TOP > オータムカップ2020 > トーナメント表
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
CHUYANS+ 2 4 湾岸ベースボーイズ 1月9日(明治神宮野球場)
野入がチームを救う4回無失点の好投!湾岸が若武者下し史上2チーム目の連覇達成!!
【試合内容】
詳しくは近日公開の取材記事へ
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(湾岸ベースボーイズ)
 
対戦ありがとうございました!
今年も一緒に品川区を盛り上げましょう!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 0 1 湾岸ベースボーイズ 11月29日(大宮健保)
王者・湾岸ベースボーイズがPIECEの3大会決勝進出を阻止しオータム連覇に王手!!
【試合内容】
先攻PIECEは桑原(以)、後攻湾岸ベースボーイズは藤原の先発で試合開始。PIECEは2回、4回、5回と得点圏にランナーを進めるも無得点。湾岸は4回まで1人もランナーを出すことが出来なかったが、5回裏に2アウトから6番梶が四球で出塁し、すかさず盗塁を決めてこの試合初めてのチャンスを作ると、迎えた7番大林(穂)がライト前にタイムリーヒットを放ち先制する。追い付きたいPIECEは6回、7回とランナーを出すも無得点となり試合終了。湾岸は藤原がノーヒットノーランを達成し、決勝に駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(湾岸ベースボーイズ)
対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。
対戦ありがとうございました!
また今後とも宜しくお願い致します!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
CHUYANS+ 12 2 東京ドナルドダック 11月15日(天王洲公園)
CHUYANS+が下剋上!見事コールド勝ち収め、2年ぶりのオータムカップ決勝進出!!
【試合内容】
CHUYANS+先攻、東京ドナルドダック後攻で試合開始。初回、CHUYANS+は先頭岡村(雄)が2塁打で出塁すると、桑田のタイムリーで先制、更に汐田・佐伯のタイムリーでこの回4点をあげる。CHUYANS+は3回に飯渕・大町のタイムリー、4回にバッテリーミス等で4点ずつを加える。対する東京ドナルドダックは3回に菅野のHRで1点を返すと、4回も内野ゴロの間に1点を返し粘りを見せる。しかし最後はCHUYANS+植田が抑え、4回終了時で10点差が付いたため、12-2でCHUYANS+が勝利し2年ぶりの神宮進出を決めた。 (取材写真はこちら
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(東京ドナルドダック)
東京ドナルドダックの皆さま、対戦ありがとうございました。人数も多く、最後まで雰囲気良く刺激になりました。今後ともよろしくお願い致します。
対戦ありがとうございました。完敗です。
今後ともよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 10 0 ジャンクベースボールクラブ 11月8日(大宮健保)
PIECEが2年ぶりのオータム4強!史上初となる3大会目の決勝進出へ王手をかける!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻ジャンクベースボールクラブで試合開始。1回裏、ジャンクは1死から2番打者がヒットで出塁すると、盗塁を決め得点圏に走者を進める。しかし、続く打者のファースト後方へのフライからタッチアップで3塁を狙うも、PIECE斉藤の好返球で3塁タッチアウトとなりジャンクは先制のチャンスを逃す。2回表、PIECEは先頭の4番高野が四球で出塁すると送りバントで2塁に進め、続く打者が倒れるも7番桑原(以)が左中間への2塁打を放ちPIECEが先制する。4回表、PIECEは先頭の坂東が右中間への2塁打で出塁すると、続く打者が四球を選び無死1.2塁から送りバントで2.3塁に進め、ここまで好投の青野を支える女房役櫻井がセンターへの2点タイムリーで更に点差を広げ、この回4点を奪う。5回表にもPIECEは白石の犠牲飛に井上、桑原(南)のタイムリーなどで5点を追加する。PIECE先発の青野も低めを丁寧につく投球でジャンク打線を抑え、5回裏終了時10-0となりPIECEが勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(ジャンクベースボールクラブ)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
柴様、PIECEの皆様、初対戦ありがとうございました。すごく雰囲気のいいチームで圧倒されてしまいました。次回対戦させていただく際は、もう少し力の差を埋められるように成長していければと思います。是非、今後ともよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
湾岸ベースボーイズ 2 1 T-Five 11月1日(天王洲公園)
藤原が圧巻の10奪三振完投!王者湾岸ベースボーイズが逆転勝利を果たし4強入り!!
【試合内容】
湾岸ベースボーイズ先攻、T-Five後攻で試合開始。1回表、湾岸は2アウトから3番増田、4番宮島の連打でチャンスを作るも無得点。1回裏、T-Fiveは1番黒木がヒットで出塁し、2番小宮が送り1アウト2塁とすると、3番佐藤のファーストゴロで送球ミスがあり2塁ランナーがホームイン、T-Fiveが1点先制する。4回表、湾岸は先頭の3番増田が左中間2ベースで出塁し、4番宮島のライトゴロで1アウト3塁と同点のチャンスを作ると、代打で出場した内田がフィルダースチョイスで出塁し、迎えた6番大林(日)の内野ゴロで3塁ランナーが還り同点に追いつく。5回表、2番牧が左中間3ベースで出塁し、3番増田が死球でチャンスを広げるも後続倒れ無得点。時間の関係で6回からサドンデスに突入。先攻の湾岸は、5番内田の犠牲フライで1得点。裏のT-Fiveは無得点となり試合終了。湾岸が先発藤原の6回10奪三振被安打1の好投で勝利した。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(T-Five)
対戦ありがとうございました!
また今後も宜しくお願い致します!
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BIGFACE 0 1 東京ドナルドダック 11月1日(東実健保)
伊藤の決勝打に美濃・浜部の完封リレー!ドナルドが夏の雪辱晴らし初の秋4強へ!!
【試合内容】
先攻ドナルドダックは美濃、後攻BIGFACEは高木の先発で始まる。ゲームは序盤中盤とお互いランナーを出すも無得点で進む。最終回ドナルドダックの攻撃、この回から変わった中川からツーアウト3塁のチャンスを作ると、伊藤の内野安打で待望の1点を先制する。その裏、6回から変わった浜部が3人で抑えて、1対0でドナルドダックの勝利。
【相手チームへ一言】
(BIGFACE)
(東京ドナルドダック)
二週連続の対戦ありがとうございました!
またよろしくお願い致します!
2週連続の対戦、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
CHUYANS+ 5 1 Hustler 11月1日(大井ふ頭)
CHUYANS+が2年ぶりの4強!終盤一挙5点を奪いリベンジの舞台まであと1勝!!
【試合内容】
Hustler先攻、CHUYANS+後攻で試合開始。初回両チームチャンスを作るが、無得点に終わると、その後はHustler丹波、CHUYANS+植田が好投し膠着状態に。試合が動いたのは6回、CHUYANS+は2死から桑田・泉の連打でチャンスを作ると、汐田の高く弾む内野安打で先制。なおも2.3塁のチャンスで続く大澤のタイムリーで2点を追加。ここでHustlerは継投するも流れを止められず、佐伯のフェンスオーバー2HRで5点を先制する。7回、Hustlerも連打でチャンスを作り、石原のタイムリーで1点を返す。しかし、後続が倒れ5-1でCHUYANS+が勝利し準決勝進出を決めた。
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(Hustler)
Hustlerの皆様、対戦及び各種ご調整ありがとうございました。非常に締まった展開となり、楽しく試合ができました。今後ともよろしくお願い致します。
CHUYANS+様、球場、審判の手配等ありがとうございました。粘り強さ含めて勉強させていただきました。ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ジャンクベースボールクラブ 4 3 東光野球部B 10月25日(大宮健保)
最終回に劇的ドラマ!4番島が逆転サヨナラ打を放ちジャンクが2年連続の8強へ!!
