TOP > オータムカップ2018 > トーナメント表
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
CHUYANS+ 8 7 吉岡クラブ 12月2日(天王洲公園)
CHUYANS+が大逆転勝利!5年越しとなる悲願のVictoriaファイナル進出を決める!!
【試合内容】
吉岡クラブ先攻、CHUYANS+後攻で試合開始。試合が動いたのは2回、エラー絡みで吉岡クラブが一挙3点を先制する。3回も四球のランナーが内野ゴロの間に生還し、1点を追加する。CHUYANS+は3回裏に1点を返すも、吉岡クラブが5回に代わった小澤から連打で3点を追加し突き放す展開。その裏、CHUYANS+は1点を返し、5点差で迎えた最終回。内野のミスの間に1点を返すも、後続が倒れ2アウト。しかし、ここから驚異の4連打で一挙に同点に追い付くと、なおもチャンスで桑田。振り抜いた打球は、レフトオーバーとなり、サヨナラのランナーが生還。8-7でCHUYANS+が逆転で決勝進出を決めた。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(吉岡クラブ)
吉岡クラブの皆様、対戦及び日程の調整ありがとうございました。完全に我々の負け試合でしたが、最後だけ運がありました。また是非対戦宜しくお願い致します。決勝頑張ってきます!
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
PIECE 1 0 GOLGO BASEBALL CLUB 11月25日(大宮健保)
両右腕の気迫漲る投手戦は柴に軍配!PIECEが2年連続のVictoriaファイナル進出!!
【試合内容】
PIECE柴、GOLGO佐久間の緊迫する投手戦で試合は7回まで互いに0が並び、決着は1out満塁から始まるタイブレークへ。先攻のPIECEは本木が叩き、ついに1点を先制。後続は倒れるも裏の攻撃へ。後攻のGOLGOは先頭打者の打球が円盤状でピッチャー前へ、これを柴が冷静に処理して本塁で1つアウトを掴み取る。そして次の打者をサードゴロにしっかりと抑え込みゲームセット。白熱の投手戦はPIECEが延長戦を制し、決勝への切符を手に入れた。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(GOLGO BASEBALL CLUB)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
グラウンド及び審判の手配ありがとうございました。神宮での決勝戦がんばってください。今後もよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
CHUYANS+ 4 3 湾岸ベースボーイズ 11月18日(天王洲公園)
3部所属のCHUYANS+が大金星!1部ファイナリストを撃破し準決勝進出!!
【試合内容】
湾岸ベースボーイズ先攻、CHUYANS+後攻で開始。2回、飯渕のタイムリーでCHUYANS+が2点を先制する。しかし4回、湾岸ベースボーイズも満塁からタイムリーで同点に追いつく。6回終了時に同点で勝負はサドンデスに。表の湾岸ベースボーイズの攻撃、一塁の新井のエラーで1点を勝ち越す。その裏、CHUYANS+の攻撃はその新井から。初球をセンター前に弾き返し、2者が生還。サヨナラでCHUYANS+が準決勝進出を決めた。
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(湾岸ベースボーイズ)
宮島様、湾岸ベースボーイズの皆様、対戦ありがとうございました。また諸々ご調整いただき、誠にありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 3 2 ジョルターヘッズ 11月11日(大宮健保)
GOLGOが逃げ切り勝利!3年ぶりのVictoriaファイナル進出へあと1勝!!
【試合内容】
ジョルターヘッズ大橋、GOLGO BASEBALL CLUB佐久間両投手の先発で試合開始。2回、GOLGOは無死一塁のチャンスをダブルプレーで潰したかと思われたが、二死から中嶌が死球、盗塁でチャンスとすると、続く江見の詰まったサードゴロが悪送球を誘い、2塁から中嶌が一気に生還する。3回、GOLGOは替わった赤坂から瀧口のヒット、大山の死球で一二塁のチャンスを作ると、ダブルスチールを決めチャンス拡大。ここで吉田がレフト前へ2点タイムリーヒットを放ち、GOLGOが3点のリードを奪う。反撃したいジョルターは4回、岩澤がライトへの二塁打でチャンスメイク。ここで平敷がタイムリーを放ち1点を還す。5回、GOLGOは長谷川へ、ジョルターは奥村へスイッチ。すると6回、ジョルターヘッズは岩澤がヒットで出塁すると二死後、大野がレフトへタイムリーを放ち1点差へ。7回、ジョルターヘッズは生田へスイッチし、リズムを掴んだまま最終回へ。一死から西濱、平田の連続ヒットで一死一三塁のチャンスを掴む。ここで打者岩澤のときにエンドランを敢行するも・・・結果無得点。3-2でGOLGO BASEBALL CLUBが勝利した。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(ジョルターヘッズ)
対戦ありがとうございました。非常に痺れる試合でした。
今後ともよろしくお願い致します。
GOLGO BASEBALL CLUB様、諸々ご手配ありがとうございました。また日程に関しても柔軟にご対応頂き、感謝いたします。
非常に悔しいですが、非常に楽しい試合でした。ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
PIECE 2 1 Tommys baseballclub 11月4日(大宮健保)
PIECEが準決勝進出!2年連続のVictoriaファイナル進出へ王手!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻TOMMYSで試合開始。初回PIECEは2つの四球と盗塁で1死1.3塁のチャンスを作ると、1塁への牽制が悪送球となりノーヒットで先制。その後、後続は倒れTOMMYSも最小失点で切り抜ける。4回表、先頭の桑原(南)が四球で出塁すると連続で盗塁を決め3塁に進み、石川(慎)が追い込まれてからもきっちり叩いてまたもノーヒットで追加点を奪う。5回裏、反撃したいTOMMYSは2死2塁からセンターへヒットを放ち、PIECE守備陣もきっちり繋いでホームへ返球し、タイミング的にはアウトかと思われたがキャッチャーがタッチを焦って捕球できず、この間に打者走者も2塁まで進んで一打同点のチャンスを作る。しかし柴が踏ん張り、ピンチを凌いだPIECEがこの1点を守りきって2-1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(Tommys baseballclub)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
PIECEの皆様、この度は対戦ありがとうございました。毎回1点差のゲームですが、点差以上に力負けしていると感じています。皆様の神宮に行きたいという強い思いが勝敗を分けたと思っています。来季もまた熱い試合を宜しくお願い致します。神宮目指してあと1勝頑張って下さい!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
吉岡クラブ 5 0 Rossowave 不戦試合
<試合内容>
試合開始予定時刻までに選手が9名揃わず、Rossowaveの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
PIECE 2 1 Naughty 10月21日(大宮健保)
桑原(以)が投打で奮起!PIECEが終盤の逆転勝利で準々決勝進出!!
