでワンアウト3塁のチャンスを作る。3番北澤(京)の叩きで同点に追いつき、すぐさま盗塁しこれがセンターへ暴投となる。センターの隙をつきそのままホームインで逆転!これが決勝点となる。5回から登板した佐藤は3回をきっちり0に抑え、見事逆転勝ちで我孫子フラワーズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(我孫子フラワーズ)
(RED SOX)
REDSOXの皆様、本日は公式戦ダブル、また遠方より大変なスケジュールの中、ご対応頂きありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します!
ご調整ありがとうございました。
引き続きよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
poison 7 4 Rad Krieger 8月14日(川口北SC)
山崎が逆転ホームラン放つ!poisonが自身初のサマーカップ4回戦へ進出!!
【試合内容】
先攻RadKrieger、後攻POISONで試合開始。初回POISONは1番金子が2塁打で出塁し、2番赤羽根のセンター前で1.3塁のチャンスを作る。その後盗塁で2.3塁とし3番、4番の内野ゴロの間に2点先制。追うRadKriegerは3回、3四死球で満塁のチャンスを作ると6番打者が走者一掃のタイムリー3塁打を放ち3-2と逆転。逆転したいPOISONは6番山崎の逆転HRなど着々と追加点をあげ、7-4でPOISONの勝利。
【相手チームへ一言】
(poison)
(Rad Krieger)
対戦ありがとうございました。
またオープン戦など今後ともよろしくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ビッグホーンズ 3 9 BIGFACE 8月14日(大宮健保)
BIGFACEが2年ぶりのサマー16強へ!三井が3打席連続打点の活躍見せる!!
【試合内容】
先攻BIGFACE、後攻ビッグホーンズで試合開始。1回表、BIGFACEはヒットと四死球で1死満塁のチャンスを作り、5番三井の2点タイムリーヒットで先制。BIGFACEは3回表にも5番三井のタイムリーヒット、8番筒井の2点タイムリー三塁打で5対0とする。対するビッグホーンズは4回裏、一死二三塁のチャンスを作ると5番佐藤の2点タイムリーヒット、6番桜井のライトオーバーのタイムリー三塁打で計3点を返し5対3と追い上げる。しかしすぐさまBIGFACEは5回表、4番高木の三塁打に、5番三井の3打席連続の打点となる犠牲フライで6点目をあげる。BIGFACEは最終回となった6回表にも3本のタイムリー二塁打を集め3点を加点。6回裏をランナーを出すものの無得点で抑え、9対3でBIGFACEの勝利。
【相手チームへ一言】
(ビッグホーンズ)
(BIGFACE)
ご対戦ありがとうございました。
機会があれば、またよろしくお願いします。
お盆でお忙しい中、対戦ありがとうございました。
またの機会に宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
清瀬ロングコックス 6 3 Tommys baseballclub 8月14日(大宮健保)
中盤に打者一巡の猛攻で逆転!清瀬ロングコックスが初の夏16強入り!!
【試合内容】
Tommys先攻、ロングコックス後攻で試合開始。ロングコックスは高桑-遠藤バッテリー。3回裏、ロングコックス先頭の遠藤が安打で出塁すると足を絡めた攻撃で1点を先制。4回表、Tommys b.cは5番の長打ですぐさま2点を返し勝ち越し。しかしその裏、ロングコックスが打者一巡の猛攻により一挙5点のビッグイニングで逆転に成功。Tommys b.cは最終回に1点を返すも、6-3でゲームセット。ロングコックスが勝利した。
【相手チームへ一言】
(清瀬ロングコックス)
(Tommys baseballclub)
Tommys b.cの皆さま、本日は対戦有難うございました。
今後ともよろしくお願いいたします!
この度は対戦ありがとうございました。グランド、審判の手配ありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
スタイガー 7 0 Revival 8月14日(潮見野球場)
仲村の2HRに三瓶・山田の完封リレー!スタイガーが2年ぶりの16強進出!!
【試合内容】
スタイガー三瓶投手、Revaival山田投手の両先発で試合開始。ゲームは両投手ともに無難な立ち上がりを見せ、1,2回はお互い0行進でスタート。3回表スタイガーの攻撃、先頭が死球で出塁すると1死1塁から仲村の左中間を抜ける2ランHR、続く柿間のタイムリー2ベースヒットで3点を先取。スタイガーは4回表にも鈴木の2ベースヒットでチャンスを作ると、またも仲村がHRを放つ。6回Revaivalはピッチャー桝本に交代、6回7回を0で抑えるもRevaival打線が繋がらず2安打完封負け。スタイガーが三瓶-山田の投手リレーで逃げ切り勝利。
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(Revival)
山田様、選手の皆さん、この度は対戦ありがとうございました。また、対戦する機会がありましたらよろしくお願いいたします。
小西様、チームの皆様、グラウンド手配等ありがとうございました。今後とも是非宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
戦極-SENGOKU- 7 3 WILL BASEBALL CLUB 8月7日(大井ふ頭海浜公園)
酒井が劇的サヨナラ満塁弾!WILLが王者を追い詰めるも戦極が4回戦進出!!
【試合内容】
先攻WILL B.C、後攻戦極で試合開始。初回はどちらも三者凡退の立ち上がり。試合が動いたのは3回裏、戦極は四球とヒットでチャンスを作ると、1番杉浦のヒットと2番中野の犠牲フライで2点を先制。しかし4回表、WILL B.Cは1アウト2,3塁から4番打者の3ランホームランで逆転に成功。5回はスコアボードに動きは無く、時間により最終回となった6回、戦極は4番吉田のソロホームランで同点とする。さらに2アウトから代打藤田、代打笹尾の連続ヒット、8番杉山の四球で満塁のチャンスを作ると、9番酒井がサヨナラ満塁本塁打を放つ。7-3で戦極のサヨナラ勝利。
【相手チームへ一言】
(戦極-SENGOKU-)
(WILL BASEBALL CLUB)
ご遠征頂きありがとうございました。
今後共宜しくお願い致します。
戦極の皆様。タイトなスケジュールの中、ご調整頂きありがとうございました。練習試合等、今後ともお付き合いのほど宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
TOKYOMAJESTY 4 4 上尾西ブルースカイズ 8月7日(大宮健保)
白熱のシーソーゲーム!上尾西ブルースカイズがジャンケン制し3回戦突破!!
【試合内容】
先攻TOKYOMAJESTY、後攻上尾西ブルースカイズで始まった試合。先制したのは上尾西ブルースカイズ。2回裏、四球と内野安打で0死満塁とすると、7番大久保が中前二点適時打で先制する。反撃したいTOKYOMAJESTYは3回表、7番関根のレフトへのソロホームランで1点を返す。その後はTOKYOMAJESTY宮本、上尾西ブルースカイズ伊藤の投手戦となる。6回裏上尾西ブルースカイズは満塁のチャンスから押し出しで1点を追加し3-1とする。最終回TOKYOMAJESTYはチャンスで代打岸のタイムリー、9番大野の2点タイムリーで土壇場で逆転とする。しかしその裏、上尾西ブルースカイズはTOKYOMAJESTY2番手の森を攻め、ヒットと死球などで0死1.2塁とすると3番宮島の左前適時打で4-4の同点とする。時間の関係で同点のままジャンケンで決着へ。ジャンケンも最終戦までもつれ、5-4で上尾西ブルースカイズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(TOKYOMAJESTY)
(上尾西ブルースカイズ)
とても緊迫した良いゲームでした。対戦ありがとうございました。またオープン戦等是非よろしくお願いします。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ピエールズ 3 7 DOBERMAN 8月7日(光が丘公園)
田中が逆転満塁ホームラン放つ!DOBERMANが逆転勝利飾り4回戦進出へ!!
【試合内容】
DOBERMAN先攻、ピエールズ後攻。初回ピエールズは清水の先制ホームランで3点をあげる。その後DOBERMAN先発渡部は徐々に立ち直り相手打線に追加点を許さない。追う展開となったDOBERMANは中盤エラーをきっかけに点数を重ね同点とすると、最終回表の攻撃で9番田中のグランドスラムが飛び出し7-3と逆転。その裏ピエールズもチャンスを作るが最後は安竹が締め、ゲームセット。DOBERMANが7-3で勝利。
【相手チームへ一言】
(ピエールズ)
(DOBERMAN)
暑い中対戦ありがとうございました。激しい打ち合いで楽しかったです。また是非よろしくお願い致します!
グラウンド手配からありがとうございました!
