TOP > オータムカップ2022 > トーナメント表
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BIGFACE 3 0 D'LLERS 11月27日(東実健保)
3投手による鉄壁完封リレー!BIGFACEが千葉対決を制し昨季に続き神宮進出!!
【試合内容】
先攻D'LLERS木村、後攻BIGFACE筒井の両先発投手で試合開始。1回表D'LLERSは2番守田のヒットを足がかりに二死二塁のチャンスを作るも無得点。1回裏BIGFACEは四球から一死一二塁のチャンスを作り、4番亀田の2点タイムリーツーベース、さらに6番宮城のタイムリーヒットで初回に3点を先制。D'LLERSは3回表、先頭の8番神田がヒットで出塁し一死二塁のチャンスを作るも後続が倒れ無得点。D'LLERSは3回裏から富山に継投。その富山が3回、4回と抑えて味方の反撃を待つ。BIGFACEは5回裏に二死一二塁のチャンスを作ると、D'LLERSはここで3番手矢部に継投。BIGFACE3番林のファーストファールフライをD'LLERS守田がファインプレーでキャッチしピンチを切り抜ける。BIGFACEは6回から継投に入る。5回無失点の先発筒井から2番手河本に継投、その河本が3人でピシャリと抑える。最終回の7回、BIGFACEは3番手中川に継投。二死から6番渡邊にヒットを打たれるものの最後は代打の高橋(晴)を三振に抑え、BIGFACEが3対0で勝利。
(取材写真&試合動画は近日公開)
【相手チームへ一言】
(BIGFACE)
(D'LLERS)
対戦ありがとうございました。また来年もたくさん大会で当たると思いますのでよろしくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
下町Tempest 2 3 我孫子フラワーズ 11月20日(番匠免公園)
代表北澤(京)が劇的サヨナラ打!フラワーズが1部の雪辱果たし2年連続神宮へ!!
【試合内容】
お互い先攻が良いとのことで試合前の先攻後攻じゃんけんで下町上村が心理戦を持ち込み、チョキ出すと宣言。素直なフラワーズ北澤はまんまと騙され、勝った下町はこれが試合を大きく左右することに。下町背番号77石井とフラワーズ背番号77同士の投げ合いが予想されたが、先攻・下町武藤、後攻・フラワーズ伊藤の投げ合いでプレイボール。1回表下町は2番滝澤がライト線へツーベースを放ち、3番武藤のお家芸デットボールからチャンスを作る。4番望月が倒れツーアウト1,3塁となるも、5番大石の打順でディレードスチールで下町が先制する。その裏フラワーズの攻撃、下町先発武藤が3人できっちり抑える。追いかけるフラワーズは4回、2番大塚の四球から3番北澤(玲)のセーフティーが相手のミスを誘い、4番佐藤の内野ゴロで同点に追いつく。その後は武藤、伊藤の白熱した投手戦が続き、7回を終わって1対1と1アウト満塁のタイブレークに突入する。先攻下町は9番伊藤の犠牲フライで1点を取り裏の攻撃へ。フラワーズは8番牧島がエンドランを決め同点となり、延長8回で決着がつかず9回へ進む。9回表下町は好打者の2番滝澤、捉えた辺りはショートライナーとなりランナーが戻れず。まさかのダブルプレーに倒れ無得点。9回裏ここで打席には代表の1番北澤(京)が入り、下町代表武藤との真向勝負に。振りぬいた打球はセンターの頭を超えるサヨナラ打となり、フラワーズが死闘を制した。
(取材写真はこちら&試合動画はこちら
【相手チームへ一言】
(下町Tempest)
(我孫子フラワーズ)
対戦ありがとうございました。神宮を決める試合でこのような白熱した試合ができて楽しかったです。決勝戦頑張ってください。
下町テンペストの皆様この度は神宮決定戦にふさわしい熱い試合ありがとうございました。知り合いが多すぎてとてもやりづらさしかなかったですが,毎年対戦させて頂き,真剣勝負の中に楽しさがすごくありチームの雰囲気など見習うことばかりでした。また来年もよろしくお願いします!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
下町Tempest 3 2 スタイガー 11月13日(工業団地公園)
市川の決勝打に武藤が完投!昨季準Vの下町Tempestが2年連続4強進出!!
【試合内容】
スタイガー三瓶、下町Tempest武藤で試合開始。1回表下町の攻撃、1番市川が内野ゴロエラーで出塁し盗塁、進塁打で1死3塁とすると、3番武藤のライト前ヒットで先制する。更に2回も連打でチャンスを作りとエンドランで1点、更に市川のタイムリー三塁打で1点追加し3対0となる。序盤で下町Tempestが3点リード。追うスタイガーは2回裏、柿間・間渕・山本・新津の連続ヒットで2点を返し3対2となる。その後両チームランナーを出しチャンスを作るも点に繋がらず、時間の関係のため5回で最終回を迎える。5回裏スタイガーの攻撃、1死から川崎がヒットで出塁し盗塁を決め1死2塁。しかし後続を武藤が抑え完投。下町Tempestが勝利した。
【相手チームへ一言】
(下町Tempest)
(スタイガー)
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願い致します。
武藤様 選手の皆さんこの度は対戦ありがとうございました。また、どこかで対戦する機会があると思いますので今後ともお付き合いよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BIGFACE 5 2 戦極-SENGOKU- 11月13日(ゆうゆう公園)
BIGFACEが初のオータム4強入り!戦極にスプリングのリベンジ果たす!!
【試合内容】
先攻戦極、後攻BIGFACEで試合開始。試合が動いたのは1回裏、BIGFACEは1番高木のツーベースからチャンスを作ると、エラーと4番亀田のタイムリーヒットで2点を先制。試合はその後両投手が踏ん張り5回まで0行進。戦極打線は緩急を上手く使った相手投手になかなか得点できない状況が続いた。戦極は2点を追う6回表、一死一塁から渡部のヒットにエラーが絡み1点を返す。なおも一死二塁で4番関のタイムリーヒットで同点に追いつく。BIGFACEは6回裏一死二塁で8番田中のタイムリーヒットで勝ち越し。さらにその後2番板垣のタイムリーヒット、パスボールの間に2点を加点する。7回表は戦極も3連打で一死満塁のチャンスを作るも後続が倒れゲームセット。5対2でBIGFACEの勝利。
【相手チームへ一言】
(BIGFACE)
(戦極-SENGOKU-)
対戦ありがとうございました。
またの機会によろしくお願い致します。
BIGFACE様、対戦ありがとうございました!
また対戦機会ありましたらよろしくお願いいたします!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
我孫子フラワーズ 5 2 佐川グローバルロジスティクス 11月13日(東実健保)
伊藤の好投に齋藤の決勝弾!フラワーズが最高峰リーグに続き準決勝進出!!
【試合内容】
我孫子フラワーズ先攻、佐川グローバルロジスティクス後攻で試合開始。佐川の先発は木村、フラワーズは伊藤で試合が進む。先制したのはフラワーズ。4番佐藤のヒットでチャンスを作り6番小澤のタイムリーで1点を先制する。3回まで1対0で試合が進み、4回フラワーズは5番花嶋のラッキーな内野安打から7番齋藤の特大ツーランホームランが飛び出し3対0とする。反撃したい佐川は細川の特大ホームランで2点差と追い上げる。5回から佐川はエース奥谷を投入。追加点が欲しいフラワーズは5回7回と2番大塚の叩きとタイムリーでそれぞれ得点し2点を追加で4点差に。フラワーズ先発の伊藤は6回までホームランの1失点のみに抑える好投で自慢の投球術で試合を作った。最終回は北澤(玲)にスイッチし、ツーアウトから四球とエラーで1点を失うも後続を抑え試合終了。我孫子フラワーズが5対2で佐川を破り、準決勝進出を決めた。
【相手チームへ一言】
(我孫子フラワーズ)
(佐川グローバルロジスティクス)
佐川グローバルの皆様、昨年から3度目の対戦させて頂きいつも痺れる試合で楽しく試合をすることが出来ました!またいつも遠征して頂きありがとうございました。また今後とも切磋琢磨して頂ければと思います。
我孫子フラワーズの皆様、3度目の対戦ありがとうございました。次はこちらがリベンジする形となりましたね。またレベル上げて挑みます。頂点目指して頑張ってください!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
青木製作所Snugs 2 4 D'LLERS 11月13日(大宮健保)
渡邊の決勝打に矢部が投打の活躍!D'LLERSが接戦制し初のオータム4強へ!!
【試合内容】
先攻青木製作所Snugsの先発は紺野、後攻D'LLERSの先発は高橋(竜)投手がマウンドに上がり試合はスタート。3回まで両投手が素晴らしい立ち上がりで無得点のまま試合は進む。試合が動いたのは4回裏、D'LLERSは3番小泉のヒット、5番渡邊のヒットで2死1.3塁のチャンスを作ると、6番山内がライトへヒットを放ち1点を先制する。しかしその裏、Snugsも2死2塁から8番大廣のツーベースヒットで同点に追いつく。D'LLERSはここで高橋(竜)から矢部へスイッチ。5回裏先頭9番須田がヒットで出塁、1番高橋が送りバントを決めランナーを進めると、2番守田、3番小泉が連続フォアボールで1死満塁。4番矢部がライトへヒットを放ち再び逆転に成功する。続く5番渡邊もセンターへ2点タイムリーヒットを放ち突き放す。6回はお互い0点で抑え、最終回となった7回表、Snugsは4番入江が二塁打で出塁すると、7番小畑が適時二塁打を放ち1点返す。しかし続く打者が打ち取られ試合終了。D'LLERSが2-4で勝利した。
【相手チームへ一言】
(青木製作所Snugs)
(D'LLERS)
この度は対戦ありがとうございました!
次戦も頑張ってください!
青木製作所Snags様この度は対戦ありがとうございました。またグランド、審判手配ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
NAYON 3 5 佐川グローバルロジスティクス 10月23日(大宮健保)
田上の決勝弾に古家が完投勝利!佐川が2年連続のオータムベスト8進出!!
【試合内容】
NAYON先攻、佐川グローバルロジスティクスが後攻の一戦。佐川の先発は古家、NAYONは中山。初回NAYONの攻撃は2番米田が出塁するも後続が打ち取られ得点ならず。1回裏佐川の攻撃は2死から3番鈴木、4番栗原の連続ヒットと5番細川の打球が相手のエラーを誘い満塁のチャンスを作る。2死満塁から6番田上への初球がワイルドピッチとなり、三塁ランナー鈴木の好走塁で1点を先制する。その直後に投じた球を田上が捉え、3ランホームランとなり佐川が初回から4点をリードする。反撃に出たNAYONは3回表、9番池原がセンター前ヒットで出塁すると、1番大部の打球が前進守備をしていたライトの上を超え2塁打となる。無死2.3塁から2番小川の内野ゴロで1点を返すも、その後好機を逃し追加点ならず。4回裏、佐川は5番細川が内野安打で出塁すると、6番田上のサードへの打球が悪送球を誘い、無死1.3塁とする。続く7番森がセンターへの十分な犠牲フライで1点を追加し、再び4点差とする。5回表、NAYONの攻撃は8番浜本が死球で出塁すると、9番池原の打球がレフトのエラーとなりランナーを溜める。その後1死1.2塁から2番小川の2塁打で一塁ランナーも生還し2点を奪い、5対3と2点差とする。NAYONは6回もランナーを出すが無得点。最終7回も先頭池原がこの日3安打目のヒットで出塁し、2番小川が繋ぐもあと1本が出ず、佐川の古家が要所を抑えゲームセット。5対3で佐川グローバルロジスティクスが勝利し、5回戦へ駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(NAYON)
(佐川グローバルロジスティクス)
森様この度は対戦調整いただき誠にありがとうございました。攻守に渡り勉強になるところばかりでした。優勝目指して頑張ってください!!