【試合内容】
先攻:東光野球部B、後攻:ジャンクベースボールクラブでプレイボール。試合は、東光野球部のペースで進み、5回終了時点3-1で東光野球部がリード。最終回となった6回、ジャンクベースボールクラブの攻撃。先頭バッターの7番佐藤がこの日、2本目のヒットで出塁。続く8番菅野がレフトオーバーのツーベースヒットで1点を返す。無死2塁で9番斉藤の打球は三遊間へ転がりショートが追いつくが内野安打となる。ここで本日3打数3安打猛打賞の1番久保に打順が回るが四球で、さらに無死満塁とジャンクのチャンスが続く。2番高橋はサードゴロとなり3塁ランナーの菅野がホームフォースプレイで1アウト。なお満塁のチャンスで4番の島。ツーストライクと追い込まれたが一振りで試合を決める。打った打球はレフトの頭上を越えるサヨナラ打。結果4-3でジャンクベースボールクラブの勝利。 (取材写真はこちら
【相手チームへ一言】
(ジャンクベースボールクラブ)
(東光野球部B)
東光野球部の皆様、日程のご調整および対戦ありがとうございました。
ジャンクベースボールクラブ様、対戦有難う御座いました。優勝目指して頑張って下さい。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 7 1 佐川グローバルロジスティクス 10月18日(大宮健保)
スプリング決勝の前哨戦!PIECEが王者に輝いた2018年以来2年ぶりの8強入り!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻佐川グローバルロジスティクスの試合。佐川の先発は奥谷。初回PIECEは2番桑原(南)がレフト前ヒットを放ちチャンスを作るも、後続が倒れ無得点で攻撃を終える。PIECEの先発は青野。1回裏、佐川は2番須永がライト前ヒットで塁に出ると、2死から4番一林、5番栗原の連続四球で2死満塁とするも6番奥谷が内野ゴロでに倒れ先制ならず。試合が動いたのは2回裏、佐川は先頭バッターの7番森がセンター前ヒットで塁に出ると、続く8番鈴木の四球で1,2塁、その後3塁までランナーが進むと、1番伊藤の内野ゴロで1点を先制する。PIECEは4回、奥谷の好投に抑えられていたが、1死から3番坂東の3塁打でチャンスを作ると、5番斉藤のレフト前タイムリーで同点とし、さらに6番櫻井のヒットもあり1死満塁とする。佐川も踏ん張り2死までいくも、8番白石に押出し四球を与えPIECEが逆転する。続く5回には1番茂木の2塁打と連続四死球で満塁とすると4番高野が押し出し四球を選び、ここで佐川は鈴木に投手交代。三振で1死とするが、6番桜井の当てた打球はレフト前のポテンヒットとなり2点を追加。さらに満塁から9番青野の内野安打の間に2塁走者も生還し2点を追加し、この回5得点で差を広げる。佐川は4回、6回にランナーを出し、チャンスを作るも後続が倒れ得点とならず。PIECEが7-1で勝利を収めた。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(佐川グローバルロジスティクス)
対戦ありがとうございました。
次回の対戦も楽しみにしています!!
柴さん、PIECEの皆様、本日はありがとうございました。野球熱が高い選手が多くすごくいいチームだと感じました。今後ともよろしくお願いします。神宮でまた宜しくお願いします!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
CHUYANS+ 8 2 La.Men 10月18日(天王洲公園)
岡村(雄)の逆転打に植田が完投!2部対決を制したCHUYANS+が2年ぶりの8強!!
【試合内容】
CHUYANS+先攻、La.Men後攻で試合開始。2回裏、先頭實石がセンターオーバーで出塁すると、7番祖山のライト線2ベースヒットでLa.Menが先制する。続く3回、CHUYANS+は岡村(雄)の2点タイムリーで逆転に成功すると、その後打線が繋がりこの回5点を奪う。反撃したいLa.menだが5回に遠藤の特大HRで1点を返すも、6回にCHUYANS+は桑田・泉のタイムリーで3点を追加。先発植田は強打のLa.men打線にヒットは打たれながらも要所を締め、8-2でCHUYANS+が勝利した。
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(La.Men)
La.menの皆様、対戦ありがとうございました。緊張感のある楽しい試合が出来ました。今後とも宜しくお願い致します。
チームの皆様。対戦ありがとうございます。無様な試合で申し訳ありません。また、よろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
湾岸ベースボーイズ 2 0 Tommys baseballclub 10月11日(私学事業団)
藤原が完封シャットアウト!王者湾岸ベースボーイズが3年連続のベスト8進出!!
【試合内容】
Tommys baseballclub先攻、湾岸ベースボーイズ後攻で試合開始。1回裏、湾岸は3番増田の左中間2ベースでチャンスを作るも無得点。さらに2回、3回、5回とスコアリングポジションにランナーを進めるも無得点。対するTommys baseballclubも4回、6回とチャンスを作るも無得点。試合が動いたのは6回裏、湾岸は1アウト3塁のチャンスを作り、2番牧のセンター前ヒットで1点先制。さらに4番宮島のセンター前ヒットで1点追加し2点リードする。7回表、Tommys baseballclubはチャンスを作るも無得点。先発の藤原は7回7奪三振被安打1の好投で湾岸が勝利を収めた。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(Tommys baseballclub)
対戦ありがとうございました!
また宜しくお願い致します!
湾岸ベースボーイズの皆様、この度は対戦ありがとうございました。また対戦出来ることを楽しみにしています。今後とも宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
SAMURAI.BOYS 0 10 T-Five 10月11日(工業団地公園)
酒寄・田中の完封リレー!T-Fiveが菅野の特大弾等で10点を奪い初の8強入り!!
【試合内容】
先攻サムライボーイズ並木投手、後攻T-FIVE酒寄投手の先発でゲームスタート。T-FIVEは初回から得点を重ね、3回には菅野選手の特大ホームランで大きく点差をつける。4回には打者1順の猛攻で4点を奪い9-0とし、並木投手を攻略する。SAMURAI.BOYSは6回にヒットを打つが後続が続かず0点。T-Fiveは6回に1点を取り10対0で試合終了。投げては酒寄投手から田中投手の1安打リレーでT-FIVEの完封勝利。
【相手チームへ一言】
(SAMURAI.BOYS)
(T-Five)
T-FIVEの皆様、小宮様、遠征、日程調整本当にありがとうございました。とても勉強になった1試合でした。今後ともオープン戦等よろしくお願いいたします。
グランド調整頂きありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
NITORO 3 4 東京ドナルドダック 10月11日(松戸運動公園)
ドナルドダックが初の8強入り!NITOROは強豪追い詰めるも僅かに及ばず!!
【試合内容】
先攻NITOROは川上、後攻ドナルドダックは根岸の先発で始まる。1回裏にドナルドダックは振り逃げで出た菅野が3塁まで進と、パスボールで1点を先制。2回表、NITOROは森のタイムリーと重盗で2点を取り逆転する。3回裏、ドナルドダックは小川と下地のタイムリー、さらに井上の内野安打で3点を入れ逆転に成功。4回表、NITOROはこの回から変わった美濃からチャンスを作るも無得点になる。5回表にもこの回から変わった浜部から滝沢のタイムリーで1点差とし、ノーアウト1、2塁のチャンスを作るも、浜部が後続を何とか抑えて、ドナルドダックの勝利。
【相手チームへ一言】
(NITORO)
(東京ドナルドダック)
対戦ありがとうございます。チームにとって素晴らしい経験になりました。今度ともよろしくお願いいたします。
滝沢さん、対戦ありがとうございました。グランド、審判手配などもありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Hustler 6 4 青霧 10月4日(湖北台中央)
石原の先制弾に井上のダメ押し弾!Hustlerが2年連続のオータム8強入り!!
【試合内容】
先攻Hustler、後攻青霧で試合開始。序盤は両投手の投げ合いで0行進。試合が動いたのは4回表、Hustlerは5番石原が弾丸ライナーで左越本塁打を放ち、1点先制。その後、6回裏に1点返され、1-1のまま7回を終える。特別ルールでの8回は両チーム無得点。9回表、2番成嶋の内野ゴロの間に1点を追加、続く3番中川がレフトフェンス直撃のタイムリー、4番井上は打った瞬間に確信の左越本塁打で、この回に計5点を奪う。9回裏に守備のミス等から3失点するも、最終的に6-4でHustlerが勝利。
【相手チームへ一言】
(Hustler)
(青霧)
青霧チームの皆様、本日は遠征いただきありがとうございました。また機会がございましたら宜しくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BIGFACE 4 0 萩中サンダース 10月4日(東実健保)
初回集中打で先制パンチ!BIGFACEが萩中を完封で下し初のオータム8強へ!!
【試合内容】
先攻BIGFACEは初回、高木の三塁打から林のタイムリーヒットで先制。その後満塁のチャンスを作ると板垣の2点タイムリーヒット、佃のタイムリー内野安打も出て初回に6安打を集め4点を先制。萩中サンダースは2回裏に四死球とヒットで一死満塁のチャンスを作るも二併殺で得点ならず。その後両チーム得点出来ず、そのまま4対0でBIGFACEの勝利。
【相手チームへ一言】
(BIGFACE)
(萩中サンダース)
日程調整ありがとうございました!
またよろしくお願い致します!
日程、グランド調整含めありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
CHUYANS+ 4 0 スタイガー 10月4日(八潮北公園)
16強最後の椅子はCHUYANS+!完封勝利で準V以来2年ぶりのBest16!!
