TOP > スプリングカップ2022 > トーナメント表
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 11 8 佐川グローバルロジスティクス 7月24日(大宮健保)
これぞ死闘の乱打戦!3連覇目論むPIECEが3年連続の決勝進出を決める!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻佐川グローバルロジスティクスで試合開始。佐川の先発は古家。試合は初回から動く。1回表、PIECEは1死3塁から3番茂木のタイムリーで先制、更に5番桑原(以)にもタイムリーが飛び出して2点を奪う。1回裏、佐川も先頭の1番一林がヒットで出塁すると2番須永のセンターオーバーのタイムリーツーベースですぐに1点を返す。2回裏、佐川は先頭を四球で出塁させ、エラーと死球で1死満塁のチャンスを作る。続く打者が放ったサードゴロでダブルプレーかと思われたが、またもPIECE守備陣が乱れ、キャッチャーからの送球が転々とする間に2者が生還し佐川が逆転する。更に2死2塁から、2番須永のヒットと3番細川のタイムリーで1点追加、栗原の打ち取った打球がタイムリーエラーとなり、5-2と佐川がこの回4得点で3点のリードを奪う。リードを奪われたPIECEだったが、3回表に1番桑原(南)のランニングホームランと4番上島の犠飛で2得点を上げすぐさま1点差に追い上げる。4回表、PIECEは1死から本木がヒットで出塁し、その後2死1.2塁から青野の放った打球がサード後方に落ち、2塁ランナーが一気にホームに還り5-5の同点に追いつく。追いつかれた佐川だったが4回裏、先頭の1番一林がヒットで出塁すると1死から3番細川がライトを深々と破るタイムリースリーベースで勝ち越し、2死を奪われるもの5番伊藤にもタイムリーが飛び出して再び2点のリードを奪う。5回はお互い無得点で終えるが6回表PIECEの攻撃、1死から1番桑原(南)、2番青野が連続内野安打で出塁すると、3番茂木のタイムリーで1点をあげる。更に1死満塁から5番桑原(以)の放った打球がショート正面を突きホームゲッツーかと思われたが今度は佐川に送球エラーがあり、PIECEがまたも7-7の同点に追いつく。7回は互いに無得点に終わり試合は延長1死満塁のサドンデスへ。8回表、PIECEは先頭の、1番桑原(南)がレフト線に落ちるタイムリーで2者がが還る。代打前田は三振に倒れるも、3番茂木が四球で歩いて2死満塁から4番上島がセンター前へ2点タイムリーを放ち、PIECEがサドンデスで4得点をあげる。8回裏、佐川はここまで2安打を放っている1番一林からの攻撃だったがサードゴロに倒れる。2番須永の打球は投手前に転がるが、これがエラーとなり1点を返すも続く打者が三振に倒れ、11-8でゲームセット。激闘を制したPIECEが決勝へ駒を進めた。 (取材写真はこちら&試合動画はこちら
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(佐川グローバルロジスティクス)
対戦ありがとうございました。最後まで熱い試合ができ、良い経験をさせて頂きました。本当にありがとたいございました。今後ともよろしくお願い致します。
2年前のスプリング決勝を神宮で対戦した時と同じくサドンデスでの決着でした。激闘でしたね。決勝頑張って下さい。対戦ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
戦極-SENGOKU- 8 4 湾岸ベースボーイズ 6月26日(八潮北公園)
5本塁打の一発攻勢!昨季3冠の戦極がスプリングカップ初の決勝進出!!
【試合内容】
先攻戦極の先発投手は箭内、後攻湾岸ベースボーイズの先発投手は加藤で試合開始。1回裏、湾岸は1番大林(穂)がレフト前ヒットで出塁すると2番牧が送り、3番長濱のレフト線2ベースで1点先制。2回表、戦極は5番日高のホームランで同点に追いつく。2回裏、湾岸は6番宮島のセンター前ヒット、8番村上の死球、9番山田の進塁打で2アウト2.3塁のチャンスを作り、1番大林(穂)のライトオーバー2ベースで2点勝ち越し。3回表、戦極は9番酒井、2番谷津のホームランで同点に追いつく。4回表、戦極は0アウト満塁のチャンスを作るが湾岸がトリプルプレーでピンチを乗り切る。4回裏、湾岸は先頭宮島のホームランで1点勝ち越し。5回表、戦極は3番フレデリクアンヴィの3ランホームランで逆転。時間の関係で最終回となった6回表、戦極はフレデリクアンヴィの2ランホームランで点差を広げ、裏の湾岸の攻撃は箭内が無失点に抑え、戦極が勝利。
(取材写真はこちら&試合動画はこちら
【相手チームへ一言】
(戦極-SENGOKU-)
(湾岸ベースボーイズ)
ご対戦ありがとうございました!
また連盟等でも宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
下町Tempest 1 4 佐川グローバルロジスティクス 6月26日(江戸川区球場)
伊藤の決勝打に氏家が好投!佐川が準Vに輝いた2020年以来の4強進出!!
【試合内容】
下町Tempest先攻、佐川グローバルロジスティクス後攻の一戦。佐川の先発は古家。1回表、下町は2番が四球で出塁するも三振ゲッツーに終わり、古家は初回の立ち上がりを三者凡退に抑える。試合は初回から動いた。1番一林が死球で出塁し、2番徳島(誠)の進塁打で1死2塁とし、3番須永、4番栗原が連続四死球で1死満塁とすると、5番伊藤がセンター前に2点タイムリーで先制。さらに1塁ランナーの細川の2盗の際に捕手の悪送球で1点追加。3回裏には4番栗原がヒットで出塁し、3塁まで進塁すると、バッテリーエラーで1点を追加する。4回表、下町Tempestは得点圏までランナーを進めるも好守備に阻まれ得点ならず。下町は初回以降ランナーを出すも後続が続かず無得点が続く。6回表に先頭の3番武藤が右中間を深く破る3塁打でチャンスを作ると、4番松本の内野ゴロの間に1点を奪う。試合は6回を終えた時点で時間制限によりゲームセット。佐川グローバルロジスティクスが4強に駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(下町Tempest)
(佐川グローバルロジスティクス)
対戦ありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願い致します。審判の手配ありがとうございました。
下町Tempestの皆様。対戦ありがとうございました。皆さんのひたむきな姿はお手本にしたいと思います。また今後もオープン戦など機会が有れば是非宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 6 0 D'LLERS 6月12日(大宮健保)
茂木の決勝打に関根の好投!王者PIECEが3連覇達成へ向け準決勝進出!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻D’LLERSで試合開始。1回表PIECEは1番桑原(南)がセンター前ヒットを放つと、外野のファンブルの間に2塁まで進む。進塁打で1死3塁のチャンスを作り、3番茂木がセンター前へのタイムリーで1点を先制する。2回表にもエラーと四球で2死2.3塁から1番桑原(南)がレフト前へタイムリーを放ち追加点をあげる。2回裏D’LLERSも2本のヒットで1死2.3塁のチャンスを作るが、PIECE先発の関根が連続三振で切り抜けると、3回表にも上島のヒットから送球が逸れる間に1点。4回表も先頭の斉藤がヒットで出塁し進塁打などで3塁に進むと、パスボールの間に1点を追加し4-0とPIECEが優位に試合を進める。5回裏、追いつきたいD’LLERSも1死2.3塁のチャンスを作るが後続が倒れ無得点に終わる。6回表PIECEは先頭の斉藤がヒットで出塁し、1死1.3塁から桑原(南)の内野ゴロの間に1点と青野のタイムリー内野安打で1点をあげる。最終回となった6回裏、D’LLERSは先頭がエラーで出塁するも無得点に終わり6-0でPIECEが勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(D'LLERS)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
柴様、メンバーの皆様グランド、審判手配等ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
戦極-SENGOKU- 3 0 BIGFACE 6月5日(八潮北公園)
吉田の決勝打に佐久間・木下の完封リレー!昨季3冠戦極が初の春準決勝進出!!
【試合内容】
BIGFACE先攻、戦極後攻で試合開始。戦極先発は佐久間、初回にいきなり2安打を浴びるも後続を打ち取り無失点。戦極初回の攻撃、2番関が四球で出塁すると4番吉田の左中間安打で先制点を上げる。2回は両チーム無得点。3回の戦極の攻撃、2番関が二塁打で出塁すると3番谷津も安打で続き、4番吉田が犠牲フライを放ち2点目上げ、BIGFACEを突き放す。戦極は6回にも追加点を上げこの時点で3-0。戦極先発佐久間は危なげないピッチングを披露し、強力BIGFACE打線を6回無失点、被安打4奪三振10で二桁奪三振に抑える。最終回は抑えの木下が3人でしっかり抑え試合終了。3-0で戦極の勝利。
【相手チームへ一言】
(戦極-SENGOKU-)
(BIGFACE)
ご対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
湾岸ベースボーイズ 5 3 青霧 5月29日(大宮健保)
渡邊の同点打に松岡の逆転打!湾岸ベースボーイズが優勝以来3年ぶりの春4強進出!!
【試合内容】
湾岸ベースボーイズ先攻、青霧後攻で試合開始。1回表、湾岸は1アウト2塁のチャンスから3番増田のライト前ヒットで1点先制。1回裏、青霧は1番安田のランニングホームランで同点に追い付き、なおも1アウト2.3塁のチャンスを作り、5番山藤の犠牲フライで逆転。4回表、追い付きたい湾岸は、先頭の3番増田が左中間2ベースで出塁。4番渡邊の犠牲フライで進塁し、バッテリーミスで同点に追い付く。5回裏、追い付かれた青霧は、2アウト2塁のチャンスから4番牛丸のセンター前ヒットで勝ち越し。時間の関係で最終回となった6回表の湾岸の攻撃。先頭1番長濱、2番山田の連続ヒット、3番増田の四球で0アウト満塁のチャンスを作ると、4番渡邊のセンター前ヒットで同点に追い付く。さらに5番松岡の犠牲フライで逆転に成功し、6番矢野の内野ゴロで1点追加、リードを2点に広げる。6回裏、青霧の攻撃は無得点となり、5-3で湾岸が勝利。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(青霧)
対戦ありがとうございました!
