TOP > スプリングカップ2021 supported byアミノバイタル > トーナメント表
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 2 2 ちゃんぷるーず 8月29日(大宮健保)
白石の劇的同点打に桑原(以)の完投!王者PIECEが2年連続のスプリング決勝進出!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻ちゃんぷるーずで試合開始。3回まで両先発投手が走者を背負いながら粘りの投球でスコアボードに0が並ぶ。試合が動いたのは4回表、PIECEは1死から斉藤がセンター前に落ちるヒットで出塁すると、進塁打と盗塁で2死3塁からここまで好投の桑原(以)を引っ張る桜井が右中間へタイムリーを放ちPIECEが1点を先制する。ちゃんぷるーず打線はここまで走者を出しながらもなかなか1本が出なかったが、6回裏2死走者無しからここ一番の勝負強さを見せる。2死からツーベースで出塁すると鎌田が初球を捉え、これが左中間の真ん中に落ちて同点に追いつく。更に三戸もレフト前ヒットで繋ぎ2死1.3塁とすると、今村の止めたバットに当たった打球がショートとレフトの間に落ちてこれがタイムリーとなり、2死から4連打で一気にちゃんぷるーずが逆転に成功する。7回表、PIECEは先頭の桜井が四球で出塁すると進塁打で1死2塁とする。次打者が倒れて2死2塁となり、9番白石を迎える。PIECEは2塁走者に代走を送り勝負に出ると、白石の放った打球は右中間を抜ける同点タイムリーでPIECEが土壇場で追いつく。この後更に2死1.2塁となるが後続は倒れ、7回裏のちゃんぷるーずの攻撃も無得点に終わる。グランド使用時間切れにより勝敗はじゃんけんでの決着となり、このじゃんけんをPIECEが勝利して2年連続の神宮での決勝へ駒を進めた。 (取材写真はこちら
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(ちゃんぷるーず)
対戦ありがとうございました。
今後ともお付き合いのほど宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
決勝戦頑張ってください!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
スタイガー 1 2 TOKYO GRAND SLAM 8月22日(江戸川区球場)
太田・高橋の投手リレー!参戦3年目TOKYO GRAND SLAMが初のファイナルへ!!
【試合内容】
先攻TGS、後攻スタイガーで準決勝の試合開始。1回表TGSは四球で出塁するも併殺打で三者凡退。その裏スタイガーは阿部の内野安打から得点圏にランナーを進めるも無得点。3回裏、一死から阿部が四球で出塁するとすかさず盗塁を仕掛け一死2塁のチャンスメイク。続く柿間の三失で1,3塁の形を作ると、4番山本の内野ゴロで1点を先制。続く打者に四球を出したところで、TGSは先発太田から左の高橋にスイッチ。高橋が三振を奪い、ピンチを脱する。4回表のTGSの攻撃。先頭の橋本が四球で出塁し、盗塁を決め2番山川の犠打で一死3塁を作ると、スタイガー三瓶のワイルドピッチで同点に追いつく。その後二死1,2塁になり、6番山口が放った打球は二塁手と右翼手の間に上がり、スタイガー川崎二塁手が追いつくもグラブに収まらず、TGSが勝ち越し。4回裏のスタイガーの攻撃、簡単に2死を奪われるも、塩味、村上、阿部の連続四球で満塁の好機を得るも、3番柿間が三振に切ってとられ、ゲームセット。TGSが2-1で勝利し、決勝の切符を掴み取った。 (取材写真はこちら
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(TOKYO GRAND SLAM)
TGS選手の皆さん この度は対戦ありがとうございました。また対戦する機会があると思いますのでよろしくお願いいたします。決勝戦頑張ってください!
この度は球場手配、審判手配、有難う御座いました。
今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
スタイガー 3 0 Tommys baseballclub 7月25日(江戸川河川敷)
知花の決勝弾に三瓶の完封!スタイガーが2013年優勝時以来8年ぶりの4強!!
【試合内容】
Tommys小菅投手、スタイガー三瓶投手で試合開始。2回表Tommysは1死から三浦の2ベースヒットでチャンスを作るも後続がたたれ無得点。ゲームはそのまま中盤に入り4回裏スタイガーの攻撃、1死後4番知花の価千金のHRで1点先取。そのまま流れはスタイガーに傾き迎えた5回裏、塩味の2ベース、阿部の3ベースで2点追加。投げては三瓶投手がTommys打線を抑え完封。スタイガーが3-0で勝利。
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(Tommys baseballclub)
富山様 選手の皆さん この度は対戦ありがとうございました。また対戦する機会があると思いますのでよろしくお願いいたします。
スタイガーの皆様、この度は対戦ありがとうございました。グランド手配ありがとうございました。完敗でした。今後ともお付き合い宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 7 0 吉岡クラブ 7月25日(大宮健保)
坂東の決勝弾に桑原(以)・佐藤の完封リレー!前回王者PIECEが準決勝進出!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻吉岡クラブで試合開始。1回表PIECEは2死から坂東の左越えのソロホームランで1点を先制する。2回表には先頭の本木がヒットで出塁し送りバントの後、高野が右中間を破るランニングホームランで2点を追加。3回表にも桑原(南)が三塁打を放つと、坂東がきっちりと転がして更に1点を加え試合を優位に進める。早く追いつきたい吉岡クラブも3回裏に初安打を放つも無得点に終わり、5回、6回にも走者をスコアリングポジションに置くが後続が倒れる。7回表にはPIECEが桑原(南)のタイムリーに坂東の2点タイムリーで3点を奪って吉岡クラブを突き放すと、7回裏にはここまで3塁を踏ませず好投していた桑原(以)から佐藤へ継投し、佐藤も吉岡クラブ打線を3人で締め7-0でPIECEが勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(吉岡クラブ)
対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
柴様、グランド、審判手配ありがとうございました。PIECEの皆様、対戦ありがとうございました。準決勝頑張ってください。今後引き続きよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
TOKYO GRAND SLAM 7 2 La.Men 6月27日(大宮健保)
石塚の技あり反撃弾に中澤の好救援!TGSが逆転勝利収め初の春4強入り!!
【試合内容】
先攻TGS、後攻La.Menで準々決勝の試合開始。1回裏La.Menは1アウト3塁のチャンスを作ると3番遠藤のレフト線タイムリー2ベースで先制し、その後1,3塁にするとWスチールで初回に2点を奪う。2回表、TGSは四球とエラーで1点を返すと、3回表には2番石塚の逆方向へのソロホームランで1点を返し同点。さらに4回TGSは機動力や1番山川のタイムリーヒット、4番橋本の犠牲フライなどで5点を追加し試合を優位に進める。その後はリリーフの中澤が相手打線を翻弄し、失点を許さずそのまま7対2で試合終了。
【相手チームへ一言】
(TOKYO GRAND SLAM)
(La.Men)
この度は対戦有難う御座いました。
今後とも宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
引き続き宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PH 2 9 Tommys baseballclub 6月27日(大宮健保)
柴田の決勝打に小菅・藤田の継投リレー!Tommysが初のスプリング8強へ!!
【試合内容】
先攻PH、後攻Tommysで試合開始。PHは初回、2番鹿本の3塁打、3番小島の連続ヒットで1点を先制し、尚も内野ゴロの間に1点を追加し2点先制する。その裏Tommysも守備の乱れと内野ゴロの間に2点返し同点とする。その後3回まではPH八木投手とTommys小菅投手の両投手の好投で無失点が続く。試合が動いたのは4回裏。Tommysは8番柴田のタイムリー、2番加賀の2点タイムリーで3点勝ち越す。6回裏にも三浦、富山のタイムリーとPH守備陣の乱れから4点追加して、Tommysがそのまま逃げ切り勝利。投げては5回2失点の好投小菅投手から、継投した藤田投手が無失点で2回を締めた。
【相手チームへ一言】
(PH)
(Tommys baseballclub)
Tommysの皆様、対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。
PHの皆様、この度は対戦ありがとうございました。グランド手配ありがとうございました。また機会がありましたら対戦よろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
風船会FARAWAYS 3 4 ちゃんぷるーず 6月13日(市川橋上流)
白浜が決勝打!ちゃんぷるーずが劇的逆転勝利で自身初の春4強へ一番乗り!!
【試合内容】
先攻・風船会FARAWAYS佐藤路投手、後攻・ちゃんぷるーず石川投手の両先発で試合開始。1、2回は両投手の好投で無得点。試合が動いたのは3回表、風船会は2アウトから連続死球で1、2塁とすると、3番佐々木滉選手の右中間への3ランホームランで先制。追いつきたいちゃんぷるーずは4回裏、四球などで2アウト1、2塁とし、7番柏原選手がレフト前へタイムリーを放ち1点を返す。そして6回のちゃんぷるーずの攻撃、連続死球で無死1、2塁のチャンスを作ると、8番白浜選手が打った打球はライトへ。イレギュラーバウンドし打球が転がる間にバッターもホームまで還り逆転に成功。最終回は奈良投手がきっちり抑え、4-3でちゃんぷるーずが逃げ切った。
【相手チームへ一言】
(風船会FARAWAYS)
(ちゃんぷるーず)
この度はご対戦ありがとうございました。昨年の別大会と同様に最後にひっ切り返されてしまいましたが、ちゃんぷるーず様の集中力、本当に素晴らしかったです。またぜひご対戦よろしくお願いいたします。
グランド・審判の手配等、ありがとうございました。
また機会がありましたら、よろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
CHUYANS+ 2 3 吉岡クラブ 6月6日(大宮健保)
足立の決勝打に菊池が粘りの完投!吉岡クラブが2年ぶりのベスト8進出!!
