TOP > スプリングカップ2020 > トーナメント表
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
PIECE 4 1 青木製作所Snugs 3月22日(大宮健保)
勝負を決めた斎藤&桑原(以)の一発!PIECEが7年連続のベスト16進出!!
【試合内容】
先攻Snugs、後攻PIECEで試合開始。PIECEは初回、チャンスで桜井のタイムリーで先制する。3回表にも1.3塁から1塁走者の盗塁時にキャッチャーの送球が逸れて追加点を奪う。追いつきたいSnugsも6回表に同じく1.3塁から、1塁走者の盗塁でショートと走者が接触してボールが転々とする間に3塁走者が還り1点差とする。6回裏、1点差とされたPIECEだったがこの回先頭の斉藤がレフトの頭上を遥かに超えるランニングHRを放つ。さらに1死からここまで好投を続ける桑原(以)が自ら貴重な追加点となるレフトへのランニングHRを放って突き放すと、最終回のSnugs打線を3者凡退に抑えて4-1でPIECEが勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(青木製作所Snugs)
Snugsの皆さま、対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
柴様、チームの皆様、この度は対戦並びに色々と手配して頂き誠に有難うございます。とても強かったです!スプリングカップのご健闘お祈りしております!今後とも宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
T-Five 9 3 Tommys baseballclub 3月22日(薬業健保)
T-Fiveが16強進出!椿の先制弾に3投手による継投リレーでTommys下す!!
【試合内容】
T-Five先攻、Tommys baseballclub後攻で試合開始。2回表、T-Fiveは6番椿のライト柵越えホームランで先制。その後も2回から6回まで連続得点で9点を奪う。Tommys baseballclubは3回裏に9番早馬の2ランホームランと5回裏の内野ゴロの間に1点を奪うも、反撃及ばずT-Five投手陣が3人の継投で3失点に抑え、9対3でT-Fiveが勝利。
【相手チームへ一言】
(T-Five)
(Tommys baseballclub)
ご対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
T-Fiveの皆様、この度は対戦ありがとうございました。完敗でした。優勝目指して頑張って下さい。
須田様、この度はグランド、審判の手配ありがとうございました。今後とも宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
WILL BASEBALL CLUB 6 3 TOKYO GRAND SLAM 3月22日(浮間公園)
WILL B.Cが緊迫の接戦を制し2回戦へ!TGSはVictoria初勝利ならず!!
【試合内容】
先攻TOKYO GRAND SLAM、後攻WILL BCで試合開始。試合が動いたのは2回。TGS先頭の沖本楓が完璧に捉えた打球はレフトへのソロHRとなり先制する。その裏WILLは青木の二塁打を皮切りに無死一、三塁とし、中島のタイムリーでまずは同点。続く、高田の内野ゴロの間に三塁走者が生還し逆転に成功する。さらにWPで1点を追加。3回TGSは二死から佐藤にタイムリーが飛び出し1点に詰め寄る。3回裏WILLはまたしても二死ながら二塁、三塁のチャンスを作ると、井出、中島の連続タイムリーでリードを4点とする。最終回となった6回TGSは先頭石塚が右中間に特大のソロHRを放ち、さらにその後も一、二塁のチャンスを作り反撃するが、最後は5回からリリーフした下里が粘り、6-3でWILLが勝利した。
(サブ取材の写真はこちら、ダイジェスト動画はこちら
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(TOKYO GRAND SLAM)
進藤様、TOKYO GRAND SLAMの皆様、日程調整及び、対戦ありがとうございました。各選手の鋭いスイングで気の抜けないタフな試合となり、非常に勉強になりました。今後ともよろしくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
全力ルパン 1 2 ADDAXS 3月22日(調布西町)
投手戦は小川に軍配!ADDAXSが痺れる接戦を逆転で制し2回戦進出!!
