TOP > サマーカップ2021 supported by Re-Birth > トーナメント表
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ジャンクベースボールクラブ 4 1 ちゃんぷるーず 10月10日(大宮健保)
三上の決勝打に吉藤が好投!ジャンクが宿敵にリベンジ果たしサマー8強進出!!
【試合内容】
先攻:ジャンクベースボールクラブ、後攻:ちゃんぷるーずで試合開始。先制したのは、ジャンク。2回表、一死から6番三上がスリーベースヒット、続く7番佐藤の打球でショートエラーの間に三上がホームを踏み先制する。ちゃんぷるーずも3回、二死から1番篠木がエラーで出塁。続く2番大元がセンターへのヒットを放つと、一塁ランナー篠木が一気に三塁を狙うが、センター三上からの送球でタッチアウトとなる。1-0のまま試合も中盤へ。試合が動いたのは、4回表ジャンクの攻撃。一死から5番の久保がツーベースヒット。6番本日絶好調の三上も右中間へツーベースヒット。続く7番佐藤もライト前のヒットで更に点を追加する。その後、二死になるが9番新納もスリーベースヒットを放ち、この回3点を追加し4回終わって、4-0でジャンクがリード。ジャンク吉藤も好投を続ける中、ちゃんぷるーずの打線にいつ捕まるかといった緊迫した状況で試合も終盤へ。6回裏ちゃんぷるーずの攻撃。9番先頭打者がヒットで出塁。続く1番バッターが三振。2番大元のファーストへの打球で2塁にランナーを進める。二死二塁となり、4番好打者鎌田を迎え、初球をセンター前に打ち返し二塁ランナーがホームに還り1点を取る。その後、ちゃんぷるーずの打線を抑え、4-1でジャンクベースボールクラブの勝利。
【相手チームへ一言】
(ジャンクベースボールクラブ)
(ちゃんぷるーず)
ちゃんぷるーずの皆様、対戦ありがとうございました。何度も対戦させていただいておりますが、やっと1勝出来ました。今後ともよろしくお願いいたします。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
TOKYO GRAND SLAM 2 5 クーニンズ 10月10日(三郷サンスポ)
川上が決勝3ラン!クーニンズが春ファイナリストTGS下し2017年以来の8強!!
【試合内容】
クーニンズ先攻、TOKYO GRAND SLAM後攻で試合開始。2回まで両チーム0点のまま、3回にクーニンズが1点を先制すると、4回にも追加点をあげる。対するTOKYO GRAND SLAMは4回裏に1点返すものの、最終回にクーニンズが川上のスリーランホームランでダメ押し。5-2でクーニンズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(TOKYO GRAND SLAM)
(クーニンズ)
 
この度は、グラウンド確保及び審判様のご手配いただき、誠にありがとうございました。またご対戦機会がございましたら、よろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
CHUYANS+ 1 5 Nomad.Yankees 10月10日(天王洲公園)
中村の決勝打に大西・河合の投手リレー!Nomad.Yankeesが初の夏8強へ!!
【試合内容】
先攻Nomad.Yankees、後攻CHUYANS+で試合開始。2回表、Nomadは1アウト2塁から6番宮川のレフト前タイムリーで1点を先制。その裏CHUYANS+は2アウト1塁から9番岡村(健)が特大のレフトオーバー2塁打を放ちすぐさま同点に追いつく。3回表、Noamadは1アウト1、3塁とチャンスを作り3番中村のショート内野安打の間に1点を奪うと、5番下牧、6番宮川の連続2塁打でさらに3点を追加し引き離す。投げては大西→河合の継投で守りきり、Nomad.Yankeesの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(Nomad.Yankees)
Nomad.Yankeesの皆様、試合の調整及び対戦ありがとうございました。完敗でした。出直してきたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
またよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
D'LLERS 2 2 PIECE 10月10日(江戸川第三)
兄のチャンスメイクに弟が値千金の同点打!前回王者PIECEが死闘制し8強入り!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻D'LLERSで試合開始。1回裏D'LLERSは1死1.2塁とPIECE先発の青野を攻めるも、4番打者が併殺打に倒れて先制のチャンスを逃す。3回裏D'LLERSは先頭の9番打者がヒットで出塁すると、送りバントで2塁に進める。1打席目もヒットを放っていた2番打者が初球を振り抜くと打球はレフトへのホームランとなり、D'LLERSが2点を先制する。先制されたPIECEは4回表、1死から桑原(南)が左中間への二塁打で出塁し、進塁打で3塁に進むとD'LLERSバッテリーの乱れでホームにかえり1点を返す。更に2死走者なしから連続四球で1.2塁とし、ここでD'LLERSは投手を変えるも、変わった投手から桜井(健)も四球を選び満塁とする。制球が定まらずフルカウントとなったボールでD'LLERSの捕手がリードを大きく取っていたセカンドランナーを刺すビッグプレーでピンチを脱する。しかし6回表、PIECEは1死から桑原(南)が四球で出塁しすかさず盗塁を決めると、兄の作ったチャンスに弟桑原(以)がセンターの頭上を破る同点のタイムリーツーベースで終盤PIECEが同点に追いつく。最終7回裏、D'LLERSは2死1.3塁でと1打サヨナラのチャンスにこの日ホームランを放っている2番打者だったが、最後はライトフライに倒れて2-2でゲームセット。グランド時間切れにより勝敗はジャンケンでの決着となり、5-1でPIECEが勝利した。
【相手チームへ一言】
(D'LLERS)
(PIECE)
遠征いただきありがとうございました。チームの雰囲気など大変勉強になりました。今後とも宜しくお願い致します。
初対戦でとても楽しみにしていた一戦でした。対戦ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
戦極-SENGOKU- 10 0 Tommys baseballclub 10月10日(八潮北公園)
須能・杉浦の2者連続弾含む大量10得点!戦極がコールド勝ち収め8強進出!!
【試合内容】
戦極-SENGOKU-先攻、トミーズ後攻で試合開始。戦極は初回に谷津、渡部の連打で先制。3回には9番須能、1番杉浦の2者連続ホームラン、6回には代打攻勢で6連打、最終的には10得点と猛打爆発。投げては先発下野が5回を無失点、継投した佐久間も0点に抑えて完封リレー。10対0コールドで戦極-SENGOKU-の勝利。
【相手チームへ一言】
(戦極-SENGOKU-)
(Tommys baseballclub)
対戦ありがとうございました。
また宜しくお願い致します。
戦極の皆様、この度は対戦ありがとうございました。完敗でした。優勝目指して頑張ってください。また機会がありましたら対戦よろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
T-Five 5 0 吉岡クラブ 10月3日(大宮健保)
4番須田の先制打に森脇の好投!勝負強さ光ったT-Fiveが初のサマー8強入り!!
【試合内容】
吉岡クラブ菊池投手、T-Five森脇投手で試合開始。先攻T-Fiveは初回、2アウト3塁から4番須田のタイムリーで1点先制。3回も2アウト3塁から3番佐藤のタイムリーで2対0とする。さらにT-Fiveは4回、5回に小宮、黒木のHRで5対0と突き放す。5回吉岡クラブは1アウト2、3塁のチャンスを作るも得点できず、6回も0点終わる。結果、5対0でT-Fiveの勝利。
【相手チームへ一言】
(T-Five)
(吉岡クラブ)
日程調整頂きありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
グランド及び審判手配ありがとうございました。次戦も頑張ってください。今後も引き続きよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ナイトフィーバーズ 9 3 ピエールズ 9月26日(千間台第四)
中平の先制満塁弾含む大量9得点!投打の噛み合ったフィーバーズが8強入り!!
【試合内容】
1回表、ピエールズは先頭が四球で出塁するが後続が打ち取られ無得点に終わる。その裏フィーバーズの攻撃は三者凡退に終わる。2回裏、フィーバーズの攻撃は四球、ツーベース、死球で満塁にすると、久しぶりのスタメン中平がレフトへ特大ホームランを放ち4点を先制する。ピエールズは4回に1点を返すがその裏、2番林、3番青地の連続タイムリーなどでフィーバーズが3点を追加する。6回にピエールズはヒットとエラーで2点を返すが、フィーバーズも5回、6回と追加点を奪い、7回は無得点で試合終了。9-3でフィーバーズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ナイトフィーバーズ)
(ピエールズ)
ピエールズの皆様、時間、場所の変更していただきありがとうございました。
対戦ありがとうございました。また是非よろしくお願い致します。優勝応援しております!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ビッグホーンズ 6 5 TABOO 9月26日(大宮健保)
北沢の同点打に豊田のサヨナラ打!ビッグホーンズが劇的勝利飾りBest8進出!!
【試合内容】
先攻TABOO、後攻ビッグホーンズで試合開始。1回裏ビッグホーンズは先頭佐藤が2塁打を放ち1アウト3塁とすると、3番渡辺がライト前ヒットで先制。3回表TABOOは四死球でランナーをためると、失策とヒットで3点を奪う。その裏、ビッグホーンズは連打で2アウト1.2塁のチャンスを作ると、5番豊田が3塁打を放ち逆転。最終回、TABOOは1アウト1塁から3番藤崎のホームランで逆転する。しかしその裏、ビッグホーンズは2アウトから3番渡辺が四球で出塁すると、4番北沢がセンターオーバーの2塁打で同点、さらに5番豊田がレフトへヒットを放ち、2塁ランナーが一気に返りサヨナラ勝ちを収めた。
【相手チームへ一言】
(ビッグホーンズ)
(TABOO)
ご対戦ありがとうございました!
また機会がありましたら、よろしくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
佐川グローバルロジスティクス 0 1 Tommys baseballclub 9月26日(天王洲公園)
加賀の決勝打に藤田が完封シャットアウト!Tommysが2年ぶりの夏16強入り!!
【試合内容】
先攻・佐川グローバルロジスティクス、後攻・Tommys baseballclubの一戦。両チームともに得点圏までランナーを進めチャンスを作るが、両投手の好投で無失点のまま5回を終える。6回裏Tommysは先頭の7番小菅がヒットで出塁すると、2死1.2塁から2番加賀のライト前ヒットにて1点を奪い均衡を破る。反撃に出た佐川は7回、細川の3塁打で同点のチャンスを作り、4番伊藤のセンター前で同点とする。さらに5番栗原か四球を選び無死1.2塁のチャンスで時間制限の為、6番徳島がラストバッター宣告となる。徳島はライトに逆転タイムリーを放ち2-1とするが、7回未完了により6回のスコアにてゲームセット。tommysが1-0で勝利し、先発藤田が参考記録ながら完封勝利を収めた。
【相手チームへ一言】
(佐川グローバルロジスティクス)
(Tommys baseballclub)
Tommysの皆様、対戦ありがとうございました!逆転し最後まで出来ず大変悔しいですが、次の試合からもうちらも分まで頑張って下さい!また機会がありましたら、宜しくお願い致します。
佐川グローバルロジスティックスの皆様、この度は対戦ありがとうございました。度重なるスケジュール調整ありがとうございました。時間切れになってしまい、残念でしたが、また対戦宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 11 0 MKY88 9月26日(大宮健保)
王者PIECEが16強進出!斉藤の4打点の活躍にエース桑原(以)が2安打完封!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻MKY88で試合開始。1回表PIECEは先頭の茂木が2塁打で出塁すると2番進藤の絶妙なセーフティーバントで無死1.3塁とチャンスを広げ、坂東の内野ゴロと桑原(南)の2点タイムリーで3点を先制する。4回表にも連続四死球から満塁とし、斉藤の内野ゴロ、桜井(雄)の犠飛、桜井(健)のタイムリーで更に3点を加えて点差を広げる。6回表は2死から四球出塁すると桜井(雄)が右中間を破るタイムリーで更に1点。7回表は進藤のタイムリー、斉藤のセンターオーバーの3ランホームランで追加点を奪う。点差を縮めたいMKY打線だったがPIECE先発の桑原(以)を捉えることができず、2安打に抑えられ11-0でPIECEが勝利した。勝利を挙げた桑原(以)は被安打2、無四死球と2塁を踏ませぬ完璧な投球を披露しチームを勝利に導いた。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(MKY88)
対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
東京ドナルドダック 2 5 TOKYO GRAND SLAM 9月19日(大宮健保)
春ファイナリストTOKYO GRAND SLAMが2019王者ドナルド下し16強進出!!