【試合内容】
吉岡クラブ先攻、CHUYANS+後攻で試合開始。吉岡クラブは初回、先頭山崎が2塁打で出塁すると、片倉のタイムリーで1点を先制する。CHUYANS+はチャンスは作るものの、1本が出ない展開が続き、迎えた5回吉岡クラブは片倉・足立の連続タイムリーで2点を追加する。その裏CHUYANS+は佐伯のタイムリーで1点を返し、2点差で迎えた最終回、CHUYANS+は2アウトから汐田のHRで1点差とすると、その後1打サヨナラのチャンスを作る。しかしここは吉岡クラブ菊池が踏ん張り、3-2で吉岡クラブが勝利した。 (取材写真はこちら
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(吉岡クラブ)
吉岡クラブの皆様、対戦ありがとうございました。またしても、こういった緊迫した展開になりましたね・・。次回はリベンジできるように頑張ります。今後ともよろしくお願い致します。
中溝様グランド、審判手配ありがとうございました!CHUYANS+の皆様対戦ありがとうございました!今後も引き続きよろしくお願い致します!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 7 4 Nomad.Yankees 6月6日(大宮健保)
茂木の決勝満塁弾に坂東のダメ押し打!王者PIECEが激闘を制し8強入り!!
【試合内容】
先攻Nomad.Yankees、後攻PIECEで試合開始。1回表Nomad.Yankeesは1死から山崎が三塁打を放ちチャンスを作るが、後続が内野フライと三振に倒れ無得点に終わる。ピンチを切り抜けたPIECEは1回裏、先頭の茂木が四球で出塁し連続盗塁で3塁まで進むとワイルドピッチで生還。更に1死1.3塁から斉藤のタイムリーで1点を加えPIECEが2点を先制する。Nomad.Yankeesも2回表、2死から吉原のセンターオーバーの本塁打で1点を奪うと、4回表にも下牧がヒットで出塁し盗塁で2塁まで進むと吉原が左中間へのタイムリーでNomad.Yankeesが試合を振り出しへと戻す。追いつかれたPIECEだったが4回裏、2死2塁から連続四死球で満塁とすると変わった投手から茂木が右中間を破る満塁本塁打で4点を勝ち越す。更に続く桑原(南)が四球で出塁し盗塁を成功させ、坂東のレフト前タイムリーで1点を加えPIECEがこの回5得点でNomad.Yankeesを突き放す。追い付きたいNomad.Yankeesも5回表、坂本、山崎のヒットと四球で満塁としタイムリーで2点を奪い3点差とするも、その点差をPIECEが守り切り7-4でPIECEが勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(Nomad.Yankees)
対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
TABOO 2 12 La.Men 6月6日(薬業健保)
丸山の2ホーマーに長濱が完投勝利!La.Menが初のスプリングベスト8進出!!
【試合内容】
先攻TABOO、後攻LaMenでプレボール。1回裏、La.Menはヒットとエラーでチャンスを作ると4番實石航介の犠牲フライで先制し、続く遠藤、大島のタイムリーで初回に4点を奪う。2回表、TABOOは四球とエラーでチャンスを作り8番打者の3ベースヒットで2点を返す。その裏、突き放したいLa.Menは1番丸山がライトへの特大HRで再度突き放す。3回には高濱の2ランHR、4回にも2点を奪う。6回には丸山が2本目となるHRなどでこの回3点を挙げる。終わってみれば12安打に先発長濱が2安打に抑え、12-2でLaMenが快勝した。
【相手チームへ一言】
(TABOO)
(La.Men)
 
永富様、TABOOの皆様。対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
湾岸ベースボーイズ 4 5 ちゃんぷるーず 5月30日(天王洲公園)
昨季王者対決は1部覇者に軍配!ちゃんぷるーずが空中戦を制し2年ぶり8強へ!!
【試合内容】
ちゃんぷるーず先攻、湾岸ベースボーイズ後攻で試合開始。1回表、1番平古場の先頭打者ホームランでちゃんぷるーずが先制。1回裏、湾岸は0アウト満塁のチャンスを作るも無得点。4回表、ちゃんぷるーずは5番三戸のホームランで1点追加。4回裏、湾岸は7番日置、8番矢野の連続ホームランで同点に追いつく。5回表、ちゃんぷるーずは2アウト2塁のチャンスで4番鎌田のタイムリーヒットで1点追加。さらに続く5番三戸の2打席連続ホームランで2点追加し5-2とリードを広げる。時間の関係で最終回となった6回裏、湾岸は1アウト満塁のチャンスを作り、8番矢野のライト前ヒットで2点追加し1点差に詰め寄る。さらに2.3塁のサヨナラのチャンスで9番は凡退し、迎えた1番牧が放ったレフトへの打球をちゃんぷるーずの佐藤がスライディングキャッチし試合終了。ちゃんぷるーずが5-4で勝利した。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(ちゃんぷるーず)
対戦ありがとうございました!
また宜しくお願い致します!
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら、よろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
スタイガー 1 0 STBC 5月30日(江戸川区球場)
阿部の決勝打に三瓶が完封シャットアウト!スタイガーが7年ぶりの春8強入り!!
【試合内容】
スタイガー三瓶、STBC成田で試合開始。立ち上がり両チーム共に無得点。3回表スタイガーの攻撃、豊田の右中間2ベースからチャンスを作り、2死満塁まで攻めるも無得点。4回裏STBCも堀川DB、大山DBでチャンスを作るも得点までには至らず。試合が動いたのは5回表、スタイガーは豊田が内野安打で出塁、そこから2死2塁で阿部が左中間に2ベースヒットを放ち待望の1点を先取!7回表スタイガーの攻撃、1死から塩味の左中間2ベース、村上(慶)の3ベース、阿部の2ベースで2点追加もスタイガーの攻撃中に時間切れで試合終了。投げてはスタイガー三瓶の1安打完封。6回裏までのスコア1-0でスタイガーの勝利。
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(STBC)
犬走様、選手の皆様 この度は対戦ありがとうございました。また、対戦する機会があると思いますので今後ともよろしくお願いいたします。
素晴らしい環境で対戦させて頂き誠にありがとうございました。また対戦させて頂ければと思います。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
T-Five 4 5 風船会FARAWAYS 5月23日(大宮健保)
佐藤路が値千金の逆転打!風船会が壮絶なシーソーゲームを制しベスト8進出!!
【試合内容】
初回に風船会が二死ながら満塁のチャンスをつくると、6番・北本選手がセンター前へタイムリーを放ち2点を先制。しかしT-Fiveも2回に小宮選手の2ベースヒットでチャンスを作ると、木村選手の叩き、深沢選手のタイムリー、木原選手の叩きで一挙に逆転。3回に風船会が伊藤選手のホームランで同点に追いつくも、その裏、須田選手のタイムリーですぐにT-Fiveが勝ち越し。しかし4回表、2死ながら2・3塁のチャンスを作ると、1番・佐藤路選手がライトオーバーの2ベースヒットを放ち、風船会が逆転。シーソーゲームを風船会が制した。
【相手チームへ一言】
(T-Five)
(風船会FARAWAYS)
 
小宮様、はじめT-fiveの皆様、この度はご対戦、またグランド・審判様の確保いただきありがとうございました。運よく勝利できましたが、皆様の野球への姿勢大変勉強になりました。またぜひご対戦ください。何卒宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
吉岡クラブ 4 0 戦極-SENGOKU- 5月23日(大宮健保)
中村が全打点を叩き出す!投げては山崎(滉)が完封果たし吉岡クラブが16強入り!!
【試合内容】
吉岡クラブ先攻、戦極後攻で試合開始、吉岡クラブは初回に1アウト満塁のチャンスを作るが無得点。4回表、吉岡クラブは2,3塁のチャンスを作り、5番中村のライト前ヒットで2点先制。7回表、4番菊池の2塁打でチャンスを作ると、5番中村が右中間にホームランを放ち2点追加。投げては先発の山崎滉太が戦極の強力打線をランナーを出しながらも要所を抑え、4対0で吉岡クラブが勝利した。
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(戦極-SENGOKU-)
笹尾様、戦極の皆様、日程調整、対戦ありがとうございました。今後も引き続きよろしくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Nomad.Yankees 4 2 佐川グローバルロジスティクス 5月16日(大宮健保)
木村の逆転打に河合の好リリーフ!Nomad.Yankeesが3年ぶりの春16強進出!!
【試合内容】
先攻Nomad.Yankees、後攻佐川グローバルロジティクスにて試合開始。1回裏、2アウト1塁から4番打者の右中間を抜ける2塁打で佐川グローバルロジティクスが1点を先制。追いかけるNomad.Yankeesは3回表、9番斎藤の安打で先頭を出すと四球、安打と満塁のチャンスを作り、3番木村が左中間へ走者一掃の2塁打を放ち逆転。更にチャンスを広げ5番下牧のタイムリーでさらに1点を追加する。3点を追う佐川グローバルロジティクスは5回裏、四球から長打にて1点を返し2点差とする。6回裏もチャンスを作り攻め込むも2番手河合が粘りの投球で点を許さない。 そのまま7回裏も抑えてNomad.Yankeesの勝ちとなった。
【相手チームへ一言】
(Nomad.Yankees)
(佐川グローバルロジスティクス)
対戦ありがとうございました。またよろしくお願いします。
お手配などありがとうございました。頑張って下さい。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
湾岸ベースボーイズ 8 1 ピエールズ 5月16日(天王洲公園)
日置が危なげない投球で完投!湾岸ベースボーイズが5年連続となる春16強入り!!