【試合内容】
CHUYANS+先攻、スタイガー後攻で試合開始。1回表、CHUYANS+が内藤・桑田のタイムリーで2点先取。その後試合は動かず、スタイガーもチャンスを作るが得点できない。すると、CHUYANS+は4回原田のスクイズで1点、6回にも大澤のHRで1点を加え、そのまま逃げ切り勝利。投げては先発植田が強打のスタイガー打線を気迫で封じ、被安打2の完封。4-0でCHUYANS+が勝利し、サマーカップのリベンジを果たした。
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(スタイガー)
小西様、スタイガーの皆様、対戦ありがとうございました。毎回楽しい試合をさせていただき大変感謝しております。今後ともよろしくお願い致します。
中溝様、選手の皆さんこの度はありがとうございました。また、対戦する機会があると思いますのでよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
相模KOT'S 1 4 ジャンクベースボールクラブ 9月20日(滝ヶ原運動場)
吉藤の好投に久保の決勝打!ジャンクBCが2年連続のベスト16進出!!
【試合内容】
相模KOT'S上田投手、ジャンクベースボールクラブ吉藤投手で試合開始。相模KOT'Sは2回裏に阿部のセンター前から叩きで塁を進め、上田のレフト前ヒットで先制。ジャンクベースボールも4回に犠飛で同点とする。ジャンクベースボールは6回に相模KOT'S泉投手から満塁のチャンスを作ると、久保がレフト前へ落とし2点。最終回にも犠飛で1点を取り、4-1でジャンクベースボールクラブの勝利。
【相手チームへ一言】
(相模KOT'S)
(ジャンクベースボールクラブ)
ジャンクベースボールクラブの皆さま、渋滞の中遠征頂きありがとうございました。今後もオープン戦などよろしくお願いします。
吉田様、グラウンド及び審判のご手配ありがとうございました。相模KOT'Sの皆さま、対戦ありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
青霧 2 0 漁火 9月20日(猿江恩賜公園)
田村が2安打完封!青霧が投手戦を制し初のオータムベスト16進出!!
【試合内容】
先攻・青霧、後攻・漁火で試合開始。青霧は、初回、二回とも走者を出すも、漁火先発の大槻が何とか踏ん張る。青霧は3回、山藤の適時二塁打で先制。4回にも丸山、冨永、坂田の3連打で加点。一方、漁火は青霧先発の田村投手の前に打線が沈黙。そのまま試合は進み、2対0で青霧が勝利。青霧田村投手が7回を被安打の2人のランナーしか許さず二塁を踏ませない無四球完封の好投を見せ勝利。
【相手チームへ一言】
(青霧)
(漁火)
対戦ありがとうございました。
また機会がございましたらよろしくお願いいたします。
青霧様、この度は対戦、並びにグラウンド・審判の手配、ありがとうございました。次戦も頑張ってください。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Tropicana 4 5 SAMURAI.BOYS 9月20日(天王洲公園)
斉藤がサヨナラ打!サムボが劇的勝利で2年ぶりのオータム16強入り!!
【試合内容】
Tropicanaは2回表に四球で出したランナーを進め、6番千葉のピッチャー強襲ヒットで先制。1点を追うサムライは小松のタイムリーで同点に追いつくと、荒木のスクイズで逆転に成功。追いつきたいTropicanaは4番鷲谷がヒットで出塁すると再び6番千葉のタイムリーですぐに同点に追いつく。同点のままサドンデスに入り、先攻のTropicanaは相手バッテリーのミスで2点を取り4-2と勝ち越しに成功。しかしサムライはその裏、Tropicanaバッテリーミスにより同点に追いつくと斉藤がレフトへサヨナラ安打を放ち、5対4で逆転サヨナラ勝利。
【相手チームへ一言】
(Tropicana)
(SAMURAI.BOYS)
旭さん、チームの皆様対戦ありがとうございました!
次戦頑張ってください!!
トロピカーナの皆さん、松下様、グランド、審判さんの手配ありがとうございます。とても緊張感のある試合で楽しかったです。また是非お願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
東京ドナルドダック 2 1 Nomad.Yankees 9月20日(天王洲公園)
美濃・根岸の投手リレー!東京ドナルドダックがは初の秋ベスト16進出!!
【試合内容】
先攻NomadYankeesの先発は久保、後攻ドナルドダックは美濃の先発で始まる。1回裏ドナルドダックは先頭の菅野がツーベースヒットで出塁し、児島のタイムリーで1点を先制。2回裏にもツーアウト3塁から小野寺のタイムリーで追加点。3回表にNomadYankeesは下牧のタイムリーで1点を返す。5回からドナルドダックは先発の美濃から根岸に交代。変わった根岸はランナーを出すも2イニングを抑えて、2対1でドナルドダックの勝利。
【相手チームへ一言】
(東京ドナルドダック)
(Nomad.Yankees)
日程調整などありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
佐川グローバルロジスティクス 8 1 全力ルパン 9月20日(天王洲公園)
佐川が16強進出!一林の決勝打に鈴木・奥谷の投手リレーでルパン打線を手玉!!
【試合内容】
先攻佐川グローバルロジスティクス、後攻全力ルパンで試合開始。1回表佐川は全力ルパン先発塚越を攻め、2番須永、4番栗原が四球で出塁すると、5番一林が強烈な打球で左中間を破る3塁打で2点を先制する。佐川の先発は今季初先発となる鈴木がマウンドに上がる。鈴木は1回裏を三者凡退で上々の立ち上がりを見せる。2回表、佐川はエラー、四球、レフト前で満塁とし2番須永の押し出し四球で1点を追加する。2回裏、鈴木は1アウトから2四球を与えるも、自ら二者三振に抑え要所を締める。鈴木は3回までノーヒットピッチングを見せ、奥谷へスイッチする。5回表、佐川は一林の本日2本目の3塁打でチャンスを作ると、6番森の内野ゴロでホームを狙うがタッチアウト。その後、奥谷が四球で出塁し、ランナー1.2塁の場面で8番鈴木がライト線に2点タイムリー2塁打で追加点を奪う。6回裏、全力ルパンは9番宮田の左中間を破る2塁打でランナーを出すと、内野ゴロの間に3塁まで進み、2アウト3塁の場面を作る。3番宍戸の打球は2塁後方に打ち上がり、ショート須永が飛びつくも届かず1点を取り返す。最終回の佐川の攻撃は、6番森がレフト前ヒットで出塁し、7番奥谷は送りバントを成功させランナー2塁、8番鈴木は四球で出塁し、ランナー1.2塁の場面で、9番細川がセンターオーバーのランニングホームランで3点を追加。最後は、鈴木が再度マウンドに上がり、2アウトから四球でランナーを背負うも、最後のバッターを内野ゴロに打ち取りゲームセット。佐川が8-1で勝利を収めた。
【相手チームへ一言】
(佐川グローバルロジスティクス)
(全力ルパン)
宍戸様、お互い人数ギリギリの状況でしたが、対戦出来て良かったです。また機会がありましたらオープン戦含め、是非宜しくお願い致します。本日は対戦ありがとうございました!
本日は対戦ありがとうございました!次戦も頑張って下さい!またオープン戦等でも交流よろしくお願い致します!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
TABOO 1 2 NITORO 9月20日(大宮健保)
オータム初参戦のNITOROが下剋上!木内の劇的サヨナラ打でTABOOを下す!!
【試合内容】
初回から3回まで試合は動かず無得点。3回裏、NITOROは1番木内、2番柴山が塁に出てツーアウト1塁・2塁とすると、3番藤本のサードゴロがエラーを誘い1点先制。5回表、TABOOはノーアウトからスリーベースヒットでチャンスを作ると、その後レフト前ヒットで同点に追いつく。7回裏、NITOROはノーアウトから四球で出塁、その後三振、ファーストフライで2アウトになるも、1番木内のセンター前ヒットで2塁ランナーが生還しサヨナラ勝ち。
【相手チームへ一言】
(TABOO)
(NITORO)
 
グランド・審判手配ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
吉岡クラブ 3 6 La.Men 9月20日(大宮健保)
高際の猛打賞に中瀬(俊)の完投勝利!La.Menが2年連続のオータム16強へ!!
【試合内容】
先攻La.Men、後攻吉岡クラブでプレイボール。1回表、La.Menは先頭高際が3ベースヒットを放つと2番高濱の内野ゴロの間に先制する。吉岡クラブは2回裏、先頭の穂積がヒットで出ると7番小坂の2ランHRで逆転する。追いつきたいLaMenは2アウトから高際、高濱、實石の3連打で逆転に成功。突き放したいLa.Menは5回表にも2アウトから高際の3本目となるヒットを皮切りに4連打の集中攻撃で3点を追加する。その裏に1点を取られるも今季初登板した中瀬俊平が見事な投球で完投し、6対3でLa.Menが勝利した。
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(La.Men)
La.Men皆様対戦ありがとうございました!次戦も頑張ってください。今後も引き続きよろしくお願い致します。
吉岡クラブの皆様。対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 1 4 BIGFACE 9月20日(大宮健保)
宮城の先制打に板垣のダメ押し打!BIGFACEがGOLGOを破り初の16強入り!