また是非よろしくお願い致します!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ジャガーズ 2 3 東京ドナルドダック 7月31日(江戸川病院前)
松島が執念のサヨナラ打!東京ドナルドダックが酷暑の死闘を制し3回戦へ!!
【試合内容】
先攻ジャガーズは今井(啓)、後攻ドナルドダックは根岸で試合が始まる。2回表、ジャガーズはチャンスを作ると須田のタイムリーと相手ミスで2点を先制する。対するドナルドダックは毎回得点圏にランナーを出すも無得点で進むが、4回裏に小野寺のタイムリーで遂に同点に追いつく。6回から時間の関係でサドンデスに入り、表のジャガーズは1アウト満塁から無得点に終わると、その裏のドナルドダックは松島の内野安打でサヨナラ勝利を収めた。 (取材写真はこちら&試合動画はこちら
【相手チームへ一言】
(ジャガーズ)
(東京ドナルドダック)
この度は酷暑の中、対戦いただきありがとうございました。
暑い中、対戦ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
FENRIL 7 6 ablaze 7月31日(大宮健保)
小宮の決勝弾に山内が気迫の粘投!FENRILが接戦制し夏16強一番乗り!!
【試合内容】
FENRILは初回、先頭1番松谷が安打で出塁すると、続く2番小宮の本塁打で2点を先制する。その後3回、1死から1番松谷、2番小宮でチャンスを作ると、3番竹内、4番山本のタイムリーなどで3点を追加する。その後4回にablazeは本塁打などで3点を返す。続く5回にはFENRILは1番松谷の安打から2番小宮の本塁打で再び2点を取る。その後続く回で合計3失点するが、なんとか逃げ切りFENRILが勝利した。投げては山内が暑さの中で粘り強く耐え抜いた。
【相手チームへ一言】
(FENRIL)
(ablaze)
暑い中ありがとうございました。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Rockets 1 1 Tommys baseballclub 7月31日(新荒川大橋)
白熱の投手戦は最後まで両者譲らず!Tommysがジャンケン制し2回戦突破!!
【試合内容】
先攻Tommys、後攻Rocketsで試合開始。2回裏Rocketsは、ワンアウト三塁から内野ゴロの間に1点先制する。3回表にTommysは1番土屋の犠牲フライで同点に追いつく。その後両チームの好投が続き、同点サドンデスに入る。表の攻撃でTommysは4点取るが時間切れとなり、ジャンケンへ。ジャンケン対決をTommysが制し、勝利した。
【相手チームへ一言】
(Rockets)
(Tommys baseballclub)
遠いところ遠征いただきありがとうございます。強力な投手陣に前に圧倒されました。次戦も勝ってください!チーム一同応援しております。ありがとうございました。
この度は対戦ありがとうございました。グランド審判の手配ありがとうございました。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ナイトフィーバーズ 1 5 ちゃんぷるーず∞ 7月24日(越谷市民球場)
白濱の決勝打に3投手による継投!ちゃんぷるーずが昨季準Vを下し3回戦へ!!
【試合内容】
先攻ナイトフィーバーズ、後攻ちゃんぷるーず。1回表、先発の石川は三者凡退に抑える。1回裏、ちゃんぷるーずは1アウトから2番篠木、3番佐藤の連打でチャンスを作るとパスボールで1点を先制。さらに5番白濱、6番脇の連続タイムリーで3点を先制。続く2回裏、1アウトから1番三戸がヒットで出塁。2アウトとなるも3番佐藤のタイムリースリーベースで1点を追加。投げては石川が4回を被安打3無失点の好投。ちゃんぷるーずは5回から満行にスイッチ。満行はランナーを出すも無失点に抑える。5回裏、連打から相手のミスも絡んで1点を追加。6回からちゃんぷるーずは奈良にスイッチ。奈良は1点を取られるも2イニングをしっかり抑えて5-1でちゃんぷるーずの勝利。
【相手チームへ一言】
(ナイトフィーバーズ)
(ちゃんぷるーず∞)
しかし良く打ちますね…完敗です。対戦ありがとうございました。またオープン戦などよろしくお願いいたします。
グラウンド調整、時間調整など色々対応して頂きありがとうございました。久しぶりの対戦でしたがいい球場、いい緊張感で試合ができました。またオープン戦などお付き合いのほどよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
吉岡クラブ 1 5 BIGFACE 7月24日(大宮健保)
高橋の先制弾に林のダメ押し弾!BIGFACEが1部対決制し3回戦進出!!
【試合内容】
先攻吉岡クラブ、後攻BIGFACEで試合開始。1回表、吉岡クラブは相手エラーとヒットで二死一、三塁のチャンスを作るが、後続がレフトフライに倒れ無得点。試合が動いたのは2回裏、BIGFACEは6番高橋のライトへのソロホームランで1点を先制。BIGFACEは4回裏にもパスボールで2点目をあげると、5回裏には2番林のツーランホームランで4対0、6回裏には9番田中のタイムリーツーベースで5点目をあげる。吉岡クラブは7回表、6番中村が右中間へのホームランを放ち1点を返し、7番米田もセンター前ヒットで続くが後続が倒れ試合終了。5対1でBIGFACEが勝利。
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(BIGFACE)
 
グラウンド手配、審判さん手配ありがとうございました。
またの機会に宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Bets 2 3 DOBERMAN 7月24日(大宮健保)
白熱の投手戦は最終回にドラマ!千本松の決勝打でDOBERMANがサヨナラ!!
【試合内容】
DOBERMAN先発安竹、bets先発投手の投手戦となったこの試合。1-1で迎えた7回表、betsはチャンスを作り1点勝ち越し。後のないDOBERMANは7回裏、先頭安竹が2塁打、続く米川が四球で出塁し、田中が送りバントした打球は投手前へ。しかしこれが三塁への悪送球を誘い同点。続く坂倉は申告敬遠となり無死満塁。岸川が三振に倒れるも千本松がセンターへの犠牲フライを放ち、DOBERMANのサヨナラ勝ちとなった。
【相手チームへ一言】
(Bets)
(DOBERMAN)
対戦ありがとうございました。
機会があればまたよろしくお願いします!
対戦ありがとうございました!!
またよろしくお願い致します!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Hustler 4 1 オール篠崎 7月24日(塚崎野球場)
幸田の先頭打者弾に三宅(隼)の決勝打!Hustlerが2年連続2回戦突破!!
【試合内容】
先攻オール篠崎、後攻Hustlerで試合開始。初回Hustlerはランナーを背負うも後続を切り、無失点の立ち上がり。その裏Hustlerの攻撃、1番幸田はカウント2-2からの6球目を振り抜き、レフトフェンスを悠々と越える先頭打者HRで幸先良く1点を先制。2回裏は二死から7番齋藤が右前打で出塁、続く8番成嶋は四球を取り二死1.2塁のチャンスに9番三宅隼が左前タイムリーで1点追加。先頭に戻り1番幸田も連続左前タイムリーを放ち、更に1点追加。ここで幸田が一二塁間で挟まれているうちに1塁ランナーも生還し、更に1点追加で0-4と試合を優位に進める。3回表、オール篠田に1点返されるも最小失点で切り抜け、1-4。その後は両投手が踏ん張り、0を重ねる展開。Hustlerは最終回のマウンドを宇津木に託し、危なげなく抑えて1-4で勝利した。
【相手チームへ一言】
(Hustler)
(オール篠崎)
オール篠崎様、この度は遠征していただきありがとうございました。また今後とも宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。グランドと審判手配本当に助かりました。今後ともよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
スタイガー 12 11 TOKYO OVERDOSE 7月24日(江戸川河川敷)
真夏の乱打戦はスタイガーに軍配!阿部&川崎のHR等で撃ち合い制す!!
【試合内容】
オーバードーズ先攻、スタイガー後攻で試合開始。1回裏スタイガーの攻撃、1番濱崎の四球からチャンスを作ると3番阿部のHRで2点先取。2回裏にも相手投手の連続四球から川崎が満塁HRを放ち、序盤からスタイガーのペース。3回表オーバードーズも反撃、スタイガーのミスにつけこみ1番古都の2ベース、3番渡辺の2ベース、更に5番井上のタイムリーで4点返し、試合は乱打戦に突入。3回裏スタイガーは5点を返し、もはやノーガードの殴り合い状態。その後オーバードーズが怒涛の反撃で得点を重ね、最終回1点差まで詰め寄り、一打逆転の場面を作るも一歩届かず スタイガーの勝利。
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(TOKYO OVERDOSE)
井上様 選手の皆様 この度は対戦ありがとうございました。また、対戦する機会があると思いますので今後ともよろしくお願いいたします。
小西様、スタイガーの皆様。この度は対戦ありがとうございました。また対戦できるのを楽しみにしております。今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
下町Tempest 4 5 フリーステップ 7月24日(京成鉄橋上流)
フリーステップが劇的勝利!池田の13奪三振熱投に平尾がサヨナラ打!!