【試合内容】
先攻・ADDAXS小川、後攻・全力ルパン木村の先発で桜が咲き風吹く中試合が始まる。1回表、打者4人を木村が押さえ、ADDAXSは0点。1回裏、2アウトから3番山本がセンター前ヒットで出塁すると、4番木村が四球、5番宍戸がレフト前ヒットで2アウト満塁。6番高野に四球で押し出し。7番高瀬はショートゴロに倒れ、全力ルパンが初回1点を先取する。2回表裏は両チーム動きが無く、迎えた3回表、ADDAXSは1アウトから1番後藤がセンター前ヒット。2番宮崎・3番児玉は四球で1アウト満塁。4番阿部は三振に倒れるも、5番永木のショートゴロがエラーを誘い後藤が生還し1点。なおも2アウト満塁とチャンスの続く場面だったが、6番辻はショートゴロに倒れ1点止まり。ADDAXSが試合を振り出し戻す。6回表、ADDAXSは1アウトから6番辻がレフトオーバーのツーベースヒット、7番小川はピッチャーゴロにファーストのミスが出て1アウト1・3塁。8番山本(圭)は四球で満塁とすると、9番永井のピッチャーゴロの間に辻が生還、ADDAXSが逆転に成功。最終回となった6回裏、全力ルパンは三者凡退に終わりゲームセット。2-1でADDAXSが初戦を突破し2回戦へコマを進めた。全力ルパン先発の木村はランナーを出しつつも味方の守備に助けられて6回2失点の好投。打線がチャンスを作るもののADDAXSの好投手の前に一本が出なかった。
【相手チームへ一言】
(全力ルパン)
(ADDAXS)
本日は遠方からお越し頂きありがとうございました。グランドの水撒きなど、段取りが悪くなってしまい大変申し訳ありませんでした。また大会以外でも是非ともお付き合いよろしくお願い致します。
雨天中止。延期になる中 やっと対戦が出来ました。グランド確保・審判員手配等、有難うございました。また、オープン戦等 よろしくお願いいたします。有難うございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
スタイガー 5 2 TABOO 3月22日(江戸川河川敷)
阿部が反撃弾&逆転打!スタイガーが強豪対決となった初戦を制し2回戦へ!!
【試合内容】
TABOO田中投手、スタイガー三瓶投手で試合開始。1回表TABOOの攻撃、1番滝田の四球の後、2番三上が三塁線を抜く3ベースヒット、続く田中のヒットでいきなり2点先取。1回裏スタイガーの攻撃、1番阿部が会心の当たりのHRで1点を返す。2回裏スタイガーの攻撃、吉野の内野安打、続く塩味がエラーで出塁で無死1,3塁とすると、飯塚のタイムリーで同点に追いつき、1番阿部のタイムリーで追加点。この回一挙4点を取り逆転に成功。TABOOは2回途中から永富投手に代わり、その後スタイガー打線を抑える。スタイガー三瓶投手も2回からTABOO打線をピシャリと抑え、そのまま試合終了。スタイガーの勝利。
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(TABOO)
永冨様、選手の皆さん、この度は対戦ありがとうございました。また、対戦する機会があると思いますのでよろしくお願いいたします。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
萩中サンダース 3 0 漁火 3月22日(天王洲公園)
長谷川が完封シャットアウト!萩中が大田区対決を制し6年ぶりの初戦突破!!
【試合内容】
先攻・萩中サンダース、後攻・漁火で試合は始まる。漁火の先発は松永。初回、2回を3人で抑えて完璧な立ち上がり。萩中サンダースの先発ピッチャーも3回までパーフェクトで抑える。試合は序盤は投手戦の様相。試合が動いたのは4回、萩中サンダースは成田の四死球から漁火野手陣のミスと6番相澤のタイムリーヒットで2点を先制。漁火も5回、エラーで出塁したランナーを置いて8番菅谷がセンター前ヒットを打つもセンターの強肩により三塁タッチアウト。萩中サンダースは6回にも村井の進塁打が漁火野手陣のミスを誘い追加点。3点のリードを萩中サンダース先発長谷川がランナーこそ出すも要所を抑えて完封。萩中サンダースが3-0で勝利した。
【相手チームへ一言】
(萩中サンダース)
(漁火)
ありがとうございました。またウチのメンバーの送別セレモニーにもお付き合いいただき、大変感謝しております。
ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ダディーズベースボール 1 9 吉岡クラブ 3月22日(大宮健保)
吉岡クラブ脅威の5ホーマー!強打炸裂で9点を奪い1部所属対決を圧勝!!
