TOP > スプリングカップ2020 > トーナメント表
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 1 0 Hustler 9月20日(大宮健保)
桑原(以)の完封に守備陣が好プレー連発!PIECEが2年ぶりのVictoriaファイナル進出!!
【試合内容】
先攻Hustler、後攻PIECEで試合開始。2回表Hustlerは4番打者のヒットから2死1.2塁を作るも得点できず、2回裏PIECEも4番高野のヒットから2死2塁まで行くも無得点に終わり投手戦を予感させる展開に。3回表Hustlerは1死からライト線へ上がった打球をセカンド茂木が好捕すると、続く打者の完璧に捉えた当たりを今度はレフト武藤のファインプレーでこの回を凌ぐ。守備でのリズムを攻撃に繋げたいPIECEだが、4回裏坂東のヒットでチャンスを作るも後続が倒れ無得点に終わる。5回表Hustlerは二死から2塁打で出塁すると、続く打者のセンター前へ落ちそうな打球をセンターの桑原(南)がダイビングキャッチし、ここまで好投している弟の桑原(以)を盛り立てる。試合はそのまま両投手の素晴らしい投げ合いで0が並び、7回から時間の為1死満塁のサドンデスへ。7回表Hustlerは4番からの好打順だったが、桑原(以)が4番渡邉祥太から三振を奪うと、続く5番間渕をセンターフライに打ち取り無得点に抑えてPIECEは裏の攻撃へ。PIECEは先頭の6番武藤の打球は良い当たりもセカンド正面の当たりとなり、本塁アウトでダブルプレーかと思われたがキャッチャーの一塁への送球が逸れ、打者走者と一塁手が交錯する間に2塁走者が一気にホームへ還り、まさかの幕切れでPIECEがサヨナラ勝利し決勝進出を果たした。
(取材写真&記事はこちら、試合動画はこちら
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(Hustler)
対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
PIECE 柴様 チームの皆様、対戦いただきましてありがとうございました。PIECE様のチームの一体感、ベンチワーク含めて非常に勉強になりました。必死に喰らいつきましたが力が及びませんでした。是非、優勝目指して頑張ってください。また機会がございましたら宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
D'LLERS 2 2 佐川グローバルロジスティクス 9月13日(東実健保)
佐川が悲願の決勝進出!最後まで縺れた激闘を制しVictoriaファイナル一番乗り決める!!
【試合内容】
先攻佐川グローバルロジスティクス、後攻D'LLERSの一戦。一回表佐川の攻撃は1番大杉がレフト前ヒットで出塁すると、続く須永は相手のエラーにより出塁する。ランナー1.2塁とし3番吉田の打球は高いバウンドで相手のエラーを誘い、大杉が生還し、1点先制する。続く4番徳島の内野ゴロ間にもう1点を追加し、初回2点を先制する。佐川の先発は奥谷。上々の立ち上がりをみせる。その後両チーム無失点が続き、D'LLERSの最後の攻撃。先頭打者の高橋が右中間を破るランニングホームランで1点を返すと、内野安打とエラー、四球で満塁とし、6番矢部のエンドランで同点とする。その後はサヨナラとはならず、時間切れによりジャンケン勝負となった。ジャンケンは5勝2敗で佐川が勝利し、決勝への駒を進めた。
(取材写真&記事はこちら、試合動画はこちら
【相手チームへ一言】
(D'LLERS)
(佐川グローバルロジスティクス)
佐川グローバルロジスティクス様、Victoria運営の皆様、昨日はありがとうございました!とても悔しい敗戦となりましたが最後まで緊張がある中試合ができて良かったです。今後とも宜しくお願い致します!決勝戦頑張って下さい!
本日はありがとうございました。楽しく野球をしており、まとまりのあるいいチームと感じました。また機会がありましたら宜しくお願い致します。グランド手配等ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 3 4 Hustler 8月30日(大宮健保)
Hustlerが初のベスト4進出!昨年の1部王者に競り勝ち悲願のファイナル進出へ王手!!
【試合内容】
先攻Hustler、後攻GOLGO BASEBALL CLUBで試合開始。試合が動いたのは2回表、HustlerはGOLGO先発の長谷川を攻める。先頭の4番斉藤が四球で出塁し、犠打で一死2塁のチャンスに6番渡邉が中前打で続き一死1.3塁、7番石原が左前打で1点先制するも、8番成嶋は併殺で1点止まり。その後はお互いの投手が要所を締めて無得点が続く。5回裏GOLGOは先頭打者がセーフティーで出塁し盗塁、二ゴロで一死3塁を作ると、続く江見のエンドランでランナーが生還、1-1の同点。勝ち越したいHustlerは6回表、1番山本が相手エラーで出塁後、犠打、四球、エラーで一死満塁の勝ち越しのチャンス。5番井上は三振に倒れるも、二死満塁のチャンスに6番渡邉が初球を振り抜く。打球は右中間を深々と破り、走者一掃のスリーベースで3点勝ち越し。6回裏、GOLGOの攻撃は二死となるもエラーが続き、二死1.2塁から長谷川、吉田の連続タイムリーで2点を返し4-3。最終回は丹波が気力で抑え込みゲームセット、Hustlerの勝利。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(Hustler)
対戦・スケジュール調整ありがとうございました。
また宜しくお願い致します。
GOLGO BASEBALL CLUBの皆様、暑いなか対戦いただきありがとうございました。個々の打者の粘り強さやチームの雰囲気の作り方、団結力等、とても勉強になりました。今後とも宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
WILL BASEBALL CLUB 0 2 佐川グロ-バルロジスティクス 8月23日(大宮健保)
4番栗原の決勝打にエース奥谷が圧巻の完封勝利!佐川が春夏秋通じて初の準決勝進出!!
【試合内容】
佐川グローバルロジスティクスは先発奥谷。先攻佐川、後攻WILLで試合開始。1回表佐川の攻撃、1番須永が出塁し、続く2番吉田がヒットで繋ぐと、3番徳島が送りバントを決め2.3塁。すると、4番栗原のセンター前ヒットで2点を先制する。一方WILL B.Cは1番木田が左翼前安打で出塁すると、2番阿住の犠打で1アウト2塁のチャンスを作るも後続が打ち取られ得点できず。奥谷が上々の立ち上がりを見せる。奥谷はランナーを出すも味方のファインプレーにも救われながら要所を抑え、そのまま最後まで投げ切り、完封勝利を達成。佐川グローバルロジスティクスが初回の先制点を守りきり2-0で勝利した。
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(佐川グロ-バルロジスティクス)
スケジュールがひっ迫している中、ご調整ありがとうございました。試合としても大変引き締まった内容で良い経験になりました。今後とも練習試合等、お付き合いの程宜しくお願い致します。
グランド等の手配ありがとうございました!今後ともオープン戦など可能でしたら、是非宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ジョルターヘッズ 3 4 PIECE 8月16日(大宮健保)
PIECEが3年ぶりの春4強進出!桑原(南)の決勝打に桑原(以)・青野の鉄壁リレー!!
【試合内容】
ジョルターヘッズ生田、PIECE桑原(以)の両先発投手で試合開始。PIECEは初回、1番坂東のが三遊間を破るヒットで出塁し盗塁を成功させる。2番桑原(南)が送り、続く3番斉藤が倒れ2死3塁となるも4番高野の放った1塁への打球が軟式特有のキュルキュルの打球で内野安打となり、1点をPIECEが先制する。対するジョルターヘッズはPIECE桑原(以)の前に反撃の糸口を掴めない。再び試合が動いたのは4回表、7番桑原(以)が内野安打、8番井上の犠打で2死2塁となり、9番白石が右中間にタイムリー二塁打を放ち1点。さらに1番坂東のヒットでチャンスをつかむと、2番桑原(南)のレフト前への打球が芝生の切れ目で大きく弾み、外野が後逸。レフトの頭を超えて走者一掃の3塁打となり、この回3点を追加し4点差とする。ジョルターヘッズの反撃は5回裏、1死から9番静のヒット。2死となり、2番鈴木のヒットで2、3塁のチャンスを作ると、3番相澤の左越3ラン本塁打が飛び出し、1点差に迫る。PIECEは6回から青野へと継投し、勢いに乗るジョルターヘッズ打線を6回は2死1.2塁のピンチを作るもショートゴロで切り抜ける。PIECEもジョルターヘッズ2番手赤坂、3番手大橋の前に得点できず無得点。最終回も青野が3者凡退で締め、PIECEが4-3で勝利した。
【相手チームへ一言】
(ジョルターヘッズ)
(PIECE)
PIECE様、お互い日程が苦しい中での対戦となりましたが、白熱した試合になりました。またしてもPIECEさんの壁は破れませんでしたが、次戦は必ず勝てるよう努力したいと思います。ありがとうございました。
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
D'LLERS 5 2 SAMURAI.BOYS 8月16日(流山運動公園)
渡邊が投打の活躍!D'LLERSが1部Aブロック対決を制し初の春準決勝進出!!