【試合内容】
下町先攻、フリーステップ後攻で試合開始。フリーステップ先発は池田。初回相手打線を三者連続三振を奪う。その裏のフリーステップの攻撃で、2死満塁から6番鈴木の走者一掃のスリーベースで3点を先制。先発の池田は2回以降も安定していたが、7回に制球が定まらず同点に追いつかれてしまう。延長サドンデスに入り、2番手井出が相手の4番バッターに犠牲フライをあげられ逆転を許す。しかしその裏1番の平尾がサヨナラタイムリーを放ちゲームセット。5-4でフリーステップが勝利した。この試合フリーステップ池田は7回13奪三振と圧巻だった。
【相手チームへ一言】
(下町Tempest)
(フリーステップ)
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
ありがとうございました!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Friends 0 10 ビッグホーンズ 7月24日(ふじみ野市第二)
北沢の決勝打に渡辺のダメ押し弾!昨季8強ビッグホーンズがコールド発進!!
【試合内容】
先攻friends、後攻ビッグホーンズで試合開始。試合が動いたのは1回裏、ビッグホーンズはfriends先発の野中を攻め、2死2塁を作ると4番北沢がセンターオーバーの2ベースで1点を先制する。さらに3回裏、満塁から四死球と8番大園のタイムリーで4点を追加し、試合を有利に進める。4回裏、2番渡辺の2ランホームラン、5回裏、1死1.2塁とし1番岩出のスリーベース、2番渡辺のタイムリー2ベースでコールドゲームが成立し、ビッグホーンズが3回戦進出した。
【相手チームへ一言】
(Friends)
(ビッグホーンズ)
対戦ありがとうございました。完敗でした。
またよろしくお願いいたします。
この度は日程の調整とグランド審判さんの手配ありがとうございました。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
湾岸ベースボーイズ 6 6 KNG 7月24日(大師球場)
湾岸が土壇場で2度追いつき3回戦進出!KNGは実力誇示も逃げ切れず!!
【試合内容】
先攻KNGの先発投手は池永、後攻湾岸ベースボーイズの先発投手は施で試合開始。1回裏、湾岸は1番大林(日)が四球で出塁し、2番藤野の送りバントで1アウト2塁のチャンスを作ると、3番渡邊がセンターオーバー2ベースを放ち1点先制。2回表、KNGは4番田辺の2ベースでチャンスを作り、内野エラーで同点に追いつくと、8番池永のレフトオーバー2ベースで追加点をあげ逆転する。3回表、湾岸は9番松尾と3番渡邊の内野安打で2アウト1.3塁のチャンスを作るが後続倒れ無得点。5回表、KNGは1番加藤(誠)のヒットと2番中矢の左中間2ベースで1点追加し、3-1と突き放す。5回裏、湾岸は内野エラーと9番松尾、2番藤野の四球などで2アウト満塁のチャンス作り、4番宮島のライト前2点タイムリーヒットで同点に追いつく。ここで時間の関係でタイブレークに突入。KNGは、湾岸の内野エラーで2得点し、さらに7番川村のスクイズで3点目をあげる。裏の湾岸の攻撃は、内野エラーで1点返し、なおも1アウト満塁から7番村上の押し出し四球で1点差に迫り、8番施のスクイズ(内野安打)で同点に追いつくも、後続は倒れ同点止まり。じゃんけん決着となった勝負の行方は、4-2で湾岸が勝利し2回戦に駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(KNG)
対戦いただきありがとうございました!
今後とも何卒よろしくお願いいたします。
湾岸ベースボーイズ様、グランドや審判さんの手配等有難うございました。今回は引き分けてしまったのでタイミングが合えば、また対戦宜しくお願いします。優勝目指して頑張ってください。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
SAMURAI.BOYS.NEO 4 8 フューチャーズ 7月24日(八潮北公園)
吉識の先頭打者弾含む5ホーマー!打ち勝ったフューチャーズが2回戦突破!!
【試合内容】
先攻サムライボーイズ、後攻フューチャーズで試合開始。試合が動いたのは1回裏、フューチャーズは1番吉識の先頭打者本塁打などで2点先制。2回裏にも6番林の本塁打で1点追加。4回表にサムライボーイズが2点を返すが、4回裏にまたも6番林の本塁打でフューチャーズが突き放す。その後6回裏にも本塁打含む4点追加。最終回サムライボーイズに追い上げられるが、なんとか投手が踏ん張りフューチャーズの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(SAMURAI.BOYS.NEO)
(フューチャーズ)
岡田様遠征ありがとうございます、打線もよく、特に2番手藤井投手が素晴らしかったです。また、ぜひよろしくお願いします。
サムライボーイズ様、グランドの手配等して頂きありがとうございました。また、対戦させていただく機会がございましたら、宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PEACE 2 12 WILL BASEBALL CLUB 7月24日(大宮健保)
久保田の決勝打含む12得点!WILL B.Cがコールド勝ち収め3回戦へ!!
【試合内容】
先攻PEACE(先発吉岡)、後攻WILL B.C(先発池)で試合開始。初回PEACEは1番宇田川が2ベースで出塁すると、4番清田のタイムリーで1点を先制。更に2回には7番大島のホームランで1点を追加する。追うWILL B.Cは2回裏、ノーアウト2塁から7番鈴木のタイムリーで1点を返す。3回には1アウト1・2塁から5番久保田、6番阿住の連続タイムリーで2得点し逆転するとエラーの間に1点を追加。5回PEACEは2四球を選びノーアウト1・2塁とするが、リリーフしたWILL B.C海老井が後続を3人で抑える。その後は勢いに乗ったWILL B.Cは5回・6回に打線が繋がり8点を追加。6回12-2でWILL B.Cがコールド勝ちを収めた。
【相手チームへ一言】
(PEACE)
(WILL BASEBALL CLUB)
 
PEACEの皆様、タイトなスケジュールの中、ご調整頂き誠にありがとうございます。練習試合等、今後ともお付き合いのほど宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Revival 9 0 松竹梅 7月24日(光が丘公園)
打線の援護に山田が完封シャットアウト!Revival4年ぶり夏3回戦へ!!
【試合内容】
先攻リバイバル、後攻松竹梅で試合開始。1回表、リバイバルは先頭の1番井上が四球で出塁し盗塁、2番榎本の死球、パスボールでノーアウト1,3塁となる。3番が倒れ4番西森のゲッツー崩れの間に3塁ランナーが帰り1点先制。1回裏の松竹梅の攻撃はリバイバル先発山田が3人で抑える。2回表、先頭5番直井が四球で出塁、6番山田の内野ゴロの間に進塁し、1アウト2塁、7番中村の右中間に抜けるタイムリーで2-0。8番渡辺のライト前ヒット、9番桝本の四球で1アウト満塁とし、1番井上のレフト前で2点追加、4-0とする。3回はお互い0点で行進。4回表1アウトから9番桝本、1番井上四球、2番榎本の右中間を破る2点タイムリーで6-0、3番高橋のライト前でランナー1,3塁とし、続く4番西森のライト前タイムリーで7-0となる。その後もリバイバルは6回に6番直井のタイムリーなどで2点追加。守備では先発山田が要所を抑えるピッチングで完封。松竹梅は堀越の2安打のみ。9-0で試合終了。
【相手チームへ一言】
(Revival)
(松竹梅)
鈴木様 グラウンドや時間の予定を合わせていただきありがとうございました。また今後とも是非宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。完敗でした。
今後ともよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
天晴-appare- 1 0 STBC 7月17日(大宮健保)
竹俣・佐々木の圧巻完封リレー!天晴が昨年の雪辱晴らし2回戦突破!!
【試合内容】
試合は投手戦の中、中盤に試合が動く。天晴は先頭の岡添が右中間へ2塁打を打ちチャンスメイク。2死3塁で小松原で内野手ゴロがエラーとなり、この間に岡添が生還、待望の先制点が生まれる。この1点を死守した天晴が竹俣-佐々木の完封リレーで勝利し、昨年の初戦敗退の雪辱を果たした。
【相手チームへ一言】
(天晴-appare-)
(STBC)
お互いに念願の対戦でした。また、機会がありましたらどうぞよろしくお願い致します。今回はご対戦頂きまして誠にありがとうございました。
天晴様、対戦ありがとうございました。隙のないチームでこういうチームが上位に進むんだなと再認識しました。とても強かったです。機会があればよろしくお願いします。次は勝ちます!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
CHUYANS+ 1 2 poison 7月17日(天王洲公園)
決着はサドンデス!poisonが赤羽根の決勝打でCHUYANS+を下す!!