【試合内容】
初回の攻撃をお互い無得点で終えるも2回表、Naughtyは1死1.3塁からライト前へのタイムリーで先制する。尚も1死2.3塁と攻め立てるもここはPIECE桑原(以)が踏ん張り最少失点で切り抜ける。追いつきたいPIECEは4回裏、桜井のヒットと送りバントで得点圏にランナーを進めると石川(真)が前進守備の外野の頭を抜く同点タイムリーを放ち、さらに5回裏には桑原(以)のタイムリーで勝ち越しに成功。最終回も先頭打者にヒットを打たれるもダブルプレーで凌ぎ、その1点を守り2-1でPIECEが勝利した。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(Naughty)
対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
CHUYANS+ 2 1 RED SOX 10月21日(天王洲公園)
CHUYANS+が再び大金星!常勝軍団をサドンデスで下しベスト8進出!!
【試合内容】
REDSOX先攻、CHUYANS+後攻で試合開始。初回、下田のタイムリースリーベースでCHUYANS+が1点を先制する。対するREDSOXも4回表、タイムリーで同点に追いつく。その後は両チーム得点が入らず、試合はサドンデスへ。表のREDSOXの攻撃、痛烈な打球もショートゴロダブルプレーで得点ならず。裏のCHUYANS+もエンドラン失敗するが、新井が値千金のサヨナラタイムリーを放ち、2-1でCHUYANS+が勝利した。
【相手チームへ一言】
(CHUYANS+)
(RED SOX)
REDSOXの皆様、好ゲームありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
吉岡クラブ 8 1 Revival 10月21日(大宮健保)
大黒柱・菊池が気迫の完投勝利!投打の噛み合った吉岡クラブが8強入り!
【試合内容】
吉岡クラブは2回、先頭の菊池が四球、続く豊田のレフト前ヒット、山崎のショートへの内野安打でノーアウト満塁。続く渡辺の時にエンドランをかけ、打球はファールグランドからフェアグランドに入るラッキーな打球となり、2点を先制。さらに1アウトから鈴木が放ったキャッチャー前の打球に、山崎が好走塁でホームに突っ込みセーフとなる。その後も岩本のレフトオーバーや四球等で得点を重ね、吉岡クラブがリードを6点に広げる。意地を見せたいRevival打線は、4回に押し出し四死球で1点を返すが反撃もここまで。6回に吉岡クラブは3番中村がライトへ特大の2ランホームランを放ち勝負あり。投げては菊池の完投勝利で吉岡クラブが勝利した!
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(Revival)
埴原様、Revivalの選手の皆様、対戦ありがとうございました!
今後も引き続きよろしくお願い致します!
左右田様、選手の皆様、対戦ありがとうございました。完敗でした。是非また、リベンジさせて下さい。今後とも、お付き合いの程よろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ジョルターヘッズ 3 0 ダディーズベースボール 10月14日(調布西町)
ジョルターヘッズがベスト8進出!4投手の継投で完封シャットアウト!!
【試合内容】
先攻ジョルターヘッズ大橋、後攻ダディーズベースボール吉川の両先発で試合開始。初回、ジョルターヘッズは藤松が二塁打でチャンスを作るも得点できず。2回裏、ダディーズは佐藤圭がヒットで出塁するも無得点。4回からジョルターヘッズは石川にスイッチ。四球2つでピンチを招くも踏ん張る。5回表、ジョルターヘッズはエラーで無死一塁。ここで送りバントをすると、ぬかるんだグランドが味方をし無死一二塁。太田が内野安打でつなぎ無死満塁。ここで大久保がエンドランを決め先制。さらに西濱もエンドランを決め加点すると、次打者岩澤がライトオーバーのタイムリー二塁打を放ちこの回3点を奪う。5回からジョルターヘッズは奥村にスイッチ。6回からダディーズも西田にスイッチ。6回裏、ダディーズは二死から長谷川、佐藤圭と連続ヒットでチャンスを作るも奥村が踏ん張る。最終回、ジョルターは生田にスイッチし、1安打を浴びるも無得点で抑え、3−0でジョルターヘッズが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ジョルターヘッズ)
(ダディーズベースボール)
ダディーズベースボール様、ご対戦ありがとうございました。非常に好ゲームであったと思います。今後ともよろしくお願い致します。
小関様、ジョルターヘッズの皆様、グランド、審判の手配ありがとうございました。とても勉強させられた試合でした。またよろしくお願いします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
TABOO 5 7 Tommys baseballclub 10月14日(大宮健保)
Tommys B.Cが逆転勝利!TABOOとの撃ち合いを制し8強入り!!