【試合内容】
先攻ダディーズベースボール、後攻吉岡クラブで試合開始。1回表、ダディーズは4番佐藤亮の犠牲フライで1点先制。1回裏、吉岡クラブは3番穂積のツーランホームランで逆転。2回裏、8番中村のソロホームラン、2番山崎(領)のツーランホームランで追加点を奪う。さらに4回裏、1番山崎(晃)の3ランホームラン、5回裏には6番大橋のソロホームランが飛び出し、5HR9得点。投げては先発山崎(晃)が初回の1点に抑え、最終回は菊池に継投。吉岡クラブが9対1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(ダディーズベースボール)
(吉岡クラブ)
左右田様、吉岡クラブの皆様、この度は対戦、日程の調整ありがとうございました。今後ともお付き合いの程よろしくお願いいたします。次も頑張ってください。
篠宮様、グランド、審判手配、日程調整ありがとうございました。ダディーズベースボールの皆様対戦ありがとうございました。今後もよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
LG 5 1 CHAIN SMOKERS 3月22日(小松川上流)
佐藤が決勝ホームラン!粘る新星を退けLGがスプリングカップ初勝利!!
【試合内容】
CHAIN SMOKERS先攻、LG後攻で試合開始。1回表、CHAIN SMOKERSの攻撃を3人で切ると、その裏二死一塁から4番川村。強風に煽られた打球はセンターオーバーのツーベースとなり、LGが先制。2回表、5番バッターがスリーベースヒットで出塁、続く6番がライトフライ。これがタッチアップとなりCHAIN SMOKERSが1点を返す。LGは4回裏に5番佐藤のライトへのホームランで勝ち越すと、その後も追加点。5-1でLGが勝利した。
【相手チームへ一言】
(LG)
(CHAIN SMOKERS)
対戦ありがとうございました。またお願いします!
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Hustler 6 1 世田谷odds 3月22日(湖北台公園)
丹波誠・宇津木の鉄壁リレー!Hustlerが新星との3部対決を制し1回戦突破!!
【試合内容】
Hustler先攻、世田谷odds後攻で試合開始。序盤1、2回はお互いに0行進。試合が動いたのは3回、Hustlerは2巡目1死から2番山本が四球で出塁後に盗塁、送球が逸れる間に進塁し、一死3塁のチャンスを作ると3番中川の遊ゴロの間に1点を先制。4回は5番斉藤が四球で出塁後、6番駒形がエンドランを決めて無死2.3塁を作ると、7番成嶋の犠飛、8番三宅隼の左中間を破る二塁打で2点追加。その後も1番間渕、2番山本、4番原園の安打で3点追加して、4回は計5点を追加して6-0とリードを広げる。守りでは6回に守備の乱れで1点返されるも、先発の丹波誠、宇津木のリレーで1失点に抑えた。
【相手チームへ一言】
(Hustler)
(世田谷odds)
世田谷oddsの皆様、遠征いただきありがとうございました。今後とも宜しくお願いします。
グラウンド確保をしていただきありがとうございました。強風でたびたび試合中断してしまいましたが、無事試合を終わらす事が出来た事も感謝致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
大宮フェニックス 0 5 BIGFACE 3月15日(大宮健保)
染谷・中川の完封リレー!BIGFACEが悲願の初タイトル獲得へ向け好発進!!