この度は対戦ありがとうございました。
また機会があれば宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
NITORO 2 3 青木製作所Snugs 10月23日(大宮健保)
紺野の完投に神戸がサヨナラ打!Snugsがサドンデス制し初の秋8強へ!!
【試合内容】
先攻NITORO、後攻青木製作所Snugsで試合はスタート。試合は両先発投手がお互いランナーは出すも7回まで無失点の好投をし、0-0のままタイブレークに突入。先攻NITOROは8番嘉数のタイムリーで2点を先制する。後攻Snugsは8番加部が押し出し死球で1点、続く9番打者のところで代打神戸が登場し、見事レフト前へ2点適時打を放ちサヨナラ勝ちをおさめた。青木製作所Snugs先発紺野が完投勝利となった。
【相手チームへ一言】
(NITORO)
(青木製作所Snugs)
とても総合的に素晴らしいチームでした。
今後ともよろしくお願い致します。
滝澤様、チームの皆様、この度は対戦ありがとうございました!また、グランドと審判の手配もありがとうございます!とても白熱した試合が出来たことを心より感謝いたします。是非今後ともご交流のほどよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BIGFACE 4 1 相模KOT'S 10月23日(東実健保)
両右腕の投げ合いは筒井に軍配!BIGFACEが2年ぶりのオータム8強進出!!
【試合内容】
先攻BIGFACE筒井投手、後攻相模KOT'S泉投手で試合開始。1回表、BIGFACEは一死二、三塁のチャンスを作り4番下野の内野ゴロの間に先制、さらにバッテリーエラーの間にもう1点加点し2点を先制する。BIGFACEは3回表にも二死一塁から5番亀田のタイムリースリーベースで追加点。その後エラーの間にもう1点追加し4対0とする。対する相模KOT'Sは4回、荒井のツーベースで二死二塁とすると、5番鈴木のタイムリーツーベースで1点を返す。その後は両投手が踏ん張り、迎えた7回裏、相模KOT'Sは連打で無死二、三塁のチャンスを作るもBIGFACE先発筒井が二者連続三振、最後は代打の中村をファーストファールフライに打ち取り、完投勝利。4-1でBIGFACEの勝利。
【相手チームへ一言】
(BIGFACE)
(相模KOT'S)
遠征していただき対戦ありがとうございました。
またの機会に是非よろしくお願い致します。
BIGFACEの皆様、対戦ありがとうございました。投打ともに素晴らしく、完敗でした。また機会がありましたら、対戦よろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
スタイガー 5 0 Dejavu 10月23日(江戸川区球場)
川崎の決勝打に三瓶が完封勝利!スタイガーが2年連続でオータム8強入り!!
【試合内容】
スタイガー三瓶、Dejavu金井の両先発で試合開始。1回裏スタイガーの攻撃、1番仲村がエラーで出塁すると、続く2番川崎がタイムリー3ベースを放ち1点先取。更に3番阿部の内野安打で1点追加、その後4番柿間のタイムリーで1点を追加し、初回3点を先制する。対するDejavuも3回表2死から古泉が三塁ゴロエラーで出塁、続く志村の2ベースヒットでチャンスを作るも無得点。5回表にも1死から加藤の2ベースヒットでチャンスを作るも得点出来ず。6回裏スタイガーの攻撃、川崎、阿部のタイムリーなどで2点追加。これがダメ押しになり、そのままゲームセット。三瓶投手の完封でスタイガーの勝利。
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(Dejavu)
永冨様、選手の皆様、この度は対戦ありがとうございました。また、対戦する機会を楽しみにしてます。今後ともよろしくお願いいたします。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
清瀬ロングコックス 3 3 下町Tempest 10月23日(大宮健保)
昨季準Vの下町Tempestが8強へ!清瀬は土壇場追いつくもジャンケン敗退!!
【試合内容】
先攻下町Tempestは武藤、後攻清瀬ロングコックスは高桑-徳永バッテリーで試合開始。初回下町の攻撃、先頭の市川が相手の失策で出塁し2塁まで進む。2番滝澤の進塁打、3番武藤が死球で一死1.3塁とすると4番望月の叩きで1点先制する。その裏清瀬ロングコックスの攻撃。先頭岡本大が左中間を破る二塁打で出塁し、2番堀の送りバントで3塁に進むと、4番小寺がセンターへタイムリーヒットを放ち同点に追いつく。2回表、下町は一死から8番が二塁打で出塁し相手のミスで三塁に進むと、9番のキュルキュルで相手のミスを誘い勝ち越しに成功。さらに3回表、先頭の滝澤が内野安打で出塁し盗塁を決めボールが逸れている間に3塁に進むと、4番望月のタイムリーヒットで3対1となる。4回裏清瀬ロングコックスの攻撃。一死から四球、ヒットで満塁とするが三振で2死満塁。続く8番武藤がレフトへのタイムリーヒットを放ち、3対3の同点に追いつく。ゲームは時間の関係でじゃんけん決着へ。結果5-3で下町Tempestの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(清瀬ロングコックス)
(下町Tempest)
下町Tempestの皆さま、対戦有難うございました。厳しいスケジュールの中、遠征いただき大変感謝しています。今後ともよろしくお願いいたします。
対戦ありがとうございました。グラウンド、審判手配ありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
我孫子フラワーズ 7 0 STBC 10月16日(湖北台中央)
我孫子フラワーズが8強へ!北澤(玲)が猛打賞&完封と投打で大車輪の活躍!!
【試合内容】
我孫子フラワーズ先攻、STBC後攻で試合開始。初回はお互いランナーを出しながらも無得点に終わる。2回表フラワーズは5番大塚の中安からチャンスを作り、ツーアウト3塁から8番牧島のセカンドゴロがエラーとなり先制する。続く3回表、1番北澤(京)が敵失で出塁後、盗塁、2番堀田(成)が四球で繋ぎノーアウト2.3塁に。3番北澤(玲)が犠牲フライを放ち追加点。続く4番佐藤にはセンターオーバーのタイムリースリーベースが飛び出し3点をリードする形に。その後、両者無得点が続き7回表、9番堀田(和)、1番北澤(京)の連続内野安打から2番堀田(成)の2点タイムリー、3番北澤(玲)のこの日猛打賞となる安打でさらにチャンスを広げ、5番大塚の2点タイムリーで7点のリードとする。守ってはこの日もショート小澤の好プレーでバックが盛り上げる。先発した北澤(玲)は7回を投げ被安打1、四死球3、5奪三振と相手を寄せつけず、打っては猛打賞と大車輪の活躍を見せ我孫子フラワーズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(我孫子フラワーズ)
(STBC)
本日は遠方よりほんとにありがとうございました。
また今後ともよろしくお願い致します!
対戦ありがとうございました。勝ち進んで神宮勝ち取ってください!今後ともよろしくお願いします!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
上尾西ブルースカイズ 2 3 D'LLERS 10月16日(大井ふ頭公園)
高橋(竜)の逆転打に守田の決勝打!D'LLERSがWヘッダー連勝飾り初の8強へ!!
【試合内容】
CHUYANS+との試合終了から15分後にすぐさま試合開始。先攻上尾西ブルースカイズ、後攻D'LLERSでスタート。D'LLERS先発は矢部。試合開始直後いきなり1番川島に本塁打を打たれ失点する。同点に追いつきたいD'LLERSは3回裏、先頭の9番山内がヒットで出塁すると2番守田がライトへヒットを放ち1死1.3塁とチャンスを作る。ここで3番小泉が叩きを決め、1-1の同点とする。D'LLERSは4回から投手を矢部→高橋竜へスイッチ。5回裏、先頭8番小沼がヒットで出塁しパスボールで2塁とし、9番須田が送りバントを決め1死3塁を作る。1番高橋竜が左中間へ2ベースヒットで逆転に成功。続く2番守田もこの日5安打目となる左中間への2ベースヒットを放ち追加点を取る。最終回となった7回表、1点を失うも逃げ切り成功。D'LLERSがトーナメントを連勝で終えた。
【相手チームへ一言】
(上尾西ブルースカイズ)
(D'LLERS)
 
荒木様、上尾西ブルースカイズ様対戦ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
D'LLERS 3 1 CHUYANS+ 10月16日(大井ふ頭公園)
深澤の決勝弾に渡邊・木村の継投!D'LLERSがWヘッダー初戦飾り4回戦へ!!
【試合内容】
先攻CHUYANS+、後攻D'LLERSで試合開始。試合が動いたのは1回表、1死から2番守田、3番矢部がヒットで出塁すると、2死1.2塁で5番深澤がライトスタンドへ3ランを放ち幸先良く先制する。D'LLERS先発渡邊は3回をノーヒットで抑えるも、4回CHUYANS+は1死から4番泉がサードへの内野安打で出塁すると、2死2塁で6番佐伯の2ベースヒットで1点を失う。その後のD'LLERS打線は守田がマルチ安打を放つも、CHUYANS+好投手河瀬からヒットが出ずチャンスを作れない。D'LLERSは5回から投手を渡邊→木村にスイッチし5.6回を無失点に抑える。7回表にCHUYANS+は吉澤の2点タイムリーで同点に追い付くと、泉のタイムリーで2点を勝ち越す。しかしグランドの時間の為裏が成立せず、6回のスコアにて試合終了。D'LLERSが3-1で勝利。
【相手チームへ一言】
(D'LLERS)
(CHUYANS+)
中溝様、CHUYANS+様この度は大変ありがとうございました。投手陣の層の厚さ、野手陣のレベルの高さ大変驚きました。今後とも宜しくお願い致します。
DLLERSの皆様、対戦及び色々とご調整いただきありがとうございました。またの機会に再戦できることを楽しみにしております!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
戦極-SENGOKU- 4 3 アンドバランス 10月9日(大井ふ頭海浜)
昨季王者の戦極が接戦を制す!アンドバランスの猛追躱し8強一番乗り!!