【試合内容】
先攻ダラーズ渡邊投手、後攻サムライ並木投手の両先発で試合開始。ダラーズはサムライ先発の左腕並木には幾度となく苦しめられており、先制点を先に取ることを心がけ試合に臨んだ。初回先頭の高橋がレフト前で出塁すると続く2番深澤がライト前へ連打でチャンスを作る。ここでギアを上げ3番、4番と連続三振をとる。続く5番を死球で2死満塁となるが6番をライトフライに打ち取られ先制のチャンスを逃す。D'LLERS先発は最近のVictoriaの試合で安定した投球を見せている渡邉。1回、2回と相手上位打線を3者凡退で切り抜ける。試合が動いたのは3回表、1死から4番守田、5番矢部の連打でチャンスを作ると、ランダウンプレのー間に思わぬ形で先制をする。5回表、2番深澤が2本目となるヒットで出塁すると、相手のエラーも絡み2死1.2塁のチャンスで初回チャンスで凡退している6番山内が左中間を深々と破るタイムリー2ベースで追加点をあげる。さらに続く7番渡邉がライトスタンドへ2ランを放ち5-0と試合を優位に進める。サムライはここで並木から石崎にスイッチをして後続を断つ。その裏ダラーズも投手を渡邉から深澤へスイッチ、この日も安定した投球で3人で抑える。最終回SAMURAIBOYSの攻撃、今大会の勢いそのままヒットやエラーが絡み2点を返し、なおも2死満塁のチャンスを作るが、最後は三振でゲームセット。5-3でD'LLERSが準決勝進出を決めた。
【相手チームへ一言】
(D'LLERS)
(SAMURAI.BOYS)
SAMURAIBOYS様、代表旭様この度は対戦ありがとうございました。また宜しくお願い致します。
矢部様、ダラーズの皆様、グランド審判さんの手配ありがとうございました。完敗です!今後ともよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 12 3 KAMIYUBI 8月9日(大宮健保)
茂木が悪い流れを断ち切る先頭打者弾!PIECEが3年ぶりのベスト8進出!!
【試合内容】
先攻KAMIYUBI増渕投手、後攻PIECE桑原(以)で試合開始。1回表KAMIYUBIは先頭打者がエラーで出塁するとエンドランで得点圏に走者を進め、3番打者の高く弾んだ打球でPIECE守備陣のミスが出てその間に2塁走者が帰り1点を先制する。嫌な流れで先制を許したPIECEだったがすぐ様反撃へと転じる。1回裏、先頭の茂木がライトへの先頭打者ホームランで同点に追いつくと連続四球とエラーで無死満塁のチャンスを作る。5番斉藤の内野ゴロがFCとなって勝ち越すと満塁から6番桜井がセンター前へタイムリーを放ち追加点を奪う。更に1死からエンドランを仕掛けるも空振りで挟殺プレーとなるがKAMIYUBIにもミスがでてこの回PIECEは4点を奪い逆転する。4回裏PIECEは先頭の桑原(以)がヒットで出塁すると白石が死球で出塁し、本木の内野ゴロの間に進塁して1死2.3塁とチャンスを広げる。KAMIYUBIは申告敬遠で塁を埋めると2番桑原(南)の放ったレフトへの浅いフライがエラーとなって追加点。KAMIYUBI守備陣のミスが立て続けに出て思わぬ形でPIECEが3点を追加する。反撃したいKAMIYUBIは5回表、先頭がエラーで出塁するとその後ヒットと死球で2死満塁のチャンスを作り、フルカウントからライト前へのタイムリーで2点を奪う。5回裏PIECEは代わった投手を攻めて斉藤、本木、武藤のヒットと相手守備陣のミスなどで更に5点を奪うと6回表から青野へと継投してKAMIYUBIの反撃を凌ぎ、12-3でPIECEが勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(KAMIYUBI)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
D'LLERS 6 0 SCRATCH 8月9日(流山運動公園)
渡邉が投打の活躍!D'LLERSが完封勝利で初のスプリングカップ8強入り!!
【試合内容】
SCRATCH先攻藤森投手、D'LLERS後攻渡邉投手で試合開始。SCRATCHは2回、加藤、菅原の連続安打で無死1,3塁のチャンスを作るも、D'LLERS渡邉投手が踏ん張り得点を奪えない。D'LLERS先発渡邉は安定した投球で5回を無四死球50球で試合を作る。ピンチを凌いだD'LLERSは2回裏、パスボールやたたきで2点を先制する。続く3回に渡邉の満塁ランニング本塁打で4点をあげ試合を有利に進める。6回から深澤がマウンドに上がり、2回を無安打5奪三振と試合を締めた。結果、D'LLERSが6対0で勝利。
【相手チームへ一言】
(D'LLERS)
(SCRATCH)
幸山様、SCRATCH様この度は遠方よりお越し頂きありがとうございます。また機会がありましたらよろしくお願い致します。
D'LLERS矢部様 日程調整及びにグランド等手配ありがとうございました。投打ともに完敗です。また機会がありましたらよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
WILL BASEBALL CLUB 2 1 T-Five 8月2日(大宮健保)
白熱の投手戦は山重に軍配!WILL B.Cが4年ぶりのスプリング8強進出!!
【試合内容】
WILL B.C山重、T-FIVE須田の先発で試合開始。1回表、WILL B.Cは死球で1死一二塁とすると4番高橋の右翼前適時打で1点を先制し、さらに連続四球で押し出しで2点目を追加する。その後はWILL B.C山重とリリーフしたT-FIVE田中の好投で無失点のまま4回へ突入。4回裏、T-FIVEは3番佐藤が左翼へ二塁打を放つと、内野ゴロで1死三塁とし5番椿のエンドランで1点を返す。5回以降はまたも両投手の好投が続きスコアは動かず7回試合終了。WILL B.Cが2対1で勝利。
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(T-Five)
グランド確保やスケジュール調整頂き誠にありがとうございます。脅威的な鋭いスイング等、大変勉強になりました。今後も練習試合等、お付き合いの程宜しくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
RED SOX 2 5 ジョルターヘッズ 8月2日(大宮健保)
生田・赤坂の継投に鈴木の決勝打!ジョルターヘッズが2年ぶりの春8強入り!!
【試合内容】
先攻RED SOX丸山、後攻ジョルダーヘッズ生田の両先発投手でスタート。試合は2回裏、ジョルターヘッズが7番柴代のヒット、9番西濱の四球などで2死満塁のチャンスを作ると、1番藤松の内野安打で先制する。その後は両投手の好投が続く。そして5回裏、ジョルターヘッズは先頭の9番西濱の内野安打、1番藤松のヒットで無死1、3塁のチャンスを掴むと、2番平田、3番鈴木に連続タイムリーで2点。さらにワイルドピッチと4番土田の犠牲フライで2点を追加し、この回4点を奪う。しかし6回表、RED SOXはこの回先頭2番山本が死球等でノーアウト満塁のチャンスを作ると、5番山本純輝のタイムリーで1点を返す。ここでジョルターヘッズはピッチャー生田から赤坂にスイッチ。直後に6番菅野にタイムリーを浴びるが、7番田中を三振、8番須賀をセカンドゴロに打ち取りピンチを脱する。赤坂は7回もマウンドに上がり、3人で抑えて試合終了。結果5-2でジョルターヘッズの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(RED SOX)
(ジョルターヘッズ)
本日は早朝からありがとうございました。
また練習試合等よろしくお願い致します。
REDSOX様、グランドや審判さんのご手配ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Hustler 10 2 萩中サンダース 8月2日(富勢野球場)
Hustlerが自身初のスプリング8強入り!3部所属チームとしては3年ぶりの進出!!
