TOP > サマーカップ2020 > トーナメント表
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
スタイガー 9 3 CHUYANS+ 8月2日(江戸川区球場)
スタイガーが3年連続でサマー2回戦突破!強豪キラーに1部の実力を誇示!!
【試合内容】
CHUYANS+先攻、スタイガー後攻で試合開始。1回裏スタイガーが村上(慶)の2ベースヒットから相手のミスにつけ込み1点先制。2回裏スタイガーの攻撃、連続四球の後またも村上(慶)のヒットで追加点。3回にもスタイガーが追加点をあげ完全にスタイガーペース。しかし4回表、CHUYANS+も反撃。連続ヒットから桑田 小川の連続2ベースヒットで3点を返す。その裏スタイガーも追加点をあげ引き離しそのまま試合終了。スタイガーの勝利。
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(CHUYANS+)
中溝様、選手の皆さんこの度は対戦ありがとうございました。また、対戦する機会があると思いますのでよろしくお願いいたします。
小西様、スタイガーの皆様、素晴らしい球場の確保、並びに対戦ありがとうございました。不甲斐ない内容の試合となり申し訳ありません。出直してきますので、今後ともよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ジョルターヘッズ 5 5 SAMURAI.BOYS 8月2日(大宮健保)
池村が値千金の同点弾!SAMURAIがジャンケン決着を制し初の3回戦進出!!
【試合内容】
サムライボーイズ石崎投手、ジョルターヘッズ大橋投手の両右腕でゲームスタート。初回、SAMURAI.BOYSは無得点。その裏ジョルターヘッズは、1番鈴木の右越二塁打、2番平田の送りバントが相手のミスを誘い、無死2、3塁のチャンスを掴む。続く3番藤松が右越スリーランホームランを放ち、初回に3点を先制する。しかし3回表、追いつきたいSAMURAI.BOYSは2死から四死球でチャンスを掴み、4番荒木、5番小松のタイムリーヒットで2点を返す。直後の3回裏、ジョルターヘッズは、先頭の1番鈴木が四球で出塁すると、2番平田が右越二塁打を放ちチャンスメイク。ここで3番藤松のセカンドゴロの間に1点を追加する。再び試合が動いたのは5回裏、ジョルターヘッズ先頭9番代打の太田が死球で出塁すると、盗塁とエラーで3塁まで進み、その後2死3塁となる。ここで3番藤松がライトへタイムリーを放ち1点を追加する。3点差となったが直後の6回表、SAMURAI.BOYSは先頭の5番小松が右越三塁打でチャンスメイク。7番石崎のショートゴロの間に1点を返す。そして最終回の7回表、1死から2番旭の四球の後、3番池村に同点2ランホームランが飛び出し土壇場で同点に追いつく。ジョルターヘッズはその裏、2番平田、4番土田のヒットでチャンスを作るも6回からリリーフした並木投手が抑え無得点。時間により5-5の引き分け。ここからじゃんけん決戦となり、5-4でSAMURAI.BOYS勝利。
【相手チームへ一言】
(ジョルターヘッズ)
(SAMURAI.BOYS)
SAMURAI.BOYSさん、ご対戦ありがとうございました。あの場面で同点ホームランを打った池村さん、ナイスバッティングでした!今後ともよろしくお願い致します。
ジョルターの皆様、小関様グランド、審判さんの手配ありがとうございます。とても楽しい試合でチームメイトの笑顔が見れて良かったです。今後ともジョルターさんを目標のチームとして活動していきます。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
湾岸ベースボーイズ 11 1 セカンドステージ 8月2日(大宮健保)
藤原の好投に藤野の決勝打!湾岸がコールド勝利で4年連続の2回戦突破!!
【試合内容】
先攻セカンドステージは宮澤、後攻湾岸ベースボーイズは藤原の両先発で試合開始。1回裏、湾岸は4番宮島の内野ゴロで1点先制し、5番藤野のタイムリーヒットで1点追加。続く6番小向もヒットで続くが後続倒れ2点止まり。2回表、セカンドステージは5番西沢のホームランで1点返す。2回裏、湾岸は1番胡麻の内野安打、3番増田のレフト前ヒット、5番藤野の3ベース、6番小向の2ベースに四球も絡み7得点し突き放す。4回裏、増田2ベース、宮島ヒット、藤野2ベース、小向2ベース、大林(穂)の犠牲フライなどで4得点しコールドゲーム成立となり、湾岸が勝利。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(セカンドステージ)
対戦ありがとうございました!
また今後も宜しくお願い致します!
宮島様、スケジュール調整ありがとうございました!湾岸ベースボーイズの皆様対戦ありがとうございました!今後とも宜しくお願い申し上げます。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
はちみつハニー 1 0 佐川グローバルロジスティクス 8月2日(滝ヶ原運動場)
稜・渓の今藤兄弟リレー!はちみつハニーが佐川を完封で下し2回戦進出!!