【試合内容】
アンドバランス吉岡、戦極佐久間の両ピッチャーで試合開始。戦極は1回裏に1番杉浦の先頭打者ホームランで1点、2回には渡部の四球から杉山の特大スリーベースヒット、酒井の犠牲フライで2点を追加する。追いつきたいアンドバランスは3回、2アウトから四球でランナーを出すと、4番糟谷(健)の2ランホームランで1点差に迫る。尚も2アウト満塁のピンチでリリーフ登板した酒井が遊ゴロに打ち取り逆転を許さなかった。その裏戦極は谷津のツーベースヒット、藤田のライト前ヒットで1点を追加。戦極は酒井から谷津に継投。アンドバランスは6回に四球とヒットでチャンスを広げ、叩きで1点追加。尚も逆転のチャンスを作るも後続が倒れ4-3で戦極が勝利した。
【相手チームへ一言】
(戦極-SENGOKU-)
(アンドバランス)
アンドバランス様、対戦ありがとうございました。最後まで気の抜けない試合でした。また対戦機会がありましたらよろしくお願いいたします。
戦極の皆様、対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Nomad.Yankees 1 1 青木製作所Snugs 10月9日(大宮健保)
紺野が強力打線相手に好投!Snugsがジャンケン決着制し初の秋16強入り!!
【試合内容】
先攻ノマドヤンキース、後攻青木製作所Snugsで試合はスタート。先制したのはSnugs、二回裏の攻撃、5番川原が安打で出塁すると6番佐川が適時三塁打を放ち1点先制。Snugs先発紺野は4回まで無失点と好投を見せるが、五回表に犠牲フライで1点取られ1-1の同点とされる。その後両投手が好投し無得点のまま時間切れとなり、1-1の引き分けで試合終了。じゃんけん決着となり青木製作所Snugsが勝利した。
【相手チームへ一言】
(Nomad.Yankees)
(青木製作所Snugs)
 
金井様、チームの皆様、この度は対戦ありがとうございました。また、審判とグランドの手配もありがとうございました。最後まで緊張感のある試合でとても楽しかったです。また是非対戦のほどよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BEEEAMS 3 4 相模KOT'S 10月9日(大宮健保)
泉が同点打&完投と投打の活躍!相模KOT'Sが接戦制し初のオータム16強へ!!
【試合内容】
BEEEAMS中田投手、相模KOT'S泉投手で試合開始。1回表、相模KOT'Sは先頭の小林が四球を選びワイルドピッチで進塁後内野エラーで1点を先制。追いつきたいBEEEAMSは3回裏、9番板田がライト前で出塁し2番橋本のレフトオーバー2塁打で同点に追いつき、続く3番中田のセーフティバントで二塁ランナー橋本が一気にホーム帰り逆転する。4回裏にも9番板田のタイムリーで追加点をあげる。5回表、相模KOT'Sは四球で出たランナーを置いて泉が2点本塁打を放ち同点とする。同点で迎えた最終回、相模KOT'Sは先頭の荒井が四球で出塁し中坪のヒットでチャンスを広げ加藤の内野ゴロで得点する。その裏、2番橋本がヒットで出塁しチャンスを作るが泉が後続を抑えて4-3で相模KOT'Sの勝利。
【相手チームへ一言】
(BEEEAMS)
(相模KOT'S)
遠方からありがとうございました!雨天中止が続き、試合ができないでいた中、ここまでの接戦の試合が当日でき良かったです!また機会がございましたら対戦をお願い致します!優勝頑張ってください!!応援しております!
BEEEAMSの皆様、対戦ありがとうございました。日程調整についてもありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
上尾西ブルースカイズ 13 1 RED HILL 10月9日(大宮健保)
宮島の2発含む計4HRで13得点!猛打炸裂の上尾西がコールドで4回戦進出!!
【試合内容】
上尾西ブルースカイズ先攻、RED HILL後攻で試合開始。初回は両チームの先発投手が好投し無失点で試合が始まる。しかし2回表、上尾西は先頭の荒井が2塁打で出塁すると、続く松本が左翼オーバーの2ラン本塁打で2点を先制。3回表も先頭の1番宮島がソロ本塁打で1点を追加。4回表にも3点を追加すると続く5回表にはこの日2本目となる宮島の本塁打、荒井の本塁打なので一挙6点。RED HILLは最終回に満塁のチャンスを作るも得点は1点のみとなり、13-1で上尾西ブルースカイズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(上尾西ブルースカイズ)
(RED HILL)
本日に至るまで、色々と流動的に日程調整ありがとうございました。また機会がありましたら、よろしくお願い致します。
荒井様、上尾西ブルースカイズの皆様この度はご対戦ありがとうございました。日程調整やグラウンド手配等、大変お手数をおかけしました。また機会がありましたら対戦お願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Tropicana 0 2 佐川グローバルロジスティクス 10月2日(大宮健保)
木村の決勝打にエース奥谷が完封!佐川が1部王者下し3年連続16強進出!!
【試合内容】
佐川グローバルロジスティクス先攻、Tropicana後攻の一戦。Tropicanaの先発は田山、佐川は奥谷が先発。初回は両者とも三者凡退に抑え、上々の立ち上がりを見せる。試合が動いたのは2回表。佐川の攻撃で5番伊藤がエラーで出塁し、6番鈴木が四球で先制のチャンスを作ると、2死2.3塁で8番木村がセンター前へ2点タイムリーを放ち、佐川が2点を先制する。Tropicana先発田山は2回以降追加点を与えず粘りのピッチングを見せる。反撃したいTropicanaであったが右腕奥谷の前に得点を奪う事ができず、佐川が2-0で逃げ切りで勝利を収めた。佐川先発奥谷は7回被安打2、無四死球、6奪三振完封。8番木村は3打数3安打2打点の活躍。
【相手チームへ一言】
(Tropicana)
(佐川グローバルロジスティクス)
ありがとうございました。お手配などほんと助かりました。またの対戦を楽しみにしています!
森様、チームの皆様対戦ありがとうございました!
また宜しくお願い致します!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 3 5 清瀬ロングコックス 10月2日(大宮健保)
高桑が粘投!今季絶好調のロングコックスが春ファイナリストPIECEを撃破!!
【試合内容】
PIECE先攻、関根-桑原バッテリー。清瀬ロングコックス後攻、高桑-徳永バッテリー。初回、PIECE先頭坂東が安打で出塁、2死3塁となるも4番上島が凡退。高桑がピンチを凌ぐ。その裏、ロングコックスは2死2塁のチャンスを作ると、4番小寺がセンターに運ぶタイムリーで1点を先制。続く5番沼澤が右中間への特大2ランで2点を追加。その後も6番徳永、7番石坂の長打も含む4連打でこの回一挙4得点の先制パンチに成功。3回表、PIECEは無死1.3塁のチャンスで1番坂東が左中間を破る長打に加え、3番茂木の犠牲フライで3点を返す。4回裏、ロングコックスは1死3塁のチャンスで2番堀がセンターに運ぶタイムリーで貴重な追加点を獲得。5-3 と点差を広げる。その後は緊迫した投手戦が続き、4回以降PIECE打線を三者凡退で封じた高桑に軍配。5-3で清瀬ロングコックスが勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(清瀬ロングコックス)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
PIECEの皆さま、本日は対戦有難うございました。常にVictoriaを最前線で牽引されている名門PIECEとここまでの激闘ができた事を大変誇りに思いますし、采配・雰囲気・ゲームへの姿勢、大変勉強になりチームとして収穫だらけの非常に価値のあるゲームとなりました。PIECEのような素晴らしいチームを指標に、より良いチーム作りに努めていきたいと思いました。今後とも、よろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
品川オレンジ 4 5 我孫子フラワーズ 10月2日(天王洲公園)
北澤(玲)が走攻守で躍動!我孫子フラワーズが緊迫の接戦制し16強進出!!
【試合内容】
フラワーズ先攻、品川オレンジ後攻で試合開始。先制したのは品川オレンジ。1回先頭のスリーベースからチャンスを作り、4番のタイムリーヒットで先制。その後も2回3回と1点ずつフラワーズ伊藤から重ね3点を奪う。反撃したいフラワーズは3回、1アウト満塁から3番北澤(玲)の走者一掃のタイムリー、4番佐藤の犠牲フライで4得点を奪い逆転する。5回からは北澤(玲)にスイッチ。品川オレンジ上位打線を抑え流れを持ってくる。先頭北澤(玲)のヒットから打線が繋がり、6番小澤のサードゴロの間に北澤(玲)の好走塁で貴重な追加点をあげる。最終回となった6回安打四球でランナーを溜め、1アウトからショートゴロの送球が何故か審判にあたり、その間にランナーが返り1点差に。最後はピッチャーゴロとなり、フラワーズが1点差を逃げ切り勝利。
【相手チームへ一言】
(品川オレンジ)
(我孫子フラワーズ)
遠方からお越しいただきましてありがとうございました!投手力、守備力、打撃力、走力ともにレベルが高すぎでした!またぜひ対戦、よろしくお願いいたします。
本日はありがとうございました。
また今後ともよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
下町Tempest 3 2 黒百合 10月2日(江戸川病院前)
大石の同点打に滝澤の逆転打!昨季準Vの下町Tempestが2年連続16強へ!!
【試合内容】
下町Tempest先攻、黒百合後攻で試合開始。初回下町は三者凡退で終わる。その裏ヒットと四球でランナーを出し、エラーで黒百合が先制する。しかし2回表、下町は四球と5番大石のタイムリーヒットで同点に追いつく。さらに3回表、1番市川が出塁し盗塁を決めると、2番滝澤のライト前ヒットで逆転する。4回は両チーム無得点で終わり。5回先頭松本が四球で出塁、3塁まで進塁し2死1.3塁を作るとディーレードスチールで更に1点追加。その裏に四球と2塁打で黒百合が1点を返すも反撃はここまで。後続を抑え試合終了。3-2で下町Tempestの勝利。
【相手チームへ一言】
(下町Tempest)
(黒百合)
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願い致します。
武藤様、日程変更等ご協力ありがとうございました。また、グランド等諸手配もありがとうございました。引き続きよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ジャンクベースボールクラブ 1 5 戦極-SENGOKU- 10月2日(大宮健保)
中野が先制打&ダメ押し弾!昨年王者戦極がジャンク下しベスト16進出!!
【試合内容】
先攻:ジャンクベースボールクラブ(先発:大田)、後攻:戦極(先発:杉山)でプレイボール。2回裏、戦極が4番佐藤の3塁打、6番中野、7番杉山のヒットで2点を取る。3回表、ジャンクは二死から1番奥村が四球で出塁、2番田辺がライトへのヒットでゴロを後逸した間に奥村がホームに還り、1点を取る。試合は終盤となり、6回裏戦極の攻撃。先頭の4番佐藤が四球で出塁。5番藤田のヒット、6番中野の左中間へのホームランで3点を追加し、5-1で戦極の勝利。
【相手チームへ一言】
(ジャンクベースボールクラブ)
(戦極-SENGOKU-)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
ジャンクベースボールクラブ様、対戦ありがとうございました。また機会がありましたら是非対戦よろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
STBC 9 5 HIGH RISE 10月2日(大宮健保)
好調STBC打線が9得点の猛攻!食らい付く新星HIGH RISEを退け4回戦へ!!