【試合内容】
先攻Hustler、後攻萩中サンダースで試合開始。初回にHustlerは1番山本がフルカウントまで粘って四球で出塁、2番米本が初球で送り、3番中川がセンター前を放って1点先取。その後は両投手が踏ん張り無得点が続き、試合が動いたのは4回、一死から6番井上がセンター前で出塁、続く7番石原がサードエラーで一死1.2塁のチャンス。ここで8番成嶋が右中間を破る走者一掃のタイムリーを放つ、成嶋は本塁タッチアウトで追加点は2点止まりも3-0とリードを広げる。4回裏に連打から1点返されるも、5回表に2番米本が一死からライトオーバーのスリーベース、3番中川が犠飛を放ち1点追加で4-1。6回は5番斉藤が四球を取り、6番井上が左中間を深々と破るツーベースで1点追加し、5-1とする。6回裏も連打から1点返され5-2とされるも、7回表に4番間渕、6番井上の本塁打を含む5本の長短打で5点追加し10-2で勝負を決定付ける。最終回は宇津木が3人で締めてHustlerの勝利。
【相手チームへ一言】
(Hustler)
(萩中サンダース)
萩中サンダース様、遠征いただきありがとうございました。どちらに流れがいってもおかしくない試合だったと思います。また機会ありましたら対戦をお願いします。
ありがとうございました。素晴らしい打線に完敗です。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BEEF MAN 0 7 SCRATCH 7月26日(天王洲公園)
山上・藤森の完封リレー!SCRATCHが初回一挙6得点の先制パンチで初の16強!!
【試合内容】
天候が危ぶまれる中、先攻BEEFMAN平野投手、SCRATCH山上投手で試合開始。SCRATCHは初回、先頭の相羽が右中間を破る3塁打でチャンスをを作ると、4番上原の内野ゴロがミスを誘い、1点を先制する。更にその後も2死から7番菅原のフェンス直撃2塁打や、8番加藤のスリーラン等でこの回一挙6点を奪う。その後2回から代わったBEEFMAN岡本投手の好投でSCRATCHは追加点を奪えない。BEEFMANは6回表、2死満塁とチャンスを作るも、山上投手が踏ん張り無得点に抑える。6回裏、SCRATCHはこの回から変わった松下投手から1点を奪い追加点を挙げる。最終回、SCRATCHは藤森投手が3人で抑え、7-0でSCRATCHの勝利。
【相手チームへ一言】
(BEEF MAN)
(SCRATCH)
幸山様、チームの皆様対戦ありがとうございました。自粛明け初活動でしたが、久しぶりに野球ができて良かったです。次戦も頑張ってください!!!また宜しくお願い致します!
BEEFMAN松下様、何度も雨天中止になり、日程調整及びグランド手配等ありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
SAMURAI.BOYS 4 2 ADDAXS 7月19日(八潮北公園)
エース並木が完投勝利!SAMURAI.BOYSが全員野球で初の春ベスト8進出!!
【試合内容】
先攻サムライボーイズ並木投手、後攻ADDAXS小川投手の先発で試合開始。先制はサムライ。8番秋葉がセンターオーバーの二塁打で出塁し三盗塁を決めチャンスを広げると、1番安富がレフト前にタイムリーを放つ。サムライは4回にも2アウトから荒木が安打で出塁し、旭一がタイムリーを放ち追加点をとる。対するADDAXSも4回裏、児玉が2塁打を放つと、6番辻が三塁打で1点を返し反撃を開始する。しかしサムライは6回に5番池村のスクイズなどで、2点を追加する。ADDAXSは最終回、四球でチャンスを作ると1番出川がタイムリーを放つも後続が倒れ試合終了。最後は並木が粘り、サムライが勝利。
【相手チームへ一言】
(SAMURAI.BOYS)
(ADDAXS)
アダックス皆さん、宮崎様、対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
グランド・審判、手配等、有難うございました。
また、是非 よろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
RED SOX 3 3 BIGFACE 7月19日(大宮健保)
2年前に続きREDSOXが勝利!常勝軍団が4年連続のスプリング16強入り!!
【試合内容】
先攻REDSOX、後攻BIGFACEで試合開始。初回、REDOSOXが守備の乱れから4番大野、6番池田のタイムリーで幸先よく3点を先制。その後、お互いの先発が粘り無得点が続く。6回裏、BIGFACEが2点を返し3-2と迫る。すると1点差のまま迎えた最終7回裏、BIGFACEが二死から土壇場で追いつき同点。そのまま時間切れで大会規定によりジャンケン決着。REDSOXがジャンケンで勝利。
【相手チームへ一言】
(RED SOX)
(BIGFACE)
本日は遠方からお越し頂きありがとうございました。
また練習試合等よろしくお願い致します。
何度も日程調整ありがとうございました!
またよろしくお願い致します!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
吉岡クラブ 4 4 佐川グローバルロジスティクス 7月12日(大宮健保)
シーソーゲームとなった互角の強豪対決!佐川が運をも味方に初の8強入り!!
【試合内容】
先攻佐川グローバルロジスティクス、後攻吉岡クラブの1戦。佐川の先発は奥谷。吉岡クラブは井澤が先発。初回佐川の攻撃は2アウトから徳島が3塁打を放つも無失点。その裏奥谷も無失点の立ち上がりを見せる。試合が動いたのは2回、栗原、奥谷が死球で出塁すると、9番鈴木のセンター前タイムリーで1点先制。その裏、吉岡クラブはパスボールとセンターへのヒットで2点を取り逆転する。さらに3回裏、2アウトから山崎の3塁打と小野田のタイムリーで1点を追加する。佐川は6回、一林の死球で出塁、奥谷のセンター前でスチールを決め2.3塁とする。8番森がレフト前に起死回生の2点タイムリーで振り出しに戻す。さらに7回には須永のセンター前で出塁し、連続四死球で満塁とすると一林のエンドランで勝ち越す。その裏、吉岡クラブも2アウトからランナーを出すと、2盗、3盗を決める。そこで山崎がピッチャー強襲の内野安打で同点とし、試合は終了し、ジャンケン勝負に持ち込む。ジャンケンでは5ー3で佐川が勝利し勝ちを収めた。
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(佐川グローバルロジスティクス)
森様、佐川グローバルロジスティクスの皆様対戦ありがとうございました!とてもしびれる試合で楽しかったです!次も頑張ってください!また、対戦よろしくお願い致します!
とてもしびれる試合でした。監督の采配、選手起用は勉強させて頂きました。また機会があれば是非よろしくお願い致します。グランド手配等ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ブルースカイA 4 4 KAMIYUBI 7月12日(大宮健保)
KAMIYUBIがVictoria初勝利!ブルースカイ土壇場で追いつくも悔しい敗戦!!
【試合内容】
KAMIYUBI先攻、ブルースカイA後攻で試合開始。1回裏、吉村のタイムリーでブルースカイAが1点先制。2回表、KAMIYUBIはエラーとタイムリーで3点を奪い逆転。2回裏、ブルースカイAは斉藤と牛窪のHRで同点とするも4回表、エラーでKAMIYUBIが1点を勝ち越す。しかしその裏、ブルースカイAが牛窪のタイムリーで同点で試合終了。結果じゃんけんにより5対3でKAMIYUBIの勝利。
【相手チームへ一言】
(ブルースカイA)
(KAMIYUBI)
今野様、対戦ありがとうございました。
今度とも宜しくお願い致します。
ブルースカイAの皆様、ありがとうございました。また機会がありましたらどうぞよろしくお願いします。
永嶋様、担当者が新人の為たくさんご迷惑をおかけいたしました。グラウンドや審判手配をしていただきありがとうございました。またよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
湾岸ベースボーイズ 3 4 GOLGO BASEBALL CLUB 7月5日(大宮健保)
昨年のタイトルホルダーが激突!GOLGOが湾岸の猛追凌ぎ8強一番乗り!!
【試合内容】
1回表、GOLGOは1番吉田がセンター前ヒットで出塁するとすかさず盗塁を決めて、ノーアウト2塁のチャンスを作る。ここで2番渡邉がライト前にタイムリーヒットを放ち先制点を挙げる。さらに橋本が進塁打、長谷川がヒットで繋ぐと、5番川崎(優)のセンター前タイムリーと、6番瀧口の犠牲フライで3点を先制する。2回表、大山が相手失策で出塁、江見が送り川崎(弘)が四球を選びチャンスを広げる。ここで吉田のファーストゴロが相手エラーを誘い1点追加し、GOLGOが4-0とリードする。GOLGO先発の佐久間は3回までは完璧なピッチングを披露するも4回裏、湾岸は四死球でチャンスを作ると6番藤野のタイムリーで1点返す。時間の関係で最終回となった6回裏、湾岸は3つの四死球で無死満塁のチャンスを作ると、GOLGOはここで長谷川にスイッチ。追いつきたい湾岸は5番梶の犠飛で1点、さらにワイルドピッチで1点返し、1点差に詰め寄る。なおも2死満塁の逆転のチャンスだったが、長谷川が最後のバッターを空振り三振に仕留め試合終了。GOLGOが4回戦進出を決めた。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(GOLGO BASEBALL CLUB)
対戦ありがとうございました!次も頑張ってください!また色々と宜しくお願い致します!