【試合内容】
佐川グローバルロジスティクス先攻、はちみつハニー後攻でプレイボール。佐川は2回以降毎回先頭打者を出塁させるも、はちみつハニー先発の今藤稜を中心とした守りの前に、なかなか得点が奪えない。一方、佐川先発の伊藤も順調な立ち上がりを見せる。3回まで完全に抑えられていたはちみつハニーだったが、4回裏に1番須藤・2番中嶋の連続安打で0アウト1塁3塁を作ると、1アウトから4番小川の内野安打の間に先制点を奪う。その後も両投手好投が続き、佐川は6回表に0アウト2塁3塁の大チャンスを作るも、はちみつハニーはその回も無得点で切り抜けると、7回表を今藤渓が何とか無失点で抑えて逃げ切った。佐川は毎回ランナーを出すが、あと一本が出ず、打線が奮わなかった。
【相手チームへ一言】
(はちみつハニー)
(佐川グローバルロジスティクス)
本日はお忙しい中、またハードスケジュールの中試合をして頂いてありがとうございました。今後も引き続き宜しくお願い致します。
今藤様、グランド等の手配ありがとうございました。頑張って下さい!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
クーニンズ 9 1 RED HILL 8月2日(三郷サンスポ)
4番工藤が先制弾!2017王者クーニンズが快勝を飾り好スタート切る!!
【試合内容】
クーニンズ先攻、REDHILL後攻で試合がスタート。初回クーニンズの攻撃、4番工藤のランニングホームランで2点先制。対するREDHILLは7番打者のソロホームランで1点を返すが、クーニンズが3回に一挙5点の追加点をあげる。その後も引き離しゲームセット。9-1でクーニンズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(クーニンズ)
(RED HILL)
この度は日時変更への柔軟なご対応、誠にありがとうございました。ぜひ今後ともよろしくお願いいたします。
クーニンズの皆様、この度はご対戦ありがとうございました。またグランド、審判さん手配もありがとうございました。さすが強豪クーニンズさんだと感じてしまいました。完敗でした。次戦も是非頑張って下さい。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Nomad.Yankees 3 4 ユニティー 8月2日(大宮健保)
土屋が決勝打!ユニティーがNomadを逆転で下し2年連続の1回戦突破!!
【試合内容】
梅雨明けの酷暑の中、11時に両チームとも左腕の先発で試合開始。2回表、Nomado.Yankeesは二死から安打と四球で1・2塁とし、大西選手が豪快に右越え三塁打を放ち2点先制。4回表にも山崎選手が好走塁で左前打を二塁打とし、高津選手の右前打で3点目。その裏、ユニティーは二死三塁から近江の遊撃への内野安打でようやく1点。近江が二盗が成功し寺内の右前打で2点差と詰め寄り、四球とバッテリーミスで二死2・3塁としたところで土屋が投、一、ニのトライアングルゾーンに内野安打。ニ走者が生還する幸運な展開で逆転に成功し、そのまま逃げ切った。
【相手チームへ一言】
(Nomad.Yankees)
(ユニティー)
 
Nomado.Yankees様、対戦ありがとうございました。それ以上に、今回は前週の雨天中止から迅速にグラウンドと審判の手配をしていただき本当にありがとうございました。また対戦できる機会がございましたらよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
全力ルパン 4 5 ADDAXS 8月2日(調布西町)
シーソーゲームの決着は辻のサヨナラ打!春に続きADDAXSが1点差ゲーム制す!!
【試合内容】
先攻全力ルパン山本、後攻ADDAXS小川の先発でプレーボール。初回、全力ルパンは2つの四球から1アウト1、3塁のチャンスを作ると、4番清水のレフト前ヒットと押し出しで2点を先制する。ルパン先発山本はテンポのいいピッチングを続けるが、ADDAXS打線が反撃開始。3回、8番永木の2塁打から1番児玉のタイムリー、さらにWPも絡んで同点に追いつく。全力ルパンは4回、1番小出の犠牲フライで勝ち越すも、ADDAXS5番石川のタイムリーや7番村井のエンドランが成功し、お互い一進一退を繰り返す。シーソーゲームになった試合は最終回、ADDAXS4番出川が安打を放つと、盗塁を決めて無死2塁。石川が進塁打を打ち、3塁へ進めると、6番辻が安打を放ち、ADDAXSがサヨナラで試合を決めた。
【相手チームへ一言】
(全力ルパン)
(ADDAXS)
本日はありがとうございました。スプリングに引き続きまさかの同カードで前回と同じ様な試合展開で痺れる試合でした!!また出直します!!これからも末長くお付き合いよろしくお願い致します!!次の試合も頑張ってください!!
雨天続きの対戦。ようやく梅雨明けし対戦が出来ました。グランド、審判手配等 有難う御座いました。また、宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
TABOO 10 2 Tommys baseballclub 8月2日(小豆沢公園)
田中の2打席連発に永富の完投勝利!TABOOが5年連続でサマー初戦突破!!
【試合内容】
タブーが初回に3点をあげる。トミーズも負けじとツーランHRで追い上げる。その後は田中の2打席連続HR等でタブーの打線が爆発し大量得点。投げては永富が2失点するも完投勝利。
【相手チームへ一言】
(TABOO)
(Tommys baseballclub)
無理な都合に合わせて頂きありがとうござます!
またよろしくお願いします!
対戦ありがとうございました!完敗でした。いつも楽しい試合ありがとうございます。今後とも宜しくお願いします!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ダディーズベースボール 2 6 La.Men 8月2日(大宮健保)
La.Menが土壇場で追いつく!サドンデス制し2年連続でサマー1回戦を突破!!