【試合内容】
先攻ピエールズの先発投手は見村、後攻湾岸ベースボーイズの先発投手は日置で試合開始。1回裏、湾岸は1番胡麻がライト前ヒットで出塁すると、二盗、三盗を決めチャンスを広げる。2番は凡退も3番大林(穂)のライト線3ベースで1点先制。さらに4番増田の内野安打、5番藤野のセンター前ヒット、6番大林(日)の右中間2ベース、7番宮島のセンターオーバー3ベースなどで合計5得点し、試合を優位に進める。3回裏、3番大林(穂)がレフト前ヒットで出塁すると、盗塁、送りバントで3塁まで進み、6番大林(日)のライトへの犠牲フライで1点追加。4回表、ピエールズは2アウトから5番雑賀が死球で出塁し、盗塁を決め2死2塁のチャンスを作ると、6番国分の内野ゴロが暴投を誘い、2塁ランナーがホームインし1点返す。5回裏、湾岸は2番牧が左中間2ベースで出塁し、3番大林(穂)が送り1アウト3塁とすると、4番 増田の内野安打で1点追加。さらに増田が二盗、三盗を決め、6番大林(日)のライト前ヒットで1点追加し、8-1とリードを広げる。その後は両チーム得点ならず試合終了。湾岸先発投手の日置が7回被安打1の好投で勝利した。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(ピエールズ)
対戦ありがとうございました!
また宜しくお願い致します!
ありがとうございました!点の取り方や一球に対する意識など、とても勉強になる一戦でした。また是非対戦をよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
清瀬ロングコックス 0 1 TOKYO GRAND SLAM 5月9日(所沢運動場)
主将浅賀が値千金の決勝弾!TOKYO GRAND SLAMが自身初の8強へ一番乗り!!
【試合内容】
TOKYO GRAND SLAMは主力4人を欠く中、桑村-沖元のバッテリーで試合開始。TOKYO GRAND SLAMは前半から再三チャンスを作るもあと1本が出ず中盤まで0-0が続く展開。TOKYO GRAND SLAMは5回、1死から3番主将浅賀の右中間に飛び込む値千金のソロホームランで先制。その後も堅い守りで相手に隙を与えず、見事1対0で勝利しベスト8進出を決めた。
【相手チームへ一言】
(清瀬ロングコックス)
(TOKYO GRAND SLAM)
 
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 5 1 SAMURAI.BOYS 5月2日(大宮健保)
茂木の決勝打にエース桑原(以)が完投勝利!前回王者PIECEが2回戦を突破!!
【試合内容】
PIECE先攻、SAMURAI.BOYS後攻で試合開始。試合が動いたのは2回PIECEの攻撃、5番斉藤がセンター前ヒットで出塁すると送りバントで二塁まで進み、8番宮嶋がライト前へタイムリーヒットを放ち1点を先制する。さらに9番白石のレフトオーバーのエンタイトルツーベースで2死2.3塁とすると、1番茂木のライト前2点タイムリーでこの回PIECEが3点を先制する。4回裏、SAMURAI.BOYSは四球で出塁すると1塁ランナーが盗塁を仕掛けキャッチャーの送球が逸れる間に一気に3塁まで進む。1死3塁を作った所で荒木の内野ゴロで1点を返す。1点を返されたPIECE打線はすぐさま5回にヒットと死球でランナーを溜めると、7番櫻井がレフト前2点タイムリーヒットを放ち2点を挙げさらに相手を突き放す。投げては先発桑原(以)が7回3安打1失点の好投でチームを勝利に導いた。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(SAMURAI.BOYS)
対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
柴様、ピースの皆様、グランド、審判さんの手配ありがとうございました。得点が2死からと本当に勝負強く勉強になりました!今後ともよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
TOKYO GRAND SLAM 5 1 Tokyo Volk 5月2日(市川橋上流)
山川のダメ押し弾に鍵本・太田の投手リレー!TOKYO GRAND SLAMが16強!!
【試合内容】
TOKYO GRAND SLAMは鍵本が先発マウンドに上がり相手打線を封じ込めると、2回裏TOKYO GRAND SLAMは梅川、浅賀のタイムリーなどで3点を先制し、さらに6回には山川の2ランホームランで追加点。鍵本-太田の継投でしっかり抑え、TOKYO GRAND SLAMが5-1で勝利。
【相手チームへ一言】
(TOKYO GRAND SLAM)
(Tokyo Volk)
対戦有難う御座いました。
また機会がありましたら宜しくお願い申し上げます。
対戦ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
相模KOT'S 2 3 Tommys baseballclub 4月25日(陵南公園)
田野口が値千金のサヨナラ打!Tommys bbcが劇的逆転勝利で初の春16強!!
【試合内容】
相模KOT'S泉投手、Tommys藤田投手が先発で試合開始。4回まで両投手の好投で0-0で試合が進む。5回表、相模KOT'Sはツーアウト二塁三塁を作る。ここでTommysは藤田投手から小菅投手にスイッチするも、代わった初球を1番萩原選手が運び、タイムリーツーベースで2点を先制する。6回表も相模KOT'Sはワンアウト一三塁を作り、流れを渡さない。ここまでTommysは泉投手に完璧に抑えこまれる。Tommysは6回裏ツーアウトから氏家のタイムリーツーベースで1点を返す。7回表を無失点で抑えるとその裏、7回裏ツーアウトランナー三塁から相手のミスで1点返し同点。さらにツーアウト一塁から3番田野口がレフトオーバーのタイムリースリーベースを放ち、Tommysが逆転サヨナラ勝ちした。
【相手チームへ一言】
(相模KOT'S)
(Tommys baseballclub)
Tommys baseballclubの皆様、対戦ありがとうございました。グラウンド変更の対応などもありがとうございます。最後まで諦めない姿勢と隙をついた攻撃はさすがでした。またリーグ戦でもよろしくお願いします。
相模KOT'Sの皆様、この度は対戦ありがとうございました。グランド、審判手配ありがとうございました。いつも1点差ゲームの緊張感ある試合で刺激を頂いています。今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BIGFACE 1 3 STBC 4月25日(東実健保)
成田の好投に岩出が値千金の同点打!STBCが最終回の逆転劇で下剋上果たす!!
【試合内容】
先攻STBC、後攻BIGFACEで試合開始。1回裏、BIGFACEはSTBC先発成田を攻め、2アウト2塁のチャンスを作ると4番三井のタイムリーヒットで1点を先制。その後両者チャンスを作るも投手戦となり得点動かず。最終回STBCの攻撃、先頭の成田がセンター前で出塁しその後送りバントで2塁へ進めると、1番岩出が右中間へのタイムリーツーベースを放ち同点に追いつく。その後相手のミスもありさらに2点を追加。最終回のBIGFACEの攻撃は3人で終わり、3対1でSTBCが勝利した。
【相手チームへ一言】
(BIGFACE)
(STBC)
対戦ありがとうございました。
また是非宜しくお願い致します。
今回は対戦ありがとうございました。その他にもグラウンド手配、審判の手配、本当に感謝しております。素晴らしいチーム様で山ほど勉強させて頂きました。また機会がありましたら対戦よろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
スタイガー 1 0 ジャンクベースボールクラブ 4月18日(大宮健保)
村上の先頭打者弾に三瓶が完封勝利!スタイガーがスミ1でジャンク下す!!
【試合内容】
先攻ジャンクBC田原投手、後攻スタイガー三瓶投手の両先発で試合開始。1回表ジャンクBCの攻撃を三者凡退に抑えると、その裏スタイガーの攻撃、1番村上(慶)が2ストライクと追い込まれてからの直球をジャストミートし、いきなりのレフトオーバーの先頭打者HRで1点を先制。続く2番阿部、4番柿間、5番山本もヒットで繋ぐも、田原は1失点で何とか切り抜ける。ジャンクBCも3回裏、斎藤のヒットからチャンスを作るも無得点。3回裏スタイガーは亀山の3ベースからのチャンスを得点に結びつけず。4回からジャンクは投手を吉藤にチェンジし、スタイガー打線を1人も塁に出さず投げ切る。ゲームは両投手による投手戦になり、その後お互いになかなかチャンスを作れずに迎えた最終回、ジャンクBCは2死から若林のヒットで最後の粘りを見せるも本塁は遠く…。投げては三瓶投手が2安打完封でスタイガーの勝利。
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(ジャンクベースボールクラブ)
ジャンクBC選手の皆様、若松様、田中様。この度は対戦ありがとうございました。予想してた通りのロースコアのゲームになりました。また、どこかで対戦する機会があると思いますので楽しみにしてます。今後ともよろしくお願いいたします。
小西様、スタイガーの皆様、急なグラウンド変更にもかかわらずご調整くださりありがとうございました。試合は完敗です。力の差がありすぎました。是非、優勝してください。そしてまた挑戦させてください。今後ともお付き合いの程、よろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ブルーサンダース 2 3 T-Five 4月18日(大宮健保)
勝負を分けた最終回の攻撃!T-Fiveが2年連続スプリングカップ16強進出!!