グラウンド、審判のご手配ありがとうございました。公式戦での初対戦となりましたが、痺れる試合展開で非常に楽しかったです。また機会がございましたら宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
WILL BASEBALL CLUB 6 5 青霧 7月5日(大宮健保)
石西が逆転満塁弾!WILLが土壇場で3点差覆し4年ぶりのベスト16進出!!
【試合内容】
WILL.BC先攻、青霧後攻で試合開始。先制したのは青霧。3回、先頭久保が内野安打で出塁すると、WILLの守備の乱れもあり、1点を先制する。青霧は続く4回にも一死三塁から坂田の内野ゴロの間に得点し、リードを2点とする。追いかけるWILLは5回に阿住、青木の連続タイムリーで同点に追いつく。しかし、青霧も5回、6回と加点し突き放す。3点ビハインドのWILLの最終回、無死満塁のチャンスを作ると、石西がライトオーバーのグランドスラムを放ち、土壇場で逆転する。最後は青霧の攻撃を三人で抑え、WILLが勝利。
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(青霧)
青霧の皆様、日程のご調整ありがとうございました。また、この度は遠征での対戦ありがとうございました。最後まで痺れる展開の大変タフなゲームでした。今後ともよろしくお願い致します。
審判、グラウンド手配までありがとうございました。また機会があれば対戦よろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
MKY88 1 2 萩中サンダース 7月5日(大宮健保)
田村が劇的サヨナラ打!萩中サンダースが実に7年ぶりとなるスプリング16強!!
【試合内容】
3回にMKY88が萩中のミスで先制する。4回に萩中は村井の内野ゴロで同点に追いつくと、その後両投手の踏ん張りでサドンデスへ。先攻MKY88の攻撃をダブルプレーで抑えると、その裏内野手が5人のシフトを敷く中、萩中8番田村がセンター前へサヨナラタイムリーヒットを放ち、萩中サンダースの勝利。
【相手チームへ一言】
(MKY88)
(萩中サンダース)
萩中サンダースのみなさんありがとうございました。
諸々ありがとうございました。しびれる試合でした。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
佐川グローバルロジスティクス 4 0 東京ドナルドダック 6月28日(八潮北公園)
奥谷の完封に4発の打ち上げ花火!佐川が2年連続のスプリング16強入り!!
【試合内容】
雨の影響でグランドを移しての試合。先攻佐川グローバルロジスティクス、後攻東京ドナルドダックで試合開始。佐川の先発は奥谷。東京ドナルドダックは美濃が先発。両者上々の立ち上がりで4回まで無失点。試合の均衡を破ったのは5回表、佐川グローバルロジスティクスは奥谷と森の2者連続本塁打で2点先制。6回から東京ドナルドダックは浜辺をマウンドに送り流れを作ると、6回裏に3四死球で1アウト満塁のチャンスを作るも、奥谷が要所を抑えて無失点。佐川グローバルロジスティクスは最終7回表にも須永、徳島の本塁打で2点を追加し、4-0で勝利を納めた。
【相手チームへ一言】
(佐川グローバルロジスティクス)
(東京ドナルドダック)
本日はありがとうございました!また、試合組めれば是非宜しくお願い致します。お互い頑張りましょう!
森さん、グランド変更の手続きなどありがとうございました。また、対戦の方、よろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
D'LLERS 4 4 清瀬ロングコックス 6月28日(豊島体育場)
激闘の終焉はジャンケン決着に!D'LLERSがシーソーゲーム制し16強へ!!
【試合内容】
先攻D'LLERS、後攻ロングコックスで試合開始。初回ダラーズの攻撃は三者凡退。その裏ロングコックスは1アウト1.3塁のチャンスを作ると、4番がエンドランを敢行するも空振り。しかし平澤がホームに突っ込み先取点を取る。ダラーズは2回表すぐさま同点に追いつくが、ダラーズのミスや6、7番の連打でロングコックスが1点を取り勝ち越す。3回表にもダラーズが1点を返すが、その裏パスボールで再びロングコックスが逆転。2-3で迎えた5回表、ダラーズは2番小泉の2点タイムリーで逆転に成功。そのまま逃げ切りたかったが、相手の粘り強い打線に再び得点を許し同点となる。時間内に決着がつかず、じゃんけんとなり、ロングコックス4連勝からのD'LLERS5連勝と劇的な幕切れとなった。
【相手チームへ一言】
(D'LLERS)
(清瀬ロングコックス)
本来であれば17時~の試合、昨日の悪天候のためグランド使用不可となり、急遽直前でグランドを手配していただきありがとうございました。今年2回目の公式戦での対戦、前回同様最後までどちらが勝ってもおかしくない状況でした。また緊張感のある白熱試合ができて良かったです。今後とも宜しくお願い致します。
急遽の対応でしたが、遠征いただき感謝しております!毎度痺れる試合展開になりますが、なかなか勝たせてもらえず本当に強いなと、感じております。D'LLERSの皆さま、対戦有難うございました!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
LG 3 5 SAMURAI.BOYS 6月28日(松伏記念公園)
エース並木が完投勝利!サムライが若武者LGに競り勝ち3年連続の春ベスト16!!
【試合内容】
LG先攻、サムライ後攻。サムライボーイズ並木投手、LG石井投手の先発で試合開始。サムライボーイズは2回に5番荒木の2ランHRで先制すると、4回にもワイルドピッチで1点を追加。この日5本の長打で得点を重ね、LG投手陣を攻略する。LGは5回表にタッチアップで1点、6回表にも2点を返すが反撃及ばず。サムライ並木はLG打線の中軸につかまるも要所を抑えて完投勝利。苦しみながらもサムライボーイズが3回戦進出を決めた。
【相手チームへ一言】
(LG)
(SAMURAI.BOYS)
対戦ありがとうございました!ホームラン2本とも凄まじいあたりでした。次も頑張ってください!
LGの皆さんグランド、審判の手配ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
吉岡クラブ 7 3 CHUYANS+ 6月21日(大宮健保)
オータム2018準決勝以来の激突!吉岡クラブが大橋の決勝満塁弾でリベンジ!!
【試合内容】
吉岡クラブ先攻、CHUYANS+後攻で試合開始。2回裏、CHUYANS+は2死満塁のチャンスを作るも無得点に終わる。3回表、吉岡クラブはランナーを1人置き、岩本の打球はレフト前に。その打球に飛び込むも届かず、後ろを点々とする間にバッターランナーも帰り2点を先制する。しかし、4回裏CHUYANS+は吉岡クラブの守備のミスをつき同点に追いつくと、岡村(雄)のタイムリーで逆転に成功する。1点差で迎えた6回表、吉岡クラブは先頭菊地が3ベースで出塁すると、その後2アウトとなるも、小野田のタイムリーで土壇場で同点に追いつく。更に満塁となり、大橋が右中間を破る満塁HRを放ち勝ち越すと、裏のCHUYANS+の攻撃は3人で終わり、7-3で吉岡クラブが勝利した。
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(CHUYANS+)
中溝様 CHUYANS+の皆様、対戦ありがとうございました!どちらが勝ってもおかしくないしびれる試合でした!今後も引き続きよろしくお願い致します!
左右田さん・吉岡クラブの皆様、対戦ありがとうございました。毎回好試合となり、楽しませていただいています。今後ともよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Nomad.Yankees 0 1 ADDAXS 6月21日(大宮健保)
小川の完封に後藤の決勝打!ADDAXSが機動力を活かし初の春16強入り!!
【試合内容】
先攻Nomado.Yankeesの先発は大西投手、後攻ADDAXSの先発は小川で試合開始。1回、両者の攻撃は3者凡退に終わる。2回表、Nomado.Yankeesは先頭の4番木村選手のセンター前ヒットで出塁するも牽制でアウトになり後続も倒れ3アウトチェンジ。2回裏、ADDAXSも先頭の4番宮崎の右中間への2塁打と盗塁で1死3塁のチャンスを作るも続かず無得点。5回まで両者3者凡退が続き、6回表、Nomado.Yankeesは先頭の代打中村選手がセンターへの2塁打で出塁し、続く打者は死球で0死1.2塁のチャンスになるがピッチャーゴロ、ショートゴロ、キャッチャーフライで無得点に終わる。その裏、2死から1番出川の打球をピッチャーがエラーし出塁、パスボールの間に2塁へ。2番後藤のキャッチャーへのゴロが内野安打となり、その隙に2塁ランナーが生還しADDAXSが先制。1-0。7回表(最終回)、ADDAXS先発の小川が2アウトを簡単に取り、5番田中選手から三振を奪い3アウト。試合終了。結果1-0でADDAXSの勝利。 (取材の写真はこちら
【相手チームへ一言】
(Nomad.Yankees)
(ADDAXS)
 
コロナ自粛で延期になっていた対戦。ようやく出来ました。グランド・審判手配、有難うございました。また、機会がありましたら宜しくお願いします。有難うございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ジョルターヘッズ 8 7 Big Dipper 6月21日(大宮健保)
大島が値千金の決勝打!ジョルターヘッズが乱打戦を制し2年ぶりの春16強!!