【試合内容】
先攻La.Men、後攻ダディーズで試合開始。1回は共に無失点で抑える。先制したのはダディーズ。2回裏、5番篠宮がツーベースを放ち、2死三塁から8番荒木がタイムリーヒットで先制。続く3回裏も2番日景がヒットで出るとすかさず盗塁。キャッチャーの送球が逸れる間に一挙に本塁を狙いダディーズが追加点をあげる。その裏La.Menは1死二塁で5番高濱がツーベースを放ち1点を奪う。続く6回表にも四死球で2死一二塁にすると7番内田のタイムリーヒットで同点に追いつく。その裏ダディーズが無得点に終わり、試合はサドンデスに突入。先攻La.Menは押し出し四球、2番中瀬の左中間に抜ける走者一掃のタイムリーで4点をあげる。その裏ダディーズはチャンスを活かすことが出来ず無得点で試合終了。6対2でLa.Menが競り勝ち2回戦に駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(ダディーズベースボール)
(La.Men)
大島様、チームの皆様、この度は遠征、日程の調整などありがとうございました。今後ともお付き合いの程よろしくお願いいたします。
篠宮様。チームの皆様。この度は無理を言って日程調整していただき誠に有難うございます。野球に対する姿勢がとても素晴らしく、試合を出来たことを嬉しく思います。今後も宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
NITORO 1 4 漁火 8月2日(青山運動場)
2部の雄・漁火が初戦突破!灼熱の中、リーグとのWヘッダー連勝を飾る!!
【試合内容】
先攻NITRO、後攻漁火で試合開始。初回、両投手の好投により無失点スタート。投手戦が予想された試合だったが2回、漁火は1点を先制すると9番福田のタイムリーで3-0とリードする。その後NITROの4番打者に豪快なHRで1点を返される。その後は両投手、ランナーを出すものの得点を許さず最終回に。漁火は先発の町田から松永にリリーフするも満塁のピンチ。しかし最後の打者を三振に打ち取り、4-1で漁火の逃げ切り勝利。
【相手チームへ一言】
(NITORO)
(漁火)
日程調整ありがとうございます。
またよろしくお願いします。
ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ブルースカイA 2 7 Revival 8月2日(大宮健保)
中村の決勝打に山田の完投勝利!Revivalが2年ぶりのサマー初戦突破果たす!!
【試合内容】
ブルースカイA先攻、Revival後攻で試合開始。先取点を取ったのはRevival、1回裏の攻撃。四球とヒットで二死満塁のチャンスを作ると、6番山田のセカンドへの内野安打で1点を先制する。先制されたブルースカイAも2回表にすかさず1点を取り同点とする。追加点を取ったのはRevival、3回裏の攻撃。二死満塁から7番中村の2点タイムリー等で3点を追加する。その後もRevivalが着実に加点し、ブルースカイAも5回表に1点を取るが反撃もここまで。山田投手が2失点完投。Revivalが7-2で勝利した。
【相手チームへ一言】
(ブルースカイA)
(Revival)
埴原様、対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
ブルースカイA様、永嶋様、対戦ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Mr.cherryboys 2 15 poison 8月2日(石神井公園)
poisonが15得点の猛攻を見せサマー初勝利!強力打線が火を噴きコールド発進!!
【試合内容】
先攻poison、後攻MR.cherry boysで試合。1回表poisonは、一死から2番高梨がレフトオーバーの三塁打でチャンスを作ると、3番島崎が四球で出塁、次の打者初球盗塁成功で一死二、三塁となり、4番金子がレフト前ヒットを放ち2点を先制。その後二死二塁となり、5番武井がライトオーバーのランニングホームランを放ち、この回4点。3回表poisonの攻撃、3番、4番の連続ヒットでランナーを溜めると、5番が上手く流し2点を追加。さらに6番がセンター前ヒットを放ち1点を追加。7対0となる。3回裏MR.cherry boysの攻撃、先頭の森崎が右中間を抜ける三塁打を放つ。一死後、本山がレフト前に落とし1点を返す。その後二死二、三塁となり、門池のセンター前ヒットでさらに1点を返し、7対2とする。4回表poisonの攻撃、一死後、1番が四球で出塁。その後、盗塁と牽制の悪送球で三塁まで進み、2番がレフトへ犠牲フライを放ち1点を取って2対8とする。5回表poisonの攻撃、二つの四球とヒットで一死満塁となる。その後、9番のサードゴロを三塁手がエラーして1点、1番が犠牲フライを放ち1点、さらに2番高梨がライトへ柵越えのスリーランホームランを放ち3点追加。その後も四球と三塁打、ワイルドピッチで2点を追加し、この回7点が入って15対2となる。5回裏MR.cherry boysの攻撃、二死満塁と粘るが、最後の打者が三振で試合終了。15対2でpoisonの快勝。
【相手チームへ一言】
(Mr.cherryboys)
(poison)
成田様、本日は本当にありがとうございました。完敗です。全く歯が立ちませんでした。また、今日まで日程等調整をしていただき、ありがとうございました。サマーカップ、応援しています。頑張って下さい!
グラウンド、審判の手配ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
湾岸ベースボーイズ 6 4 さとし~ず 7月26日(多摩川緑地)
増田の先制打に梶の決勝弾!湾岸がポテンシャル見せた新星下し初戦突破!!