【試合内容】
T-Fiveは2回、バッテリーミスで1点を先制。ブルーサンダースは3回、2アウト3塁からライト前ヒットで同点に追いつく。その後は両チームとも点を与えず1-1のまま最終回へ。先攻T-Fiveは幸運にも風を味方につけ、レフト前ヒットでこの回2点を奪い3対1とする。その裏、ブルーサンダースはHRで1点を返す。さらに1アウト1.2塁のチャンスを作り、ここでレフトに高々と打ち上げる。T-Five同様レフト前に落ちたが、センターのカバーリングによりレフトゴロとなり、2アウト。最後のバッターを三振に取り3対2でT-Five。強風が勝敗を左右した結果となった。
【相手チームへ一言】
(ブルーサンダース)
(T-Five)
対戦ありがとうございました。
また宜しくお願いします。
グランド調整などありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Tropicana 5 5 ちゃんぷるーず 4月18日(大宮健保)
1部対決は実力拮抗の好ゲームに!ちゃんぷるーずが運をも味方に2回戦突破!!
【試合内容】
Tropicanaは2回表に連打でチャンスを作ると、7番戸田の犠牲フライで先制。しかしその裏ちゃんぷるーずも反撃し、連打で逆転。追いつきたいTropicanaは4回表に3点を奪いリードするも、その裏にちゃんぷるーずも反撃し4-4と同点のままタイブレークへ。先攻のTropicanaは4番塩谷がレフトへタイムリーを放ち1点勝ち越し。しかしその裏Tropicanaは菅井が痛恨の押し出し四球を与え、再び同点とされるも後続を二者連続三振に仕留める。ここで時間切れの為ジャンケン勝負となり、最後の一人までもつれるがちゃんぷるーずが勝利を収めた。
【相手チームへ一言】
(Tropicana)
(ちゃんぷるーず)
ちゃんぷるーずの皆様、対戦ありがとうございました。昨年に引き続きお互い譲らない接戦となり非常に楽しめました!今後ともよろしくお願い致します!
松下様、グランドの手配や日程調整などありがとうございました。いろいろな大会で顔を合わせますが、またよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
アンドバランス 4 6 TABOO 4月18日(大宮健保)
TABOOがアンドバランスの反撃凌ぎ2年ぶりにスプリングカップ16強進出!!
【試合内容】
TABOO先攻、アンドバランス後攻で試合開始。1回裏、アンドバランスは先頭がヒットで出塁すると、歌川(勝)と寺岡のタイムリーで2点先制。TABOOは2.3回に1点ずつ返し同点に追いつく。さらに5回表に押し出し2つで逆転。アンドバランスはその裏、小笠原のタイムリーで1点を返す。TABOOは6回表に2点追加。アンドバランスは7回裏に0アウト満塁のチャンスを作るも犠牲フライの1点止まり。6-4でTABOOの勝利。
【相手チームへ一言】
(アンドバランス)
(TABOO)
TABOOの皆様、対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
グランド手配ありがとうございました!
またよろしくお願いします!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
清瀬ロングコックス 6 1 吉岡クラブ三代目 4月11日(神根運動場)
先輩後輩対決は高桑に軍配!清瀬ロングコックスが若武者対決制し3回戦進出!!
【試合内容】
先攻の清瀬ロングコックスは高桑-小寺バッテリー、後攻の吉岡クラブ三代目は小平。高校先輩後輩の先発で試合開始。2回表、ロングコックスは4番小寺の四球、5番岡本の安打で1アウト1.3塁のチャンスを作り、7番石田。エンドランが見事に決まり、1点を先制!さらにパスボールも加え、2-0 とリードを広げる。4回表、四死球と相手のエラーで1アウト満塁の大チャンス、迎えるは8番土井。ここでもエンドランが決まり、4-0 とリードを引き離す。4回裏、吉岡三代目は3連打で1点を返す。しかし5回表、無死1塁で3番沼澤が試合を決定付ける2ランHRを放って6-1 とし、その沼澤が最終回のマウンドを任され、きっちりゲームを締めた。吉岡クラブ三代目はヒット6本とヒット数では負けてはいないもののチャンスを物にできず。
【相手チームへ一言】
(清瀬ロングコックス)
(吉岡クラブ三代目)
吉岡クラブ三代目の皆さま、本日は対戦有難うございました!グランド審判手配いただき、大変感謝しております。今後ともよろしくお願いいたします。
対戦ありがとうございました。また機会がありましたら、どうぞ宜しくお願いします。是非とも勝ち進んで下さい。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
スマッシュブラザーズ 1 3 La.Men 4月11日(富士見公園)
中瀬・天野の継投に大島が決勝弾!La.Menが初のスプリングbest16進出!!
【試合内容】
先攻スマッシュブラザーズ、後攻La.Menでプレボール。2回表、スマブラは先頭が2ベースヒットを放ち、送りバントを決め1アウト3塁のチャンスを作るが、La.Men先発の中瀬俊平が後続を2者連続三振に打ち取り流れを止める。その裏、La.Menは4番大島、5番遠藤の連続ヒットでチャンスを作るが、こちらも後続を打ち取られ先制する事ができない。5回まで両投手が粘りの投球でスコアボードに0を刻む中、試合が動いたのは6回表、スマブラは先頭がヒットとWPで1アウト2塁とすると、4番が左中間への2ベースヒットを放ち先制する。その裏、追い込まれたLa.Menだが、先頭の井上が内安打で出塁し、その後1アウト3塁になると3番高際のライトフライをライトが打球判断を見誤ってポテンヒットになり同点。続く4番大島がレフトへの2ランHRで逆転し、この回に3点を奪う。最終回は抑えの天野が先頭にヒットを打たれるも、後続を3人で打ち取り3-1でLa.Menが勝利した。
【相手チームへ一言】
(スマッシュブラザーズ)
(La.Men)
 
及川様、スマブラの皆様。対戦ありがとうございました。非常に緊迫した試合をする事ができ、とても楽しかったです。今後ともお付き合い宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Rossowave 1 5 風船会FARAWAYS 4月11日(篠崎公園A)
金子の決勝打に山寺のダメ押し打!2018大会準Vの風船会が2回戦を突破!!
【試合内容】
風船会FARAWAYS先攻、Rossowave後攻で試合がスタート。Rossowaveの先発は菊田。1回表に安打からランナーを許すと、3番打者の安打でセンター土井が後逸し1点を失う。その後のピンチは凌ぐ。Rossowaveは1回裏に1番・松本の安打と犠打で1死3塁を作ったが、外野フライのタッチアップで本塁憤死で無得点。3回表にも金子がタイムリー3ベースを放ち、風船会FARAWAYSが追加点。その後は菊田も粘りの投球で抑え、攻撃陣もチャンスを作るが無得点で5回終了まで2-0。最終回となった6回表に連続安打から満塁のチャンスを作ると、押し出しで1点。さらに山寺のタイムリー等で3点を加える。Rossowaveは6回裏に1死から3番・雑賀(勇)の安打から、4番・斎藤の2塁打で1点を返すもここまで。風船会FARAWAYSが逃げ切った。
【相手チームへ一言】
(Rossowave)
(風船会FARAWAYS)
対戦ありがとうございました。
次戦も頑張ってください!
土井様、はじめRossowaveの皆様、ご対戦ありがとうございました。昨年の大会と同じように緊迫の試合展開でしたね。またご対戦頂けることを楽しみにしております。引き続きよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
CHUYANS+ 5 3 漁火 4月11日(二子玉区民)
CHUYANS+が7HRが飛び交う空中戦を制す!漁火は8年ぶりの16強ならず!!
【試合内容】
CHUYANS+先攻、漁火後攻で試合開始。初回CHUYANS+先頭汐田のHRで1点を先制するが、その裏漁火も石川のタイムリーで同点に追い付く。その後は空中戦となり、6回までに計7本のHRが飛び出す展開となる。CHUYANS+2点リードの最終回、漁火は無死1.2塁と一打サヨナラのチャンスを作るが、ピンチでマウンドに上がったCHUYANS+植田が後続をたち、5-3でCHUYANS+が勝利した。
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(漁火)
漁火の皆様、対戦ありがとうございました。
引き続きよろしくお願い致します。
ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
戦極-SENGOKU- 4 0 NITORO 4月11日(八潮北公園)
渡部のHR&ダメ押し打に吉田の完封!投打の主役が躍動した戦極が2回戦へ!!
【試合内容】
NITORO先攻、戦極後攻で試合開始。初回NITOROの攻撃、安打と四球で満塁の好機を作るがその後、左飛、中飛で抑え無得点。戦極初回の攻撃、1番杉浦が安打で出塁すると2番関のタイムリー安打で先制。戦極3回の攻撃、先頭の3番渡部が左本塁打を叩き込み2-0に突き放す。戦極は4回にも四球や犠打で満塁とし、3番渡部が左二塁打で2点を奪う。先発の吉田愁は強力NITORO打線を6回被安打2に抑え込み完封勝利。
【相手チームへ一言】
(戦極-SENGOKU-)
(NITORO)
非常に隙のないチームと打線で全く気が抜けませんでした。またOP戦等、今後共宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。雨天中止が続いたなか調整ありがとうございました。OP戦等これからもよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
D'LLERS 0 3 TOKYO GRAND SLAM 4月11日(江戸川第三)
太田が完封シャットアウト!2年目TOKYO GRAND SLAMがVictoria初白星!!