【試合内容】
先攻GOLGO BASEBALL CLUB、後攻BIGFACEで試合開始。1回裏BIGFACEはGOLGO先発の長谷川を攻め、2番太田のスリーベースでチャンスを作り、4番宮城のタイムリーツーベースで先制。しかし2回表、GOLGOは3つの四死球で無死満塁のチャンスを作ると、本多のレフトへの犠牲フライですぐさま同点。しかし後続が倒れ1点止まり。するとBIGFACEは3回裏、2番太田からの3連打で勝ち越し。その後も5回に内山のタイムリーヒット。6回に板垣のタイムリーヒットで加点し、4対1でBIGFACEの勝利。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(BIGFACE)
久田様、GOLGO BASEBALL CLUBの皆様ありがとうございました。またよろしくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
また機会がございましたらよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
東光野球部B 9 0 Revival 9月20日(法典公園)
新星・東光野球部Bが16強入り!4番坂下の先制打にエース市川が完封勝利!!
【試合内容】
東光野球部Bは初回から連打でチャンスをつくり、4番坂下の2点タイムリーなどで3点を先制。その後も打線が爆発、3回に2点、5回に2点、6回に2点を奪い計9得点。投げてはエースの市川が4安打完封、東光野球部Bが9-0で勝利した。
【相手チームへ一言】
(東光野球部B)
(Revival)
船橋までの遠征有難う御座いました。
また今後とも宜しくお願い致します!!
山下様、選手の皆様、対戦ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
WILL BASEBALL CLUB 1 7 Tommys baseballclub 9月13日(大宮健保)
小鹿の決勝弾に藤田の完投!投打の噛み合ったTommysが2年ぶり16強!!
【試合内容】
先攻Tommys、後攻WILLBASEBALLCLUBで試合開始。1回表、TommysはWILL山重投手の前に三者凡退で終わる。1回裏、WILLは1番木田選手のツーベースでチャンスを作るも、Tommys先発藤田投手が後続を打ち取り無失点で抑える。2回3回は両チームチャンスを作るも、両投手が抑え0行進が続く。試合が動いたのは4回表、Tommysは3番早馬選手のスリーベースでチャンスを作ると4番富山選手のタイムリーで先制する。さらに1.2塁から6番小鹿選手のスリーランホームランで3点追加。さらに連打の後、2番筑本選手のタイムリーツーベースで1点追加、この回一挙5点。5回表にも4番富山のレフト前ヒットからワイルドピッチで1点追加し6-0とする。対するWILLは5回裏、9番高田選手のツーベース、1番木田選手の内野安打でチャンスを作ると、3番石西選手のセンター前タイムリーヒットで1点返す。Tommysは7回表にも8番根津選手のタイムリーヒットで1点を追加し、7-1でTommysが勝利。先発藤田投手は7回8安打7奪三振1失点で完投。
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(Tommys baseballclub)
この度はご調整頂き、対戦ありがとうございました。力強いバッティングに丁寧な守備は素晴らしく、大変刺激になりました。練習試合等、今後ともお付き合いの程宜しくお願い致します。
WILL BASEBALLCLUBの皆様、この度は対戦ありがとうございました。グランド手配ありがとうございました。今後とも宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
萩中サンダース 8 4 フューチャーズ 9月13日(六郷橋緑地)
チームの顔・相澤が4安打と大暴れ!萩中サンダースが初の秋16強入り!!
【試合内容】
初回、フューチャーズ先頭バッターのライトライナーを蛯名がグローブの土手にあてるとボールが奇跡的に真上にあがり、何とかキャッチ。3回裏、萩中は3連打で満塁のチャンスを作り、5番小磯の満塁ホームランで4点を先制する。4回表、萩中先発平澤が降板し、永松が緊急登板する。長短打で1点失うもゲッツーでピンチを防ぐと、その裏、永松の叩きと相澤のタイムリーで萩中が追加点をあげる。6回表、フューチャーズが長短打で3点を返し、おも1死2、3塁。ここでサードに痛烈ライナーが飛ぶが真正面でゲッツーとなり、ゲームは6-4で終盤へ。その裏、相澤のこの試合4本目のヒットとなるタイムリーヒットで2点を追加し、最終回を相澤がなんとか無失点で締めてゲームセット。萩中サンダースの勝利。
【相手チームへ一言】
(萩中サンダース)
(フューチャーズ)
ありがとうございました。結果は紙一重の勝負の中、大変良い雰囲気で試合を実施出来ましたこと、御礼申し上げます。
萩中サンダース様、グランド手配等して頂き、ありがとうございました。また、対戦する機会が御座いましたら宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BOOOOON 0 9 Hustler 9月13日(大宮健保)
丹波(誠)・宇津木の完封リレー!Hustlerが2年連続のオータム16強進出!!
【試合内容】
先攻Hustler、後攻BOOOOONで試合開始。Hustlerは初回1番山本が左安で出塁、盗塁でチャンスを作ると3番斉藤の中前打で先制点をあげる。3回には先頭の9番三宅隼が左安で出塁後、本塁打含む打者一巡7安打の猛攻で6点を追加して7-0とする。その後5.6回にも1点ずつ加点して9-0とすると、守っては丹波誠、宇津木の継投で時間都合で6回迄となったが1安打完封リレーで勝利。
【相手チームへ一言】
(BOOOOON)
(Hustler)
三宅様、Hustlerの皆様、対戦ありがとうございました。完敗でした。私達の分も頑張ってください。また対戦よろしくお願いします。
BOOOON 城野様 チームの皆様、本日は対戦いただきありがとうございました。球場、審判の手配も調整いただき助かりました。今後とも宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
スタイガー 5 0 WARRIORS 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、WARRIORSの不戦敗。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
湾岸ベースボーイズ 3 2 ジョルターヘッズ 9月6日(天王洲公園)
瀧瀬の好救援に齋が決勝打!前回覇者・湾岸がサドンデス制し3回戦進出!!
【試合内容】
ジョルターヘッズ大橋、湾岸ベースボーイズ藤原両投手の先発。初回先攻の湾岸はエラーでランナーを出すも無得点。その裏ジョルターは、振り逃げ2つで1アウト1.3塁のチャンスを作ると4番柴代がタイと前にタイムリーを放ち先制。さらに土田がエンドランを決めこの回2点を奪う。2回表、湾岸は1アウト後、6番齋が右中間への三塁打でチャンスを作ると、7番小沼のレフトオーバーの二塁打、8番矢野の進塁打後、9番野入のレフト前タイムリーで同点に追いつく。その後両投手とも好投を見せ3回から6回までは両者無得点。湾岸は5回から瀧瀬、ジョルターは6回から赤坂にスイッチしお互い得点できず。7回からタイブレーク。湾岸は6番齋が犠牲フライを放ち1点を挙げる。その裏ジョルターは、瀧瀬に抑えられ得点できず。3-2で湾岸ベースボーイズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(ジョルターヘッズ)
対戦ありがとうございました!日程調整もありがとうございます。また色々と宜しくお願い致します!
湾岸ベースボーイズ様、ありがとうございました。天候が危ぶまれましたが奇跡的に試合が出来て良かったです!今後ともよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BIGFACE 5 3 アンドバランス 9月6日(東実健保)
宮城の先制打に三井の決勝打!BIGFACEが春夏に続き秋も1回戦を突破!!