【試合内容】
1回表、湾岸は0アウト2.3塁から増田のタイムリーヒットで1点先制。続く4番宮島、5番梶の内野ゴロでさらに2点追加。6番松岡がヒットで繋ぎ1アウト2.3塁と追加点のチャンスも、7番藤野のショートライナーがダブルプレーとなり3点止まり。反撃したいさとし~ずは、2回裏に四球と湾岸の内野エラーで1点返す。4回表、湾岸は7番藤野がヒットで出塁し3塁まで進むと、ワイルドピッチで1点追加し、5回表には0アウト2塁から5番梶が右中間にホームランを放ち6-1とリードを広げる。時間の関係で最終回となった6回裏、ここまで無安打と抑えられてたさとし~ずだが、1番赤澤の右中間へのホームラン、3番野原のライト線3ベース、5番道下の左中間2ベースなどで3点返し2点差に詰め寄る。しかし後続が抑えられ試合終了。湾岸が藤原、瀧瀬、松岡の投手リレーで6-4で勝利を収めた。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(さとし~ず)
対戦ありがとうございました!急なグランド変更にもご対応いただきありがとうございます!また宜しくお願い致します。
非常に楽しそうに野球をやっていて、すごく好感の持てる良いチームでした!湾岸ベースボーイズのような雰囲気を持ったチームを作れるようこれからも頑張りたいと思います!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
萩中サンダース 2 4 相模KOT'S 7月26日(天王洲公園)
白熱の投手戦はサドンデス決着!吉田(正)の決勝打にエース泉が気迫の完投!!
【試合内容】
萩中サンダース長谷川投手、相模KOT'S泉投手の先発マウンドで試合開始。1回裏の萩中サンダースは野中のツーベースと村井のライト前タイムリーで1点を先制。相模KOT'Sも3回表に鈴木、泉の連続ツーベースで1-1の同点とする。その後は両投手の好投により0行進が続き1-1のまま7回が終了。サドンデスとなり、相模KOT'Sは1死満塁から代打の吉田(正)がセンター前ヒットを放ち2点追加。さらに鈴木の一塁ゴロ後の二塁送球がランナーに当たりさらに1点を追加。続く泉も強烈なショートライナーを放つも正面となり追加点を奪えず。裏の萩中サンダースは相澤がサードゴロに倒れた後、小磯の死球で1点を返すも、最後の打者を空振り三振に抑え、4-2で相模KOT'Sの勝利。
【相手チームへ一言】
(萩中サンダース)
(相模KOT'S)
素晴らしい試合でした!ありがとうございました!
萩中サンダースの皆様、対戦ありがとうございました。また、日程やグラウンドの調整ありがとうございました。手に汗握る試合展開で素晴らしいゲームでした。今後もよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
清瀬ロングコックス 4 3 WILL BASEBALL CLUB 7月19日(大宮健保)
清瀬ロングコックスが大金星!注目の3部新星が2015王者WILLを下す!!
【試合内容】
1回表、WILL B.Cは清瀬ロングコックス打線を3人で守り抜くと、その裏1番安住、3番木田の安打でチャンスを作ると、5番海老井の二飛エラーの間に2点を先制。対する清瀬ロングコックスは2回に7番原の適時打、3回に一死三塁から2番長尾の一塁ゴロで1点ずつ返し、試合を振り出しに戻す。その裏、WILL B.Cは3番木田と4番石西の連打で得点し再びリードする。5回表、リリーフした鈴木が二死から二四球を含め二死満塁となる。ここで清瀬ロングコックスは4番小寺が右翼前安打を放ち、2点追加で逆転。その後はWILLB.Cが5回満塁、6回一二塁とチャンスを作るが、3回からリリーフした清瀬ロングコックス下川が抑え込み試合終了。4対3で清瀬ロングコックスの勝利。
【相手チームへ一言】
(清瀬ロングコックス)
(WILL BASEBALL CLUB)
WILL B.C選手団の皆さま、対戦有難うございました!これだけの強豪チーム様とのゲームにおいて、沢山勉強させていただけたこと、大変感謝しております。今後とも、お付き合いのほどよろしくお願いいたします!
この度はグランド、審判のご手配ありがとうございました。緊迫した試合の中、野球を楽しむ姿勢は参考になりました。練習試合等、今後ともお付き合いの程、宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
CHUYANS+ 3 2 Big Dipper 7月19日(天王洲公園)
岡村(雄)の同点打に泉の決勝打!CHUYANS+が痺れる接戦を制し下剋上!!
【試合内容】
BigDipper先攻、CHUYANS+後攻で試合開始。初回CHUYANS+は汐田の犠飛で1点を先制する。4回、BigDipperは平野のタイムリーで同点に追い付くと内野ゴロの間に1点を勝ち越すが、その裏CHUYANS+が岡村(雄)のタイムリーで再び同点に追い付く。同点の5回、1死2塁から泉のタイムリーでCHUYANS+が勝ち越しに成功すると、最終回BigDipperもチャンスは作るが、CHUYANS+植田が踏ん張り、3-2でCHUYANS+が勝利した。
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(Big Dipper)
村上様、BigDipperの皆様、対戦ありがとうございました。熱い試合でとても楽しかったです。今後とも交流のほど、よろしくお願い致します。
本日は対戦ありがとうございました。
また、機会がござましたら対戦お願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
吉岡クラブ 10 0 フューチャーズ 7月19日(大宮健保)
初回から攻め立て10得点!吉岡クラブが4年連続でサマーカップ1回戦を突破!!