【試合内容】
先攻TABOO、後攻Tommysで試合開始。1回裏Tommysはツーアウトから、3番真鍋がヒットで出塁し、盗塁等でランナー3塁から4番富山のタイムリーヒットで先制する。さらに2回裏には7番堀井のタイムリーヒットで2点目。しかし、TABOOが4回に押し出しで1点、5回に3番藤崎の内野ゴロの間に2点を奪い、3-2と逆転に成功する。5回裏、Tommysはツーアウト満塁から5番黒木の押し出し四球、6番小鹿のタイムリーツーベースで4点を奪い、再逆転に成功する。6回に両チーム1点ずつ加点し、7-4とTommysリードで迎えた最終回、TABOOは1番田中がヒットで出塁すると、2番永富のタイムリースリーベースで1点を返す。しかし反撃もここまで。7-5でTommysが勝利した。
【相手チームへ一言】
(TABOO)
(Tommys baseballclub)
日程調整、グランド整備等ありがとうございました!
またよろしくお願いします!
永富様、TABOOの皆様、対戦ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 2 1 漁火 10月7日(大宮健保)
代打中野の先制打に渡邊の決勝打!GOLGOが1部の実力を誇示!!
【試合内容】
先攻GOLGO B.C、後攻漁火で試合開始。初回からお互いがランナーを出す展開が続いたが両投手が要所を締め、5回まで0行進が続いた。試合が動いたのは6回表、粘りのピッチングで抑えていた漁火先発の松永が2つ四球でピンチを迎える。ここでGOLGO B.Cは代打中野がレフト前にタイムリーヒット。さらに続くチャンスに渡邊がエンドランを決めてようやく均衡を破る。その裏、漁火も5番菅野が右中間にヒットを放ち、エラーも絡み3塁まで進塁する。6番荒井がセンター前にタイムリーヒットで1点を返すが反撃はここまで。6回終了時点で時間切れとなり、2-1でGOLGO B.Cが勝利。
【相手チームへ一言】
(GOLGO BASEBALL CLUB)
(漁火)
対戦ありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
GOLGO B.C様ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
SAMURAI.BOYS 1 5 湾岸ベースボーイズ 10月8日(草加工業団地)
湾岸ベースボーイズが夏の雪辱を果たし、春に続きベスト8進出!!
【試合内容】
先攻サムライボーイズ並木、後攻湾岸ベースボーイズ近藤の両先発で試合開始。1回裏、湾岸は1番胡麻のライトオーバースリーベースヒットでチャンスを作り、2番梶の内野ゴロの間に1点先制。さらに3回裏、2死満塁で6番諸橋のセンター前ヒットで2点追加。4回裏、1死3塁で2番梶のライト線ツーベースで1点追加。6回裏、2死3塁で3番藤野の内野安打で1点追加し、5-0と湾岸がリードを広げる。7回表、サムライは1死1.3塁のチャンスで6番末次の内野ゴロの間に1点返すも反撃はここまで。近藤5回‐野入2回の投手リレーで湾岸ベースボーイズが勝利。
【相手チームへ一言】
(SAMURAI.BOYS)
(湾岸ベースボーイズ)
湾岸の皆様、遠征ありがとうございます。
とても勉強になる一日でした。優勝目指して頑張って下さい!
対戦ありがとうございました!
グランド・審判も手配いただきありがとうございました!また今後もオープン戦等宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
萩中サンダース 7 8 RED SOX 10月7日(多摩川緑地)
REDSOXがサヨナラで死闘に終止符!萩中は6点のビハインド覆すも及ばず!
【試合内容】
先攻萩中サンダース、後攻REDSOXで試合開始。1回裏、REDSOXは1番板垣選手のライトへの3ベースヒットと2番山本裕也選手の犠牲フライで先制すると、2回裏には打者8人の猛攻で一挙4点を追加。3回裏にも4番丸橋選手、6番浅野選手の2ベースヒットなどで1点を追加。REDSOX打線の逆方向への長打攻勢にミスも重なり、序盤で6-0と大きなリードをとる。しかし最終回、REDSOXが大きくメンバー交代したことで空気が一変。萩中サンダースはミスに4連打を重ね3点差まで追いつきなお満塁。3番成田選手のグランドスラムで一気に逆転に成功。快勝ムードだった試合をひっくり返され静まりかけたREDSOXベンチだったが、この試合2三振と沈黙していた先頭3番雨宮選手が起死回生のライトへのランニングホームランを放ち同点。続く4番丸橋選手もセンターへの鋭い打球を放ちノーアウト3塁。5番大野選手のセンターへの犠牲フライでREDSOXがサヨナラ勝ちを収めた。先発した北川選手は6回まで被安打2、最終回は不運が続いたが完投し勝利に大きく貢献した。
【相手チームへ一言】
(萩中サンダース)
(RED SOX)
ありがとうございました!
野球は筋書きの無いドラマなのを実感した試合でした。
本日は対戦、グランド手配などありがとうございました。ぜひまた機会がありましたらどうぞよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
はちみつハニー 0 3 Rossowave 9月23日(北野公園)
エース沖が圧巻の完封勝利!千葉の雄Rossowaveがベスト8一番乗り!!