【試合内容】
ジョルターヘッズ生田、BigDipper平野両投手の先発。初回BigDipperはエラーと四球でチャンスを作ると、平野のタイムリーで先制。さらに阿部にもタイムリが出てこの回2点。その裏ジョルターヘッズは鈴木が二塁打で出塁。野選でチャンスを広げると、相澤が左中間に3ランHRを放ち逆転に成功。ジョルターヘッズは2回にも鈴木のタイムリー三塁打で追加点を挙げると、3回にも土田の二塁打、平田のホームランで3点を挙げ5点をリードする。しかしBigDipperは4回、阿部の二塁打を皮切りに、山田のヒット、矢内のタイムリーで追い上げると、小芝がセンターオーバーのタイムリー二塁打を放ち一気に同点に追いつく。5回、ジョルターヘッズは相澤にスイッチするも制球を乱し満塁のピンチ。ここで土田にスイッチし何とか後続を抑える。その裏、土田が内野安打で出塁。盗塁などで三塁へ進むと大島がライトへタイムリーを放ち再度リードを奪う。迎えた6回表、BigDipperは土田から4連続四死球を奪い同点に。さらに阿部が逆転タイムリーを放ち逆転に成功。その裏、ジョルターヘッズ攻撃中に時間切れとなり、当該イニングが消滅。記録的に8-7でジョルターヘッズの勝利となった。
(取材の写真はこちら
【相手チームへ一言】
(ジョルターヘッズ)
(Big Dipper)
BigDipper様、ご対戦ありがとうございました。非常に後味の悪い試合になってしまったことは残念でしたが、そこを除けばものすごい打撃戦で素晴らしいゲームでした。ありがとうございました。
ジョルターヘッズ様 対戦ありがとうございました。次も勝上がって下さい!また機会がありましたら宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Hustler 3 1 スタイガー 6月21日(南山公園)
Hustlerが降雨コールドながら下剋上!スタイガーは6年ぶりの鬼門突破ならず!!
【試合内容】
Hustler先攻、スタイガー後攻で試合開始。初回Hustlerは、2番渡邉の右本塁打で先制。二回は6番山本のあわや本塁打のフェンス直撃左二塁打で一死2塁とすると、7番中村が四球で一死1.2塁、8番成嶋は三振に倒れるも、9番三宅隼も四球で繋ぎ、二死満塁。ここでスタイガーのバッテリーにミスが連発し、2点追加で3-0とする。投げては先発の丹波誠が3回に安打と、ライトが目測を謝るミスで長打を許し、1失点するも4回終えて3-1とHustlerがリード。5回表のHustlerの一死1塁の攻撃中に試合前から降り続いていた雨が強くなり、グラウンドコンディションが悪化、試合続行困難との判断で降雨コールドとなった。
【相手チームへ一言】
(Hustler)
(スタイガー)
遠征していただきありがとうございました。メンバーも対戦を楽しみにしており、降雨コールドという残念な形で終わってしまいましたが、また機会がございましたら宜しくお願い致します。
三宅様、選手の皆様この度は対戦ありがとうございました。次戦頑張ってください。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 5 0 Rossowave 6月21日(大宮健保)
長谷川・佐久間の鉄壁リレー!GOLGOが2年ぶりにスプリングベスト16進出!!
【試合内容】
先攻Rossowave、後攻GOLGOで試合開始。Rossowaveの先発は大住。初回、GOLGOは先頭の吉田が死球で出塁すると、2番渡邊がセンター前ヒットで続きノーアウト1・2塁とチャンスを作る。3番橋本は倒れるが4番大山が死球で繋ぎ、ワンアウト満塁。5番佐久間は三振に倒れるもツーアウトから6番川崎(優)が左中間に走者一掃のツーベースヒットを放ち3点を先制する。追いつきたいRossowaveは、3回裏に9番・松島の内野安打と盗塁などで2死2塁とするも、2番・土井(佑)の打球はセカンドライナーとなり無得点。Rossowaveは4回表から2人目・福山にスイッチ。4回裏にもRossowave3番・小島の安打からチャンスを作るも無得点。GOLGOは6回裏、またしてもツーアウトながら満塁のチャンスを作り出す。ここで本多がライト前に2点タイムリーを放ち2点を追加する。GOLGO先発の長谷川は安定した投球で、6回を無失点に抑える。最終回は佐久間に繋ぎ完封リレーで勝利。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(Rossowave)
対戦ありがとうございました。また機会がございましたら宜しくお願いいたします。
対戦ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
湾岸ベースボーイズ 2 0 La.Men 6月21日(薬業健保)
スプリング王者湾岸が完封勝利!La.Menは惜しくも昨年のリベンジならず!!
【試合内容】
先攻La.Men、後攻湾岸ベースボーイズでプレイボール。1回表、La.Menは三者凡退に倒れる。その裏、湾岸は1番牧が先頭打者HRを放ち先制。その後もDBとエラーで1アウト三塁になると、4番宮島の内野ゴロの間に1点を追加、初回に2点を奪う。その後は両投手好投が続く。追いつきたいLa.Menは3回表に大島が3ベースヒットを放ち、ノーアウト3塁のチャンスを作るも後続が続かず無得点。La.Men打線は3回以降無安打で抑えていた長濱を援護したかったが、最後まで湾岸先発投手の瀧瀬から点を奪うことができず、2-0で湾岸ベースボーイズが勝利。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(La.Men)
対戦いただきありがとうございました。直前のグランド変更にもご対応いただきありがとうございます。今後も宜しくお願い致します。
宮島様。湾岸BBチームの皆様。対戦ありがとうございました。今後とも宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
武蔵ベースボールクラブ 4 5 SCRATCH 6月14日(大宮健保)
中止・中断の果て遂に両者が交錯!SCRATCHが終盤追いつきサドンデス制す!!
【試合内容】
雨天中止や活動自粛により、最初の試合設定から3ヶ月が経過してからの対戦。先攻SCRATCH山上投手、後攻武蔵ベースボールクラブ羽尾投手で試合開始。試合が動いたのは2回裏、武蔵が小林のタイムリーやSCRATCH野手の乱れなどで3点を先制。しかし、5回表、武蔵守備の乱れをきっかけに新行内の内野安打、渡辺の犠牲フライなどでSCRATCHが同点に追いつく。時間の都合でタイブレークとなった6回、四死球によりSCRATCHが2点を勝ち越す。その裏武蔵は遠山のタイムリーで1点を返し、さらに二死満塁と攻め立てるも、4回から代わったSCRATCH藤森が何とか抑え、SCRATCHが5-4で1回戦を制した。
【相手チームへ一言】
(武蔵ベースボールクラブ)
(SCRATCH)
何度も再調整にご協力いただきありがとうございました。天候に恵まれない中ではありましたが、楽しく対戦できました。今後もよろしくお願いいたします。
武蔵ベースボールクラブ様、何度も雨天中止や自粛等で再調整が続く中、調整いただきありがとうございました。緊迫した試合で久しぶりに楽しめました。また機会がありましたらよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 4 1 青木製作所Snugs 3月22日(大宮健保)
勝負を決めた斎藤&桑原(以)の一発!PIECEが7年連続のベスト16進出!!
【試合内容】
先攻Snugs、後攻PIECEで試合開始。PIECEは初回、チャンスで桜井のタイムリーで先制する。3回表にも1.3塁から1塁走者の盗塁時にキャッチャーの送球が逸れて追加点を奪う。追いつきたいSnugsも6回表に同じく1.3塁から、1塁走者の盗塁でショートと走者が接触してボールが転々とする間に3塁走者が還り1点差とする。6回裏、1点差とされたPIECEだったがこの回先頭の斉藤がレフトの頭上を遥かに超えるランニングHRを放つ。さらに1死からここまで好投を続ける桑原(以)が自ら貴重な追加点となるレフトへのランニングHRを放って突き放すと、最終回のSnugs打線を3者凡退に抑えて4-1でPIECEが勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(青木製作所Snugs)
Snugsの皆さま、対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
柴様、チームの皆様、この度は対戦並びに色々と手配して頂き誠に有難うございます。とても強かったです!スプリングカップのご健闘お祈りしております!今後とも宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
T-Five 9 3 Tommys baseballclub 3月22日(薬業健保)
T-Fiveが16強進出!椿の先制弾に3投手による継投リレーでTommys下す!!