【試合内容】
先攻ドナルドダックは佐藤(守)、後攻TOKYO GLAND SLAMは太田の先発で試合が始まる。1回表にドナルドダックは下地のタイムリーで先制するも、その裏TOKYO GLAND SLAMは先頭の浅賀のホームランですぐさま同点に追いつく。2回表にドナルドダックは相手のエラーで1点を勝ち越すも、3回裏にTOKYO GLAND SLAMはタイムリーなどで2点を取り逆転する。5回裏にもTOKYO GLAND SLAMが2点を追加して試合終了。5対2でTOKYO GLAND SLAMの勝利。
【相手チームへ一言】
(東京ドナルドダック)
(TOKYO GRAND SLAM)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
湾岸ベースボーイズ 1 1 D'LLERS 9月19日(天王洲公園)
渡邊が値千金の同点打!D'LLERSが最終回2アウトから追いつきジャンケン制す!!
【試合内容】
湾岸ベースボーイズ先攻、D'LLERS後攻で試合開始。試合が動いたのは2回表、湾岸は5番藤野の内野安打と6番矢野の四球などで1アウト1.2塁のチャンスを作り、7番岩本のセンター前ヒットで2塁ランナーが一気にホームを狙う。センターから良い送球が返ってきてクロスプレーとなったがセーフ。湾岸が1点先制。4回表、湾岸は2アウト1.2塁のチャンスを作るが無得点。4回裏、D'LLERSは1アウト3塁のチャンスを作り、3番矢部のライトフライで3塁ランナーがホームに突入するも湾岸ライト牧の好返球で捕殺となり同点に追いつけず。5回表、湾岸は1アウト2塁のチャンスを作るも無得点。7回表、湾岸は0アウト2.3塁のチャンスを作る。3番大林は内野ゴロで1アウト。4番宮島は死球で1アウト満塁とし、5番藤野を迎える。ここでキャッチャーが後逸し、3塁ランナーがホームに突入するもアウトとなり2アウト2.3塁。続くボールを藤野が捉え、タイムリーヒットかと思われたがセンターの正面となり無得点。7回裏、D'LLERSは2アウトランナー無しから4番深澤が四球で出塁すると5番守田が1.2塁間をしぶとく抜くヒットで2アウト1.3塁と同点のチャンスを作る。迎えた6番渡邊のファースト強襲のヒットでD'LLERSが同点に追い付く。続くバッターは三振となり、同点のまま試合終了。じゃんけん決着となった勝負の行方は4-2でD'LLERSが制した。投げては先発高橋が5回1失点、渡邊が2回無失点とピンチが続きながらも投手陣が粘った。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(D'LLERS)
対戦ありがとうございました!
また宜しくお願い致します!
宮島様、湾岸ベースボーイズ様対戦ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
松竹梅 2 5 ちゃんぷるーず 9月19日(所沢航空公園)
鎌田の同点打に坂田のダメ押し打!ちゃんぷるーずが逆転勝利飾り3年連続16強入り!!
【試合内容】
初回、松竹梅が四球と内野安打で1点先制。ちゃんぷるーずは犠牲フライですぐさま同点に追いつく。2回、3回は両者無得点。4回表、松竹梅は3番加藤が2塁打で出塁。4番柿岡の進塁打で2死3塁とすると、5番鈴木が勝ち越しのセンター前ヒット。直後のちゃんぷるーずの攻撃、4番鎌田の2塁打ですぐさま同点に。さらにキャッチャーのパスボールで逆転し、9番坂田のセンターオーバーなどもありこの回一挙4得点。6回でグラウンド使用時間の関係により終了。投げては石川4回、白濱2回の継投。5対2でちゃんぷるーずの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(松竹梅)
(ちゃんぷるーず)
対戦ありがとうございました!
勝ち進んで下さい!!
グランドの手配等、ありがとうございました。
また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
吉岡クラブ 5 0 ゴリラクリニックベースボール 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、ゴリラクリニックベースボールの不戦敗。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
bets 0 1 Nomad.Yankees 9月12日(大宮健保)
田中の決勝打に河合が1安打完封!Nomad.Yankeesが投手戦を制し初の16強へ!!
【試合内容】
先攻Nomad.Yankees、後攻betsで試合スタート。2回表、Nomadは5番佐藤がレフトへの2塁打で出塁すると、6番田中がセンター前ヒットを放ち1点を先制。以後、お互いの投手が素晴らしいピッチングで投手戦となり、1-0でNomadの勝利となった。Nomadは先発した河合が1安打完封で見事な投球をした。
【相手チームへ一言】
(bets)
(Nomad.Yankees)
 
対戦ありがとうございました。またよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
CHUYANS+ 2 0 Bay-fortis 9月5日(天王洲公園)
4番泉の決勝弾に佐藤の好ロングリリーフ!CHUYANS+が初のサマー16強入り!!
【試合内容】
Bay-forits先攻、CHUYANS+後攻で試合開始。初回 CHUYANS+は2アウト1塁から4番泉のHRで2点を先制する。その後は両チーム共に得点圏にランナーを進めるが、あと1本が出ない展開が続く。CHUYANS+2点リードの最終回、Bay-foritsは一打逆転のチャンスを作るも、2回から緊急登板の佐藤が踏ん張り、2-0でCHUYANS+が勝利した。
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(Bay-fortis)
Bay-foritsの皆様、対戦ありがとうございました。緊迫した好ゲーム、大変楽しかったです。引き続きよろしくお願い致します。
グラウンド、審判手配ありがとうございました。
また是非練習試合など、よろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
戦極-SENGOKU- 3 2 TOKYOMAJESTY 9月5日(天王洲公園)
渡部の同点弾に谷津の決勝打!投げては下野の完投勝利で戦極がサマー16強進出!!
【試合内容】
TOKYOMAJESTY先攻、戦極後攻で試合開始。初回、石倉のツーランでTOKYOMAJESTYに2点を先制されるも、その裏ランナーを置いて、渡部のツーランホームランで戦極がすぐさま同点に追いつく。初回に先制されるも、先発下野はそれ以降はパーフェクトに抑える好投。戦極は5回に先頭佐藤のツーベース、続く代打佐久間がきっちり送り、谷津のセカンドの内野安打で勝ち越しに成功する。下野はその裏も抑え完投で戦極の勝利。
【相手チームへ一言】
(戦極-SENGOKU-)
(TOKYOMAJESTY)
素晴らしいチーム、投手様でした。
ご調整もありがとうございました。
個々の能力が高く、チーム力のあるとても素晴らしいチームでした。またリベンジします!オープン戦等で試合する機会がありましたらよろしくお願いします!ありがとうございました!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
TABOO 3 3 KGLADS 9月5日(草加工業団地)
TABOOがジャンケン制し4回戦進出!KGLADSはポテンシャルを誇示するも惜敗!!
【試合内容】
KGLADSは3回裏に大矢がライト二塁打、久世が進塁打、山下のセンターの犠飛で1点を先制する。4回表、TABOOは4番のホームランで同点に追いつくと、失策も絡み、2-1と逆転。5回表にも追加点を奪い3-1となる。KGLADSは5回裏に越後のセンター前、敵失、山下の四球で満塁のチャンスを作り、磯飛の犠飛で3-2とする。さらに最終回7回裏、先頭越後の二塁打でチャンスを作ると、山下が同点タイムリー2塁打で3-3と追いつき引き分け。時間切れによりじゃんけんで決着をつけ、5-3でTABOOの勝利。
【相手チームへ一言】
(TABOO)
(KGLADS)
対戦ありがとうございました!
また機会があればよろしくお願いします!
TABOO様、本日はありがとうございました。雨の中、実施していただきありがとうございます。また、グラウンド・審判の手配もありがとうございました。引き続きよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ジャンクベースボールクラブ 7 2 KNG 8月29日(大宮健保)
4番島の決勝打に田原の好投!ジャンクB.Cが注目の新星KNG下し3回戦へ進出!!
【試合内容】
先攻:ジャンクベースボールクラブ(先発、田原)、後攻:KNG(先発、池永)でプレイボール。先制したのはジャンク。1回表、1番高橋が初球を左中間へ弾き返し2塁打。2番若林が送りバント成功で無死ランナー3塁で3番久保を迎える。2ストライク追い込まれてピッチャーゴロとなるが、1塁への送球が悪送球となり3塁ランナーがホームイン。ジャンクが先制する。さらに3回ジャンクの攻撃。先頭の9番斎藤がレフトオーバーの3塁打、続く1番高橋がセンター前ヒットで1点を追加する。その後、2番若林がこの日2本目の送りバント成功で一死ランナー2塁で4番島の打球がセンターオーバーの2塁打となり、2塁ランナー高橋が還り3回終わって3-0でジャンクがリード。4回もジャンクの打線が繋がり4点を追加する。KNGの打線も2巡目を迎えた4回、3番白浜が四球で出塁すると、続く4番田邊の打球が右中間への3塁打となり、2塁ランナーがホームイン。さらに5番塩田のショートゴロの間に3塁ランナーがホームインし、この回2点を取るが反撃はここまで。結果、7-2でジャンクベースボールクラブの勝利。
【相手チームへ一言】
(ジャンクベースボールクラブ)
(KNG)
KNGの皆様、この度は対戦ありがとうございました。また遠征いただきありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
グランド及び審判さんの手配等有難うございました。優勝目指して頑張って下さい。今回大会に初参加して、一つも楽な試合がなくレベルの高いチームがいっぱいあると勉強になりました。またいつかリベンジの機会を貰えると有難いです。お疲れさまでした。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
青木製作所Snugs 4 5 ビッグホーンズ 8月29日(大宮健保)
新星ビッグホーンズが16強入り!最終回Snugs怒涛の反撃かわし逃げ切り勝利!!
【試合内容】
先攻青木製作所Snugs、後攻ビッグホーンズで試合開始。1回表、青木製作所Snugsは死球と四球で1.2塁とすると、5番川原がレフトオーバーの3塁打を放ち、2点先制する。追いかけるビッグホーンズは3回裏、2連打で無死1.2塁から失策で1点。さらに満塁から6番桜井がレフトオーバーの2塁打を放ち、2点追加で逆転。続く5回表には連打と失策で2点を追加する。最終回、青木製作所Snugsはヒットと四球で、無死満塁から代打大桃のライト前ヒットで1点、四球の押出しで1点追加で1点差まで詰め寄るが、次の1番山本が放った打球がショートライナーとなり、セカンドランナー戻れずダブルプレーで2死。次の打者も打ち取り、ビッグホーンズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(青木製作所Snugs)
(ビッグホーンズ)
対戦ありがとうございました。次戦も頑張ってください。健闘をお祈りします。
グランド、審判の手配ありがとうございました。最終回の猛攻、大変痺れました。また機会がございましたら、よろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ナイトフィーバーズ 4 3 TOKYO UNITY 8月29日(工業団地公園)
最終回に集中打浴びせ逆転勝利!初出場ナイトフィーバーズがサマー16強進出!!
【試合内容】
1回表、ナイトフィーバーズは1、2番がヒットで出塁するとエラーで1点を先制する。2回裏、TOKYO UNITYは死球で出塁したランナーを長打と安打で2点を返す。3回にも1点を追加し1-3となる。6回、フィーバーズは2長打と2安打が出て一挙に3点を入れ逆転する。その裏UNITYは無得点に終わりゲームセット。
【相手チームへ一言】
(ナイトフィーバーズ)
(TOKYO UNITY)
TOKYO UNITYの皆様、緊急事態宣言の中お互い選手が集まらず厳しい状況でしたが遠方よりありがとうございました。また対戦お願いいたします。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ピエールズ 7 3 ブルースカイA 8月29日(世田谷公園)
川上の逆転2ラン含む7得点の猛攻!ピエールズが1部ブルースカイ下し下剋上!!