【試合内容】
1回表STBCの攻撃はヒットと四球などでチャンスを作り、5番下田の犠牲フライで先制。HIGH RISEが2回に同点とするも、STBCは3回に先頭の鎌田が右中間を破るスリーベースでチャンスを演出、2番田中大介のゴロの間にサードランナーが返り勝ち越しに成功。しかし3回裏にHIGH RISEが再び同点に追いつく。その後4回表、四球や小技などでSTBCが3点追加、しかしその裏HIGH RISEも負けじとに2点を返す。5回表STBCはヒットと四球でランナーを溜め、8番城野のスリーベースなどで4点追加で勝負あり。9-5でSTBCの勝利。
【相手チームへ一言】
(STBC)
(HIGH RISE)
若くて元気いっぱいで個々の能力も高くてヒヤヒヤでした。試合後も楽しい絡みをありがとうございました!また是非練習試合などでよろしくお願いします!
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
松竹梅 1 4 アンドバランス 10月2日(大宮健保)
アンドバランスが終盤に逆転!松竹梅を下し3年ぶりのオータム16強入り!!
【試合内容】
初回アンドバランスの攻撃は三者凡退で終わる。松竹梅は先頭が2塁打で出塁するもチャンスを活かせず無得点。試合が動いたのは3回裏、松竹梅が村上のタイムリーで先制する。5回表にアンドバランスは連打で逆転をし、6回表にも追加点を入れる。7回裏松竹梅は堀越、加藤が連続安打で出塁すると、椎名の2点タイムリーヒットで2点差に。続く原も二塁打で1点差まで追い上げるも時間規定により試合終了。アンドバランスの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(松竹梅)
(アンドバランス)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
松竹梅様、対戦ありがとうございました。
また対戦よろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
WILL BASEBALL CLUB 2 2 NAYON 9月25日(大宮健保)
大部が先制打&劇的同点弾!新星NAYONがジャンケン決着制し秋16強へ!!
【試合内容】
先攻NAYON、後攻WILL BASEBALL CLUBで試合開始。NAYONは初回、WILL先発池田の立ち上がりを攻め、3番大部のタイムリーで幸先良く先制する。その裏WILLは先頭の菅原が四球で出塁すると、木田、高橋の連打で2点を獲り逆転する。2回以降はお互いチャンスを作るものの両投手が0を並べ5回まで1対2とWILLがリードする展開。NAYONは6回表、先頭の3番大部がライトオーバーのホームランを放ち、土壇場で同点に追いつく。尚もチャンスを作るが何とかWILLが凌ぐ。6回裏、WILLは先頭の井上が死球で出塁すると犠打で得点圏に進めるも後続が打ち取られ、試合はタイムアップとなり決着はジャンケンに。NAYONが5対2でジャンケンを制し4回戦に駒を進めた。 (取材写真はこちら&試合動画はこちら
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(NAYON)
NAYON代表小暮様ならびにメンバーの皆様。この度は対戦ありがとうございました。最後まで分からないタフな試合で出来て大変刺激になりました。練習試合等今後ともお付き合いのほど、宜しくお願い致します。
WILL BASE BALL CLUB高田様・鈴木様この度はグラウンド、審判様の手配誠にありがとうございました。また機会がございましたら宜しくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
DRAGONFLY 3 4 RED HILL 9月25日(大宮健保)
主将菊岡が値千金の決勝打!RED HILLが鮮やかな逆転勝利飾り2回戦突破!!
【試合内容】
先攻DRAGONFLY、後攻RED HILLで試合開始。試合が動いたのは3回表、DRAGONFLYが2点を先取。4回両チームとも無失点。5回表DRAGONFLYが追加点を入れ3-0とする。しかし、その裏RED HILLは先頭バッターの三塁打から始まり、エンドランと長打が絡み4得点。遂にDRAGONFLY先発の岡村を打ち崩すした。最終回となった6回表DRAGONFLYはチャンスを作るもリリーフ登板の増永が後続を打ち取り試合終了。RED HILLが4-3で勝利した。
(取材写真はこちら&試合動画はこちら
【相手チームへ一言】
(DRAGONFLY)
(RED HILL)
RED HILL様、終盤での粘り強さにチーム力を感じました!次戦も粘り強く勝ち進んでください!対戦していただきありがとうございました!
原口様、DORAGONFLYの皆様この度はご対戦ありがとうございました。また、日程調整もご協力いただき大変助かりました。とても緊張感のある試合をさせていただきました。今後ともよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
清水建設野球部 2 6 BIGFACE 9月25日(大宮健保)
中川・筒井の投手リレー!BIGFACEが好投手を攻略し2年ぶりの秋16強入り!!
【試合内容】
先攻清水建設野球部、後攻BIGFACEで試合開始。1回裏BIGFACEは1番高木のスリーベース、2番板垣のタイムリーヒットで幸先よく1点を先制。その後失策の間にもう1点を追加する。さらに3回表BIGFACEが5番下野のタイムリーヒットで1点追加し3対0とする。対する清水建設は4回表、3番重松、4番眞田の連打でチャンスを作ると内野ゴロ・ワイルドピッチで2点を返す。しかし5回裏、BIGFACEは7番田中のタイムリーヒットと2つの押出し四死球でダメ押し。そのまま6-2でゲームセット。BIGFACEは中川・筒井の継投で2点に抑えた。清水建設は杉山が力投を見せたがBIGFACE打線が上回った。
【相手チームへ一言】
(清水建設野球部)
(BIGFACE)
BIGFACE様、この度はご対戦ありがとうございました。質の高いプレー・声掛けなど色々と勉強させていただきました。また機会がございましたら、ご対戦是非よろしくお願いいたします。
グラウンド手配、審判さん手配等ありがとうございました。公式戦、オープン戦ともこれからもよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
NITORO 10 0 RED SOX 9月25日(大瀬運動公園)
菊地のダメ押し弾にエース川上が完封!NITOROがコールド勝利収め4回戦へ!!
【試合内容】
NITORO先攻、RED SOX後攻で試合開始。初回NITOROは先頭の木内が2塁打で出塁し、4番高橋のタイムリーで1点先制!その後、6番菊地の3ランホームランが飛び出し初回に4得点とする。NITOROはその後も毎回追加点を重ね、10-0の4回コールド勝ち。先発の川上は4回被安打2、7奪三振の好投。
【相手チームへ一言】
(NITORO)
(RED SOX)
グランド状況悪い中ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
完敗です。頑張ってください。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
スタイガー 9 0 PEACE(毛呂山町) 9月25日(大宮健保)
柿間の先制打に三瓶・山本の完封リレー!スタイガーが2年連続オータム16強へ!!
【試合内容】
スタイガー三瓶、PEACE時田で試合開始。1回裏スタイガーの攻撃、3番阿部が四球から盗塁、4番柿間のタイムリーで1点先取。3回裏スタイガーの攻撃、2番川崎がヒットからの盗塁でチャンスメイク、3番阿部のタイムリーで1点追加。尚も1死三塁から5番間渕が粘りに粘ってエンドランを決め1点追加。PEACEも5回表に時田のヒットから反撃を試みるも無得点。5回裏スタイガーの攻撃、相手ミスなど絡め、鈴木、濱崎のタイムリーで加点。とどめは亀山の3ベースでこの回一挙6点。投げては、三瓶-山本のリレーで完封勝利。
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(PEACE)
PEACEの皆様 この度は対戦ありがとうございました。また、対戦する機会がありましたらよろしくお願いいたします。
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Dejavu 6 1 青霧 9月25日(八潮北公園)
金井が決勝弾&好投と大車輪の活躍!投打の噛み合ったDejavuが4回戦進出!!
【試合内容】
初回にDejavuが金井のスリーランで先制する。Dejavu先発の金井は再三ピンチを招くも0点で抑える。Dejavuは4回にも古泉のタイムリーとエラーで3点を挙げる。最終回青霧は1点を返すも反撃はここまで。6対1でDejavuの勝利。
【相手チームへ一言】
(Dejavu)
(青霧)
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
La.Men 1 6 青木製作所Snugs 9月25日(東綾瀬公園)
4番入江が4打点と大暴れ!青木製作所Snugsが1部所属対決制し3回戦進出!!
【試合内容】
先攻Snugs、後攻La.Menで試合はスタート。先制したのはSnugs、初回4番入江の2点適時三塁打と、6番有賀の適時打で3点先制。3回裏La.Menは長浜(弟)のソロ本塁打で1点返す。そのまま投手戦が続くが、迎えた最終回Snugsの攻撃、またも4番入江のこの日4打点目となる2点適時二塁打と、6番有賀が2打点目となる適時打を放ち3点追加し、6-1とする。その裏Snugsは無失点で抑えて、Snugsの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(La.Men)
(青木製作所Snugs)
有川様、teamの皆様、遠い中、対戦ありがとうございました。非常に楽しかったです。また、オープン戦等宜しくお願い致します。
大島様、チームの皆様、この度は対戦ありがとうございました。日程調整も本当にありがとうございました。とても緊張感のある楽しい試合でした!今後ともよろしくお願いします!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
RED SOX 10 0 KEBOZ BASEBALL CLUB 9月25日(千間台第四)
井上の完封に自慢の攻撃陣が爆発!RED SOXがコールド勝利で2回戦突破!!
【試合内容】
REDSOXが初回から猛攻を仕掛ける。山本純輝、田中、丸橋、羽生などのタイムリーで得点を重ね、終わってみれば10-0のコールドゲームで試合終了。投げては井上が完封勝利を飾った。
【相手チームへ一言】
(RED SOX)
(KEBOZ BASEBALL CLUB)
本日はありがとうございました。またお願いします。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Rad Krieger 3 7 佐川グローバルロジスティクス 9月11日(大宮健保)
須永の決勝打に奥谷が完投!佐川が一挙6点を奪取し鮮やかな逆転勝利飾る!!
【試合内容】
佐川グローバルロジスティクス先攻、Rad Krieger後攻の一戦。一回表、佐川の2番須永がヒットで出塁、4番栗原が四球で2死2.3塁とすると相手のバッテリーエラーで1点を先制する。佐川の先発奥谷は安定した投球を見せ、相手打線を封じ込む。しかし、4回裏に四球とヒットでランナーを出すと、5番古谷に2点適時3塁打を打たれ逆転、続く6番神宮にもヒットを打たれ1点を追加される。追撃したい佐川は6回2死満塁から1番一林への死球で1点と奪うと、2番須永の起死回生の2点適時2塁打で逆転、さらに2.3塁の場面で3番細川の一二塁間の打球を二塁手がダイビングキャッチするも送球エラーで2点を追加し、打者一巡で一挙6点を奪い逆転する。その裏を奥谷が無失点に抑えゲームセット。佐川が勝利した。
【相手チームへ一言】
(Rad Krieger)
(佐川グローバルロジスティクス)
 
対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ジャンクベースボールクラブ 4 2 TOKYOMAJESTY 9月11日(大宮健保)
主将島の決勝打に森田が完投!ジャンクB.Cが1部対決制し2年ぶり3回戦進出!!