また宜しくお願い致します!
この度はグラウンドの確保、審判の手配までいただきありがとうございました。またの機会でもよろしくお願いいたします!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Nomad.Yankees 4 5 佐川グローバルロジスティクス 5月22日(大宮健保)
サドンデスに及ぶ死闘は劇的幕切れ!佐川が準V以来2年ぶりスプリング8強進出!!
【試合内容】
ノマドヤンキース先攻、佐川グローバルロジスティクス後攻の一戦。佐川の先発は奥谷。初回の立ち上がりを三者凡退にきる。1回裏佐川の攻撃は1番一林が初球を右中間3塁打でいきなりチャンスをつくると3番細川の内野ゴロで1点を先制し、さらに4番栗原のランニング本塁打で1点追加する。直後の2回表ノマドの攻撃は佐川のエラーでランナーをためると、2死2.3塁で8番太田のセンター前2点タイムリーで試合を振り出しに戻す。3回裏、佐川の攻撃は2番須永が出塁し、その後1死満塁で5番徳島の犠牲フライで1点をリードする。5回表ノマドの攻撃で9番高島が2塁打で出塁し、2死3塁の場面で3番宮川がセンターオーバーの2点ランニング本塁打で逆転に成功する。6回裏佐川の攻撃は先頭の4番栗原がヒットで出塁すると、続く5番徳島は四球を選び1.2塁で6番奥谷の内野ゴロで2.3塁とすると、7番森、8番鈴木の連続四球で押し出しとなり同点に追いつく。7回で決着がつかず試合はサドンデスに突入。先攻ノマドヤンキースは7回よりマウンドに上がった古家から点を奪えず無失点に終わる。その裏佐川の攻撃、力投を続けていた田中が投じた初球が7番森への死球となり、ゲームセット。佐川が激戦を勝利した。
【相手チームへ一言】
(Nomad.Yankees)
(佐川グローバルロジスティクス)
 
ノマドヤンキースの皆様、本日はありがとうございました。ガチンコ対決で大変しびれる試合でしたが、皆さんのレベルはやはり高く勉強させて頂きました。また機会がありましたら是非宜しくお願い致します。ユニホームかっこよかったです。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 1 0 上尾西ブルースカイズ 5月15日(大宮健保)
上島の決勝犠飛に関根が完封シャットアウト!3連覇を狙う王者PIECEが8強入り!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻上尾西ブルースカイズで試合開始。2回表PIECEは1死から上島がヒットで出塁するとパスボールで3塁まで進み先制のチャンスを作る。その後1死1.3塁とし、仕掛けたPIECEだったが坂東の当たりは痛烈な打球もショート正面をつき、上尾西ブルースカイズも好守でこのピンチを切り抜ける。2回裏上尾西ブルースカイズは先頭が死球で出塁し、盗塁を成功させて無死2塁こチャンスを作るが後続が倒れる。0-0で迎えた4回表、PIECEは四球やバッテリーエラーで1死1.3塁を作る。前の打席ヒットを放っている上島がこの打席も捉えるとセンター後方のフライとなり犠牲フライでPIECEが1点を先制する。5回裏、追いつきたい上尾西ブルースカイズは先頭から連続ヒットでチャンスを作るも、PIECE先発の関根がこの日最大のピンチを切り抜け、その後はスコア動かず1-0でPIECEが勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(上尾西ブルースカイズ)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
PIECE代表様、グランド及び審判の手配ありがとうございました。まとまりのあるチームでなかなか点が貰えず投打に完敗です。またいつか、リベンジさせてください。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
湾岸ベースボーイズ 1 0 THK株式会社 5月15日(大宮健保)
藤野の決勝打に藤原が完封!湾岸ベースボーイズが3年ぶりのスプリング8強へ!!
【試合内容】
湾岸ベースボーイズ先攻、THK株式会社後攻で試合開始。THKは再三得点にランナーをおくも、後1本がでず得点をする事ができず。両チームチャンスは作るもスコアボードには0が並ぶ。試合が動いたのは7回表、湾岸はTHK2番手の浅谷投手を攻め、5番宮島がセンター前ヒットで出塁すると、途中出場の増田が送り、ランナーをスコアリングポジションに進める。2アウトとなるも、途中出場の8番藤野がレフトオーバーのタイムリー2ベースヒット放ち、1点先制。続く9番松本は四球を選びチャンスを広げるも、後続倒れ追加点ならず。7回裏、THK株式会社は2アウトから9番石橋がヒットで出塁し、盗塁で得点圏に進めたが次打者の山田がショートフライで試合終了。先発の藤原が7回完封の好投で、湾岸が1-0で勝利。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(THK株式会社)
対戦ありがとうございました!
今後とも宜しくお願い致します!
グラウンド、審判様の手配誠にありがとうございました。緊迫した素晴らしい試合でした。また対戦の機会がありましたら宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ジャンクベースボールクラブ 1 2 BIGFACE 5月15日(篠崎公園A)
林の決勝打で緊迫の投手戦を制す!BIGFACEが自身初のスプリング8強へ進出!!
【試合内容】
先攻ジャンクベースボールクラブ(先発:吉藤)、後攻BIGFACE(先発:中川)でプレイボール。初回、ジャンクの攻撃。一死より2番奥村が内野安打で出塁、3番高橋の打席で盗塁成功。高橋も四球で出塁し一死1,2塁で4番の大森を迎えるがセンターへのフライで2塁ランナーの奥村がタッチアップで3塁へ。続く5番遠藤だが、キャッチャーフライで先制のチャンスを逃す。試合が動いたのは3回裏BIGFACEの攻撃、7番亀田が内野安打で出塁。一死となり9番佃のピッチャーゴロをファーストへ悪送球となり、1塁ランナーが一気に3塁へ。続く、1番板垣もきっちりゴロを転がしBIGFACEが先制する。ここでもジャンク吉藤の送球エラーで塁に出してしまい、一死1、3塁となり2番林がエンドランを成功し、貴重な追加点が入る。ジャンクもランナーを出すが得点に繋がらず、6回終了2-0でBIGFACEがリード。その後両投手が踏ん張り迎えた7回表、ジャンクベースボールクラブはBIGFACE2番手筒井を攻め、先頭の久保がヒットで出塁、一死となり途中出場の秋広はセンターへの二塁打を放ち、一死2、3塁で1番島を迎えるが、申告敬遠で満塁に。続く、2番奥村が犠牲フライで3塁ランナー久保が還り2-1とする。まだまだチャンスのジャンクだが3番高橋は、センターフライとなり試合終了。2対1でBIGFACEの勝利。
【相手チームへ一言】
(ジャンクベースボールクラブ)
(BIGFACE)
BIGFACEの皆様、日程のご調整、対戦ありがとうございました。とても痺れる試合展開となりました。今後ともオープン戦等でもよろしくお願いいたします。
グラウンド手配、審判さん手配ありがとうございました。
また是非よろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
D'LLERS 3 0 フリーステップ 5月15日(江戸川第三)
高橋(竜)・矢部の完封リレー!D'LLERSが注目新星下し2年ぶりの春ベスト8!!
【試合内容】
D'LLERS先攻、フリーステップ後攻でゲーム開始。D'LLERSは初回2死から3番矢部が2ベースヒットでチャンスを作ると、4番小泉がレフトへタイムリーヒットを放ち幸先よく先制する。D'LLERS先発は高橋竜。テンポ良く相手打線を打ち取り4回1安打無失点で追加点を待つ。2回、3回とチャンスを作るもののあと1本が出ず投手戦となる。フリーステップは4回から好投手左腕へスイッチし、D'LLERSは4、5、6回とヒットが出ず苦しい展開が続く。7回表に先頭6番渡邊、7番高橋晴が連続ヒットでチャンスを作ると、1死1.2塁で9番山内がライトへタイムリーヒット、続く1番高橋竜がレフトへタイムリヒットを放ち2点を追加する。D'LLERSも5回に高橋竜から矢部へスイッチ。こちらもテンポの良い投球を見せ3回1安打無失点。D'LLERSが3-0で勝利。
【相手チームへ一言】
(D'LLERS)
(フリーステップ)
フリーステップ様遠方よりお越し頂きありがとうございました。投手陣を中心とした個々のレベルの高さ大変驚きました。今後とも宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。絶対優勝してください!!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
戦極-SENGOKU- 7 3 ファンシーズ 5月8日(八潮北公園)
谷津の2HRに佐久間が完投!戦極が新タイトル獲得へ向け初の春ベスト8!!
【試合内容】
戦極先攻、ファンシーズ後攻で試合開始。戦極は初回、2番関が中二塁打で出塁すると3番谷津が右線にライナー本塁打で2点を先制する。戦極の先発は佐久間、初回に2本の短打を浴びるが0点で抑える。2回の戦極の攻撃、死球と犠打で走者を進めると9番酒井が右中間に特大の2点本塁打で追加点を奪う。戦極は3回にも谷津にこの日2本目の2点本塁打が飛び出し、6-0と有利に試合を進める。ファンシーズも3回に本塁打が飛び出し1点追い上げると、5回にも安打で出た走者を置き2ラン本塁打で6-3とする。しかし戦極は6回に四球で走者を進め、代打藤田がタイムリーを放ち7-3と突き放す。佐久間は6回安打を打たれるが得点は許さず戦極の勝利。佐久間は6回3失点で完投勝利。
【相手チームへ一言】
(戦極-SENGOKU-)
(ファンシーズ)
本日は遠征頂きありがとうございました!