【試合内容】
先攻アンドバランス、後攻BIGFACEで試合開始。1回裏、BIGFACEは1番板垣の足がかりにチャンスを作り、二死二、三塁から5番宮城の2点タイムリーツーベースで先制し、続く6番三井もタイムリーを放ちBIGFACEが3点を先制。対するアンドバランスは3回表、先頭の岩間が2ベースで出塁すると1番歌川、2番押元の連続タイムリーで2点を返す。しかしその裏BIGFACEは2番太田のヒットから一死満塁のチャンスを作り、6番三井の2点タイムリーヒットで5対2とする。4回表アンドバランスは2つの四死球でチャンスを作り内野ゴロの間に1点を返すが、続く打者が三振に倒れ時間により試合終了で5対3でBIGFACEの勝利。
【相手チームへ一言】
(BIGFACE)
(アンドバランス)
歌川様、アンドバランスの皆様対戦ありがとうございました。またよろしくお願い致します。
宮城様、BIGFACEの皆様グラウンド等手配ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 9 0 相模原ウインズ 8月30日(大宮健保)
桑原(以)が完封シャットアウト!王座奪還を狙うPIECEが16強入り!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻相模原ウインズで試合開始。1回表、PIECEは2死走者無しから坂東の四球、高野のライト前ヒットで2.3塁のチャンスを作ると、5番斉藤がレフト前へ運び2点を先制する。2回表にも2死から1番茂木が右中間を破るホームランで1点を追加、4回表にも8番桑原(以)がヒットで出塁すると白石が送りバントを決め、1死3塁から茂木が叩いて更に1点を追加する。4回裏相模原ウインズも1死から初ヒットでこの試合初めての走者が出塁するも、次の打者が内野ゴロダブルプレーに倒れ反撃ならず。PIECEは桑原(以)のテンポの良い投球で守備からリズムに乗ると、6回表には先頭の武藤が二塁打で出塁し、送りバントで3塁に進めて内野ゴロで1点。7回表には先頭の茂木が死球で出塁し桑原(南)が投手強襲のヒットで無死1.2塁から重盗を成功させると内野ゴロ2つで2点追加、2死走者無しから武藤がライト線を破るホームランでこの回4点を奪う。7回裏の最終回もマウンドに上がった桑原(以)は、センター前ヒットで走者を出すも後続を抑え、9-0でPIECEが勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(相模原ウインズ)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
PIECEの皆様、この度は対戦ありがとうございました。これ程の力の差を感じた試合は久々でございました。次回は良い試合ができるよう出直したいと思います。今後とも宜しくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
T-Five 4 1 砂町ドンフェイス 8月30日(薬業健保)
酒寄が完投勝利!T-Fiveが勢いに乗るドンフェイス下し2年連続の秋16強!!
【試合内容】
砂町ドンフェイス高須、T-Five酒寄の両先発で試合開始。砂町ドンフェイス高須投手は立ち上がりから制球に苦しむ。T-Fiveは初回、四球、エラー、内野ゴロの間に2点を先制。砂町ドンフェイス打線は1回裏に0アウト1.3塁から併殺崩れの間に1点を挙げたが、3回にT-Fiveがラッキーなヒット、2塁打でさらに2点追加し4対1とする。その後はT-Five酒寄投手が抑え、4対1でT-Fiveが勝利した。
【相手チームへ一言】
(T-Five)
(砂町ドンフェイス)
石津様、日程調整頂きありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
T-Five様、対戦ありがとうございました。
また対戦する機会がありましたら宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
青木製作所Snugs 1 6 TABOO 8月30日(二子球場)
TABOOが3年連続のオータム初戦突破!永富の好投に強力打線が援護!!
【試合内容】
先攻TABOOは永富投手、後攻Snugsは佐藤(克)の先発マウンドで試合はスタート。初回、立ち上がりにTABOO打線の猛攻をくらい、4失点してしまう。その後先発佐藤克は持ち直し、2回から6回まで無失点に抑える好投を見せる。しかしSnugs打線が、永富投手の前に沈黙し、6回まで無得点。7回表にTABOOに2点追加されてしまい、6-0と離される。Snugsは7回裏に6番山本の三塁打などで1点返すも、反撃はここまで、6-1でTABOOの勝利。
【相手チームへ一言】
(青木製作所Snugs)
(TABOO)
永富様、TABOOの皆様、この度は遠征していただき誠にありがとうございます!また是非胸をお借り出来ると幸いです。今後ともよろしくお願いします。
日程調整ありがとうございました!
またよろしくお願いします!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
大宮フェニックス 4 5 WILL BASEBALL CLUB 8月23日(大宮健保)
4番高橋が値千金のサヨナラ打!WILLが埼玉強豪対決を劇的勝利で制す!!
【試合内容】
先攻大宮フェニックス・井桁、後攻WILLB.C・鈴木の両先発で試合開始。初回大宮フェニックスは、二死から3番下妻が四球で出塁するも無得点で攻撃を終えると、その裏WILLB.Cは連続四死球で二死満塁とし、6番高田の右中間三塁打で3点を先制。2回両チーム無得点で迎えた3回表、大宮フェニックスは2番永野、3番下妻の連打で1点を返す。5回裏にWILLB.Cは3番石西が右翼へ本塁打を放ち1点を追加し4対1と突き放す。大宮フェニックスは6回表にリリーフしたWILLB.C山重の立ち上がりを攻め、一死満塁から2番永野の中堅を越える三塁打で3点を返し4対4の振り出しに戻す。最終7回表大宮フェニックスの攻撃を続投した山重が抑える。裏の攻撃で1番木田が死球で出塁し、犠打と安打で一死三塁とすると、4番高橋の左翼前安打で走者木田が本塁を踏み試合終了。5対4でWILLB.Cの勝利。
【相手チームへ一言】
(大宮フェニックス)
(WILL BASEBALL CLUB)
 
日程のご調整からグランド、審判手配等、お手続きまで親切にご対応頂きありがとうございました。対戦時はいつも緊迫した試合で大変勉強になります。練習試合等、今後ともお付き合いの程、宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
湾岸ベースボーイズ 6 3 Big Dipper 8月23日(天王洲公園)
最終回に松尾が逆転打!前回王者・湾岸ベースボーイズが劇的勝利で2回戦へ!!
【試合内容】
先攻湾岸ベースボーイズの先発投手は野入、後攻Big Dipperの先発投手は南で試合開始。1回表、湾岸は1アウト3塁から3番増田の内野ゴロで1点先制。なおも2アウト1.2塁のチャンスを作るが後続倒れ1点止まり。1回裏、Big Dipperは1アウト満塁から5番山田の犠牲フライで同点に追いつく。さらに2回裏、1アウト1.3塁から1番三澤の内野ゴロで1点追加し逆転する。3回表、湾岸はBig Dipperの内野エラーで1点返し同点に追いつくも、その裏Big Dipperの6番南がレフトへソロホームランを放ち3-2と1点勝ち越す。時間の関係で最終回になった5回表、湾岸はこの回変わった投手を攻め、1アウト2.3塁のチャンスを作り、7番齋のタイムリーで同点、8番松尾のタイムリーで逆転に成功する。さらに9番日置の内野安打、1番胡麻の犠牲フライで計4得点し6-3とリードする。5回裏のBig Dipperの攻撃は無得点となり、湾岸が6-3で勝利した。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(Big Dipper)
対戦ありがとうございました!
今後とも宜しくお願い致します。
宮島様・チームの皆様、対戦ありがとうございました。
また、機会があると思いますので宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
PIECE 9 0 とん吉 8月23日(大宮健保)
高野の先制打に横田が圧巻の完封劇!2018王者PIECEが快勝を飾り初戦突破!!
【試合内容】
PIECE先攻、とん吉後攻でプレイボール。PIECEは初回1死から桑原(南)がヒットで出塁した後、2盗3盗と決めチャンスを作り4番高野がピッチャー強襲のタイムリーヒットを放ち先制。更に続く斉藤の打球はサードのエラーとなり、その間に追加点を取り初回に2点を上げる。PIECEは3回表にも坂東と斉藤のヒットの後に井上のタイムリーと代打武藤のタイムリーで2点、5回表には死球で出塁したランナーをおき4番高野がライトオーバーの3塁打、さらに犠牲フライで追加点をあげる。最終回には、だめ押しとなる代打宮嶋がライトへの3ランを放ってダメ押しの3点を追加する。とん吉はランナーを出すも、PIECEの先発横田が最後まで球威、制球共に抜群の投球でとん吉打線を封じ、9-0でPIECEが勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(とん吉)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
PIECEの皆様、柴様対戦ありがとうございました。
また宜しくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ブルースカイA 5 11 佐川グローバルロジスティクス 8月23日(大宮健保)
佐川グローバルロジスティクスが2回戦突破!伊藤の粘投に徳島が6打点の活躍!!
【試合内容】
先攻佐川グローバルロジスティクス、後攻ブルースカイAで試合開始。1回表、佐川は須永、吉田の出塁で1.2塁とすると3番徳島がセンターオーバーのランニングホームランで3点を先制する。佐川の先発は伊藤。1回裏、先頭を四球で出塁させると、ヒットと味方のエラーにより、2点を与えてしまう。佐川は3回、吉田のヒットを皮切りに連続四球と鈴木のスクイズなどで4点を追加する。4回には2、3塁で吉田の内野安打、徳島のエンドランで2点を追加する。伊藤は5回、味方の連続エラーと適時打で3点を失点してしまう。佐川は6回、連続四球により満塁とすると徳島の2点タイムリーで追加点をあげ、試合終了。11-5で佐川グローバルロジスティクスが勝利を収めた。
【相手チームへ一言】
(ブルースカイA)
(佐川グローバルロジスティクス)
森様、対戦及びスケジュール調整していただき、ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
本日はご手配などありがとうございました。
またの機会がございましたら、宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
T-Five 14 2 L Smokers 8月23日(大宮健保)
3発の打ち上げ花火含む14得点!T-Fiveが新星Smokers下し1回戦突破!!