【試合内容】
先攻:TOKYOMAJESTY(先発:宮本)、後攻:ジャンクベースボールクラブ(先発:森田)でプレイボール。両投手、初回を3人で切り、勢いを掴んだのはジャンク。2回裏の攻撃。4番沼澤がライト前へのヒットで出塁すると、5番浅井が送りバントできっちり2塁へ送る。続く6番東田のサードゴロが1塁へ悪送球となり2塁ランナーの沼澤が還り先制する。なおも1死2塁で7番小野は右中間への2塁打で、東田が還り1点を追加する。ジャンク先発の森田は、4回3番高島にレフト前のヒットを打たれる以外は3人ずつでアウトを取りパーフェクトのピッチングで試合は終盤に入る。好投を続ける森田を援護したいジャンク打線は、6回裏先頭の2番奥村が初球をレフト前へのヒットで出塁。続く3番島の打席の3球目がバッテリーエラーとなり1塁ランナーの奥村が2塁へ。得点圏にランナーが進み、島がライト前へのヒットを放ち、2塁ランナーの奥村がホームインし1点追加。この間、打者走者の島も2塁へ進む。ここでTOKYOMAJESTYは投手を宮本から高島に交代し、迎える打者は打撃好調の4番沼澤だったが、直球に押されピッチャーゴロとなるも、2塁ランナーの島が好スタートを切り3塁へ。1死3塁となり、5番浅井が初球エンドランで見事転がし、貴重な1点を追加する。最終回、TOKYOMAJESTYの攻撃は、2番橋本が振り逃げで出塁すると、3番高島がライト前のヒット、4番石倉もレフト前への連続ヒットで1点を取る。なおも1死3塁で6番横田川がレフトへの犠牲フライで3塁ランナーが還り1点を追加するが、反撃はここまでとなり、結果、4-2でジャンクベースボールクラブの勝利。
【相手チームへ一言】
(ジャンクベースボールクラブ)
(TOKYOMAJESTY)
TOKYOMAJESTYの皆様、日程のご調整、対戦ありがとうございました。またオープン戦等でもよろしくお願いいたします。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BIGFACE 8 3 笑祭 9月11日(江戸川第三)
キャプテン林が決勝打!BIGFACEが前週の悪夢を振り払う快勝で3回戦進出!!
【試合内容】
先攻笑祭、後攻BIGFACEで試合開始。試合が動いたのは2回裏、笑祭先発の冨田が2アウトを取るも二死からヒットと四球で満塁のチャンスを作り、二者連続の押し出し四死球と林のタイムリーヒットなどで5点を先制。BIGFACEは3回裏にも2本の内野ゴロの間と高木のタイムリーツーベースで3点を加点し試合を優位に進める。対する笑祭は5回表に先頭の6番島崎がヒットで出塁し、8番橋本のツーベースで1点を返すとさらに連打で2点を返す。その後は両投手陣が踏ん張り、8対3でBIGFACEの勝利。
【相手チームへ一言】
(BIGFACE)
(笑祭)
対戦ありがとうございました。
またの機会に是非よろしくお願い致します。
BIGFACEの皆様、この度は対戦ありがとうございました。また、グラウンドと審判の手配もしていただき、ありがとうございました。また機会がありましたら、よろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Nomad.Yankees 15 0 THK株式会社 9月11日(大井ふ頭海浜)
郡司の2打席連発含む6HR15得点!脅威のNomad打線炸裂しコールド勝利!!
【試合内容】
先攻THK株式会社、後攻ノマドヤンキースで試合開始。1回表、ノマドヤンキース先発田中が2奪三振と好スタート。その裏、THK先発の永石を攻め、2番木村のライト前から3番山崎のHRでノマドヤンキースが先制。2回には9番郡司の2ランHRで突き放す。さらに4回、変わったTHK中武から郡司のこの試合2本目となる3ランHR、佐藤、三浦、宮川にもHRが飛び出しコールド規定により試合終了。THKは1安打と打線が奮わず、ノマドヤンキースが勝利。
【相手チームへ一言】
(Nomad.Yankees)
(THK株式会社)
THK株式会社様、本日は対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
グラウンド、審判様確保ありがとうございました。打撃/守備と見習うべき点が多く、大変勉強になりました。また機会がありましたら是非対戦をお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
品川オレンジ 6 0 SAMURAI.BOYS.NEO 9月11日(大井ふ頭海浜)
市川の決勝打に江川が完封シャットアウト!品川オレンジが強豪下し3回戦へ!!
【試合内容】
オレンジは初回に市川、高倉のタイムリーで2点先制し、3回にも1点追加する。オレンジの先発江川は、強力SAMURAI打線を抑え、4回まで0に抑える。5回に二死満塁の一打逆転のピンチを迎えるが、0に切り抜ける。すると、その裏、尾高のソロHRで1点追加、6回には森の2点タイムリーでリードを拡げる。先発江川は7回までSAMURAI打線を0で封じ、完封勝利を飾る。6-0で品川オレンジの勝利。
【相手チームへ一言】
(品川オレンジ)
(SAMURAI.BOYS.NEO)
期限最終日のナイターでの対戦、ありがとうございました。ピッチャーの方の球威が凄く、キャッチャーの方が鬼肩で、内外野とも守備力も高く、全員スイングスピードが速く、非常に強かったです。また機会がありましたら、対戦、よろしくお願いいたします。
品川オレンジの皆様、グランド、審判さんの手配ありがとうございます。全てにおいてレベルが高くとても勉強になりました。またオープン戦等よろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PEACE(毛呂山町) 7 4 ダディーズベースボール 9月11日(越生運動公園)
3本のHR含む7得点!初出場のPEACEがダディーズに打ち勝ち3回戦進出!!
【試合内容】
先攻PEACE、後攻ダディーズベースボール。1回表PEACEは5番のタイムリーなどで2点先制、その後もPEACEが3本のホームランで計7点。ダディーズベースボールは平沢のタイムリーなどでも追い上げるも7-4でPEACEが勝利した。
【相手チームへ一言】
(PEACE)
(ダディーズベースボール)
遠いところありがとうございました。
また、よろしくお願い致します。
室賀様、チームの皆様。この度はグラウンドの手配、日程調整などありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
TOKYO OVERDOSE 1 11 Dejavu 9月11日(大宮健保)
11得点の猛攻に金井が完投勝利!Dejavuがコールド勝ち収め2回戦を突破!!
【試合内容】
Dejavuが初回から2点を先制する。3回までに連打で8得点。OVERDOSEに1点を返されるも先発金井がきっちり抑える。6回にも3得点を挙げたDejavuが11-0でコールド勝ち。
【相手チームへ一言】
(TOKYO OVERDOSE)
(Dejavu)
 
グランド手配ありがとうございました。
また機会が有ればよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
青霧 5 0 アオイハル 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、アオイハルの不戦敗。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
WILL BASEBALL CLUB 5 0 bets 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、betsの不戦敗。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ブルーサンダース 2 9 清水建設野球部 9月4日(富士見第二)
剛腕杉山が好投!取材試合の激闘が記憶に新しい清水建設野球部が2回戦突破!!
【試合内容】
先攻清水建設野球部・杉山、後攻ブルーサンダース・野村の両先発で試合開始。2回までお互い投手が試合を作るが3回表、清水建設野球部がヒットとエラーを含め4点を先取する。ブルサンも4回裏に四死球、犠飛などで2点を返すが、清水建設野球部が6回表にヒットとHRでダメ押しの4点を奪い勝負あり。最終回にも1点追加して清水建設野球部が9対2で大勝した。
【相手チームへ一言】
(ブルーサンダース)
(清水建設野球部)
清水建設野球部の皆様、本日はこちらまで来ていただきありがとうございました。また機会ありましたら宜しくお願い致します。
ブルーサンダース様 手配関係ご対応いただき誠にありがとうございました。また万全の状態で再戦機会があれば、何卒よろしくお願い申し上げます。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
D'LLERS 5 2 ジョルターヘッズ 9月4日(江戸川第三)
小沼の決勝打に矢部・木村の投手リレー!D'LLERSが1部対決制し3回戦進出!!
【試合内容】
先攻ジョルターヘッズ様、後攻D'LLERSで試合スタート。D'LLERS矢部、ジョルターヘッズ小関(龍)両投手の先発。2回D'LLERSは守田、渡辺のヒットでチャンスを掴むと、小沼が押し出し四球を選び先制。さらに3回、3番小泉がレフトへホームランを放ち2点をリード。D'LLERS先発矢部は相手強力打線に良い当たりは打たれるものの3回を無安打で抑える。追うジョルターヘッズは一死一塁から小関(龍)がツーランホームランを放ち同点に追いつく。しかしその裏、D'LLERSは渡辺、山内のヒットでチャンスを作ると、9番小沼の犠牲フライで再びリードを奪う。さらに5回、深澤の外野フライを落球し1点を追加。6回ジョルターヘッズは土田にスイッチするも、高橋(竜)の三塁打、高橋(晴)のタイムリー二塁打で得点を重ねる。D'LLERSは5回から代わった木村が最後はピッチャーゴロに打ち取り、5-2でD'LLERSが勝利した。
【相手チームへ一言】
(D'LLERS)
(ジョルターヘッズ)
この度は対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
D'LLERS様、諸々ご手配ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
TOKYO NAVYSEALS 3 10 黒百合 9月4日(荒川第二運動公園)
笠井が2打席連発6打点の活躍!黒百合が3投手による継投でTNS躱し3回戦へ!!
【試合内容】
先攻黒百合、後攻TOKYONEVYSEALSで試合開始。初回黒百合は笠井ツーベース、竹越スリーベース、武藤の犠飛で2点先制。TOKYONEVYSEALSは1回から3回まで塁を賑わすも無得点。黒百合は3回、斉藤の安打から笠井の2点本塁打で加点。4回には笠井の二打席連続の満塁本塁打で突き放す。一方TOKYONEVYSEALSは4回に酒井がツーベースで出塁し、続く前のスリーベースで1点を返す。しかし黒百合は5回にも片田の3塁打で更に加点。TOKYONEVYSEALSは5回に満塁のチャンスを作るも1点止まり。黒百合の遠藤、片田、飯吉が抑え勝利した。
【相手チームへ一言】
(TOKYO NAVYSEALS)
(黒百合)
ご対戦ありがとうございました!完敗です!
また機会がありましたらよろしくお願いします!
本日は伺えませんでごめんなさい。
また、対戦是非お願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
CHUYANS+ 8 0 BOYCOTT 9月4日(三芳グランド)
佐藤・切原・大木の鉄壁リレー!CHUYANS+が新星を完封で下し2回戦突破!!