また機会があれば宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
また宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
吉岡クラブ 6 10 下町Tempest 5月1日(大宮健保)
最終回に4点差覆し一挙8得点!下町Tempestが逆転勝利で初の春8強進出!!
【試合内容】
下町Tempest先攻、吉岡クラブ後攻で試合開始。初回下町はランナーを出すも盗塁死で3人で終わる。その裏、吉岡クラブは3番のレフトへの先制ホームランで1-0となる。しかし2回表、下町は4番望月のセンター前と6番鈴木の死球でチャンスを作り、8番松本がレフト線へ逆転タイムリー二塁打を放ち2-1と逆転に成功。その裏吉岡クラブの攻撃、四球と連打と犠牲フライなどで3点を奪い再び逆転する。更に4回裏に4本のヒットで更に2点追加し、吉岡クラブが2-6と突き放す。そして両チーム0が続き迎えた最終回。下町が最後の反撃を見せる。8番松本がレフト前、9番伊藤がライトへのタイムリー3塁打、1番滝沢が内野安打、代打笈川が四球、4番望月のタイムリーヒットで1点差。5番大石はピッチャーのエラーを誘い同点となる。そこからさらにチャンスを作り、またしても8番松本がセンターへのタイムリー3塁打、9番伊藤がレフトへタイムリーヒットを放ち10-6となる。その裏、ヒットを打たれランナーを出すも武藤が無得点で抑え試合終了。
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(下町Tempest)
日程調整ありがとうございました。次戦も頑張ってください。今後もよろしくお願い致します。
雨の中の対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
JOKER 1 5 青霧 4月24日(大宮健保)
牛丸の決勝打に安田が圧巻の完投勝利!青霧が3部所属対決を制し8強一番乗り!!
【試合内容】
青霧先攻、JOKER後攻で試合開始。中盤まで両先発の好投でこう着状態が続く。試合が動いたのは4回裏、青霧は安打と失策で作った一死一三塁の好機に5番山藤が左前安打を放ち先制。さらに5回表には3番牛丸の右前適時打で2点、7回表には1番安田の中越本塁打で2点を追加。投げては先発安田が7回を被安打3、7奪三振、1四球、1失点の好投で完投勝利。5-1で青霧が勝利した。
【相手チームへ一言】
(JOKER)
(青霧)
見事な好投手でした。
また対戦宜しくお願いします。
齋藤様、この度は迅速な手配と対戦をありがとうございました。リーグ戦も含め、またの機会でもよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
湾岸ベースボーイズ 6 3 TOKYO GRAND SLAM 4月17日(大宮健保)
代打宮島が値千金の決勝弾!湾岸ベースボーイズが昨季準VTGS下し3回戦進出!!
【試合内容】
先攻TOKYO GRAND SLAMの先発投手は鈴木、後攻湾岸ベースボーイズの先発投手は加藤で試合開始。1回裏、湾岸は1番大林(穂)のライトオーバー2ベース、3番長濱の内野安打、5番大林(日)の左中間2ベース、7番藤野の四球などで2点を先制。2回表、TOKYO GRAND SLAMは2アウト1.2塁のチャンスを作り、8番勝俣のライト前ヒットで1点返す。さらに3回表、1アウト3塁から3番山川の犠牲フライで1点返し同点に追い付く。4回裏、湾岸は代わった投手桑村を攻め、1アウト2塁のチャンスを作ると、代打宮島の2ランホームランで2点勝ち越し。さらに5回裏に代わった投手渡辺を攻め、5つの四死球などで2点追加し6-2とリードを広げる。時間の関係で最終回となった6回表、TOKYO GRAND SLAMは7番佐藤のレフト前ヒットなどで1点返すも後続倒れ試合終了。6-3で湾岸が勝利し3回戦進出。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(TOKYO GRAND SLAM)
対戦ありがとうございました。
また宜しくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ユキム ハイエンド ボーイズ 3 4 佐川グローバルロジスティクス 4月17日(天王洲公園)
須永が劇的サヨナラ打!佐川が土壇場追いつかれるもサドンデス制し16強進出!!
【試合内容】
ユキムハイエンドボーイズ先攻、佐川グローバルロジスティックス後攻の一戦。佐川先発は奥谷。奥谷は6回まで2安打と安定した投球を見せる。試合が動いたのは1回裏、佐川の攻撃で1番一林が死球、2番須永がレフト前で続くと、4番栗原のセンター前タイムリーで1点先制する。4回裏には1死3塁から6番奥谷のエンドランで1点追加、5回には徳島(誠)の四球から1死3塁とし、1番一林の犠牲フライで3点にリードを広げる。安定していた奥谷だが、7回味方のエラーからランナーを許すと3者連続安打とエラーも重なり同点を許してしまう。試合はサドンデスとなり、8回は両チーム無失点となり、9回佐川の攻撃、バッターは2番須永。2ストライクまで追い込まれるが、ショートに弾き返し、打球に飛びつきなんとか止めるも3塁ランナーが生還し佐川がサヨナラ勝利した。
【相手チームへ一言】
(ユキム ハイエンド ボーイズ)
(佐川グローバルロジスティクス)
対戦ありがとうございました。
また胸を貸して下さい。
本日はお互いダブルでの試合お疲れ様でした。
また今後とも宜しくお願い致します!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Hustler 0 2 JOKER 4月17日(湖北台中央公園)
伊藤の先制打に完封リレー!JOKERが昨年のリベンジ果たし3部強豪対決制す!!
【試合内容】
先攻JOKER、後攻Hustlerで試合開始。初回は両チーム無得点で終える。試合が動いたのは2回、5番太刀川の安打から8番伊藤のタイムリーでJOKERが先制する。3回途中でJOKERは柳田へ継投。ピンチを切り抜け、そのまま1安打完封勝ち。JOKERが昨年のリベンジを果たした。
【相手チームへ一言】
(Hustler)
(JOKER)
JOKER様、この度はありがとうございました。試合に対する意気込み、気持ちから負けていた気がします。次は我々がリベンジ出来るよう頑張ります。是非次も勝ってください、応援しております!
三宅様、いつもグランド手配や、審判手配ありがとうございました!また3部で当たることになると思いますが、その際は宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
下町Tempest 6 4 NITORO 4月17日(江戸川第三公園)
伊藤の決勝打に橋本が完投勝利!サドンデスにまで縺れた死闘は下町に軍配!!
【試合内容】
下町先攻、NITORO後攻で試合開始。初回下町は1番が内野ゴロで倒れるも2番小田、3番武藤の連打でチャンスを作るが、続く4番5番が倒れ無得点。その裏NITOROは2番の四球から3番滝澤レフト前で1アウト1,2塁とすると、4番高橋のレフト前ヒットで1点先制。その後両チームランナーを出すが4回まで無得点。試合が動いたのは4回表、下町は7番鈴木がヒットで出塁し盗塁パスボールの間に三塁へ進み、9番伊藤がセンターへのヒットで同点とする。続く5回にも1番滝沢が三塁打、3番武藤の奇跡の申告敬遠で1,3塁とすると、盗塁の間に1点奪い2-1と勝ち越し。時間の関係で最終回となった6回裏、NITOROは4番高橋のセンター前ヒットでチャンスを作ると、ショートゴロの間に同点に追いつく。7回からサドンデスに入り、先攻下町の攻撃。9番伊藤が奇跡の左中間へのタイムリーツーベースヒットで3点奪い、その後相手のミスで更に1点追加しこの回4得点。その裏NITOROは先頭が押し出し四球、さらにライト前ヒットで2点差とするが後続が倒れ、下町が6-4で勝利。投げては橋本が見事な完投勝利。
【相手チームへ一言】
(下町Tempest)
(NITORO)
対戦ありがとうございました。すごく声が出てて楽しくプレーできました。また機会がありましたらよろしくお願いします。
対戦ありがとうございました。元気がありとてもまとまりのあるチームでした。今後ともよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
NINE SENSE 3 4 D'LLERS 4月10日(印旛西部地区)
矢部の同点打に神田が値千金のサヨナラ打!D'LLERSが1部千葉対決を制す!!
【試合内容】
NINESENCE先攻、D'LLERS後攻で試合開始。試合が動いたのは2回表、NINESENCEは6番大関(健)の左安打をきっかけに、本田の投犠打、ワイルドピッチ、角井・野平の四球によりニ死満塁とすると、1番稗田の右中間へのツーベースにより2点先制。その裏D'LLERSは死球をきっかけに作ったチャンスで渡邊のタイムリーヒットで1点を返す。3回表、NINESENCEは日下部の左中間へのツーベースヒットによりノーアウト二塁。その後4番石川の進塁打で1アウト三塁とし、5番大関(尚)のファーストゴロの間に日下部の好走塁で追加点を取る。D'LLERSは4回、投手高橋から渡邊へスイッチし流れを変える。するとD'LLERS打線は5回裏、2死2.3塁で3番矢部が2点タイムリーヒットを放ち同点とする。最終回となった6回裏、先頭の5番守田が四球で出塁、続く6番渡邊がヒットで続きチャンスを作ると、1死1.3塁で8番神田がライトへサヨナラヒットを放ちゲームセット。D'LLERSが4-3で勝利した。
【相手チームへ一言】
(NINE SENSE)
(D'LLERS)
遠くからお越しいただきありがとうございました!
リーグ戦での対戦も楽しみにしています!
林田様、NINESENCEの皆様この度は対戦ありがとうございました。リーグ戦でも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
SAMURAI.BOYS.NEO 3 4 THK株式会社 4月10日(大原公園)
THK株式会社が3回戦進出!野呂瀬・風張のアベック弾に山田が勝ち越し打!!