【試合内容】
T-Five先攻、Tommys baseballclub後攻で試合開始。2回表、T-Fiveは6番椿のライト柵越えホームランで先制。その後も2回から6回まで連続得点で9点を奪う。Tommys baseballclubは3回裏に9番早馬の2ランホームランと5回裏の内野ゴロの間に1点を奪うも、反撃及ばずT-Five投手陣が3人の継投で3失点に抑え、9対3でT-Fiveが勝利。
【相手チームへ一言】
(T-Five)
(Tommys baseballclub)
ご対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
T-Fiveの皆様、この度は対戦ありがとうございました。完敗でした。優勝目指して頑張って下さい。
須田様、この度はグランド、審判の手配ありがとうございました。今後とも宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
WILL BASEBALL CLUB 6 3 TOKYO GRAND SLAM 3月22日(浮間公園)
WILL B.Cが緊迫の接戦を制し2回戦へ!TGSはVictoria初勝利ならず!!
【試合内容】
先攻TOKYO GRAND SLAM、後攻WILL BCで試合開始。試合が動いたのは2回。TGS先頭の沖本楓が完璧に捉えた打球はレフトへのソロHRとなり先制する。その裏WILLは青木の二塁打を皮切りに無死一、三塁とし、中島のタイムリーでまずは同点。続く、高田の内野ゴロの間に三塁走者が生還し逆転に成功する。さらにWPで1点を追加。3回TGSは二死から佐藤にタイムリーが飛び出し1点に詰め寄る。3回裏WILLはまたしても二死ながら二塁、三塁のチャンスを作ると、井出、中島の連続タイムリーでリードを4点とする。最終回となった6回TGSは先頭石塚が右中間に特大のソロHRを放ち、さらにその後も一、二塁のチャンスを作り反撃するが、最後は5回からリリーフした下里が粘り、6-3でWILLが勝利した。
(サブ取材の写真はこちら、ダイジェスト動画はこちら
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(TOKYO GRAND SLAM)
進藤様、TOKYO GRAND SLAMの皆様、日程調整及び、対戦ありがとうございました。各選手の鋭いスイングで気の抜けないタフな試合となり、非常に勉強になりました。今後ともよろしくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
全力ルパン 1 2 ADDAXS 3月22日(調布西町)
投手戦は小川に軍配!ADDAXSが痺れる接戦を逆転で制し2回戦進出!!
【試合内容】
先攻・ADDAXS小川、後攻・全力ルパン木村の先発で桜が咲き風吹く中試合が始まる。1回表、打者4人を木村が押さえ、ADDAXSは0点。1回裏、2アウトから3番山本がセンター前ヒットで出塁すると、4番木村が四球、5番宍戸がレフト前ヒットで2アウト満塁。6番高野に四球で押し出し。7番高瀬はショートゴロに倒れ、全力ルパンが初回1点を先取する。2回表裏は両チーム動きが無く、迎えた3回表、ADDAXSは1アウトから1番後藤がセンター前ヒット。2番宮崎・3番児玉は四球で1アウト満塁。4番阿部は三振に倒れるも、5番永木のショートゴロがエラーを誘い後藤が生還し1点。なおも2アウト満塁とチャンスの続く場面だったが、6番辻はショートゴロに倒れ1点止まり。ADDAXSが試合を振り出し戻す。6回表、ADDAXSは1アウトから6番辻がレフトオーバーのツーベースヒット、7番小川はピッチャーゴロにファーストのミスが出て1アウト1・3塁。8番山本(圭)は四球で満塁とすると、9番永井のピッチャーゴロの間に辻が生還、ADDAXSが逆転に成功。最終回となった6回裏、全力ルパンは三者凡退に終わりゲームセット。2-1でADDAXSが初戦を突破し2回戦へコマを進めた。全力ルパン先発の木村はランナーを出しつつも味方の守備に助けられて6回2失点の好投。打線がチャンスを作るもののADDAXSの好投手の前に一本が出なかった。
【相手チームへ一言】
(全力ルパン)
(ADDAXS)
本日は遠方からお越し頂きありがとうございました。グランドの水撒きなど、段取りが悪くなってしまい大変申し訳ありませんでした。また大会以外でも是非ともお付き合いよろしくお願い致します。
雨天中止。延期になる中 やっと対戦が出来ました。グランド確保・審判員手配等、有難うございました。また、オープン戦等 よろしくお願いいたします。有難うございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
スタイガー 5 2 TABOO 3月22日(江戸川河川敷)
阿部が反撃弾&逆転打!スタイガーが強豪対決となった初戦を制し2回戦へ!!
【試合内容】
TABOO田中投手、スタイガー三瓶投手で試合開始。1回表TABOOの攻撃、1番滝田の四球の後、2番三上が三塁線を抜く3ベースヒット、続く田中のヒットでいきなり2点先取。1回裏スタイガーの攻撃、1番阿部が会心の当たりのHRで1点を返す。2回裏スタイガーの攻撃、吉野の内野安打、続く塩味がエラーで出塁で無死1,3塁とすると、飯塚のタイムリーで同点に追いつき、1番阿部のタイムリーで追加点。この回一挙4点を取り逆転に成功。TABOOは2回途中から永富投手に代わり、その後スタイガー打線を抑える。スタイガー三瓶投手も2回からTABOO打線をピシャリと抑え、そのまま試合終了。スタイガーの勝利。
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(TABOO)
永冨様、選手の皆さん、この度は対戦ありがとうございました。また、対戦する機会があると思いますのでよろしくお願いいたします。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
萩中サンダース 3 0 漁火 3月22日(天王洲公園)
長谷川が完封シャットアウト!萩中が大田区対決を制し6年ぶりの初戦突破!!
【試合内容】
先攻・萩中サンダース、後攻・漁火で試合は始まる。漁火の先発は松永。初回、2回を3人で抑えて完璧な立ち上がり。萩中サンダースの先発ピッチャーも3回までパーフェクトで抑える。試合は序盤は投手戦の様相。試合が動いたのは4回、萩中サンダースは成田の四死球から漁火野手陣のミスと6番相澤のタイムリーヒットで2点を先制。漁火も5回、エラーで出塁したランナーを置いて8番菅谷がセンター前ヒットを打つもセンターの強肩により三塁タッチアウト。萩中サンダースは6回にも村井の進塁打が漁火野手陣のミスを誘い追加点。3点のリードを萩中サンダース先発長谷川がランナーこそ出すも要所を抑えて完封。萩中サンダースが3-0で勝利した。
【相手チームへ一言】
(萩中サンダース)
(漁火)
ありがとうございました。またウチのメンバーの送別セレモニーにもお付き合いいただき、大変感謝しております。
ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ダディーズベースボール 1 9 吉岡クラブ 3月22日(大宮健保)
吉岡クラブ脅威の5ホーマー!強打炸裂で9点を奪い1部所属対決を圧勝!!
【試合内容】
先攻ダディーズベースボール、後攻吉岡クラブで試合開始。1回表、ダディーズは4番佐藤亮の犠牲フライで1点先制。1回裏、吉岡クラブは3番穂積のツーランホームランで逆転。2回裏、8番中村のソロホームラン、2番山崎(領)のツーランホームランで追加点を奪う。さらに4回裏、1番山崎(晃)の3ランホームラン、5回裏には6番大橋のソロホームランが飛び出し、5HR9得点。投げては先発山崎(晃)が初回の1点に抑え、最終回は菊池に継投。吉岡クラブが9対1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(ダディーズベースボール)
(吉岡クラブ)
左右田様、吉岡クラブの皆様、この度は対戦、日程の調整ありがとうございました。今後ともお付き合いの程よろしくお願いいたします。次も頑張ってください。
篠宮様、グランド、審判手配、日程調整ありがとうございました。ダディーズベースボールの皆様対戦ありがとうございました。今後もよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
LG 5 1 CHAIN SMOKERS 3月22日(小松川上流)
佐藤が決勝ホームラン!粘る新星を退けLGがスプリングカップ初勝利!!
【試合内容】
CHAIN SMOKERS先攻、LG後攻で試合開始。1回表、CHAIN SMOKERSの攻撃を3人で切ると、その裏二死一塁から4番川村。強風に煽られた打球はセンターオーバーのツーベースとなり、LGが先制。2回表、5番バッターがスリーベースヒットで出塁、続く6番がライトフライ。これがタッチアップとなりCHAIN SMOKERSが1点を返す。LGは4回裏に5番佐藤のライトへのホームランで勝ち越すと、その後も追加点。5-1でLGが勝利した。
【相手チームへ一言】
(LG)
(CHAIN SMOKERS)
対戦ありがとうございました。またお願いします!