【試合内容】
先攻CHUYANS+、後攻BOYCOTTで試合開始。3回に四死球でCHUYANS+が2点を先制すると、5回には四死球、泉のタイムリーで3点を追加し、試合を優位に進める。投げては佐藤・切原・大木のリレーでBOYCOTT打線を1安打に封じ、8-0でCHUYANS+が勝利した。
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(BOYCOTT)
BOYCOTTの皆様、この度は柔軟にご調整いただき誠にありがとうございました。また機会がございましたら、是非よろしくお願いいたします。
日程、グランドと日程調整が難しい中ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
はちみつハニー 4 9 HIGH RISE 9月4日(大神公園)
林の決勝打に高井・中島(寛)の投手リレー!新星HIGH RISEが3回戦進出!!
【試合内容】
HIGH RISE先攻、はちみつハニー後攻。初回に納谷、高井の連打からチャンスを作り、相手のミスとタイムリーなどでHIGH RISEが3点を先制。その後3回にもチャンスで鈴木のタイムリー、5回には一死満塁から林の走者一掃タイムリー三塁打と、中島(康)の犠飛で一挙4得点。6回にもチャンスから打線が繋がり1点を取り点差を広げた。守っては先発高井がコースの隅を突くコントロールでミスなどで点は取れたものの、3回3失点と好投を見せた。続く中島(寛)のリリーフでは真っ直ぐと変化の組み合わせで3回1失点の好投。全体的に打線の繋がりを見せたHIGH RISEが9対4で勝利した。
【相手チームへ一言】
(はちみつハニー)
(HIGH RISE)
 
ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
上尾西ブルースカイズ 6 0 Revelry 9月4日(大宮健保)
4投手による圧巻完封リレー!上尾西ブルースカイズが新星下し2回戦突破!!
【試合内容】
上尾西ブルースカイズは1回表、先頭の川島がヒットで出塁すると連続ヒットなとで3点先制する。中盤にも3点を追加し、6-0とする。投げてば松本、伊藤康、氏家、大久保の4人が継投し無失点。ブルースカイズが6-0で勝利した。
【相手チームへ一言】
(上尾西ブルースカイズ)
(Revelry)
遠くからありがとうございました。
またよろしくお願いします。
審判及びグラウンドの手配までありがとうございました。残りの大会も頑張って勝ち上がってください。機会があればリベンジさせていただきます!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 15 0 前野MANYMETS 9月4日(大宮健保)
2度の打者一巡の猛攻で大量15得点!PIECEがコールド勝ち収め3回戦進出!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻前野MANYMETSで試合開始。1回表PIECEは2死3塁から上島のライト前ヒットで1点を先制すると、ここから連続四球で満塁とし中路の走者一掃のツーベースで3点を加える。更に四球後、杉沼の3塁打で2点、桑原(南)のタイムリーツーベース、青野のヒット、桑原(以)のタイムリースリーベースの4連打で初回から9得点をあげる。1回裏、前野MANYMETSは2死から3番打者がスリーベースヒットを放ち得点圏に進むが後続が倒れ無得点に終わる。2回表、PIECEは先頭の上島がスリーベースで出塁すると続く本木のタイムリーなど、この回も打者一巡の猛攻で6得点をあげ15-0リードを広げる。その後はスコア動かず15-0でPIECEが勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(前野MANYMETS)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
戦極-SENGOKU- 5 0 フリーステップ 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、フリーステップの不戦敗。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BEEEAMS 5 0 東京シャイニングスターズ 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、東京シャイニングスターズの不戦敗。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PEACE(ふじみ野市) 2 2 Tropicana 8月28日(天王洲公園)
白熱の投手戦は内山に軍配!注目新星が1部王者追い詰めるもトロピが辛勝!!
【試合内容】
PEACE先攻、Tropicana後攻で試合開始。両チーム毎回のようにランナーを出すも、互いに両右腕が粘りのピッチングを披露し投手戦が続く。大会規定により時間の関係上サドンデスとなった7回表、PEACEは1死満塁から1番渡部のタイムリーとエラーで2点を奪い、試合を動かす。後がないTropicanaはその裏、4番赤坂が四球を選び1点を返すと、5番内山にかわって代打倉橋の際にワイルドピッチで遂に同点に追いつく。続く6番神谷は申告敬遠となり2死満塁とするも7番船田が三振に倒れ、同点のまま勝負の行方はジャンケンへ。白熱したジャンケンの末、最終的にTropicanaの勝利。TropicanaはPEACE好投手山口を前にヒット2本と完璧に抑えられるも運も味方にして掴んだ勝利であった。
【相手チームへ一言】
(PEACE)
(Tropicana)
攻撃、守り共にトップレベルのプレーを見させていただき、非常に刺激的でした。今後、もっと強くなれるよう出直してきます。この度は、誠にありがとうございました。
平田様、チームの皆様対戦ありがとうございました!当日グランド不良となる中、早々にご対応頂き大変助かりました!試合は紙一重の戦いとなり大変痺れる内容だったと思います。改めて今後とも宜しくお願い致します!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
清瀬ロングコックス 5 2 KGLADS 8月28日(大宮健保)
高桑の好投に打線が奮起!清瀬ロングコックスが逆転勝利飾り2回戦を突破!!
【試合内容】
清瀬ロングコックス先攻、KGLADS後攻で試合開始。KGLADS先発は磯飛。立ち上がりから素晴らしいピッチングで2回までロングコックス打線を無得点で抑える。ロングコックスは高桑-遠藤バッテリー。KGLADSは2回裏、越後の二塁打、倉富の進塁打でチャンスを作ると、敵失で先制する。その後投手戦となるも、迎えた5回裏に海部ホームランでKGLADSが2-0とリードを広げる。しかし6回表、ロングコックスが反撃開始。1死から3番が四球で出塁すると、4番石坂、5番沼澤の連続長打で同点に追いつく。7回にも相手投手の制球が乱れている間に3点を追加し勝ち越しに成功。5-2で清瀬ロングコックスの勝利。
【相手チームへ一言】
(清瀬ロングコックス)
(KGLADS)
KGLADSの皆さま、対戦有難うございました!急遽のグランド変更、グランド整備等、試合実現に向けてご尽力いただき大変感謝しております。今後とも、よろしくお願いいたします。
雨の中、グラウンド・審判手配などありがとございました。対戦できて楽しかったです。またよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Hustler 3 4 アンドバランス 8月28日(ゆうゆう公園)
池上が執念のサヨナラ打!アンドバランスがサドンデス制し3年ぶり3回戦へ!!
【試合内容】
先攻ハスラー、後攻アンドバランスで試合開始。1回裏、アンドバランスは糟谷(健)のタイムリーで先制。ハスラーはエラーとタイムリーで2点を奪い逆転する。1点ハスラーがリードして迎えた7回裏、アンドバランスは先頭の糟谷(健)がレフトへホームランを放ち同点に追いつくも後続倒れサドンデスに突入。先攻ハスラーはセンターへの犠牲フライで1点勝ち越し。その裏、8番池上の内野ゴロがショートのエラーを誘うと一気に2人が返り、アンドバランスがサヨナラ勝ちを収めた。
【相手チームへ一言】
(Hustler)
(アンドバランス)
アンドバランスの皆様、この度は対戦ありがとうございました。我々としては悔しい負け方でしたが、次戦以降も是非頑張ってください!気持ち良く楽しく試合が出来て良かったです。また機会がありましたら宜しくお願いします。
三宅様、チームの皆様、本日はグランド等手配頂きありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
スタイガー 8 3 SeaLand 8月28日(江戸川河川敷)
三瓶の好投に山田の決勝弾!スタイガーが期待の新星下し2年連続3回戦進出!!
【試合内容】
SeaLand先攻、スタイガー後攻で雨がぱらつく中試合開始。スタイガーの先発三瓶は初回2奪三振で上々の立ち上がりを見せる。1回裏のスタイガーの攻撃は敵失で先制点をあげると、山田の右中間への3点本塁打で一挙5点を奪う。2回にも鈴木のタイムリー三塁打などで得点をあげ、スタイガーペース。しかしSeaLandも反撃に出る。雨脚がかなり強まる中四球で走者を溜めると、4番打者のタイムリーで得点を上げるも反撃はここまで。最終スコア8対3でスタイガーの勝利。
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(SeaLand)
この度は対戦ありがとうございました。また、対戦する機会があると思いますので今後ともよろしくお願いいたします。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
砂町ドンフェイス 2 5 NITORO 8月21日(江戸川病院前)
エース川上が尻上がりの完投!NITOROが逆転勝利飾り2年ぶり3回戦進出!!
【試合内容】
先攻ドンフェイス、後攻NITROで試合開始。初回砂町ドンフェイスの攻撃、NITORO先発川上の四死球などで1アウト2,3塁のチャンスを作ると、5番岡田のレフト前タイムリーで1点を先制。川上は1点でピンチを凌ぐ。その裏NITOROの攻撃、1アウトから2番夏目、3番滝沢でチャンスを作ると、4番高橋のタイムリーで1対1の同点に追いつく。さらに山下のホームスチールなどもあり、6回まで小刻みに点数を重ねる。ドンフェイスも4回表に小松の内野ゴロの間に1点を返すが反撃もこれが精一杯。ドンフェイス打線はNITRO先発川上投手の前に要所で奪三振によりピンチを切り抜けられ、ここぞの場面で畳み掛けることができなかった。守りのほうでも先発高須が2イニング3失点。リリーフ市川が3イニング2失点と投手を中心に野手陣もミスなど精彩を欠き、守りからリズムを作れなかった。先発川上の粘りの投球もあり、5-2でNITOROが勝利した。
(取材写真はこちら&試合動画はこちら
【相手チームへ一言】
(砂町ドンフェイス)
(NITORO)
NITRO様、対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。
グランド・審判手配ありがとうございました。とても総合的に素晴らしいチーム様でした。今後ともオープン戦よろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
我孫子フラワーズ 5 1 JOKER 8月21日(湖北台中央公園)
堀田の決勝打に北澤(玲)・佐藤の投手リレー!我孫子フラワーズが3回戦へ!!
【試合内容】
我孫子フラワーズ先攻、JOKER後攻で試合開始。フラワーズ先発は北澤(玲)、JOKER先発は柳田。JOKER柳田は初回三者凡退の素晴らしい立ち上がりを見せ、幸先の良いスタートとなる。一方フラワーズ北澤(玲)は立ち上がりから四球エラーとノーヒットで1点を奪われ、JOKERが先制点を取り試合が進む。2回3回はお互いランナーを出しつつも0に抑え4回表。フラワーズはエラーのランナーを置き、4番堀田の内野安打から送球間に同点に追いつく。5回からフラワーズは佐藤にスイッチ。ここで雨が強くなり制球に苦しみワンアウト2.3塁のピンチを迎えるも、3塁牽制でランナーが戻れずツーアウト3塁に。続く後続を切り大ピンチを防ぐ。ピンチの後にチャンスあり。フラワーズは6回から変わったJOKER坂本を攻め、ワンアウトから4番佐藤の中安から5番堀田が右中間へフェンス直撃の三塁打を放ちついに逆転!その後2四球で満塁のチャンスを作るとワイルドピッチでこの回2点目、フラワーズがリードを広げる。7回表ツーアウトから北澤(京)、佐藤、堀田の連続ツーベースで2点を奪い4点のリードを広げ最終回へ。ここまで四球でランナーを出すもヒットが出ていないJOKER打線。ワンアウトから1番高橋が右中間へツーベースヒットを放ち打線に勢いを持ってくる。その後打線が繋がりワンアウト満塁のチャンスを作るもフラワーズ2番手佐藤が何とか粘り無失点に抑え、フラワーズが継投で逃げ切った。
【相手チームへ一言】
(我孫子フラワーズ)
(JOKER)
チームの皆様、この度は対戦ありがとうございました。
また今後ともオープン戦など交流させてください!