【試合内容】
先攻フューチャーズ、後攻吉岡クラブで試合開始。試合は1回裏、フューチャーズの先発山中(直)の連続四死球などで吉岡クラブに3点を許す。その後、フューチャーズ打線は何度かチャンスを作るも得点にならず。強打の吉岡クラブは攻撃の手を緩めず、終わってみれば10-0で吉岡クラブが勝利。吉岡クラブは菊池が投打で活躍を見せた。
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(フューチャーズ)
フューチャーズの皆様暑い中、対戦ありがとうございました!今後も引き続きよろしくお願い致します!
吉岡クラブ様、暑い中試合をして頂きありがとうございました。今回試合をさせていただき、色々と学ばせていただきました。また、機会がありましたら是非対戦よろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ジョルターヘッズ 3 1 相模原ウインズ 7月19日(大宮健保)
生田の完投に相澤の決勝弾!ベテランと若手が融合したジョルターが逆転勝利!!
【試合内容】
先攻相模原ウインズ宮城、後攻ジョルターヘッズ生田の両先発で試合開始。試合が動いたのは2回表、相模原ウインズが8番原田のソロホームランで先制する。しかし、その裏ジョルターヘッズは4番土田のヒット、5番相澤の四球、6番静の敵失で1死満塁のチャンスを作ると、7番藤松の犠牲フライですぐさま同点とする。勢いそのままに3回裏、ジョルターヘッズは2死から4番土田のヒット、5番相澤に勝ち越しホームランが生まれリードを奪う。ジョルターヘッズ先発生田はその後も安定したピッチングで7回被安打1、1失点でまとめてゲームセット。3-1でジョルターヘッズの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(ジョルターヘッズ)
(相模原ウインズ)
相模原ウインズ様、ご対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
小関様、ジョルターヘッズの皆様、この度は対戦ありがとうございました。強豪と対戦でき大変刺激になりました。是非、我々の分まで優勝目指して頑張ってください。また、対戦できる機会を楽しみにしております。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
スタイガー 15 10 T-Five 7月19日(江戸川河川敷)
スタイガーが超乱打戦を制す!阿部のHRや知花の4打点の活躍等で驚異の15得点!!
【試合内容】
T-Five先攻、スタイガー後攻で試合開始。初回、1死満塁から菅野のエンドランでT-Fiveが1点先取。1回裏スタイガーの攻撃、こちらも1死満塁から知花の走者一掃のタイムリー2ベースで3点を返す。続く2回裏にもスタイガーは阿部のHRなどで4点追加。これで勝負ありかとおもいきやT-Fiveも反撃。菅野のタイムリーなどで4点返し、もうこうなれば乱打戦の展開。スタイガーもT-Fiveも点の取り合いで5回終了時で10-8。6回表T-Fiveも意地をみせ黒木の2ランHRでついに10-10の同点に追い付く。6回裏スタイガーの攻撃、1死から塩味が2ベースヒットを放つと村上(慶)の勝ち越しタイムリー。さらに4番知花が連続タイムリー等でこの回一挙5点。これで勝負あり。スタイガーの勝利。
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(T-Five)
小宮さん、選手の皆さん、この度は遠征での対戦ありがとうございました。なかなか簡単には勝たせて貰えませんね。T-Fiveさんの底力を感じました。また、対戦する機会があると思いますのでよろしくお願いいたします。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
アンドバランス 3 9 BIGFACE 7月19日(大宮健保)
中川が打線の援護を受け完投!BIGFACEが3年連続でサマーカップ初戦突破!!
【試合内容】
アンドバランス先攻、BIG FACE後攻で試合開始。初回、アンドバランスは四球でランナーを出すも無得点。1回裏、BIGFACEは先頭が四球で出塁すると相手のミスと4番三井のタイムリーなどで4点を先制。2回裏にも四球とヒットでチャンスを作ると、押し出し四球と6番内山の2点タイムリーで3点を加点。3回表、アンドバランスは3回、エラーと歌川(勝)のヒットでチャンスを作ると歌川(竜)のタイムリーで1点を返す。5回にも死球と歌川(勝)ヒットでチャンスを作ると歌川(竜)のタイムリーで1点追加。その裏BIGFACEは高木のタイムリー等で2点を追加。最終回、アンドバランスは2アウトから糟谷、小澤、小笠原の3連打で1点を返し、続く打者も死球で満塁のチャンスを作るもセンターフライで試合終了。BIGFACE先発の中川が要所で踏ん張り、9対3でBIGFACEが勝利。
【相手チームへ一言】
(アンドバランス)
(BIGFACE)
BIGFACEの皆様、対戦頂きありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願い致します。
日程調整ありがとうございました!
またよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
三晃クラブ 2 1 東京BULLS 7月19日(平方スポーツ)
田中の決勝打に間彦・岡部の投手リレー!三晃クラブが逆転勝利で2回戦へ!!