【試合内容】
初回ブルースカイAは相手エラーで先制点を奪う。しかし対するピエールズは川上の逆転2ランホームラン、武田のスクイズで逆転をする。その後も松本、清水の適時打などで得点を重ね、ピエールズが接戦を制した。
【相手チームへ一言】
(ピエールズ)
(ブルースカイA)
対戦いただきありがとうございました。熱戦となりとても楽しく試合を行えました。また是非よろしくお願い致します。
川上様、対戦ありがとうございました。グランド及び審判の手配もありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 5 1 STBC 8月29日(大宮健保)
進藤の決勝打に佐藤が完投勝利!昨季王者PIECEが4年連続でサマー3回戦進出!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻STBCで試合開始。1回表PIECEは先頭の茂木がヒットで出塁すると、盗塁と進塁打で3塁まで進みパスボールで生還して1点を先制。2回表にも桜井のヒットと進藤のタイムリーツーベースで1点を追加する。3回裏STBCも先頭がツーベースで出塁すると、次の打者がライト戦に落ちるタイムリーヒットを放ち1点を返す。その後PIECEの守備の乱れもあり得点圏まで走者を進めるも、PIECE先発佐藤が踏ん張り最少失点で切り抜ける。1点差に詰め寄られたPIECEだったが、5回表にSTBCの守備の乱れで1点、6回表には桜井と白石の2本の二塁打などで2点を加えてSTBCを突き放す。時間で最終回となった6回裏もエラーで走者を出すも佐藤が落ち着いて後続を切り、PIECEが5-1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(STBC)
対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
D'LLERS 6 0 ablaze 8月29日(そうか公園)
矢部・高橋・深澤の圧巻リレー!D'LLERSが完封勝利飾り初のサマー3回戦進出!!
【試合内容】
先攻ablaze、後攻D'LLERSで試合開始。D'LLERS先発は矢部。先制は2回裏、2番渡邊のタイムリーヒットでD'LLERSが先制。さらに2死ランナー無しから4番小泉がレフトオーバーのホームランで追加点。2-0とする。続く3回裏、2死から8番小沼がヒットで出塁し盗塁を決めチャンスを拡げると、9番須田がタイムリーヒットを放ち3-0とする。先発矢部は5回無失点で2番手の高橋へスイッチ。高橋は2番から始まる上位打線を3人で抑えると、6回裏代打小林の2点タイムリーを含む3点を追加。最終回深澤がマウンドに上がり3人で抑えゲームセット。D'LLERSが6-0で勝利した。
【相手チームへ一言】
(D'LLERS)
(ablaze)
対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
TOKYO OVERDOSE 2 4 東京ドナルドダック 8月29日(大宮健保)
伊藤の決勝打に佐藤(守)・ドナルドの投手リレー!ドナルドダックが4年連続3回戦へ!!
【試合内容】
先攻TOKYO OVERDOSEは正木、後攻ドナルドダックは佐藤(守)の先発で始まる。1回裏にドナルドダックはノーアウト満塁のチャンスを作ると、4番下地の犠牲フライと6番伊藤の3塁打で3点を先制する。3回表にTOKYO OVERDOSEはエラーで出たランナーを2番斉藤の右中間をやぶる3塁打で返し1-3。その裏のドナルドダックは6番伊藤の内野ゴロで1点を追加。4回表にTOKYO OVERDOSEは2アウトランナー3塁から7番山本の3塁打で1点を返す。その後ゲームは膠着状態となり、時間的に最終回になった6回表、変わったドナルドが四球を出すも後続を抑えて、4対2でドナルドダックの勝利。
【相手チームへ一言】
(TOKYO OVERDOSE)
(東京ドナルドダック)
対戦ありがとうございました。
今後とも引き続きよろしくお願いします。
井上様、度重なる雨で中止の中、日程調整ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
TOKYO GRAND SLAM 4 3 SAMURAI.BOYS 8月29日(江戸川河川敷)
TOKYO GRAND SLAMが3回戦進出!互角の一戦は春ファイナリストに軍配!!
【試合内容】
サムライ先発はベテラン石崎。石崎は立ち上がり本塁打などで点を取られるが中盤は完璧なピッチングを披露。しかし同点で迎えた最終回にTOKYO GRAND SLAMが1点を奪い、4対3で勝利した。
【相手チームへ一言】
(TOKYO GRAND SLAM)
(SAMURAI.BOYS)
 
グランドスラムの皆様、グランド、審判さんの手配ありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
WILDCATS 1 4 クーニンズ 8月22日(夢の島運動場)
西下の先制打に若林のダメ押し打!2017王者クーニンズが注目新星下し16強へ!!
【試合内容】
初回クーニンズの攻撃、前沢、川上が四死球で出塁すると、4番西下のセンター前ヒットでクーニンズが幸先良く2点先制。その後、ランナーは出すも5回まで両チーム0更新となる。迎えた6回表、クーニンズは2アウトから川上、浦野の連続出塁から途中出場の若林がライト前へ2点タイムリーを放ち、ダメ押し。その裏、WILDCATSも打線が繋がり、1点返す粘りを見せるも時間制限となりゲームセット。クーニンズが4-1で勝利し、4回戦へコマをすすめた。
【相手チームへ一言】
(WILDCATS)
(クーニンズ)
クーニンズさん、対戦ありがとうございました。いろいろと勉強になりました。また対戦出来る日を楽しみにしております。WILDCATS飯田
この度は、グラウンド確保及び審判さんのご手配、誠にありがとうございました。また機会がございましたら、ご対戦、よろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Hustler 3 5 T-Five 8月22日(我孫子市民球場)
強打対決はT-Fiveに軍配!Hustlerとの緊迫の接戦を制し初のサマー16強進出!!
【試合内容】
先攻Hustler、後攻T-FIVEで試合開始。Hustlreは初回、1番米本の先頭打者場外HRで先制する。しかしT-Fiveはその裏、長短打で3点を取り、逆転に成功。T-Fiveは3回にも1点を追加し4対1と試合を優位進める。追いつきたいHustlerニ死から9番三宅隼が四球で繋ぐと、1番米本にこの日2本目のHRが飛び出し4対3とする。その裏T-FiveもHRで1点を追加し、5対3でT-Five勝利。
【相手チームへ一言】
(Hustler)
(T-Five)
T-FIVEの皆様、遠征していただきありがとうございました。非常に勉強になる点が多い試合でした。今後とも宜しくお願い致します。
日程調整、グランド手配ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ビッグホーンズ 8 5 球通ベースボールクラブ 8月22日(東大和南公園)
強力打線の援護に剛腕佐々木が粘投!ビッグホーンズが新星対決制し2回戦突破!!
【試合内容】
ビッグホーンズ先攻、球通ベースボールクラブ後攻で試合開始。初回ビッグホーンズは1番佐藤の四球と盗塁でチャンスを作ると、4番北沢のタイムリー二塁打で先制する。さらに5番松山がセンターへのホームランを放ち初回3点を挙げる。続く2回には四球でランナーをためると北沢の2打席連続となるタイムリーなどで3点を追加する。追う球通ベースボールクラブはその裏、四球で出たランナーを7番澤村のタイムリーなどで3点を返す。ビッグホーンズは3回、2番大園のタイムリーなどで2点を追加するが、その裏球通ベースボールクラブも、4番山下の2ランホームランで2点を返す。しかしその後はビッグホーンズの佐々木が踏ん張り、そのまま8-5でビッグホーンズが勝利した。 (取材写真はこちら
【相手チームへ一言】
(ビッグホーンズ)
(球通ベースボールクラブ)
この度はご対戦ありがとうございました。中止が続く中、結果的に遠方まで来て頂き、ご対戦が実現した事、非常に感謝しております。また機会がございましたら、宜しくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
天晴-appare- 3 6 Bay-fortis 8月22日(大宮健保)
小野寺の決勝弾に角舘の完投!bay-fortisが2019王者天晴下し3回戦進出!!
【試合内容】
bay-fortis角舘、天晴平山でゲームはスタート。初回bay-fortisはエラーと5番井桁のタイムリーで2点を先制する。bay-fortisは続く2回にも更にエラーで1点を追加すると、1アウト1.2塁のチャンスから2番小野寺の3ランホームランで6-0とリードを広げる。3回天晴も4番友利がヒットとデッドボールで出塁したランナーを3ランホームランで返し6-3とする。この後、両チーム追加点をあげられず試合終了。角舘は6回3失点で投げ抜き、6-3でbay-fortisの勝利。
【相手チームへ一言】
(天晴-appare-)
(Bay-fortis)
お待たせしてしまい申し訳ございませんでした。
我々の分まで頑張ってください!
グラウンド、審判手配ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Rad Krieger 6 8 Nomad.Yankees 8月22日(大宮健保)
土壇場追いつかれるもNomad.Yankeesがサドンデス制し初のサマー3回戦へ!!
【試合内容】
先攻Nomad.Yankees、後攻Rad Kriegerで試合開始。1回裏、Rad Kriegerは連打で1.2塁のチャンスを作ると4番打者の内野ゴロの間に1点を先制。追いかけるNomadは2回表に同点とし、4回表に2番山崎の2点タイムリーで逆転。さらに5回表にも本塁打で1点を追加し4-1とリードを広げる。最終回となった5回裏、Rad Kriegerは四球や安打などでチャンスをつくり一挙3点を取り土壇場で同点に追いつく。時間的にサドンデスとなり、4-2の結果にてNomad.Yankeesの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(Rad Krieger)
(Nomad.Yankees)
 
対戦ありがとうございました。
また宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
MKY88 5 0 吉岡クラブ三代目 不戦試合
<試合内容>
試合開始予定時刻までに選手が揃わず、吉岡クラブ三代目の不戦敗。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
戦極-SENGOKU- 4 1 下町Tempest 8月8日(大宮健保)
関の先制打に杉浦の決勝弾!戦極が波に乗るTempestを逆転で下し3回戦へ!!
【試合内容】
下町Tempest先攻、戦極後攻で試合開始。初回下町Tempestは三者凡退で終わる。その裏戦極の攻撃、2アウトから3番渡部の安打でチャンスを作ると4番関のタイムリーで先制。しかし3回に下町Tempestが内野安打でチャンスを作り、4番松本がセンターオーバーを放ち同点に追いつく。戦極は4回に須能の安打から犠打でランナーを進め、1番杉浦の2点本塁打で突き放す。6回表Tempestがチャンスを作るも無得点で終わり、その裏戦極にソロホームランが飛び出し試合終了。4-1で戦極が勝利。
【相手チームへ一言】
(戦極-SENGOKU-)
(下町Tempest)
足場が悪い中、グラウンド整備等ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
グラウンド整備、手配ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Hustler 5 2 三晃クラブ 8月1日(湖北台中央)
真夏の激闘はHustlerに軍配!2イニングに及んだサドンデスを制し2回戦突破!!
【試合内容】
猛暑の中ハスラー先攻、三晃クラブ後攻で試合開始。2回まで両軍チャンス作るが無得点に終わる。試合が動いたのは3回裏、三晃クラブは1死1塁で3番山下が左中間へ2塁打を放ち1点を先制。4回にも間彦の2塁打と兼田の連打で1点追加し、三晃クラブが2-0とする。ハスラーも5回表に安打とバッテリーミスで無死3塁のチャンスに代打渡邉祥太が、きっちり犠飛を放ち1点を返す。6回表にも1死から2番幸田、3番間渕の連続安打で1.3塁のチャンス、4番井上の内野ゴロの間にランナーが生還して同点とする。両軍7回で決着がつかず、タイブレーク2イニング目の9回表、2番幸田が初球を振り抜くと右中間を破る走者一掃のタイムリーニ塁打となりで5-2とする。守っては足が攣る等のアクシデントもありながら、先発の丹波が5回を2失点に纏めると、6回からリリーフした染谷はタイブレーク2イニングを含む4イニングを、1人のランナーも出さないパーフェクトリリーフで勝利に貢献した。 (取材写真はこちら
【相手チームへ一言】
(Hustler)
(三晃クラブ)
三晃クラブのチームの皆様、遠征いただきましてありがとうございました。タイブレークまで緊迫した展開で楽しめました。今後とも宜しくお願いします。
ハスラー三宅様、選手の皆様本日は対戦ありがとうございました。暑い中大変でしたがタイブレーク決着と言う楽しい試合でした。又機会がありましたら対戦よろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 1 7 Tommys baseballclub 8月1日(大宮健保)
小菅・藤田の鉄壁投手リレー!Tommysがビッグイニング作りGOLGOに快勝!!