フラワーズ北澤様、いつも対戦依頼をいただきありがとうございます。コロナクラスターでの前回の延期申し訳ございませんでした!また一つ課題がしっかり見えました。今後とも宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
T-Five 2 6 STBC 8月21日(大宮健保)
田中(大)の決勝打にエース下田が完投!STBCが3年目でオータム初勝利飾る!!
【試合内容】
STBC先攻、T-Five後攻でスタート。1回は両チーム無得点。試合が動いたのは2回裏のT-Five攻撃、5番打者が下田の真っ直ぐを捉えレフトスタンドへ先制ホームラン。次の回は両者無得点で4回表のSTBCの攻撃。ツーアウトから7番小島がレフトスタンドへ同点ソロホームランを放つ。5回表にも4番田中(大)が満塁から走者一掃のタイムリーツーベースを放ち、その後相手のワイルドピッチなどで5点を加える。先発下田は6回2失点の好投を見せた。その後1点を追加されるもそのまま逃げ切り6-2でSTBCの勝利。
【相手チームへ一言】
(T-Five)
(STBC)
 
対戦ありがとうございました。グランドの手配、審判さんの手配などもありがとうございます、感謝してます。悪天候の中でしたが試合ができてよかったです。今後ともよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
下町Tempest 6 4 ビッグホーンズ 8月21日(京成鉄橋上流)
鈴木の同点弾に武藤の決勝打!下町Tempestが白熱シーソーゲームを制す!!
【試合内容】
先攻下町Tempest、後攻ビッグホーンズで試合開始。1回表、下町Tempestは先頭の市川がホームランを放ち1点先制。しかしその裏、2番大園のホームランと5番佐藤のタイムリーヒットで2点入れ、ビッグホーンズが逆転する。追う下町Tempestは3回表にエラーで1点を返すと、4回表にはホームランで1点追加し3対2と勝ち越す。しかし、先発武藤が相手の打線に捕まり、4回裏と5回裏に連打で1点ずつ入れビッグホーンズが逆転する。最終回の表、下町Tempestは先頭鈴木がホームランを放ち同点とすると、8番9番が四球とエラーで出塁し1.2塁に。1番市川の送りバントが失敗となり2番望月のレフトフライで2アウトとなるも、3番武藤が右中間へのタイムリー三塁打を放ち逆転に成功する。その裏、ビッグホーンズはランナー2人出すも最後はダブルプレーでゲームセット。6対4で下町Tempestの勝利。
【相手チームへ一言】
(下町Tempest)
(ビッグホーンズ)
対戦ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願い致します。
グランド、審判の手配ありがとうございました。色々、ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。また機会がございましたらよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
松竹梅 2 1 Tommys baseballclub 8月21日(大宮健保)
大野が2戦連続完投勝利!松竹梅がまたしても1部チームに競り勝ち2回戦突破!!
【試合内容】
1回の裏、押し出しでTommysが1点を先制する。2回の表エラーの間に松竹梅が逆転。その後は両者点が入らず迎えた最終回Tommysの攻撃、1死1.2塁とサヨナラのチャンスを作るもショートゴロでダブルプレーとなり2対1で松竹梅の勝利。松竹梅先発の大野はTommys打線を2安打に抑えて完投勝利。
【相手チームへ一言】
(松竹梅)
(Tommys baseballclub)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
この度は対戦ありがとうございました。グランドの手配ありがとうございました。また機会がありましたら対戦よろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Mr.cherryboys 4 4 HIGH RISE 8月21日(世田谷公園)
互角の好勝負はジャンケン決着に!初参戦HIGH RISEが白星デビュー飾る!!
【試合内容】
初回エラーや四死球などでMr.cherryboysが2点を先制する。2回にHIGH RISEがヒットなどで繋ぎ、鈴木のタイムリーで1点を返すと、3回にもチャンスを作り、斎藤のタイムリーで同点に追いつく。そして4回には相手のミスなどもありチャンスを作り、パスボールや中島(康)のタイムリーで2点を勝ち越し。その後Mr.cherryboysが四死球やエラー、ヒットなどで同点に追いつくも。裏のHIGH RISEの攻撃途中にグラウンド終了時刻になり、一つ前の回の同点の結果で終了。規定により、じゃんけんでHIGH RISE勝利。
【相手チームへ一言】
(Mr.cherryboys)
(HIGH RISE)
 
ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
TOKYO NAVYSEALS 5 0 相模原ウインズ 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、相模原ウインズの不戦敗。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
相模KOT'S 1 0 ふじわ野球部 8月14日(横山公園)
荒井がサヨナラ打!相模KOT'Sがサドンデスにまで縺れた白熱投手戦制す!!
【試合内容】
相模KOT'S泉投手、ふじわ野球部戸田(竜)投手が先発。お互いチャンスを作るものの両投手の好投で6回終わって0-0。時間の関係で7回からサドンデスへ。先攻のふじわ野球部は無得点。後攻の相模KOT'Sは二死となるも、最後は4番荒井がレフト前ヒットを放ち、0-1で相模KOT'Sのサヨナラ勝ち。
【相手チームへ一言】
(相模KOT'S)
(ふじわ野球部)
ふじわ野球部の皆様、遠征ありがとうございました。どちらに転んでもおかしくない展開で、とても良い試合ができました。また機会がありましたら、よろしくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
NAYON 7 2 湾岸ベースボーイズ 8月14日(江戸川病院前)
大部の決勝弾に堀江のダメ押し打!注目の新星NAYONが湾岸下し3回戦進出!!
【試合内容】
先攻NAYON、後攻湾岸ベースボーイズで試合開始。2回裏、湾岸は4番渡邊、5番松岡の連続ヒットで0アウト1.2塁のチャンスを作るが、後続倒れ無得点。3回表、NAYONは2アウト3塁のチャンスで1番石塚のライト前ヒットで1点先制。その後2アウト1.2塁とチャンスを広げ、3番大部の3ランホームランで追加点をあげる。3回裏、湾岸は8番藤野のソロホームランや押し出し死球などで2点返す。4回表、NAYONは9番堀江の2点タイムリーヒットで2点追加。4回裏、湾岸は1アウトから8番藤野の左中間3ベースヒットでチャンスを作るが無得点。時間の関係で最終回となった5回表、NAYONは湾岸の守備のミスで1得点。5回裏、湾岸は無得点となり、7-2でNAYONの勝利。
【相手チームへ一言】
(NAYON)
(湾岸ベースボーイズ)
急遽グラウンドの手配、審判様のご用意までしていただきありがとうございました。また機会がございましたら、対戦よろしくお願い致します。
対戦ありがとうございました!
またよろしくお願いいたします!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BEEEAMS 7 3 アソブ 8月14日(大宮健保)
新星対決はBEEEAMSに軍配!中盤反撃受けるも2HRで突き放し初戦突破!!
【試合内容】
初回、BEEEAMSはヒットとホームランで4点を先制。3回アソブにフォアボールとヒットで3点を取られるが、2本のホームランで2点を取り返す。その後も1点を追加し、BEEEAMSが7対3で勝利した。
【相手チームへ一言】
(BEEEAMS)
(アソブ)
対戦いただき、ありがとうございました。また再度別の形で試合ができればと思います。よろしくお願いいたします。
初参加のため分からないことが多くグランド、審判の手配ありがとうございました。またオープン戦などで対戦して頂けるとありがたいです。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PEACE(毛呂山町) 9 7 HUGE 8月14日(越生運動公園)
PEACEが新星同士の乱打戦を制す!春夏の雪辱晴らしVictoria初勝利飾る!!
【試合内容】
報告待ち
【相手チームへ一言】
(PEACE)
(HUGE)
対戦ありがとうございました。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
SAMURAI.BOYS.NEO 5 0 吉岡クラブ三代目 不戦試合
<試合内容>
グランド確保チームの過失により対戦が実現せず、吉岡クラブ三代目の不戦敗。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
関電工野球部 4 5 清水建設野球部 8月7日(大宮健保)
田村・杉山の継投リレー!清水建設野球部が注目の企業対決制し初戦突破!!
【試合内容】
先攻:清水建設野球部、後攻:関電工野球部で試合開始。1回裏関電工:1点を先制。2回表清水建設:2点本塁打で逆転。3回裏関電工:死球・長短打を絡め3点で逆転。4回表四死球・失策・安打を絡め、3点で再逆転。以降、両チーム無得点で6回時間切れゲームセット。清水建設野球部が5-4で勝利した。双方の好投手を中心に、締まった好ゲームとなった。
(取材写真はこちら&試合動画はこちら
【相手チームへ一言】
(関電工野球部)
(清水建設野球部)
清水建設野球部さま、投手力、攻撃力共に力負けしました。このような試合が出来て勉強になりました。ご縁をいただきましたので今後も対戦よろしくお願いします。貴チームのご健勝を祈念しております。
関電工野球部様、この度は日程調整・手配関係までご対応いただき、誠にありがとうございました。ぜひこのご縁を大切にしたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
吉岡クラブ 4 5 松竹梅 8月7日(大宮健保)
大野が粘りの完投勝利!松竹梅が強豪吉岡クラブから金星挙げ2回戦進出!!
【試合内容】
先攻吉岡クラブ、後攻松竹梅で試合開始。3回の裏に4番加藤の内野安打で松竹梅が先制。4回には2番村上、3番堀越の連続タイムリーで4点を追加する。5-0リードで迎えた最終回、吉岡クラブは5番の2点タイムリーヒットなどで1点差まで追い上げるも先発大野が踏ん張り完投勝利。5-4で松竹梅が1回戦を突破した。
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(松竹梅)
 
吉岡クラブ様、対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ジョルターヘッズ 3 1 フロンティア 8月7日(大宮健保)
小関(龍)のダメ押し打に太田が完投勝利!ジョルターが5年連続初戦突破!!