【試合内容】
T-Five先攻、L Smokers後攻で試合開始。T-Fiveは2回までに3本のHRで試合を優位に進める。L Smokersは最終回にHRを放ち2点を返すが反撃及ばず試合終了。14対2でT-Fiveが勝利した。
【相手チームへ一言】
(T-Five)
(L Smokers)
日程調整などありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
東京ドナルドダック 5 0 GOLD 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦予定を直前キャンセルしたため、GOLDの不戦敗。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
吉岡クラブ 5 3 Tokyo Volk 8月16日(大宮健保)
エース菊池が気迫の完投勝利!吉岡クラブが注目新星との空中戦制し1回戦突破!!
【試合内容】
TokyoVolk先攻、吉岡クラブ後攻で試合開始。吉岡クラブは1回裏、TokyoVolk先発の藤井を攻め立てる。2アウト2塁のチャンスから番菊池がセンター前ヒットを放つとセンターが後逸し2点先制。さらに2回裏に穂積の右中間ホームラン、4回裏には片倉、菊池のタイムリーで5点を奪う。TokyoVolk打線はいい当たりを放つも、鉄壁の吉岡外野陣に幾度も阻まれる。投げては吉岡クラブ菊池が野崎にホームラン2本を打たれるも要所を抑え、吉岡クラブが5対3で勝利した。 (取材写真はこちら
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(Tokyo Volk)
TokyoVolkの皆様、暑い中対戦ありがとうございました。今後も引き続きよろしくお願い致します。
暑い中お疲れ様でした!グラウンド審判等手配ありがとうございました!次の試合も頑張ってください!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
清瀬ロングコックス 2 3 相模原ウインズ 8月16日(大宮健保)
飯田が値千金の決勝弾!相模原ウインズが期待の若武者に競り勝ち2回戦進出!!
【試合内容】
清瀬ロングコックス先攻、相模原ウインズ後攻。1回表、清瀬ロングコックスは四球で出たランナーを3塁に進めるも二ゴロからのホームクロスプレーで得点ならず。その後も毎回ランナーを出すが5回まで無得点。相模原ウインズはロングコックス先発の阪の前に3回裏までノーヒット。4回裏に初ヒットを出すも得点にはならず。試合が動いたのは5回裏。8、9番の連続安打から1番飯田の左本塁打で相模原ウインズが3点を先制。清瀬ロングコックスは、6回表、1死1.3塁から内野ゴロで1点、7回表に右本塁打で1点差に詰めるも後続が倒れゲームセット。結果、2-3で相模原ウインズの勝利。 (取材写真はこちら
【相手チームへ一言】
(清瀬ロングコックス)
(相模原ウインズ)
相模原ウインズの皆さま、対戦有難うございました!遠方よりお越しいただき感謝しております。今後とも、よろしくお願いいたします。
清瀬ロングコックスの皆様、この度は対戦ありがとうございました。今後とも宜しくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
萩中サンダース 4 0 RADIX 8月16日(天王洲公園)
萩中サンダース平澤がNO-NO!運をも味方に丁寧なピッチングを見せ偉業達成!!
【試合内容】
先攻RADIX、後攻サンダースで試合開始。試合は初回、萩中がRADIX先発天野を攻め、永松のチャンスメイクから相澤の進塁打がミスを誘い先制。RADIX天野は3回に足がツリ降板。急遽、リリーフした中鉢だったが、萩中は3回に上田の犠牲フライで追加点をあげる。さらに5回にも永松の犠牲フライで追加点。投げては平澤が丁寧な投球をみせ、芯で捉えられた打球も野手の正面を突く。6回裏、田村のタイムリーヒットが出たところでタイムアップとなり萩中の勝利。この瞬間、平澤はノーヒットノーランを達成した。
【相手チームへ一言】
(萩中サンダース)
(RADIX)
酷暑の中ありがとうございました!勝敗は時の運もありますが、互いに良い雰囲気で試合が出来たと思っており、御礼申し上げます。
相澤様 グランド、審判手配いありがとうございました。手も足も出ませんでした。完敗です。またオープン戦よろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
内田ブレイカーズ 3 7 Revival 8月16日(大宮健保)
山田が完投勝利!ブレイカーズは小沢の2打席連発も及ばずRevivalが初戦突破!!
【試合内容】
先攻Revival、後攻内田ブレイカーズで試合開始。初回は両チーム無得点。先制したのはRevival2回表の攻撃。先頭の4番小林(勇)が右前安打で出塁すると、続く5番山田が四球などで一死満塁のチャンスをつくる。ここで8番小林(隼)が左前タイムリーを放ち2点を先制する。さらに9番榎本、1番中村にも連続タイムリーで2点を追加。その後も二死満塁とし、連続押し出しで2点を追加、計6点のビッグイニングとなる。対する内田ブレイカーズは2回裏の攻撃、先頭打者がエラーで出塁すると、一死一塁の場面で、7番小沢が左越のランニングホームランで2点を奪る。4回裏にも同じく7番小沢がニ打席連続となる左越のランニングホームランを放ち1点を追加。しかし、反撃もここまで。5回表にRevivalが、先頭6番高橋の右越の三塁打でチャンスを作ると、7番大園がタイムリーを放ち1点を追加。投げては、先発の山田が要所を締めるピッチングで、7回を完投し、7-3でRevivalが勝利した。
【相手チームへ一言】
(内田ブレイカーズ)
(Revival)
 
中台様、選手の皆様、対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ジョルターヘッズ 5 0 VICTORYS 8月16日(大宮健保)
太田が圧巻の完封シャットアウト!ジョルターがライバル対決を制し2回戦へ!!
【試合内容】
ジョルターヘッズ太田、VICTORYS設楽の両投手先発で試合開始。初回ジョルターヘッズは先頭平田の四球などで無死2、3塁のチャンスを掴むと、3番相澤のタイムリーヒットで1点を先制する。続く4番藤松の場面でエンドランを仕掛けるも小フライとなり、ダブルプレーに倒れその後は無得点。ジョルターヘッズ太田は快調にVICTORYS打線を抑えて行く。VICTORYS設楽も好投を見せるが4回表、先頭の5番岩澤が振り逃げで出塁すると、すかさず盗塁。6番西濱のセーフティーバントがヒットとなり無死1、3塁のチャンス。ここで1塁ランナー西濱が盗塁の間に3塁ランナー岩澤が返り1点を挙げる。時間制限により最終回となった6回、ジョルターヘッズは先頭3番相澤のツーベース、4番藤松の死球、5番岩澤の送りバントが決まり、1死2、3塁のチャンスを掴む。ここで6番西濱がセンターへ2点タイムリーヒットを放つ。VICTORYSはここで投手交代、島田がマウンドに上がる。しかし、四死球で満塁とすると、9番静の敵失で1点を加え5-0としたところで攻撃を終える。その裏VICTORYSは2死から7番田島にヒットが出るも実らず、先発太田は6回3安打無失点の好投を見せ、ジョルターヘッズが5-0で勝利した。
【相手チームへ一言】
(ジョルターヘッズ)
(VICTORYS)
VICTORYS様、ご対戦ありがとうございました。色々日程面でもご配慮いただきありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
次戦も頑張ってください。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
La.Men 7 2 品川OBクラブ 8月16日(夢の島運動場)
遠藤がダメ押し打!La.Menが夏・秋Wヘッダーを連勝で飾り2年連続初戦突破!!
【試合内容】
先攻品川OBクラブ、後攻La.Menでプレイボール。1回表、品川OBクラブはLa.Men先発祖山の立ち上がりを攻め、2番岡田の出塁を足掛かりに2点を先制。その裏、La.Menは2アウトから四球と3連続ヒットで3点を奪い逆転する。このまま乱打戦になるかと思われたが、両投手の好投で5回まで投手戦が続き、我慢比べの試合展開に。突き放したいLa.Menは5回裏、エラーと四球で1点、なお2アウト満塁で7番遠藤がタイムリーツーベースヒットを放ち、この回一挙4点を挙げる。5回時間切れとなり、7-2でLa.Menが快勝した。
【相手チームへ一言】
(La.Men)
(品川OBクラブ)
品川OBクラブ様。この度は対戦ありがとうございました。また、日程調整等していただきありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。
La.Menの皆様、対戦ありがとうございました。またグランド、審判手配もして頂きありがとうございます。次戦も頑張ってください。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
CHUYANS+ 10 2 はちみつハニー 8月16日(天王洲公園)
2018準VのCHUYANS+が下剋上!先制・中押し・ダメ押しと試合巧者ぶりを発揮!!