【試合内容】
先攻GOLGO、後攻Tommysで試合開始。両チーム初回にチャンスを作るも無得点。試合が動いたのは2回裏、TommysはGOLGO先発の長谷川を攻め、失策と四球から7番三浦の内野ゴロの間に1点を先制。さらに9番小菅のタイムリーヒット、1番黒木のタイムリーヒットで2点、満塁から富山の走者一掃タイムリースリーベースで3点の計6点を先制する。Tommysは3回裏にも5番加賀ホームランで1点を追加。4回表GOLGOもレフト前タイムリーで1点を返す。その後両チーム投手陣がピンチを作るも無得点で抑え、Tommysが逃げ切り勝利した。Tommysは小菅→藤田のリレーで7回1失点。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(Tommys baseballclub)
対戦ありがとうございました。完敗です。また機会がありましたら宜しくお願いいたします。
GOLGO BASEBALL CLUBの皆様、この度は対戦ありがとうございました。グランド手配ありがとうございました。また機会がありましたら是非対戦宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
WILL BASEBALL CLUB 0 3 クーニンズ 8月1日(大宮健保)
西下の先制弾に川上の完封シャットアウト!2017王者クーニンズが完封発進!!
【試合内容】
先攻WILL B.C(先発下里)、後攻クーニンズ(先発川上)で試合開始。1回裏のクーニンズの攻撃、先頭の川上出塁から2番沖田の送りバントで流れを作ると、3番上野が四球で出塁し、4番の西下がライト線を鋭く破るスリーランホームランで先制。裏の守りは先発川上がきっちり抑え流れを掴む。WILL B.Cは初回の失点以降は先発下里が立ち直り、5回にリリーフした山重の好投もあり6回まで無失点と3点差を維持した。その後、互いにチャンスを作るも先発川上が要所を締め、1回からスコアが変わらず、初回のホームランが決勝点となり、3-0でクーニンズが逃げ切った。
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(クーニンズ)
クーニンズの皆様。この度は日程調整の程、ありがとうございました。高い技術のスイングや硬い守備は大変勉強になりました。練習試合等、今後ともお付き合いの程よろしくお願い致します。
この度は、ご対戦いただき誠にありがとうございました。また機会がございましたらオープン戦等、よろしくお願いいたします!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
WILDCATS 7 7 RED SOX 8月1日(夢の島運動場)
注目の新星WILDCATSが白星デビュー!REDSOXとのジャンケン決着制す!!
【試合内容】
猛暑の中、初回から両チーム点の取り合いに。REDSOXが1回裏に2点を先制するも、REDSOX先発の北川が乱調でWILDCATSが7得点。最終回、RED SOX打線が奮起し同点に追いつき、7-7の引き分けで時間切れ。勝負の行方はジャンケン決着となり、5-3でジャンケンでWILDCATSが勝利。ヴィクトリアサマーカップ初参戦、初勝利となった。
【相手チームへ一言】
(WILDCATS)
(RED SOX)
RED SOXさん暑い中、対戦ありがとうございました。最後まで激闘の試合で楽しく野球が出来た事を感謝します。また機会がありましたら、対戦宜しくお願い致します。ありがとうございました。
本日はグランドの手配等ありがとうございました。
次戦も頑張ってくだ。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ベーランズ 0 1 CHUYANS+ 8月1日(二子玉川運動施設)
エース植田がNO-NO達成!CHUYANS+が完封勝利で初のサマー2回戦突破!!
【試合内容】
CHUYANS+先攻、べーランズ後攻で試合開始。中盤まで両チーム先発が好投し、緊迫した展開となる。試合が動いたのは5回、2死2塁から汐田のタイムリーでCHUYANS+が1点を先制する。CHUYANS+植田は序盤から安定した投球を見せ、7回8奪三振でノーヒットノーランを達成、1-0でCHUYANS+が勝利した。
【相手チームへ一言】
(ベーランズ)
(CHUYANS+)
 
べーランズの皆様、暑い中緊迫した試合をありがとうございました。またの機会がありましたら、よろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ナイトフィーバーズ 5 2 (株)岩建ホームテック 8月1日(番匠免公園)
新星ナイトフィーバーズが3回戦進出!青地が先制打&完投勝利と投打の活躍!!
【試合内容】
1回表岩建ホームテックはエラーで出塁するが無得点に終わる。その裏ナイトフィーバーズは岩建先発の花崎を攻め、先頭根木がヒットで出塁すると2番林が確実に送り、3番青地のライトオーバー2塁打で先制する。その後2回に3点を追加し、3回には鈴木博のHRが出て1点を追加する。対する岩建ホームテックは5回、奥村の四球、中野一帆のライト前ヒットで2、3塁のチャンスを作ると9番高井のタイムリーヒット、相手のパスボールで2点返す。しかし、その後は先発青地に抑えられ、5-2でナイトフィーバーズが勝利する。
【相手チームへ一言】
(ナイトフィーバーズ)
(岩建ホームテック)
(株)岩建ホームテック様、本日は暑い中お疲れ様でした。日程調整していただきありがとうございました。
ナイトフィーバーズ鈴木様、グランド手配から審判さんの手配までありがとうございました。非常に高いレベルを感じさせていただきました。またぜひよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
はちみつハニー 0 6 ジャンクベースボールクラブ 8月1日(大神公園)
大森の決勝打に吉藤が完封勝利!投打の噛み合ったジャンクBCが2回戦突破!!
【試合内容】
先攻:はちみつハニー・先発今藤(稜)、後攻:ジャンクベースボールクラブ・先発吉藤で試合開始。1回表、はちみつハニーの攻撃。ジャンク吉藤の立ち上がり、2安打と守備の乱れでランナーを3塁に進めるが吉藤が何とか踏ん張り得点を許さず。4回終わって、0-0と両投手の好投が続く。5回表、はちみつハニーは先頭の7番藤田が二塁打で出塁すると、相手のWPで0アウト3塁のチャンスを作る。しかし8番柳川が三振に倒れ、また9番福島の場面でスクイズを仕掛けるも、空振りしてしまいチャンスを逃す。試合が動いたのは、5回裏ジャンクの攻撃。2番小野、3番久保、4番島の3連続四球で無死満塁。続く、5番の大森がライト前にヒットを放ち2点を取る。一死1、2塁となり7番新納がセンターの頭上を越える三塁打を放ち、この回4点を取る。さらに、6回裏ジャンクの攻撃、先頭の9番中村が内野安打で出塁し、その後、相手のエラーも絡み1点を追加する。二死1、2塁となり本日打撃好調の大森が右中間へ二塁打を放ち、この回、計2点を追加する。はちみつハニーもヒットで出塁するが、ジャンク吉藤を攻略出来ず、結果6-0でジャンクベースボールクラブの勝利。
【相手チームへ一言】
(はちみつハニー)
(ジャンクベースボールクラブ)
遠征ありがとうございました。
本日は完敗です!また引き続きよろしくお願い致します!
はちみつハニーの皆様、暑い中対戦ありがとうございました。今後とも宜しくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
T-Five 1 1 麦原アトムズ 8月1日(城北中央公園)
最後の最後まで縺れた死闘!T-Fiveがジャンケン決着制し初のサマー3回戦へ!!
【試合内容】
T-FIVEは初回1番那須がヒットで出塁したが後続が続かず0点。2回、麦原アトムズは6番岡村選手が追い込まれながらもバックスクリーンの豪快な1発を放ち、麦茶アトムズが1点を先行。3回、T-Fiveは2アウト2塁から同点に追いつく。同点のまま6回終了で決着がつかず、7回からサドンデスへ突入。先攻の麦茶アトムズはワイルドピッチと満塁HRで5点を取る。その裏T-Fiveは四死球、安打で同点に追いつき、さらに満塁0ストライク2ボールでグランド終了時間が来てしまい、7回は不成立で大会ルールにより1対1引き分けにてじゃんけん対決!結果はT-Fiveが制し3回戦にコマを進めた。
【相手チームへ一言】
(T-Five)
(麦原アトムズ)
日程調整などありがとうございました。
対戦ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
留年バスターズ 4 5 TOKYOMAJESTY 8月1日(大宮健保)
石倉・横田川の投手リレーで逃げ切り!新星TOKYOMAJESTYが3回戦進出!!
【試合内容】
バスターズは初回、東京マジェスティ先発石倉を攻め、3番津田、4番大嶺の2者連続となる本塁打で3点を先制する。しかし東京マジェスティは3回、4回と好投を続けていたバスターズ井上から髙島、小川祐のホームランもあり逆転に成功。バスターズは後を受けた島村が気迫の投球で流れを作ると最終回、この回からマウンドに上がった横田川から津田の二塁打で好機を作り、木山の適時打で1点差に詰め寄るが反撃はここまで。東京マジェスティが接戦を制した。
【相手チームへ一言】
(留年バスターズ)
(TOKYOMAJESTY)
忙しい日程の中、色々と柔軟に対応してくださりありがとうございました。また練習試合など機会があれば宜しくお願いします。3回戦も頑張ってください。
今回は対戦ありがとうございました!また練習試合等で試合をさせていただければと思います!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Tropicana 0 5 ゴリラクリニックベースボール 8月1日(天王洲公園)
4番東の決勝打に清水が圧巻投球!注目の新星ゴリラクリニックが完封デビュー!!
【試合内容】
先攻ゴリラクリニックベースボール、後攻Tropicanaで試合開始。1回表ゴリラクリニックベースボールは1番打者坂本が内野安打にて出塁し1死1.2塁から4番東のレフト前へのタイムリーヒットで1点先制。ゴリラクリニックベースボールの先発はサウスポーの清水。その裏Tropicanaも2番三ツ俣がセンター前ヒットで出塁し、4番塩谷が変化球を捉えライトへ大飛球を放つもライトの好守で無得点。2回表ゴリラクリニックベースボールは2アウトから8番神南がスリーベースヒットで出塁し、9番木村のセンター前ヒットで1点追加。4回表ゴリラクリニックベースボールは8番神南、9番木村、1番坂本の3連打で更に3点追加し、5-0とリードを広げる。追いつきたいTropicanaは4回裏、先頭の4番塩谷がヒットで出塁するも後続が打ち取られ得点ならず。5回表ゴリラクリニックが2死1.2塁とした場面で、Tropicanaはエース菅井から赤坂にスイッチしピンチを凌ぐ。5回裏、Tropicanaは先頭の8番戸田がレフトオーバーのツーベースヒットを放ちチャンスを作るが反撃もここまで。投げては先発清水が5回を投げ3安打に抑え、ゴリラクリニックベースボールの勝利。
【相手チームへ一言】
(Tropicana)
(ゴリラクリニックベースボール)
ゴリラクリニック様、対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
グラウンド確保、審判手配ともにありがとうございました。また機会がございましたら宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
相模KOT'S 4 5 TOKYO UNITY 8月1日(横山公園)
TOKYO UNITYが2回戦突破!最終回追いつかれるも相手ミスを逃さず粘り勝ち!!