【試合内容】
先攻Rossowave、後攻はちみつハニーで試合開始。Rossowaveは1回表、1死から2番・土井の2塁打と3番・小島の安打で1死1・3塁とすると、4番・片岡の内野ゴロの間に先制。先発・沖は3回まで一人のランナーも出さない好投。4回表には5番・稲見が右中間へ消えるソロを放ち追加点。4回裏に満塁のピンチがあったものの踏ん張り無失点。6回表には4番・片岡の四球と犠打、バッテリーミスによって1死3塁とすると、6番・石川のセンターオーバー2塁打でダメ押し。先発・沖は、7回を投げ被安打1・奪三振8・与四球2と完封勝利。
【相手チームへ一言】
(はちみつハニー)
(Rossowave)
遅くなりましたが、遠いところまでお越しいただきましてありがとうございました。また宜しくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
(株)小野寺商事 0 7 漁火 9月23日(大宮健保)
エースの完封に打線爆発!漁火が新星を投打で圧倒しベスト16進出!!
【試合内容】
先攻(株)小野寺商事、後攻漁火で試合開始。ゲームは初回から動きを見せる。1回裏、漁火は中野のタイムリーで2点を先制。さらに2回裏にも2点を追加し、漁火がリードを4点に広げる。対する小野寺商事はチャンスは作るも漁火先発の松永を前に得点を奪えない。その後、小野寺商事は人見から前田へ、漁火は松永から坂田へスイッチ。6回裏、漁火打線は止まらず3点を追加し勝負あり。7対0で漁火の勝利。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
((株)小野寺商事)
(漁火)
漁火様ありがとうございました。
(株)小野寺商事様ありがとうございました!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
青木製作所Snugs 3 4 ジョルターヘッズ 9月23日(大師球場)
入澤がサヨナラ打!初代王者の称号を狙うジョルターヘッズが死闘を制す!!
【試合内容】
先攻Snugsは有川投手、後攻ジョルターヘッズは大橋投手の先発マウンドで試合はスタート。初回、Snugsは四球、佐久間のヒットで一二塁とすると、エラーで幸先良く1点先制。さらに満塁と攻めたてるも大橋が踏ん張り最少失点で切り抜ける。先発有川は3回まで無失点に抑える立ち上がり。しかし4回裏、ジョルターヘッズは二死から藤松がヒット、盗塁で得点圏に進み、5番赤坂選手のレフトへタイムリーヒットを放ち同点に追いつく。6回表、Snugsは一死から6番有賀が二塁打を放ちチャンスメイクすると、8番佐々木のヒット、9番有川が四球を選び二死満塁とするが、ここでジョルターヘッズは大橋から赤坂へスイッチ。このピンチを赤坂が気合で三振に斬って取る。1-1のまま7回終了し、8回から一死満塁のサドンデスに突入。先攻Snugsは先頭をショートゴロに打ち取られるが、続く6番有賀が2点適時打を放ちこの回2点先取する。後攻ジョルターヘッズは、先頭樋口が叩いた打球が投手横へのボテボテゴロ。本塁へ送球も間に合わず1点を還す。更に1点差で代打柴代がここも叩き。本塁送球でタイミング的にはアウトも送球が逸れ同点に追いつく。なおも満塁で続く9番入澤が放った打球は右中間を抜けるタイムリーとなりジョルターヘッズサヨナラ勝ち!
【相手チームへ一言】
(青木製作所Snugs)
(ジョルターヘッズ)
小関様、チームの皆様、この度は対戦ありがとうございました。オータムカップ初優勝期待してます!今後ともよろしくお願いします。
Snugs様、グランド審判等諸々ご手配有難うございまいた。毎回熱い試合、ありがとうございます!俗にいう「どちらが勝ってもおかしくない試合」でした。今後とも色々とお願い致します!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Naughty 6 3 東京ドナルドダック 9月23日(大宮健保)
Naughtyがシーソーゲームを制す!齋藤(竣)が逆転HR含む4安打と大暴れ!!
【試合内容】
先攻東京ドナルドダック先発は西尾、後攻Naughty先発は柳田健で試合開始。Naughtyは初回、2番齋藤大が死球で出塁し盗塁を決めると、3番齋藤竣がレフトへのヒットで1.3塁としパスボールで1点を先制。2回には犠牲フライで同点を許すもその裏、Naughtyは2つの四死球とパスボールですぐ様勝ち越し。3回にはまた2点を取られ逆転を許すもその裏、2番齋藤大の四球の後、3番齋藤竣が左中間最深部まで運ぶツーランホームランを放ち再び逆転する。その後もNaughtyは齋藤大のタイムリーなどで6点を取り、投げては柳田健が悪いなりの7回3失点で要所を締め6-3でNaughtyの勝利。
【相手チームへ一言】
(Naughty)
(東京ドナルドダック)
田村様、東京ドナルドダックの皆様対戦ありがとうございました。
またよろしくお願い致します。
対戦ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Tommys baseballclub 1 0 相模KOT'S 9月23日(大師球場)
Tommys bcがベスト16進出!4投手の継投でKOT'S打線をシャットアウト!!
【試合内容】
先攻Tommys、後攻相模KOT'Sでプレイボール。Tommysは初回、相模KOT'S先発の上田を攻め、先頭三浦が四球で出塁し、エラー等で1死1、2塁になると4番井上がレフトへタイムリーを放ち1点を先制する。その裏、相模KOT'Sも先頭萩原選手がセンター前ヒットで出塁。しかしその後、Tommys先発山本が連続三振で後続を断つ。2回以降はTommysは小菅→藤田のリレーで無失点、相模KOT'Sは上田投手→門口投手のリレーで無失点で投手戦となる。最終回、7回裏ストッパーを任された佐藤が3人で抑え1-0でTommysが勝利した。Tommysは山本、小菅、藤田、佐藤4投手の継投で相模KOT'Sを完封。
【相手チームへ一言】
(Tommys baseballclub)
(相模KOT'S)
この度は対戦ありがとうございました。遠征して頂きありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
Tommys baseballclubの皆様、対戦ありがとうございました。白熱の投手戦となり、とても緊張感ある試合でした。今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
湾岸ベースボーイズ 1 0 ルービン☆リキッド 9月23日(大宮健保)
齋の決勝打に松岡・野入の完封リレー!湾岸ベースボーイズが16強進出!!