【試合内容】
先攻SAMURAI.BOYS.NEO、後攻THK株式会社で試合開始。1回表、サムライはTHK先発山下の立ち上がりを攻め、2死から4番斉藤の安打で先制するとチャンスで小松がタイムリー2ベースを放ち3点を先制する。しかしその裏、THKはサムライ先発の時任を責め立て、小野田のタイムリーで1点を返す。その後2回裏、野呂瀬、風張のアベックホームランで同点に追いつく。勝ち越したいサムライはチャンスを作るも相手好守にはばまれ追加点を奪えず。4回裏にTHKはランナーを1、3塁に置き、山田のエンドランで勝ち越しに成功。投手陣も初回の3失点のみで相手打線を抑え、勝利した。
【相手チームへ一言】
(SAMURAI.BOYS.NEO)
(THK株式会社)
THKの皆様、途中試合が止まるというアクシデントはありましたがとても勉強になる試合でした。今後とも何卒宜しくお願い致します。
グラウンド、審判様の手配して頂き誠にありがとうございました。緊迫した素晴らしい試合でした。また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
松竹梅 2 4 BIGFACE 4月10日(新座市営)
宮城の決勝打に下野のダメ押し打!BIGFACEが松竹梅に競り勝ち3回戦進出!!
【試合内容】
先攻BIGFACE、後攻松竹梅で試合開始。1回表BIGFACEは1番板垣のヒットを足がかりに一死三塁のチャンスを作ると、3番下野のタイムリーヒットで先制。対する松竹梅は2回裏に6番鈴木のセンター最深部のフェンス直撃のツーベースでチャンスメイクするも後続が打ち取られ無得点。BIGFACEは3回表に2番林のタイムリーヒット、5番宮城のタイムリーヒットで2点を追加。しかしその裏、松竹梅は4番加藤のタイムリーツーベースで1点を返す。5回表にBIGFACEは先頭の9番の佃のヒットを足がかりに3番下野の内野ゴロの間に4点目を上げる。松竹梅は6回裏に3本のヒットで二死満塁のチャンスを作ると押出し四球で1点を返す。BIGFACEは7回表に3点を追加するが時間切れで6回までの試合成立。4対2でBIGFACEの勝利。
【相手チームへ一言】
(松竹梅)
(BIGFACE)
BIG FACE様、遠征ありがとうございました。
完敗です。今後ともよろしくお願い致します。
鈴木様、グラウンド手配 審判さん手配ありがとうございました。またぜひよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
STBC 3 7 青霧 4月10日(大宮健保)
3回一挙7得点の猛攻に安田が完投勝利!3部青霧が初戦に続き強豪を撃破!
【試合内容】
先攻STBC、後攻青霧で試合開始。STBCは1回表、四球で出塁したランナーと二本の適時打で2点を先制する。3回裏、青霧は7番丸山の左越え三塁打を皮切りに失策も絡み、ランナーを貯めて3番牛丸の右前適時打で同点、5番久保の押し出し四球で勝ち越しに成功、6番小田原が右越え満塁本塁打でこの回一挙7得点。4回表に内野ゴロの間に1点を失うも、先発安田は7回3失点の好投を見せ完投。青霧が7-3で勝利した。
【相手チームへ一言】
(STBC)
(青霧)
最終回は青霧さんの野球人としての心意気に感動しました!負けたのは悔しいですが今後ともぜひよろしくお願い致します!
この度は対戦ありがとうございました。
またの機会でもよろしくお願いいたします!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ablaze 4 11 フリーステップ 4月10日(猿江恩賜公園)
井出・船山・池田の継投リレー!勢いに乗るフリーステップが2回戦突破!!
【試合内容】
フリーステップ先発は井出。初回連打を浴び2死1.2塁のピンチを作るが無失点で切り抜ける。その裏のフリーステップの攻撃で相手のエラーやラッキーのヒットが重なり4点を先制。2回裏にも高橋と池田のタイムリースリーベースなどがあり一挙7点をとり11-0とするが、3回と4回に井出が2本のホームランなどで4点を失う。その後、船山→池田と継投をし、無失点に抑え11-4でフリーステップが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ablaze)
(フリーステップ)
 
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 3 4 吉岡クラブ 4月10日(大宮健保)
1部同ブロック対決は吉岡クラブに軍配!接戦を制し4年連続の3回戦進出!!
【試合内容】
GOLGOは初回チャンスを作るも無得点で終わる。その裏、吉岡クラブはツーアウト2,3塁から左中間へタイムリーを放ち2点を先制。続く打者にもタイムリーが飛び出し初回に3得点。さらに2回にもツーアウトから右中間へタイムリーで1点を追加する。4回、GOLGOはチャンスで吉田のタイムリー、川崎優のタイムリーなどで3点を返すも反撃はここまで。吉岡クラブが4-3で勝利した。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(吉岡クラブ)
対戦ありがとうございました。
またよろしくお願いします。
グランド及び審判手配ありがとうございました。
今後も引き続きよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ジャンクベースボールクラブ 5 0 SCRUMS 不戦試合
<試合内容>
対戦期限までに対戦が実現せず、対戦オファー数によりSCRUMSの不戦敗。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
上尾西ブルースカイズ 1 0 Avengers 4月3日(大宮健保)
両軍合わせて1安打の投手戦は松本に軍配!上尾西がスミ1でAvengers下す!!
【試合内容】
初回、上尾西ブルースカイズは先頭川島が出塁し、相手のミスもあり無死二塁から三盗すると、送球が逸れる間に一気にホームに生還し、1点を先制。その後は両投手陣が好投し、これが決勝点となり、1-0となる。投げては松本が1安打完封で締め、上尾西ブルースカイズが勝利した。 (取材写真はこちら&試合動画はこちら
【相手チームへ一言】
(上尾西ブルースカイズ)
(Avengers)
対戦ありがとうございました。前から知っている通り、ものすごく迫力のあるとても良いチームと感じました。また是非よろしくお願い致します。
荒井様 グランド、審判さんの手配ありがとうございました。3度目の正直させて頂きます!!!
絶対優勝してください!!!!!!!!!!!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 1 1 Destroyers 4月3日(大宮健保)
関根が完投!Destroyersが王者追い詰めるもPIECEに勝利の女神が微笑む!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻デストロイヤーズで試合開始。1回表PIECEは先頭桑原(以)のヒットや2番上島の四球などで出塁し2度盗塁を仕掛けるも、相手捕手の好プレーで2度失敗に終わり無得点に終わる。1回裏デストロイヤーズは四死球で走者を2人置くも、PIECE先発の関根が3つの三振を奪いこちらも無得点に終わる。試合が動いたのは3回表、PIECEは1死から青野がヒットと盗塁で得点圏に進むと、9番白石がセンター前へのタイムリーヒットを放ち1点を先制する。2死となるも、上島のヒットと坂東が四球を選んで満塁となり斉藤を迎えるが、キャッチャーフライに抑えデストロイヤーズは最少失点でこの回を終える。3回裏デストロイヤーズは1死から死球とエラーで1.2塁とし、重盗を成功させて1死2.3塁から四球を選んで満塁とし逆転のチャンスを作る。PIECE関根も粘りの投球で三振を奪い2死を奪うも、次打者の初球がパスボールとなり同点とされてしまう。その後互いに走者を出すも両投手の踏ん張りでスコアは動かず、6回終了時点で1-1の引き分けによりジャンケンでの決着となる。ジャンケンをPIECEが5-4で勝利し、3回戦へ駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(Destroyers)
グラウンドコンディションが悪い中、対戦して頂きましてありがとうございました。この中でもロースコアの緊迫した試合となり、すごく貴重な経験をさせて頂きました。今後とも宜しくお願い致します。
ご対戦ありがとうございました!あいにくの天気でしたが非常に楽しく野球が出来ました。またよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ファンシーズ 7 1 ADDAXS 4月3日(青梅スタジアム)
池永の決勝弾に新井・山田の鉄壁リレー!新星ファンシーズが3回戦進出!!
【試合内容】
先攻のファンシーズは2回表にADDAX先発の堀籠から6番池永が2ランホームランを放ち先制する。一方の後攻ADDAXは2回裏にファンシーズ先発の新井から7番児玉がタイムリーヒットを放ち、1点差に迫り、更にチャンスを広げるが、途中からリリーフしたファンシーズ山田が同点を許さない。ファンシーズはその後、5点を加えリードを6点差に広げる。反撃したいADDAXは最終回に先頭6番辻が四球で出塁、7番児玉がヒットで繋ぎ、チャンスを作るも得点ならず、ゲームセット。7-1でファンシーズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ファンシーズ)
(ADDAXS)
遠方よりお越し頂き、ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
グランド、審判 等、手配有難うございました。小雨の中でしたが試合が出来て良かったです。また、オープン戦等 宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Nomad.Yankees 3 0 Tommys baseballclub 4月3日(大宮健保)
Nomad.Yankeesが2回戦突破!郡司の決勝打に河合・能間の完封リレー!!
【試合内容】
先攻Nomad、後攻Tommysにて試合開始。1回表Nomadは先頭坂本が安打で出塁、ミスなども絡み1死満塁と攻め立てると5番郡司の2点タイムリーで先制する。その裏Tommysも2死1.2塁とチャンスをつくるもNomad先発河合が粘りの投球で無失点に抑える。その後お互いチャンスは作るも無得点のまま迎えた5回表、Nomadは3番中村が安打で出塁すると2死3塁でワイルドピッチで1点を追加し、結果ダメ押し点に。投げては河合→能間の継投でTommys打線を無失点で抑え、3-0にてNomadの勝ちとなった。
【相手チームへ一言】
(Nomad.Yankees)
(Tommys baseballclub)
対戦ありがとうございました。またよろしくお願いします。
この度は対戦ありがとうございました。雨の中の試合お疲れ様でした。グランド審判の手配もありがとうございました。またの機会に是非対戦よろしくお願い申し上げます。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
戦極-SENGOKU- 10 0 KGLADS 4月3日(八潮北公園)
佐久間が完封シャットアウト!戦極が3HR含む10得点で4回コールド勝ち!!