【試合内容】
先攻相模KOT'S、後攻TOKYO UNITYで試合開始。1回表に相模KOT'Sが中坪のタイムリーで1点先制。しかしその裏にTOKYO UNITYは相模KOT'S和泉投手の立ち上がりを攻め、2番増田の二塁打から3番田代、4番吉本、5番土方の連続ヒット、7番高木のタイムリー二塁打で一挙4点を取り逆転。相模KOT'Sは2回表に1点、3回表にも井上の2点タイムリーで同点とする。しかし3回裏にTOKYO UNITYが1死満塁のチャンスから相模KOT'Sの挟殺エラーで勝ち越し、時間の関係でこれが決勝点となりTOKYO UNITYの勝利。
【相手チームへ一言】
(相模KOT'S)
(TOKYO UNITY)
TOKYO UNITYの皆様、遠征ありがとうございました。素晴らしい打撃で完敗でした。また機会がありましたらよろしくお願いします。
相模KOT'S様、この度はグラウンド、審判の手配まで対応してくださり、ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ブルースカイA 5 4 ADDAXS 8月1日(千年谷公園)
石野の決勝弾に岩田・和深の投手リレー!ブルースカイAがシーソーゲーム制す!!
【試合内容】
先攻ブルースカイA先発岩田、後攻ADDAXS先発小川で試合開始。1回裏ADDAXSは、1番後藤のヒット、盗塁、3番石川の進塁打でチャンスを作るとワイルドピッチ1点を先制。2回表ブルースカイAは2死から四球で出塁すると、7番松尾の本塁打で逆転。2回裏ADDAXSは8番永木が四球で出塁すると、盗塁送球が逸れる間にホームインし同点。5回表ブルースカイAは、四球、エラーでチャンスを作ると犠牲フライで1点を追加。5回裏ADDAXSは、四球、エラーでチャンスを作り、さらにエラーで1点を追加し同点。7回表ブルースカイAは投手交代した永井から1番笠井(麟)、2番石野の連続本塁打で2点を追加。7回裏ADDAXSは、4番杢内の本塁打で1点を返す。ここで粘り強く投げてきた岩田から和深にスイッチ。和深が後続をなんとか抑え試合終了。5-4でブルースカイAの勝利。
【相手チームへ一言】
(ブルースカイA)
(ADDAXS)
宮崎様、対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
試合会場・審判手配のほど、有難う御座いました。暑い中の白熱したシーソーゲーム!ホームランも多発する、行方の分からない試合…また、オープン戦 宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
市川ホーネッツ 1 8 湾岸ベースボーイズ 8月1日(福栄スポーツ)
松岡の決勝打に加藤が完投勝利!湾岸ベースボーイズが5年連続の3回戦進出!!
【試合内容】
市川ホーネッツ先攻、湾岸ベースボーイズ後攻で試合開始。1回表、市川ホーネッツは1アウト2塁のチャンスで3番泉形の2ベースで1点先制。1回裏、湾岸は2番大林(穂)のレフトへの2ベース、3番大林(日)のライト前ヒット、4番増田のセンター前ヒット、5番松岡の左中間3ベースなどで4得点し逆転に成功する。2回裏、湾岸は1番牧のレフトオーバーランニング2ランホームランで加点。5回裏、湾岸は代打内山のライト柵越え2ランホームランで加点し、8-1と湾岸がリードしたところで時間切れとなり試合終了。湾岸の先発加藤は1安打完投勝利。
【相手チームへ一言】
(市川ホーネッツ)
(湾岸ベースボーイズ)
炎天下の中対戦ありがとうございました。圧巻の打線に脱帽の連続でした。一切手を抜かない姿勢と技術の高さを見習うばかりです。私達にとっては良い勉強の場になりました。
対戦ありがとうございました!また、グランド・審判等手配いただきありがとうございました。今後とも何卒宜しくお願い致します!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
吉岡クラブ 11 2 Kawaguchi Club 8月1日(大宮健保)
4番菊池が逆転決勝弾!吉岡クラブが川口対決を制し2年ぶりの2回戦突破!!
【試合内容】
1回表、Kawaguchi Clubは吉岡クラブ先発の山崎滉太の立ち上がりを攻め、3つの四球とタイムリーで2点先制。その裏吉岡クラブは1番山崎滉太のソロホームラン、4番菊池の2ランホームランで逆転に成功。2回裏、3回裏にも吉岡クラブが得点を重ね、5回時間切れで試合終了。11対2で吉岡クラブが勝利した。
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(Kawaguchi Club)
Kawaguchi Clubの皆様対戦ありがとうございました。今後も連盟等で対戦があると思いますが、よろしくお願い致します。
スケジュール変更ありがとうございました。
次も頑張ってください。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
DOBERMAN 3 6 TABOO 8月1日(大宮健保)
田中が先制弾&完投勝利と投打の活躍!TABOOが1部対決制し3回戦進出!!
【試合内容】
DOBERMANの先発は安竹。初回からTABOOが3番田中のツーランHRで2点を先取するも、その裏DOBERMANも2点を取り同点に追いつく。しかし安竹はカウントを悪くし、ストライクを取りに行った球を痛打され3回5番出町がライトに2点タイムリー、4回に浦田の2点タイムリーなどが出てダメ押し。DOBERMAN打線はチャンスを物にできず、2回戦敗退。TABOO先発田中が今季初勝利をあげ、6-3で勝利。
【相手チームへ一言】
(DOBERMAN)
(TABOO)
対戦ありがとうございました。
グランド、審判手配ありがとうございました!
またよろしくお願いします!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
松竹梅 5 0 相模原ウインズ 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦を直前キャンセルしたため、相模原ウインズの不戦敗。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
佐川グローバルロジスティクス 4 3 Destroyers 7月25日(天王洲公園)
伊藤の決勝打に奥谷の好投!佐川が注目新星Destroyersを退け3回戦進出!!
【試合内容】
先攻佐川グローバルロジスティクス、後攻Destroyersの試合。1回表佐川の攻撃は1番一林の四球と2番須永のライト前ヒットでチャンスを広げると、4番伊藤の内野ゴロが相手のエラーを誘い先制点を上げる。続く5番栗原の内野ゴロで追加点を上げ、初回に2点を先制する。佐川の先発は奥谷。奥谷は2回まで安定した投球を見せる。Destroyersは3回裏、エラーからランナーを出すと、2番照井、3番武田の連打で1点を返す。佐川は5回1番一林のヒットと2番須永の死球でチャンスを作り、3番細川のタイムリーで1点追加、さらに4番伊藤の内野ゴロ間に1点追加する。Destroyersは6回裏3番武田のヒットで塁に出ると、2死1、3塁の好機で7番河村の左中間を破る2点タイムリーで1点差に追い詰めるも、粘り及ばす最後は三振に取って切られゲームセット。佐川グローバルロジスティクスが勝利した。
【相手チームへ一言】
(佐川グローバルロジスティクス)
(Destroyers)
本日は暑い中ありがとうございました。
また機会がありましたら是非宜しくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Revival 5 6 bets 7月25日(大宮健保)
灼熱の攻防はbetsに軍配!サドンデスまで縺れた死闘を制し初の3回戦へ!!
【試合内容】
炎天下の中、Revivalの先攻で始まった試合は初回、Revivalがチャンスを作る。1番岡田、2番白井連続四球のあと相手の投手のボークにより1死2,3塁のチャンスを作るも、Bets邦山の粘りのピッチングにより得点を防ぐ。対するRevival先発山田も無失点を続ける。試合が動いたのは4回、Revaivalは2死から5番須藤にライトオーバーのホームランが飛び出し先制。その裏Betsは4番曾田のタイムリーにより猛攻が始まり、一挙5点を奪い逆転。5回表、Revivalは3連続四死球で無死満塁で1番岡田の犠飛のあと2番白井のライトへの2点タイムリー、4番直井のタイムリー内野安打で同点に追い付く。時間内に試合が決まらずサドンデスとなり、先攻Revaivalは7番谷口からの打順でピッチャーゴロのホームゲッツー。その裏Betsがワイルドピッチでサヨナラ勝ちを収めた。
【相手チームへ一言】
(Revival)
(bets)
bets様対戦ありがとうございました。
また宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
またよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ピエールズ 6 5 パンパース 7月25日(大原公園)
長谷川の決勝打に加藤が粘りの完投!ピエールズ3部強豪下し3回戦進出!!
【試合内容】
先攻ピエールズ、後攻パンパースで迎えた試合は、1回表にピエールズが1点先制する。2回裏パンパースは8番城居と9番丸目の安打で1点を返す。ピエールズは3回、4回、5回表に四死球と武田、長谷川のタイムリー等で計5点を追加。5回裏、パンパースは5番橋口の3ランHRで3点を返す。6-4で迎えた最終回。パンパースは相手のエラーと橋口の安打で1点返すも反撃はここまで。先発加藤が完投し、ピエールズが6-5で逃げ切り勝利を収める。
【相手チームへ一言】
(ピエールズ)
(パンパース)
暑い中、対戦いただきありがとうございました。練習試合含め、今後とも是非対戦をよろしくお願い致します!
グラウンドの手配及び審判手配等色々ありがとうございました。暑い中での試合でしたが、とても良い試合が出来ました。優勝目指して頑張って下さい。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PHOENIX 1 3 KNG 7月25日(土沢野球場)
小林(茉)の決勝弾に池永の完投勝利!KNGが注目の新星対決制し2回戦突破!!
【試合内容】
KNG先攻、PHOENIX後攻で試合開始。PHOENIX先発はエース乄木に大事な初戦を託し、初回から2死3塁とピンチを招くも4番打者を打ち取り切り抜ける。対する攻撃は相手速球右腕の前にチャンスらしいチャンスを作れず劣勢が続く。2回表KNGは小林茉樹の先制2ランで2得点。3回裏PHOENIXは1死から1番井上が相手エラーで出塁し、2死ながら2塁のチャンスで3番乄木。軟式特有のキュルキュル打球がで打者セーフの間に2塁から井上が好走塁で生還。2-1とする。5回表KNGは死球やヒットなどで2死満塁とすると加藤竜也のタイムリーで1得点を重ねる。PHOENIX最後の攻撃も相手投手の気迫の前に一本が出ずゲームセット。KNGバッテリーは池永-田邊。3安打1四死球完投の池永の活躍が目立った。
【相手チームへ一言】
(PHOENIX)
(KNG)
対戦有難うございました!神奈川代表として、次戦番狂わせ起こせるように頑張って下さい!
PHOENIX様グランド、審判の手配有難うございました。今後もOP戦他対戦して頂けると有難いです。暑い中お疲れさまでした。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Friends 3 7 STBC 7月25日(荒川第二)
STBCが初戦突破!岩出・大山のHRなど終盤強力打線が目覚め逆転勝利!!
【試合内容】
初回にSTBCが先制したが、その後Friends打線がつながり3点を奪い逆転。しかし6回表、STBC打線がつながり2本のホームランなどで一挙4得点、7回にも2点を追加し試合終了。STBCが7-3で勝利した。 (取材写真はこちら
【相手チームへ一言】
(Friends)
(STBC)
大変暑い中ありがとうございました!好守備に阻まれ、なかなか流れを持ってこれませんでした。次も頑張ってください。この度はありがとうございました。
グラウンドの確保、審判の手配などありがとうございました。また機会があれば対戦宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
漁火 7 16 TOKYO OVERDOSE 7月23日(大宮健保)
脅威の16得点!乱打戦となった2部対決はTOKYO OVERDOSEに軍配!!
【試合内容】
先攻漁火、後攻東京オーバードーズで試合開始。1回表、漁火は1番菅野の先頭打者ホームランで1点を先制するとヒットと四球でランナーを溜め、7番細畑のタイムリーで初回一挙4点を奪う。その裏オーバードーズは漁火先発牧野の立ち上がりを攻め、5番斎藤の犠牲フライ、7番小野、8番田畑の連続タイムリーなどで6得点と逆転、4-6。2回表漁火はチャンスを作るが一本が出ず無得点。2回裏、オーバードーズは代わった高橋から連続四球でランナーを溜めると、6番小野、2番東條、5番斎藤のタイムリーなどで9得点、4-15。3回表、漁火は菅野のタイムリーなどで3点を返す、7-15。3回裏、オーバードーズは3番井上の犠牲フライで1点を追加、7-16。時間により7-16で東京オーバードーズの勝利。
【相手チームへ一言】
(漁火)
(TOKYO OVERDOSE)
ありがとうございました。また宜しくお願いします。
漁火様、グランド手配ありがとうございました。
また今後とも引き続き宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
青木製作所Snugs 5 0 ダディーズベースボール 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、ダディーズベースボールの不戦敗。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PH 6 15 KGLADS 7月18日(大宮健保)
新星KGLADSが2回戦突破!2HR含む15得点と破壊力抜群の打線を誇示!!