【試合内容】
先攻POISON、後攻CHUYANS+で試合開始。序盤からPOISON相場、CHUYANS+切原の両先発の好投、守備陣の良いプレーで得点が入らない締まった展開となる。POISONは再三チャンスを作るもあと1本が出ず、7回まで無得点が続く。CHUYANS+は最終回、1死から5番打者が3塁打を放ち、1死満塁のサヨナラのチャンスを作るもこちらも無得点。0-0のまま8回から1死満塁スタートのタイブレーク突入。先攻のPOISONは2番赤羽根のサード強襲2点タイムリー。その裏CHUYANS+は管原の犠飛で1点返すが反撃はここまで。POISONが2-1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(poison)
ご調整及び対戦ありがとうございました。毎回熱い試合をさせていただき、ありがとうございます。また熱い試合をしましょう!今後ともよろしくお願い致します。
中溝様、CHUYANS+の皆様、グラウンド、審判の手配ありがとうございました。毎度痺れる試合ありがとうございます。引き続きオープン戦お願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 7 6 吉岡クラブ三代目 7月17日(大宮健保)
横田・青野の投手リレーで逃げ切り!PIECEが5年連続の3回戦進出へ!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻吉岡クラブ3代目で試合開始。1回表、PIECEは先頭から連続四球と盗塁、内野ゴロ2つで2点を奪う。2回表には先頭の白石が左前で出塁すると、その後一死から連続四死球で押し出しとバッテリーエラーで2点を追加。2回裏、4点差を追いかける吉岡クラブ3代目は先頭から連続四死球で塁を埋めると、連打で3点を奪い1点差とする。詰め寄られたPIECEだったが3回表にも1点、5回表に桑原(以)のタイムリー2塁打で1点を奪い3点差と突き放す。しかし、5回裏吉岡クラブ3代目は先頭がヒットで出塁すると1死から4番打者のツーランで再び1点差に追い上げる。最終回となった6回裏、吉岡クラブ3代目は2死から代打がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く打者の平凡な内野ゴロがエラーとなり2死1.2塁のチャンスを作る。このチャンスに先程もヒットを放っている2番打者が値千金の同点タイムリーを放ち土壇場で同点に追いつく。試合は延長のタイブレークに入り、先攻のPIECEは1点を奪い吉岡クラブ3代目の攻撃へ。前の回の勢いのままに行きたかったが先頭がサードゴロ、最後の打者がピッチャーゴロに倒れ万事休す。3回から先発横田に代わってリリーフしているPIECE青野が踏ん張り、7-6でPIECEが勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(吉岡クラブ三代目)
対戦ありがとうございました。劣勢の中でも最後まで諦めない気持ち、ここ1番での集中力は凄まじかったです。今後ともよろしくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Junkies 2 3 RED SOX 7月17日(我孫子市民球場)
北川の決勝打に井上が完投勝利!RED SOXが3年ぶりにサマー3回戦へ!!
【試合内容】
Junkies先攻、REDSOX後攻で試合スタート。初回Junkiesは2番がソロホームラン、2回にも8番がソロホームランを放ち0-2とする。REDSOXは4回裏に5番山本純輝、6番山本裕也の連続タイムリーで同点とし、8番北川の内野ゴロの間に3-2と逆転に成功。時間の関係で最終回となった6回を先発の井上が抑え、3-2でREDSOXが勝利。
【相手チームへ一言】
(Junkies)
(RED SOX)
 
本日はありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
戦極-SENGOKU- 5 0 Nomad.Yankees 不戦試合
<試合内容>
対戦期限までに対戦が実現せず、対戦オファー数によりNomad.Yankeesの不戦敗。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Rad Krieger 2 2 ファンシーズ 7月10日(大宮健保)
痺れる接戦はRad Kriegerに軍配!ジャンケン決着を制し初の3回戦進出!!
【試合内容】
Rad Krieger先攻、ファンシーズ後攻で試合開始。1回表、Rad Kriegerはランナーを出すも進められず、無得点に終わる。その裏のファンシーズは犠牲フライで1点を先制する。Rad Kriegerは5回に4番のレフトオーバー2点タイムリーで逆転に成功するも、ファンシーズが直後に1番バッターのソロホームランで同点に追いつく。6回終了時点で時間切れのため、規定によりじゃんけんを実施した結果、Rad Kriegerが勝利した。
【相手チームへ一言】
(Rad Krieger)
(ファンシーズ)
今回は遠征していただき、ありがとうございました。非常にしびれる試合でした。本当に勉強になる部分が大きかったです。また今後ともよろしくお願いいたします。
対戦ありがとうございました。調整にお時間を頂き、大変申し訳ありませんでした。今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
TOKYOMAJESTY 9 4 青木製作所Snugs 7月10日(陵南公園)
宮本の粘投に打線が奮起!TOKYOMAJESTYが1部対決制し3回戦へ進出!!
【試合内容】
先攻Snugs、後攻TOKYOMAJESTYの攻撃で試合はスタート。先制したのはTOKYOMAJESTY、3回にHR含む3連打で3点先制し、更に4回にも1点追加する。追うSnugsはこれまで好投していたTOKYOMAJESTY宮本を攻め、5回表にチャンスを作り、3番佐川の適時二塁打などで3点を返し1点差に詰め寄る。しかしその裏、TOKYOMAJESTYはエラーとヒットなどで一挙5点を入れ突き放し、9-3とする。Snugsは最終回となった6回表の攻撃でなんとか1点返すも、反撃はここまで。4-9でTOKYOMAJESTYが勝利した。
【相手チームへ一言】
(TOKYOMAJESTY)
(青木製作所Snugs)
日程も詰まっている中試合を調整していただきありがとうございました!またオープン戦等よろしくお願い致します!
小川様、チームの皆様、この度は対戦ありがとうございました!また、グランドと審判の手配もありがとうございました。次戦も頑張ってください!今後ともよろしくお願いします!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
T-Five 2 11 上尾西ブルースカイズ 7月10日(大宮健保)
柴崎&松本のHRに大久保が完投!上尾西ブルースカイズが夏2回戦を突破!!
【試合内容】
先攻T-Five、後攻上尾西ブルースカイズでゲームスタート。上尾西は初回のピンチを切り抜けると、2回裏に6番柴崎の2ランホームランで先制。3回表にT-Fiveがすぐさま1点を返す。上尾西は5回裏に松本のスリーランホームランで点差を5-1とすると、続く6回裏にも打者一巡の猛攻で一挙6点を挙げる。7回表に1点返されるも、11-2で上尾西ブルースカイズが勝利。投げては大久保が7回を2失点に抑え、ゲームを作った。
【相手チームへ一言】
(T-Five)
(上尾西ブルースカイズ)
 
グランド及び審判ありがとうございました。迫力があってとても恐ろしく感じる打線でした。また対戦する機会ありましたら、よろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ピエールズ 8 5 成瀬ホーネッツ 7月10日(世田谷公園)
川上&福島のHR含む8得点に加藤が完投!ピエールズが乱打戦制し3回戦へ!!
【試合内容】
初回ピエールズは川上の先制ホームランで先制点をあげる。2回にも福島のホームランにより追加点をあげ、試合を優位に進める。投げては加藤が要所を抑える投球を見せ、強力打線相手に見事完投勝利。ピエールズが8-5で勝利した。
【相手チームへ一言】
(ピエールズ)
(成瀬ホーネッツ)
暑い中対戦いただきありがとうございました。また是非対戦よろしくお願い致します。※余談ですがユニフォームが今まで対戦したチームの中で一番カッコ良く、次デザインの参考にさせていただきます!
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
相模KOT'S 1 2 佐川グローバルロジスティクス 7月3日(横山公園)
エース奥谷が圧巻投球!佐川が須永のサヨナラ打で白熱の投手戦に終止符!!