【試合内容】
先攻KGLADS、後攻戦極で試合開始。戦極先発は佐久間、初回KGLADSの攻撃、藤井・山下の連打でチャンスを作るも後続が倒れ無得点。戦極はその裏、四球とセーフティバンドでチャンスを作ると相手の失策の間に1点を先制。2回表、KGLADSは酒井のヒット等でチャンスを作るも、後続倒れ無得点。2回裏の戦極の攻撃、安打と犠打を絡めて1点追加。さらに3回には4番吉田の右中間柵越え本塁打、5番佐藤の右中間柵越え本塁打、7番杉山の右中間柵越え本塁打と1回で3本の本塁打が飛び出し3点を奪う。4回表、KGLADSは五木田、越後が連打を放つも、後続倒れ無得点。KGLADSは4回裏に投手を交代、交代した中継ぎ投手を更に戦極は攻め立て、四球や押し出し安打を重ね5得点。4回コールドゲームで戦極が勝利し、先発佐久間は完璧な投球で4回被安打5無四球完封勝利。
【相手チームへ一言】
(戦極-SENGOKU-)
(KGLADS)
グランドコンディションの悪い中ありがとうございました。またOP戦等宜しくお願い致します。
本日はありがとうございました。最後は雨の中集中を切らしてしまい申し訳ありませんでした。完敗です。引き続きよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
戦極-SENGOKU- 3 2 T-Five 3月27日(天王洲公園)
谷津の決勝弾に3投手による継投リレー!戦極がT-Fiveとの強豪対決制す!!
【試合内容】
戦極先攻、T-Five後攻で試合開始。初回戦極は2アウトからチャンスを作るも無得点で終わる。戦極先発は木下、T-Fiveは初回死球でランナーを溜め、4番打者のセカンドゴロの間に1点を先制する。2回戦極の攻撃、先頭の杉浦が安打で出塁すると失策と犠打で走者を進め、9番木下の2点タイムリーヒットで逆転する。T-Fiveは2回にも制球に苦しむ木下から死球と犠打で同点に追いつく。尚満塁のピンチで戦極は下野に投手交代。見事に下野が3番打者を中飛に打ち取りチェンジ。戦極は3回谷津の左中間本塁打で再び逆転に成功。その後は戦極が投手継投に入り、酒井にスイッチ。その酒井が5.6回と打ち取り勝負あり。強豪T-Five打線を3人の継投で6回無安打で抑え、3-2で戦極の勝利。
【相手チームへ一言】
(戦極-SENGOKU-)
(T-Five)
ご対戦ありがとうございました!死球が多く申し訳ありませんでした。また宜しくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
青木製作所Snugs 3 6 フリーステップ 3月20日(荒川運動公園)
最年少フリーステップが1回戦突破!二転三転の白熱シーソーゲームを制す!!
【試合内容】
先攻・フリーステップ船山、後攻・青木製作所Snugs椛澤の両先発で試合開始。フリーステップ船山は試合序盤、制球難に苦しむもなんとか2回の1失点以外はスコアボードに0を重ねる。0-1で迎えた最終回、フリーステップは先頭の5番小堂のレフト前などがあり1死一三塁とすると、8番池田の犠牲フライ、9番新實のレフト前などで勝ち越しに成功。しかしその裏、青木製作所Snugsは2アウトから3番有賀がタイムリー3塁打を放ち、サドンデスに突入。先攻のフリーステップは2死となるも、3番平尾のライトへの2点タイムリー、4番矢ノ倉のタイムリーなどで4点を取り、その裏青木製作所Snugsの攻撃を1点に抑え、6対3で勝利した。 (取材写真はこちら&試合動画はこちら
【相手チームへ一言】
(青木製作所Snugs)
(フリーステップ)
対戦ありがとうございました!とても素晴らしいチームでした!次も是非頑張ってください!
とても白熱した試合をすることができました。ありがとうございました。またよろしくお願い致します!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
RED SOX 1 2 JOKER 3月20日(大宮健保)
太刀川(璃)の決勝打に坂本・柳田の継投リレー!JOKERがREDSOXから金星!!
【試合内容】
先攻REDSOX、後攻JOKERで試合開始。JOKERの先発は坂本、初回を無失点に抑える。試合が動いたのは2回裏、相手のエラーから7番寺田のタイムリーヒットでJOKERが先制。3回表に2アウト、ランナー1.2塁のピンチでJOKERは2番手柳田を投入し無失点で切り抜ける。5回には木村のヒットから太刀川(璃)のタイムリーヒットで追加点を上げ2-0となる。追い付きたいREDSOXは6回、先頭の2番小口がツーベースで出塁し、4番の丸橋のタイムリーで1-2とするも及ばず。JOKERが2-1で逃げ切り勝利した。
【相手チームへ一言】
(RED SOX)
(JOKER)
本日はありがとうございました。
次回も頑張ってください!
対戦ありがとうございました。
また機会がございましたら宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
品川オレンジ 2 2 松竹梅 3月20日(天王洲公園)
3部対決は松竹梅に軍配!サドンデスでも決着つかずジャンケン対決を制す!!
【試合内容】
品川オレンジは4回に、長谷川の犠牲フライと札木のタイムリーで2点先制する。0対2松竹梅が追いかける展開。しかし、松竹梅は6回2死満塁の場面で6番鈴木の2点タイムリーで同点に追いつく。延長サドンデスでも決着がつかずジャンケン対決になり、松竹梅が先に5勝をあげ勝利。
【相手チームへ一言】
(品川オレンジ)
(松竹梅)
春先のナイターでの対決、ありがとうございました。9番までバットが振れていて、強かったです。また機会がありましたら、ぜひ対戦よろしくお願いいたします。
品川オレンジ様、対戦して頂きましてありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Mr.cherryboys 0 4 Tommys baseballclub 3月20日(大井ふ頭)
柴田大の3打点に藤田が完封勝利!投打噛み合ったTommysが2回戦進出!!
【試合内容】
先攻Tommys baseballclub、後攻MR.cherry boys。一回表Tommys baseballclubの攻撃、無死一二塁のチャンスを作るが、後続が完璧に抑えられ無得点で終わる。一回裏MR.cherry boysの攻撃、二死二塁とチャンスを作るが、4番がセカンドフライに倒れ0点。三回表Tommys baseballclubは先頭の9番柴田大がレフト柵越えのホームランを放ち1点先制。その後、死球やヒットなどで一死一三塁とする。このとき、一塁走者が盗塁し、投手がカットして三塁に投げるも、三塁手が捕れずさらに1点追加。0-2とする。さらに四回表、二死から8番打者がセンター前ヒット、その後9番柴田大がセンターオーバーのタイムリーツーベースを放ち1点追加。六回表にもヒットや四球などで一死満塁とし、9番柴田大がレフトへタイムリーヒットを放ち1点追加。Tommys baseballclubが0-4とリードを広げる。このまま試合は7回を迎え、MR.cherry boysの攻撃は3人で抑えられ試合終了。0-4でTommys baseballclubの勝利。投げては藤田が完封勝利。
【相手チームへ一言】
(Mr.cherryboys)
(Tommys baseballclub)
Tommys baseballclub富山様、本日はありがとうございました。また機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。
対戦ありがとうございました。当日はグランド整備をはじめ、調整いただきまして感謝申し上げます。また機会がありましたら対戦よろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ダディーズベースボール 1 4 Destroyers 3月20日(大宮健保)
片峯が好投見せリードを死守!Destroyersがダディーズ下し1回戦を突破!!
【試合内容】
Destroyers先攻、ダディーズ後攻。1回表、四死球で満塁のチャンスを作ると5番の内野ゴロと6番の犠牲フライでDestroyersが2点先制。2回表Destroyersはタイムリーヒットで1点追加。更に5回表もタイムリーヒットで1点追加。5回裏にダディーズも内野ゴロの間に1点返すが反撃もここまで。先発片峯が強力打線を相手に粘りの投球でリードを死守。4-1でDestroyersが逃げ切り勝利した。
【相手チームへ一言】
(ダディーズベースボール)
(Destroyers)
丸目様、destroyersの皆様。この度は遠征ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。次も頑張ってください。
グランドの確保等色々とありがとうございました!ぜひまた機会あると思いますのでよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ファンシーズ 2 1 TOKYOMAJESTY 3月13日(青梅市民球技場)
息をのむ投手戦は山田に軍配!新星ファンシーズが接戦制し鮮烈デビュー!!
【試合内容】
1回表、先攻のTOKYO MAJESTYは2番葛城が強烈なセンター前ヒットで出塁すると、続く4番高島が左中間を抜く長打を放つが、ファンシーズの中継プレーにより、本塁アウトとなり、先制点とはならず。一方、後攻のファンシーズは1回裏に1アウト3塁のチャンスを作るが、先制点を奪えず、お互いチャンスをつくるも先制点を奪えなかった。2回裏、先頭のファンシーズ5番武田(大)が2塁打を放つなど、1アウト2.3塁のチャンスを作ると、守備のミスにより先制し、なおも8番枝の内野ゴロの間に追加点を奪った。4回表、TOKYO MAJESTYは2番葛城のこの日2本目となるヒットで出塁、守備の乱れもあり、0アウト1.3塁のチャンスを作り、4番高島がライトへの犠牲フライを放ち、1点差に迫る。その後はTOKYOMAJESTY先発高島とファンシーズ先発山田の好投により、お互いに得点を奪えず、ファンシーズが1点差を守り、ゲームセットとなった。ファンシーズ先発投手の山田7回被安打4奪三振6無四球完投、TOKYO MAJESTY 2番葛城は3打数3安打の活躍を見せた。
(取材写真はこちら&試合動画はこちら
【相手チームへ一言】
(ファンシーズ)
(TOKYOMAJESTY)
対戦ありがとうございました。
打席内での積極的なスイング、大変勉強になりました。
今後とも宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました!