【試合内容】
先攻はちみつハニー、後攻CHUYANS+で試合開始。2回裏にCHUYANS+がハニー先発の今藤渓を攻め、四死球で満塁のチャンスを作ると、大町のライトオーバーのタイムリー等でCHUYANS+が4点を先制する。ハニーも4回表に大野のタイムリーとバッテリーミスで2点を返すが、4回裏にCHUYANS+は泉のタイムリーで2点を追加する。さらに5回裏、CHUYANS+は飯渕・岡村(雄)、大町のタイムリー等で4点を更に追加したところで時間切れ。CHUYANS+が10-2で勝利した。
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(はちみつハニー)
今藤様、はちみつハニーの皆様、遠征及び対戦ありがとうございました。タイトな日程の中ご調整いただき感謝しております。引き続きよろしくお願い致します。
ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Tommys baseballclub 6 5 情熱チキン 8月16日(保土ヶ谷公園軟式)
野口がサヨナラ打!Tommysが4点差追いつかれるも紙一重のサドンデスを制す!!
【試合内容】
先攻情熱チキン、後攻Tommysで試合開始。1回裏、Tommysは1アウト2、3塁を作ると4番小菅選手のセカンドゴロの間に1点を先制する。続く2回裏は8番筑本選手のタイムリーツーベース等で2点、3回裏に6番氏家選手の犠牲フライで1点を取り、4-0でリードする。対する情熱チキンは4回表、1番坂井選手がスリーベースヒットで出塁すると4番長尾選手がツーランホームランを放ち2点を返す。その後6回表に2番川村選手のタイムリースリーベースと3番田辺選手のタイムリーヒットで同点にする。そのまま延長タイブレークに突入し、情熱チキンは1番坂井選手の犠牲フライで1得点。その裏Tommysは、7番小野の犠牲フライで1点返す。ツーアウト1,2塁から9番田野口がサヨナラタイムリーヒットを放ち、6-5でTommysが勝利した。
【相手チームへ一言】
(Tommys baseballclub)
(情熱チキン)
情熱チキンの皆様、この度はありがとうございました。延長タイブレークまでの熱戦、非常に痺れる試合でした。また機会がありましたら対戦宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。初戦敗退悔しいですが、素晴らしいゲームで楽しく試合させて頂きました。ありがとうございました!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
砂町ドンフェイス 7 1 フロンティア 8月16日(夢の島運動場)
高須の好投に横溝・飯田のアベック弾!砂町ドンフェイスが下剋上で初戦突破!!
【試合内容】
先攻フロンティア関口、後攻砂町ドンフェイス高須の両先発投手で試合開始。1回表フロンティアは1死後、2番相沢がレフト線ツーベースでチャンスをつくり2死後、4番寺嶋のタイムリーで先制する。更に5番谷口もヒットで続き、6番小川もセンター前へ弾き返すと2塁走者は一気にホームへ突入、しかしセンター横溝からの好返球でタッチアウトとなる。その裏砂町ドンフェイスは1番濱崎がエラーで出塁し2番津金が送りバント後、3番横溝がツーランホームランを放ち逆転に成功する。次に試合が動いたのは3回裏、砂町ドンフェイスは9番松本がスリーベースでチャンスをつくり1番濱崎のタイムリーで1点追加、更に2番津金が送りバント後、3番横溝もヒットで続き4番飯田のスリーランホームランで3点追加、更に5番若狭が出塁し盗塁成功後、6番小松のプッシュバントがセカンドの頭上を越えるタイムリーのような形となり1点追加、この回5点を挙げ試合の主導権を握る。4回からフロンティアは徳留投手へ継投し、走者は出すも要所を締め無失点を重ねて行く。一方砂町ドンフェイス高須も初回以降は立ち直り、6イニング1失点と好投をみせる。7回表砂町ドンフェイスは松本投手へ継投し、フロンティア打線は2本のヒットを浴びせ意地を見せるがここでタイムアップ。フロンティアは4~6番が2巡続けて3者連続三振に抑えられ、反撃の糸口をつかめないまま試合終了。初回の攻撃での判断ミスと、暑さによる守備中のミスが響いた敗戦となった。
【相手チームへ一言】
(砂町ドンフェイス)
(フロンティア)
フロンティア様、対戦ありがとうございました。
また対戦する機会がありましたら宜しくお願いします。
グランド確保から審判の手配までありがとうございました。とても若くて、この暑さで最後まで集中が切れないのはさすがでした。また機会があれば宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
MilkyWave 5 5 青霧 8月16日(篠崎公園B)
3部対決は青霧が粘り勝ち!5点のビハインド追いつきジャンケン決着制す!!
【試合内容】
青霧は初回、先発菊地がエラー絡みで4失点。その後2回にも1点を追加され苦しい展開。しかし3回に1番安田の内野ゴロの間に1点、4回に5番齊藤の三塁打や押し出しなどで3点を挙げ1点差とすると、7回には押し出しで遂に同点に追いつき、そのまま試合終了。ジャンケンによる決着は5対4の接戦で青霧の勝利。
【相手チームへ一言】
(MilkyWave)
(青霧)
ご対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
グラウンド、審判手配等までありがとうございます。
また機会がありましたらぜひよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
相模KOT'S 6 0 Rossowave 8月16日(横山球場)
泉の特大弾に中坪が完封シャットアウト!投打の噛み合った相模KOT'Sが2回戦進出!!
【試合内容】
相模KOT'S中坪投手、Rossowave雑賀投手が先発。初回、Rossowaveは1死から2番・猪爪の2塁打と3番・菊田の内野安打で1・3塁とチャンスを作るも、松本・小島と倒れ無得点。相模KOT'Sは2回表の攻撃で先頭の泉が横山球場のあわやバックスクリーン場外かというような推定130m弾で1点先制。さらに4回表には鈴木の四球と泉のサード強襲ヒットでチャンスを作ると、阿部のセンター前タイムリーで1点追加。さらに続く吉田(直)が左中間に2点タイムリーを放ち4-0とする。5回には清森がライトスタンドへソロHR。さらに鈴木、武石の右中間二塁打で計6得点。中坪が完封し6-0で相模KOT'Sの勝利。
【相手チームへ一言】
(相模KOT'S)
(Rossowave)
Rossowaveの皆様、日程調整や遠征ありがとうございました。
また対戦よろしくお願いします。
対戦ありがとうございました。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
戦極-SENGOKU- 1 5 東光野球部B 8月16日(天王洲公園)
市川の粘投に幾がダメ押し弾!東光野球部BがVictoria初白星を逆転勝利で飾る!!
【試合内容】
東光野球部Bにとっては本年度初めての大会。エース市川の調子も悪く、立ち上りから戦極に先頭打者ホームラン打たれるなどバタバタしたが、粘りのピッチングで何とか1失点で抑えた。打線は3回に四死球から連打で2得点で逆転に成功。その後も毎回得点で最終回となった5回には5番、幾のダメ押し本塁打が飛び出し、東光野球部Bが勝利!
【相手チームへ一言】
(戦極-SENGOKU-)
(東光野球部B)
こちらこそありがとうございました。
機会があればまたよろしくお願いします。
戦極チーム様、対戦有難う御座いました。先発投手のストレート、変化球、ともにキレが良く、凄い攻略に苦労しました!打線も皆さまスイングが速く、どの打者も気が抜けない状況でたまたま抑えられた感があり助かりました!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
フューチャーズ 19 1 T-REX 8月16日(京成鉄橋上流)
中村が4安打1本塁打の活躍!フューチャーズが田口・菅・根本の投手リレーで圧勝!!
【試合内容】
猛暑の中、先攻フューチャーズ、後攻T-REXで試合開始。初回フューチャーズは、1番中村の中前安打で出塁すると2番山田の送りバントでノーアウト2.3塁とチャンスを作り、一挙4点をとる。2回裏にT-REXが1点を返すも、1番中村の4安打1本塁打の活躍と田口、菅、根本の投手陣が踏ん張りフューチャーズの勝利となった。
【相手チームへ一言】
(フューチャーズ)
(T-REX)
T-REX様、日程調整等して頂き、ありがとうございました。また、機会が御座いましたら対戦お願い致します。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
漁火 5 3 PEACE 8月16日(大宮健保)
松永・町田・牧野の投手リレー!漁火が一挙に奪った5点を守り抜き逃げ切り勝利!!
【試合内容】
先攻漁火、後攻PEACEで試合開始。試合が動いたのは3回表、四球と安打でチャンスを作り5番丹治がライト線の2点二塁打で先制すると、その後も攻撃の手を緩めず3点追加し、この回5得点のビッグイニングとなる。最終回に牧野がつかまり3点を返すが松永、町田、牧野の継投で要所を占めて5-3で漁火の勝利。
【相手チームへ一言】
(漁火)
(PEACE)
ありがとうございました。
 
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
BOOOOON 10 3 清瀬ビクトリー 8月16日(三芳グランド)
BOOOOONが1回戦突破!10得点の猛攻を見せ鮮やかな逆転勝利を飾る!!