【試合内容】
投手戦で迎えた6回、TOKYO GRAND SLAMは1番キャプテンの浅賀のタイムリー2塁打、続く3番橋本のタイムリー3塁打で2点を先制。最終回にも牧野のタイムリーヒットが飛び出し1点を追加。投げては先発の太田が7回3安打無失点の好投を見せてゲームセット。TOKYO GRAND SLAMが3対0で勝利。
【相手チームへ一言】
(D'LLERS)
(TOKYO GRAND SLAM)
対戦ありがとうございました。
お忙しい中グランド、審判の手配等頂き有難う御座いました。今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PH 9 6 東京ドナルドダック 4月4日(大宮健保)
八木が同級生対決制す!PHが強豪ドナルドから金星を挙げ3回戦一番乗り!!
【試合内容】
先攻PHは八木、後攻ドナルドダックは根岸、高校同級生の先発で試合開始。初回表PHは、東京ドナルドダック先発根岸の立ち上がりを攻め、1番鹿本安打、3番三浦2塁打で1アウト2・3塁の好機に4番小島がレフトへの犠飛で1点先制。更に2回表PHは、6番大西が安打で出塁、その後守備陣の乱れもあり、またも1アウト2・3塁から9番池田がセンター前安打、1番鹿本がスクイズ、2番松野が投手強襲からの暴投で計3点を追加する。3回裏、東京ドナルドダックも怒涛の連続長短打で3点を奪い追う。取れたら取り返すPH打線は、4回表8番狩野・9番池田の連続安打から1番鹿本のボテボテゴロを3回から代わった佐藤(守)投手が3塁への暴投で加点、更に守備の乱れもあり計3点の追加点を奪う。その裏PH先発八木は、簡単に2アウトを取るもエラーで出塁を許し、1番児島のライトへ本塁打を浴び、2点を取られる。試合はそのまま最終回へ、PHは4番小島が右中間2塁打・5番柴田がセンター前安打・6番大西が四球でノーアウト満塁で、またも守備の乱れから加点、更に9番池田が3安打目のライト前安打でもう1点を奪い9対5で、東京ドナルドダック最後の攻撃へ。この試合終始調子の上がらないPH八木は、9番菅野を四球・2番新田に安打で好機を作られ、後続の内野ゴロの間に1点を奪われるも、何とか抑え9対6でPHの勝利。
【相手チームへ一言】
(PH)
(東京ドナルドダック)
東京ドナルドダックの皆様、日程調整ありがとうございました。今後も是非対戦の機会を頂けると幸いです。宜しくお願い致します。
八木さん、対戦ありがとうございました。これからも同級生なのでお付き合いの程、よろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Hustler 0 1 ジャンクベースボールクラブ 4月4日(湖北台中央)
島の決勝打に田原・吉藤の完封リレー!ジャンクが昨季4強Hustler破り2回戦へ!!
【試合内容】
先攻:Hustler・丹波、後攻:ジャンクベースボールクラブ・田原の先発で試合開始。先制したのは、ジャンク。1回裏、1死から2番若林がレフトへのヒットで出塁すると、3番久保がショートフライで2死となり、4番島が追い込まれてからレフトの頭上を越えるツーベースヒットを放ち、1塁走者の若林が一気にホームに還り先制する。ジャンクの先発田原は、一人も塁に出すことなく3回まで抑える。3回裏ジャンクの攻撃、1番三上がセーフティーバントを試みるが、Hustler:丹波投手の好フィールディングで出塁ならず。Hustlerは丹波投手が好投している中、ジャンクは4回から投手を吉藤に変更し、その後両チーム0点が続く。最終回Hustlerの攻撃、先頭はこの日吉藤からヒットを放っている強打者の2番渡邉が死球で出塁すると、3番井上の打球がファースト側へのゴロとなり、投手吉藤が捕球し1塁へ送球するがセーフとなる。無死1、2塁となり続く4番間渕がファーストフライで1死1、2塁。さらに5番の中川がサードゴロで2塁フォースアウトとなり、2死1、3塁となり、前の打席でヒットを放っている6番斉藤を三振で抑え、ゲームセット。結果、1-0でジャンクベースボールクラブの勝利。
【相手チームへ一言】
(Hustler)
(ジャンクベースボールクラブ)
ジャンクベースボールクラブ様、遠征していただきましてありがとうございました。球場の準備も手伝っていただき非常に助かりました。何とか食らいつきたかったのですが残念です。私達の分まで次戦以降も頑張ってください。ありがとうございました。
三宅様、グラウンド、審判のご手配および試合開始時間もご配慮いただき大変ありがとうございました。Hustlerの皆さま、対戦ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ブルースカイA 1 2 風船会FARAWAYS 4月4日(大宮健保)
2アウトから柿崎が先制打!2018年準Vの風船会FARAWAYSが緊迫の接戦制す!!
【試合内容】
2度の雨天中止を乗り越えての対戦となったカードは、先攻風船会FARAWAYS、後攻ブルースカイAで試合開始。2回表、風船会が二死から安打と盗塁でチャンスを作ると、柿崎選手のタイムリーで先制。4回にも風船会はサードゴロ一塁送球がそれる間に追加点を奪うも、その裏ブルースカイAもランナー2塁から5番綿引のタイムリーで1点を返す。その後は両チームの投手の好投でお互い得点できず、2-1で風船会が逃げ切った。
【相手チームへ一言】
(ブルースカイA)
(風船会FARAWAYS)
南部様、対戦ありがとうございました。再三にわたり、日程調整していただきありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します。
永島様はじめブルースカイAの皆様、この度はご対戦ありがとうございました。また何度もグランドのご調整を頂き大変感謝しております。今後もぜひご対戦頂けると幸いです。何卒よろしくお願い致します
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 6 0 砂町ドンフェイス 4月4日(大宮健保)
2020年間MVP桑原(以)が圧巻の零封!王者PIECEが連覇へ向け上々の滑り出し!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻砂町ドンフェイスで試合開始。1回表PIECEは1番茂木が死球と盗塁で2塁まで進むと、桑原(南)が送って1死3塁とする。3番高野は四球を選んで4番坂東の内野ゴロの間に茂木がホームへかえりPIECEがノーヒットで1点を先制する。3回表PIECEは先頭の茂木がヒットで出塁するとその後盗塁と四球で無死2.3塁となり、3番高野の痛烈な打球はセカンド正面をつき、二塁走者が飛び出して挟殺プレーとなるがその間に3塁走者がホームへかえり追加点をあげる。4回表には先発桑原(以)が自らセンターオーバーのタイムリーを放って3点目を奪い、砂町ドンフェイス先発木村投手は最小限にこらえていたものの、4イニング3失点で降板。5回表には押し出し四球、7回には斎藤のソロHRとエラーで得点をあげ、PIECEが6-0で勝利。投げては昨年MVPを獲得した桑原(以)が三塁を踏ませない完璧な投球で砂町ドンフェイス打線を完封した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(砂町ドンフェイス)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
PIECE柴様、選手の皆様、対戦ありがとうございました。完敗です。すべてにおいて我々が見習うべきと思う今回の対戦でした。このような対戦スコアでありながら大変恐縮ですが、ぜひ今後ともオープン戦等で胸を貸していただければと願っております。宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
吉岡クラブ 4 0 ADDAXS 4月4日(大宮健保)
主砲菊池が先制打&ダメ押し打!吉岡クラブが1部対決を完封で制し1回戦突破!!
【試合内容】
先攻ADDAXS、後攻吉岡クラブで試合開始。1回裏吉岡クラブは、エラー四球等チャンスを作ると4番菊池のエンドラン、5番小坂のタイムリーで3点を先制。吉岡クラブは3回裏にも四球で出したランナーを4番菊池の3塁打で1点を追加。対するADDAXSも6回表チャンスを作るものの、無得点。4-0で吉岡クラブの勝利。
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(ADDAXS)
宮崎様日程・時間調整ありがとうございました!ADDAXSの皆様、対戦ありがとうございました!今後も引き続きよろしくお願い致します!
グランド手配、審判手配等々、有難うございました。雨天延期の中、スケジュール調整し対戦ができ良かったです。是非とも、またリベンジさせて下さい。今後とも宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
湾岸ベースボーイズ 5 0 TOKYO OVERDOSE 4月4日(天王洲公園)
瀧瀬・野入の完封リレー!湾岸ベースボーイズが2部の新星下し2回戦進出!!
【試合内容】
湾岸ベースボーイズ先攻、TOKYO OVERDOSE後攻で試合開始。1回表、湾岸は1アウト3塁のチャンスで3番増田のサード強襲ヒットで1点先制。2回表、6番大林(日)のライトへのホームランで1点追加。3回表、2アウト1.2塁で5番梶の左中間2ベースで2点追加。時間の関係で最終回となった6回表、1アウト満塁で途中出場の藤野の内野ゴロで1点追加。6回裏、TOKYO OVERDOSEは無得点となり、湾岸が瀧瀬-野入の完封リレーで5-0で勝利。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(TOKYO OVERDOSE)
対戦ありがとうございました!
また宜しくお願い致します!
湾岸ベースボーイズ様、この度は対戦頂きありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ケチャップ 1 11 STBC 4月4日(小豆沢球場)
松本が無四死球完投勝利!若武者STBCが11得点の猛攻見せコールド発進!!