【試合内容】
相模KOT'S先攻、佐川グローバルロジスティクスが後攻での一戦。佐川の先発は奥谷。初回三者凡退に抑え堂々の立ち上がりを見せる。対する相模KOT'Sの先発は泉。どちらも好投を見せ無失点のまま6回を終える。試合は時間の関係で7回はサドンデスルール1死満塁を適用。先攻の相模KOT'Sは7回先頭バッターの3番鈴木のショートゴロの間に1点を先制するも、4番荒井はサードゴロに倒れ追加点ならず。その裏佐川の先頭バッター3番須永が2-2と追い込まれるが、6回から継投した中坪の投じた球をレフト前に運び、3塁ランナー、2塁ランナーの一林がホームに生還し逆転サヨナラ。佐川が3回戦に駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(相模KOT'S)
(佐川グローバルロジスティクス)
佐川グローバルロジスティクスの皆様、遠征して頂きありがとうございました。両チームエラーもなくとても引き締まった試合でした。また機会がありましたらよろしくお願いします。
相模KOT'Sの皆様。本日は対戦ありがとうございました!引き締まった試合で、最後までどっちが勝ってもおかしくない状況でしたね。また機会がありましたら、是非とも宜しくお願い致します。球場手配などありがとうございました!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Mr.cherryboys 1 11 ダディーズベースボール 7月3日(石神井公園B)
篠宮の決勝打に長谷川の完投!ダディーズが3年ぶりにサマー2回戦を突破!!
【試合内容】
Mr.cherryboys先攻、ダディーズベースボール後攻。1回表、MR.cherry boysは二死満塁を作るが0点。1回裏ダディーズは4番平澤、5番篠宮の連続タイムリーで2点先制。さらに2回裏ダディーズは8番村上の2ランホームラン、3回裏には四死球やタイムリーを絡め6点を追加。4回表Mr.cherryboysは二死二塁から黒岩のセンター前ヒットで1点を返すが、4回裏に5番篠宮のタイムリーヒットが出て1-11。コールドゲームが成立しダディーズの勝利。投げては長谷川が1失点完投。
【相手チームへ一言】
(Mr.cherryboys)
(ダディーズベースボール)
篠宮様、ダディーズ様、強すぎます。今後の活躍を期待しています。本日はありがとうございました。
Mr.cherryboys 門池様、チームの皆様。本日はグラウンド、審判の手配などありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
はちみつハニー 1 9 FENRIL 7月3日(滝ヶ原グランド)
竹内が決勝弾&ダメ押し打!新星FENRILが1部ハニーから金星奪い3回戦へ!!
【試合内容】
FENRILは2回裏、2アウトから6番福濱の左中間へのホームランで先制すると、続く7番竹内にもホームランが飛び出し2点を先制する。FENRILは3回裏にも相手の守備のミスから流れを作り、再び7番竹内の2点タイムリーなどで7点を追加し点差を広げた。投げては山内が7回1失点と安定した投球を見せ、相手を寄せ付けなかった。FENRILが9対1で勝利。
【相手チームへ一言】
(はちみつハニー)
(FENRIL)
 
グラウンド、審判手配ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 6 6 Avengers 7月3日(大宮健保)
Avengersが土壇場追いつくもGOLGOがジャンケン決着を制し3回戦進出!!
【試合内容】
GOLGO先攻、Avengers後攻でゲームスタート。Avengers先発は大貫。初回内野のエラーでピンチを招くとバント処理ミスなどで2失点。続く2回にもGOLGOはツーアウトからヒットとフォアボールで満塁とし、3連続押し出しで5-0。ここでAvengersは芝崎に投手交代。ツーアウト満塁のピンチを抑えチェンジ。GOLGOは3回にも1点を奪い6-0とする。反撃したいAvengersは4回裏、酒井がデッドボールで出塁し、7番石黒のタイムリーツーベースで1点を返す。 Avengersは5回から小串がマウンドへ。しっかりとリリーフしチェンジ。6回裏Avengersは酒井が本日2個目となるデッドボールで出塁、小峯は打ち取られるも石黒が四球を選びランナー1.2塁とすると、8番関根の三塁線を破るタイムリーツーベースで6-3。7回表は小串がきっちりと抑えチェンジ。7回裏Avengersは先頭荒井がレフト前ヒットで出塁、神崎はサードゴロに倒れるも、3番大倉の高いバウンドの打球はセンター前へ抜けランナー1.3塁。ここでドラマが…、ここまで2三振と苦しんでいた4番深見がレフトへのスリーランホームランを放ち、土壇場で6-6の同点に追いつく。しかし、ここで時間切れとなり、ジャンケン決着を制したGOLGOの勝利。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(Avengers)
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願いします。
グランド、審判さんの手配ありがとうございました。勝敗を決める場面でスポーツマンシップに欠けた主張には頂けませんでした。勝ち負けも大事ですが草野球のモットーは勝利主義ではないと思います。今後はこのような事で若い芽を摘むようなことはしないで欲しいです。優勝目指して頑張ってください。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
東京KINGS 5 5 Rockets 7月3日(神宮外苑)
田中が値千金の同点打!Rocketsが土壇場に追いつきジャンケン決着制す!!
【試合内容】
東京KINGS先攻、Rockets後攻で試合開始。Rocketsの先発は山田。3回まで東京KINGS打線をほぼ完璧に抑え込む。すると3回裏に、Rocketsの先頭打者富永が死球で出塁。無死1塁とし、2番満仲の場面でエンドランを敢行。これが内野安打となり、無死1.3塁。続く3番森山の内野ゴロの間に富永がホームを突入を図るが憤死する。1死2.3塁となり、4番飯村が追い込まれながらしぶとくセンター前に運び2点を先制。4回表にこれまで好投を続けていた山田が東京KINGSに捕まり、田中にスイッチするも流れを止めることができず、5点失い逆転を許す。4回裏に2死から7番武石がホームランを放ち、3-5とする。時間の関係で、5回裏が最終回となる。先頭打者の富永が出塁し、パスボール等で一挙に生還し4-5。Roketsの攻撃は続き、2死ランナー無しとなるも4番飯村、5番歌川が四球で出塁。1打同点の場面で、6番の田中がレフト前に運び土壇場で試合を振り出しに戻し5-5でゲームセット。じゃんけんでの決着も白熱し、4-4で最後の決着となり、Rockets朝比奈が勝利した。
【相手チームへ一言】
(東京KINGS)
(Rockets)
対戦ありがとうございました!和気藹々とチームワークもよく、試合をしていて楽しかったです!またぜひ対戦よろしくお願いいたします。
グランド、審判手配ありがとうございました。みなさん礼儀正しく、緊張感ある試合でとても勉強になりました。また、練習試合で決着つけましょう!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ジャンクベースボールクラブ 3 4 (株)岩建ホームテック 6月26日(大宮健保)
近藤が先制打&決勝弾!岩健ホームテックがジャンクから金星挙げ夏初勝利!!
【試合内容】
岩建ホームテック荒木投手、ジャンクベースボールクラブ森田投手で始まった一戦はお互い譲らないシーソーゲームとなった。1回岩建ホームテックの攻撃。ツーアウト2,3塁から5番近藤が追い込まれながらもセンター前へ運び2点を先制。続く2回ジャンクベースボールクラブの攻撃。ツーアウト2塁からレフト前ヒットを放つもレフト中野の好返球で得点ならず。しかしジャンクベースボールクラブは3回に1番島のホームラン、4回には7番加藤の2ランホームランで逆転に成功。ジャンクは4回からエース吉藤をマウンドに送るが、この日は調子が上がらず、6回岩健はワンアウト1塁で再び5番近藤。高めの球を振りぬき逆転の2ランホームラン。ベンチは大盛り上がり。その後6,7回をリリーフした小原が抑え、岩健がサマーカップ初勝利を収めた。
【相手チームへ一言】
(ジャンクベースボールクラブ)
(岩建ホームテック)
岩建ホームテックの皆様、対戦ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
ジャンクベースボールクラブ田中様、この度はグランド・審判さんの手配ありがとうございました。また非常に引き締まった試合でとても楽しかったです。また宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
NINE SENCE 2 3 品川オレンジ 6月26日(松山下野球場)
佐藤の先制打に尾高がサヨナラ打!品川オレンジが劇的勝利を飾り2回戦突破!!