【試合内容】
KGLADS先攻、PH後攻で試合開始。初回、公式戦初先発のPH池田制球が定まらず、KGLADSは満塁のチャンスを作ると、佐藤の押し出し、酒井の2点タイムリー、越後のスリーランホームランで6点を先制する。2回には関口のスリーランホームランで9-0とリードする。しかし、PHも2回・3回・4回と本塁打と連続安打で反撃し、各回2点づつ取り4回終了時点で9対6と追いすがる。突き放したいKGLADSは、5回に酒井のタイムリー、山下の3点タイムリーで4点を奪うと、6回にも佐藤、鈴木のタイムリーで最終的に15-6で勝利した。
【相手チームへ一言】
(PH)
(KGLADS)
KGLADSの皆様、暑い中の対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。
八木様、PHの皆様、本日は対戦ありがとうございました。また、グラウンド・審判も手配いただき助かりました。引き続きよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ちゃんぷるーず 7 3 萩中サンダース 7月18日(大宮健保)
最高峰リーグ王者ちゃんぷるーずが3回戦進出!新タイトル獲得へ好発進!!
【試合内容】
試合前半、ちゃんぷるーずは萩中先発の村林を攻め、相手ミスとホームランで3点を先行。4回に萩中が平澤の押し出しと田村の2点タイムリーで同点に追いつくも、ちゃんぷるーずが再び引き離しゲームセット。結果、7-3でちゃんぷるーずの勝利。
【相手チームへ一言】
(ちゃんぷるーず)
(萩中サンダース)
日程調整など、ありがとうございました。
また機会がありましたら、よろしくお願いします。
ありがとうございました。トーナメントの試合でしたが、雰囲気良い試合ができましたこと、お礼申し上げます。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
川崎余熱savers 1 6 留年バスターズ 7月18日(桜川球場)
大嶺の決勝打に井上の完投!注目の3部新星対決は留年バスターズに軍配!!
【試合内容】
先攻・川崎余熱savers矢竹、後攻・留年バスターズ井上の両先発で12:10試合開始。初回、川崎余熱saversは1番野口が死球で出塁するも、後続が倒れ得点ならず。その裏バスターズは、四球と内野安打で好機を作ると、4番津田の適時打で先制する。続く3回にも、2つの死四球で好機を作り、大嶺、木山の連続二塁適時打などで5点を追加する。反撃したい川崎余熱saversは4回表、4番矢竹が左中間に二塁打、5番横田のサードゴロ悪送球の間に矢竹が生還し、1-6。最終回もチャンスを作るも、得点できず1-6で試合終了。投げては先発の井上がピンチを作りながらも要所を締める投球で5回1失点。留年バスターズが1-6で勝利した。 (取材写真はこちら
【相手チームへ一言】
(川崎余熱savers)
(留年バスターズ)
対戦ありがとうございました!
2回戦も頑張ってください!
本日はありがとうございました。お互い1年前に比べて格段に成長しており嬉しく思います。また、練習試合等よろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
下町Tempest 5 0 スタイガー 7月18日(江戸川第三)
<89tr>
上村の決勝打に市川が完封!下町Tempestが昨季準Vスタイガーから金星!!
【試合内容】
下町Tempest先攻、スタイガー後攻で試合開始。1回表、下町Tempestは1番市川の出塁から3番上村のタイムリー、5番武藤のタイムリーで2点先制。2回裏スタイガーも知花のヒットから川崎が続きチャンスを作るも後続が抑えられ無得点。3回表、下町Tempestは滝澤、上村とチャンスを作ると、4番松本のホームランが飛び出し、その後1点を追加した。投げては先発市川が強力スタイガー打線を6回を投げ2安打に抑え、下町Tempestの勝利。
【相手チームへ一言】
(下町Tempest)
(スタイガー)
スタイガー 小西様、選手の皆様、今回は対戦ありがとうございました。また、日程変更などもご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。これからもよろしくお願い致します。スタイガーさんの分も頑張ります!
武藤様、選手の皆さんこの度は対戦ありがとうございました。また、対戦する機会がありましたらよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BIGFACE 2 6 東京ドナルドダック 7月18日(大宮健保)
小野寺の決勝打に佐藤(守)・根岸の継投!ドナルドダックが4年連続初戦突破!!
【試合内容】
先攻BIG FACEは高木、後攻ドナルドダックは佐藤(守)の両先発で始まる。1回表、BIG FACEは先頭の板垣が2塁打で出塁するも後続が倒れ無得点。その裏のドナルドダックは先頭の児島がライトへの3塁打で出塁すると3番下地の犠牲フライで1点を先制する。さらに2回裏には9番小野寺のタイムリーで2点を追加し、3対0とする。3回表にBIG FACEは4番三井のタイムリーで1点返すも、3回裏にドナルドダックは新田と伊藤のタイムリーなどで3点を追加。5回表にBIG FACEは先頭の1番板垣がこの日3本目のヒットで出塁しチャンスを作るも犠牲フライの1点止まり。最後は最終回から変わった根岸が抑えて、6対2でドナルドダックの勝利。
【相手チームへ一言】
(BIGFACE)
(東京ドナルドダック)
対戦ありがとうございました。
またの機会に宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
CHAORA baseball club 1 2 Bay-fortis 7月18日(市川橋上流)
決勝点はワイルドピッチ!Bay-fortisが注目新星との投手戦制し2回戦進出!!
【試合内容】
CHAORA先攻、Bay-fortis後攻で試合開始。初回Bay-fortisは先頭小池がレフト前ヒットで出塁し盗塁、続く小野寺がバントで3塁まで送り、3番高橋のセカンドゴロの間にランナーが返り1点先制。さらに3回裏に満塁からピッチャー阿賀のワイルドピッチによりBay-fortisが1点を追加し2-0とリードする。対するCHAORAも4回表に3番阿賀の二塁打でチャンスを作り、5番花田のタイムリーにより1点を返す。その後も再三チャンスをつくるも、2併殺等により追加点を奪えず。CHAORAピッチャー阿賀の6回2失点(自責点1)の力投実らず、Bay-fortis が3人の投手の継投で凌ぎきり2-1でゲームセット。
【相手チームへ一言】
(CHAORA baseball club)
(Bay-fortis)
雨天中止&ノーゲームが続いてしまいましたが、ようやく、ようやく!!試合ができて本当に良かったです。タイプの異なる好投手3人に完璧に抑え込まれました。この先も勝ち上がれるよう頑張ってください!
グランド、審判手配などありがとうございました。
是非今後とも練習試合など宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
清瀬ロングコックス 1 5 Nomad.Yankees 7月18日(滝の城址公園)
中村の特大弾から4発の打ち上げ花火!Nomad.Yankeesが一発攻勢で初戦突破!!
【試合内容】
先攻Nomad.Yankees 後攻清瀬ロングコックスで試合開始。初回Nomad.Yankeesは2番山崎の安打から3番中村の特大本塁打で2点を先制。4回表、Nomad.Yankeesは下牧・宮川の連続本塁打で2点を追加。さらに5回表にも菅原に本塁打が飛び出し追加点。5回裏、清瀬ロングコックスは2塁打と相手ミスなどで無死満塁とこの日唯一のチャンスを作るも1点に終わり、5-1でMomad.Yankeesの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(清瀬ロングコックス)
(Nomad.Yankees)
本日は対戦有難うございました!
今後ともよろしくお願いいたします。
対戦ありがとうございました。
またよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
MILLIONS 3 4 SAMURAI.BOYS 7月18日(三郷サンスポ)
林の一時勝ち越し打に荒木の決勝打!SAMURAI.BOYSが3年連続の1回戦突破!!
【試合内容】
サムライボーイズ先攻、ミリオンズ後攻でゲームが始まる。序盤3回まではサムライ篠塚、ミリオンズ俄羽が好投し無得点で試合が進む。試合が動いたのは4回、サムライは池村、篠塚の連続ホームランで先制する。ミリオンズも4、5回とタイムリーで同点にし試合を振り出しに戻す。突き放したいサムライは6回2死から旭一が安打で出塁しピンチランナー旭勇を送ると、盗塁を決めチャンスを広げる。ここでサムライは公式戦初出場の林が期待に応えてタイムリーを放つ。7回にも2死から小松が四球で出塁し盗塁を決め、4番荒木がしぶとくタイムリーを放ち試合を決める。結果、4対3でサムライが勝利。
【相手チームへ一言】
(MILLIONS)
(SAMURAI.BOYS)
対戦ありがとうございました。次戦も頑張ってください。
田中様、ミリオンズの皆様グランド、審判さんの手配ありがとうございます。最後までわからない試合で楽しかったです。今後とも何卒よろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
RED SOX 9 5 SKグリーターズ 7月18日(大宮健保)
村上・田中の投手リレー!REDSOXが3部強豪SKとの打ち合い制し2回戦進出!!
【試合内容】
先攻SKグリーターズ、後攻REDSOXで試合開始。初回SKグリーターズが1点を先制。その裏REDSOXが5点を奪いすぐさま逆転。2回裏にもREDSOXが1点を追加し6-1とする。3回SKグリーターズがホームラン等で3点を返すも、REDSOXも3点を奪い9‐4とする。時間の関係で最終回となった5回にSKグリーターズが1点を返すも、村上からリリーフした田中がしっかり締め、9‐5でREDSOXが勝利した。
【相手チームへ一言】
(RED SOX)
(SKグリーターズ)
本日はありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
この度は対戦ありがとうございました。
またの機会もお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ナイトフィーバーズ 16 13 RED HILL 7月18日(大瀬運動公園)
新星ナイトフィーバーズが初戦突破!真夏の打ち合いは計29得点の乱打戦に!!
【試合内容】
お互いダブルヘッダー2試合目という事で投手不足の中、ナイトフィーバーズ先攻、REDHILL後攻で試合開始。ゲームは両チーム合計7本塁打の乱打戦に。1回表、ナイトフィーバーズは四球、エラー、3本のタイムリーなどで4点を先制するもその裏、RED HILLは2本のHRなどで8点を取り返す。その後お互い点を取り合う乱打戦となり、結果16-13でナイトフィーバーズが勝利する。ナイトフィーバーズは3人の継投策、レッドヒルは廣川1人の力投で進行し、気温、試合とも熱い1日となった。
【相手チームへ一言】
(ナイトフィーバーズ)
(RED HILL)
RED HILLの皆様、過密なスケジュールの中、日程調整、遠方よりありがとうございました。
ナイトフィーバーズ様ご多忙の中、日時調整ありがとうございました。また、炎天下の中お疲れ様でした。今後ともよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
bets 14 0 Vichyssoise 7月18日(大宮健保)
中村の決勝打から3HR含む14得点!betsがコールド勝ち収め2年連続初戦突破!!
【試合内容】
高気温の中、試合が始まり初回はお互い0点でスタートした。2回ベッツ中村のセンターへのタイムリーで均衡が破れると、そこからベッツ打線が奮起し、3本のホームランを含む14得点で5回コールドという結果で幕を閉じた。
【相手チームへ一言】
(bets)
(Vichyssoise)
グラウンド手配、対戦ありがとうございました。
また機会がございましたら是非よろしくお願いします。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ablaze 2 1 アンドバランス 7月18日(大宮健保)
奥田の初回先制弾を守り抜く!新星ablazeが緊迫の投手戦を制し2回戦進出!!