【試合内容】
清瀬ビクトリー先攻、BOOOOON後攻で行われた1回戦。初回、四球と長打で清瀬ビクトリーがあっさりと先制する。その裏、BOOOOONは1点を返し同点とすると、さらに2回に長打、単打を絡め4点を取り逆転に成功。4回にも5点を追加したBOOOOONが10-3で勝利した。
【相手チームへ一言】
(BOOOOON)
(清瀬ビクトリー)
清瀬ビクトリーの皆様 対戦ありがとうございました。引き続きよろしくお願いします。
ブーン様、対戦ありがとうございました!
次回も引き続き宜しくお願い致します!
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
東光野球部A 0 4 ジャンクベースボールクラブ 8月15日(福太郎野球場)
島の先制弾に加藤がNO-NO達成!ジャンクが新星を投打で圧倒し初戦突破!!
【試合内容】
先攻:東光野球部A、後攻:ジャンクベースボールクラブで試合開始。2回裏ジャンクベースボールクラブの攻撃、先頭バッター4番・島、左中間へ飛んだ大打球が柵を越えるホームランとなり先制する。さらに6番・野元が右中間への二塁打を放つ。続く打者が、四・死球で2死満塁となり、1番・久保がレフト線へのヒットで2点を追加する。4回が終了し、3-0でジャンクベースボールクラブがリード。5回裏ジャンクベースボールクラブの攻撃、4番・島、5番・菅野が連続四球で2死1、2塁。7番・若林の打席でダブルスチールをする。この際、キャッチャーから3塁への送球が暴投となり、3塁走者の島がホームを踏み1点を追加する。投げては、ジャンクベースボールクラブ先発の加藤が3つのフォアボールを出すが、打たせて取る投球で7回投げ切りノーヒットノーランを達成する。結果、4-0でジャンクベースボールクラブの勝利。
【相手チームへ一言】
(東光野球部A)
(ジャンクベースボールクラブ)
ジャンクベースボールクラブ様、遠方への試合、有難う御座いました!試合前のアップからとてもまとまりのあるチームで勉強になりました!また試合する機会が有りましたら宜しくお願い致します!!
グラウンド及び審判のご手配ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
Nomad.Yankees 5 0 CHAIN SMOKERS 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、CHAIN SMOKERSの不戦敗。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
RED SOX 0 3 Hustler 8月9日(和光スポーツ)
Hustlerが2年前のリベンジ!丹波誠の完封で常勝軍団REDSOXを下す!!
【試合内容】
Hustler先攻、REDSOX後攻で試合開始。初回、1番山本が左前打で出塁。2番中川が初球を犠打で送り、一死2塁を作ると3番間渕が左越二塁打で1点先制。4番斉藤は倒れるも、5番石原が左前打で2点目。その後は両投手、ランナーは許すも粘りの投球で得点を許さない。膠着状態のまま追加点が欲しいHustlerは7回表、この回先頭の7番富沢に代わって代打渡邉祥太を送る。渡邉祥太は初球を振り抜き打った瞬間確信の右本塁打で3-0とする。最終回、REDSOXに二死満塁まで攻めたてられるも何とか粘り切り、丹波誠が完封してHustlerの勝利。
【相手チームへ一言】
(RED SOX)
(Hustler)
本日は遠方からお越し頂きありがとうございました。また練習試合等よろしくお願い致します。
REDSOX 丸橋様、チームの皆様、球場及び審判の手配、ありがとうございました。また、暑いなか対戦いただきありがとうございました。今後ともOP戦をはじめ、宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
セカンドステージ 4 5 NITORO 8月9日(荒川運動公園)
木内が2ランスクイズ決める!NITOROが劇的サヨナラ勝利で1回戦突破!!
【試合内容】
初回NITROの守備の乱れからセカンドステージが先制するも、NITOROは2回に川上のホームランで同点に追い付く。4回にNITORO先発川上が制球に苦しみ3点を追加され、6回まで1対4でセカンドステージがリード。しかし最終7回、NITOROは6.7.8.9番の連打で2点を返すと、1番木内がツーランスクイズを決め、逆転サヨナラでNITROの勝利。
【相手チームへ一言】
(セカンドステージ)
(NITORO)
滝澤様、日程ご調整ありがとうございました。
NITOROの皆様暑い中対戦ありがとうございました。
暑い中グランド時間ギリギリまでやらせてもらいありがとうございました。いろいろ勉強させてもらいました。今後ともよろしくお願いいたします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 12 1 NexuS 8月9日(大宮健保)
GOLGO打線が12得点と大暴れ!コールド勝ちを収め2年ぶりの秋1回戦突破!!
【試合内容】
初回、GOLGOは渡邊・川崎(優)のタイムリーなどで3点を先制。さらに2回、渡邊・川崎(優)・林田の3連続タイムリーで3点を追加する。3回、吉田・林田のタイムリーで2点を追加。4回、渡邊のタイムリーや内野ゴロなどで4点を奪う。先発の長谷川は3回に1点を失うものの、4回を1失点にまとめ、GOLGOのコールド勝利となった。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(NexuS)
対戦ありがとうございました。
また、機会がございましたらよろしくお願い致します。
この度はグラウンド、審判の手配ありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
LG 1 2 全力ルパン 8月9日(第二柴又)
熊山の力投に最終回打線が応える!全力ルパンが劇的サヨナラ勝ち!!
【試合内容】
先攻LG、後攻全力ルパンでプレイボール。初回、先発熊山がLG先頭の1番川村にライト線に落ちるツーベースを浴びる。その後、3盗を決められた際に送球が後ろに逸れ失点。一方、ルパン打線はLG技巧派投手を前にチャンスを作るも得点を決められない。お互いの投手の力投が続き6回まで試合が動かず。時間の関係で最終回となった6回裏、全力ルパンは3番結城、4番木村の連打でノーアウト1、2塁。5番宍戸がレフト前にヒットを打つと2塁ランナー結城が三本間に挟まられる。しかし、相手の守備のミスで同点、木村もその隙にホームインし、サヨナラ勝ち。熊山も初回以降は完璧なピッチングで完投勝利。
【相手チームへ一言】
(LG)
(全力ルパン)
遠い中、遠征ありがとうございました。オータム頑張ってください。またよろしくお願いします!
本日はありがとうございました。グランド、審判の手配もして頂き大変助かりました。またよろしくお願いします。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
ダディーズベースボール 3 4 SAMURAI.BOYS 8月9日(大宮健保)
旭(勇)の決勝打にエース並木が完投!好調SAMURAIがサドンデス制す!!
【試合内容】
先攻サムライ並木投手、後攻ダディーズ吉川投手の先発でゲームスタート。先制は先攻のサムライ。初回に1番秋葉が安打で出塁すると3番小松が先制タイムリーを叩き出す。サムライは4回にも5番荒木のタイムリーなどで2点を追加する。追いつきたいダディーズは4回に5番篠宮のタイムリー。6回には4番佐藤の特大2ランホームランで同点に追いつきサドンデスに持ち込む。サドンデスでサムライは旭勇の内野ゴロの間に1点を取ると、最後は並木が苦しみながらダディーズの攻撃を抑えサムライの勝利。
【相手チームへ一言】
(ダディーズベースボール)
(SAMURAI.BOYS)
旭さん、samurai boysの皆様、この度は日程の調整ありがとうございました!猛暑の中痺れる試合ができてよかったです。今後ともお付き合いの程よろしくお願いいたします。
ダディーズの皆様、グランド、審判さんの手配ありがとうございます。これからも定期戦は続くと思うので宜しくお願い致します。
                             HOME                                                                               VISITOR                                                 DATE
STBC 4 6 Tropicana 8月2日(彩湖道満)
オータムオープニングゲーム!Tropicanaが逆転勝利で2年連続初戦突破!!
【試合内容】
1回表、STBCは2番岩田の四球、3番岩出の安打で1死1.2塁とチャンスを作り、4番小島のタイムリーで先制。さらに続く5番大山がセンター柵越えの3ランホームランを放ち、いきなり4点を先制する。一方のTropicanaは3回に1点を返す。追いつきたいTropicanaは5回にチャンスり、2番塩谷、3番池田の連続タイムリーで同点に追いつくと4番鷲谷の内野ゴロの間に勝ち越しに成功する。Tropicanaは続いて6回にもタイムリーで1点を追加。投げては2回からリリーフした赤坂が最終回も無失点に抑え、6-4でTropicanaの勝利。
【相手チームへ一言】
(STBC)
(Tropicana)
今まで対戦した相手で1番強打のチームさんでした。隙のない走塁や、集中打も勉強になりました。ぜひまた対戦していただきたいです!ありがとうございました!
犬走様、チームの皆様対戦ありがとうございました。今後共、宜しくお願い致します。