【試合内容】
NINE SENCE先攻、品川オレンジ後攻で試合開始。NINE SENCEは初回三者凡退。品川オレンジはその裏、森のヒットからチャンスをつくり佐藤のタイムリーで1点先制。NINE SENCEは2回表、4番稗田デッドボール。5番大胡のピッチャーゴロが進塁打となり、1アウト二塁。6番石川がセンターオーバーのツーベースヒットにより稗田帰還。NINE SENCEがすぐさま同点に追いつく。さらに3回表には2番小林センター前ヒット。3番角井ファーストゴロ、その間に小林二塁へ。4番稗田レフトオーバーのスリーベースヒットにより小林帰還。NINE SENCEが1点勝ち越す。その後、両チームチャンスを作るも両投手が踏ん張り、最終回まで0行進。最終回の7回裏に、オレンジは伊藤のヒットなどで満塁のチャンスをつくり、1番尾高のレフトオーバーの2ベースで逆転サヨナラ勝ちを収める。2-3で品川オレンジが初戦を制した。
【相手チームへ一言】
(NINE SENCE)
(品川オレンジ)
対戦ありがとうございました!また、遠くから来ていただきありがとうございました!最後まで気の抜けない展開が多く、凄く楽しかったです!特に最後の1番バッターの粘りに粘った末、左中間へのエンタイトルツーベースは痺れました!このままどんどん勝ち進んでください!また機会がありましたら対戦よろしくお願い致します!
素晴らしい球場を手配していただき、また、最終回、時間ぎりぎりまで試合を続けさせていただき、ありがとうございました。打球がとてつもなく強く、強風が吹いていなければ、3本ほど持っていかれていました。また機会がありましたら、対戦よろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
我孫子フラワーズ 14 2 アンドバランス 6月26日(湖北台中央公園)
我孫子フラワーズが3回戦進出!打線の大量援護に北澤(玲)・佐藤の投手リレー!!
【試合内容】
アンドバランス先攻、フラワーズ後攻で試合開始。フラワーズ先発はエース北澤(玲)。初回アンドバランスは歌川(勝)、歌川(竜)の連続安打でチャンスを作り、4番糟谷(健)の叩き、パスボールで2点を先制する。その裏フラワーズは1番北澤(玲)、2番堀田の連続安打ですぐさま1点を返し、4番佐藤の叩きで同点に追いつく。2回裏フラワーズは先頭を失策で出塁すると盗塁バントでワンアウト3塁を作り、8番齋藤の犠牲フライで貴重な追加点をあげる。3回には堀田の本塁打で突き放し、その後もヒットやスクイズで得点を重ね終わってみれば15名全員出場で14点を挙げフラワーズが快勝した。投げてはフラワーズ先発北澤(玲)が2回以降は1四球のみで、その後佐藤と走者を1人も出さないピッチングでアンドバランス打線を2点に抑えた。
【相手チームへ一言】
(我孫子フラワーズ)
(アンドバランス)
アンドバランスの皆様、遠いところほんとに遠征ありがとうございました。また今後ともよろしくお願い致します!この度はありがとうございました!
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
萩中サンダース 1 11 ablaze 6月26日(萩中公園)
ablazeが2年連続初戦突破!投打噛み合い11得点の快勝で萩中を下す!!
【試合内容】
初回ablazeが3点先制すると。その後も序盤、中盤、後半と集中打が飛び出し、3回7回と合計11得点。萩中サンダースは序盤に1点を返すにとどまり、ablaze投手陣も踏ん張り勝利した。
【相手チームへ一言】
(萩中サンダース)
(ablaze)
ありがとうございました。大変素晴らしいチーム様でした。
グラウンド、審判様手配ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
AXIS 5 6 ちゃんぷるーず∞ 6月26日(浦安運動公園)
AXIS怒涛の反撃も一歩及ばず!ちゃんぷるーず辛勝ながらも5年連続の初戦突破!!
【試合内容】
梅雨時期にもかかわらず真夏のような暑さで迎えたヴィクトリアサマーカップの一回戦は先攻ちゃんぷるーず、後攻AXISで試合開始。AXIS先発の泰江高が上々の立ち上がり、初回は難なく無失点で抑える。AXISがその裏、2死から3番泰江亮がサード強襲安打で出塁。続く4番石井の連続安打、5番の坂本の安打で先制点を獲得。2回表、泰江高が肩の不調を訴えイニング終了時に降板。ちゃんぷるーずは2死から相手エラーからチャンスを作ると3本の長短打で一挙4点をとり逆転。3回、4回は泰江亮がマウンドに上がるも内野陣のエラーが絡み、ちゃんぷるーずが1点ずつ取り6-1で優位に進める。負傷者が多い中、5回からマウンドに上がったのは山下。変化球を織り交ぜる緩急のある好投で0失点で抑える。時間の関係で最終回となった6回、AXISは先頭の2番七夕がセーフティーバントで出塁。3番泰江亮が右前安打、4番石井が相手の失策を誘う打撃で無死満塁に。続く5番は好調の坂本が劇的の満塁本塁打を放つと土壇場で1点差とする。更に四球などでノーアウト1.2塁とサヨナラのチャンスを作るも、泰江高が三振に倒れゲームセット。ちゃんぷるーずが何とか逃げ切り辛勝。
【相手チームへ一言】
(AXIS)
(ちゃんぷるーず∞)
暑い中、対戦ありがとうございました!またオープン戦などよろしくお願い致します!応援してくださったたくさんのギャラリーの皆様、ありがとうございました。
乾様、グラウンド、審判の手配ありがとうございました!最後は痺れる試合になりました。また今後とも宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ジョルターヘッズ 7 7 Bets 6月26日(東大和南公園)
ジョルター大量リード守れず!Betsがジャンケン決着制し3年連続の初戦突破!!
【試合内容】
ジョルターヘッズ太田、Bets邦山両投手の先発。初回Betsは4番合田のレフトへのタイムリーで先制する。その裏、ジョルターヘッズは送球間に1点を還すと、小谷田のタイムリーで逆転。さらに樋口の叩きや飯村のタイムリーで5点を挙げリードする。2回、小関(龍)の柵越えホームランでジョルターヘッズが5点のリード。しかしBetsは3回、志岐のヒットと四球でチャンスを作ると高橋の2点タイムリーで追い上げ、さらに中村の内野ゴロで1点差と詰め寄る。4回ジョルターヘッズは土田にスイッチ。するとこの土田が柵越えホームランを放ち7-5と2点をリードする。時間的に最終回となった5回、Betsは四球二つで作ったチャンスに、またしても高橋が2点タイムリーを放ち土壇場で同点に追いつく。その裏、ジョルターヘッズはランナーを出すも無得点。勝負はじゃんけん決着となり、4-4から最後の一人でBetsが勝利し激戦を制した。
【相手チームへ一言】
(ジョルターヘッズ)
(Bets)
Bets様、暑い中ご対戦ありがとうございました。
またオープン戦などよろしくお願いいたします。
試合前の段取りからお世話になり本当にありがとうございました。白熱した試合でとても楽しくできました。また機会があったらあれば是非よろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Avengers 11 2 相模原ウインズ 6月26日(大宮健保)
強力打線が終盤目覚め一挙10得点!Avengersが逆転勝利を飾り夏1回戦突破!!
【試合内容】
相模原ウインズ先攻、Avengers後攻でゲームスタート。Avengers先発菅野は粘り強いピッチングで1回2回を抑えるも、連続エラーからピンチとなり内野ゴロの間に1点を奪われる。Avengersの攻撃はチャンスを作るものダブルプレーなどでなかなか点数が取れない。嫌な流れはまだ続き、4回には相手バッターにツーベースを打たれると送りバント、エンドランでまたも1失点。菅野の粘りのピッチングが光り、最小失点で乗り切る。5回裏、Avengersの攻撃はヒット、四球でチャンスを作り神崎のゲッツー崩れの間に1得点、2-1とする。6回表、ランナーを出すも菅野の気迫溢れるピッチングを見せ、併殺プレーもあり無失点。いい流れを呼び込んだ。6回裏、Avengersは先頭の6番小峯が狙い球の変化球を捉えると、7番石黒のタイムリースリーベースで2-2同点となる。8番関根も初球の変化球を左中間に運びタイムリーツーベースとなり3-2と逆転。さらに9番関口も変化球をセンターへのタイムリー、1番荒井はレフト前ヒット、2番大倉はセンターへのタイムリーヒット、3番神崎はライト前へタイムリーヒットで6-2とする。攻撃の手を緩めないAvengers打線はさらに4番行方が四球を選び、5番酒井の犠牲フライにより7-2。6番小峯のセンターへのタイムリー、7番石黒は三振に倒れるも、8番関根のスリーランホームランで11-2。Avengersが逆転勝利を飾った。
【相手チームへ一言】
(Avengers)
(相模原ウインズ)
対戦ありがとうございました!
また機会がありましたら試合宜しくお願い致します。
グラウンド調整からありがとうございました。
また機会がございましたらよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
吉岡クラブ 4 0 NITORO 6月26日(大宮健保)
吉岡クラブが6年連続でサマー初戦突破!7年ぶりの王座奪還へ向け好スタート!!