【試合内容】
STBCは初回に先制を許すも3回に本塁打等で逆転すると、5回に2番鎌田の二塁打、5番小島、6番犬走の連打、6回にも4番大山の二塁打等で点差を広げ、10点差コールドゲームが成立。投げては先発松本が無四死球完投勝利を収め、11-1でSTBCが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ケチャップ)
(STBC)
 
グラウンドの手配、審判の手配ありがとうございました!
とても素晴らしいチームでまた対戦出来ればと思います。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
TABOO 7 2 Rad Krieger 4月4日(三郷サンスポ)
永富の快投に強力打線が7得点!TABOOが新星Rad Krieger下し初戦突破!!
【試合内容】
3回に先制ソロホームランを皮切りにTABOOが4点を先制する。その後も得点を重ねていき7得点。対するRad Kriegerも2ランホームランで反撃を試みるが反撃もここまで。投げては永富が緩急を使った投球で翻弄し、7対2でTABOOが勝利した。
【相手チームへ一言】
(TABOO)
(Rad Krieger)
グランドに足を運んでいただきありがとうございました!またリーグ戦でもよろしくお願いします!
永富様、今回はありがとうございました。とても勉強になりました。今後ともよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ピエールズ 4 2 SCRATCH 3月27日(小豆沢野球場)
2部対決はピエールズに軍配!SCRATCHも終盤2HRで反撃見せるも及ばず!!
【試合内容】
先攻ピエールズ、後攻SCRATCHで試合開始。ピエールズは初回、先頭の加藤選手がヒットで出塁し、3番川上選手の内野ゴロ間に1点を先制する。その後、ピエールズはSCRATCH守備の乱れから3回に2点、4回に1点と試合を優位に進める。SCRATCHの反撃は5回裏、相羽選手と藤崎選手の連続ホームランで2点を返すも反撃もここまで。ピエールズが4-2で勝利した。
【相手チームへ一言】
(ピエールズ)
(SCRATCH)
とても緊張感のある試合で、熱く楽しく対戦していただきました。また是非対戦をよろしくお願い致します。
ピエールズ様 日程調整及びグランド確保等調整ありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
G-mates 1 11 Nomad.Yankees 3月28日(大宮健保)
中村が投打の大活躍!4年目の悲願を狙うNomad.Yankeesがコールド発進!!
【試合内容】
Nomad.Yankees先攻、G-mates後攻にて試合開始。2回表Nomad.Yankeesの攻撃、先頭松本が四球で出塁。続く菅原・坂本の連打などでチャンスを広げ、山崎の安打で先制。また中村の3ラン本塁打なども飛び出し6点を先取。3回以降も高島の本塁打、この試合2本目となる中村の本塁打などで11得点。G-matesも4回裏、変わった大西投手を攻め1点を返すも11-1にて試合終了となった。 (取材写真はこちら
【相手チームへ一言】
(G-mates)
(Nomad.Yankees)
ご対戦有難うございました。終わってみればコールド負けと、実力の差を感じた試合でした。攻守ともに貴軍の選手層の厚さを痛感しましたが、今後も機会あればオープン戦などでお手合せいただけますと幸いです。引続き宜しくお願いいたします
グランド・審判の手配ありがとうございました。
また宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ダディーズベースボール 1 2 SAMURAI.BOYS 3月28日(大宮健保)
篠塚が2安打完投の好投!SAMURAI.BOYSが昨秋に続き1点差ゲームを制す!!
【試合内容】
ダディーズ長谷川投手、サムライ篠塚投手でゲームスタート。先攻のサムライは2死から4番荒木のタイムリーで先制する。続く2回にも旭一、斉藤の安打でチャンスを作ると池村が期待に応えて追加点をとる。サムライ先発の篠塚は2回にダディーズ4番の篠宮に長打を打たれ1点差に詰め寄られる。しかしその後はダディーズ長谷川、サムライ篠塚がランナーを出すも粘りのピッチングで得点を与えない投球をみせる。篠塚は最終回も抑えサムライが勝利。篠塚は2安打完投。
【相手チームへ一言】
(ダディーズベースボール)
(SAMURAI.BOYS)
旭様、チームの皆様。日程の調整などありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。2回戦頑張ってください。
篠宮様、宗像様、ダティーズの皆さん昨年秋に続きありがとうございました。今後も何年も戦うと思いますが何卒よろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
清瀬ロングコックス 4 3 RED SOX 3月28日(大宮健保)
土井が先制打含む猛打賞の活躍!清瀬ロングコックスが常勝軍団REDSOX下す!!
【試合内容】
先攻清瀬ロングコックス、後攻REDSOXで試合開始。ロングコックスは高桑-小寺バッテリー。2回表、ロングコックスは7番石田が安打で出塁すると8番土井が左中間を破るタイムリー3ベースを放ち、1点を先制。3回表には2アウト満塁のチャンスを作るも、6番外崎が見逃し三振に倒れ無得点に終わる。4回表、ロングコックスは7番石田が四球で出塁。続く8番土井。今度は右中間を破り、この日2本目となるタイムリー3ベースで1点を追加。2-0 とする。さらに6回表、1アウト1塁で7番石田。甘い球を見逃さず振り抜いたという打球は、弾丸ライナーでセンターの頭を越える特大2ラン。4-0 と突き放す。その裏、REDSOXは4番丸橋がソロホームランを放ち1‐4で最終回へ。REDSOXは四球と安打で2点を返し、1点差に詰め寄る。ロングコックスは2アウトからエース沼澤にスイッチ。迎えた4番丸橋をきっちりと抑え、4-3でロングコックスが勝利した。8番土井は猛打賞の大健闘を見せた。
【相手チームへ一言】
(清瀬ロングコックス)
(RED SOX)
REDSOXの皆さま、本日は対戦有難うございました!
格上相手に、最後の最後まで瞬きのできない試合となり、大変勉強させていただきました。今後とも、よろしくお願いいたします。
本日はありがとうございました。
また練習試合等よろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
相模KOT'S 2 1 NEXCO東日本 3月28日(陵南公園)
阿部の逆転打に泉の完投!2019準Vの相模KOT'Sが注目の新星下し初戦突破!!
【試合内容】
先攻のNEXCO東日本は高坂投手、後攻の相模KOT'Sは泉投手の先発マウンドで試合開始。初回、NEXCO東日本は先頭が四球で出塁すると、3番林がレフト線へヒットを放ち、1死一、三塁からパスボールで1点先制。追う相模KOT'Sは2回に荒井、中坪の連続ヒットから三浦のライト犠飛で同点。さらに阿部のライト前で2-1とリード。ここからは両投手の好投により、お互いにチャンスを作るも得点をあげることができず、そのまま2-1で相模KOT'Sの勝利。
【相手チームへ一言】
(相模KOT'S)
(NEXCO東日本)
NEXCO東日本の皆様、倉橋様、本日は遠くまで遠征頂きありがとうございました。素晴らしい打撃で見習うところがたくさんありました。手に汗握る好ゲームありがとうございました。また機会がありましたら、対戦よろしくお願いします。
グランド、審判手配等ありがとうございました。取り組み姿勢、総合力など完敗でした。次戦の勝ち上がりを期待しています。機会がありましたらまた胸を貸してください。ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
NexuS 0 4 佐川グローバルロジスティクス 3月28日(大宮健保)
栗原の先制打に鈴木の完封勝利!昨季準Vの佐川がリベンジへ絶好の滑り出し!!
【試合内容】
先攻NexuS、後攻佐川グローバルロジスティクスの一戦。佐川の先発は鈴木。初回ヒット一本許すも上々の立ち上がりを見せる。その裏、佐川は2死から細川、伊藤の連続四死球でチャンスを作ると、5番栗原の右前ヒットで1点を先制する。鈴木は2回以降ピンチを作るものの要所を締め、最終回まで無失点に抑える投球を見せる。佐川は3回には連続四死球で2点を追加し、9番古家のタイムリーでさらに1点を追加し、4-0で初戦を制した。
【相手チームへ一言】
(NexuS)
(佐川グローバルロジスティクス)
 
対戦調整ありがとうございました。
また機会があれば是非宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
萩中サンダース 0 3 Tommys baseballclub 3月28日(多摩川緑地)
4番小鹿がダメ押し打!Tommys BCが雨天コールドで萩中を下し1回戦突破!!
【試合内容】
先攻萩中サンダース、後攻Tommysで試合開始。1回表、萩中サンダースはスリーベースでチャンスを作るも後続が倒れ無得点。Tommysはその裏、萩中サンダース先発相澤の立ち上がりを攻め立てる。ノーアウト一塁から2番氏家がセンター前ヒット放ち、送球が逸れる間に一塁ランナーがホームインし先制。その後満塁のチャンスで6番土屋の内野ゴロの間に1点を追加する。2回は両チーム無得点。3回裏Tommysはノーアウト一塁から4番小鹿のタイムリーツーベースで1点追加。4回も両チーム無得点で終了。この時点で雨が強くなり、雨天コールドゲームで試合終了。3-0でTommysが勝利した。
【相手チームへ一言】
(萩中サンダース)
(Tommys baseballclub)
ありがとうございました。最後しっかり投げた投手は素晴らしいと思います。次は良い天候の下いい勝負しましょう!
萩中サンダースの皆様、この度は対戦ありがとうございました。悪天候のなかありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ブルーサンダース 6 5 Friends 3月28日(彩湖・道満)
橋口が2アウトから値千金のサヨナラ打!2018年春覇者ブルサンが劇的勝利!!