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Hustler 6 1 世田谷odds 3月22日(湖北台公園)
丹波誠・宇津木の鉄壁リレー!Hustlerが新星との3部対決を制し1回戦突破!!
【試合内容】
Hustler先攻、世田谷odds後攻で試合開始。序盤1、2回はお互いに0行進。試合が動いたのは3回、Hustlerは2巡目1死から2番山本が四球で出塁後に盗塁、送球が逸れる間に進塁し、一死3塁のチャンスを作ると3番中川の遊ゴロの間に1点を先制。4回は5番斉藤が四球で出塁後、6番駒形がエンドランを決めて無死2.3塁を作ると、7番成嶋の犠飛、8番三宅隼の左中間を破る二塁打で2点追加。その後も1番間渕、2番山本、4番原園の安打で3点追加して、4回は計5点を追加して6-0とリードを広げる。守りでは6回に守備の乱れで1点返されるも、先発の丹波誠、宇津木のリレーで1失点に抑えた。
【相手チームへ一言】
(Hustler)
(世田谷odds)
世田谷oddsの皆様、遠征いただきありがとうございました。今後とも宜しくお願いします。
グラウンド確保をしていただきありがとうございました。強風でたびたび試合中断してしまいましたが、無事試合を終わらす事が出来た事も感謝致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
大宮フェニックス 0 5 BIGFACE 3月15日(大宮健保)
染谷・中川の完封リレー!BIGFACEが悲願の初タイトル獲得へ向け好発進!!
【試合内容】
大宮フェニックス先攻、BIGFACE後攻で試合開始。2回裏、二死三塁のチャンスでサードゴロが暴投を誘いBIGFACEが先制。その回押出し四球でもう1点加点し2点を先制する。さらに3回裏、二死満塁から8番亀田のライト前タイムリーで1点。9番太田、1番高木の連続四球でもう2点加点し、5対0とリードを広げる。5回表、大宮フェニックスは2番永野のスリーベースヒットでチャンスを作るも、後続が倒れ0点。そのままBIGFACE投手陣が7回まで無失点で切り抜け、5対0でBIGFACEが勝利。
(サブ取材の写真はこちら、ダイジェスト動画はこちら
【相手チームへ一言】
(大宮フェニックス)
(BIGFACE)
 
永野様、グラウンド手配から審判手配までありがとうございました。またよろしくお願い致します!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 1 0 とん吉 3月15日(大宮健保)
本格右腕対決は佐久間に軍配!1部王者GOLGOが1点を守り抜き初戦突破!!
【試合内容】
GOLGO先攻、とん吉後攻でプレイボール。初回GOLGOの攻撃は先頭がエラーで出塁するも盗塁失敗。2アウトからヒットと四球でチャンスを作るも無得点。2回、GOLGOは1アウト後に7番吉田がセンター前ヒットで出塁。すかさず盗塁を決めてセカンド送球が逸れる間に3塁まで進塁すると、続く8番中野がしっかりとエンドランを決めて1点を先制する。3回以降もGOLGOはランナーを出すがとん吉の好守備や先発の松井投手に要所を抑えられ、追加点を奪う事が出来ない。反撃したいとん吉は4回に0アウト1、2塁、6回も0アウト1、2塁から1アウト満塁とチャンスを作るも後続が倒れ無得点。GOLGO先発の佐久間は味方の失策などでピンチを背負うものの、気迫のピッチングで相手を0点に抑え見事完封。GOLGOが1-0で勝利した。
(サブ取材の写真はこちら、ダイジェスト動画はこちら
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(とん吉)
対戦ありがとうございました。
また機会がございましたら宜しくお願いいたします。
GOLGO.B.Cの皆様、久田様対戦ありがとうございました。またグラウンド、審判の手配ありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
相模KOT'S 4 5 BEEF MAN 3月15日(滝ヶ原運動場)
河野が逆転打&決勝打!BEEFMANが昨年準Vの相模KOT'Sに競り勝ち2回戦へ!!
【試合内容】
相模 KOT'S吉田(正)投手、BEEFMAN岡本投手が先発。初回にBEEFMANは相手エラーで1点先制。相模KOT'Sも1回裏にエラーなどでランナーを溜めると、鈴木の右中間へのツーベースヒットなどで3-1と逆転する。BEEFMANは5回に河野のレフトオーバーなどで3点を奪い3-4と逆転。しかし相模KOT'Sも三浦のヒットと鈴木のレフトへのポテンヒットで同点に追いつく。7回表、BEEFMANは相模KOT'S2番手の中坪投手から河野が左中間を破るタイムリーヒットを放ち勝ち越し。そのまま4-5でBEEFMANの勝利。
【相手チームへ一言】
(相模KOT'S)
(BEEF MAN)
BEEFMANの皆様、対戦ありがとうございました。投打共に素晴らしかったです。また機会がありましたらよろしくお願いします。
吉田様、チームの皆様対戦ありがとうございました。
今後共、宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
青木製作所Snugs 3 2 RED HILL 3月15日(篠崎公園A)
青木製作所Snugsが接戦を制し2回戦進出!エース有川が粘投を見せ逃げ切り勝利!!
【試合内容】
先攻Snugsは有川投手、後攻REDHILLは増永投手の先発マウンドで試合はスタート。2回まで両チームチャンスを作るも無得点。先制したのはSnugs、3回表の攻撃、2番川村、3番佐久間の連続安打と4番向が四球を選び無死満塁のチャンスで、5番小畑と6番根本の連続タタキで2点、更に相手のエラーで1点入り、この回3点先制。しかしその裏REDHILLは、4番若林の2点適時打で3-2と1点差に詰め寄る。しかしその後両投手が粘投し無得点が続き、時間切れのため 5回裏で試合終了。Snugsの勝利。
【相手チームへ一言】
(青木製作所Snugs)
(RED HILL)
石川様、菊岡様、この度は対戦ありがとうございました。とても緊張感のある好ゲームでしたね。また是非対戦のほどよろしくお願いします。
有川様、選手の皆様、この度はグランド・審判さん手配等ありがとうござました。次戦も頑張ってください!今後とも宜しく御願い申し上げます。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 3 1 アンドバランス 3月15日(大宮健保)
桑原の逆転打に武藤のダメ押し打!PIECEが2年ぶりのファイナルへ向け好スタート!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻アンドバランスで試合開始。1回表、アンドバランスの先発前原は先頭に死球を与えてしまう。続く打者に対しても四球を与え、ここで投手を仁科に交代。変わった直後3番の坂東のレフト前ヒットで無死満塁のチャンス。しかし、このピンチを仁科が0点に抑える。1回裏、先頭の押元がレフト前で出塁。その後2番3番が倒れるも、4番の歌川(勝)がライトへの三塁打を放ち先制。2回表、先頭の桑原がツーストライクからレフト前ヒットを放つも後続が倒れ無得点。2回裏、2死から8番岩間が2塁打を放つも無得点。3回表、3番坂東に2打席連続のレフト前ヒットで出塁。2死後、盗塁とエラーでチャンスを広げ、好投する7番桑原(以)が自ら左中間への3塁打を放ち逆転に成功。5回表、エラーでチャンスを作り、武藤がレフトオーバーの2塁打を放ち、3点目が入る。PIECEは5回裏から青野へと継投。7回裏、アンドバランスは先頭が出塁するも後続が続かず試合終了。PIECEが3-1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(アンドバランス)
アンドバランスの皆様、対戦ありがとうございました。当日のグラウンド変更などにも対応して頂き、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
柴様、PIECEの皆様、この度はグラウンド等手配頂きありがとうございました。今回もまた色々と勉強させて頂きました。次戦も頑張ってください!今後ともよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
東京ドナルドダック 3 0 川商Cats 3月15日(旭公園)
美濃が完封シャットアウト!昨年のサマーカップ覇者ドナルドダックが1回戦突破!!
【試合内容】
先攻川商Catsは山下、後攻ドナルドダックは美濃の先発でゲームが始まる。1回裏、ドナルドダックは先頭の児島がスリーベースヒットで出塁、続く2番駒澤のタイムリーで1点を先制。さらに2回裏と5回裏にも相手のミスで追加点をあげる。ドナルドダック先発の美濃はランナーを背負うも要所を抑えて、3対0でドナルドダックの勝利。川商キャッツ投手陣も強豪東京ドナルドダック相手に5安打と力投をみせたが、大事なところで内野のミスが出てしまった。
【相手チームへ一言】
(東京ドナルドダック)
(川商Cats)
コロナウィルスの影響でグランド変更などの対応などありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
グランドと審判の手配ありがとう御座いました。強豪ドナルドダック様とでき楽しかったです。また宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
NITORO 2 5 ブルースカイA 3月15日(大宮健保)
岡田の決勝打に松尾が完投勝利!ブルースカイAが下剋上許さず2年連続の2回戦へ!!