【試合内容】
3回まで両先発の好投で共に0点のまま試合が進み、4回に吉岡クラブが1点先制。吉岡クラブはその後も5回、6回と得点を重ねる。最終回NITOROは1アウトから4番滝沢のチーム初ヒットでチャンスを作る。さらに代打斎藤のライト前ヒットで1アウトランナー1,3塁のとするも後続が続かず、0-4の吉岡クラブ勝利でゲームセット。
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(NITORO)
NITOROの皆様、暑いなか緊迫感のある試合ありがとうございました。今後もよろしくお願い致します。
グランド・審判手配色々ありがとうございました。とてもレベルの高い野球で勉強になりました。今後ともオープ戦等よろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
NexuS 3 4 Friends 6月26日(大宮健保)
野中・山田の継投リレー!Friendsが接戦を制しサマーカップ初勝利飾る!!
【試合内容】
friendsは初回、四球や相手のミスで2点を先制すると、先発野中は5回を2失点にまとめる。途中、田中のセーフティスクイズで追加点をとると、リリーフの山田が2回を1失点にまとめ、friendsが接戦をものにした。
【相手チームへ一言】
(NexuS)
(Friends)
この度は対戦ありがとうございました。
また機会ございましたらよろしくお願い致します。
暑い中ありがとうございました!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
T-Five 11 0 Dejavu 6月26日(大宮健保)
一挙8得点のビッグイニング!投打の噛み合ったT-Fiveが強豪対決制し2回戦へ!!
【試合内容】
Dejavuは初回、0アウト2塁のチャンスを作るが後続が倒れ無得点。その裏T-Fiveは長短打を含め一挙8得点を奪う。さらに2回にも3点を追加し、11対0でT-Fiveの勝利。
【相手チームへ一言】
(T-Five)
(Dejavu)
日程調整ありがとうございました。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BOOOOON 3 4 吉岡クラブ三代目 6月26日(大宮健保)
吉岡クラブ三代目がサマーカップ初勝利!シーソーゲームを制し1回戦突破!!
【試合内容】
5回に先攻BOOOOONが2ランホームランで先制する。5回裏、吉岡吉岡クラブ三代目が2点追いついくも、6回にBOOOOONが1点加点。6回に吉岡クラブ三代目が2点を奪い逆転。4-3で吉岡クラブ三代目の勝利。
【相手チームへ一言】
(BOOOOON)
(吉岡クラブ三代目)
吉岡様、吉岡クラブ三代目の皆様、真剣勝負ありがとうございました。力負けでした。私達の分も頑張ってください!今後ともよろしくお願いいたします。
BOOOOON様グランド審判手配ありがとうございました。とても良い試合が出来ました。また宜しくお願い致します
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
松竹梅 2 0 THK株式会社 6月19日(大宮健保)
中園が完封シャットアウト!若さ溢れる松竹梅が再三のピンチ凌ぎ2回戦へ!!
【試合内容】
THK先攻、松竹梅後攻で試合開始。初回THKは無死満塁のチャンスを作るが4番小野田がホームゲッツー、続く5番打者の中武がセンターフライで得点ならず。その裏、松竹梅も満塁のチャンスを作るがこちらも無得点。試合が動いたのは2回の裏、THK先発浅谷の制球が乱れ、押し出しにより松竹梅が1点を先制する。さらに3回の裏、先頭の堀越が四球で出塁し鈴木のセンター前で1死1.3塁とすると、鈴木が盗塁をしかけ挟殺プレーの間に3塁ランナーの堀越が生還。2点差とする。最終回、THKはまたも無死満塁のチャンスをつくるが後続の打者が凡退し試合終了。2対0で松竹梅が接戦を制した。
(取材写真はこちら&試合動画はこちら
【相手チームへ一言】
(松竹梅)
(THK株式会社)
THK株式会社様、対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
グラウンド、審判様の手配誠にありがとうございます。再三チャンスを活かすことができなかった試合でした・・・。また機会がありましたら宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
清瀬ロングコックス 2 1 KEBOZ BASEBALL CLUB 6月19日(大宮健保)
岡本(航)の決勝弾に高桑の完投!ロングコックスが投手戦を制し2回戦突破!!
【試合内容】
KEBOZ先攻、ロングコックス後攻、高桑-徳永バッテリー。両投手の好投と堅実な守備で5回まで0が続く投手戦。ロングコックスは再三得点圏にランナーを置くも、あと1本に苦しむ。均衡を破ったのは6回裏、先頭の2番堀がこの日2本目のヒットで出塁すると、3番岡本航の右中間への特大HRで2点を先制。これが決勝点となり、最終回を守りきったロングコックスが2-1で勝利。先発の高桑は7回を投げ2安打8奪三振の好投。
【相手チームへ一言】
(清瀬ロングコック)
(KEBOZ BASEBALL CLUB)
KEBOZ BASEBALL CLUB の皆さま、対戦有難うございました!今後ともよろしくお願いいたします。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
RED HILL 5 6 KONAMI 6月19日(大宮健保)
KONAMIが白星発進で3回戦へ!サドンデスまで縺れたシーソーゲーム制す!!
【試合内容】
先攻レッドヒル、後攻KONAMI。ゲームは先制、同点、逆転、同点と常に流れが行ったり来たりのシーソーゲームとなった。初回レッドヒルはエラーなどで2失点するも、3回に連打で4点得点し逆転する。しかしその裏KONAMIが2点を奪い同点となる。5回表にレッドヒルがタイムリーで勝ち越すも裏の攻撃で同点とされる。要所で両投手が粘りの投球を見せ、緊迫したゲーム展開のまま最終回はサドンデスとなる。先攻レッドヒルは2者連続三振に倒れる。後攻のKONAMIは先頭打者がレフト前ヒットを放ち、6-5でKONAMIの勝利。
【相手チームへ一言】
(RED HILL)
(KONAMI)
KONAMI様の粘り強い野球は大変勉強になりました。こちらこそ機会がありましたらまた対戦させていただきたく存じます。今後ともよろしくお願いします。
グラウンド、審判のお手配ありがとうございました。どちらが勝ってもおかしくない試合でした。また、機会が有れば対戦宜しくお願い致します。ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
佐川グローバルロジスティクス 3 1 青霧 6月19日(大井ふ頭)
須永の先制弾&ダメ押し打に古家が完投!スプリング8強対決は佐川に軍配!!
【試合内容】
先攻青霧、後攻佐川グローバルロジスティクスの一戦。佐川の先発は古家。1回表の立ち上がりを3者凡退にきる。佐川の攻撃は1回裏、2番須永の本塁打で1点を先制する。2回には7番鈴木が四球で出塁し、8番森の内野ゴロで進塁すると、1番徳島(誠)のセフティーバントが相手のエラーを誘い2死1.3塁とする。徳島(誠)はすかさず盗塁を決め、相手の連携ミスにより鈴木が生還する。続く2番須永がセンターオーバーフェンス直撃の2塁打で徳島(誠)が生還し2点を追加する。試合は最終回となり、ここまで無失点で抑えていた古家が青霧の打線につかまる。7回表、青霧の先頭打者から三振を奪うが、6番大久保が意地の本塁打で1点を挙げる。続く7番鈴木もヒットで出塁しホームランが出れば同点の場面で8番丸山が放った打球はセカンドへ鋭いライナーとなり、1塁ランナーが戻れずダブルプレーでゲームセット。佐川がサマー初戦を制した。
【相手チームへ一言】
(佐川グローバルロジスティクス)
(青霧)
青霧の皆様、対戦ありがとうございました!またオープン戦など機会があれば、宜しくお願い致します!今後とも宜しくお願いします。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
poison 7 5 三晃クラブ 6月19日(彩湖・道満)
金子&磯部を含む両軍4発の打ち上げ花火!poisonが空中戦制し1回戦突破!!
【試合内容】
三晃クラブ先攻、poison後攻で試合開始。1回裏、1番金子の先制本塁打などでpoisonが3点先制。1対4で迎えた3回表、三晃クラブは4番田中の本塁打などで2点返して3対4。4回裏、poisonは4番磯部の本塁打などで2点追加で3対6。追いつきたい三晃クラブは5回表、5番山下の2ランで2点返すもここまで。5対7でpoisonの勝利。
【相手チームへ一言】
(poison)
(三晃クラブ)
 
poison上農様はじめ選手の皆様対戦ありがとうございました。結果は完敗でしたが楽しかったです。又オープン戦など機会がありましたら対戦よろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
オール篠崎 11 4 SeaLand 6月19日(江戸川河川敷)
望月の決勝満塁弾に高木・武田の投手リレー!オール篠崎が3年ぶりの白星!!