【試合内容】
湾岸ベースボーイズ先攻、ルービン☆リキッド後攻で試合開始。2回表、湾岸は5番梶が内野安打で出塁し盗塁を決め2死2塁とすると、7番齋のセンター前ヒットで1点先制。その後は、時間切れとなり最終回となった6回まで両者チャンスは作るも無得点。松岡-野入の投手リレーで1-0で湾岸ベースボーイズが勝利。
【相手チームへ一言】
(湾岸ベースボーイズ)
(ルービン☆リキッド)
対戦ありがとうございました!
また今後もオープン戦など宜しくお願い致します!
湾岸ベースボーイズ皆様方、試合ありがとうございました!
またの機会を楽しみにしています!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
TABOO 9 0 Nomad.Yankees 9月23日(江戸川広域)
TABOOが9得点の圧勝!投げては田中が強力打線をNO-NOシャットアウト!!
【試合内容】
3番藤崎の技ありの2点タイムリーでタブーが先制。その後もタブー打線が繋がり9得点。投げてはタブー先発田中が強力打線を気迫のピッチングでノーノーシャットアウト。タブーが3回戦進出を決めた。
【相手チームへ一言】
(TABOO)
(Nomad.Yankees)
日程調整がありがとうございました。
またオープン戦などもよろしくお願いします。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
スタイガー 2 4 CHUYANS+ 9月23日(江戸川河川敷)
CHUYANS+が大金星!1部所属のスタイガーを逆転で下し下剋上果たす!!
【試合内容】
スタイガー先攻、CHUYANS+後攻で試合開始。初回、スタイガーは1番阿部がヒットと盗塁でチャンスを作ると、2番小川のタイムリーで1点を先制すると、3回表にも山本のタイムリータイムリーで追加点をあげる。対するCHUYANS+は3回、1点を返すと続く西山にも2点タイムリーが飛び出し逆転に成功する。5回裏にも渡辺のタイムリーで1点を追加したCHUYANS+がスタイガーの攻撃を振り切り、4-2で勝利した。
【相手チームへ一言】
(スタイガー)
(CHUYANS+)
CYUYANS+の選手の皆様、中溝様、この度は対戦ありがとうございました。また、対戦する機会ががありましたらよろしくお願いいたします。
スタイガーの皆様、対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
吉岡クラブ 1 1 とん吉 9月23日(大宮健保)
吉岡クラブが辛くも16強入り!終盤追いつかれるもジャンケン決着を制す!!
【試合内容】
先攻吉岡クラブ、後攻とん吉でプレイボール。1回から3回まではお互いにランナーを出しチャンスを作るもあと1本が出せず0点が続く。試合が動いたのは4回、吉岡クラブの攻撃でこの回先頭の6番打者がライトオーバーの3塁打を放ちチャンスを作り、続く7番打者のセカンドゴロの間に3塁ランナーが還り先制する。吉岡クラブは続く5回もエラーからチャンスを作るも、とん吉の投手が踏ん張り追加点を与えず守る。反撃したいとん吉は6回、相手投手が交代し先頭が倒れるも2番打者が四球で出塁し2アウトながらランナー2塁とする。すると4番打者がセカンドのエラーを誘い、その間に2塁ランナーがホームに還り同点に追いつく。最終回、吉岡クラブはチャンスを作るも無得点。その裏、とん吉は先頭がヒットで出塁し、続く打者が送り1アウト2塁とサヨナラのチャンスを作る。ここで9番打者がレフト前にヒットを放つも2塁ランナーがホームタッチアウトとなり試合終了。時間の関係上じゃんけん決着となり、吉岡クラブの勝利。
【相手チームへ一言】
(吉岡クラブ)
(とん吉)
鈴木様、とん吉の皆様、緊迫感のある試合ありがとうございました!今後も引き続きよろしくお願い致します!
吉岡クラブ 左右田様、選手の皆様対戦ありがとうございました。色々と日程、時間の調整をしてしまい申し訳ございませんでした。これに懲りずにまたの対戦宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
葛飾セブンベースボールクラブ 3 5 ダディーズベースボール 9月23日(大宮健保)
佐藤(圭)が先制打!ダディーズが長谷川・西田の継投で逃げ切る!!
【試合内容】
葛飾セブン先攻、ダディーズ後攻で試合開始。初回、先発の長谷川が葛飾セブンの攻撃を0点で抑えると、ダディーズは2アウト1.2塁とすると、5番佐藤圭タイムリーヒット、ワイルドピッチ、6番西田の連続タイムリーで3点を先制する。3回に葛飾セブンは佐藤のタイムリーで1点を返すがその裏、2、3塁から佐藤圭の叩きで日景がホームイン。その後相手守備の乱れで更に点を追加し5-1とリードを広げる。ダディーズは西田に投手交代する。4点差を追う葛飾セブンは6回、西田の制球が定まらず、1アウトから大山(航)、田嶋の連打でチャンスを広げると、佐藤のこの日猛打賞となるタイムリー等で2点を返す。しかし反撃もここまで。7回をしっかりと3人で抑えダディーズ勝利。
【相手チームへ一言】
(葛飾セブンベースボールクラブ)
(ダディーズベースボール)
佐藤さん、皆さま、毎度エンジョイサンデーありがとうございます。引き続き、宜しくお願い致します!