【試合内容】
大宮フェニックス先攻、BIGFACE後攻で試合開始。2回裏、二死三塁のチャンスでサードゴロが暴投を誘いBIGFACEが先制。その回押出し四球でもう1点加点し2点を先制する。さらに3回裏、二死満塁から8番亀田のライト前タイムリーで1点。9番太田、1番高木の連続四球でもう2点加点し、5対0とリードを広げる。5回表、大宮フェニックスは2番永野のスリーベースヒットでチャンスを作るも、後続が倒れ0点。そのままBIGFACE投手陣が7回まで無失点で切り抜け、5対0でBIGFACEが勝利。
(サブ取材の写真はこちら、ダイジェスト動画はこちら
【相手チームへ一言】
(大宮フェニックス)
(BIGFACE)
 
永野様、グラウンド手配から審判手配までありがとうございました。またよろしくお願い致します!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 1 0 とん吉 3月15日(大宮健保)
本格右腕対決は佐久間に軍配!1部王者GOLGOが1点を守り抜き初戦突破!!
【試合内容】
GOLGO先攻、とん吉後攻でプレイボール。初回GOLGOの攻撃は先頭がエラーで出塁するも盗塁失敗。2アウトからヒットと四球でチャンスを作るも無得点。2回、GOLGOは1アウト後に7番吉田がセンター前ヒットで出塁。すかさず盗塁を決めてセカンド送球が逸れる間に3塁まで進塁すると、続く8番中野がしっかりとエンドランを決めて1点を先制する。3回以降もGOLGOはランナーを出すがとん吉の好守備や先発の松井投手に要所を抑えられ、追加点を奪う事が出来ない。反撃したいとん吉は4回に0アウト1、2塁、6回も0アウト1、2塁から1アウト満塁とチャンスを作るも後続が倒れ無得点。GOLGO先発の佐久間は味方の失策などでピンチを背負うものの、気迫のピッチングで相手を0点に抑え見事完封。GOLGOが1-0で勝利した。
(サブ取材の写真はこちら、ダイジェスト動画はこちら
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(とん吉)
対戦ありがとうございました。
また機会がございましたら宜しくお願いいたします。
GOLGO.B.Cの皆様、久田様対戦ありがとうございました。またグラウンド、審判の手配ありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
相模KOT'S 4 5 BEEF MAN 3月15日(滝ヶ原運動場)
河野が逆転打&決勝打!BEEFMANが昨年準Vの相模KOT'Sに競り勝ち2回戦へ!!
【試合内容】
相模 KOT'S吉田(正)投手、BEEFMAN岡本投手が先発。初回にBEEFMANは相手エラーで1点先制。相模KOT'Sも1回裏にエラーなどでランナーを溜めると、鈴木の右中間へのツーベースヒットなどで3-1と逆転する。BEEFMANは5回に河野のレフトオーバーなどで3点を奪い3-4と逆転。しかし相模KOT'Sも三浦のヒットと鈴木のレフトへのポテンヒットで同点に追いつく。7回表、BEEFMANは相模KOT'S2番手の中坪投手から河野が左中間を破るタイムリーヒットを放ち勝ち越し。そのまま4-5でBEEFMANの勝利。
【相手チームへ一言】
(相模KOT'S)
(BEEF MAN)
BEEFMANの皆様、対戦ありがとうございました。投打共に素晴らしかったです。また機会がありましたらよろしくお願いします。
吉田様、チームの皆様対戦ありがとうございました。
今後共、宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
青木製作所Snugs 3 2 RED HILL 3月15日(篠崎公園A)
青木製作所Snugsが接戦を制し2回戦進出!エース有川が粘投を見せ逃げ切り勝利!!