【試合内容】
先攻オール篠崎 後攻SeaLandで試合開始。1回表、オール篠崎は3番小室タイムリー三塁打で先制!さらにランナー1・3塁で6番 鈴木の3点本塁打!初回に4点先制した。2回は、4番望月の満塁本塁打で追加点あげ、3回にも打線が繋がり3点追加。投げては、先発高木、2番手竹田の投手リレーでSeaLand打線を4点に抑えた。11-4でオール篠崎の勝利。
【相手チームへ一言】
(オール篠崎)
(SeaLand)
対戦ありがとうございました。
また、機会がありましたらよろしくお願いします。
対戦ありがとうございました!
2回戦も頑張ってください!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ジャガーズ 7 3 CHAORA baseball club 6月19日(江戸川河川敷)
一挙6得点のビッグイニング!ジャガーズが拮抗戦制しVictoria白星デビュー!!
【試合内容】
ジャガーズ対CHAORA baseball club様の一戦!試合が動いたのは2回裏。ジャガーズが連続四球でノーアウト満塁のチャンスを迎えると、押し出しから先制し、さらに連打で一挙6得点。3回表すぐさまCHAORA baseball clubが連打で2点を返す。その後は両投手が好投を見せる。終盤にジャガーズがディレードスチールで1点を追加すると、そのまま7-3でゲームセット。ジャガーズが初戦を制した。
【相手チームへ一言】
(ジャガーズ)
(CHAORA baseball club)
この度は対戦実現できたことに感謝致します。審判さんの手配もありがとうございました。スコアほど実力差はなくギリギリの勝利だったと思います。また対戦機会ございましたときにはよろしくお願い致します。
次戦、強豪ということですが応援してます!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Nomad.Yankees 16 0 天竺 6月19日(三郷サンスポ)
宮川&奈良のHR等で脅威の16得点!Nomad.Yankeesが注目新星から大勝!!
【試合内容】
先攻Nomad.Yankees、後攻天竺で試合開始。1回表Nomad.Yankeesの攻撃、1番坂本がヒットで出塁し2番山崎の2塁打で1点を先制すると、6番宮川の本塁打などで6点を取り試合を有利に進める。その後も4番奈良の満塁弾や宮川の2本目の本塁打で着実に加点をし、16-0でNomad.Yankeesの勝ちとなった。
【相手チームへ一言】
(Nomad.Yankees)
(天竺)
対戦ありがとうございました。また日程の調整もありがとうございました。また宜しくお願いします。
金井様、グランド、審判手配ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
フューチャーズ 7 2 REDBURNING 6月19日(江戸川河川敷)
フューチャーズが2回戦進出!若き新星下しサマーカップ初白星を掴む!!
【試合内容】
梅雨空の中、先攻REDBURNING、後攻フューチャーズで試合開始。1回裏フューチャーズは、ランナー1.2塁で5番岡田(快)のセンター前タイムリーヒットで2点先制。3回裏ランナー3塁のチャンスに再び5番岡田(快)が打席に入ると、センターへ犠牲フライを放ち1点追加。4回表にREDBURNINGの足を使った攻撃で2点取られる。その後、5回裏、6回裏とフューチャーズが追加点。7回表REDBURNINGは凄まじい追い上げを見せるがグランドの時間上でゲームセット。7対2でフューチャーズの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(フューチャーズ)
(REDBURNING)
レッドバーニング様、本日は、対戦ありがとうございました。また、練習試合など宜しくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
GRADE RIZE 2nd 2 4 フリーステップ 6月12日(錦糸公園)
小堂の決勝打に船山の好投!注目の若武者フリーステップが夏1回戦突破!!
【試合内容】
試合開始前に大雨が降るもどうにか試合開始。フリーステップ先発は船山。初回フリーステップはチャンスを作り、5番鈴木、6番小堂の連続タイムリーで3点を先制。GR2は1点を返すも、4回には鈴木の好走塁でフリーステップが1点を追加。フリーステップ先発船山はピンチこそ作るも4回を1失点でまとめる。5回には2番手の池田がマウンドに上がり、1点をとられ尚も満塁と一打同点のピンチを作るが、最後のバッターを三振で抑えゲームセット。フリーステップが4-2で勝利した。
【相手チームへ一言】
(GRADE RIZE 2nd)
(フリーステップ)
この度は対戦有難うございます。
2人の速球派投手と対戦出来て良かったです。
グラウンド、審判手配ありがとうございました!
また機会がありましたらよろしくお願い致します!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
KGLADS 2 6 STBC 6月12日(光が丘公園)
下田がダメ押し弾&完投と投打の活躍!STBCが2年連続サマー初戦突破!!
【試合内容】
先攻STBC、後攻KGLADSで試合開始。1回裏KGLADSは磯飛の二塁打でチャンスを作ると、山下の犠飛で1点を先制する。2回表、STBCは6番城野のホームランで同点に追いつくも、その裏すぐに酒井のホームランでKGLADSが勝ち越し。その後試合が動いたのは5回表STBCの攻撃、連打でチャンスを作ると相手のエラーなどで4-2と逆転に成功。KGLADSは失った流れを取り戻そうとするが、相手投手からなかなか点が取れず。6.7回も5番下田、6番鎌田のホームランで追加点を奪い、6-2でSTBCが勝利。先発下田は6回2失点の好投。
【相手チームへ一言】
(KGLADS)
(STBC)
本日は対戦ありがとうございました。完敗です。またリベンジさせてください。よろしくお願いいたします。
KGLADS様、グランドや審判さんの手配ありがとうございました。とても元気で良いチームでした。また機会があればよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
HOT DOG 2 12 ジャンクベースボールクラブ 6月12日(大宮健保)
ジャンクBCがコールド発進!小牧・島・高橋の3HR含む12得点で快勝!!
【試合内容】
先攻:HOT DOG(先発:高橋)、後攻:ジャンクベースボールクラブ(先発:小牧)でプレイボール。先制したのは、ジャンク。1回、先頭バッターの島が四球で出塁。2番浅井の打席で島が盗塁成功。浅井はカウント0-1からレフトへのヒットでランナーを進める。その後、1死2、3で4番の遠藤がレフトへのヒットで島がホームイン。2回、先制されたHOT DOGは、5番DHの佐々木が四球で出塁すると、7番石島が振り抜いた打球はレフトを大きく越える飛球となり、ホームランで一気に逆転をする。リードされたジャンクは、2回裏の攻撃。7番新納の右中間への打球が3塁打となり続く8番若林の打席でパスボールの間に3塁ランナー新納が還り同点にする。2回終了で2-2の同点。その後、4回裏ジャンクは、打者一巡の攻撃で5点を追加。さらに5回ジャンクの攻撃。先頭の9番小牧、1番島、3番高橋の3本の3塁打、続く4番遠藤の2塁打の猛攻で、11-2となる。1死満塁で8番若林のサードゴロがホームへの悪送球となり、3塁ランナーの遠藤が還り12-2のコールドゲームでジャンクベースボールクラブの勝利。
【相手チームへ一言】
(HOT DOG)
(ジャンクベースボールクラブ)
この度は対戦頂きありがとうございました!完敗でした。また宜しくお願い致します。
HOT DOGの皆様、対戦ありがとうございました。また急な日程調整にもご対応いただきありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ふじわ野球部 1 6 FENRIL 6月5日(大田スタジアム)
サマーカップ開幕戦で山内が完投!FENRILが注目の新星下し2回戦進出!!
【試合内容】
1回表、先攻のふじわ野球部は四球からチャンスを作りタイムリーで先制する。3回裏、後攻FENRILは先頭9番高倉のライト線への2塁打から1番松谷のタイムリーで同点に追いつき、送球の間に2進する。その後盗塁し、相手のミスで生還し勝ち越しする。FENRILはその後、4回に8番椎葉の犠牲フライで1点を追加し、続く5回にも3番四方山のタイムリー3ベース、4番山本の犠牲フライで2点をあげ勝利した。投げては先発山内が6回1失点と好投をみせた。
【相手チームへ一言】
(ふじわ野球部)
(FENRIL)
投手を中心とした守りからリズムを作る、私達が目指す良き手本となるチームでした。特にキャッチーの肩、二遊間が印象に残りました。また、攻撃面ではランナー三塁からのゴロゴーのスタートが素晴らしく、チームで意思統一がなされている感じでした。総合的に見て、完成された大人なチームでした。
グラウンド、審判手配ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Junkies 5 0 Bay-fortis 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、Bay-fortisの不戦敗。