またオープン戦等でよろしくお願いします!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
THK株式会社 3 1 萩中サンダース 3月13日(小松川橋上流)
橋本の先制弾に飯塚のダメ押し弾!THK(株)が4投手による継投で初戦突破!!
【試合内容】
THK後攻、萩中サンダース先攻で試合開始。1回の表、萩中サンダースは連打で得点圏にランナーを置き、蛯名の内野安打で先制する。2回の裏、8番橋本がレフトスタンドに飛び込むホームランを放ち、THKが同点に追いつく。続く4回の裏、エラーにより出塁。ランナーを三塁に置き、9番石橋のタイムリーで勝ち越しに成功。5回の裏には3番飯塚のライトスタンドへのホームランでダメ押し。THKは再三ランナーを許す苦しい状況の中、長井-福富-中武-小野田、4投手のリレーで萩中サンダース打線を1点に抑え、初戦を勝利した。
【相手チームへ一言】
(THK株式会社)
(萩中サンダース)
この度は対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら何卒宜しくお願いします。
対戦ありがとうございました。トーナメント戦でしたが、雰囲気良く試合ができました事、お礼申し上げます。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
青霧 1 0 La.Men 3月13日(世田谷運動場)
丸山の決勝打に田村が圧巻の完封勝利!青霧がスミ1で強豪La.Men下す!!
【試合内容】
青霧は1回表、先頭の安田が右安で出塁、その後2死三塁とし5番丸山の内野安打で先制に成功する。その後試合は膠着し、スミ1を守り抜きそのまま1対0で青霧が勝利した。先発田村は7回を被安打3、2奪三振、1四球で完封勝利の好投。
【相手チームへ一言】
(青霧)
(La.Men)
この度は対戦ありがとうございました。
またの機会でもよろしくお願いいたします。
対戦ありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Hustler 5 2 RED HILL 3月13日(我孫子市民球場)
斉藤・幸田が2者連続HR!2020年大会4強のHustlerが強豪下し2回戦へ!!
【試合内容】
先攻REDHILL、後攻Hustlerで試合開始。試合が動いたのは4回、REDHILLが長短打で1点を先制する。その裏、Hustlerは先頭5番斉藤の中安打で無死一塁、続く打者は倒れるも、7,8,9番が四死球を取り同点、続く1番米本の内野ゴロの間に逆転に成功。追加点の欲しいHustlerは5回に先頭3番中川が左二塁打、4番井上は内飛に倒れるも、5番斉藤が逆方向レフトフェンスを越える豪快な本塁打を放つと、続く6番幸田も左中間フェンスを越える2者連続の本塁打で3点を追加。試合の流れを引き寄せたHustlerは丹波、宇津木、染谷と継投で最終回に1点を失うも逃げ切り、2対5でHustlerの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(Hustler)
(RED HILL)
REDHILLの皆様、本日は遠征していただきありがとうございました。試合準備も手伝っていただき、気持ち良く試合が出来ました。鋭いスイングと細かい作戦も織り交ぜられ、守っていて脅威でした。また機会がございましたら、是非宜しくお願い致します。
三宅様 Hustler様、この度は御対戦、グランド・審判様手配とありがとうございました。今後とも宜しくお願い申し上げます。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
我孫子フラワーズ 3 4 Nomad.Yankees 3月13日(塚崎野球場)
三浦が先制打&決勝弾と大暴れ!Nomadが初タイトル獲得へ向け好発進!!
【試合内容】
先攻Nomad.Yankees、後攻我孫子フラワーズで試合開始。1回表、1番坂本が内野安打で出塁すると2番山崎が2塁打を放ち無死2.3塁とする。続く3番三浦の先制タイムリーとミスの間に2点を先取し、さらに4番郡司の犠牲フライでNomad.Yankeesが3点を先制する。その裏我孫子フラワーズは2番北澤(京)の二塁打でチャンスを作りエラーで1点を返し2点差とする。さらに3回裏、我孫子フラワーズは9番森川が敵失で出塁し、打順は、1.2番の北澤兄弟へ。1番弟の北澤(玲)がフェンス直撃の二塁打を放ちノーアウト2.3塁のチャンスを作る。兄の北澤(京)がしっかりレフト前へタイムリーを放ち同点に追いつく。その後両チーム必死の守りで投手戦が続く。迎えた5回表、Nomad.Yankeesは3番三浦がソロホームランを放ち、これが決勝点。4-3でNomad.Yankeesの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(我孫子フラワーズ)
(Nomad.Yankees)
対戦ありがとうございました!また是非よろしくお願い致します!次戦以降も頑張ってください!
対戦ありがとうございました。
またよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ビッグホーンズ 2 2 TOKYO GRAND SLAM 3月13日(大宮健保)
昨季準VのTOKYO GRAND SLAMが辛勝!ジャンケン決着を制し2回戦進出!!
【試合内容】
先攻ビッグホーンズ、後攻TOKYOGRANDSLAMで試合開始。2回表にビッグホーンズがヒットとエラーで満塁のチャンスを作ると8番大園のヒット、9番高見のフォアボールで2点を先制する。しかし、4回裏にTOKYOGRANDSLAMが連続タイムリーで2点を入れ同点とする。6回表ビッグホーンズが1.2塁のチャンスを作り、2番松山がレフトオーバーで5対2となるが時間が来てしまい、2対2の記録となりジャンケン対決。TOKYOGRANDSLAMが制し、2回戦進出を決めた。
【相手チームへ一言】
(ビッグホーンズ)
(TOKYO GRAND SLAM)
ありがとうございました。
引き続き今後とも宜しくお願い致します。
対戦有難う御座いました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
NINE SENSE 12 5 HOT DOG 3月13日(松山下公園)
NINE SENSEが12得点と打線爆発!HOTDOGとの打ち合いを逆転で制す!!
【試合内容】
NINE SENCE先攻、HOTDOG後攻で試合開始。1回表、2番大胡がライトオーバーの三塁打。3番石川がセカンドゴロ。その間に大胡が帰還。その後、4番角井がファーストゴロ。1-0。裏のHOTDOGの攻撃は三者凡退。2回表、NINE SENCEの攻撃はランナー三塁に送るも相手のセカンドファインプレーにより点数につながらず。裏のHOTDOGの攻撃。2アウト取られるも6番のフォアボールをきっかけに5安打1失策により一挙5得点。1-5となる。3回表、NINESENCEの攻撃は2本のヒットによりチャンス作るも無得点。裏のHOTDOGの攻撃は三者凡退。4回表、HOTDOGは阿瀬見から高橋へと投手のバトンタッチ。NINE SENCEの攻撃。6番大関健次郎のセンターフライで1アウト取られるもその後7番安藤のセカンドフライがエラーとなり出塁。その後、四死球、安打、犠飛とつながり一挙7得点。8-5。HOTDOGは途中塚原に継投するもNINE SENCE打線の勢いを止められず。裏のHOTDOGの攻撃は三者凡退。5回表、NINE SENCEの攻撃。8番勝のレフトオーバー2ベース。9番大関尚がバント。投手が三塁でのアウトを試みるもセーフ。1番国保の死球。満塁となる。2番大胡から打線繋がり一挙4得点。12-5。5回裏、HOTDOGの攻撃は三者連続三振となり試合終了。12-5でNINE SENCEが勝利した。
【相手チームへ一言】
(NINE SENSE)
(HOT DOG)
今日は遠くから来ていただきありがとうございました。試合中のマナーなど学ばせていただく事が沢山あり、実りのある試合でした!また、機会がありましたら対戦よろしくお願いします!
ナインセンスの皆様、対戦ありがとうございました。勉強になることが多くありました。ぜひまたお手合わせ頂けたら嬉しいです。スプリングカップ次戦も頑張ってください!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
清瀬ロングコックス 1 0 GOLGO BASEBALL CLUB 3月13日(大宮健保)
押し出しの1点が決勝点!GOLGOが渡邊の完封勝利で緊迫の投手戦を制す!!
【試合内容】
先攻GOLGO渡邊、後攻ロングコックス阪-小寺バッテリー。2回、GOLGOは先頭の長谷川、続く吉田がヒットでノーアウト1.2塁のチャンスを作ると、本多が送りワンアウト2.3塁とする。その後ツーアウト満塁となり、川崎弘が押し出しの四球を選び1点を先制する。GOLGO先発の渡邊は安定した投球で、ピンチを招くも7回を投げ切り完封勝利となった。
【相手チームへ一言】
(清瀬ロングコックス)
(GOLGO BASEBALL CLUB)
本日は対戦有難うございました!完敗です。
このまま神宮まで頑張ってください!!
グラウンド・審判の手配ありがとうございました。
また、機会があれば宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
東京ドナルドダック 1 5 STBC 3月13日(城北中央公園)
岩出のダメ押し弾に下田の好投!STBCがドナルドを撃破し最高の滑り出し!!
【試合内容】
先攻STBCは下田、後攻ドナルドダックは佐藤(守)で試合が始まる。1回裏にドナルドダックはチャンスを作るも無得点。2回表のSTBCの攻撃、5番田中がデッドボールで出塁。6番下田が倒れ7番小島が死球を選ぶ。ツーアウト1.3塁で8番浦田、打った打球はサードの元へ、送球しチェンジかと思いきや、相手がミスをしSTBCが先制。その後9番岡田のタイムリーなどで2回にSTBCが3点を奪う。3回にも3番大山がツーベースヒットで出塁、ここで4番岩出がセンターへ追加点となるツーランホームランを放ち、点差を離し5点に広げた。5回裏にドナルドダックは相手のミスで1点を返すもSTBCが逃げ切り、5対1で試合終了。
【相手チームへ一言】
(東京ドナルドダック)
(STBC)
STBCの皆様、日程調整などありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
東京ドナルドダック様、グラウンドの手配、審判さんの手配ありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
相模KOT'S 2 3 Avengers 3月13日(相模湖林間公園)
主将関根が柵越え同点弾!Avengersが2019年準VのKOT'Sを逆転で下す!!