【試合内容】
ablaze先攻、アンドバランス後攻で試合開始。ablazeは初回、3番奥田のツーランホームランで2点を先制する。対するアンドバランスは1回裏に1アウト満塁のチャンスを作るも無得点。その後アンドバランス先発吉岡がablaze打線を6回まで0で抑える。アンドバランスは3回裏に歌川(竜)のホームランで1点返す。その後何度もチャンスを作るものの後1本が出ず、ablazeが2-1と接戦を制した。
【相手チームへ一言】
(ablaze)
(アンドバランス)
対戦ありがとうございました。
対戦ありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
WILL BASEBALL CLUB 10 1 霞祭 7月18日(大宮健保)
下里・池田の投手リレーに石西のHR等10得点!WILLが3年ぶりの初戦突破!!
【試合内容】
先攻霞祭・三井、後攻WILL B.C・下里の両先発で試合開始。WILL B.Cは初回から4回まで先発下里が好投し、ヒットを許すもテンポ良のいい投球で野手陣の好守を味方につけ無失点。攻撃は4番石西のホームラン、3番木田、9番中島のタイムリースリーベース等で3回までに8得点。霞祭は3回に8番賀山、9番上田、4回に3番筒井、4番長竹がヒットで出塁するも後が続かず無得点。WILL B.Cは5回に9番高田のタイムリーヒットで1点を追加すると、霞祭は6回表からリリーフしたWILL B.C池田を捕らえ2番前田のヒット、3番筒井タイムリーツーベースの連続安打で1点を返す。6回裏にWILL B.Cが4番石西のタイムリーツーベースで1点を追加し、7回はWILL B.C池田が3人で抑え試合終了。10対1でWILL B.Cの勝利。
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(霞祭)
霞祭代表植田様、チームの皆様。日程につきましてご調整頂きありがとうございました。練習試合等、今後ともお付き合いの程宜しくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
NITORO 1 5 佐川グローバルロジスティクス 7月11日(大宮健保)
4番伊藤の決勝打にエース奥谷の完投!投打の主役が輝いた佐川が1回戦突破!!
【試合内容】
先攻NITORO、後攻佐川グローバルロジスティクスで始まった試合、佐川の先発は奥谷。1回表NITORO打線をリズムよく3人で切って上々の立ち上がりを見せる。その裏佐川の攻撃、2番須永が四球で出塁すると、3番細川がライトオーバーの3塁打で先制する。続く4番伊藤もライトオーバーの3塁打を放ち、初回に2点を先制する。2回裏には8番鈴木、9番徳島の連続四球から2番須永のライト前ヒットで2点を追加。さらに4回裏には7番森の死球からチャンスを作り9番徳島の絶妙なセフティーバントでチャンスを広げると、1番一林の犠牲フライで貴重な1点を追加する。先発の奥谷は5回まで要所を押さえていたが、6回表にNITORO1番木内に一発を浴び失点を許すが、後続をピシャリと抑え6回89球2四球1失点の内容で完投した。
(取材写真はこちら
【相手チームへ一言】
(NITORO)
(佐川グローバルロジスティクス)
日程調整大変な所試合をして頂きありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
本日はありがとうございました。みなさん礼儀正しく、楽しく野球しているのがとても良かったです。また、グランド手配など助かりました。今後ともオープン戦など是非宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BOOOOON 1 5 T-Five 7月11日(大宮健保)
深澤の決勝弾に酒寄・黒木の投手リレー!躍進誓うT-Fiveが2年ぶり初戦突破!!
【試合内容】
先攻T-Five酒寄、後攻BOOOOON渡辺の両先発で試合開始。T-Fiveは3回に深澤のスリーランホームランで3点を先制する。BOOOOONは八木にスイッチするもT-Fiveが5回に加点。BOOOOONは再三チャンスを作るも1点を返すのみ。投げては酒寄・黒木の投手リレーで繋ぎ、5対1でT-Fiveの勝利。 (取材写真はこちら
【相手チームへ一言】
(BOOOOON)
(T-Five)
小宮様、T-Fiveの皆様 対戦ありがとうございました。どの面を見ても完敗でした。今後ともよろしくお願いいたします。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ビッグホーンズ 8 5 ジョルターヘッズ 7月11日(大宮健保)
大園の決勝3ランに松山が粘投!新星ビッグホーンズがVictoria初勝利を飾る!!
【試合内容】
ビッグホーンズ松山、ジョルターヘッズ太田の先発。初回ビッグホーンズは1番佐藤がいきなりホームランかと思ったが、ジョルターヘッズの中継プレーで本塁封死。しかし続く2番大園が二塁打でチャンスを作ると、3番豊田のタイムリー三塁打で先制する。さらに4回、四球3つで満塁のチャンス。ここで太田から赤坂にスイッチするも、バッテリーエラーで追加点を挙げる。さらに1番佐藤がタイムリー三塁打を放ち追加点。続く2番大園もタイムリー二塁打を放ちこの回4点を挙げる。追うジョルターヘッズは5回、1番鈴木の本塁打で1点を返す。6回ビッグホーンズは代わった相澤を攻めチャンスを作ると、2番大園がスリーランを放ち突き放す。最終回、ジョルターヘッズは一死満塁のチャンス。ここでエラーで1点を返すと、3番藤松がスリーランを放ち3点差に詰め寄る。さらに攻め二死ながら一二塁と同点のチャンスを掴むも松山がしのぎ切り、8-5でビッグホーンズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ビッグホーンズ)
(ジョルターヘッズ)
この度はご対戦ありがとうございました。又、オープン戦等機会がございましたら宜しくお願い致します。
ビッグホーンズ様、諸々ご手配ありがとうございました。
完敗です。今後ともよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Tropicana 4 3 SCRATCH 7月11日(大宮健保)
菅井の力投に池田がサヨナラ打!Tropicanaが劇的勝利で4年連続初戦突破!!
【試合内容】
先攻SCRATCH、後攻Tropicanaで試合開始。3回表Tropicanaは3番鷲谷のタイムリーとエンドランで2点先制。追いつきたいSCRATCHは5回表にランナーを貯め、ワイルドピッチとタイムリーで2-2の同点に追いつく。時間の関係上6回からサドンデスに突入し、SCRATCHはセンターへのタイムリーで1点勝ち越すが、その裏Tropicanaも8番小室がエンドランを決め同点とする。7回表はTropicanaのエース菅井が踏ん張ると、その裏1番池田がライトへサヨナラ打を放ち、4-3でTropicanaが勝利した。
【相手チームへ一言】
(Tropicana)
(SCRATCH)
幸山様、チームの皆様雨の中ありがとうございました。最後の最後までどちらに転んでもおかしくない試合でした。今度共宜しくお願い致します!
日程調整及びグランドの手配等、ご尽力いただきありがとうございました。豪雨の中断等もありましたが、何とか最後まで痺れる試合ができ楽しかったです。また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
はちみつハニー 6 3 MilkyWave 7月11日(大宮健保)
高橋の一時逆転打に今藤渓の決勝弾!はちみつハニーが2年連続2回戦進出!!
【試合内容】
はちみつハニー先攻、MilkyWave後攻で試合開始。1回裏、MilkyWaveはハニー先発の今藤稜の立ち上がりを攻め、4番堀田のライトへの犠牲フライで1点を先制。2回裏にも6番荒川が二塁打で出塁すると、8番片山の内野ゴロの間に追加点を挙げ2点差に。反撃したいハニーは3回表、MilkyWave先発関の制球の乱れの隙をつき、4番高橋のタイムリーで3-2と逆転に成功。さらに4回表には8番今藤渓がライトへ2点本塁打を放ち、5-2とさらにリードを広げていく。6回は共に1点追加して6-3となり、時間のためここで試合終了。はちみつハニーが逆転勝利で2回戦にコマを進めた。
【相手チームへ一言】
(はちみつハニー)
(MilkyWave)
本日は前日の天候悪い中、ありがとうございました。
引き続きどうぞよろしくお願い致します。
ご対戦ありがとうございました。またの機会がございましたらよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ユトリジェネレーションズ 2 12 Tommys baseballclub 7月11日(小田球場)
塩田の完投に早馬の特大満塁弾!Tommys b.cがコールド勝ち収め初戦突破!!
【試合内容】
先攻ユトリジェネレーションズ、後攻Tommysで試合開始。初回ユトリの攻撃は三者凡退。Tommysはその裏、満塁から押し出しと内野安打で2点先制する。対するユトリも2回表、4番井上がサード内野安打で出塁、続く山田が四球。1アウト後、8番小平の打席でパスボールでそれぞれ進塁し、1アウト2.3塁。4球目をライト前へタイムリー。一気に2塁ランナー山田が一気にホームをつくも、タッチアウト。後続倒れ、1点止まり。その裏Tommysは満塁から5番安本の走者一掃のタイムリーツーベースで3点追加する。3回裏、ユトリはピッチャー伊勢田に交代。しかしTommysが1番加賀のタイムリー等で3点追加。ユトリは6回表、先頭の1番伊勢田がライトオーバーの二塁打。2番飯沼のボテボテのサードゴロの間に3塁進塁で、1アウト3塁。3番市田がセンターへの犠牲フライで、1点を返す。しかしその裏、Tommysは8番早馬の特大グランドスラムで4点。大会規定の10点差がつき、Tommysがコールド勝ちした。投げては塩田が6回2失点完投勝利。
【相手チームへ一言】
(ユトリジェネレーションズ)
(Tommys baseballclub)
対戦ありがとうございました。守備面での安定感はさすがだなと感じました。また機会が御座いましたら、よろしくお願い致します。
ユトリジェネレーションズの皆様、この度は対戦ありがとうございました。グランド手配ありがとうございました。また機会がありましたら宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
KNG 7 1 東京Ablaze 7月11日(大神スポーツ)
加藤兄弟の活躍に池永・田邊の投手リレー!KNGが注目の新星対決制し2回戦進出!!
【試合内容】
東京Ablaze先攻、KNG後攻で試合開始。1回裏KNGは加藤誠也(弟)、加藤竜也(兄)の兄弟タイムリーで3得点。3回裏にも加藤竜也が今日3打点目を挙げ4-0とする。5回表、東京Ablazeは2アウトから四球のランナーを2ベースヒットで返し4-1。直後の5回裏、四球のランナーを佐藤、高橋のタイムリーで返し3得点、7-1。先発池永が2安打1失点で勝ち投手に。6.7回を田邊が抑えゲームセット。KNGが初戦を突破し2回戦に進出。
【相手チームへ一言】
(KNG)
(東京Ablaze)
東京Ablaze様 グランドが遠い中お越しいただき有難うございました。また何かの機会に対戦できることがあれば宜しくお願いします。お疲れさまでした。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
パンパース 20 2 がんばらんば本舗 7月11日(芝公園)
4HR含む17安打20得点!3部で予選全勝と波に乗るパンパースがコールド発進!!
【試合内容】
先攻パンパース、後攻がんばらんば本舗で迎えた試合は1番小島の先頭打者HRを皮切りに、3番関川の2ランHRを含む打者一巡の猛攻でパンパースが10点を先制。2回表、8番佐藤の2ランHRで2点を追加。3回表、2番永井、3番関川、4番斉藤の3者連続安打後、5番小野田(文)の3ランHR、5番橋口の2者連続安打で5点を追加。4回表、4番斉藤の3ランHRで3点を追加。計17安打 4HRで20得点をした。がんばらんば本舗は最終回に平山のホームラン等で取り返すも時すでに遅し。投げては先発小野田(文)が3回1失点。小野田(幸)が1回1失点でパンパースが20-2で勝利した。
【相手チームへ一言】
(パンパース)
(がんばらんば本舗)
猛暑の中、ご対戦いただき誠にありがとうございました。
是非また機会がございましたら宜しくお願い致します。
暑い中対戦ありがとうございました!個人の力量、チームワーク含め圧倒されました!頂点目指して頑張ってください。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ワイルドスピリッツ 2 9 MKY88 7月11日(大宮健保)
5投手継投に加崎のHR等で9得点!2016年王者MKY88が4年ぶりの初戦突破!!