【試合内容】
先攻Friends野中、後攻ブルーサンダース曽根(健)の両先発で試合開始。曽根の立ち上がりをFriends打線が攻め2点を先制する。その裏ブルサンの攻撃は、先頭山下が出塁し、2番川崎が内野安打で出塁すると3番橋口が同点タイムリー安打を放つ。さらに1アウト3塁の場面で5番宇野がエンドランを決め逆転に成功する。2回以降両投手が立ち直り投手戦となるが6回表、Friendsはヒットとエラーで3点を奪い逆転。その裏ブルサンは山下、沖山、橋口と出塁し、ノーアウト満塁の場面で4番小島がセンターへ犠飛、5番宇野もレフトへ犠飛を放ち同点に追いつき粘りを見せる。最終回裏のブルサンは9番免田がライトへ2塁打を打ちツーアウト1.2塁とチャンスを作ると、3番橋口がライト前へタイムリーを放ちブルサンがサヨナラで勝利した。
【相手チームへ一言】
(ブルーサンダース)
(Friends)
Friendsの皆様、対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願い致します。
グラウンド、審判の手配ありがとうございました!
勝負どころでのエンドランや犠牲フライで確実に得点を重ねる野球はとても勉強になりました。また、練習試合などよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
RED HILL 1 6 Tokyo Volk 3月28日(荒川運動公園)
鈴木が投打の活躍!3部Tokyo Volkが1部RED HILL相手にVictoria初勝利!!
【試合内容】
Tokyo Volkは初回から鈴木のツーランホームラン等で3回までに連続得点。対するRED HILLもチャンスを作るも、一本がなかなか出ず。6回に1点を返すが反撃もそこまで。Tokyo Volkはエラーもあったがチャンスを逃さず打線が繋がり、6-1で逃げ切り勝利。先発鈴木が投打で活躍した。
【相手チームへ一言】
(RED HILL)
(Tokyo Volk)
東京Volk様、この度は遠征ありがとうございました。完敗でした。また是非ご対戦よろしくお願い申し上げます。次戦も、頑張ってください!
グラウンド、審判手配等ありがとうございました!
是非またよろしくお願い致します!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
アンドバランス 6 1 Big Dipper 3月28日(大宮健保)
糟谷の同点弾に池上の決勝打!アンドバランス吉岡がBigDipper打線を制圧!!
【試合内容】
アンドバランス先攻、BigDipper後攻で試合開始。初回アンドバランスは先頭が出塁し、3番歌川(勝)のヒット、四球で1アウト満塁のチャンスを作るも後続続かず無得点。BigDipperは2回、ヒットと四球でチャンスを広げると、ゲッツー崩れの間に先制する。アンドバランスは4回、先頭の4番糟谷のホームランで同点。1アウトから6番木原がヒットで出塁し、盗塁とパスボールで1アウト3塁のチャンスを作ると、7番池上、8番石井の連続タイムリーでこの回3得点。さらにアンドバランスは7回、先頭の宮城がヒットで出塁すると、四球等でチャンスを広げ、5番小笠原のタイムリー2ベースと内野ゴロで3点を追加。アンドバランス先発の吉岡がBigDipper打線を3安打1失点に抑え、6-1でアンドバランスが勝利した。
【相手チームへ一言】
(アンドバランス)
(Big Dipper)
村上様、BigDipperの皆様、本日は対戦ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
荏原マリンズ 1 2 ちゃんぷるーず 3月28日(大宮健保)
坂田が決勝打!昨季最高峰リーグ王者ちゃんぷるーずが緊迫の投手戦制し初戦突破!!
【試合内容】
ちゃんぷるーず先攻、荏原マリンズ後攻で試合開始。両投手陣が0を多く並べる投手戦となり、膠着状態が続く緊迫のゲームとなった。両チームあと1本がでず無得点で迎えた4回、4番今村、5番鎌田の連続ヒット等で1アウト2・3塁のチャンスを作り、バッテリー間のミスで先制。その後2アウト3塁となり、8番坂田がセンター前へタイムリーを放ち1点を追加。追いかける荏原マリンズは6回、先頭の高嶺選手がライトへのヒットで出塁。2アウト2塁となったところで、4番安藤選手が3塁線を抜ける2ベースヒットで1点を返す。しかし、その後は両チーム無得点のまま試合終了。2-1でちゃんぷるーずが勝利した。
【相手チームへ一言】
(荏原マリンズ)
(ちゃんぷるーず)
ご対戦頂きありがとうございました。
グランド確保等、ご調整いただきありがとうございました。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
漁火 7 0 霞祭 3月28日(和光スポーツ)
昨季サマー4強の漁火が完封勝利!新星霞祭を下し9年目の躍進へ視界良好!!
【試合内容】
初回漁火は相手の立ち上がりに攻め込み、一挙5点を先制する。2回にもタイムリーなどもで2点を追加し、そのまま逃げ切った漁火が7-0で勝利した。
【相手チームへ一言】
(漁火)
(霞祭)
ありがとうございました。また宜しくお願いします。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ジョルターヘッズ 1 2 La.Men 3月14日(調布西町球場)
La.Menがジョルターに競り勝つ!大島の決勝打に長濱が粘り強さ見せ完投勝利!!
【試合内容】
先攻ジョルターヘッズ土田、後攻La.Men長濱の両先発でプレボール。初回、ジョルターヘッズは1番鈴木、2番藤松の連続2ベースヒットで0アウト2.3塁を作るが、ここで長濱が3塁走者を牽制で刺し1アウト。チャンスは続くも後続を打ち取り相手の流れを止める。その裏La.Menは連続四死球で2アウト満塁にすると、相手のパスボールで1点を先制。続くチャンスで6番大島がレフト前にタイムリーを放ち初回に2点を先制する。2回表、追いつきたいジョルターヘッズは5番柴代、6番土田の連続ヒットで0アウト1.2塁のチャンスを作るが、キャッチャー高濱が2塁ランナーの飛び出しを見逃さずセカンドでタッチアウト。ジョルターヘッズはまたしてもランナーのミスでチャンスを潰してしまい無得点。ジョルターヘッズは3回から太田にスイッチ。両投手が粘りの投球をみせるも、試合が動いたのは5回表。ジョルターヘッズは先頭がエラーで出塁すると9番三浦の2ベースヒットで1点を返す。2-1のまま迎えた最終回、ジョルターヘッズは1アウトから三浦、鈴木、藤松の3連打で満塁のチャンスを作るが、平田が倒れ2アウト。続く4番相澤の放った打球はセンターライナーとなりゲームセット。長濱が最後まで気迫の投球を見せ、2-1でLa.menが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ジョルターヘッズ)
(La.Men)
La.men様、ご対戦ありがとうございました。拮抗した試合でとても楽しい時間を過ごせました。今後ともよろしくお願い致します。
小関様。ジョルターヘッズの皆様。対戦ありがとうございます。そして、グランドの手配から整備まで本当にありがとうございます。緊迫感のある試合で楽しかったです。引き続き宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 1 5 T-Five 3月14日(大宮健保)
T-Fiveが逆転勝利!昨季8強GOLGOを下し4年目の躍進へ好スタート切る!!
【試合内容】
初回、GOLGOは吉田のツーベースヒットでチャンスを作ると、橋本の犠牲フライで1点を先制する。しかし2回、T-Fiveは連打で同点に追いつくと、満塁から押し出し死球で勝ち越しに成功。時間の関係で最終回となった5回、これ以上点は与えたくないGOLGOはツーアウトまで持ち込むも、高くあがったレフトフライを落球し追加点を奪われる。GOLGO最後の攻撃はツーアウト満塁まで粘るが、最後の打者がショートゴロに倒れ試合終了。T-Fiveが5対1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(T-Five)
グラウンド、審判の手配ありがとうございました。
完敗です。また宜しくお願い致します。
当日雨天によりバタバタしてしまいましたが、ご対応頂きましてありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
高飛車 6 8 吉岡クラブ三代目 3月14日(大宮健保)
吉岡クラブ三代目が1回戦突破!Victoriaデビュー戦を鮮やかな逆転勝利で飾る!!
【試合内容】
高飛車先攻、吉岡クラブ三代目後攻で12時ちょうどに試合スタート。吉岡クラブ三代目、先発は村田。初回、高飛車は先頭の涌井がライト線二塁打を放ち、三振と四球で2死満塁で6番春山のピッチャー内野安打で先制。その後7番神田のセンターへの打球が強風に煽られ、走者一掃の二塁打となり初回4点入れる。吉岡クラブ三代目もその裏、安打、盗塁後に3番のタイムリーで1点返す。2回高飛車は2死三塁のチャンスを作るも無得点。その裏吉岡は先頭5番小島が右中間へのソロ本塁打を放ち1点追加。4-2。爆風の中での試合、打球が風に影響されその風が見方にもなり敵にもなったり。3回表、2死から6番春山の右中間への安打後、神田の左中間へのタイムリー安打で高飛車が追加点を奪う。吉岡クラブ三代目はその裏、四球と連打で2点返し、じわりじわりと差を詰めていく。4回は高飛車無得点、吉岡はついに追い付き5-5。5回からマウンドにあがった小平が3人で簡単におさえるとその裏、高飛車も先発海老沢を諦め、佐野に継投。吉岡クラブ三代目はその変わりっぱなを攻め立て、先頭代打丹下の初球をとらえるヒットから、吉岡の逆襲が始まり一気に3点を追加し、8-5と逆転成功。高飛車は6回表にこの日2安打絶好調の7番神田のセンター越えのソロ本塁打が出るが万事休す。結果は8-6で吉岡クラブ三代目の勝利となった。
【相手チームへ一言】
(高飛車)
(吉岡クラブ三代目)
吉岡様、本日は遠征頂きありがとうございました。緊急事態宣言の影響でグランド変更になりましたが、柔軟に対応頂き感謝します。若く元気の良いチームを統制してゲームメイク等勉強になりました。また対戦する機会がありましたらよろしくお願い致します。
高飛車様、この度は対戦ありがとうございました。
今後共どうぞ宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
CHUYANS+ 5 1 下町Tempest 3月14日(天王洲公園)
植田の完投に泉が4打点の大活躍!投打の噛み合ったCHUYANS+が2回戦進出!!