【試合内容】
先攻Snugsは有川投手、後攻REDHILLは増永投手の先発マウンドで試合はスタート。2回まで両チームチャンスを作るも無得点。先制したのはSnugs、3回表の攻撃、2番川村、3番佐久間の連続安打と4番向が四球を選び無死満塁のチャンスで、5番小畑と6番根本の連続タタキで2点、更に相手のエラーで1点入り、この回3点先制。しかしその裏REDHILLは、4番若林の2点適時打で3-2と1点差に詰め寄る。しかしその後両投手が粘投し無得点が続き、時間切れのため 5回裏で試合終了。Snugsの勝利。
【相手チームへ一言】
(青木製作所Snugs)
(RED HILL)
石川様、菊岡様、この度は対戦ありがとうございました。とても緊張感のある好ゲームでしたね。また是非対戦のほどよろしくお願いします。
有川様、選手の皆様、この度はグランド・審判さん手配等ありがとうござました。次戦も頑張ってください!今後とも宜しく御願い申し上げます。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
PIECE 3 1 アンドバランス 3月15日(大宮健保)
桑原の逆転打に武藤のダメ押し打!PIECEが2年ぶりのファイナルへ向け好スタート!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻アンドバランスで試合開始。1回表、アンドバランスの先発前原は先頭に死球を与えてしまう。続く打者に対しても四球を与え、ここで投手を仁科に交代。変わった直後3番の坂東のレフト前ヒットで無死満塁のチャンス。しかし、このピンチを仁科が0点に抑える。1回裏、先頭の押元がレフト前で出塁。その後2番3番が倒れるも、4番の歌川(勝)がライトへの三塁打を放ち先制。2回表、先頭の桑原がツーストライクからレフト前ヒットを放つも後続が倒れ無得点。2回裏、2死から8番岩間が2塁打を放つも無得点。3回表、3番坂東に2打席連続のレフト前ヒットで出塁。2死後、盗塁とエラーでチャンスを広げ、好投する7番桑原(以)が自ら左中間への3塁打を放ち逆転に成功。5回表、エラーでチャンスを作り、武藤がレフトオーバーの2塁打を放ち、3点目が入る。PIECEは5回裏から青野へと継投。7回裏、アンドバランスは先頭が出塁するも後続が続かず試合終了。PIECEが3-1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(アンドバランス)
アンドバランスの皆様、対戦ありがとうございました。当日のグラウンド変更などにも対応して頂き、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
柴様、PIECEの皆様、この度はグラウンド等手配頂きありがとうございました。今回もまた色々と勉強させて頂きました。次戦も頑張ってください!今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
東京ドナルドダック 3 0 川商Cats 3月15日(旭公園)
美濃が完封シャットアウト!昨年のサマーカップ覇者ドナルドダックが1回戦突破!!
【試合内容】
先攻川商Catsは山下、後攻ドナルドダックは美濃の先発でゲームが始まる。1回裏、ドナルドダックは先頭の児島がスリーベースヒットで出塁、続く2番駒澤のタイムリーで1点を先制。さらに2回裏と5回裏にも相手のミスで追加点をあげる。ドナルドダック先発の美濃はランナーを背負うも要所を抑えて、3対0でドナルドダックの勝利。川商キャッツ投手陣も強豪東京ドナルドダック相手に5安打と力投をみせたが、大事なところで内野のミスが出てしまった。
【相手チームへ一言】
(東京ドナルドダック)
(川商Cats)
コロナウィルスの影響でグランド変更などの対応などありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
グランドと審判の手配ありがとう御座いました。強豪ドナルドダック様とでき楽しかったです。また宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
NITORO 2 5 ブルースカイA 3月15日(大宮健保)
岡田の決勝打に松尾が完投勝利!ブルースカイAが下剋上許さず2年連続の2回戦へ!!
【試合内容】
先攻ブルースカイA、後攻NITOROで試合開始。初回、ブルースカイAは永嶋(大)のタイムリーで1点先制。さらに2回、松尾のHRで2点目、6回には満塁から岡田の走者一掃の二塁打で3点を追加。投げては松尾が2点を失うも完投。5-2でブルースカイAが勝利した。
【相手チームへ一言】
(NITORO)
(ブルースカイA)
対戦ありがとうございます!チームにとってとても良い勉強になりました。ありがとうございました。またよろしくお願い致します。
滝澤様、グランド及び審判の手配、ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
STBC 1 4 Nomad.Yankees 3月8日(笹目公園)
木村が逆転打!Nomad.Yankeesが強力クリーンアップの活躍で1回戦突破!!