【試合内容】
先攻ブルースカイA、後攻NITOROで試合開始。初回、ブルースカイAは永嶋(大)のタイムリーで1点先制。さらに2回、松尾のHRで2点目、6回には満塁から岡田の走者一掃の二塁打で3点を追加。投げては松尾が2点を失うも完投。5-2でブルースカイAが勝利した。
【相手チームへ一言】
(NITORO)
(ブルースカイA)
対戦ありがとうございます!チームにとってとても良い勉強になりました。ありがとうございました。またよろしくお願い致します。
滝澤様、グランド及び審判の手配、ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
STBC 1 4 Nomad.Yankees 3月8日(笹目公園)
木村が逆転打!Nomad.Yankeesが強力クリーンアップの活躍で1回戦突破!!
【試合内容】
Nomad.Yankees先攻、STBC後攻で試合開始。1回裏、STBCは2番鎌田が出塁し、1アウト1塁から3番石黒の2塁打にて1点を奪い、理想的な形で先制点を挙げる。反撃したいNomadYankeesは3回表、四球などで2アウト満塁とし、4番木村の逆転2点タイムリー、続く5番山口のタイムリーで1点を追加。4回表にも1点を追加し、勝負あり。STBCの反撃及ばず、4-1でNomadYankeesの勝ちとなった。
【相手チームへ一言】
(STBC)
(Nomad.Yankees)
なかなか日程が決められずお手数をお掛けしました。これからの試合も我々の分まで勝ち上がっていって下さい。本当にありがとうございました。またよろしくお願いします。
グランド審判手配やグランドの砂入れなどいろいろありがとうございました。またよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
La.Men 6 2 Revival 3月1日(潮見野球場)
サドンデスに明暗!昨季台風の目となったLa.Menが今季も下剋上スタート!!
【試合内容】
先攻 La.Men、後攻revivalでプレイボール。La.Menは1回表、先頭丸山がヒットと盗塁で先制のチャンスを作るが後続が倒れる。その裏、La.Men先発長濱が2アウトから四球を出すと、4番小林にレフトへのタイムリースリーベースを打たれ先制を許す。その後は5回までRevival松山、La.Men長濱の投手戦となる。6回表、La.Menは3番中瀬俊平が四球と盗塁でノーアウト2塁のチャンスを作ると、4番實石航介のセンターオーバーで同点に追いつく。その裏を抑えて、7回からサンドンデスに突入。Revivalは山田に投手交代。La.Menは代打の佐々木が押し出しとなる四球を選び、ついに逆転。2アウトになるも、1番丸山が勝負を決める満塁ホームランを放ち、一挙5得点をあげる。投げては、6回からマウンドに上がった野村が1失点されるも後続を打ち取りゲームセット。La.Menが6-2でRevivalを下し初戦を突破した。 (サブ取材の写真はこちら
【相手チームへ一言】
(La.Men)
(Revival)
対戦ありがとうございました。白熱した試合ができ、とても楽しかったです。今度も宜しくお願い致します。
大島様、選手の皆様、対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ジョルターヘッズ 7 5 Tropicana 3月1日(調布西町)
1部対決はジョルターに軍配!サドンデスにまで縺れた激戦を制し初戦突破!!
【試合内容】
Tropicana菅井、ジョルターヘッズ相澤両投手の先発。初回、両チームともに四死球でチャンスを掴むも無得点。試合が動いたのは4回Tropicanaの攻撃。四球と塩谷のヒットなどで満塁のチャンスを掴むと、三村の放った打球が独得の回転を生み、これを相澤が弾きTropicanaが先制する。しかし5回、ジョルターヘッズは土田のヒットとエラーでチャンスを作ると、岩澤が犠牲フライを放ち同点。さらに代わった岡崎から三浦がエンドランを決め逆転に成功する。その裏、Tropicanaは代わった赤坂から三ツ俣がヒットで出塁し二塁へ。次打者がファーストファールフライを放つとタッチアップで三塁へ。この時、送球が逸れ一気にホームに還り同点に追いつく。6回が終わったところで時間的にサドンデスに突入。先攻のジョルターヘッズは、鈴木が放った打球をライトが目測を誤り1点。さらに土田が右中間へタイムリーで2点。続く平田も2点タイムリーを放ち計5点を奪う。その裏、ジョルターヘッズは生田にスイッチ。Tropicanaは内野ゴロで1点を還すと、さらに船田に2点タイムリーが出て2点差まで追い上げる。しかし反撃もここまで。ジョルターヘッズが激戦を制した。
【相手チームへ一言】
(ジョルターヘッズ)
(Tropicana)
Tropicana様、ご対戦ありがとうございました。非常にしびれる試合でした。今後ともよろしくお願い致します。
小関様、チームの皆様対戦ありがとうございました。最後までお互い譲らない試合展開で開幕戦から楽しめました。次戦も頑張ってください。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
わりと平和主義 0 3 湾岸ベースボーイズ 3月1日(産業センター)
野入がNO-NO達成!王者・湾岸ベースボーイズが期待の新星下し完封発進!!
【試合内容】
先攻湾岸ベースボーイズの先発投手は野入、後攻わりと平和主義の先発投手は宇田川で試合開始。1回表、1アウト2塁のチャンスを作り、3番増田の左中間3ベースヒットで湾岸が先制点をあげる。2回表、7番小向のセンター前ヒット、9番松尾のライト2ベースヒット、1番胡麻の左中間2ベースヒットなどで2点追加。さらに湾岸は3.4.5回も得点圏にランナーを進めるも、わりと平和主義の宇田川が踏ん張り追加点を与えない。終盤も両チーム無得点となり試合終了。湾岸ベースボーイズの野入が安定したピッチングでノーヒットノーランを達成。3-0で湾岸ベースボーイズが2回戦へ駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(わりと平和主義)
(湾岸ベースボーイズ)
本日は早朝かつ遠方からお越しいただきありがとうございました。昨年度優勝チーム様と対戦することができ、大変貴重な経験となりました。陰ながら応援させていただきます!今後ともよろしくお願い致します。
対戦ありがとうございました!グランド・審判の手配等もありがとうございました。また今後も宜しくお願い致します!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
清瀬ロングコックス 6 3 AXIS 3月1日(伊奈町公園)
投打でAXISを圧倒!注目の新星・清瀬ロングコックスがポテンシャルを誇示!!
【試合内容】
春の暖かさの中、プロスタを懸けたVictoriaスプリングカップが始まり、先攻ロングコックス、後攻AXISでゲームスタート。今年初めての試合ということもあり、AXIS先発の泰江高の制球が定まらずピリッとしない立ち上がり。ロングコックスは初回、1番平澤が2塁打で出塁し、2番がしっかり送る。しかし3番西の初球エンドランは失敗。得点を奪えず。3回、2つの四球と安打で無死満塁のチャンスを作ると、相手のエラーなどで2点を先制。更に3番西のタイムリーも飛び出し、一挙5点のビッグイニングとなった。ロングコックス先発の高崎はしっかりゲームを作り、5回無失点で継投。ロングコックスはその後も攻め続けると、6回に追加点を奪い6点目。一方のAXIS打線は相手投手のキレのある投球に翻弄され、5回まで安打は2本。しかし2本目の乾のレフト前ヒットで初得点をあげると、最終回に反撃の狼煙を上げる。泰江高の二塁打、泰江亮の犠牲フライ、力の二塁打などで2点を返すも及ばずゲームセット。3点のリードを守りきったロングコックスの勝利。
【相手チームへ一言】
(清瀬ロングコックス)
(AXIS)
乾さま、ならびにAXIS選手団の皆さま。本日は遠方よりお越しいただき有難うございました!大変実りあるゲームができたこと、感謝申し上げます。今後とも、よろしくお願いいたします!
礼儀正しくいいチームでした!グラウンド、審判の手配など諸々感謝しています!不甲斐ない戦いで申し訳ございません!機会があればまた宜しくお願いします!次も頑張って下さい!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Tommys baseballclub 5 0 パワーテクノ 不戦試合
<試合内容>
コロナウイルスの影響により対戦期限までに対戦が実現せず、パワーテクノの不戦敗。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Big Dipper 5 0 ギガプライズ 不戦試合
<試合内容>
コロナウイルスの影響により対戦期限までに対戦が実現せず、ギガプライズの不戦敗。