【試合内容】
東京BULLS三村、三晃クラブ間彦両右腕の先発が上々の立ち上がりで2回まで両チーム得点できない。3回表、8番大平が左前安打で出塁する。後続が繋いで1死1.3塁とすると、三晃クラブ間彦が痛恨の暴投で、東京BULLSが1点先制する。追いつきたい三晃クラブは6回裏、代打大和田の安打などで無死満塁とすると、4番田中がレフトへ2点タイムリーを放ち逆転する。7回表東京BULLSも無死1.2塁とチャンスを作るが、この回途中救援の岡部が後続を何とか抑えて、三晃クラブが2対1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(三晃クラブ)
(東京BULLS)
東京BULLS村田様、そして選手の皆様、本日は遠方からお越し頂き対戦ありがとうございました。どちらが勝ってもおかしくない試合でした。又機会がありましたら対戦をお願いします。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Tropicana 11 1 春日部ジャンキース 7月19日(大宮健保)
鷲谷がコールドを決める満塁弾!Tropicanaが3年連続で1回戦突破!!
【試合内容】
先攻春日部ジャンキース、後攻Tropicanaで試合開始。Tropicanaは初回、3番石田が右中間にタイムリーを放ち先制すると、5番神谷のショートゴロの間に1点を追加する。追いつきたいジャンキースは3回表にタイムリーで1点を返す。その後はお互い得点には繋がらず、Tropicanaは5回裏に2番塩谷のタイムリーで1点追加。6回裏は8番船田がライト線へタイムリーを放つ。その後ランナーを貯め4番鷲谷がライトへ満塁HRを放ち、11-1でTropicanaが6回コールド勝利を収めた。
【相手チームへ一言】
(Tropicana)
(春日部ジャンキース)
吉本様、チームの皆様対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願い致します。
Tropicana様ありがとうございました。チームにとって非常に勉強になるいい経験をさせていただきました。また機会ありましたら是非ともお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
とん吉 1 5 東京ドナルドダック 7月19日(小豆沢野球場)
井上の決勝弾に美濃が好投!昨年王者ドナルドダックが快勝スタート!!
【試合内容】
先攻ドナルドダック、後攻とん吉で試合が始まる。1回表、ドナルドダックは先頭が四球で出塁し続く2番打者がレフトへの2塁打を放ちチャンスを作る。三振とエンドラン失敗で2アウトとなるも、4番下地のタイムリーと5番井上のツーランホームランで3点を先制する。さらに3回表に2アウト2、3塁から6番茂木のタイムリーで2点を追加。追い付きたいとん吉も毎回得点圏にランナーを進めるも、ドナルドダック先発の美濃が要所を抑える。4回裏にとん吉はヒットと四球などで2アウトながら満塁とし、3番土方のでタイムリーで1点を返す。さらに続く4番がライトへの強烈な打球を放つもこれがライトゴロとなる。最終回は変わった桝本がランナーを出すも無得点で抑え、5対1でドナルドダックの勝利。
【相手チームへ一言】
(とん吉)
(東京ドナルドダック)
東京ドナルドダックの皆様、田村様、
お忙しい中対戦ありがとうございました。
とん吉鈴木様、対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Hustler 4 2 STBC 7月19日(我孫子体育館)
米本の先制弾に井上の決勝打!Hustlerが3部対決を制し夏初勝利!!
【試合内容】
先攻Hustler、後攻STBCで試合開始。初回Hustlerは1番山本がフェンス直撃の左ニで出塁。続く2番米本は右安かと思われた打球を相手ライトがダイビングで好捕。後続も内野ゴロと四球で二死1.3塁まで攻めたてるも無得点に終わる。試合が動いたのは3回、Hustlerは1番山本が2安打目となる右二で出塁、2番米本がスライダーを捉えてHRを放ち2点先制。守り抜きたいHustlerだが、4回にSTBCの強力打線の中軸3番、5番にHRを浴びて試合を振りだしに戻される。直後の5回表Hustlerは、この回先頭の2番米本が四球を取り出塁、3番中川が倒れ、4番駒形が放った二ゴロが併殺かと思われたところを送球エラーで一死2.3塁、更に5番斉藤は四球を選んで一死満塁。6番井上が犠飛を放って1点勝ち越すと後続も四死球で更に1点追加し、4-2とする。投げては丹波誠がHR以降は無安打に抑える投球で完投勝利。
【相手チームへ一言】
(Hustler)
(STBC)
STBC様、遠征いただきましてありがとうございました。今回を機にOP戦等で交流させていただければと思います。チームの皆様のマナーが良く、我々も見習おうと話しておりました。本当にありがとうございました。
軟式野球チームをスタートさせてから史上最高に熱く、楽しい試合でした。本当に大きな物をSTBC一同が得た1日になりました。感謝しかありません。ぜひまたリベンジさせてください!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
D'LLERS 15 2 CHAIN SMOKERS 7月19日(流山総合)
渡邉が好投!打線爆発のD'LLERSが新星をコールドで下し初戦突破!!
【試合内容】
D'LLERS先発渡邉が3イニングを0に抑え、チームに流れを作る。打撃陣も奮起し大量得点をあげ、終わってみれば15対2でD'LLERSがコールド勝ちを収めた。
【相手チームへ一言】
(D'LLERS)
(CHAIN SMOKERS)
本日は対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ベーランズ 3 0 AXIS 7月19日(外濠公園)
新星ベーランズが1回戦突破!本塁打で奪った3点を守り抜き完封勝利!!