佐野間さん、葛飾セブンの皆さん、グランド、審判の手配ありがとうございました。またよろしくお願いします!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
VICCESS 2 3 Revival 9月23日(浮間公園)
小林兄弟が全打点を叩き出す!Revivalが格下に苦戦も逃げ切り勝利!!
【試合内容】
VICCESS先攻、Revival後攻で9時5分試合開始。初回、先攻のVICCESSは先頭から二者連続四球からチャンスを作るも走塁ミスもあり無得点に終わる。対するRevivalは無死三塁から2番小林(隼)のライト前ヒットで1点を先制する。更に3番高橋がレフト前ヒットで繋ぎ、4番小林(勇)のライト線への2点タイムリーヒットで3-0とする。中盤はお互いチャンスを作るも無得点。追いつきたいVICCESSは5回表の攻撃、9番森がレフトへ特大のソロ本塁打を放ち1点を返す。6回表にも失策と連打で1点を返し3-2と追いすがる。最終回、VICCESSの7回表の攻撃、無死から8番、9番が連打で出塁するもRevivalが踏ん張り3-2で勝利した。
【相手チームへ一言】
(VICCESS)
(Revival)
埴原様、Revivalの皆様対戦ありがとうございました。格下ながら善戦はしましたがもう少し慌てさせたかったです…結果完敗でした。優勝目指して頑張ってください。また機会がありましたら宜しくお願い致します。
グランド、審判手配等ありがとうございました。
今後とも、宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
SAMURAI.BOYS 5 0 ハーツ 不戦試合
<試合内容>
試合開始時刻までに選手が9名揃わなかったため、ハーツの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
PIECE 7 1 Sundays 9月16日(大宮健保)
絶好調男・高野が先制打!投打の噛み合ったPIECEがベスト16進出!!
【試合内容】
先攻PIECE、後攻Sundaysで試合開始。1回表、PIECEの攻撃は2番・井上がバントヒットと盗塁でランナー2塁のチャンスを作ると、4番・高野のセンター前ヒットで1点を先制する。続く2回表も6番・桑原がヒットと盗塁でランナー2塁のチャンスを作り、9番・西野のレフト前に落ちるヒットで1点追加し試合を優位に進める。対するSundaysも2回裏に四球とヒットで1アウト1、3塁のチャンスを作るが、あと1本が出ず無得点。このピンチを乗り越えると勢いを増すPIECE打線は、3回表にも桑原のタイムリースリーベース、茂木のソロHR、柴のタイムリー、高野のタイムリーで5点を追加し突き放す。反撃したいSundaysは5回裏、2アウト1塁から9番・新井(涼)がセンター前に落ちるヒットを打ち、1塁ランナーの好走塁が守備の悪送球を誘い1点を返す。Sundaysは6回からピッチャーを先発・田中から野本に交代。すると6、7回とPIECE打線を抑え2回無失点で望みをつなぐピッチングを披露。しかし、Sundays攻撃陣はPIECE先発・柴投手の巧みなピッチングの前にチャンスを作ることができずにこのまま試合終了。7対1でPIECEの勝利。
【相手チームへ一言】
(PIECE)
(Sundays)
Sundaysの皆様、この度は対戦ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
PIECEの皆様、この度は対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
WILL BASEBALL CLUB 1 2 はちみつハニー 9月16日(大宮健保)
はちみつハニーが接戦を制す!今藤(稜)が安定感抜群の投球を披露!!
【試合内容】
先攻はちみつハニーは今藤(稜)、後攻WILLは樋口の先発で試合開始。2回まで0-0の投手戦となる。試合が動いたのは3回表、はちみつハニーはこの回先頭の7番二宮が粘って四球を選ぶと、8番野田が送りバント、9番冨塚の内野安打(+盗塁)で1死2、3塁とすると、1番大野がレフト線を破る適時2塁打を放ち2点を先制する。ハニーは6回表にも2死から4番小川、5番今藤(渓)、6番高橋の三連打で満塁のチャンスを作るが、ここは無得点。あと一歩追加点をあげることができない。追い掛けるWILLは5回まで散発3安打に抑えられていたが6回裏、先頭の政(直)が3塁打でチャンスを作ると、阿住の内野ゴロで1点を返して反撃する。しかし、最終回のWILLの攻撃を今藤(稜)が三者凡退に抑え試合終了。はちみつハニーが2対1で勝利した。
【相手チームへ一言】
(WILL BASEBALL CLUB)
(はちみつハニー)
今藤様、チームの皆様対戦および遠征のご対応ありがとうございました。また機会がありましたら対戦よろしくお願い致します。
本日はグランド整備等ありがとうございました。見習うべき点も多く、楽しませて頂きました。また宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
GOLGO BASEBALL CLUB 5 0 清瀬ビクトリー 不戦試合
<試合内容>
自チームの都合により対戦期限までに対戦が実現せず、清瀬ビクトリーの不戦敗。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
VICTORYS 2 2 Rossowave 9月9日(大宮健保)
エース右腕対決!最後は運をも味方にRossowaveが秋16強一番乗り!!