【試合内容】
Nomad.Yankees先攻、STBC後攻で試合開始。1回裏、STBCは2番鎌田が出塁し、1アウト1塁から3番石黒の2塁打にて1点を奪い、理想的な形で先制点を挙げる。反撃したいNomadYankeesは3回表、四球などで2アウト満塁とし、4番木村の逆転2点タイムリー、続く5番山口のタイムリーで1点を追加。4回表にも1点を追加し、勝負あり。STBCの反撃及ばず、4-1でNomadYankeesの勝ちとなった。
【相手チームへ一言】
(STBC)
(Nomad.Yankees)
なかなか日程が決められずお手数をお掛けしました。これからの試合も我々の分まで勝ち上がっていって下さい。本当にありがとうございました。またよろしくお願いします。
グランド審判手配やグランドの砂入れなどいろいろありがとうございました。またよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
La.Men 6 2 Revival 3月1日(潮見野球場)
サドンデスに明暗!昨季台風の目となったLa.Menが今季も下剋上スタート!!
【試合内容】
先攻 La.Men、後攻revivalでプレイボール。La.Menは1回表、先頭丸山がヒットと盗塁で先制のチャンスを作るが後続が倒れる。その裏、La.Men先発長濱が2アウトから四球を出すと、4番小林にレフトへのタイムリースリーベースを打たれ先制を許す。その後は5回までRevival松山、La.Men長濱の投手戦となる。6回表、La.Menは3番中瀬俊平が四球と盗塁でノーアウト2塁のチャンスを作ると、4番實石航介のセンターオーバーで同点に追いつく。その裏を抑えて、7回からサンドンデスに突入。Revivalは山田に投手交代。La.Menは代打の佐々木が押し出しとなる四球を選び、ついに逆転。2アウトになるも、1番丸山が勝負を決める満塁ホームランを放ち、一挙5得点をあげる。投げては、6回からマウンドに上がった野村が1失点されるも後続を打ち取りゲームセット。La.Menが6-2でRevivalを下し初戦を突破した。 (サブ取材の写真はこちら
【相手チームへ一言】
(La.Men)
(Revival)
対戦ありがとうございました。白熱した試合ができ、とても楽しかったです。今度も宜しくお願い致します。
大島様、選手の皆様、対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ジョルターヘッズ 7 5 Tropicana 3月1日(調布西町)
1部対決はジョルターに軍配!サドンデスにまで縺れた激戦を制し初戦突破!!
【試合内容】
Tropicana菅井、ジョルターヘッズ相澤両投手の先発。初回、両チームともに四死球でチャンスを掴むも無得点。試合が動いたのは4回Tropicanaの攻撃。四球と塩谷のヒットなどで満塁のチャンスを掴むと、三村の放った打球が独得の回転を生み、これを相澤が弾きTropicanaが先制する。しかし5回、ジョルターヘッズは土田のヒットとエラーでチャンスを作ると、岩澤が犠牲フライを放ち同点。さらに代わった岡崎から三浦がエンドランを決め逆転に成功する。その裏、Tropicanaは代わった赤坂から三ツ俣がヒットで出塁し二塁へ。次打者がファーストファールフライを放つとタッチアップで三塁へ。この時、送球が逸れ一気にホームに還り同点に追いつく。6回が終わったところで時間的にサドンデスに突入。先攻のジョルターヘッズは、鈴木が放った打球をライトが目測を誤り1点。さらに土田が右中間へタイムリーで2点。続く平田も2点タイムリーを放ち計5点を奪う。その裏、ジョルターヘッズは生田にスイッチ。Tropicanaは内野ゴロで1点を還すと、さらに船田に2点タイムリーが出て2点差まで追い上げる。しかし反撃もここまで。ジョルターヘッズが激戦を制した。
【相手チームへ一言】
(ジョルターヘッズ)
(Tropicana)
Tropicana様、ご対戦ありがとうございました。非常にしびれる試合でした。今後ともよろしくお願い致します。
小関様、チームの皆様対戦ありがとうございました。最後までお互い譲らない試合展開で開幕戦から楽しめました。次戦も頑張ってください。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
わりと平和主義 0 3 湾岸ベースボーイズ 3月1日(産業センター)
野入がNO-NO達成!王者・湾岸ベースボーイズが期待の新星下し完封発進!!