【試合内容】
相模KOT'S泉投手、Avengers菅野投手で試合開始。2回表に相模KOT'Sは荒井、中坪の連続安打から鈴木のタイムリーで2点先制。しかしAvengersは3回裏に石黒のツーベースで1点返す。さらに5回裏に関根のレフトスタンドへのソロホームランで同点に追いつくと、6回裏に満塁から相模原KOT'Sのエラーで勝ち越し、時間切れにより2-3でAvengersの勝利。
【相手チームへ一言】
(相模KOT'S)
(Avengers)
Avengersの皆様、遠征ありがとうございました。素晴らしい打撃でした。2回戦以降も頑張ってください。機会がありましたら、また対戦お願いします。
吉田様 グランド、審判さん共に手配ありがとうございました。今後の試合も一戦必勝で勝ち上がります!ぜひ機会がありましたらまた試合宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
D'LLERS 3 2 Dejavu 3月13日(江戸川第三公園)
矢部の好投に小泉がサヨナラ打!D'LLERSが緊迫の接戦を劇的勝利で飾る!!
【試合内容】
Dejavu先攻、D'LLERS後攻で試合開始。D'LLERSは今シーズン初先発の矢部が登板。初回味方のエラーが重なり1点失うも、後続をしっかり抑える。D'LLERS打線は相手好投手の前に得点圏へランナーを進めるもあと1本が出ず。中盤に1点を返し同点に追いつくも、再び1点を取られ逆転を許す。6回に1点を返し再び追いつくと、最終回7回裏ランナー2塁に置き2番小泉が右中間を破るサヨナラタイムリーヒットで勝利。先発矢部は7回2失点(自責1)と試合をつくった。
【相手チームへ一言】
(D'LLERS)
(Dejavu)
この度は遠征頂きありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
ありがとうございました!
また機会があればよろしくお願いします!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BIGFACE 21 4 情熱チキン 3月13日(我孫子市民球場)
高橋が代打満塁ホームラン!BIGFACEが脅威の21得点を叩き出し1回戦突破!!
【試合内容】
先攻BIGFACE、後攻情熱チキンで試合開始。初回は両チーム無得点で迎えた2回表、BIGFACEは一死二塁のチャンスを作ると6番林のタイムリーツーベースで先制。続く7番亀田のタイムリーで2点目。その後相手ミスの間にもう1点加える。対する情熱チキンはその裏一死一、三塁のチャンスで8番高橋の3点本塁打ですぐさま同点。同点のまま迎えた4回表、BIGFACEは8番三井のタイムリー内野安打、1番板垣の2点タイムリー、3番高木の2点タイムリーで5点を勝ち越し。BIGFACEは5回表にも代わった投手から高橋の代打満塁ホームランなどで13点を加える。5回裏情熱チキンは1点を返すも21対4で試合終了。
【相手チームへ一言】
(BIGFACE)
(情熱チキン)
長尾様、遠征ありがとうございました。
またぜひよろしくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
上尾西ブルースカイズ 3 0 Rad Krieger 3月13日(大宮健保)
上尾西ブルースカイズが2回戦へ!荒井の先制打に伊藤(康)が圧巻の完封勝利!!
【試合内容】
1アウト1.2塁で迎えた4回表、上尾西ブルースカイズは荒井の3ベースヒットで2点先制。続く5回も宮島のライト前タイムリーで1点を追加。先発の伊藤康は、ピンチを抱えながらも7回完投完封。上尾西ブルースカイズが3-0で勝利した。
【相手チームへ一言】
(上尾西ブルースカイズ)
(Rad Krieger)
対戦ありがとうございました。とても力のあるいいチームだと感じました。また機会があれば宜しくお願い致します。
グラウンド、審判の手配ありがとうございました。
また対戦する際はよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ADDAXS 4 3 PEACE 3月13日(大宮健保)
杢内の決勝打に堀籠・小川の投手リレー!ADDAXSが新星PEACEに競り勝つ!!
【試合内容】
先攻PEACE先発吉村、後攻ADDAXS先発堀籠で試合開始。2回裏ADDAXSは、6番伊藤が死球、盗塁でチャンスを作ると7番兒玉のタイムリー1点を先制。4回表PEACEは、2番関根のヒットでチャンスを作ると4番斉藤のタイムリーで同点。5回裏ADDAXSは8番小竹のソロホームランで逆転。続く9番矢部、1番後藤の安打でチャンスを作ると3番杢内の2点タイムリーで追加点。7回表PEACEは、四球、安打等で2点を追加。1アウト満塁からADDAXSは小川にスイッチ。2者を抑えて試合終了。3-4でADDAXSの勝利。
【相手チームへ一言】
(ADDAXS)
(PEACE)
対戦ありがとうございました。今後も宜しくお願いします。
対戦ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
NexuS 1 7 湾岸ベースボーイズ 3月13日(大宮健保)
日置の決勝打に加藤が11奪三振の完投!今季巻き返しを誓う湾岸が初戦突破!!
【試合内容】
先攻NexuSの先発投手は永田、後攻湾岸ベースボーイズの先発投手は加藤で試合開始。1回裏、湾岸は2番増田が内野安打と盗塁でチャンスを作ると3番大林(穂)のレフト前ヒットで1点先制。4回表、NexuSは0アウト3塁のチャンスを作り、ボークで同点に追いつく。4回裏、湾岸は3番大林(穂)の レフトオーバー2ベースや死球などで1アウト満塁のチャンスを作り、7番日置のレフト前タイムリーヒットで2得点、さらにバッテリーミスで1得点し4-1とリードを広げる。5回裏、湾岸は大林(穂)のセンター前ヒットと盗塁でチャンスを作ると、5番長濱のセンター前タイムリーヒットで1点追加。なおも2アウト2.3塁のチャンスを作り、日置の右中間3ベースで2点追加。湾岸が7-1とリードを広げ、その後は両者無得点。先発の加藤は7回1失点11奪三振の好投湾岸が勝利。
【相手チームへ一言】
(NexuS)
(湾岸ベースボーイズ)
 
対戦ありがとうございました!グランド・審判も手配いただきありがとうございました!今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
テイクケア 0 5 下町Tempest 3月13日(大井ふ頭)
武藤が完封シャットアウト!下町Tempestが隙を逃さず初回で試合を決す!!
【試合内容】
下町先攻、テイクケア後攻で試合開始。試合は初回、テイクケア先発が乱調により四死球を重ねヒットとエラーを合わせ初回5失点。その裏テイクケアの攻撃、2つのエラーでランナーを出すも先発武藤の前に得点できず。その後両チームランナーを出すも無得点が続く。テイクケア打線は下町Tempestの好投手に手も足も出ず、最後は武藤が3人で抑え試合終了。5-0で下町Tempestが勝利した。
【相手チームへ一言】
(テイクケア)
(下町Tempest)
対戦ありがとうございました!レベルの高い試合が出来楽しかったです!2回戦頑張ってください!
グラウンド確保などありがとうございました。
また機会があればよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
佐川グローバルロジスティクス 10 0 ピエールズ 3月13日(前田西公園)
木村・澤田の完封リレーに猛打炸裂!2020年準Vの佐川がコールド発進!!
【試合内容】
ピエールズ先攻、佐川グローバルロジスティクス後攻での一戦。佐川の先発は木村。木村は5回まで安定したピッチングを見せ1安打無失点に抑え、澤田へリリーフ。澤田も3者凡退に抑える投球を見せる。試合が動いたのは2回裏佐川の攻撃、2死2.3塁で9番豊田が右中間を破る本塁打で3点を先制する。4回裏には7番鈴木がライト前で出塁し、8番古家が四球を選ぶと、1死1.2塁で9番豊田が左中間3塁打、続く1番一林のレフト前タイムリーで3点追加する。さらに6回裏には8番古家、9番豊田、1番一林、2番須永、3番細川の5者連続安打で3点を追加すると4番栗原の犠牲打で4点目を奪い、佐川グローバルロジスティクスが6回コールド勝利を収めた。
【相手チームへ一言】
(佐川グローバルロジスティクス)
(ピエールズ)
本日は誠にありがとうございました!
今後とも宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。また是非よろしくお願い致します。優勝を応援しております!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 7 5 CHUYANS+ 3月6日(荒川第二)
関根が強風の中粘りの完投勝利!初戦注目の強豪対決は王者PIECEに軍配!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻CYUYANS+で試合開始。1回表、PIECEは2死から3番茂木が四球と盗塁で2塁まで進むと、4番斉藤がセンター前へタイムリーを放ち1点を先制する。追いつきたいCYUYANS+は2回裏、6番桑田が3塁打を放ち2死3塁とし、続く吉澤のサードゴロがベースに当たりこれがタイムリー内野安打となって同点に追いつく。3回は互いに無得点に終わる。4回表、PIECEは先頭の茂木が四球で出塁し盗塁を決めると、送球がセンターへ抜けて一気に3塁へ進み、更にセンターからの送球も逸れてホームへ生還してPIECEが勝ち越す。その後、四球やFC、白石(太)、櫻井(雄)のヒットなどで5点を奪い7-1の6点差とする。5回裏、CYUYANS+は1死から四球や内野安打などで2死満塁とし、4番泉がライトオーバーの2塁打で2点、2死2.3塁からポテンヒットで更に2点を奪い、7-5と点差を縮めるも5回終了時点で時間となり、7-5でPIECEが勝利した。PIECE先発の関根は強風が吹き荒れる中粘りのピッチングで完投勝利をあげた。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(CHUYANS+)
対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。締まらない試合となってしまい、すみませんでした。引き続きよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
TOKYO OVERDOSE 2 3 吉岡クラブ 3月6日(神宮軟式)
太田が劇的サヨナラ打!吉岡クラブが終盤追い付かれるも勝負強さを発揮!!