【試合内容】
先攻Rossowave沖、後攻VICTORYS高山の両エースの先発で試合開始。VICTORYSは1回裏、2番・北住のタイムリーで先制。なおも盗塁と四球などでピンチを招くが、ここは沖が三振で切り抜ける。2回表、Rossowaveは6番・松本が四球で出塁すると、7番・土井(梢)のタイムリー2塁打で同点に追いつくも、その裏再びVICTORYSが北住のタイムリーで逆転に成功。なおも満塁のピンチは沖が踏ん張る。追いつきたいRossowaveは3回表、9番・石川の2塁打と1番・片岡の安打で無死1・3塁とチャンスを作るが、守備妨害と後続が倒れ無得点。4回表は5番・小島の2塁打と6番・松本の安打で3回に引き続き無死1・3塁とチャンスを作るが、牽制死とホームタッチアウトで無得点と2イニング連続でチャンスを潰す。時間の都合で最終回となった6回表、Rossowaveは3番・稲見が安打で出塁すると、盗塁とキャッチャーの悪送球などで1死3塁とする。ここで5番・小島の打席でワイルドピッチで同点に追いつく。時間切れとなったため、ジャンケン決着となり、Rossowaveが勝利した。Rossowave先発・沖は3回以降1人のランナーも許さず、6回を8奪三振の完投。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(VICTORYS)
(Rossowave)
対戦ありがとうございました。3回戦以降も頑張ってください。
対戦ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
青木製作所Snugs 9 2 River9 9月9日(大宮健保)
エース有川が無四球完投!青木製作所Snugsが快勝で2回戦へ駒を進める!!
【試合内容】
先攻River9、後攻Snugsで試合はスタート。初回River9はエラーで出したランナーを三塁まで進めるが、Snugs先発の有川が後続を断ち無得点。その裏SnugsはRiver9先発川九の立ち上がりを攻め、四死球でチャンスを作ると、4番千葉、5番山口(翔)の連続適時打で3点先制。追うRiver9は2回表、3連打で満塁のチャンスを作る。二死まで取られるが、服部のヒットで2点返し3-2となる。すると3回裏Snugsは、8番有川の2点適時二塁打、9番神戸、3番佐久間の適時打でこの回4点取り突き放す。更に5回6回にも1点ずつ追加して9-2とする。投げては先発有川がエラーで取られた2点以外はRiver9打線を無失点に抑え、無四球完投。9-2でSnugsの勝利。
【相手チームへ一言】
(青木製作所Snugs)
(River9)
対戦相手へ一言:相澤様、チームの皆様、この度は対戦ありがとうございました!また対戦できる日を楽しみにしております。今後ともよろしくお願いします。
日程調整から、当日までご配慮いただきありがとうございました!
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
マリアッチ 3 5 Nomad.Yankees 8月26日(大宮健保)
【本部コメント】
木村が値千金の逆転弾!雪辱を誓うNomad.Yankeesが2回戦進出!!
【試合内容】
厳しい暑さの中、先攻NomadYankees、後攻マリアッチにて試合開始。2回裏、マリアッチは4番打者の先制ホームランやタイムリーなどで2点先行。追うNomadは5回表、6番小畑のヒットを皮切りに9番梅田のタイムリー、木村の3ランホームランで5点を取り逆転。NomadYankeesが5対3でそのまま逃げ切った。
【相手チームへ一言】
(マリアッチ)
(Nomad.Yankees)
 
グランド手配からありがとうございました。
またの機会あれば宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Rossowave 8 2 情熱チキン 8月26日(ゆうゆう公園)
【本部コメント】
若武者Rossowaveが8得点の快勝!春夏のリベンジへ好スタートを切る!!
【試合内容】
先攻Rossowave、後攻情熱チキンで試合開始。Rossowaveは2回表、6番・土井(佑)の2塁打などで2死3塁とすると、8番・小沼のタイムリー2塁打で1点を先制。3回表には3番・齋藤のタイムリー、7番・中村の2点タイムリーなどで計4点。その後は途中出場の今野の2点タイムリーや、2番・小笠原のタイムリーなどで加点し、試合を決める。投げては先発・雑賀が6回を2失点と完投。Rossowaveが8対2で勝利した。
【相手チームへ一言】
(Rossowave)
(情熱チキン)
長尾様、暑い中遠いところより来ていただきありがとうございました。審判の件で大変ご迷惑をお掛けしながら、試合時間の変更にもご理解いただき大変ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Sundays 5 1 Big Dipper 8月26日(富士見運動公園)
【本部コメント】
エース田中の好投に星がダメ押し弾!Sundaysが1部の実力を誇示し2回戦へ!!
【試合内容】
BigDipper先攻、Sundays後攻で試合開始。1回裏、Sundaysは1番・荒巻がヒットで出塁すると盗塁で0アウト2塁のチャンスを作り、続く2番・新井(直)のヒットでホームイン。さらに2アウトから5番・徳世、6番・柳田の連打で1点を追加し、初回から2点を先制する。反撃したいBigDipperだったがSundays先発・田中の前に5回までヒット1本のみの出塁に抑えられてしまう。すると5回裏、Sundaysは2アウトから四死球で4番・星に繋ぐと、ここでライトオーバーの3ランホームランが飛び出し3点を追加する。最終回、BigDipperは死球とヒットで1アウト1、3塁のチャンスを作り5番・宮本のヒットで1点を返す。その後、ヒットで2アウトながら満塁とするが得点することはできず試合終了。5対1でSundaysの勝利。
【相手チームへ一言】
(Sundays)
(Big Dipper)
BigDipperの皆様、この度は対戦ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
Sundaysの皆様、対戦ありがとうございました。
機会がございましたら、宜しくお願い致します。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
Harrier 4 4 Tommys baseballclub 8月26日(大南公園)
【本部コメント】
Tommysが土壇場で追いつく!運をも味方につけジャンケン決着を制す!!