【試合内容】
連日降り続く雨の中、開催が心配されたヴィクトリアサマーカップの一回戦。驚くほどに晴れグラウンドコンディションが悪い中、予定通り開催された。先攻ベーランズ、後攻AXISでプレイボール。初の公式戦での先発マウンドを任された豪腕サウスポーの佐々木の立ち上がり、内野のエラーも絡み、出塁を許すも無失点。二回、三回にも安打で出塁を許すも無失点に切り上げた。攻撃面では初回先頭の泰江高のサード強襲の安打で出塁するも盗塁を阻止され、スコアリングポジションにランナーを進められず先制のチャンスを逃す。後続も相手投手の緩急に翻弄され、なかなか安打を許してもらえずスコアボードには3回まで両チーム0が並んだ。試合が動いたのは4回。ベーランズは先頭の7番打者が安打で出塁、続く8番打者にも痛恨の死球、後続を打ち取り二死となるが、1番打者が中翼70メートルの球場ならではの本塁打を放ち一気に3点を奪う。反撃の狼煙をあげたいAXISは4回以降もなかなか安打を許してもらえず、終わってみれば4安打完封され残念ながら一回戦で姿を消すこととなった。初出場のベーランズが3対0で勝利した。
【相手チームへ一言】
(ベーランズ)
(AXIS)
AXISさん、グラウンドコンディションが悪い中対戦有難うございました!またグラウンド整備までお手伝い頂き、有難うございます!またよろしくお願い致します!
ベーランズ様、グラウンド確保、試合前のグラウンド整備など本当にありがとうございました!次の試合も頑張って下さい!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
T-REX 2 12 bets 7月19日(大宮健保)
新星対決はbetsに軍配!打線爆発に邦山が好投を見せコールド発進!!
【試合内容】
3回にbets打線が爆発し一気に7点そのまま先発と邦山が抑え、betsが12-2でコールドで勝利!!
【相手チームへ一言】
(T-REX)
(bets)
優勝候補間違いなし!試合の前日はお酒を飲まずにやれば必ず勝ち上がれますので頑張ってください笑
対戦ありがとうございました!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
SAMURAI.BOYS 7 5 大宮フェニックス 7月12日(八潮北公園)
石崎が逆転弾!SAMURAI.BOYSが乱打戦を制し2年連続初戦突破!!
【試合内容】
サムライボーイズ並木投手、大宮フェニックス井桁投手の両左腕の投げ合い。先制はサムライ。8番安富がランナーをおいてセンターオーバーの二塁打を放ち先制。対する大宮フェニックスは3回まで並木に抑えれるも4回、クリーナップがノーアウト満塁のチャンスを作り6番長岡選手がライトへ値千金の満塁ホームランを放ち逆転に成功する。追いつきたいサムライは途中出場の旭勇がランナーを置き2塁打を放ち1点を返すと、さらにチャンスを広げて7番石崎がレフトへスリーランホームランを放ち逆転に成功。すぐに追い付きたい大宮フェニックスはこの日松岡選手が3安打目となるホームランを放つが、最終回にサムライは追加点をあげなんとか勝利。
【相手チームへ一言】
(SAMURAI.BOYS)
(大宮フェニックス)
大宮フェニックスの皆様、永野様、遠征ありがとうございました。今後ともオープン戦含めよろしくお願致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 6 4 麦原アトムズ 7月12日(大宮健保)
PIECEが4年連続で1回戦突破!注目の新星アトムズは初戦で姿消す!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻アトムズで試合開始。初回PIECEは先頭の茂木が右中間を深々と破る先頭打者ホームランで先制すると、3番坂東のライト前の当たりをライトが後逸し一気に本塁まで帰ってきて2点を先制する。2回表にも先発の桑原(以)がレフトオーバーのソロホームランで3点目、3回表には武藤のライトオーバーの2点タイムリーで5-0と序盤からPIECEが優位に試合を進めていく。アトムズも投手交代から流れを徐々に取り戻していくと6回裏、先頭打者がヒットで出塁し続く打者のライト前への当たりをライトが後逸し無死2.3塁、四球で満塁とするとそこからエラーで1点、高く弾んだ打球が内野の頭を超えていく2点タイムリーなどで4点を奪い、尚も1死1.3塁で逆転も見える中でPIECEはここまで好投の桑原(以)から青野へスイッチ。青野はこのピンチを三振と右飛に打ち取って切り抜けると、最終回PIECEは高野と斎藤の連打で1点奪う。最終回アトムズもヒットで走者を出すも後続が倒れ、6-4でPIECEが勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(麦原アトムズ)
麦原アトムズのみなさん、この度は対戦ありがとうございました。最後までわからない試合で野球の難しさを痛感しました。今回の試合をこれからに活かしていきたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。
本日はグランド・審判の手配まで何から何までお世話になりありがとうございました。噂通りの強いチームで悔しい初戦敗退となりました。Victoria大会初出場を楽しませていただきありがとうございます。PIECE様のご活躍ご健闘を期待したいと思います。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 6 0 MilkyWave 7月12日(大宮健保)
GOLGOが2年連続初戦突破!3部の雄を完封で下し1部の実力を誇示!!