【試合内容】
先攻:東京オーバードーズ、後攻:吉岡クラブで試合開始。初回、吉岡クラブはエラーで出たランナーを置いて、3番山崎の渋いライト前タイムリーで先制、0-1。その後、盗塁でランナーを進めワイルドピッチで追加点、0-2。対する東京オーバードーズは、打ちあぐねていた吉岡クラブ先発の竹谷から6回にチャンスを作り、1番古都、2番廣瀬の連続タイムリーで同点に追いつく、2-2。最終回裏、吉岡クラブは先頭の豊田が左中間へのツーベースを放ち、7番渡辺の犠打で3塁に進め、最後は太田がライト前サヨナラタイムリーで試合を決めた。東京オーバードーズは先発廣瀬が5回2失点7奪三振とゲームを作ったが、打線が答えられなかった。
【相手チームへ一言】
(TOKYO OVERDOSE)
(吉岡クラブ)
対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
グランド及び審判手配ありがとうございました。
また、対戦よろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
NITORO 7 6 スタイガー 3月6日(東綾瀬公園)
山下(舜)が決勝打!NITOROが打者一巡の猛攻で一挙7点を奪い大逆転勝利!!
【試合内容】
両チーム初回は無得点に終わり、試合が動いたのは2回裏スタイガーの攻撃、4番から打線が繋がり2点先制!スタイガーはその後も追加点をあげ、5-0で迎えた5回表、NITOROは先頭の8番山下(舜)から打者一巡の猛攻で5-5の同点に!その後2アウトランナー2、3塁から8番山下(舜)の勝ち越し2点タイムリーで7-5と一気に試合をひっくり返す!最終回となった5回裏、スタイガーも1点を返し同点のチャンスを作るも、ピッチャー川上が踏ん張り7-6で試合終了!
【相手チームへ一言】
(NITORO)
(スタイガー)
総合的にとても素晴らしいチームで、勉強になりました。ありがとうございます。オープン戦等今後ともよろしくお願いいたします。
対戦ありがとうございました。素晴らしい粘りでした。引き続きよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
SCRUMS 1 0 ジョルターヘッズ 3月6日(潮田公園)
田中が圧巻の完封勝利!参戦2年目SCRUMSがジョルター下しVictoria初白星!!
【試合内容】
ジョルターヘッズ相澤、SCRUMS田中両投手の好投でゲームは投手戦に。試合が動いたのは4回、SCRUMSは前田のヒットなどで一二塁のチャンスを掴むと、4番谷川がタイムリー二塁打を放ち先制する。その後も投手戦は続き、迎えた最終回。ジョルターヘッズは小関(龍)が死球で出塁しバッテリーエラーで二塁まで進む。しかしここから三者を抑え込んだSCRUMUSが1-0で勝利した。投げては先発田中が7回3被安打6奪三振で完封勝利!
【相手チームへ一言】
(SCRUMS)
(ジョルターヘッズ)
横浜まで遠征して頂きありがとうございました!また対戦する機会がございましたらその際は宜しくお願い致します!
SCRUMS様、諸々ご手配頂きありがとうございました。とても締まったゲームだったと思います。ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
SAMURAI.BOYS.NEO 6 1 Friends 3月6日(八潮北公園)
篠塚が投打の活躍!SAMURAI.BOYSが5年連続でスプリングカップ初戦突破!!
【試合内容】
先攻サムライ篠塚、後攻friends山田の先発で試合開始。サムライは2回表、4番池村のヒットでチャンスを作ると篠塚のタイムリーなどで4点を取り、試合を優位に進める。対するFriendsは2回裏に5番本城がヒットと盗塁でチャンスを作ると、8番海老名の奇跡のタイムリーヒットで1点を返す。4回表、サムライは石崎、旭が安打でチャンスを作ると上位打線が返し2点追加で突き放す。4回裏のFriends攻撃中にまさかの照明が故障し、試合継続不可能に。この時点で試合時間が70分経過していたため規約により試合成立。サムライが勝利。
【相手チームへ一言】
(SAMURAI.BOYS.NEO)
(Friends)
Friendsの皆様、この度はグランドアクシデントがおこり申し訳ございません。またオープン戦等よろしくお願いします。
グラウンド、審判手配ありがとうございました。次の塁を積極的に狙う姿勢を見習いたいと思います!皆様40代と聞いた時には驚きました。またぜひよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
吉岡クラブ三代目 0 2 ジャンクベースボールクラブ 3月6日(江戸川広域)
高橋の決勝打にエース吉藤が好投!今季躍進を誓うジャンクBBCが2回戦進出!!
【試合内容】
先攻:ジャンクベースボールクラブ(先発:吉藤)、後攻:吉岡クラブ三代目(先発:村田)でプレイボール。前半、中盤と両投手の好投により0点が並ぶ。両チーム我慢の展開が続く中、試合も終盤となりジャンクベースボールクラブの攻撃。二死から4番大森が死球で出塁すると、5番高橋の打球がレフト戦へのスリーベースヒットとなり、2塁ランナーの大森が一気にホームに還り貴重な1点が入る。なお、ランナー3塁で6番奥村の打球がライト前に落ち、この回2点を取る。吉岡クラブ三代目も先頭バッターが四球で出塁すると、パスボール、盗塁でランナーを三塁に進めるが、後続が続かず反撃はここまでとなる。結果、2-0でジャンクベースボールクラブの勝利。
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ三代目)
(ジャンクベースボールクラブ)
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら、よろしくお願いします。
吉岡様、チームの皆さま、対戦ありがとうございました。とても痺れるゲームで、楽しく野球が出来ました。今後ともよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
笑祭 1 6 ユキム ハイエンド ボーイズ 3月6日(荒川第二)
ユキムが2部4強笑祭下し初戦突破!木村が7回2アウトまでNO-NOピッチング!!
【試合内容】
ユキムは1回裏、笑祭先発の鳥飼を攻め、四球とエラー、送りバントで1死2,3塁のチャンスを作り、4番宍戸のレフト頭上を越える2点タイムリースリーベースで2点。さらに6番古日山にもタイムリースリーベースが飛び出し3-0と幸先良く先制する。さらに3回裏、5回裏にも6番古日山、7番鈴木、8番木村のタイムリーで6-0とリードを広げる。ユキム先発の木村は初回からテンポの良いピッチングで7回1死までパーフェクトピッチングを見せるも、最終回笑祭2番富田にヒットを打たれパーフェクトが途切れる。さらに内野エラー、4番島崎のタイムリーで1点を取られさらにピンチとなるが、後続の追撃は許さずゲームセット。6-1でユキム ハイエンド ボーイズが勝利。
【相手チームへ一言】
(笑祭)
(ユキム ハイエンド ボーイズ)
強風の中、対戦いただきありがとうございました。また機会がございましたら、よろしくお願い致します。今後の健闘をお祈りします。ありがとうございました!
強風の中対戦ありがとうございました。
また機会がございましたら対戦の程宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
東京スラッガーズ 3 11 ablaze 3月6日(四つ木橋球場)
2年目ablazeが1回戦突破!東京スラッガーズは善戦するも最終回に力尽きる!!
【試合内容】
先攻ablaze、後攻東京スラッガーズで試合開始。1回表、四死球や守備の乱れによりablazeが1点を先制。2回表にも3点を追加。その裏、東京スラッガーズは相手のエラーでチャンスを作り犠牲フライで1点を返す。さらに4回裏、犠牲フライで1点、5回裏、相手の失策で1点を取り返し4-3と詰め寄る。3回以降東京スラッガーズ先発真田が緩急を使った粘りのピッチングで6回まで無失点に抑えるも、7回表に守備が乱れ7失点。7回裏の攻撃で先頭が出塁するも後続をキッチリと抑えられ試合終了。11-3でablazeの勝利。
【相手チームへ一言】
(東京スラッガーズ)
(ablaze)
ablazeの皆様、対戦有難うございました。今後とも宜しくお願い致します。次戦以降も頑張って下さい!
グラウンド、審判様手配ありがとうございました。
また機会があれば宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
KGLADS 9 3 東京KINGS 2月27日(井の頭恩賜公園)
3部対決はKGLADSに軍配!2HR含む9得点で2022オープニングマッチを制す!!
【試合内容】
1回裏、後攻のKGLADSは小林颯の四球、海部のヒットでチャンスを作ると山下のライトへのタイムリー2ベースで先制。2回表、東京KINGSも9番手塚のタイムリーですぐさま同点とする。しかし2回裏、東京KINGS先発の森は粘りのピッチングを見せるも悪い流れが断ち切れず、KGLADSは久世、磯飛が連続四球、さらに敵失でチャンスを作ると、海部の押し出し四球で勝ち越し。さらに山下の2点タイムリー、河村のタイムリー、五木田の犠飛で一挙5点をとる。3回裏、リリーフした冨永も流れを止められず、久世のホームラン、小林颯の2ランホームランが飛び出し、KGLADSが9-1とリードを広げる。KGLADS先発の磯崎は4回まで被安打2失点1奪三振5と好投。東京KINGSは5回からリリーフした磯飛から失策や前田の反撃の柵越え弾で2点を返すも試合終了。9-3でKGLADSが勝利した。 (取材写真はこちら、試合動画はこちら
【相手チームへ一言】
(KGLADS)
(東京KINGS)
本日はありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。
堅実な守備とどこからでも始められる思い切りのいい打線に完敗でした。是非勝ち進んでください!応援してます。