【試合内容】
先攻湾岸ベースボーイズの先発投手は野入、後攻わりと平和主義の先発投手は宇田川で試合開始。1回表、1アウト2塁のチャンスを作り、3番増田の左中間3ベースヒットで湾岸が先制点をあげる。2回表、7番小向のセンター前ヒット、9番松尾のライト2ベースヒット、1番胡麻の左中間2ベースヒットなどで2点追加。さらに湾岸は3.4.5回も得点圏にランナーを進めるも、わりと平和主義の宇田川が踏ん張り追加点を与えない。終盤も両チーム無得点となり試合終了。湾岸ベースボーイズの野入が安定したピッチングでノーヒットノーランを達成。3-0で湾岸ベースボーイズが2回戦へ駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(わりと平和主義)
(湾岸ベースボーイズ)
本日は早朝かつ遠方からお越しいただきありがとうございました。昨年度優勝チーム様と対戦することができ、大変貴重な経験となりました。陰ながら応援させていただきます!今後ともよろしくお願い致します。
対戦ありがとうございました!グランド・審判の手配等もありがとうございました。また今後も宜しくお願い致します!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
清瀬ロングコックス 6 3 AXIS 3月1日(伊奈町公園)
投打でAXISを圧倒!注目の新星・清瀬ロングコックスがポテンシャルを誇示!!
【試合内容】
春の暖かさの中、プロスタを懸けたVictoriaスプリングカップが始まり、先攻ロングコックス、後攻AXISでゲームスタート。今年初めての試合ということもあり、AXIS先発の泰江高の制球が定まらずピリッとしない立ち上がり。ロングコックスは初回、1番平澤が2塁打で出塁し、2番がしっかり送る。しかし3番西の初球エンドランは失敗。得点を奪えず。3回、2つの四球と安打で無死満塁のチャンスを作ると、相手のエラーなどで2点を先制。更に3番西のタイムリーも飛び出し、一挙5点のビッグイニングとなった。ロングコックス先発の高崎はしっかりゲームを作り、5回無失点で継投。ロングコックスはその後も攻め続けると、6回に追加点を奪い6点目。一方のAXIS打線は相手投手のキレのある投球に翻弄され、5回まで安打は2本。しかし2本目の乾のレフト前ヒットで初得点をあげると、最終回に反撃の狼煙を上げる。泰江高の二塁打、泰江亮の犠牲フライ、力の二塁打などで2点を返すも及ばずゲームセット。3点のリードを守りきったロングコックスの勝利。
【相手チームへ一言】
(清瀬ロングコックス)
(AXIS)
乾さま、ならびにAXIS選手団の皆さま。本日は遠方よりお越しいただき有難うございました!大変実りあるゲームができたこと、感謝申し上げます。今後とも、よろしくお願いいたします!
礼儀正しくいいチームでした!グラウンド、審判の手配など諸々感謝しています!不甲斐ない戦いで申し訳ございません!機会があればまた宜しくお願いします!次も頑張って下さい!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Tommys baseballclub 5 0 パワーテクノ 不戦試合
<試合内容>
コロナウイルスの影響により対戦期限までに対戦が実現せず、パワーテクノの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Big Dipper 5 0 ギガプライズ 不戦試合
<試合内容>
コロナウイルスの影響により対戦期限までに対戦が実現せず、ギガプライズの不戦敗。