【試合内容】
先攻MKY88、後攻ワイルドスピリッツで試合開始。1回表、MKY88は加崎のホームランを含む猛攻でいきなり4点を先制。1回裏ワイルドスピリッツは三者凡退に抑えられる。2回以降ワイルドスピリッツ先発目崎は立ち直り、2回3回と無失点に抑える。3回裏ワイルドスピリッツ先頭の7番古川がライトへのツーベースで出塁。しかし後続続かず、無得点で終わってしまう。5回表MKY88の攻撃は、四球や2本のツーベースでさらに4点、6回にも1点を追加する。ワイルドスピリッツは5回に鈴木、6回に高橋(涼)のタイムリーで1点ずつ返すも反撃もここまで。投げては5人の投手リレーでワイルドスピリッツの反撃を交わし、9対2でMKY88が勝利した。
【相手チームへ一言】
(ワイルドスピリッツ)
(MKY88)
MKY88の皆様、本日は対戦ありがとうございました!
完敗です。今後ともよろしくお願いします。
グランド、審判の手配等ありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ベーランズ 8 0 それゆけ!目黒ココナッツ 7月11日(六郷橋緑地)
ベーランズが2年連続初戦突破!初回一挙7得点の猛攻に山本が完封シャットアウト!!
【試合内容】
初回にベーランズが相手のミスや四球に乗じて一挙7点をあげる。調子づいたベーランズは守備でランナーを出しつつも、要所を締めて無失点イニングを重ねる。一方で目黒ココナッツは二番手左腕にスイッチし、巧みなピッチングでベーランズ打線を翻弄する。お互いが攻めあぐねる中、30度を超える暑さに苦しみつつも、最終的にはベーランズ先発山本が完封勝利。ベーランズが初戦を突破した。
【相手チームへ一言】
(ベーランズ)
(それゆけ!目黒ココナッツ)
色々とご調整いただき、対戦期限内に試合することが出来感謝しております。またの機会に是非対戦をよろしくお願いいたします。
杉山様、対戦ありがとうございました!不安定な天候が続く中、グラウンド手配も加えて感謝いたします。完敗でした!またいつかリベンジさせて下さい!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Big Dipper 2 6 Kawaguchi Club 7月11日(大宮健保)
木下の決勝打に橋本のダメ押し弾!KawaguchiClubが2017年のリベンジ果たす!!
【試合内容】
「Kawaguchi Club VS Big Dipper」は2017年3部リーグ決勝トーナメント準決勝以来の対戦となり、先攻カワクラでプレイボール。両チーム無難な立ち上がりで迎えた2回表、カワクラは村田がヒットで出塁、盗塁を決め、高橋のタイムリー2ベースで先制。その後死球で1,2塁とすると辻のタイムリーで2点目をあげる。3回4回と無得点で迎えた5回表、カワクラは橋本のヒットと木下の3ベースで1点追加する。4回までノーヒットに抑えられていたBig Dipperは、阿部のヒットと矢内のホームランで1点差に詰め寄る。6回カワクラは代わった山田から2四死球でチャンスを作ると橋本のスリーランが出て3点を追加。その後は両チーム無得点となり、6-2でカワクラが初戦勝利した。
【相手チームへ一言】
(Big Dipper)
(Kawaguchi Club)
松本様・チームの皆様、対戦ありがとうございました。また機会があれば宜しくお願い致します。
村上様、暑い中ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ブルーサンダース 1 3 DOBERMAN 6月27日(大宮健保)
笠井の決勝弾に安竹の完投勝利!DOBERMANが強豪を逆転で下し2回戦進出!!
【試合内容】
序盤から両先発による投手戦となったこの試合。ブルーサンダースが4回表に1点を先制するも、その裏にドーベルマンもすぐさま1点を奪取。その後5回裏に3番笠井のライトオーバーとなるランニングホームランがツーランとなり2点を追加し3-1。ドーベルマン先発の安竹がその後も危なげない投球で7回を1失点でまとめ、勝利に大きく貢献した。
【相手チームへ一言】
(ブルーサンダース)
(DOBERMAN)
DOBERMANの皆様、本日は対戦ありがとうございました。
また機会あればよろしくお願いいたします。
対戦ありがとうございました!
また、グラウンド、審判さん手配ありがとうございました!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
三晃クラブ 4 4 AG DOGS 6月27日(大宮健保)
矢崎が価値ある同点打!三晃クラブが土壇場で追いつきジャンケン決着制す!!
【試合内容】
三晃クラブ先攻、AG DOGS後攻。1回表、3番山下のレフトへの3塁打と悪送球で三晃クラブが先制1-0。1回裏、2死満塁から6番小野寺がセンターへ2点タイムリーを放ち1-2、AG DOGSが逆転。AG DOGSは5回にも大久保のタイムリーなどで2点追加し1-4。6回表、三晃クラブは間彦のタイムリーで1点返すと、7回表には2死2、3塁で矢崎がセンターへ2点タイムリーを放ち、三晃クラブが同点に追いつく4-4。グランド使用時間の関係でじゃんけんを制した三晃クラブが2回戦に進出した。
【相手チームへ一言】
(三晃クラブ)
(AG DOGS)
AG DOGS 大久保様、選手の皆様本日は日程調整と対戦ありがとうございました。本日は同点で時間がなくジャンケンで勝たせて頂き申し訳ございません。又お互い都合が良い時に対戦をお願い致します。
引き締まったいい試合が出来て良かったです。
ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
松竹梅 7 1 Dandelion 6月27日(内山運動公園)
注目の新星対決は松竹梅に軍配!序盤から巧みな試合運びを見せ快勝スタート!!
【試合内容】
序盤から松竹梅がリードする展開に。Dandelionは2回に四死球でピンチを作り、ヒットを浴びる最悪の形で4失点。攻撃では松竹梅の好投手に翻弄され三振の山...3回に2点、4回に1点を取られ、7-0で迎えた最終回の表の攻撃、先頭が打ち取られるも、Dandelionの投手も意地の四球で出塁。後続も四球で出塁し、2アウトランナー1,2塁でダブルスチールエンドラン。相手ショートの深いところにDandelionの切込隊長が強打。1塁セーフの間に2塁ランナーはホーム生還。追加点を奪えず、時間のため5回終了7-1でゲームセット。
【相手チームへ一言】
(松竹梅)
(Dandelion)
遠いい所からお越しいただきありがとうございます!!次はこちらから伺わさせて頂きます!!対戦、ありがとうございました!!
とても貴重な経験をさせていただきました。こんなに良いチームと試合できたことに感謝です。勝って、勝って、勝ち続けてください!対戦ありがとうございました!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ダディーズベースボール 8 6 Dangers 6月27日(関戸公園)
西田の決勝弾に篠宮のダメ押し打!ダディーズが乱打戦制し2年ぶり初戦突破!!
【試合内容】
Dangers先攻、ダディーズ後攻。3回裏ダディーズは相手のミスで3点を先制。4回表Dangersは相手のミスと6番の満塁ホームランで逆転。4回裏3番日景の内野ゴロ、相手のミス、5番平澤のタイムリーヒットで逆転。6回表4番のソロホームランでDangersが同点に追いつく。6回裏2番西田のソロホームランと4番篠宮のタイムリーヒットで勝ち越し。ダディーズが長谷川、西田の継投でシーソーゲームを勝利した。
【相手チームへ一言】
(ダディーズベースボール)
(Dangers)
瀧澤様、チームの皆様 グラウンド、審判の手配などありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
白熱した試合をありがとうございました!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ブルースカイA 3 1 鷲球クラブ 6月27日(坂戸運動公園)
永嶋の決勝打に岩田が完投勝利!ブルースカイAが逆転勝ち収め1回戦突破!!
【試合内容】
先攻ブルースカイA、後攻鷲球クラブで試合開始。1、2回は両軍ともチャンスは作るも無得点。3回裏、2死3塁からショートゴロエラーで鷲球クラブが1点先制。ブルースカイAは3、4回もチャンスにあと1本が出ず無得点。しかし、5回表、四球とエラーで2死3塁2塁から永嶋の2点タイムリーで2対1で逆転。7回表にも岩田の犠牲フライで得点し、3対1。投げては岩田が1失点で押さえ完投勝利。
【相手チームへ一言】
(ブルースカイA)
(鷲球クラブ)
恩田様、対戦ありがとうございました。ならびに審判、グランドの手配ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
永嶋様、対戦ありがとうございました。緊張感のある試合で良い経験ができました。今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
相模KOT'S 7 2 三鷹Practice 6月27日(大宮健保)
エース泉が圧巻の完投勝利!相模KOT'Sが3年連続となるサマー初戦突破!!
【試合内容】
相模KOT'S泉投手、三鷹practice加藤投手で試合開始。1回表、三鷹practiceは相手のエラーと四球から1死満塁のチャンスを作ると、6番國分のセンター前タイムリーで2点を先制。相模KOT'Sは2回以降先発の泉投手が2本しかヒットを許さず、試合を作る。追いつきたい相模KOT'Sは3回裏に門口のライト前から阿部のライト前タイムリーと泉のライト前タイムリーで同点とする。5回には吉田(直)内野安打と泉のサード強襲などでチャンスを作ると、荒井のサードゴロエラーで2点勝ち越し。さらに西川の2点ライト前タイムリーで突き放す。6回には代打吉田(正)のセンターオーバー三塁打からスクイズエンドランを失敗するも、阿部のライト前と吉田(直)の右中間二塁打で1点追加。泉が初回以降は三鷹practice打線を完璧に抑え、7-2で相模KOT'Sの勝利。三鷹Practiceは投打の中心中西を怪我で欠き、苦しい展開となり敗戦。
【相手チームへ一言】
(相模KOT'S)
(三鷹Practice)
三鷹practiceの皆様、遠征ありがとうございました。
また機会がありましたら、よろしくお願いします。
相模KOT'S様、グラウンド取得ありがとうございました!なんとか天気もよく試合ができ、とてもよかったです。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PH 4 4 NexuS 6月27日(大宮健保)
柴田が値千金の同点打!PHがジャンケンにまで縺れた互角の好勝負を制す!!
【試合内容】
先攻PH、後攻NexuSで試合開始。初回両投手は無得点に抑え、まずまずの立ち上がりをみせる。2回NexuSは、出塁から3盗を決め好機を作ると、ここでPHバッテリーのスキをつくホームスチールで先制する。2回以降PHも好機は作るものの、あと1本が出ず本塁が遠い。終盤6回ようやくPHは、四球から1アウト満塁の最大の好機を迎え、9番柴田があわやセンターオーバーの当たりを好捕されるが、タッチアップで同点に追い付く。7回もお互い無得点に終わり、タイブレークとなる。先攻PHは、押し出しと内野安打で3点を先取、後攻NexuSは、右中間を破る3塁打で一気に3点をあげ、尚もサヨナラの好機を迎えるも三振と外野フライに倒れ同点のまま試合終了。規定によりジャンケンにてPHが勝利。
【相手チームへ一言】
(PH)
(NexuS)
NexuSの皆様、対戦ありがとうございました。最後はバタバタしてしまい大変申し訳ありませんでした。今後とも宜しくお願いします。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
萩中サンダース 3 1 KEBOZ BASEBALL CLUB 6月27日(萩中公園)
蛯名の決勝打に野口・村林の投手リレー!萩中が3年ぶりのサマー初戦突破!!
【試合内容】
試合は初回、2回とピンチをしのいだ萩中サンダースが2回裏に相澤の押し出しと蛯名のタイムリーで3点を先制。そのリードを野口、村林の継投で1失点で守り抜き勝利。
【相手チームへ一言】
(萩中サンダース)
(KEBOZ BASEBALL CLUB)
ありがとうございました。素晴らしいバッテリーを中心とした良いチームとまたひとつ出会えました。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
TOKYOMAJESTY 5 0 わりと平和主義 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、わりと平和主義の不戦敗。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
湾岸ベースボーイズ 5 0 OCEANS9 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、OCEANS9の不戦敗。