【試合内容】
GOLGO先発の佐久間は不安定な立ち上がり。2回・4回とピンチを招くも、内野ゴロを打たせ本塁で走者を刺し、調子が上がらないなりに無失点で切り抜ける。一方、MilkyWaveもこまめな継投で試合を作り、GOLGO打線は4回まではチャンスを作るものの、なかなか得点に結びつける事が出来ず接戦のまま中盤を迎える。5回、GOLGO先頭の佐久間が2ベースヒットで出塁すると、中野がしっかりと送ってチャンスを広げる。ここで9番の川崎がセンター前にタイムリーを放ち先制する。続く吉田は倒れるものの、2番渡邊・3番橋本・4番川崎が3連続タイムリーでこの回一挙5得点。6回にも四球の中野を1塁において川崎が右中間を破るタイムリー3ベースを放ち、1点を追加した。投げては先発の佐久間がピンチを招くものの、MilkyWave打線を0点に抑え完封勝利をあげた。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(MilkyWave)
対戦ありがとうございました。
また機会がございましたら宜しくお願いいたします。
ご対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
LG 1 2 ボンバーズ 7月12日(小松川橋上流)
ボンバーズが初戦突破!好投の宮良が自らを祝う決勝バースデーアーチ!!
【試合内容】
先攻LG、後攻ボンバーズ。LGは初回、先頭川村が2塁打で出塁。一死三塁を作り、3番武藤のセカンドゴロの間に先制。2回にボンバーズが1点返し、1-1で6回裏を迎える痺れる投手戦の中、試合を決めたのは、、、本日誕生日で4番、投手の宮良!!ライトのフェンスを越える勝ち越しホームラン。そのまま逃げ切りボンバーズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(LG)
(ボンバーズ)
遠方から来てくださりありがとうございました。
サマーカップ勝ち上がって下さい!またお願いします!
痺れる試合で楽しかったです。
本当に対戦ありがとうございます。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
品川オレンジ 2 3 Bay-fortis 7月12日(大宮健保)
角舘・小池の投手リレー!注目の新星Bay-fortisが逃げ切り勝利で初戦突破!!
【試合内容】
先攻 Bay-fortis、後攻 品川オレンジ。1回表、 Bay-fortisは2番井桁がセカンドエラーで出塁し、3番小野寺のレフトフライで2塁へタッチアップ、2アウト2塁のチャンスで4番安河内のタイムリースリーベースで1点を先制する。2回表、先頭の6番澤が右中間深々と破るランニングホームランで1点追加、2-0とする。1~3回まで先発角舘は無失点に抑えるも4回裏四球でランナーを出し、タイムリースリーベースを浴び1点を失い2-1となる。直後の5回表先頭の小池がサード内野安打から盗塁を決め、バッテリーミスの間に3塁へ、ここで更にパスボールでホームイン。3-1とする。先発角舘は5回1失点でマウンドを降り、6回から小池がマウンドへ。6回裏、四球から盗塁されランナー2塁のピンチでショートゴロ悪送球の間に1点を返され3-2 となる。7回はしっかり抑えゲームセット。Bay-fortisが3-2で逃げ切り勝利。
【相手チームへ一言】
(品川オレンジ)
(Bay-fortis)
土曜日の急な対戦のところ対応いただきまして、ありがとございました。また、ぜひともお願いいたします!
品川オレンジ様、グランド、審判手配、球場へのご案内などありがとうございました。是非また対戦宜しくお願い致します。Bay-fortis 深井
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
青木製作所Snugs 0 3 天晴-appare- 7月5日(大宮健保)
平山・竹俣の鉄壁完封リレー!昨年の準々決勝同カードは今年も天晴に軍配!!
【試合内容】
天晴先発平山、Snugs先発有川の両チームエースの先発。1回表、1死より2番徳田がレフト前ヒットで出塁。3番田上がフルカウントの末、四球。4番友利がライトへのツーベースヒットで天晴が先制。続く5番田島も内野ゴロの間に田上がホームを踏み、追加点。さらに3回には5番田島の犠牲フライで追加点を奪い3-0とする。その後、お互いに投手戦になり点は動かず。4回から天晴は竹俣が登板し、反撃を許さず。3-0で天晴が勝利した。
【相手チームへ一言】
(青木製作所Snugs)
(天晴-appare-)
大澤様、チームの皆様、この度は対戦ありがとうございました!一枚も二枚も天晴さんが上手でした。毎回刺激をいただいております。また鍛え直して挑戦させていただきます。今後ともよろしくお願いします。
グランド及び審判手配頂きまして誠にありがとうございました。また是非、ご対戦のほどお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
セカンドステージ 9 3 RED SOX 7月5日(大宮健保)
セカンドステージが下剋上!初回5得点の猛攻見せREDSOXを下す大金星!!
【試合内容】
先攻RED SOX、後攻セカンドステージで試合開始。セカンドステージ先発の宮澤が初回ランナーを出すものの0点で抑えてる。その裏、セカンドステージの攻撃はREDSOX先発北川を攻め、1番2番が出塁し、3番渡邊が先制タイムリー。4番の瑞慶山も続き初回5点を先制する。2回に1点を取られるもその裏中村のホームランで5点差に広げる。その後3点を返されるも、宮澤から佐藤とつなぎ、最終回となった6回に3点を取り、時間制限となって試合終了。セカンドステージが3-9で勝利した。
【相手チームへ一言】
(セカンドステージ)
(RED SOX)
丸橋様、日程のご調整ありがとうございました。RED SOXの皆様、遠征ありがとうございました。また宜しくお願いします。
本日はありがとうございました。
また練習試合等よろしくお願いします。