【試合内容】
フロンティア近藤、ジョルターヘッズ太田両投手の先発。2回、ジョルターヘッズは鈴木の二塁打でチャンスを掴むと飯村の内野安打で先制する。さらにダブルスチールで追加点を挙げこの回2点。追うフロンティアは4回、ヒットの小川を三塁に置き、船津屋がタイムリーを放ち1点還す。5回、ジョルターヘッズは藤松のヒットなどでチャンスを作ると小関(龍)がタイムリー二塁打を放ち1点を追加。追うフロンティアは6回、7回とランナーを出すも、最後は太田が踏ん張り、3-1でジョルターヘッズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ジョルターヘッズ)
(フロンティア)
フロンティア様、ご対戦ありがとうございました。
今後、オープン戦などよろしくお願いいたします。
球場、審判の手配等ありがとうございました。攻守共に隙がなく、とても勉強になりました。またぜひ宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
佐川グローバルロジスティクス 5 4 ADDAXS 8月7日(大宮健保)
細川の決勝弾に奥谷が粘投!佐川がADDAXS怒涛の反撃凌ぎ1回戦を突破!!
【試合内容】
佐川グローバルロジスティクス先攻、ADDAXS後攻の一戦。試合は初回から動く。1回表佐川は2番徳島(誠)が出塁するとすかさず盗塁を決める。続く3番細川、4番伊藤、5番徳島(靖)の3連打で2点を先制する。2回表には7番森の3塁打でチャンスを作ると、9番木村の内野ゴロで1点を追加。3回表には2番徳島(誠)の内野安打でランナーを出すと、3番細川のランニング本塁打でさらに2点追加する。5点を追うADDAXSは3回裏、2番辻、3番後藤の安打でランナーを出すと4番矢部の内野ゴロで1点を奪う。4回裏には佐川のエラーも絡みランナーを溜めると、佐川のタイムリーエラーと2番辻のライト前ヒットで3点を取り返し1点差につめる。しかし佐川の奥谷も意地を見せ、5回、6回を3者凡退に抑えゲームセット。佐川が勝利を収めた。
【相手チームへ一言】
(佐川グローバルロジスティクス)
(ADDAXS)
 
グランド・審判 等々、手配有難うございました。
機会が有りましたら、宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PEACE(ふじみ野市) 10 5 麦原アトムズ 8月7日(大宮健保)
平田のHR含む10得点に篠原が完投!PEACEが逆転でVictoria初白星掴む!!
【試合内容】
PEACEは初回2アウトから佐藤、沢田、青木の3連打で1点を先制する。その裏PEACEはヒットとエラーですぐさま逆転を許し、2回にと2点と3点差をつけられる。3回PEACEは1.2.3.4番の4連打で3点をもぎ取り同点とする。その後もPEACEは2番平田の本塁打を含む7本のヒットで6得点と大暴れ。投げては篠原が落ち着いたピッチングで7回5失点に抑え Victoriaオータムカップ初戦に白星を飾った。
【相手チームへ一言】
(PEACE)
(麦原アトムズ)
野球へ取り組む姿勢、ベンチワーク等大変勉強させていただきました。また1番から9番まで鋭いスイングで非常に怖い打線だと感じました。この度は、対戦誠にありがとうございました。
対戦ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
東京ドナルドダック 1 3 KGLADS 8月7日(城北中央公園)
海部の決勝弾に島田・磯飛の投手リレー!KGLADSが強豪下し1回戦を突破!!
【試合内容】
先攻KGLADS、後攻ドナルドダックで始まる。KGLADSは2回表に五木田の二塁打、大矢、藤井の四球で満塁のチャンスを作ると、磯飛の押し出し死球で先制する。KGLADS先発島田は、相手の強力打線にピンチを作るものの粘り強い投球で4回まで0に抑える。5回表、磯飛が内野安打で出塁すると、海部の2ランホームランで3-0とする。その裏、ドナルドダックは3番のタイムリーで1点返すも、2死から登板した磯飛がしっかり三振にとり、3-1でKGLADSが勝利した。
【相手チームへ一言】
(東京ドナルドダック)
(KGLADS)
対戦ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。
本日は対戦ありがとうございました。グラウンド、審判手配までありがとうございます。引き続きよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
SCRATCH 1 6 bets 8月7日(調布市民球場)
betsが1回戦突破!投打噛み合いサマーカップの雪辱へ向け好スタート切る!!
【試合内容】
初回ベッツが2連打により先制する。しかし次の回にスクラッチも1点を返す。2回以降ベッツの打線が奮起し、点数を重ね勝利を納めた。
【相手チームへ一言】
(SCRATCH)
(bets)
遠征及び日程調整等ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
対戦ありがとうございました。
また機会が有ればよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
SeaLand 5 0 FREE STYLE 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、FREE STYLEの不戦敗。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
アオイハル 1 0 萩中サンダース 8月6日(世田谷公園)
投手戦は新星に軍配!アオイハルがVictoriaデビュー戦を完封勝利で飾る!!
【試合内容】
非常に引き締まった試合だった。紙一重の試合で、まさにどちらに転ぶかわからない投手戦の中、5回にアオイハルが運良く連打で1点をもぎ取り、投手の完封も相まって勝利した!
【相手チームへ一言】
(アオイハル)
(萩中サンダース)
日程のご調整など含め誠にありがとうございました。雰囲気の良いチーム様で、こちらも非常に勉強させていただきました。もし機会がありましたら、是非オープン戦などご一緒させてください!
ありがとうございました!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
SKILL HEARTS 4 5 KEBOZ BASEBALL CLUB 8月6日(大宮健保)
バッキンガムが劇的サヨナラ打!KEBOZがサマーの雪辱晴らし1回戦突破!!
【試合内容】
4-4の同点で迎えた最終回、KEBOZ BASEBALL CLUBは怪我から復帰したバッキンガムクリスがタイムリーヒットを放ち、サヨナラ勝ちを決めた。
【相手チームへ一言】
(SKILL HEARTS)
(KEBOZ BASEBALL CLUB)
試合日程の調整から当日の運営まで柔軟なご対応ありがとうございました。次、対戦機会がありましたら宜しくお願い致します。
日程調整からグラウンドの手配までありがとうございました。またぜひ機会が有ればオープン戦組まさせてください。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
アンドバランス 5 0 東京PERFECTS 不戦試合
<試合内容>
対戦期限までに対戦が実現せず、対戦オファー数により東京PERFECTSの不戦敗。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Hetappies 2 3 DRAGONFLY 7月31日(大宮健保)
勝負を決めた逆転3ラン!DRAGONFLYがVictoriaデビュー戦を白星で飾る!!
【試合内容】
先攻DRAGONFLY、後攻Hetappiesで試合開始。序盤は両チーム無得点が続く。Hetappiesが4回裏に1点を先制する。DRAGONFLY5回表の攻撃、四球とヒットの後、3ランホームランで3-1と逆転に成功。最終7回、Hetappiesが粘りを見せ1点を取るも、あと一打が出ず、3-2でDRAGONFLYが勝利した。
【相手チームへ一言】
(Hetappies)
(DRAGONFLY)
暑い中、対戦ありがとうございました。楽しく試合をさせていただき、よかったです。ぜひ次のトーナメントも頑張ってください。
初めてのVictoriaに参加でわからないことが多々ありましたが優しく丁寧に教えていただきありがとうございました!学びが多くあり、楽しく対戦できました!また機会がありましたら、よろしくお願いします!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
THK株式会社 13 4 クルッシャーズ 7月31日(三郷サンスポ)
中武のHR含む13得点の猛攻!THK株式会社が注目の新星下し1回戦を突破!!
【試合内容】
THK株式会社先攻、クルッシャーズ後攻で試合開始。THK先発の浅谷は特大の本塁打を浴びるも、打線が先発全員安打で13得点。特に5番中武は四球を含む4打数3安打2ランホームランでチームの勝利に貢献した。
【相手チームへ一言】
(THK株式会社)
(クルッシャーズ)
暑い中、対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BOOOOON 0 3 TOKYOMAJESTY 7月31日(大宮健保)
原田の決勝弾に高島が完封シャットアウト!TOKYOMAJESTYが初戦突破!!
【試合内容】
TOKYOMAJESTY先攻、BOOOOON後攻で始まったこの試合。まず先制したのはTOKYOMAJESTY、3回表に1番原田のランニングソロホームランで先制すると、5回表には5番横田川のタイムリーツーベースヒット、6番山田の連続タイムリーツーベースヒットで3-0とする。投げてはエース高島が安定したピッチングでBOOOOON打線を抑え完封。3-0でTOKYOMAJESTYが勝利した。
【相手チームへ一言】
(BOOOOON)
(TOKYOMAJESTY)
TOKYOMAJESTYの皆様対戦ありがとうございました。完敗でした。また次の対戦の時もよろしくお願いします
グランド、審判等の調整ありがとうございました!
またオープン戦等でよろしくお願い致します!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Tokyo Volk 3 4 前野MANYMETS 7月31日(ポニーランド前)
前野MANYMETSが逆転勝利!序盤の劣勢跳ね除け2回戦進出を果たす!!
【試合内容】
前野MANYMETSは序盤に失点し、なかなか点が奪えない中、最終回にヒットなどで逆転に成功した。攻撃が短く、守備が長いという1番流れがよくない試合展開だったが勝てたのは大きかった。前野MANYMETSが4-3で勝利。
【相手チームへ一言】
(Tokyo Volk)
(前野MANYMETS)
 
Tokyo Volk様、対戦ありがとうございました。グランドの手配、審判の手配ありがとうございました。最後バタバタになり申し訳ございません。また対戦機会ありましたらよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BOYCOTT 5 0 ジャガーズ 不戦試合
【試合内容】
対戦前に行ったダブルヘッダー初戦の試合で熱中症疑いのメンバーが複数出たことにより選手が9名揃わず、ジャガーズの不戦敗となった。
【相手チームへ一言】
(BOYCOTT)
(ジャガーズ)
この度は試合が出来ず残念ではございますが、熱中症の疑いの方々がご無事であれば幸いな限りでございます。どこかの機会で練習試合でもできればと思います。今後ともよろしくお願いいたします。
この度は御迷惑をおけかしてしまい本当に申し訳ございませんでした。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
砂町ドンフェイス 1 0 GOLGO BASEBALL CLUB 7月24日(江戸川病院前)
中田・松本の完封リレー!砂町ドンフェイスがオータム開幕戦で大金星!!
【試合内容】
先攻ドンフェイス、後攻GOLGOで試合開始。試合が動いたのは2回表、5番梅木の左中間を破るスリーベースヒットでチャンスを迎えると1アウト後、7番加藤(助っ人)がレフト前タイムリーを放ちドンフェイスが先制。ドンフェイス先発中田は4イニング無失点。リリーフ松本が2イニング無失点。両投手とも毎回ランナーを背負うなか要所でバックに助けられ完封リレー。6イニング1対0でドンフェイスが勝利した。
【相手チームへ一言】
(砂町ドンフェイス)
(GOLGO BASEBALL CLUB)
GOLGO BASEBAL CLUB様、対戦ありがとうございました。今後とも宜しくお願いします。
グラウンド・審判の手配ありがとうございました。
また機会があれば宜しくお願いします。