【試合内容】
下町Tempest先攻、CHUYANS+後攻で試合開始。初回、CHUYANS+は泉の3塁打で1点を先制する。その後投手戦となるが、5回下町Tempestは先頭の4番市川がレフトフェンス直撃の2塁打で出塁し、相手のミスでランナーを3塁まで進め内野ゴロの間に同点とする。追いつかれたCHUYANS+はその裏、無死満塁のチャンスを作ると、汐田の内野安打で1点を勝ち越す。なおも満塁で泉が走者一掃のタイムリーを放ち4点差とする。その後はCHUYANS+先発植田が締め、泉の4打点の活躍で5-1でCHUYANS+が勝利した。
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(下町Tempest)
下町Tempestの皆様、対戦ありがとうございました。非常に緊迫した好ゲームとなりました。またの機会に対戦よろしくお願いします。
グラウンド、審判の手配ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Rossowave 5 0 MR.cherryboys 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、MR.cherryboysの不戦敗。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Tropicana 8 4 横浜ブルーボーイズ 3月7日(江戸川河川敷)
神谷の逆転打に鷲谷・塩谷のダメ押し弾!Tropicanaが注目の新星退け2回戦へ!!
【試合内容】
Tropicana菅井、横浜ブルーボーイズ小暮の先発で試合開始。初回、横浜ブルーボーイズは1,2番がヒットで出塁すると、内野ゴロの間に1点を先制する。追いつきたいTropicanaは連打でチャンスを作ると、主将神谷のレフトオーバーのタイムリーで勝ち越しに成功。その後も鷲谷、塩谷がHRを放ち試合を優位に進める。Tropicana先発菅井は本調子とはいえないものの粘り強く投げ完投勝利を収めた。 (取材写真はこちら
【相手チームへ一言】
(Tropicana)
(横浜ブルーボーイズ)
玉江様、スケジュール調整など積極的にご協力頂きましてありがとうございました。またチームの皆様も遠征ありがとうございました。今後共宜しくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
スマッシュブラザーズ 2 0 ビッグホーンズ 3月7日(江戸川広域)
木佐木の先制打に鉄壁継投リレー!注目の新星対決はスマッシュブラザーズに軍配!!
【試合内容】
スマッシュブラザーズ先攻、ビッグホーンズ後攻で試合開始。1回表、スマッシュブラザーズは1番及川がライトオーバーのスリーベースで出塁するも、続く2番金田がショートゴロを打ちホームを狙うが併殺。そのあと3回まで0が並ぶ。試合が動いたの4回表、スマッシュブラザーズは4番坂本がデッドボールで出塁。1アウト2塁とし、6番木佐木がセンターオーバーの3ベースヒットで1点、続く7番小野がセンター前ヒットで2点目を追加。ビッグホーンズはランナーを出すもチャンスをものに出来ず、スマッシュブラザーズの巧みな継投に完封。2対0でスマッシュブラザーズが2回戦に進出した。
【相手チームへ一言】
(スマッシュブラザーズ)
(ビッグホーンズ)
とても素晴らしいチームで戦っていて刺激を受けました。
本当に対戦ありがとうございました。
グランドの手配、審判の手配ありがとうございました。スマッシュブラザーズさんの継投の前に手も足も出ませんでした。また大会やオープン戦などで機会がございましたら、リベンジさせてください!2回戦も頑張ってください!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
スタイガー 6 2 Revival 3月7日(江戸川河川敷)
三瓶・山本の投手リレーに阿部の逆転打!2013年覇者スタイガーが1部対決制す!!
【試合内容】
先攻Revival直井、後攻スタイガー三瓶の両先発投手で試合開始。Revivalは初回、立ち上がりの三瓶投手をいきなり攻め、1番山田が死球により出塁すると送りバントから3番中村のライト前タイムリーで1点先取。その裏、スタイガーもすかさずノーアウト2塁のチャンスを作るも直井が後続を打ち取り無失点で切る抜ける。2回裏スタイガーは新津、飯塚のシングルヒットから塩味の四球で1死満塁とすると、1番村上(慶)の押し出し四球で同点、そこから2番阿部のセンターオーバー走者一掃のタイムリー3ベースで3点追加。3回裏、スタイガーは攻撃の手を緩めることなく2死2塁のチャンスから7番バッターにライト前を許すも、ライト桜井の好返球により無失点で切り抜ける。スタイガーはその後4回にも2点追加。流れを掴みたいRevivalは6回表に1点を返すがここまで。投げては三瓶投手が尻上がりに調子をあげ2番手山本投手にリレー。Revivalに隙をあたえずスタイガーの勝利。
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(Revival)
桜井様、選手の皆さんこの度は対戦ありがとうございました。また、対戦する機会があると思いますので今後ともよろしくお願いいたします。
グランド・審判手配等ありがとうございました。
今後ともお付き合いのほどよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BIGFACE 2 1 わりと平和主義 3月7日(東実健保)
亀田が劇的サヨナラ打!BIGFACEが土壇場最終回に追いつきサドンデスを制す!!
【試合内容】
先攻わりと平和主義、後攻BIGFACEで試合開始。3回までわりと平和主義御船とBIGFACE中川の両先発が好投し両チームともに無得点。試合が動いたのは4回表、わりと平和主義はエラーで出たランナーを二塁に置き、一死二塁から4番深野がライトへのタイムリーヒットで1点を先制。わりと平和主義の先発御船は毎回ランナーを出しながらも要所を抑え、6回まで0点に抑える。BIGFACEは6回から大野に継投し無失点に抑え味方の反撃を待つ。最終回、BIGFACEは二死一、三塁のチャンスでバッテリーミスの隙を見逃さず、好走塁で同点に持ち込む。試合は7回で決着付かず、1対1のままタイブレークへ突入。表のわりと平和主義はBIGFACE3番手高木相手に手も足も出ず無得点。裏のBIGFACEは先頭の亀田が初球の変化球を捉え、レフト線へサヨナラタイムリーヒットを放ち2対1でBIGFACEの勝利。
【相手チームへ一言】
(BIGFACE)
(わりと平和主義)
わりと平和主義様、遠征ありがとうございました。また大会でもオープン戦でも対戦あるかと思いますので是非よろしくお願い致します。
この度は、グラウンド、審判等の手配ありがとうございました。強豪チームの戦い方、声の掛け方など勉強になることが多くあり、チームとして非常にいい経験を積むことができました。個人的にも緊張感のある試合ができてとても楽しかったです。次戦も頑張ってください。また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PH 3 2 AG DOGS 3月7日(秋ヶ瀬公園)
エース八木の粘投に加藤が値千金の決勝打!PHが新星を逆転で下し1回戦突破!!
【試合内容】
AG DOGS先攻、PH後攻で試合開始。初回PHは、2アウトから四死球と安打で満塁の好機を作るも、AGDOGS先発投手の平高が粘りの投球を見せ無得点。PHは、2回も安打と死球で0アウト1・2塁も9番前田がバント失敗から好機を逃し無得点。序盤は両チームとも守り切り無得点のまま進む。3回裏、PHは2番松野のソロ本塁打でようやく1点先制。4回表、AG DOGSは先頭4番岸山がライト前に落とし出塁し、6番大久保の逆転本塁打で2対1と試合をひっくり返す。終盤6回裏、PHは5回から登板した氏家投手を攻め、先頭3番小島の本塁打で同点。更に4番狩野・7番池田と安打で繋ぎ、2アウトながら2・3塁の好機を作ると、8番加藤が価千金の勝ち越しレフト前タイムリーで再逆転に成功。試合はそのまま3対2でPHの勝利した。初参戦のAG DOGSは初戦敗退。PH先発八木は、本塁打を浴びるも好守に助けられ7回完投。
【相手チームへ一言】
(PH)
(AG DOGS)
AG DOGSの皆様、スケジュール調整頂きありがとうございました。また機会がありましたら、宜しくお願いします。
八木投手の制球が良く、思うように得点が出来なかった。打者もバットが振れており失投を逃さず捉えていた。是非またリベンジしたいチームだと思いました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
東京ドナルドダック 2 1 SCRUMS 3月7日(調布基地跡)
小野寺のサヨナラ打に佐藤がNO-NO達成!ドナルドが息詰まる投手戦を制す!!
【試合内容】
先攻SCRUMSの先発は田中、後攻ドナルドダックは佐藤の先発で始まる。ゲームは両投手の好投で7回まで無得点で進む。8回からサドンデスになり、先攻のSCRUMSは四球で1点を先制する。その裏、ドナルドダックはツーアウトになるも、小野寺のタイムリーでサヨナラ。2対1でドナルドダックが勝利し、先発の佐藤はノーヒットノーランの完投。
【相手チームへ一言】
(東京ドナルドダック)
(SCRUMS)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。