【試合内容】
先攻Harrier、後攻Tommysで試合開始。1回表、Harrierは3番工藤選手、4番古元選手の連続ホームランで3点を先制する。2回裏にTommysは5番小鹿選手のソロホームランで1点返す。その後6回までHarrier工藤投手、Tommys安本投手の投げ合いで、スコアボードに0が並ぶ。7回表Harrierは四球とヒットでチャンスを作り、4番古元選手がタイムリーヒットを放ち1点追加。3点差を追いかけるTommysは、ワンアウトからヒットと四球でチャンスを広げ、9番三浦選手のセカンドゴロの間に1点を返す。尚もツーアウト満塁から3番吉沢選手、4番富山選手が連続四球を選び同点とする。続く5番小鹿選手を工藤投手が三振に抑えゲームセット。同点のためジャンケン対決を実施し、Tommysが勝利し2回戦に駒を進めた。
【相手チームへ一言】
(Harrier)
(Tommys baseballclub)
報告遅くなり申し訳ございません。不在となりましたが非常に緊張感となる試合内容でした。今後機会ございましたら、ぜひ宜しくお願い致します。
この度は対戦ありがとうございました。白熱した試合をありがとうございました。また機会がございましたら対戦宜しくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
poison 2 4 漁火 8月26日(大宮健保)
【本部コメント】
漁火が自慢の継投で逃げ切り勝利!新星の挑戦撥ね除け1回戦突破!!
【試合内容】
先攻poison平野、後攻漁火松永の先発で試合開始。漁火は初回に四死球で出塁したランナーを5番町田がセンター前に弾き返し、1点を先制する。3回には3番菅野、4番中野の連続安打でチャンスを作ると押し出しで1点を追加。その後8番佐藤の2点タイムリーでこの回3点を追加する。投げては松永が相手打線をしっかり抑える。4回、poisonはレフト前ヒットにて出塁すると、レフト菅野がレフトゴロを狙い悪送球。その後タイムリーヒットで1点を返す。最終回には変わった橋本が押し出しの1点を与えたが、最後は四方山が空振り三振に取りゲームセット。4-2で漁火が逃げ切った。
【相手チームへ一言】
(poison)
(漁火)
この度は対戦ありがとうございました。
また機会ありましたらよろしくお願いします。
poison様ありがとうございました。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
萩中サンダース 10 2 杉本電機産業 8月19日(天王洲公園)
【本部コメント】
小さな巨人相澤が2HRの大活躍!萩中サンダースが秋1回戦突破!!
【試合内容】
初回、萩中サンダース先発相澤の立ち上がりを攻め、杉本電機産業が2点を先制する。しかしその裏、萩中サンダースは相澤の柵越えツーランですぐさま同点。2回には成田が満塁の走者一掃のタイムリー、4回には相澤のこの試合2本目の柵越えホームランが飛び出し、試合を優位に進める。相澤は2回以降は相手打線を交わし、6回からは永松が抑え、10対2で萩中サンダースの勝利。
(詳しくは取材記事・試合動画へ)
【相手チームへ一言】
(萩中サンダース)
(杉本電機産業)
ありがとうございました!トーナメント戦を日程の調整含め、諸々円滑に気持ちよく戦えましたこと含め御礼申し上げます。
 
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
とん吉 5 2 高飛車 8月19日(小豆沢野球場)
【本部コメント】
とん吉が2回戦進出!序盤の劣勢撥ね退け、逆転勝利で高飛車を下す!!
【試合内容】
試合は定刻の9時に先攻とん吉、後攻高飛車でプレイボール。初回とん吉の攻撃は2アウトからヒットと盗塁で得点圏にランナーを進めるが無得点。その裏、高飛車の攻撃は1番春山がヒットで出塁し盗塁を決めると、2番須藤が内野安打で0アウト1塁3塁のチャンスを作る。ここで3番海老澤がレフト前にヒットを放ち先制するが、後続は打ち取られ1点止まり。とん吉は2回、3回とチャンスを作るもあと1本が出ず無得点で試合は進む。試合が動いたのは4回とん吉の攻撃、先頭が倒れるも6番打者がライトに2塁打を放ち、続く打者は倒れるも8番打者がライトへのヒットで同点とする。高飛車もその裏、2連続四球でチャンス作るも無得点で終わる。とん吉は5回、内野安打、死球、安打でノーアウト満塁とすると、4番のセンター前で2点を追加し逆転。ここで高飛車ピッチャーを海老澤にスイッチするが、続くチャンスを活かしさらに2点追加でこの回一挙4点を奪う。高飛車は最終6回、変わった投手から加藤の出塁、盗塁で得点圏まで進めると、7番金田のタイムリーで1点返す。その後安打、四球でニ死満塁で一打逆転のビッグチャンスを迎えるが、1番春山が三振に倒れゲームセット。とん吉が5対2で勝利した。
【相手チームへ一言】
(とん吉)
(高飛車)
高飛車の皆様、柴様、対戦ありがとうございました。
またオープン戦、各々大会での対戦宜しくお願い致します。
グランド、審判手配ありがとうございました。さすが上位チームの意地を見せられ、1つ1つのプレーも本当に勉強になりました。オータムカップ勝ち進められるように頑張ってください。今後ともよろしくお願いします。
                                      HOME                                                                                                       VISITOR                                                              DATE
ホーネッツ 3 5 ハーツ 8月19日(大宮健保)
【本部コメント】
久保、大野のHRで逆転勝利!夏のリベンジに燃えるハーツが1回戦突破!!
【試合内容】
1回裏、ホーネッツは先頭打者のランニングホームランで先制。しかし2回表、すぐさまハーツが5番久保のランニングホームランで同点に追いつく。その後ハーツ1番大野のランニングホームラン、4番宇都宮のスリーベースヒットなどで加点し4得点。最終回、ホーネッツはノーアウト一、三塁のチャンスを生かしきれず試合終了。5-3でハーツが勝利した。
【相手チームへ一言】
(ホーネッツ)
(ハーツ)
対戦ありがとうございました。
グランド確保から審判手配までやっていただきありがとうございました!